★阿修羅♪ > 原発・フッ素25 > 777.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
<NHKスペシャル>メルトダウン/連鎖の真相
http://www.asyura2.com/12/genpatu25/msg/777.html
投稿者 gataro 日時 2012 年 7 月 22 日 13:27:39: KbIx4LOvH6Ccw
 


NHKスペシャル「メルトダウン連鎖の真相」20120721 投稿者 gomizeromirai

<NHKスペシャル>メルトダウン/連鎖の真相
http://www.nhk.or.jp/special/detail/2012/0721/index.html

あの日「メルトダウン」していく事故の現場でいったい何が起きていたのか? 福島第一原子力発電所の事故は、発生から1年4ヶ月がたった今なお多くの謎を残したままだ。 番組では今回、1号機が爆発した3月12日から2号機がメルトダウンをおこした3月15日までの3日間を徹底検証する。実は、この期間にほとんどの放射性物質が外部へ放出されていた。 しかもそのほとんどは「水素爆発」によるものではなく、これまで国や電力会社が想定もしていなかったあるルートからだった可能性が浮かび上がってきた。史上最悪レベルの事故を防ぐことは出来なかったのか? 現場の作業を阻んだ放射線。そして外部からの支援も途絶え孤立していった原発の実態。 独自のデータと最新のシミュレーション、そして現場の当事者たちの証言から事故の真相に迫る。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年7月22日 14:06:11 : WharH60eII
これが公式真相。正史ですね。

02. 2012年7月22日 14:07:21 : V0ZGO9NuVU
>2号機がメルトダウンをおこした3月15日

NHKは嘘ばかりだ
2号機は14日にはすでにメルトダウンしている

・2号機の原子炉水位が低下傾向(14 日 13:18) ・2号機の原子炉容器内に消火系ラインを用いて海水注入準備(14 日 19:20) ・東京電力によると、2号機の炉心損傷評価を実施し、「5%以下」と判断。
(14 日 22:14)
・2号機の原子炉水位が低下傾向(14 日 22:50) ・2号機で爆発音。圧力抑制室の圧力が低下したことから、同室に異常が発
生したおそれ。(15 日 6:20 頃)
http://www.meti.go.jp/press/20110315009/20110315009-1.pdf


03. 2012年7月22日 14:22:49 : wpq46T2InM
事故原因に関し、いろいろな側面からの情報・事実がでてくることはいいこと。

これを見ると、原発の安全設計はかなりレベルが低いと言わざるを得ない。
再稼動している原発の安全設計はちゃんとしているとは思えない。


04. 2012年7月22日 14:41:48 : JlhOElFGlE
原発の安全対策が、お粗末としか言いようがないね。

05. 2012年7月22日 16:32:48 : CjFVAiGz9w
まあ、小沢信仰者や、反原発原理主義者からみれば「犬HK」なんだろうが、こんな番組は民放には不可能だよな。

まあ、あっしらには穴があったら入りたい番組だったろう。
あっしらは、東電の現場が事故後、うまいこと精神病手当をもらっている生活保護者が、真昼間から引きこもり部屋で鼻くそほじってうたた寝をするように(てめぇのことだよ、糞ボケが)格納容器に水を入れるのをぼけーっと失念し、それが2号機圧力抑制室の水枯れを引き起こし、爆発に至らしめたものだと滔々と解説した。

事実は当たり前のことに引き篭もり部屋で夜郎自大が幻想することとはまるで違う。・・・それともあっしらは「地震で配管が壊れた可能性」を指摘して、てめぇの功績のように言うのかねぇ。

まあいいけどさ。
とにかく、私にはかなりいい番組だったように思えるぞ。
たまにこういう番組やってくれるし、高校講座見るだけでもNHK受信料は惜しくないね。


06. 2012年7月22日 16:39:52 : kejlwA5Rsw
ロシアから見た福島原発事故

福島原発事故から1ヶ月半が経過した今もこの問題はロシアで広く議論されている。ロシア政府高官たちは日本当局と東京電力の対応を批判することなく慎重な発言をしているが、一方で多くの専門家たちは日本政府と東電の対応を厳しく批判している。

批判の1点は統合司令部の欠如だ。福島では、チェルノブイリのような、政府当局、東電、地方自治体、自衛隊、核専門家による統合司令部が作られなかった。チェルノブイリでは副首相が司令部の本部長となり、彼がレスキュー・オペレーション全般の責任をとり、レスキュー作業と地元住民避難作戦に参加する全ての人間に命令を与えることができた。

福島は人的災害だと多くのロシア専門家は指摘している。彼らは地震も津波も直接の原因とは全く考えていない。津波は福島第2をも襲ったが、そこで問題は発生していない。福島第1で問題が起きたのは、サポート設備の不備、事故発生当初の不適切な対応、そして、実情の隠蔽が原因だった。東電はベストを尽くそうとしたかもしれないが、その対応は混乱し鈍かった。専門家たちによれば、事故発生当初の対応には次のようなミスがあった。

第1に、原子炉内圧力が上昇すると発電所のオペレーターたちは避難し、彼らは事態が悪化する中、2日間、何もすることなく、電力復旧作業を始めたのは既に手遅れの状況となっていた3月14日になってからだった。

第2に、東電は最悪のシナリオ時に発電所のインフラ破壊を防ぐための何のプランも持っていなかった。緊急事態対応策の中には国家緊急隊、あるいは自衛隊への連絡も含まれていなかった。緊急時に経産省・保安院などの当局者と地方知事に連絡する唯一の方法はファックスだけで、ファックス受信の確認を例外として電話をすることさえ許されていなかった。

第3に、事故処理“部隊”の人数があまりにも少なかった。4月初旬、その数は数百で、ロシアの専門家によれば、被爆量の制限の観点からも、経験と情報の共有の観点からも、これは全く不十分な数だった。

第4に、チェルノブイリでは住民の安全のため地域住民を強制退去させた。そのため当局は厳しく、時には軍の協力を得て作戦を実行した。それしか住民を救う手段がなかったからだ。しかし、日本では危険地域から住民に避難勧告をするだけだった。

さらにモスクワの専門家によれば、日本が提供する福島の状況に関する情報は全く信頼できないものだった。実際、彼らによれば、4月上旬、国際原子力委員会の日本代表は現状について信頼できる情報の提供を拒んだという。その日本を、福島と同型の原発を持っているアメリカは支持したという。

多くのロシア人専門家たちは、日本当局は事故対応のためのプランを何も持っていなかったと強調している。対応は全て場当たりに見え、得策とも思えないものも含まれていた。彼らの意見では、「日本当局者はチェルノブイリ事故から何の教訓も得ようとしなかった。」福島原発はアメリカのプロジェクトに従って40年ほど前に建てられたもので、地震国・日本に適するものではなく、津波対策も不十分だった。「その決定要因は経済性であり、安全性ではなかった」と専門家たちは信じている。

最も批判されている点は、使用済みの核燃料が発電所の外の特別貯蔵庫に搬出されることなく同じ建物内のタンクに入れられていたことだ。ほとんどのロシア人専門家はこの事実に驚いている。福島第1の30年間の運転で蓄積された全ての使用済み核燃料が発電所内に貯蔵されていた。専門家によればこれは原子力爆弾40個を作る量となる。この使用済み核燃料が環境と接触すれば、水、土壌、大気はすぐにストロンチウム、ウラニウム、プルトニウムで汚染されてしまう。国際的慣例では、使用済み核燃料は核燃料供給者がすべて活用処理することになっている。福島の燃料供給者はアメリカ企業だが、彼らは何らかの理由でこれらの使用済み燃料を原発運転全ての期間にわたり何の活用処理をしてこなかった。

損壊した発電ユニットに対する安全措置についても疑問の声が投げかけられている。日本当局者は損壊した発電ユニットを特別な素材でできたフードで覆うことを計画している。フードはすぐに熱で壊されるのでこれは無駄だとロシア人専門家たちは強く指摘している。彼らの意見では、これはおそらく国民を安心させることのみを目的としている。このフードは汚染された塵の拡散を防ぐものだろうが、さらに危険なのは汚染された水が土壌と海に漏れ出していることだ。当局は汚染水をメガフロートで集める計画だが、その後のメガフロートはどこに行くのか?そして集めた水をどうするのか?

ロシアでは今でもチェルノブイリは人災の代名詞だが、この1986年の事故と福島の比較は避けられない。しかし、2つの事故の環境汚染・人的被害の大小について意見はロシアでも分かれている。ほとんどの専門家は福島は第2のチェルノブイリではないと考えている。福島では燃料の露出もなければ原子炉の爆発もない。

一方、福島の影響はチェルノブイリよりも大きいと主張する専門家たちもいる。チェルノブイリでは原子炉が爆発し黒鉛が燃えた。しかし、損壊した原子炉は1つだけだった。日本では3つの原子炉と4つの使用済み核燃料プールが損壊している。放射線放出はチェルノブイリの20倍だ。そしてこの放出は1ヶ月以上続いている。

福島事故の結果、国際社会は原子力発電について統一した安全基準を作る必要があるというのがロシア人専門家の一致した意見だ。

http://miyazakimanabu.com/2011/05/19/1060/


07. 2012年7月22日 16:43:50 : V0ZGO9NuVU
>そのほとんどは「水素爆発」によるものではなく

NHKのプロパガンダは原発推進工作員と同じだな


08. 2012年7月22日 16:51:43 : FEC1zKK4NY
必要な12Vのバッテリーが十数キロはなれた場所に山とつまれているのに
それを使わずに、自家用車のバッテリーを外して10個1単位につなげて
使った主旨が、まるで説明不足だったと思う。

圧力弁は動作せず、ベント弁も動作せず、結果的には爆発を待つだけだった
状況はよくわかった。

過酷事故が起これば、大飯原発もまるで同じ”動作不可”状態になるのが
わかっているのに、”安全”とはよくいったものだ。無責任にもほどが
ある、職位をもって国民の命を危機にさらすことを、犯罪にすべきだ。


09. 2012年7月22日 17:13:25 : V0ZGO9NuVU
福島第一原発1号機3号機の大爆発映像を流さずプロパガンダを繰り返すNHKめ

これが福島第一原発1号機3号機の大爆発映像だ
http://www.youtube.com/watch?v=1Q3ljfLvHww


10. 2012年7月22日 18:24:07 : 5uvl0AM6Ng
槌田敦の説では、2号機のベントが実は成功していて、風が陸地に向かっている時にベントしたことによって大量被曝、しかし、ベントによっての大量被曝がばれると、完全に東電の責任になるので隠した、というシナリオ。

あまりに、SR弁が開かないことを強調するこの番組作りから考えると、2号機ベントによって大量被曝というのは、結構正解かもしれないという印象を持ちました。

しかもSR弁開かない理由が、集まったバッテリーが2Vばかりで、12Vをたった10個集めることが出来なかったという、極めて怪しげな理由。

いろいろ怪しすぎる。


11. 2012年7月22日 18:35:59 : pPJ5gJb78A
さすが犬HK、デタラメだらけの洗脳番組である。

そもそも東電の許可を得て、社員にインタビューをしているのだから、
東電に都合の悪いことは報道するわけがない。

3号機で起きたのは核爆発。水素爆発ではキノコ雲は上がらない。
国内外の何人もの専門家が断言している。

最も深刻な汚染を引き起こしたのが2号機というのも怪しい。

3号機の格納容器も亀裂がはいっていると言われているし、
使用済み燃料プールで爆発があって燃料が飛び散ったのも事実。

3号機の深刻な状況から目をそらせるための策略だろう。

津波、津波と繰り返して、津波が最大の原因であるかのように言っているのも問題。
津波前にすでに配管破断など致命的な問題が起き、冷却材喪失につながったのは
ほぼ間違いない。おそらく電源がダウンしなくても爆発していたのではないか。

バッテリが届けばメルトダウンを防げたかのような言い方もおかしい。

米国は化学防護隊があって準備万端だというが、実際事故が起きたら
役に立つかどうかもわからない。

受信料を払ってみる価値があるとはとても思えないお粗末な番組である。


12. 2012年7月22日 18:47:28 : lqOPOFnyLE
もし、2号炉格納容器の圧力低下について、これが本当なら、やはり福島事故にも幸運があったわけで、このつきを原発の安全性と勘違いしたならば、再び恐ろしいことが起きてしまう可能性があろう。

13. 2012年7月22日 19:00:03 : bvaI0lv90E
誰も沸騰水型(東電に代表される)と加圧水型(関電)の安全性の違いを言わないのが不思議だねぇ。
確か世界的には今は加圧水型が主流でより安全と聞いた事がある。
どなたか専門知識のある方教えて下さい。

14. 2012年7月22日 20:55:42 : l2sDJx0fIE
そう、3号機の爆発は核爆発が正しい。
NHKの洗脳工作は絶えることがない。

15. 2012年7月22日 21:10:16 : 4NMVMSQjIE
>>11
11が正しい。3号機核爆発を隠すための洗脳スペシャル

NHKらしい


16. 無生物 2012年7月22日 22:59:24 : ce0Ar6eaeTZ7w : 8cmLjyQH4H
3号機の爆発映像を見て、やっとNHKで解禁かと驚いた。(10分35秒頃)/

何しろBBC制作「Inside the Meltdown(メルトダウンの内側)」から3号機爆発映像をカットし、「インサイドフクシマ」と題名を改変して放映したNHKである。/

英BBC製作ドキュメンタリー番組を、NHKが福一3号機の爆発シーンだけ巧妙にすり替えて放映したと話題(日々雑感)/
http://hibi-zakkan.sblo.jp/article/55887640.html

同じ福島中央テレビ提供の映像でもBBCはコントラストが高く、噴煙の色や形がよくわかるものだったが、今回のNHKではかなり引きのままで「水素爆発」というナレーションをかぶせ、姑息さが伺えた。/
/(改行が入らなくなってしまい読みにくくてすみません)

17. 2012年7月22日 23:50:58 : cCrcZ0sDf2
何がNHKは「原発事故の原因の全容を解明しないうちに原発運転再開の議論は始められない筈だと私達は去年12月の番組でこう指摘しました」だと?

だったらなんで、これだけ多くの人々の脱原発の声を放送もしないで知らん振りしていたのだ!

NHKは東京スカイツリーの僅か400人の行列は放送しても、4万5000人ものデモも知らん振り、170000人のデモでやっとほんの数秒の放送だろ。
TBSだのTV朝日は一応放送していたよ。
NHKだけはシラーとして他の「ビールがおいしい季節になりました」なんてののインタビューなんかをやってましたね。
ばかばかしい。

今更なんだよNHKは。
NHKは国民の敵だ!
大本営発表だ!
NHKから東電へたくさん天下りしてるからだろうよっ!
マスコミは何処も醜いけど、NHKはその最たるものだ!


18. 2012年7月22日 23:52:01 : pPJ5gJb78A
>>13
>確か世界的には今は加圧水型が主流でより安全と聞いた事がある。

「加圧水原発が安全だというのは大ウソだ」
http://www.asyura2.com/12/genpatu25/msg/143.html

大飯などの加圧水原発は圧力のがし弁がないので、炉心溶融が始まって
大量の水素が発生すれば格納容器が破裂する可能性大。

沸騰水型以上に危険だよ。


19. 2012年7月23日 00:05:11 : cCrcZ0sDf2
炉の中がメルトダウンするほどになった時、送り込む圧力など炉の中の圧力には歯が立たずベントが開かなかったなどと、専門家がそんな事にも気が付かないほど日本の技術は原発には太刀打ちも出来もしないのに、それでもまだ「もし原発を又始めるなら」なんて言ってる事自体狂っている。

「もう人間には原発には太刀打ちできない、原発は止めるべき」と言うべきではないのか!}

「もし原発をまだやると言うなら」などというくらいなら死んでも爆発を止めたら良かったんだ。
止められなかったなら「もう原発は止めるべきだ」と言うべきでしょ。
無責任だよ。
これを聞いていたら、本当に腹が立ってきた。



20. 2012年7月23日 00:48:11 : X7xpglZVfM
 原発は必ず事故がおきます。福島の次はどこでしょうか、
放射能で事故現場に近ずくこともできないなんて。こんなの発電所ではなく、核貯蔵所にしか見えません。次の事故で国家が消滅します。

21. 2012年7月23日 02:31:11 : 4wQHigiXKg
><NHKスペシャル>メルトダウン/連鎖の真相

え?メルトダウンって、、犬HKがメルトダウンしたって話か?


22. 2012年7月23日 02:47:55 : GWwVkmH62w
さすが阿修羅の皆さん
騙されませんねえ。(笑)

>>09. 2012年7月22日 17:13:25 : V0ZGO9NuVU
福島第一原発1号機3号機の大爆発映像を流さずプロパガンダを繰り返すNHKめ
これが福島第一原発1号機3号機の大爆発映像だ
>>http://www.youtube.com/watch?v=1Q3ljfLvHww

やはり3号は縦の黒い雲が核爆発で、横に少し水素の白い雲もあるけど
まあ水素爆発ですというのは無理があります。武田先生がいう核爆発と
関東に広がったその放射能汚染の事実のほうが正しいようですね。

今度の選挙は 官僚+自民+民主+みんな 対 国民+生活第一ほか野党 の図式
になり 対米隷属愛米主義 新自由主義 対 官僚脱却多極親日主義 共生主義
のまっぷたつになりそうな気がします。
 


23. 2012年7月23日 03:54:03 : QmHh8nOLco
NHK(中国国営放送日本支部)の日米への攻撃の勝利宣言のような屁理屈

24. 2012年7月23日 06:55:45 : ZCL9s2CSLt
まさに、NHKの本質を表す行為だな。遅れて言い訳をするが如くの愚かな放送。
ここは、報道機関でも何でもない。
そもそも、聴取料を強制的に課金できること自体間違ってる。

多くの番組に不快な、はしゃぐような「上からの阿り」とでもいうべき、変な気分がある。あれは、内部がおかしくなってることの証左ではないか。
民放も民放で問題はあり、限界はあるが、NHKは、NHKであることが自己目的化しており、それだけの存在でしかない。
少なくとも真実を知るために選択出来るチャンネルではない。

こちらのアタマで補正・変換しなければ(いわばココロのデコーダ)受信することさえ害になる。

公共放送という欺瞞を徹底的にたたくべき時代が来たと思う。


25. 2012年7月23日 07:19:42 : 9EbBvWrhBY
海外サイト日本人が海外メディア発表を伝えています。
日本マスゴミは海外発表をねつ造記事に仕立て直しており

記事比較し数値表現は隠蔽している事を証明しています。
こちらの法が正確と思われます。

もちろんマスゴミの「第一」支持率などは
真逆が正しいと判断しています。


26. 2012年7月23日 07:42:10 : A6OIqa9atk
------しかもそのほとんどは「水素爆発」によるものではなく、これまで国や電力会社が想定もしていなかったあるルートからだった可能性が浮かび上がってきた。

こういう話を聞くとさすがに笑ってしまう。NHKの生きている世界はアナザーワールドなのかと
おもってしまう。地震による配管損傷の可能性はすでに民間事故調の報告書や、昨年の報道ステー
ションで報じられている(より重大な冷却材の喪失として)。

その他いくらもおかしな点がある。それは他レスで指摘されている。

しかし、テレビしかみない忙しい人にはインパクトのある内容だったろう。原発職員が自ら「2号炉
の格納容器が破裂したら、日本と言う国が危なくなってしまう」という言葉は、NHKでは初めて
聞く人が多かったのではないだろうか。

その2号炉の格納容器が破裂するかどうかという時に、管が東電に乗り込んでいく映像が出たが、
国民の多くは、東電が撤退を画策していたことを真実とおもっただろう。管は「60以上は福島
へ行け、俺も行く」と言ったそうだ。「撤退したら、日本に東電の居場所はないぞ」と脅しとも
取れる言葉をつかったそうだ。しかし、もしそうでなかったら、東電の撤退で福一は放射能大放出
数十万、数百万の急性死者をだし、国民の大部分が数年でガン死したかもしれない。


27. 2012年7月23日 07:47:08 : A6OIqa9atk
↑ 訂正。

>おもってしまう。地震による配管損傷の可能性は

を、文を分けて、

========
…おもってしまう。

地震による配管損傷の可能性は…
=======

とします。


28. 2012年7月23日 08:48:59 : 3KuBDEVd7Q
NHKの特集は評価するがこれを見て新たに疑問が出てくる。
まづSR弁の120V直流電磁弁?ホンとか珍しい弁だね 交流だったら動かない。
それと車のバッテリも10個から12個いるが再現ではそうなってない。
格納容器が圧力が高くてSR弁が動かない?ホンとかせいぜい上がっても6気圧で窒素圧は何キロあるの?
おそらくジィーゼルコンプレッサーでベントが空かない。原因不明?
コンプレッサーで送り込んだ空気がもし圧力が上がらなかったら配管が明らかに
もれてる。
同じ失敗を3号と2号で2回やってる。同じ結論になる訳だ。
すべての事象が高圧配管が動作不良を起こしてるので地震で漏れたんじゃないかな?それと何のことはないベントで人為的に放射能を出すか、爆発で出すかの違いだよ。前者なら必要以上のダダ漏れはないけど。

物資もそうだが冷静なエンジニアの派遣が最優先だと思う。

-阿修羅事故調査委員会より-


29. 2012年7月23日 13:37:58 : xITXlNWr9M
普通に興味深く見られました。そんなに悪い番組でしたかね?
再稼働ってどうなんだろう、と一般視聴者には充分伝わったと思いますが。

ここで仰せられる大先生方は原発の事故原因をよく知っておられる方達ばかりですね。
まるで内部を見たかのように。


30. 2012年7月23日 14:08:59 : FEC1zKK4NY
↑ 御用学者よりは、ましでしょう。御用学者は水素爆発でさえ、水素の出どころ
  は水が分解されて出たものだと本気でいっていた。
  まして、核爆発だとは御用センセーがたは、いまだに誰も言っていない。

31. 2012年7月23日 14:52:06 : qAreJzEiCw
NHKのメルトダウンがバレたかと思った。
東電と合作か。うちテレビ無いんで皆さんの話で勉強しています。ナルホド。

32. 2012年7月23日 17:12:04 : IXBHa3Dz2c
11,15 が正しい。
NHKは、3号機の核爆発を隠すためにこんなろくでもない放送を流したんだ。
まじめな顔をてデタラメを流し続けるNHK、本当に許せない。

33. 2012年7月23日 19:16:45 : e6nH5cqs0E
加圧水型は地震に弱いと聞いたことがある。
世界の国々と地震多発国の日本では条件が違ってくるのでは?

34. 2012年7月23日 19:54:08 : FfzzRIbxkp

そろそろ、あの大地震と巨大津波がなぜ起きたのか。という番組も作って欲しいな。
311前からあの災害を知っていたのではないかと疑わしくなるような事柄が、多々あります。

NHKについては、数年前に放送された首都圏直下型地震と津波を兼ねたCG.
あの津波映像は、宮城の津波被害とだぶりすぎます。


36. 2012年7月23日 22:05:14 : aFo6jwUFy1
11さん、アウトラインを適切につかんでいると思います。

>米国は化学防護隊があって準備万端だというが、実際事故が起きたら
役に立つかどうかもわからない。

これも卓見。
日本政府への不信があまりに大きいため、その分、国際機関、国外を礼賛する傾向も生まれましたが、こと、原発をめぐって、情報隠ぺい、事故隠し、安全を装うための安全対策の意図的サボタージュなど、日本と共通するところが驚くほど多くあります。

といっても、驚く必要もないのかもしれません。
元々、人類を大量殺傷するためのマンハッタン計画をもとに原子力への投資がおこわ慣れ、それを「有効活用」するためにも原発が増殖し、それを擁護し、被曝を正当化(許容させる)ために、ICRPやIAEAの系統的な国際的活動が展開されてきたのです。

やや古い話になりますが、昨年、3月末、IAEAが飯舘村の土壌を一か所測定し、IAEAの避難基準を超えていると発表して、問題が沸騰しました。このとき、「やはり国際機関でなければ」と言う空気が一挙に強まりましたが、そのおなじとき、こっそりとICRPが「20mSv基準」を導入するよう日本に進言しました。「国際機関」への信頼が一気に高まっているときなので、ICRP提言への批判や警戒は、おそらく、最小限にとどめられたと言えるでしょう。その、わずか10日後に、この基準が承認され、その後の避難区域の基準となりました(その結果、福島市、郡山市の高線量地域がはずされ、学校・園の20msv基準にもつながりました)。
 ところでIAEAの「基準越え」勧告は、二日で取り消され、そもそも、この時のIAEAの「避難基準」なるものは、存在すら不明です(IAEAは、土壌汚染の避難基準は発表していないはずです)。
 この点を詰めてゆくと「陰謀論」的にもなるのですが、そのように捉えられるかどうかはともかく、いずれにしても、国際機関が、日本政府より頼りになる、などとは安易に思いこまない方がよさそうだとは思います。

 (他国のものが絶対役立つことがない、と断言しているわけではありません。
 ただ、日本政府への不信の裏返しとして、米国や、米国を中心とする国際機関に依存することの危険は承知しておく必要があると思います。
 ICRP、IAEAは、その中心です)


37. 2012年7月23日 23:52:14 : 7AAbk5UOzA
今さら、NHKが何がメルトダウンですか?
もう大勢の人(東京にだって放射能雲はやってきた)が被曝しちゃったよ。
NHKの罪は消えないよ!

38. 2012年7月24日 00:23:47 : UDhGW83bb6
元々アメリカからフルターンキイで買ったものだ。碌なものではない。それにその後手を入れて改良したとの話もない。逆に問題点を提起し金をかけて改良しようとした技術者は辞めさせられている。勝俣清水がまず責任を取り全財産を投げ出すのが筋だ。菅と枝野も全財産を投げ出し責任を取らねばならない。その上でとりあえず彼らを牢屋に入れて取り調べをしなければならない。

40. 2012年7月24日 02:03:24 : FfzzRIbxkp
自分の無知を恥じているのですが、
1981年にイスラエルはイラクの原子力発電所を爆撃しているのですね。

原子力発電所は、攻撃の対象にすでになっていたのですね。


42. 2012年7月24日 03:20:03 : AYO76gGZns
国会事故調の調査結果もNHKの調査に及ばないような表現があって気付かされた。
NHKは原発事故についてのメディアの責任には全く言及しない。
厚顔無恥でしかも偽善的。

43. 2012年7月24日 04:38:33 : vf7PVWPrmo
この番組で一番重要だったのは気圧調整弁が原子炉の内圧がアップすると動かなくなると言う構造的な問題を指摘したことだったと思われます。
この指摘は国会の調査報告にも内閣の調査報告にも民間の調査報告にも全く載っていないもので全国で同種の気圧調整弁が30近くの原発で今もなお使われていると番組では指摘されています。
この指摘の重要性は福島の原発で起こったと同じ様な事故が全国の原発でも起こりうる構造問題を抱えていることでその構造を改めないまま原子炉を再稼動するのは事故の教訓を全く生かしていないと言うことであると言わざるを得ません。
おそらく事故調査委員会の多くもこの問題には気付いていたものと思われますがそのまま調査報告に記載された場合全国の既存の原発の廃棄を行わねばならずそれに要する費用と時間が膨大にかかることを考えてあえて見て見ないフリをしているのではないでしょうか?
足並みを揃えて極めて不十分な事故調査報告書が複数提示されたことは如何に原発再稼動ありきで調査が行われてるかの証だと思われます。

44. 2012年7月24日 05:35:17 : Uzzt27smXI
>>36
同意見です。

他国に頼っても、他国の情報メディアを信じても、日本国内の事態は何も変わラないし、もちろん誰も助けてくれないし、できることは、自国民の手で行い、国と人を護り闘う、これが国の姿なんでしょうね。
そういう意味では、全世界の他の国々同様、純粋に愛国心を国旗や国歌(君が代以外に、あと数バージョンあってもいいと思うけど)に求めるのも自然な事に思えます。

軍国主義じゃない、新しい愛国心という意味で、その象徴として日の丸に紫陽花を美しくあしらいたいですね。


46. 2012年7月24日 09:54:58 : DxtWe6mmVs
犬HKはともかく、この番組をみると原発の安全神話を国中に宣伝した東電が、自家中毒症に罹り、大きな事故は起こらないと彼らも信じ、安全対策を怠り又は先送りしたことが大事故を防げなかつた原因である事がわかる。

しかし地震であろうが津波であろうが人為的ミスであろうが、想定外のことは必ずおきる。

再稼動なぞもつてのほか、いますぐ全原発を廃炉にすべきだ。

オスプレイもそうだが、野田は国民の生命財産の保全について、無神経-鈍感すぎる。


47. 2012年7月24日 10:20:22 : LVWnS57XWw
NHKの洗脳スペシャルは出鱈目だらけ最悪だ
沸騰水型マーク1は圧力抑制プール(サプレッションプール)に自動で蒸気を吹く事で蒸気を凝縮し圧力を下げる。
ベント弁を開けるとか開けないの話ではないし逃がし安全弁(SR弁)も手動で開ける必要などない。
福島第一原発の沸騰水型マーク1が設計圧力(最高使用圧力)の2倍もの圧力になってしまったのは圧力抑制プール(サプレッションプール)が小さ過ぎて圧力抑制プール(サプレッションプール)の水温も高温になり冷却不能に陥る欠陥原子炉だからだ。
福島第一原発ではやむなく設計圧力(最高使用圧力)の2倍もの圧力になってしまった格納容器の圧力を下げるためやろうとしたベントが格納容器の外部へ放射性物質もろとも放出してしまう安全上意図されていないベントだ。
こんな事をやっていてメルトダウンを食い止める事など出来ない。

東芝元格納容器設計者の後藤さんによる福島第一原発の格納容器解説
22分位から
http://www.ustream.tv/recorded/13491413


48. muff 2012年7月24日 12:22:47 : cRJ8fTByWzgGg : EcV5k2rtkI
此処に書き込む方は、核爆発を強調していらっしゃいますが、

発電用燃料棒の濃縮程度のウランで、しかも圧縮等の密度を急激
上げるプロセス無しで、いわゆる核爆発を起こせるのか?

この疑問を解決する 物理学に沿った or 新物理学? による検証
を何方か御披露していただけませんでしょうか?

もちろん、イランや北朝鮮の核爆弾製造に悪用されると厄介です
ので、この阿修羅掲示場のみへの掲載で。


49. 2012年7月24日 14:20:49 : 4BLFS7tHvQ
>>44さん
36です。
申し訳ありませんが、私は、ナショナリスト・ナショナリズムには反対です。
原発と言う人類に対立するシステムとたたかう上で愛国心など不要、というよりマイナスです。
暮らしている場所で、どこの国籍の人であろうと、融和・融合してゆけばよいのです。
原発反対の中に、愛国心を持つ方が加わること自体は、積極的に賛成しませんが反対もしません。

50. 2012年7月24日 14:46:17 : pPJ5gJb78A
>>48
槌田敦先生に質問されてはどうでしょうか?
http://www.asyura2.com/12/genpatu25/msg/488.html

51. 2012年7月24日 15:23:41 : gKr7SksX46
私も観たが、今更、アリバイ作りみたく罪滅ぼし番組を流したって遅いよ。メルトダウンの危機は直後から広瀬隆氏や小出裕章氏らが声を限りに発信していた。私は3月17日の「ニュースの深層」で広瀬隆氏が葉千栄氏との対談で、原発の図解を示しながらメルトダウンの危機を正に鬼気せまる形相で警告していたことを思い出す。

NHKや民法や政府の対応とあまりに違うので当初は広瀬氏の説明を訝しがったくらいだ。

NHKは何をやっていたか。関本某東大教授始め原子力の専門家と称する原子力村の面々をのべつ幕なしに登場させ、「大事に至る可能性は低い」「メルトダウンの心配はない」「放射の漏れが起きる可能性は低く、直ちに影響はない」を流し続けていたではないか。それに迎合するNHKの科学文化部の解説者も一言も批判しなかった。犯罪に等しい行為だよ。


52. 2012年7月24日 21:32:07 : RSElPr0ehc
原発は本来安全に運転でき多重防御を完全にすれば過酷事故を防ぐことができる、というプロパガンダにみえる。しかし、論理的には対偶を考えれば原発維持したいがための安全神話の再構築ということだろう。
精一杯やったが限界だった、では今後こうした国家の存廃に繋がる巨大プラントを扱う資格はない。一回失敗すればもう復活はないのが過酷事故につながる国家プロジェクトというものだろう。そして日本は資格を失ったのである。まずそこをはっきりと認識しておく必要がある。日本という国が核エネルギーという戦争に負けたこれは敗戦なのだ。

53. 2012年7月24日 21:35:04 : n0IJ3FIbl6
大飯の加圧水型原子炉のほうが、より危険です。
安全説がなぜかはびこっていますが。
被害者8000万人以上?
http://gendai.net/articles/view/syakai/137117

54. 2012年7月24日 22:13:43 : 3KuBDEVd7Q
47
後藤氏の限界を感じる。事実の事象がたくさんあるが個々に判断するのではなく面で理解するのが肝要。もっと早く警鐘が出せた。原発の細かな知識はたくさん持ってるけどね。研究医より臨床医的思考がいるんだろう。後者のタイプのエンジニアはたくさんいるが後藤氏でこうだから村にはいないんだろう。
@地震ですでに格納容器から放射能が漏れてる。原因は配管が壊れた?圧力容器の圧力が上がってるのでは?
A圧力容器の温度が300度。後藤氏が言ってたようにとっくに漏れてる。また格納容器にちかずけないほど放射能が漏れてる事実。温度が信用できないとは???

いまNHKで放送ではSR弁は動いてた形跡があり、その時点で私のSR弁の動作の心配はなくなったがその時点(爆発の前)で爆発時の放出の10〜20倍の放出が東京を襲ってたと言ってるね。容器上部のシリコンパッキンからと絵では説明してる。
あれ今!おいらが言ってることとおんなじことをNHKは主張してるね。一応満足。


55. 2012年7月24日 22:32:24 : LVWnS57XWw
>>54
NHKの洗脳番組と同じじゃ終わってるぞ
RHR(残留熱除去系)も津波襲来でだめ
RCIC(原子炉隔離時冷却系)も時期に停止
SRV(逃がし安全弁)開けてもサプレッションプールは冷却不能(蒸気が水にならないつまり圧力は当然下がらない)
メルトダウン一直線だ

56. 2012年7月24日 23:03:54 : FnC0KypQzB
やっぱり、3号機ですよね。

57. 2012年7月25日 01:27:30 : U9R0GkvrNM
俺はメルトダウンしたあとの制御不能の再臨界がおきるかと死ぬ思いだった。

今から思うとただのラッキー、というのが恐ろしい。
このリアリテイをしったら、再稼動なんてとんでもない。

無知な連中には滅びの道しかない。


58. 2012年7月25日 02:00:52 : 3KuBDEVd7Q
55
原発事故対応は試行錯誤の連続で結果重大な事故につながったとのNHK結論。
安全神話なんて関係ない。壊れかけた原発の修理できる対応能力は今の日本にはないという事を明らかにしてる。
想像だがサプレッションプールの下りだがそれまでに過剰の熱量を冷却してて冷却飽和状態で圧力が下がらなくなってしまってる。ここで大切なことはかなり前の時間から危機は始まってたわけだ。そしてこの時点で消防車からの水を入れてメルトダウンを防ぐ方法は圧力容器のベントしかない。格納容器のベントはとっくに始めてないといけない。
試行錯誤の連続とは造船所の作業員が対応して何とか食い止めようと作業してるのと同じで本当のプロ=原発作業員が上から下まで誰もいないんだよ。まともな造船所の作業員だったら命をかけて圧力容器と直結してるパイプを壊して蒸気抜きをしただろう。日本にとって最悪のことは圧力容器の蒸気爆発だが皮肉なことに堅牢でなかったことにすくわれてる。もし堅牢だったら北半球は住めなかっただろう。
つまり再稼動は人員の技術能力アップがない中、人類の自殺行為だね。
全電源喪失のシュミレーション(ストレステスト)行ってたら落第だね。
後から批評なので卑怯だが、、水だけ足しての炉心冷却はベントを必ず行ってないと水が入らなくなる。

59. 2012年7月25日 06:29:00 : mbR7Chldbk
新聞報道によれば、4号機の使用済み燃料プールの破局もいくつもの偶然による
幸運で助かった。
2号機も、たぶん津波の水で水封されて、最悪事態に行かなかったのだろう。もし
そうでなければ、作業員は放出放射能で全員死んでいただろうから。
3号機の爆発も、海側に風が吹いていたという幸運で、多数の急性死を免れた。

これらは、どう見ても天佑だろう。しかし、仏の顔も3度だ。このつぎに天佑はない。

また、地下の汚染水と海へのひろがりは、チェルノブイリの被害をはるかに上回る
規模で拡大している。これは想像を絶するものとなる。東電も苦慮している。
これは天罰の部分だ。


60. 2012年7月25日 09:35:30 : LVWnS57XWw
>>58
必死にプロパガンダ放送局擁護かよ
NHKなど嘘ばかり、見る価値無し
政府、原発マフィア(東電、保安院,御用学者)マスゴミ自体の広報それがNHK

61. 2012年7月25日 10:23:13 : 2ZYolkcLU6
 ニュースを伝える為のNHK...?
NHKの為にニュースは伝えられる...?

 情報の環境条件は根本的に変わっている中、
その為の社会の道具も、試行錯誤を経ながら、
新しい姿へ...


62. 2012年7月25日 14:10:27 : 4sQYCRYvt2
>>06
kejlwA5Rswさんの引用記事はコメント欄ではなく、投稿記事の方で多くの人に読んでもらいたいですね。
日本では何故かロシア発の情報を無視する傾向が高いですが、欧米諸国と違ってロシアはストレートに事実を指摘することが多く、日本研究も高い水準にあります。

63. 2012年7月26日 09:05:10 : fnXltvG2ZU
みなさんが指摘されている通り、原子炉停止後の崩壊熱冷却システム(IC/ICRC)が悪かったです。これは別に水タンクでなくても水道水でもよかっただろう。又は揚水発電所当たりから引っ張ってきてもきても良い。
こうすれば電源系統も不要であるしほとんど無期限に冷却できる。
また構造が簡単なので障害を起こす事もない。
従い再稼働の条件としては、馴れ合いストレステストではダメで、崩壊熱冷却システムの改善が必要。
通常の冷却も海水をモータで汲み上げて使う必要はなく、河川の上流から引っ張った水を使えば良い。上記のIC/ICRCと共用化しても良い。

64. 2013年3月14日 19:54:48 : 0uakbCRtKo
NHKスペシャル>メルトダウン/連鎖の真相
はコンテンツが削除されてるね。
一般の人に見られたらよほど都合が悪いんダろうね、みんな削除されちゃう。

「そもそも総研」ももう一度見たいものはみんな削除されている。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素25掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素25掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧