★阿修羅♪ > 原発・フッ素29 > 249.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
簡易ベクレルモニターを持って東北自動車道を走ってみた。(埼玉・蓮田SA 〜 福島・安積SA)
http://www.asyura2.com/12/genpatu29/msg/249.html
投稿者 宮島鹿おやじ 日時 2012 年 12 月 10 日 00:52:56: NqHa.4ewCUAIk
 

※冒頭の図はGPSデータによる空間線量


表題の通り、東北自動車道を走行しつつ6箇所のサービスエリアで植え込みの土壌調査を行った。調査結果は以下の別表の通りである。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/11893.pdf


今回は、ポリマスター社製PM−1406を土壌測定に使用した。
この測定器は食品測定を主な用途としているため、安全側の配慮として測定数値が高くでるという説明がなされている。今回の測定では過大な数値とならないように測定結果は「推定値」として表示した。詳細については以下を参照されたい。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/11894.pdf


蓮田SAから都賀西方SAあたりでは、思いのほか、線量やベクレル値が低く測定された。しかし、那須塩原あたりからは様相が一変する。このことは冒頭の図からも明らかである。


阿武隈PAでは、kgあたり13,000Bq(推定値)を測定したが、この数値を平米換算するならば、どう低く見積もってもチェルノブイリ避難基準における「住民に避難権利の発生するレベル」以上である。


参考:チェルノブイリ原発事故における避難基準
<チェルノブイリ>
(強制避難エリア):     148万Bq/m2〜
(強制移住エリア):     55万5千〜148万Bq/m2
(補償つき任意移住エリア): 18万5千〜55万5千ベクレル/m2
(放射線管理エリア):    3万7千 〜 18万5千Bq/m2


阿武隈PAあたりから、空間線量が車のトランク内でさえPM−1406の遮蔽能力(0.3マイクロシーベルト/時)を超えはじめていた。さらに北上したが降雪が強くなったので郡山南ICで折り返した。


復路では安積SAで測定を行った。空間線量が異様に高かった印象がある。降雪の影響もあったのかもしれない。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/11892.jpg


安積SAでのベクレル測定においては、許容されるバックグラウンド線量を超えていたので、測定結果についてはさらに目安程度の扱いにしていただきたい。なお、測定した土壌の一部(那須高原、安積分)は後日、別の測定器による計測を依頼する予定である。必要に応じさらに報告する。



阿武隈サービスエリアでは、老婦人と若干の会話をすることができた。
この方は、サービスエリアで清掃の仕事をしていた。話をするほどに、古き良き、そして愛らしい「日本のおばあさん」だった。そしてシーベルトや、ベクレル数という用語も、この方の日常の感覚からは遠かった。
この方は地上1mで0.5マイクロシーベルト/時、土壌1kgあたり10,000Bqの職場環境で毎日「掃除」をしているのである。ガラスバッチをつけておられたが、そのことが、この方を直接お守りしているようには思えなかった。


福島における凄絶な実態の一端である。


http://www.asyura.us/bigdata/bigup1/source/379.jpg
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 宮島鹿おやじ 2012年12月10日 00:58:00 : NqHa.4ewCUAIk : Z76ZBlXL0k
なぜかアップデータのほとんどにリンクされません。
どうしたのでしょうか。

02. 2012年12月10日 01:03:01 : 0FzkUs2on6
素人の悦に入った簡易測定は要らないんでございますよ

03. 宮島鹿おやじ 2012年12月10日 01:08:18 : NqHa.4ewCUAIk : Z76ZBlXL0k
>02
阿武隈PAでは某大学の研究員が測定をしていたらしいですが、結果については聞かされていないとのことでした。

04. 2012年12月10日 01:19:07 : rwoJUmfxhX
あれ?
ID= 0FzkUs2on6 は、下手くそなおねえ言葉を使うネトカマで、気持ち悪いから「ゲロ☆ ヒキガエル第2号」と名付けてやろう。

のカエルだね。
いつもろくな内容しか無いんだよね。人さまに意見する程かよ?恥を理解出来ないから、こんな恥ずかしい文字を落としてくんだな。


05. 宮島鹿おやじ 2012年12月10日 01:29:55 : NqHa.4ewCUAIk : Z76ZBlXL0k
04. rwoJUmfxhXさん

こんばんわ。
コメントありがとうございます。
阿修羅にもいろんな人がいるんですね。
これからもよろしくお願いします。

ま、私が素人というのは的を得ていますが・・・。
問題は、専門家たちがなぜかいろんなことを隠したり邪魔したりすることだと思うんです。本来、ボランティアによる市民測定所など不要だと思います。行政がやるべきなんです。お金と人員をかけて。なのに、汚染地帯でマラソン大会やら地域の絆やら。

「ばっかじゃねーのー!!」

と、言いたいですね。


06. 宮島鹿おやじ 2012年12月10日 01:44:41 : NqHa.4ewCUAIk : Z76ZBlXL0k
これの引用です。一応、念のため。

http://gigazine.net/news/20110204_manga_jmaf2010/


他にもいろんな局面で言えますね。

御用学者:「外部被曝と比較して内部被曝は無視できるほど影響は少ない」
市民:「ば〜かじゃねーの!?」

御用学者:「体内では放射線の距離の2乗則は無視できる」
市民:「ば〜かじゃねーの!?」

御用学者:「放射線は臓器1kgあたりの質量で平均的に吸収される」
市民:「ば〜かじゃねーの!?」


07. 2012年12月10日 02:37:46 : PAPmpm5TAY
事故調査の報告とその後についてTVでやっていたが、専門家の顔と抽象的嫌味と能書きだけでは仕方がないことだ。 明記していないと意味を読めないのでは専門家ではないだろうとこの件で強く思わされる。根元はその辺にあるのだし、あと混乱させる悪態はそれらの派生が大部分だ。 もちろんこれだけではないが、そのような混乱誘導が鼻につきすぎ。

08. 2012年12月10日 04:12:50 : RufpgDo1AM
福島市、郡山市 いわき市、など
誰も避難していないという状況は
一体全体どう評価して良いのか・・・

個人的には、素人的には、
ひたすら恐しいとしか言い様がない。

旅行や出張で短期的に通過するだけなら
影響は少ないのだろうが・・・。


09. 2012年12月10日 05:24:10 : 4IibcXU3dc
 「もう関東は終わりだな」さんが、「もう関東は終わりだな」という宣告をしたのは去年の9月だった。あれから15ヵ月、事故そのものからは21ヵ月経った。「事故5年後くらいになると、人がばたばた死ぬ」と予言した人もたくさんいたが、事故5年後までは、あと3年3ヵ月。

 このコメントを数カ月おきに繰り返すのは特に手間暇かからないので、私に課せられたルーチンワークとして、実行し続けます。多摩散人。


10. 2012年12月10日 05:49:02 : 1laTubqZew
>>09

「もう関東は終わりだな」さん = pPJ5gJb78A ですよね?


11. 2012年12月10日 06:00:44 : 4IibcXU3dc
>10 はい、そうです。最近はどうお暮らしでしょうかね。関東はぜんぜん終わりになっていませんが。多摩散人。

12. 2012年12月10日 06:03:05 : TUPxsc98ho
ありがとうございます。放射能防護に気をつけます

13. 2012年12月10日 06:38:38 : i0jMyFYTwI
やはりね。想像通りの測定結果ですね。私もやってみたいと考えていて、だいたいこの様な値を想像していました。

ただこれは高速道路近辺の値なので、実態としては山とか盆地とかでは矢板以南でも高い値が出ているでしょう。

それで県道や市道にも細かく入っていって値を調べるといいでしょうね。

良いお仕事をされましたね。ご苦労様でした。


14. 宮島鹿おやじ 2012年12月10日 07:59:09 : NqHa.4ewCUAIk : Z76ZBlXL0k
07 PAPmpm5TAYさん

コメントありがとうございます。
その事故調査委員会報告を見ていませんが、私は、もう専門家の話は一応ふーん感覚で実際のところはどうだというようになっています。実質蚊帳の外です。マスコミがおおいなる虚妄を撒き散らしていますね。ほんとにこの世はすごい。


08 RufpgDo1AMさん

おはようございます。
ほとんど、「誰も避難していない」といっていい比率でしょう。
わたしもひたすら恐ろしいです。気が違うかもしれないと思うと気があります。


多摩散人さん

ようこそおいでくださいました。
関東が終わったという意見ですが、「終わり」とは何を意味するのかという定義によって命題の適否は異なると思います。
私の身近にいる子供たちの血液に異変が起きている可能性があります。
私も、東京・多摩・武蔵野です。


1laTubqZew さん

おはようございます。先生。
先ほど読んでいた「量子力学入門書」に統計学との類縁性を見いだしました。
確かに、どちらも確率について考えているのだから当たり前でしょうか。
先生のお蔭でなにかへの扉が開いたような気がします。
本当に感謝しています。ありがとうございました。


12 TUPxsc98ho さん

おはようございます。
ご無沙汰しています。
その後、お変わりありませんか。
いろいろあって報告が遅れています。
すみません。


13 i0jMyFYTwIさん

おほめにあずかり大層恐縮です。
私が申し上げるべきことを、私の代わりに補足していただきました。ありがとうございます。確かに高速道路は、ある意味、もっとも除染が成功している設備といえると思います。ひっきりなしに、自動車が通行し、定期的に道路清掃なども行っているからです。ですから、線量などは、周辺地域よりも低いと考えるべきだと思います。よく整備されたSAですら、車を降りたときの線量は明らかに違いました。

http://www.asyura.us/bigdata/bigup1/source/380.jpg
(安積SA 車外に出たときの線量 地上1m)

今回は、時間の関係で東北道を行って帰ってきただけとなりましたが、本当のプランは、県道などをゆっくり時間をかけて測定していくというものでした。
また、測定器の精度などから、比較的汚染の少ない地域についてはどうしていくかという課題も生まれました。
今後ともよろしくお願いします。


15. 2012年12月10日 09:50:03 : 4IibcXU3dc
>14 関東が終わったという意見ですが、「終わり」とは何を意味するのかという定義によって命題の適否は異なると思います。

 では、あなたはどう定義して「もう関東は終わりだな」と言うんですか。それから、あなたの住んでいる武蔵野はどう終わっているんですか。終わりになっている武蔵野に、事故後21ヵ月も平気で暮らしているんですか。多摩散人。


16. 2012年12月10日 11:06:57 : c9H4MiFJDQ
多摩散人。
お金持ちの低放射能食品販売にご熱心なお方。
自分の心配だけかと思ったら、世の中の人の心配もされるのですね。

17. 2012年12月10日 11:18:42 : MT4SFxc83g
宮島様

 多摩散人には、誠意ある回答など全く意味を持ちえません。用語の定義を示しても全く理解できない(または理解しようとしない)人ですから。同じ主張を何度も繰り返すだけですよ。子供のように(または酔人のように)・・・


18. BRIAN ENO 2012年12月10日 12:14:46 : tZW9Ar4r/Y2EU : yhmbAsnuyo
宮島鹿おやじ 様

調査お疲れ様です。
貴重な情報提供、誠にありがとうございます。
また、何かあれば、よろしくお願いいたします。


19. 宮島鹿おやじ 2012年12月10日 12:57:58 : NqHa.4ewCUAIk : Cfm0ljwWzs
16 c9H4MiFJDQさん

コメントありがとうございます。
多摩散人さんは食品販売を手がけておられるのですか。
知りませんでした。
どんなメニューがあるのでしょうか。知りたいものです。

17 MT4SFxc83gさん

アドバイスありがとうございます。
多摩散人さんと他の方がかなりヒートアップしてやり取りしている様子は私自身もたびたび拝見しております。もしかしたら本当はおっしゃるとおりかもしれませんが、そこは同郷の誼で(といっても多摩はひろうございますが)若干やりとりをさせていただければと思います。

多摩散人さん

先ほど申し上げました「終わっている」という言葉の意味ですが、お話を有意義なものにするためには、この言葉および、いくつかの定義づけを行う必要があると思います。

まず、

「終わっている」の意味ですが
@現時点において住民の大多数が死亡あるいは重篤な健康障害に見舞われている という意味なのか
A現時点においては、@ほどの状態ではないが、そう遠くない将来において@と同等の状態が発生するという意味なのか
Bさらには、Aほどの悲惨な状態が発生するわけではないが、今後、疫学的統計を経ることにより、放射線障害に起因する疾病が十分な有意差をもって増加する可能性が高い。 とみるか。

です。

なお、私個人としては、当然のことながら、
「関東地方の住民全員が、現時点において死亡・重度の健康障害にある」
とは考えていません。誰も考えていないでしょう。

しかし、「関東地方の住民全員が近い将来、死亡・重度の健康障害状態になる」という命題については「わからない」としかいえません。

また、「関東地方の住民全体において、現時点において、あるいは近い将来において疫学的統計有意差をもって放射線障害に由来する疾病が増大している・あるいはする」という命題についても「わからない」としかいいようがありません。

私個人は一介の事務員ですので、もとより放射線物理学や医療統計などについての素養はまったくありません。しかし、私個人として、昨年の3月25日に自宅前の自家用車に蛍光色の汚れが多数付着しているのを確認しております。

http://www.asyura.us/bigdata/bigup1/source/339.jpg

その後、自分自身も「今までにない」体調異常が頻繁に起こるようになりました。

まず、申し上げたいこと。それは、何が起きたのか、それに対し、政府などは十分な説明を行ってきたのかが著しく疑問であることです。そのためにまったくの微力ですが、このような作業を継続しているのです。


20. 2012年12月10日 13:35:24 : FfzzRIbxkp
測定ご苦労様です。私も今、自宅周辺の数値を測りなおしてきました。
素人ですが、日々の変化の参考になります。

それにしても福島、数値が高い。
チェルノブイリでも黄色にあたる地域の子供たちは避難をしていたのに、
本当に子供たちが心配です。

医療関係の友人に話すのですが、個々の疾病への対応が仕事なので、公衆衛生の対応が各病院ではできないと。

避難については、火山が噴火して有害ガスが発生しているときと同じ対応をすればいいのだと思うのですが。


21. 2012年12月10日 14:17:20 : c9H4MiFJDQ
宮島鹿おやじさん。

手がけると言うか、興味あるようですね。

http://www.asyura2.com/12/genpatu26/msg/887.html


22. ケロリン 2012年12月10日 14:25:30 : 6aICm6xzPa6aE : PLNuckLS0M

比較人類学、ならぬ、比較事故学・・というような単純なハナシじゃねぇ〜か?
・・・久々の、TAMA三ちゃん・・・?

数字が出て来た途端の、あぶりだしTAMA三ちゃん状態だな?
TAMA三ちゃん・・・?
怖くて怖くて、仕方が、ねぇ〜んだろうな、TAMA三ちゃん?

「おまえだけは、何があっても大丈夫ダ」・・と太鼓判おしてやってるだろ?
TAMA三ちゃん?

お国の身代わりをしている、オヤジ殿に、いちいち
いちゃもん付けるな、「我善し」TAMA三ちゃん?

冗談は”桜井よしこちゃん”でも 読みながら・・、
スッコンでろや、多摩散人とやら・・。



23. 2012年12月10日 15:05:09 : cf9HhPR7MQ
東京の汚染に関して、私の知る限り指摘されていない汚染の一例ですが、下水道からの漏水による土壌・地下水汚染があります。
雨水などは人為的に土壌に浸透させる処理方法もあります。
まだ誰も測定はしていないかもしれませんが、反応しやすいセシウムは下水道のコンクリートと結合し、もはや除染は不可能ではないかと予想しています。
下水処理場も同様です。清掃工場に関しては言及するまでもないでしょう。
インフラの設備更新は必ず必要なわけで、莫大な放射性廃棄物の全うな処分方法すら準備されていない。
いいかげんな再利用研究だけは、大手ゼネコンをはじめ盛んですが、放射性物質がなくなるわけではない。
路盤材などに再利用される例が多いのですが、これも土壌・地下水汚染に繋がるのは間違いないでしょう。
なかでも早く人体に影響が出そうなのは、セメントをはじめマテリアルリサイクルの製造段階での溶融・焼却が、無防備に行われていることです。
今では東日本では汚染されていないセメントを入手することは出来ません。
「嫁に食べさせられないものを出せるか」といって農業を断念された方がいましたが、私も放射性建材を使いたくないので、東日本の仕事からは撤退しました。
私にとっては、東日本は「終わり」です。

多摩エコセメントも、空中や下水に放射性物質を常時放出していますので、ご注意ください。


24. 2012年12月10日 15:41:57 : MT4SFxc83g
 埼玉県北部にすんでいます。(当方17のコメントをした者です)。毎日茶の間で放射線量を測定しています。
 測定値:0、096〜0、10μSv/h程度です。(Radiation Scanner Model:900+)

 新聞発表とは随分かけ離れた線量です。ただ測定場所および測定高度が同一でないという事実はありますが。



25. 2012年12月10日 16:45:28 : Rm8y64t8Pg
宮島鹿おやじ様、いつも生の調査結果を見せてくださり、ありがとうございます。
こちらの掲示板でも、自分で集めたデータをもとに議論される方は稀なので、
本当に貴重な投稿だと思います。

> 「終わっている」の意味ですが

私が一番心配しているのは劣性致死遺伝子の増加です。
これは子供が生まれる、あるいは生まれないことによって気がつくわけですから、
普通に生活できる低線量地域では、数世代経過しなければ認識されないでしょう。
受け継ぐ子孫が誕生しない土地、というのは「終わっている」のかもしれません。
ヒトの一世代(約30年)がセシウム137の半減期と一致するのは、神様の皮肉でしょうか。


26. 2012年12月10日 17:16:39 : lsBPqpLmSA
宮島鹿おやじ 様

 お疲れ様でした。
 いつも、真摯・紳士な投稿、感謝しております。
 


27. 2012年12月10日 17:26:11 : 4IibcXU3dc
>19

 中村勘三郎さんも、小沢正一さんも、放射能の犠牲者ですね、小沢さんは前立腺ガンだったそうです。それは事実だが、その死にいたる最後のひと押しが放射能だったかも知れない。原発事故がなければ、あと0.01秒くらい長く生きていたと言えないとは決して言えない。

 笹子峠のトンネル崩落事故も、放射能の影響が全くないとは言い切れない。放射能のチリの重さが最後のひと押しになって、天井が落ちた。原発事故が無ければ、崩落するまであと0.01秒くらい持ちこたえたかもしれないということが、絶対に言えないとは言えない。お互いに気を付けましょう。多摩散人。


28. mainau 2012年12月10日 17:38:15 : GgaPs4QXWLwO2 : 85rTG3hiJk
いつも貴重な資料をありがとうございます。
いっそのこと、管理人か誰かが整頓して、宮島さんのこれまでの計測データなどの投稿資料をまとめて、阿修羅のどこかに置いておくのもよいのではないかと思う。あっしらさんの投稿分については、まとめられているし。
この事故、数十年後にもいろんな調査、研究がなされるだろうが、事故直後数年の実測値はとても貴重な資料。後世に資料を残す意義。

29. 2012年12月10日 18:03:12 : 4IibcXU3dc
>27 追加。多摩散人。

 役者や俳優やトンネルが0.01秒も早くダメになったということが絶対にないとは絶対に言えないということになると、本当に、もう関東も終わりだな。


30. 2012年12月10日 18:12:42 : rwgORSmgTI
多摩散人さんのコメントにとりあえずは目を通していました。
>>28 のコメントを読んで、今後は読むだけ時間の無駄だなと認識しました。

31. 2012年12月10日 18:30:20 : Eha43Ohb6Q
宮島鹿おやじさま

 「控えめな」測定報告ですが、いつもながらの真摯なとりくみの一つとして、情報を身近に感じさせていただきました。ありがとうございます。

 それにしても、宮島鹿おやじさまと比べると(というか比較困難ですが)、下劣の極みにある多摩なんとかという人物に対しても、宮島鹿おやじさまが、誠実に対応してるのを見ると、自分には到底できないことだが、と、これまたあらためて感心してしまいます。

 多摩なんとかという人物が工作員なのかどうか知りませんが、まじめに者を考えようとする人に、耐えようもない不快感を撒き散らしてストレスを拡大する点では、立派にその役割を果たしているとは思います。 
 宮島鹿おやじさまの投稿は、いつも、その対極で、ほっとさせられるものがあります。

 「終わった」ということなら、いろいろな意味で終っています。
 これからの健康障害を予測することは困難です。
 私は、疎開、避難を支援する運動をしていますが、しかし、原子力村、安全派のいうことが真実で、放射線管理区域の何倍ものなかで生活している幼児、子どもも含めて、放射線の影響が心配ないなら本当に良い、そうであってほしい、とは日々思っています。
 がんの「確率」が増すこともありますが、放射線が障害を与える構造や、チェルノブイリの実情などを見れば、そのすそ野に、広大な健康障害の危険が広がる恐ろしさをどうしても、頭から消せないでいます。とくに、子どもたちを筆頭に、放射線による中枢神経損傷という回復不能なダメージを日々受けている可能性を考えると、やりきれない思いです。

 とはいえ、原子力村の薄汚い手先は、放射線だけでなく、煙草の被害も、化学物質も、人体を損傷するものはいくらでもある、などとよく言います。化学肥料も薬害も膨大にあります(その中の多くは、原子力村と同じ様な利権、あるいは「科学万能」の出所をもつものですが)
 そのとおりで、こうしたものも、許してきたことをとらえ返さなければならないものです。
 
 ただ、放射線被害は、その危険が非常にはっきり指摘され続けてきた原発事故が一方的に撒き散らしたものであること、そして、それゆえ、避難をはじめ、明確な政策で、一定基準以上の危険から人々を遠のけることが可能であったにもかかわらず、それをあえて行わず、押しつぶして被曝させてきたこと―――こうした点で、他の被害と(たとえば煙草被害と)対等に比較する欺瞞は許せるものではありません。

 たしかに、将来、子どもががんになって、親に、なんで煙草をやめなかったのだと恨みを持つことはあるでしょう。親も、そのときに、どうしようもない悔いを持つかもしれません。

 しかし、原発事故の被曝では、こうしたことが、原子力村や、それに呼応する地域の締め付け、さらには付和雷同する?多摩なんとかのような下劣な者たちによって強制され、避難困難な状況を打開することを妨げられ、やむなく、子どもを被曝させ、あとで、取り返しのつかないことをしたと後悔しきれない人たちをどれほど生み出すか分からないのです。
 いまだに、こんなことにならないでほしいと思っているものの、その可能性を否定できません。

 こうした可能性を考えずにすむような生活は「終わった」のです。

 「笹子峠のトンネル崩落事故も、放射能の影響が全くないとは言い切れない」などと自分の低劣さを撒き散らしている輩は地獄にでも落ちればいい。
 
 ………どうも、宮島鹿おやじさまの懐の深さを、もう少しまなばなければならないようです。
 
 健康に気をつけてご活躍ください。


32. 2012年12月10日 19:00:04 : TUPxsc98ho
関東は終わったと思いながらも避難せずにいます。東京は危ないとは思いながらも秋月医師の食事を参考にしながら放射能防護に気をつけてきました。周りも誰も避難していません。大丈夫なのではないかと錯覚する雰囲気の中で暮らしているときもゆるみます。宮島鹿おやじ様の投稿で気が引き締まります。ありがとうございます

33. 2012年12月10日 19:02:24 : cFrD8zxI7E
おっさん?すごいね。
無理しないでね。
当たり前だろうといわれていることを実証することが、誰もできないししない。

偉業です。


34. 宮島鹿おやじ 2012年12月10日 19:35:25 : NqHa.4ewCUAIk : Z76ZBlXL0k
BRIAN ENOさん

コメントありがとうございます。
しばしのご無沙汰でした。
すみません。長いコメントを書いているうちにコメントをいただいていたようです。

東京もだいぶ寒くなってきました。
お心遣いが身に沁みます。



35. 宮島鹿おやじ 2012年12月10日 19:53:14 : NqHa.4ewCUAIk : Z76ZBlXL0k
20 FfzzRIbxkpさん

コメントありがとうございます。
できるだけ多くの方が自主的な測定をされるといいと思います。
阿武隈PAでは、手に持ったインスペクターが「いつも0.5マイクロ」という状態でした。東京なら、地表につけないと経験しない数値です。PAを利用される人々は誰もマスクもせず、小さな子供づれの方もいました。私も子供のことが心配です。


21 c9H4MiFJDQさん

食べている女性の表情がいいですね。ほんとにおいしそうです。
安心して食べられるというのがどれだけありがたいか、よくわかりました。


ケロリンさん

おひさしぶりです。
思い余ってまた測定器を買いましたが、かなり扱い辛いです。
しかし、10ミリ/年 = 1マイクロ/時 ですが、これまでは我慢させろと言ったのですか・・・。その人は、周囲全体がこの空間線量(1μ)の中にいたことがあるのでしょうか。私は、「いつも0.5μ」でも十分過ぎるほど恐ろしいと思いました。


36. 宮島鹿おやじ 2012年12月10日 20:21:11 : NqHa.4ewCUAIk : Z76ZBlXL0k
23 cf9HhPR7MQさん

非常に重要な情報提供をありがとうございます。
下水設備からの地下への漏水、コンクリートとの結合、リサイクル工程における焼却・拡散・・・。そういえば、以前、セメント工場から高い線量値を計測したというコメントを見た記憶があります。事態はより複雑であり油断できないものと思います。

>多摩エコセメントも、空中や下水に放射性物質を常時放出していますので、ご注意ください。

確か近くまで調査に行ったことがあります。山奥にああいう施設が隠れるように存在している・・・。何か、原発に似ているような気がしました。


24 MT4SFxc83gさん

いま、以下のレビューを見たのですが、ここには、差分からα成分を測定できると謳っています。非常に重大な関心を持っています。情報提供ありがとうございました。
http://www.mikage.to/radiation/coliy_radiationscanner900.html

25 Rm8y64t8Pgさん

コメントありがとうございます。

>ヒトの一世代(約30年)がセシウム137の半減期と一致するのは、神様の皮肉でしょうか。

何か最近、放射性核種も「好きで放射性核種になったんじゃない」と言っているような気がしてきました。人間の心の闇のようなものが生んだという気がします。


37. デミトリー 2012年12月10日 21:01:50 : 2kYVIsTHbi0XM : 1mczsT61Va
>>宮島鹿おやじさん
見るの遅れました。お疲れ様です。
6のばっかじゃね〜の、同感です。
距離の2乗則は、無視はできないけど、0距離なら無限大という増大はしませんよ。体内にある場合は、出た放射線が全部当たる状態で最大になります。
遠く離れると、自分にまっすぐ向かってくる放射線は当たるけど、ちょっとでも角度つくと遠くでは結構広がるので自分には当たらないということが出てきます。
その距離を半径にした球の表面積に対して自分の面積がどのくらい占めるか?が自分に当たる割合で、%ですよ。なので、球の表面積の半径の二乗の所から、2乗に反比例すると言ってます。一本の放射線のエネルギーが増えたり減ったりではなくて、何本当たるかです。

>>多摩散人さん
放射能フリー食品の所で、危険な食品も危険な場所もあるのは知ってる、という趣旨のことが書いてありました。
その基準教えてください。

僕個人としては、震災のあの日が、終わりの始まった日だろうなと思ってるよ。
どこが終わってるかとかは、考えてもねぇ。終わったのがはっきりした時には、手遅れだから。終わる前に対処するべきと思うけど。
東京は、事故の時の汚染が仮に弱くても、物流の中心だから物が集まるよ。それがどのくらいで危険な量になるかは分からないけど。



38. taked4700 2012年12月10日 21:17:05 : 9XFNe/BiX575U : BnT1jiWpeo
宮島鹿おやじさま、

今、NHKの9時のニュースで日本原電が敦賀原発廃炉に対して、「到底受け入れがたい」と言ったという話がされていました。

やっと、周辺の活断層の動きにつれて原発直下の破砕帯が動くということを専門家が口に出して認めだした様子です。

日本の電力会社や発電会社は、いったい何を考えているのかと思いますね。

しかし、路上の黒い物質にしても、福島県内だけでなく既に東北や首都圏一帯に広がった低線量被曝の影響はかなりのものがあるようすです。

今まで自分だけの印象だと考えていた低線量被曝と自閉症の関係も、実際には、既にある程度の専門家から指摘がされているのですね。また、狂牛病との関係性も指摘されている。

普通に疫学調査をしていたなら、多分、ごく普通に気が付くことのはずで、故意に覆い隠されてきたとしか思えません。本当に原子力は罪深いと思います。いったい、いままで反原発の活動をしてきた方たちは、これらのことについてなぜ指摘をしてこなかったのかと、疑問でなりません。


39. 宮島鹿おやじ 2012年12月10日 21:35:26 : NqHa.4ewCUAIk : Z76ZBlXL0k
26 lsBPqpLmSAさん

コメントありがとうございます。
お言葉をいただき、こちらこそまことに感謝です。
最近寒いのでほんとに暖かいお言葉に励まされます。

mainau さん

先輩、コメントをありがとうございます。
多くの方がそれぞれの場所でデータを取っていると思います。
阿修羅においてそれらが集約されるシステムがあってもいいように思います。
今回の選挙特設板のようなものです。


30 rwgORSmgTIさん

コメントありがとうございます。
多摩散人さんは結構昔から阿修羅の住人なんでしょうか。原発爆発前はどのようなことを言っておられたのでしょうか。

31 Eha43Ohb6Qさん

コメントをありがとうございます。
私も、基本的には、現状に対し、「ハラワタが煮えくり返っている」クチです。
ただ、最近、多摩散人さんのような人は、「本当は何を考えているのか」が気になるようになりました。ただ、単に、己の利権・生活基盤・消費生活を維持せんがために、こうまで他者を不安定な状態に放置できるものなのかどうか。
そういえば、私は、子供の頃から、日本の戦後経済復興には、朝鮮戦争による特需がどうこう、という話を何の疑問も抱かずに聞いていました。ベトナムに爆弾を落とすことも、水俣病のことも、薬害エイズのことも、全て他人事だったと思います。今回は、正直言って、「頭の上からかぶっちゃった」と思っています。それで目が覚めた。そういう意味では私自身もたいしたことはないです。まあ、年を取って少しは人の痛みを理解したのかと。

32 TUPxsc98hoさん

いつも見守っていただいてます。
ありがとうございます。
実際に避難することは大変な「心の瞬発力」のようなものが必要かもしれません。
最近、そのことを思い知りました。確かに、阿武隈PAでは、人々も普通にしていました。目にも見えず、匂いもしない、気にしないことは不可能ではない。そういうところへ、エライ学者先生が「大丈夫、大丈夫」といえば、そういうものかと思っても仕方ないでしょう。その分、ひどいことが起きた時は、罪は重いと考えます。

33 cFrD8zxI7Eさん

こんばんわ。はじめまして。
一応調査が終わって、東京に向かうときは、時速???km/hで、常に追い越し車線にいました。一目散でした。たいしたことないんです。




40. 2012年12月10日 21:55:40 : AKtsaWtBBM
東北・関東、いや日本の放射能との戦い。
でももう後戻りはできない。
屍を乗り越えながら進むしかない。
犠牲者を最小にするためには放射能耐性の獲得方法を研究するしかない。

41. 宮島鹿おやじ 2012年12月10日 22:10:58 : NqHa.4ewCUAIk : Z76ZBlXL0k
デミトリーさん

こんばんわです。
距離の2乗則については、taked4700さんの以前のスレッドでのお話でだいたい要領を掴みました。全弾命中の喩えはわかりやすかったです。今回のご説明も、距離と面積という関係から2乗になるということがよくわかりました。ありがとうございます。


taked4700さん

いつもありがとうございます。
極めて論理性の高いご投稿を参考にさせていただいております。

>普通に疫学調査をしていたなら、多分、ごく普通に気が付くことのはずで、故意に覆い隠されてきたとしか思えません。本当に原子力は罪深いと思います。

以前、門外漢ながら、疫学についての投稿をしたことがありました。「医学者は公害事件で何をしてきたのか」という津田敏秀氏による著作を読んでのことでした。
http://www.asyura2.com/12/genpatu20/msg/171.html

最近、統計について幾分学びましたが、そのことで思い出されるのが、この津田氏の著作の中で、権威あるお医者先生の中には、確率論的ものの見方が意外と浸透していないという記述があったことです。また図書館で借りて読み直してみようと思っています。


42. 2012年12月10日 22:37:12 : n3x4qSYCSs
このニュース、大沼氏以外だれも注目していない様子なので、はっておきます。
死の灰降下後、1日半とありますから、3月12〜16日のいづれかの日なのでしょう。
何故、日本人研究者の重要な研究にも関わらず、日本のマスコミに無視されているのでしょうか?
多分、不都合な事実が明るみにでるからでしょう。
Cs−137ではありません。Cs−136です。

>2012-12-06
〔ENEニュース〕 福島市へのフクイチ死の灰降下量 40万Bq/m2!  放射能汚染の主役は、言われているような「ヨウ素131やセシウム137で」なかった! / 空中はヨウ素132・セシウム134・セシウム136  地表はヨウ素132・テルル132 実効被曝では ヨウ素132・セシウム134・テルル132 /日本人研究者が発表 /◇ これはどういうことなのか?!
→ http://enenews.com/fukushima-fallout-figures-released-3000000-bqm2-in-major-city-radioactive-contamination-did-not-come-from-much-talked-about-iodine-131-or-cesium-137 (◇は大沼)
http://rpd.oxfordjournals.org/content/early/2012/12/02/rpd.ncs320.abstract
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2012/12/bqm2-f766.html


43. ケロリン 2012年12月10日 22:41:30 : 6aICm6xzPa6aE : PLNuckLS0M


鹿オヤジ殿・・・・、

>その人は、周囲全体がこの空間線量(1μ)の中にいたことがあるのでしょうか。私は、「いつも0.5μ」でも十分過ぎるほど恐ろしいと思いました。


・・・って、
いったい、誰のコトを言ってんだい?
・・・それは、ともかく・・、

毎時0.5マイクロだと、×9000= 4.5ミリSv/年間・・・
にもなるので、ちょっと、注意が必要だろうな?
まぁ〜なには、ともあれ、貴重なデータ、サンキュ♪


>反原発の活動をしてきた方たちは、これらのことについてなぜ指摘をしてこなかったのか?

実際に活動をやリャァ〜解るが、そもそも、ハンゲンパツだけでも、ほとんど村八分状態の中、ガンもダウン症も花粉症もアラユル免疫系統の疾病は、ほとんどが<放射性核種が原因である>・・・などと言ってみろ・・?

「何、一所懸命、言うてんねん?」


・・・の一言で終わりだ。
>>38. taked4700・・・さん。
これからは、アンタも動くんだよ・・。
持ってる疑問も一発で氷解するゼ・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<TAMA三ちゃん>は、阿修羅に昔から貼り付いていて、
最初は、良く解らないが、スグに化けの皮が剥がれて・・、
今では、『終わってる、多摩散人』として、
チョー、有名人なんだ。
除染が失敗してから、0.01秒くらい、
脳のニュートロン神経伝達電流がねじ曲がるんだ。

ほとんど、阿修羅だけが、楽しみなんだな・・。
面倒みてやってくれ・・・・、
ただし、本気になると、疲れるだけだぞ・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


44. 2012年12月10日 22:50:38 : TzvXhQNHlU
那須塩原に住んでいました、地形から見ても高原山と箒川に挟まれ
放射能の知識はなくてもここは放射能が溜まりそうだな〜と思いました

思ったとおり昨年は庭1メートルで0,8〜1,0ありました
1年数ヶ月たって先月友人がまた我が家の庭を測定してくれました
1メートルで0,5、門のアスファルトのうえで2,7μあるそうです
周りも昨年と比べると空間線量は低くなっているけれど
地面のほうが高くなっている所がけっこうあると言っていました
子供も含めほとんどの人が事故前と変わらぬ生活を続けています
1年半過ぎたころから周りで外飼いの犬が亡くなったという話を聞くようになりました


45. 宮島鹿おやじ 2012年12月10日 22:58:13 : NqHa.4ewCUAIk : Z76ZBlXL0k
ケロリンさん

>いったい、誰のコトを言ってんだい?

ああ、すみません。
>>22で、おっしゃっていた、桜井さんのことです。


46. 宮島鹿おやじ 2012年12月10日 23:05:08 : NqHa.4ewCUAIk : Z76ZBlXL0k
多摩散人さん

>>19 の私のコメントにあるように、私個人としては、関東及び東京がすでに終わっているのかどうかは「わからない」と思っています。

しかし、上記の分類で言えば、少なくとも、B:そこに住むことによって、従来よりも高い確率で健康障害を背負う可能性は否定できないと思っています。

こういった掲示板サイトでは、様々な人が自由に発言します。そしてほとんど全てが匿名です。よって、単に衆目を浴びることだけを目的とするような無責任なデマなどが発生する可能性は当然あります。

私たち一人一人の経験は、社会的広がりから見れば、大変小さな視界でおきた極小値に過ぎません。よって、その個別の事例に対しては、「偶然だろう」「デマだろう」と言い捨てることは可能です。
しかし、あなた個人の視野においては何も起きていないかのように見えるというのも、社会的に見れば一つの極小値に過ぎません。

そして、その極小値を総和する社会的行為が「統計」であると考えられますが、その統計を行うはずのものが意図的にそれを放棄するという事例がありうることをかつて私は認識しました。
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/772.html

私たちを標本として扱う統計実行者が、悪意を持っているとしたら?
http://www.asyura2.com/12/genpatu23/msg/398.html


47. 宮島鹿おやじ 2012年12月10日 23:32:18 : NqHa.4ewCUAIk : Z76ZBlXL0k
40 AKtsaWtBBMさん

> 犠牲者を最小にするためには放射能耐性の獲得方法を研究するしかない。

ちょっと時間がかかりすぎるように思います。それよりも、こどもだけでも逃がすことにお金をまず使うべきだと思います。


42 n3x4qSYCSs さん

情報提供ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

44 TzvXhQNHlUさん

コメントありがとうございます。
>>13さんのおっしゃっていたことを裏付ける情報です。
線量で地面の方が高いところがあるということですが、今までの経験からすると、地面の性質や、高低差などで、いわゆるムラが出来たような状態だと思います。特に濃縮された物体(溜り土や、場合によっては藍藻類など)にはお気をつけください。


48. 2012年12月10日 23:46:38 : gwR5pKfLyc
去年出版された書籍の中に“中通り”がダメとなると福島県が全滅してしまうという内容の文章が幾つか掲載されていた。この調査をされた方に大変な敬意を表する。そう、どう甘く見積もっても福島県は人の住むべき地ではないのだ。

49. taked4700 2012年12月10日 23:50:31 : 9XFNe/BiX575U : BnT1jiWpeo
>>41

宮島鹿おやじ様、


医学者は公害事件で何をしてきたのか

確かにいい本のようですね。なるべく早く自分も読んでみたいと思います。ただ、既に読まなければいけない資料が大量に溜まってしまっていて、かなり先になりそうです。

ところで、統計についてかなり勉強されているのですね。自分はかなり手抜きをしているので、統計の専門用語が出てくるとお手上げです。現代社会はいろいろ身に着けるべきものが多く、大変です。


50. 管理人さん 2012年12月11日 00:48:47 : Master
>>01 スミマセン。日曜日に修正したつもりの投稿プログラムのバグでした。
このページのリンクについては手作業で修正し、
投稿プログラムのバグも直しておきました。

51. ろうし力学 2012年12月11日 01:24:17 : riuSNxeQ9qjU6 : hQMYNqdKHI
宮島鹿おやじさま

お久しぶりです、ろうし力学です。
今回も、測定の公表をありがとうございました。ほんとに頭が下がります。

>何か最近、放射性核種も「好きで放射性核種になったんじゃない」
>と言っているような気がしてきました。
>人間の心の闇のようなものが生んだという気がします。

またここで、例の命題が蘇りましたね。
そうですね、全くもっておっしゃるとおりと思います。
当方の、原子、素粒子への理解(拙い…)から言えば、そのとおりと思います。

原子の原子核の分裂、崩壊というのは、いつもお話してきているように、
量子の振る舞いそのものが、人間の意識活動とイコールである、という事から、
人間の意識、特に原子番号の多い核種の崩壊は、人間相互の関係性の崩壊とイコールと理解出来ますね。

原子の構成から言えば、核の結合が、社会的な人間相互の結びつきと関係性をもって存在していると言えます。

その崩壊を招くもの、人間の精神活動とは、「我善し、今善し」であるという事を言いたいのです。

その意味において、おやじ様のおっしゃるとおり、
「人間の心の闇のようなものが生んだ」ということになりますね。

当方がトンデモな奴であることは、以前からお話しておりますが、量子力学的知見からの要請として、物質=意識というロジックでもって、眼前の世界を認識する世界観ですから、当然の帰結なのですが、世界は単に物質(原子、素粒子)により構成されていて、生命は単に分子の化学反応の結果として精神活動が、偶然に発現したのであって、所詮人間は、肉体の死を持って原子へと還元されるだけの存在である…という「唯物還元論」主義者が抱える、根本的世界観人間観においての、帰結とは、「人間存在とは終始、無意味であり、無価値であり、それゆえに無力である」という概念に埋め尽くされている、ということになりますね。

どうような人生を送ろうが、最終的に人間は、死と共に消滅、原子に還元する、何も残らない、とそう考え、それを疑うことが無いのが、近代というものであります。

そのような「生」というのは、そもそもが無価値で無意味ですから、当然の帰結として、「生きてる間に、何をしようと俺の勝手だろう。俺の命だ、それをどう使おうが誰にも文句は言われたくないぜ」という観念に居たり、今、自分さえ享楽の限りを尽くせれば、自分の消滅した後のことなど、知ったことではないと考えるに至るわけであります。

その「虚無」、存在の不確かさ、それが支配する唯物還元論者が現代人であれば、
おやじ様の語られた「人間の心の闇」そのものであります。

その観念による世界観察は、必然として、観察の事実が量子の確率を収縮させ、事象へ変移するのが世界であれば、心の闇は、結果として、原子核の崩壊を映し出し、その今さえ我さえの意識状態が、人工放射線という事象の生みの親と現出している、そのように当方の理解からは見えているのです。

人間はその本質からして、どう見ても「意識生命体」が正体なのですが、世界を貶めて、人間家畜化を推進してきた虚無の意識体に操られた権力構造の画策により、科学万能という信仰、唯物世界観という盲信、肉体が自分自身とイコールであるという挿げ替えに支配され、肉体が自分の正体であるとう認識を微塵も疑うことがない、「虚無の王国」が地球上に建設されたと言うことではないでしょうか。

生きることの、生きていることの意味など、ハナから考察することもなく、虚しいい存在としての自分というのがまるで先天的であるかのように、虚無の宗教が生み出されています。

原子力村とは、そのような虚無の狂信者の王国であるがゆえに、精神性や魂、人間の矜持を語り追い求めようとする人々からすれば、とても考えられないような、「悪魔的」な発想、破綻した論理、粉飾された人生を、虚しくも他に仕方なく追い求め、同時にいつなんどき消滅するかを心底恐怖しながら、その底知れぬ虚無を穴埋めしようと、他人を踏みつぶして優位性を追い求め、アイデンティティを、金、権力に求めてしまう、そのような宿命を自ら課しているように思えてなりません。


52. チャマ 2012年12月11日 01:46:46 : tZu.Iw22CMfdc : 0EopofEgjc
>>宮島さん

相変わらずのご努力、頭が下がります。
出来れば長いスパンでの調査をしていただけたらと思います。

ところで>>02 0FzkUs2on6 のネカマ蛆野郎は思いっきり罵倒してやってくださいw
なんかぐだ巻いたらソッコー音楽板のオレのスレにご連絡ください。
即ぶっ潰しますからw

話は変わりますが、福島で小児甲状腺がん患者が出たとか・・・
チェルノよりも数段早い段階で症状が発生してます。
本来は国がきちんと調査すべきことなのに・・・
しかし今の現状あなた方の調査に頼るしかなさそうです。
何とか国の息がかかっていない信頼のおける医療関係者との連携は出来ないんでしょうか。
最悪あなた方が今後個人の被ばくを測定し、要検査の児童を協力を厭わない医療関係者に検査・治療を依頼する必要が出てくると思います。
これは自分の勝手な推測ですが、期間もある程度経過していることだし、そろそろ人体に影響を及ぼす段階に差し掛かってきていると思います。
はっきり言って環境の被ばくを束てするのも大事ですが、ここまで国に放置されっぱなしじゃ恐らく人体への影響も進んでいるでしょう。
最終的にどこが責任を負うべきかという事よりも、まず被害をこれ以上拡大させないこと。
そうすれば結果的に責任を負う立場の人も助かりますし、何よりも被害が悪戯に増えない。
ただでさえ人口が減ってる日本、医療費が負担となってきている日本、官僚どもの頭の中は一体どうなっているんでしょうか。
とにかくあなたのご検討をお祈りします。
とともにくれぐれもご自身の健康管理には万全を尽くしてください。
あなたが病に倒れたら代わりの人がいないんですから。



53. 2012年12月11日 03:22:59 : AiChp2veWo
有名人死にすぎ、癌にかかりすぎ。

54. 宮島鹿おやじ 2012年12月11日 07:28:09 : NqHa.4ewCUAIk : Z76ZBlXL0k
48 gwR5pKfLycさん

コメントありがとうございます。
私が今回調査できたのは福島県南部のほんの一部ですが、それでも異様な状況は体感しました。そこにこどもたちがまだいます。何にもまして、こどもたちを守るべきだと思います。


taked4700 さん

おはようございます。
ご案内した本は、是非、お読みください。
統計学については、測定を行っていく上で、どうしても必要だという気がしたからです。何冊か読みましたが、まだ、身にはついていないようです。具体的な事象を解析したり推定したりするにはまだ、修行が足りません。
また、放射線を知るために物理学の基礎も、(涙・鼻水・涎たらしながら)勉強しています。仕事以外のとき、それ以外のことはほとんど考えないような生活になっています。
本当は、原子炉構造や放射線による健康障害などの医学についても勉強せねばと思うのですがとても手が回りません。連携して情報交換などをさせていただければ幸いです。


55. 宮島鹿おやじ 2012年12月11日 07:30:48 : NqHa.4ewCUAIk : Z76ZBlXL0k
管理人様

いつもお世話になっております。
さっそくご手配いただきまして、ありがとうございました。
これからもよろしくお願いいたします。


56. 2012年12月11日 07:40:59 : bHrzMg6C7n
多摩散人は「時間」感覚や原因・結果の関係を正しく認識できない病気、障害でしょう、興味深い。

> 天井が落ちた。原発事故が無ければ、崩落するまであと0.01秒くらい持ちこたえたかもしれないということが、絶対に言えないとは言えない。

→崩落が遅くなったとしても別の人が犠牲になるだけです。

> 中村勘三郎さんも、小沢正一さんも、放射能の犠牲者ですね、小沢さんは前立腺ガンだったそうです。それは事実だが、その死にいたる最後のひと押しが放射能だったかも知れない。原発事故がなければ、あと0.01秒くらい長く生きていたと言えないとは決して言えない。

→無意識のうちに放射能を「最後(最期?)のひと押し」と限定しているのかもしれないが、「最初の」や「途中の」放射能の影響を認知できないのだろう。だから0.01秒しか長生きできないと思ってしまうのだろうね。


57. 2012年12月11日 07:46:22 : o4GpwH3AxY
多摩エコセメント追加情報です。多摩川水系は水源がひどく汚染されている上に二次汚染もひどい模様です。

広域処理の言いだしっぺは新日鉄であり、北九州の瓦礫受入れは利権構造がはっきり見えていましたが、大阪が瓦礫焼却を強行する理由は、いまいち不鮮明に思えます。
大阪湾フェニックスが狙われていた頃は、首都圏のゴミがなだれ込んで来ることを懸念していましたが、最終的に決まった北港の規模はあまりにも小さい。
こう言うのもなんですが、瓦礫3万6千トンは量的にも少ない。(もちろん燃やさない方がいいのですが)
細野、橋下のメンツでしょうか。

宮島鹿おやじ様、どうぞお気をつけてお暮らしください。多摩散人さんも。

当方、大阪への避難者ですが、もはや本格焼却は始まるという前提で、うちの若い社員は、北海道・和歌山・シンガポール・カナダ・ニュージーランドに、順次強制排除しています。まあ普通に言えば長期出張なんですけれど。いい経験を積んできてくれたらと思っています。
おっさんとして出来る被曝対策へのアプローチの仕方は違いますが、頑張りましょう。

おやじ様の投稿は、投稿内容はもちろんコメント欄も充実しており、いつも熟読させて頂いております。ありがとうございます。

「東京たまエコセメント問題」
http://www.geocities.jp/eco_cement/index.html

「すぐ分かるエコセメント問題」
http://www.geocities.jp/eco_cement/slide.html

「多摩エコセメント処理の概算見積の裏側と太平洋セメントの莫大な利権・関東ゴミ処理問題。汚染瓦礫・汚染灰(下水汚泥)広域処理や、北九州市で瓦礫処理に断固拘る理由」
http://portirland.blogspot.jp/2012/05/blog-post_27.html


58. ケロリン 2012年12月11日 07:48:33 : 6aICm6xzPa6aE : PLNuckLS0M


オヤジ殿・・・・了解。
まぁ〜、あれだわ、・・・原子力ムラを、血相変えて守る守ろうとする連中など、相手にしておれんわ。要するに、”サル”など相手にしておれん・・・という・・・。幸福の科学なんぞは、「電力会社、がんばれっ〜守るぞ〜」デモまでしている。最初は、周りを嗤わす為のギャグかと、勘違いしてたが・・・ホンキなんだ・・・。よゐこ、よゐ人々連中の<洗脳>。
統一、
創価、
幸福党、
在特、
アゴラ、
原発ムラ議員、
原発ムラ町内会長、
原発ムラ巨大プラントメーカー、
原発ムラ巨大マスメディア、
全部が全部、<宗教>現象なんだな、気持ち悪いコトに・・。


土壇場になれば、どんな存在も<本性>を出してくる。
いまが、それだ・・・・。


原発ムラを推進させる、霞ヶ関。
原発ムラの以上の全てを底から支える、
<<日銀>>。

ソコに指示出す・・・横田基地。
それをコントロールする、IMF & BIS。

タックスヘブンの巨大島・・スイスバーゼル。
未だに世界のキンタマ握る、イギリス&オランダ王室。
明治時期から英王室に日参重ねる、日本の皇室。

世界の養分奴隷・・<大日本サル帝国>。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「2001年宇宙の旅」の預言通り、
2013年を超えると、量子反転現象がちょっとづつ起こり出す。

「光速度」は、速度ではない。
「位置の変換」が起これば、電子が方向性を変えてしまう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・


オヤジ殿・・・、
いま、唯一の希望は、ベルギーの『ケシュ財団』から、
放射能除去システムが、外務省を通じて、先月、提供されている。
IMF & BISからの妨害で、表に出ることなく、死蔵する可能性もある。
・・・ただ、出てくれば、世界は反転していくだろうね・・。

出て来なかったり、選挙で、自公民の復権が成されれば、
10年後には、東北・関東居住者の半分は、
内モンゴル「オルドス市」への移住を余儀なくされるだろうね・・。
野田と中国首脳との密約で、そうなっている・・らしい。


※内モンゴル「オルドス市」は、そのために、
4千万人も住める『ゴースト・タウン』として
すでに、用意されているんだ。
中国に作らせた、IMF の20年もまえからの下準備だ。

ウランバートルでの、
ウランの採掘と、その専用居住区、というワケだ。


59. 宮島鹿おやじ 2012年12月11日 07:52:07 : NqHa.4ewCUAIk : Z76ZBlXL0k
ろうし力学様

おはようございます。
おひさしぶりです。
いつも、コメントをいただいております。ろうしさんにコメントをいただかないと何か落ち着きません。

私が漠然とつぶやいたことを明晰に表現していただけました。
本当にありがとうございます。

最近、「わかりやすい量子力学入門」高田健次郎著 を読んでいます。
物理学の歴史を通じて量子力学への道のりをわかりやすく(私にはとんでもなく難しいですが)説き明かしておられます。とても素晴らしい本だと思います。
同じ事柄を扱った本でも著者によってずいぶんと違うものだと思います。統計の本では、大村平「統計のはなし」というのが入口としてすばらしいと思いました。著者の人柄に触れるような気がします。
武蔵野もだいぶ冷え込んできました。お体にはお気をつけください。

チャマさん

おはようございます。

>なんかぐだ巻いたらソッコー音楽板のオレのスレにご連絡ください。
即ぶっ潰しますからw

なんと、頼もしい。私はけんかが苦手ですから、理不尽なのが来たらお願いします。私はボディガードには恵まれています。(ケロリンさんもいつもありがとうございます。)

健康障害についての測定ですが、実はそのことを数時間前に、測定仲間と話していたのです。そのときは、PM1406で尿などを測定できないかということでしたが、ご覧の通りの測定誤差なのでほとんど無理ではないか、また、人様の子供の健康目安を測ることなど恐ろしくて出来ないし、その資格もないとそのときは話しました。

私たちは通常通り税金と高い電気料金をとられ、そのお金で原発を作られ被曝しています。その対応のためにさらにお金をだして皆で大変な思いをしています。

>あなたが病に倒れたら代わりの人がいないんですから。

すみませんが、これについては誠に同意しません。
私からみて本当に頭が下がる方々が山ほどいます。いろんな局面で活動されている方々です。
また、妻子を避難させて、自分だけ福島に残っているような人たちもいます。
すくなくとも数千人はそういう人がいると思います。心の有り様は戦国の武者と変わらないのではないかと思います。危険さの確率も。

53 AiChp2veWoさん

>有名人死にすぎ、癌にかかりすぎ。

適確なコメントをありがとうございます。
私も、どうも、そのように感じています。


60. 2012年12月11日 08:35:25 : FtAqUhrlFU
逆に素人の測定が欲しい。
専門家による政治的に調整された数字は何の役にも立たない。

61. ケロリン 2012年12月11日 12:00:38 : 6aICm6xzPa6aE : PLNuckLS0M

>ボディガード・・・・
や無いッ・・ちゅうねん。
オヤジ殿・・・。

右から反原発デモの民族派や、
一水会の鈴木ちゃんと、
連携取れてからのハナシだ。


わしは、どこまでも、寝て見ている。
動くのは、制服向上委員会の橋本美香ちゃんが
出て来る時、だけだ・・。


ガンバッテね・・オヤジ。


62. 2012年12月11日 15:14:38 : GQcUGhYYnF
あらためてビックリだね。
最近の浪江の空間線量が100μシーベルト。
事故爆発直後の原発3k地点の幼稚園で1シーベルト。

スピーデを知らなかったとの言い訳をしてたが国会事故調ではアメリカに情報を流してた。つまりは嘘なわけでこれを隠蔽したのは空き管ということになる。
空き管が言い訳をよくやってるがこの件は沈黙つまりは自分に都合が悪いということだよ。特に先の幼稚園児と近隣の住民はもう終わってるね。

議員一人あたり最低5000万円〜の献金が電力会社からあったみたいだがこれに抗する事はできないと思ってるがこれと電力自由化は別だと思わないといけない。要するにその献金は電気代で国民からの金だよ。義理立てすることはない。”お前も悪よの、越後屋”は後の行動で悪代官にも普通の代官にもなる。


63. 宮島鹿おやじ 2012年12月11日 19:22:06 : NqHa.4ewCUAIk : Z76ZBlXL0k
56 bHrzMg6C7nさん

こんばんわです。

私には、どうも、多摩散人さんが、わざと「ヘンなこと」を言っているのではないかと思えるときがあります。もし、この仮説が正しいとすると、なぜ、そのように振舞うのかという謎がのこります。

57 o4GpwH3AxYさん

またまた、貴重なコメントをいただきました。

>私も放射性建材を使いたくないので、東日本の仕事からは撤退しました。
>当方、大阪への避難者ですが、もはや本格焼却は始まるという前提で、うちの若い社員は、北海道・和歌山・シンガポール・カナダ・ニュージーランドに、順次強制排除しています。まあ普通に言えば長期出張なんですけれど。いい経験を積んできてくれたらと思っています。おっさんとして出来る被曝対策へのアプローチの仕方は違いますが、頑張りましょう。

素晴らしい!
「男」ですね。
これからもよろしくお願いします。



64. 宮島鹿おやじ 2012年12月11日 19:36:51 : NqHa.4ewCUAIk : Z76ZBlXL0k
ケロリンさん

そのケシェ財団の放射能除去装置というのは本当なんでしょうか。
もし、本当なら、もう、放射能も恐れることはなくなるのでしょうか。

内モンゴル、オルドス市への移住計画・・・。確か以前、中国の内陸に、巨大なゴーストタウンのようなものがあるという情報に接したことがありました。

もう、何がなんだかわからないような気分になります。

>>ボディガード・・・・
や無いッ・・ちゅうねん。

そういわず、まーよろしくたのみますワ。
実は当方、父親が関西人(兵庫)ですので、関西には親しみがあります。子供の頃甲子園に連れて行ってもらいました。暑くてカチワリが美味かった。地元の子供たちと1週間も一緒にいると、関西弁になってしまいました。
その後、若い頃2年ほど大阪におりました。市内の中ノ島あたりでうろうろしておりました。その頃から、大阪では、食べ物がおいしく、大盛頼むとホンマ大盛にしてくれたのを憶えています。その頃、東京の大盛は何を気取っているのかほとんど大盛ではなく、たこ焼きにもタコは入っていませんでした。さすがに今は入るようになりました。

>ガンバッテね・・オヤジ。

これからもよろしくお願いします。


65. 宮島鹿おやじ 2012年12月11日 19:41:39 : NqHa.4ewCUAIk : Z76ZBlXL0k
62 GQcUGhYYnFさん

コメントありがとうございます。
是非、代議士の方々は普通の代官になっていただきたいものです。
これからもよろしくお願いします。



66. 宮島鹿おやじ 2012年12月11日 19:49:55 : NqHa.4ewCUAIk : Z76ZBlXL0k
皆さん

多くのコメントをいただきました。
本当にありがとうございます。

私の体調を気遣って下さる方もおられます。
涙が出るほどありがたいです。

ただ・・、私は、ほんの少し、自動車を使って行って帰って来ただけです。
福島県にほんの少し入って引き返してきました。

私が体感したものは、ほんの序の口に過ぎないと思います。
もっと、非現実的な状況がその先にあったのだと思っています。
そして、その中に、多くのこどもたちがいます。

もう、大人のことは、この際、わかりません。しかし、こどもたちは別です。
なんとかしなければなりません。

どうか、この投稿、コメントを読んでいただいた方は、そのことを胸に残していただきたいと思います。どうか、どうか、お願いいたします。


67. 宮島鹿おやじ 2012年12月11日 20:16:39 : NqHa.4ewCUAIk : Z76ZBlXL0k
60 FtAqUhrlFUさん

ありがとうございます。
そのように言っていただき誠に励みになります。
これからも淡々と努めて参ります。
よろしくお願いいたします。


68. ろうし力学 2012年12月11日 23:18:47 : riuSNxeQ9qjU6 : d2bKVaYgD6
宮島鹿おやじさま

おやじさまの投稿をいつも心待ちにしているろうし力学です。
この投稿のコメントの04番、実は当方です…(^^♪

>。ヨばっかじゃねーのー!!」、まさにそのとおりですね。虚無世界の住人たち。

しかし、その実態は、いつなんどき自分が消滅していくのかの恐怖に怯えきった住人であるということですね。

その怯えの現れ方が、両極端で、破壊のスパイラルへまっしぐらタイプなのか、全てにおいて無気力な「ただ生存」の選択なのか、どちらにしても、虚無の意識体のよき食料(その虚無感そのものが食料)であり、その意味なき生存の状態が、生の意味を志向する意識にとっては、時にイライラさせられるような…ドス黒い人間に見えてしまいますね。

とはいえ、私達がそう思ってしまえば、虚無の王国建設に加担するわけですから、自分のなすべきことをなす、と古より語られたように、自分の中真を保って、日々の歩みを坦々と参りましょう。

ところで、
>>ボディガード・・・・や無いッ・・ちゅうねん。

の、ケロリンさんが、当方と同じヌーシストであるとは、初めて知る処となりました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「2001年宇宙の旅」の預言通り、
2013年を超えると、量子反転現象がちょっとづつ起こり出す。

「光速度」は、速度ではない。
「位置の変換」が起これば、電子が方向性を変えてしまう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とありますね。ここのところですが、電子の方向性が反転する刻限と相成りまして、核分裂による人工放射線という、心の闇がもたらした現象に、維新が起こるわけです。

こう書きますとナンノコッチャ?ですが、位置の変換を、平たく言うと、「人間の抱いた物質という概念が解体されていく」ということです。

量子力学の知見からの要請により、(位置の変換により、)物質という概念そのものが、虚構であったことは約100年以前より明らかになりつつあったわけです。

そのミクロ世界の非物質的世界観が、実はこの日常においてもそのまま適用されるから、実は日常なのだ、と言うところで前回?終わったと思います。

光速度の概念が、既存の物質概念の延長で捉えられると、単に秒速30万キロで、粒子性と波導性と併せ持った光子が空間を進む、という説明をされてオシマイですが、こと「観察者」と言う決定的な要素を敢えて無視してきた唯物世界観は、まず「観察者」を我々の世界に取り戻し、観察という行為そのものから、世界を見つめ直すことから、アインシュタインの四次元の時空連続体という空間概念から跳躍し、世界を観察している意識を存在の王座に座らせることで、「見ている世界そのものが、「ワタシ」の正体である」と言う、真の主体(私)の位置を物質的身体側から、見ることそのものの世界側へと交替化することが、位置の変換ということになりますね。

その世界認識上では、他人と言う概念が成り立たなくなるので、我さえ良くば、今さえ良くば、という発想そのものが成立しないわけです。

量子力学が見つけた世界観、観察により確率の波は収縮を起こし、事象へと転換される、と言うことの意味は、「見ている世界そのものが、実は自分の本質であった」と言うことができます。

このような世界概念、人間観念とは、グノーシスとして、古来より語り継がれてきた知識でもあります。古くて新しい、神聖なる智、というわけです。

世界そのものが実は自分の本質であるとなると、量子の振る舞いそのものが反転する道理なので、必然的に電子の方向性も反転する道理ですので…この先を、当方の余りに拙い世界の理解では明瞭な言語化は現段階で無謀でありますので、やめときますが、ケロリンさんがお書きになった一言が、この反転の時節到来、ここより大変面白い面白い世界の実相が姿を現しますよ…と、ゴマカシテおきますね…w

虚無の王国は、まもなく自らの原理原則に則って、自己崩壊を迎えますよ。
まあ、放射性核種が崩壊し、半減期が夫々に有るように、変遷がありますね。
否応無く巻き込まれていく我々の姿もあるかと思います。なぜなら見ているその世界そのものもまた、自分の本質であるからです。

物資世界の移ろいは、法則に則って行くのみであります。
がしかし、世界を観察する本質=ワタシとは、既に自他が不可分で有ると同時に、物質である肉(身体)に住まわない(=幽体離脱)我でありますし、そもそも物質と言う概念を解体した我であります故に、「生きながらにして死人」と言う武士道の境地、「無為自然」で在りましょう。

あれま、相当トンデモをぶちかましたようですね…
毎度毎度ぶっ飛びで失礼いたしましたm(_ _)m


69. 宮島鹿おやじ 2012年12月12日 07:19:15 : NqHa.4ewCUAIk : Z76ZBlXL0k
ろうし力学様

おはようございます。
大変、難しいお話ですが、暖かみを感じます。
今日一日、できるだけ、いただいた言葉を考えて、
帰宅後、また、コメントさせてください。
よろしくお願いします。
ありがとうございます。

・・・

安芸ガラスさんはどうしておられるでしょうか。


70. 2012年12月12日 09:34:05 : A4GQ7o9O02
宮島鹿おやじ さま

もし、今度行けるなら、いわき市、福島市あたりの測定お願いします。
他力本願ですみません。関西在住で足伸ばせません。申し訳ない。
米軍の観測では、ヨウ素は仙台でもかなり濃度が高かったみたいですね。

毎日累積線量見るたびに、オイオイ今のままでえええのんか〜!ど怖くなる私です。
下の記事です。肝心の初期被曝の累積線量は除外されているのか?(意図的にはずしているのか?よくわかりませんが)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
毎日新聞 2012年12月12日(毎日社会面に載ってます)

福島第一原発周辺の累積線量結果(文部科学省調べ、10日現在)
カッコ内は福島第一原発からの距離。累積線量は昨年3月23日(福島市は同24日、
いわき市は同25日葛尾村は4月8日)からの値

福島県浪江町津島仲沖(30キロ西北西)   81.390 ミリシーベルト
   浪江町赤宇木手七郎(31キロ北西) 189.070 ミリシーベルト
   飯館村長泥(33キロ北西)      96.5  ミリシーベルト
   いわき市三和町差塩(39キロ南西)   2.496 ミリシーベルト
   葛尾村上野川(31キロ西北西)   298.560 ミリシーベルト
   福島市杉妻町(62キロ北西)      6.796 ミリシーベルト

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今年はじめ、ある企画を練っていたところ、浪江村(現浪江町)では、気骨アル人達が東北電力の原発建設阻止のために体を張ってガンバッテいたことを初めて知りました。舛倉隆さんと棚塩原発反対同盟の無念を考えると涙が出ます。

東北電力の札束攻勢にも屈せず、東北電力の原発建設を阻止した浪江村(浪江町)。それが、福島原発事故で高濃度放射能に汚染されたふるさとに。    

恩田勝亘 『原発に子孫の命は売れない―舛倉隆と棚塩原発反対同盟23年の闘い』 七つ森書館、1991年10月


71. 2012年12月12日 09:37:51 : A4GQ7o9O02

70で訂正いたします。申し訳ありません。

(訂正前) 葛尾村上野川(31キロ西北西)   298.560 ミリシーベルト 
(訂正後) 葛尾村上野川(31キロ西北西)    28.560 ミリシーベルト  


72. どぶさいら 2012年12月13日 04:18:52 : loFw68yS.9s8U : pe415JzlF6
>27. 2012年12月10日 17:26:11 : 4IibcXU3dc
>19
 >あと0.01秒くらい長く生きていたと言えないとは決して言えない。
>原発事故が無ければ、崩落するまであと0.01秒くらい持ちこたえたかもしれないということが、絶対に言えないとは言えない。お互いに気を付けましょう。多摩散人。

お前は、世の中、なめてんのかい。

 戯言 いうんじゃないよ。

 くそったれ。
  お前は、出てくる必要ない。 てめえの゜しもの世話してろよ。


73. 宮島鹿おやじ 2012年12月13日 06:14:09 : NqHa.4ewCUAIk : Z76ZBlXL0k
ろうし力学様

いましがた、高田健次郎「わかりやすい量子力学入門」をまず、一回読み終わりました。途中で数式やらたくさん出てきましたが、ほとんど理解できずにそのままになっていますが、とにかく、読みきりました。また、読もうと思います。

この本においては、物質の粒子性と波動性という、「二重性」について、いかに量子力学がその説明に成功したかについて力点が置かれていたように思います。私の理解はその程度ですので、ケロリンさんとろうしさんがおっしゃっている電子の反転現象については確認できませんでした。

この本には、極めて控えめですが、量子力学が、人間が築いてきた物質観・世界観を根底から変革する契機となると述べています。量子力学が誕生したのがほぼ100年前でしょうか。その後、人類は、量子力学を使って、原子核を分裂させ、そのエネルギーを人の頭の上で炸裂させ、それを熱源とする無責任な蒸気機関を野放図に作りました。(ごみの始末ができないのに作るのは無責任です)

これも「おおいなるもの」の二重性と考えるべきでしょうか。


74. 宮島鹿おやじ 2012年12月13日 06:22:00 : NqHa.4ewCUAIk : Z76ZBlXL0k
70 A4GQ7o9O02さん

了解です。できるだけのことはやるつもりです。
しかし、これから、福島は雪が多くなると思いますので、早期に対応できないかもしれません。その点ご了解ください。(どうも、最近、本当に寒いです)
以下の文書の末尾に連絡などいただければ、今後、迅速に連絡(調査結果報告など)を取り合えうこともできます。よろしかったらお願いします。

http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/8723.pdf


75. 宮島鹿おやじ 2012年12月13日 06:32:38 : NqHa.4ewCUAIk : Z76ZBlXL0k
どぶさいらさん

コメントありがとうございます。
基本的には、お怒りごもっともです。
私には、上記で何人かの方がおっしゃっているように、単に、汚染状況を確認する段階は過ぎているように思われてなりません。
事態は、実際の健康障害や、死亡数増加を確認せざるを得ない段階かもしれないのです。私はそのようなものを確認するのは個人的には辛すぎます。個人的には、この先なにもひどいことは起こらないでほしいと強く願っています。私も東京にいます。郷里を懐かしく思っています。だから、少なくとも事態が不明である以上は、無責任な「軽口」など言うべきではないと私も心の底から思っているのです。だから、私はどぶさいらさんの怒りに共感します。


76. ろうし力学 2012年12月13日 06:38:21 : riuSNxeQ9qjU6 : a3xBkEgOFc
宮島鹿おやじさま

おはようございます、ろうし力学です。
凄いですね、おやじさま!探究心の強さに、びっくりいたします。

それで量子力学の誕生により起こったのが、コンピューターテクノロジーと、核物理であることは確かですね。
しかし量子力学は、その解釈により、大雑把にいえば、六つの立場の研究者に割れたと言えると思います。

量子神秘派と揶揄されるようになった、ニールス・ボーアなどが取った、見ていないときは月は存在しない、という量子解釈からは、恐らく核物理による、爆弾製造は起こりえなかったと、私は思いますよ。


77. ろうし力学 2012年12月13日 06:44:32 : riuSNxeQ9qjU6 : a3xBkEgOFc
おやじさま

ケロリンさん、当方が言う「電子の方向性が反転する」時節の到来は、従来の量子解釈からは、現出されえない世界解釈です。現代によみがえったのグノーシスの英知とも言えるヌーソロジーからひも解いた、物質解釈、世界解釈からの帰結ですね。

そこでは完全に、「見ていないときに、月はない」という量子解釈を愚直に貫いています。


78. 宮島鹿おやじ 2012年12月13日 06:52:44 : NqHa.4ewCUAIk : Z76ZBlXL0k
ろうしさん

おっしゃっていることが難しくてわかりませんよ。
でも、グノーシスという言葉は知っていました。
確か、ギリシア語で「智恵」とかという意味ですよね。

キリスト教の歴史の中で、異端として抹殺された人々の中に、確か、「グノーシス派」という人々がいました。イエスを、我々からは超絶した「神の子」ではなく、「尊敬すべき導師」として解釈する人々だったと記憶しています。私も、グノーシス派かもしれません。


79. ろうし力学 2012年12月13日 06:57:14 : riuSNxeQ9qjU6 : a3xBkEgOFc
「おおいなるもの」…サムシング・グレート。
人間の悪魔的所行は、その二重性によるのか?

おおいなるものへの捉え方の問題が様々ありますが、世界がグランドデザインを内包していると感じることはあります。
よく神は何故、人間に煩悩というものをお与えになったのか、人間に煩悩を持たせなければ、世界はこのように苦労せずに居れただろうに…
と思う人々がいるようですが、それは余りにも神に寄りかかり過ぎだと、当方は思います。

科学は、破滅的な結果も世界にもたらしたのは事実ですね。しかしその自滅的行動に至った原因である、量子力学の発見と物質解釈にも意味があるということは、実際言えるのではないでしょうか。
ヌーソロジーであれば、その意味とは、人間に「ミクロとマクロの両限界を、人間に認識させる力」が、科学の意味であるとします。相対性理論とセットですが。

世界が如何様に出来ているのか、に対する人間の知識、思考が到達すること。

そこから世界認識に跳躍が起きる準備が整うという意味。
その跳躍は、「物質知が、精神知へ、一挙に反転を起こす」ということになります。


80. ろうし力学 2012年12月13日 07:04:25 : riuSNxeQ9qjU6 : a3xBkEgOFc
グノーシス派の人々は、グノーシスを現代まで連綿と受け継いだ系統かと思います。

逸れますが、キリスト教は、イエスの没後約100年に、パウロによって起きた宗教であることは、歴史の上でよく分かっていることですが、イエスとキリスト教は、その意味で接点がありません。あくまで宗教側からの一方的な関係です。

核物理学と量子力学もそのようなものだと思います。


81. ろうし力学 2012年12月13日 07:18:37 : riuSNxeQ9qjU6 : a3xBkEgOFc
量子解釈が、研究者のコンセンサスを得ないままに、その技術的側面が切り取られ、核物理学が発展し、コンピューターテクノが発展していきました、

量子力学を提唱したといわれるボーアの派の人々は、後に「タオ思想」、つまり老子さんの知恵に行き着いた人々も多くいたと言います。

今日で45歳になりましたが、早朝、おやじさまと会話ができてうれしかったです、ありがとうございます。仕事に行きますのでまた今晩に。


82. 宮島鹿おやじ 2012年12月13日 07:42:39 : NqHa.4ewCUAIk : Z76ZBlXL0k
ろうし様

イエスとキリスト教の関係が
量子力学と核物理学の関係のアナロジーになるというのは

とても、新鮮で、適確な表現かもしれないと感じ入りました。

こちらこそ、会話ができてありがたいです。もしよかったら、ろうしさまも↑のメールをくださいな。調査活動に際し、いろいろなアドバイスなどもいただけたらと思うのです。


83. 2012年12月13日 09:29:12 : 4IibcXU3dc
 今回は真面目なコメントを書くゆとりがありませんでしたが、いづれまた、別の所で鹿おやじさんとはお話ししたいと思います。

 ところで、「関東では火葬場が満杯で十日待ちの状態。これは放射能のせいではないとは決して言いきれない」みたいなコメントがあるが、民間統計学者の鹿さんのコメントは、今の所冷静公平なものと評価しております。しかし、「民間統計学者」という言葉自体が自己矛盾を含んだものであるということを、そのうち話すことになるかも知れません。

 ところで、吉祥寺の西口の交番の前に、「伊勢屋」という焼鳥屋があり、いつも満員の繁盛、また、安くてうまいです。火曜日は定休です。多摩散人。


84. 2012年12月13日 10:06:26 : mjuzUqwYqc
民間統計学者?
それの、おやじさまへの名付け親は誰か?
多摩氏自身だとか言う茶番だけは勘弁。
それじゃ、検察のデッチ上げレベルの、いい加減さ。
まさかそこまでは無いよね?

85. 2012年12月13日 10:25:45 : 4IibcXU3dc
>84

 あ、名付け親は私自身です。「民間統計学者」が間違いなら、すぐお詫びして取り消します。鹿おやじさんの社会的役割についての定義は、やはりご本人にしてもらうのが筋でしたね。多摩散人。


86. 2012年12月13日 11:52:52 : mjuzUqwYqc
多摩氏…

危うく貴殿の捏造、マッチポンプに皆が巻き込まれるところじゃ無いか、貴殿何時ぞや、自分はよか間違えるんです、と申しておろうが。

>民間統計学者の鹿さんのコメントは、今の所冷静公平なものと評価しております。しかし、「民間統計学者」という言葉自体が自己矛盾を含んだものであるということを、そのうち話すことになるかも知れません。

とな?

己自身がその自己矛盾そのものだと自覚がない…そのこと自体を問題にしないなら、貴殿のどのような言説も、他者とは何かしらの接点も持ちようが無い。
言語が違うくらいの喩えが使えるほどに、意識の働く次元が異なり過ぎだ。
と、思うが、貴殿には理解がかすりもしない気もする。


87. 2012年12月13日 14:29:39 : 4IibcXU3dc
>86

 何だかそんな面倒な話ではなく、鹿親父さんが気に食わなければ、無理にそう呼ぶ必要はないし、こう呼んでほしいと言ったら、なるべくそう呼んだ方がよい、程度のことです。まず親父さんがご自分をどう定義するかです。こう呼んでほしいと言っても、そう呼べない場合もありますよ。私だって、多摩惨人なんて呼ばれることもありました。多摩散人。


88. 2012年12月13日 16:30:11 : mjuzUqwYqc
やはり、論旨がかすりもしないようで…

多摩氏が勝手に名付ける、と言う事を、他者が辞めさせると言う話しでは無い。
多摩氏が、突如として言い出し、他者が反応の間も無くその名前には自己矛盾が有るなどとのたまう、その驚愕な無理矢理加減、いい加減さに、多摩氏自身が一欠片も、省みる視点が存在していない事が、棲む次元が異なり過ぎだと言ったのである。
かすりもしないようである。


89. 2012年12月13日 16:51:06 : 4IibcXU3dc
>88

 他人(鹿親父さん)の社会的役割を勝手に定義して、勝手に批判してはいかんというなら、当たっている場合もあるし、当たっていない場合もある。ご本人は気付いていないが、私(多摩散人)の炯眼で見抜くと、君は実はこういう社会的役割を果たしているんだぞ、なんてことが当っている場合もあるからだ。しかし、今はそんな名人同士の知的決闘みたいな高級なことを言っているわけではない。

 まず、鹿親父さんのご感想を伺ってから話を始めても遅くないよ、と言っているだけです。やはり、論旨がかすりもしないですか。多摩散人。


90. 宮島鹿おやじ 2012年12月14日 05:43:36 : NqHa.4ewCUAIk : Z76ZBlXL0k
なんとも不思議な展開のように思います。
私の社会的役割については、私自身は自覚・意識しておりません。

人が何かの行動をするときに、「俺の社会的役割の定義は・・・だ」と決定してから行うということは、たまにはあるのかもしれませんが、なにか不自然な感覚があります。

私と仲間たちの共通した「動機」は、
・いったいに何が起きているのか。政府・マスコミらによって意図的に隠蔽されているのではないか。
・もし、隠蔽されているのであれば、ネット情報を参考に自分たちも調べるしかない。
◎放射能の健康障害についてはまったく相対立する見解があるが、日常生活において励行されている「予防原則(交通事故を未然に防ぐための努力など)」が完全に無視されるのは極めて不自然だ。
・現実においては極度の健康障害を発生させる不健康な環境に多くのこどもたちが放置されているのではないか。
・そのような無作為は、意図的な放射線影響研究と合体しているのではないか。
・そのような行為は、絶対に許すことが出来ない犯罪ではないか。


だいたい以上です。つまり、「自分たちはどのような被曝をしたのか」「このまま安穏と暮らしていけるのか」「重度の汚染地帯=福島などの子供たちは本当に大丈夫なのか」という問題意識からの行動であり、それを他人がどう評価するのかは当方は関知しません。

あえて自分を表現するならば、「被曝した素人測定者」と思っています。


91. 2012年12月14日 10:58:07 : 4IibcXU3dc
>90

 ありがとうございます。あなたの意見はたいへんよくわかりました。葬儀場不足問題と二本立てになりますが、少しずつ議論できたらと思います。多摩散人。


92. 2012年12月14日 21:20:18 : fUM8c3umlY
>>89
>私(多摩散人)の炯眼で見抜くと、君は実はこういう社会的役割を果たしているんだぞ、なんてことが当っている場合もあるからだ。

まともなコミュニケーションも不可能な人と見える。
かりに、上のような評価が当たっているとしても(多摩なんとかの評価が当たることなどありそうもないが)、そうだとしても、そのことと、「名付ける」こととは、全然別の事柄である。
にもかかわらず、自分で一方的になづけて、その名前、概念の「自己矛盾」を自分で云々できると考えるとは、そもそも、主観と対象との最も基本的な関係(多少利発な者なら小学生でもわかる自他の関係)すら理解できないことを告白している。
このことが分からないなら、内容いかんにかかわらず、他者とのやり取り自体、成立しない。
他者を評価することと、自分が「名付けて」それを対象に「自己矛盾」をいうこととが、まったく別の事柄であるという、初歩の初歩が分からない人と、どのような意思交換が可能なのだろうか。
本当にあきれた話だ。

以上、あまりに唖然として、通りすがりに一筆した。


93. 2012年12月15日 05:36:10 : 4IibcXU3dc
>92

 私と鹿おやじさんとの話は、一応まとまりましたよ。他人同士のことに横から土瓶みたいに口を出さなくてもいいです。多摩散人。


94. 2012年12月15日 08:58:49 : 2ppJNkLnXA
驚愕なわからんチンぶりだ。

〉他人同士のことに横から土瓶みたいに口を出さなくてもいいです。多摩散人。

まさに、己のことは棚上げとはこのことだ。
『他人に、そのレッテルを貼った先から、自分で貼っておいて、それは自己矛盾が有る』とのたまうその身勝手さには、身勝手さ度合いでかなう人間は滅多にいないだろう。

だいたい、自ら『炯眼』を自称してしまう、その面の皮が厚さにまず、吐き気をもよおす。
多分、言語理解が故障しているので、自己を反証出来ないと、文脈から浮かび上がる。

これではこの御仁に絡まれた人は、堪らない、コミュニケーションブレークダウン。

『他人同士のことに横から土瓶みたいに口を出さなくてもいいです。』とは、まさにこの御仁自身に自ら捧げるべき言葉だ。


95. 2012年12月15日 11:38:52 : bHrzMg6C7n
放射能瓦礫の処分を遠隔各地で行っているが、
葬儀場も足りなくなったら、遺体は西日本に運んで焼くかな?
極楽浄土は西方にあると日本人は信じているので悪くはないか。

96. taked4700 2012年12月15日 17:52:02 : 9XFNe/BiX575U : 6kaOsTfwNA
http://blog.livedoor.jp/oosaka_housyanou/archives/6133059.html

煙突で検出されない理由。



97. 宮島鹿おやじ 2012年12月16日 15:33:09 : NqHa.4ewCUAIk : 0EKDKaQzsc
95 bHrzMg6C7nさん

コメントありがとうございます。
瓦礫焼却の影響で日本中の葬儀場が足りなくなったらさらに西へいくしかありません。ついでにお経ももらってくるのがいいと思います。

taked4700さん

煙突でセシウムを検出しないのにはトリックがあるとすると、これは、本当に計画的放射能拡散になってしまいます。ぜひ、その線での調査・分析を進めていただけないでしょうか。お願いします。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素29掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素29掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧