★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK130 > 407.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
山崎行太郎氏の評論家批評家としての小沢氏への論考は、政治への言及とは別な次元での仕事と考える
http://www.asyura2.com/12/senkyo130/msg/407.html
投稿者 五月晴郎 日時 2012 年 5 月 22 日 12:03:41: ulZUCBWYQe7Lk
 

江藤淳と小沢一郎が「共有するもの」―安全保障と憲法改正論 (ブログ『毒蛇山荘日記』)
http://www.asyura2.com/12/senkyo130/msg/393.html

の記事であるが、あけすけに言うと、山崎行太郎氏の言が鼻についた。

で、なぜ鼻についたのか考えてみたが、下記引用のような山崎氏の傾向に就いて鼻についたのだと思う。山崎行太郎氏は故江藤淳氏の影響が濃い方である。

『加藤典洋の論は、やはりどこかで江藤淳的な姿勢を引きずっている。つまり、行政レベルの目的限定的なエゴの調整機関(=国家・公)の問題と、自己同一性という個人を支える良心の問題(=私情・私)とを二重化し、またはどこかで結べるものと考えている節がある。筋を通そうとする姿勢は評価できるが、己の筋を通した結果、それが飽くまで“己の筋”である限りで、滅ぶなら、滅んでもいいという諦念(=外部への開け)をどこかで持ち合わせない限り、それは「公」を偽装した自己絶対化とほとんど変わらなくなる。』
日常茶飯事(2007-10-13)http://d.hatena.ne.jp/daily-komagome/20071013/p1

「自己同一性という個人を支える良心の問題(=私情・私)」を「行政レベルの目的限定的なエゴの調整機関(=国家・公)の問題」と「どこかで結べるものと」考えるのは、私はどうかと思う。

これは私の個人的な感覚なのだが、こうした感覚なので、阿修羅でのおまえらは小沢教で小沢信者かよいう批判には(荒らしID達の鸚鵡のような口真似は勿論批判ではないので除外)納得してしまうことが多い。

私の感覚に近い人が小沢支持者の多数だと思う。
昨今の政治状況で或る程度の情報を得て考えたら、ガチガチの既得特権者でもないかぎり小沢支持になるのはふつーと思う。
なので、たまに阿修羅でも、私は目覚めた目覚めない人には内面の良心の問題がある風な言を見ると、心情私情は分かる気がするが、苦笑してしまう。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 五月晴郎 2012年5月22日 12:16:18 : ulZUCBWYQe7Lk : t3OuS3nAYI
訂正:

× なので、たまに阿修羅でも、私は目覚めた目覚めない人には内面の良心の問題がある風な言を見ると、心情私情は分かる気がするが、苦笑してしまう。  

○ なので、たまに阿修羅でも、小沢支持者を名乗る人の、私は目覚めた目覚めない人には内面の良心の問題がある風な言を見ると、心情私情は分かる気がするが、苦笑してしまう。  


02. 2012年5月22日 12:36:56 : W1fl6b4M12
山崎なんてデタラメ論者が小沢を語るのはむしろネガキャンにしかならない。

哲学うんぬんってインテリ振るが、哲学記事などまるで無く
下劣な政局感情論ばかり。

こいつが係わるモノ全て胡散臭く映る。

小沢信者はもう少しまともな論者はいないのか?
カルト独立党員とか、2ちゃんねらーの山崎とか.....
応援面子がこれじゃ一般民はドン引きするのみ。


03. 2012年5月22日 12:38:37 : VWY5RJJNPY
よくは読んでませんが「自己同一性」とあります。いわゆる、アイデンティティ・ですね。これには、若い頃大いに悩みましたね。
世の中、金・金でした。狂っている大人達と・・・。戸惑いました。

が、そこに、師とめぐり逢えました。人生は金ではありませんぞ・・。と・・。

初めてでしたね・・。こんな言葉・・。それからも、大いに悩み、又苦しみもしました。そして、「心から捨てる」・・と、坂村 真民さん・・のお言葉。電話したんです。勇気いりました。今は、お二人とも、亡き人ですがね。この「心から捨てる」とは、現実に捨てるのではありません。例えば、自営業であれば、店を捨てる・・とか。これを「こころから」捨てる・・。それは、可能です。すると、「おまかせ」のこころ・・に気付きます。事実は、どんな処にもある。不可知得・・。
キリがありません。が、やはり、真実を行じる。これは正しい。生きる力・生活力・これが問われてます。その為には・・・?


04. 五月晴郎 2012年5月22日 12:45:26 : ulZUCBWYQe7Lk : t3OuS3nAYI
>>3
いいお話ですが、それって私情でしょう。
というか、読む読まないは各々の勝手ですが、コメントするなら記事読んでからにしてくださいよ。

05. 2012年5月22日 12:53:16 : WRcvzABPLo
小沢先生の信者と言えば、信者であるが・・・

言っている意味が???

俺は岡田レベルの頭か??


06. 五月晴郎 2012年5月22日 13:03:40 : ulZUCBWYQe7Lk : t3OuS3nAYI
話がとっちらかるから控えたいのですが、平野さんの北辰なんとか、あれもあれはあれで立派な信仰なんでしょうが、正直大きな声だして言うもんなのかと思う。

私は元々、今はなくなった自民党のリベラル系の系統にベストではないが、よりまともな安心感を持っていて、その流れで小沢支持なのですが、旧自民党内のリベラル系と今の安倍晋三のような系統の違いって端的に言うと、支持団体に仏教、神道、キリスト教系の新興宗教団体があるかないかです。
私にも普通の信仰心はあって神社仏閣お地蔵様自分ちの墓に手を合わせますが、そういうのとは違うでしょ。


07. 2012年5月22日 13:05:23 : jylWuhXUI2

回りくどく小沢支持者の転向を促そうとしているわけだw
つまり工作員の声にも耳を傾けろと。

中田安彦のいつものこういうトリックは、書生臭くて鼻につくわwww



08. 五月晴郎 2012年5月22日 13:06:28 : ulZUCBWYQe7Lk : t3OuS3nAYI
>>5

「俺は岡田レベル」というのが、どういう脈絡なのか分かりません。
分かるように書いてください。言ってる意味が???です。


09. 五月晴郎 2012年5月22日 13:11:41 : ulZUCBWYQe7Lk : t3OuS3nAYI
>>7に関しては

『ご提案  阿修羅のコメント欄から「荒らしID」を一掃しよう!』
http://www.asyura2.com/12/senkyo130/msg/355.html

および

『日本の戦後 : 生長の家、霊友会など : 嘘を流すネトウヨ』
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/536.html

を参考にして、相手にしないでください。

この人の目的は、愉快犯か背後に組織的なものがあるか分かりませんが、とにかく掲示板をRuinすることです。


10. 2012年5月22日 13:49:39 : jylWuhXUI2
>>09

荒らしネトウヨはお前だよ、中田w
おまえはどうやらそれが分からない重症患者のようだから、
一刻も早く松沢病院にでも入院しろw

少しムカついたから、ちょっともんでやるw

>これは私の個人的な感覚なのだが・・・
>阿修羅でのおまえらは小沢教で小沢信者かよという批判には納得してしまうことが多い。

お前がそういったところで、誰もついては来るまいw

>私の感覚に近い人が小沢支持者の多数だと思う。

息をするように嘘をつく朝鮮人発見w

>(荒らしID達の鸚鵡のような口真似は勿論批判ではないので除外)

こういうどちらにでも取れるいいわけを入れる所が、中曽根的で鼻につく。
「中田安彦」って、「中曽根康弘」をもじってつけた通名なのかな?w

>目的限定的なエゴの調整機関(=国家・公)の問題と、
>自己同一性という個人を支える良心の問題(=私情・私)とを二重化し、
>またはどこかで結べるものと考えている節がある。

これは最大多数の最大幸福というもの。政治の基本。
小賢しい書生の中田が、これを公に否定することはなかろうし、実際ここではしなかった。

>筋を通そうとする姿勢は評価できるが、
>己の筋を通した結果、それが飽くまで“己の筋”である限りで、
>滅ぶなら、滅んでもいいという諦念(=外部への開け)をどこかで持ち合わせない限り、
>それは「公」を偽装した自己絶対化とほとんど変わらなくなる。』

これは平たく言うと、プロ市民のこと。
プロ市民は「個」を絶対化し、「社会・公共」を敵視するように洗脳される。
日教組が北朝鮮に乗っ取られてからは、そういうことが行われた実例がある。

>「公」を偽装した自己絶対化とほとんど変わらなくなる。

というのがまさにそれ。プロ市民はそういう教育を受ける。
仲間にされたくないなら近づかないこと。本当に危険だから。

どうやら中田は、藤島尊師やコシミズサマナなど、
そういうプロ市民の雑な工作を軽蔑しているようだが、
奴らを止める方法もコントロールする方法も無いので、ここで愚痴ってるのだろう。

と同時に中田安彦ら反日鮮人を、中曽根とセットで叩き続ける俺様を、
実力では全く抑えることができないから、苦し紛れ窮余の策として、
プロ市民鮮人ネトウヨと、クソミソに混ぜあわせることで無力化したいらしいw

無理無理www

お前のようなメッキと違って、俺様は真の純金だから、わかる人は価値が分かっちゃうんだよw
また俺様の価値のわからない豚になど、最初から関心はない。

そしてそれだけのエゴを持ち得たという事実こそが、天才の証なのだよ。
お前ら凡人が俺様と同じ事やっても、嫌われるだけだからねw




[削除理由]:阿修羅にはふさわしくない言い回し、言葉の使い方の投稿
11. 2012年5月22日 14:00:02 : CYuyi1Zke6

投稿者様

この種のご意見、ご指摘は、元々のブログ『毒蛇山荘日記』の中で、ブログ主と直接意見交換されるのが建設的かつフェアであると思います。(もしメジナ様が山崎行太郎氏その人であれば話は別ですが、まさかですよね。)

そもそもブログは自由な意思表明の場のはずなので(肌合いが合わなければ立ち寄らないだけの話)、このような手法での個人攻撃に違和感を覚えた次第です。


12. 2012年5月22日 14:29:39 : 2fAvhnyY1c

申し訳ありませんが、投稿者の方はご自分の頭を先ず整理してから投稿するなりコメントで反論するなりしたら如何ですか?

 小沢氏を擁護する識者を攻撃するという新たな手法を駆使し始めたのでしょうか。

 主観と客観という命題を哲学的に突っ込もうとすると、広範囲な概念をカバーしなければ議論になりませんぞ。


13. 2012年5月22日 14:39:35 : jylWuhXUI2
>>12

こんな何を主張しているのかもわからない、しかも何の奥行きもない、
風見鶏的なぼやけた駄文を読んで明確な意見をもてる奴がいれば、そいつは頭がおかしい。

こんな駄文に論考を加えるぐらいなら、まだヘーゲルでも読んでたほうがマシ。



14. 2012年5月22日 14:44:24 : WrZjZPLVBY
山崎行太郎氏の論評は至極真っ当なものとして、胸の中にストンと落ちたが、
曲がっている鼻の御仁にはどんな匂いがするのやら。
しかしそれを山崎氏の責任にするわけにはいくまい。
山崎氏や江藤淳氏の想いは、対米関係での日本の独立を憲法改正問題を通じて、諦めきれない課題として追求したようである。そしてその想いを希代の政治家、小沢一郎に託したという事であろう。
これのどこが鼻につくのであろうか。
要するに、五月晴郎の言いたいことは「諦念」という事であろう。日本の独立を諦めろと言っているのであろう。
ここに05さんと同じく、五月春郎を「工作者」と断じる。
                         名もなき民

15. 2012年5月22日 14:47:21 : WrZjZPLVBY
訂正
05さんではなく07さんでした
          名もなき民

16. 2012年5月22日 15:06:13 : chf5K99T2w

>>13

投稿文中で「私の個人的な感覚なのだが、、」と述べながら、03に対するコメントで「それって私情でしょう。」と臆面もなく書き込んでいる。
論理矛盾はないのか? 「個人的な感覚」と「私情」とどう違うのか説明願いたい。
その違いをよく考える過程で、「主観」と「客観」の問題にぶち当たるであろう。


17. 2012年5月22日 15:24:17 : jylWuhXUI2

中田安彦・バカ曽根カス弘ら、統一教会系アメポチのすすめる諦念というものは、
日本を没落させて、相対的に朝鮮半島の繁栄を高めるものだから、
日本人にとっての最大多数の最大幸福を求めたものではない。

中田が統一教会系だというのは、松下政経塾へ対する執拗な攻撃からわかる。
ついでに大連立をすると、日の丸カルトVS半島カルト、という構図になってしまうから、
バカ曽根中田らは、死んでも阻止したいはず。

結局アホどもの幼稚な工作にすぎん。
ただそれをあまりにも大掛かりにやっているから、
かえって盲点になって、いままで気がつかなかったというだけの話。

つまり、こんなバカなことを、
こんなに大っぴらにやるはずがないという思い込みが盲点になるのだ。

山崎・江藤淳のいう、滅ぶなら滅んでもいいという諦念では、戦前の繰り返し。
いわば大日本中華思想。それなら小林よしのりらと同じ。思春期の中学生の強がりと何らかわらん。
そういう意見は、カス右翼と類似性を感じて受け入れられない。
北朝鮮のように、鎖国でもしたいなら別だがw

まず相手を理解し、打ち解けあい、そして己も理解してもらう。
人間関係というのは、そうやって醸成される。国と国の関係も同じ。

それをせずに、公だの個だの、主観だの客観だのといった清談にふけってみても、
イデオロギーの分裂を招いて、保革論争化するのがオチ。
だから俺は中田安彦を、書生と言って軽蔑するのだ。

山崎は中田のカウンタパートでしかないだろう。
ようするに茶番なんだよw

とりあえず小沢に期待するのは、
中田やバカ曽根のようなスピン野郎のノイズに左右されない、強力な政権が欲しいから。
こやつらを排除するだけで、相当に前進できるはず。

逆に言えば、こやつらとそれに惑わされる愚民のせいで、
どれだけ足を引っ張られているのかということだ。



18. 2012年5月22日 15:34:49 : chf5K99T2w

>>17

大言壮語してはばからない17さん。「愚民のせい、、」とか「とりあえず小沢に期待するのは、」などと言ってないで、自分で行動を起こしたらいいじゃないですか!

 絶望的に自意識過剰ではありませんか!


19. 2012年5月22日 15:48:51 : 31ido1IBPY
>山崎行太郎氏の評論家批評家としての小沢氏への論考は、政治への言及とは別な次元での仕事と考える


ま、ちょっとことばに嗅覚のある感性の持ち主だったらこういうことはすぐにピン!とくるよね。
山崎氏にとっていわゆる「文化サロン」における茶話会の道具として「小沢問題」があるわけで、
もちろん、
山崎氏本人は大真面目に怒ったりしっているわけだが、ちっとも身体的じゃない。
本人はそのことに気がついていて、おそらく、ときどきたらふく上等のウィスキーを飲んで、
小沢問題を肴に大飯を食らって寝た夜など、不意に、起き上がって、
「おれって、これでいいのか? ええい。ま、いいわい。どうにでもなれ」などと不安を覚えているだろうね。
だけどわれわれ庶民が政治についてものをいうときには必ず「生活」の利便など身体に直接結びつくことしか興味がないし、
ものもいわないものだ。
主婦や女性があまり政治問題について語らないのは、それらが現実から浮ついてみえるからだろう。
事実、政治を語るということは、ある意味、すべて「権力への意志」だから、結局、男の権勢欲の裏返しでしかない。



20. 2012年5月22日 16:00:38 : jylWuhXUI2
>>18

そういう揚げ足取りが、スピンだって言ってるんだよ!w

大言壮語で何が悪い。
俺の発言に問題がある、つまり効果がない、あるいは逆効果であるというなら、
それを順序だてて説明してみろ。

それなら紳士的に応じてやる。
できないならお前もただの愚民、真珠の価値わからん豚として切り捨て無視する。以上。



21. 2012年5月22日 16:03:31 : chf5K99T2w
>>19
フランスの新政権の閣僚の半分は女性議員です。事実私自身が「女性で主婦」です。
また、「政治を語るということは、、、、『権力への意志』だから、結局、男の権勢欲の裏返しでしかない。」と結んでいるが、どれだけのデーターを基にしてそのような結論がでたのか、唐突でさっぱり理解できない。

前提から結論までに至るプロセスが他人に理解できる論理的構成がなされているかどうか。再考願いたいものである。偏見が多すぎませんか?


22. 2012年5月22日 16:32:15 : QP6YvZJN9c
山崎行太郎氏の考えで,小沢氏を近代日本史でも屈指の政治家の一人だと断定しているわけだから,アプローチの仕方は人それぞれだから,俺は納得して彼のブログを読ませてもらっているけどね。

ただ,小沢支援を分断するような「タメにするスレ」は御免こうむりたい。


23. 五月晴郎 2012年5月22日 17:52:19 : ulZUCBWYQe7Lk : t3OuS3nAYI
一名の”荒らしID”は別次元ですが、それ以外の皆様の御意見大変参考になりました。

「山崎行太郎氏の評論家批評家としての小沢氏への論考は、政治への言及とは別な次元での仕事と考える」とは、山崎氏のworkを否定、批難しているわけではないです(笑)このworkは山崎氏の専門の文学批評に於けるworkであり、政治に対する言及ではないだろう。政治に対する具体的な言及であるとは考えがたい(万が一、そうだとしたら悪い冗談だ)と考え、併せて政治に対する私の姿勢(具体的な政策では私は小沢支持者です)も表明したものです。

それと皆様の御意見を拝見しての新たな発見は、”荒らしID”が出て来るのは、やはり出て来るだけの土壌があるからかなというものです。”荒らしID”にとって痛いところを突かれるからとか強烈な情報があるから”荒らしID”が出て来るのではありません。”荒らしID”は自分達のコメントで効果のある(コメント者のいる)ところにしか出てきません。


24. 五月晴郎 2012年5月22日 18:09:29 : ulZUCBWYQe7Lk : t3OuS3nAYI
それで、>>23での感想に加え閲覧する方のためにレスポンスしたほうがいいかなと思うものについてレスポンスさせていただくと

>>14
コメントの終わりに「なもなき民」とか「沖縄県民」と加えて、ご自身の意見の重みを増そうとする方が時々いらっしゃいますが、人によっては逆効果になると思いますのでどうかと思います。少なくとも私の場合はそうです。

>>16
言葉はコンテキスト(文脈)の中で意味を持ちます。


25. 2012年5月22日 18:25:37 : QJJYu5I25I
>21
>フランスの新政権の閣僚の半分は女性議員です。

こんなことにはなんの意味もない。
べつのことばでいえば、全員女性でもいいし全員男性でもいい。
ようは政治家や議員の性差の問題ではなく、ちゃんと国民のための政治をやってくれればそれでいいのだ。

と、まあ、他国の現象についてはこう答えておいて、さて、
やはりネット上の政治討論板への書き込み、女性は皆無に近い。1000人に一人もいない。
だけど、テレビなどのご意見コーナーには女性も半数近くが反応する。
これがつまりは政治と文学の違い。あるいは実政治とメタファとしての政治論議の違いじゃないかとおもうね。
メタ論議としての政治論議が主にネット上で行われているとわしはみる。
その場合、そこで語られることばはやはり「権力への意思」の裏返しとみるな。
それがいかほどに正義や真実を装っていてもだ。

ま、この問題、ここで論議することじゃない。
これにて失礼。


26. 五月晴郎 2012年5月22日 18:30:47 : ulZUCBWYQe7Lk : t3OuS3nAYI
あと>>21の方にも
>>24での>>16さんへの私のレスポンス「言葉はコンテキスト(文脈)の中で意味を持ちます。」を
私は>>19さんではないけど、レスポンスします。

27. 五月晴郎 2012年5月22日 18:34:22 : ulZUCBWYQe7Lk : t3OuS3nAYI
あ、コメントを入れて画面が更新され気付きましたが、別な方(>>25)がレスポンスされてた。

28. 2012年5月22日 19:26:42 : Lktc8X18xM
なんですか?これは?
冒頭に掲げている投稿記事へのコメント欄に書けば十分なのでは?

大体>>01でわざわざ訂正しているが、訂正した後もまだまだ意味不明なのだが。

> ○ なので、たまに阿修羅でも、小沢支持者を名乗る人の、私は目覚めた目覚めない人には内面の良心の問題がある風な言を見ると、心情私情は分かる気がするが、苦笑してしまう。  

「私は目覚めた目覚めない人には」ってなに? なんでこんなに分かりにくく書く?

言いたいのはたぶん、以下の通りだろう。
“小沢支持者を名乗る人が、「私は目覚めたが、目覚めない人には内面の良心の問題がある」と言っているのを見ると、”

もっと日本語を勉強して、かつ、自分の粗悪なアタマの中粗雑な思考を整理してから書くということを学んでから投稿しなさい。


29. 五月晴郎 2012年5月22日 19:38:27 : ulZUCBWYQe7Lk : t3OuS3nAYI
>>28

でも、28さんが訂正されたところを、28さんはちゃんと読解されている。その証拠に皆のために解説までしてくださってる。

で、私は28さんではないから
“小沢支持者を名乗る人が、「私は目覚めたが、目覚めない人には内面の良心の問題がある」と言っているのを見ると、”
と28さん的に書かずとも

「たまに阿修羅でも、小沢支持を語る人の、私は目覚めた!目覚めない人には内面の良心の問題がある!風な言を見ると、心情私情は分かる気がするが、苦笑してしまう。」
と書いても問題ないでしょう。
上品ないちゃもん、と思います。

ただ、意見自体ではなく、そうした反応が>>23で申し上げたように大変参考になりました。ありがとうございます。

 


30. 五月晴郎 2012年5月22日 19:56:18 : ulZUCBWYQe7Lk : t3OuS3nAYI
>>29で28さんに「そうした反応が>>23で申し上げたように大変参考になりました。ありがとうございます。」と申し上げたのは次のような意味でもです。

>コメント欄に書けば十分なのでは?

元々阿修羅は投稿記事の遣り取りでの掲示板です。
コメント欄は、一部から要望があり、順次拡充されたものです。

28さん、阿修羅の掲示板の形式の経緯は、コメントのためにスレッドの話題を1が投稿する2ちゃんと違うんですよ。

この記事内容はコメントでなく記事として投稿したほうがいいと私は判断しました。そして私は28さんではないです。だから、私は記事として投稿しました。28さんが判断したことは28さんがご自分でされるぶんにはいいですが、ひと様に押しつけるのはどうかと思います。


31. 2012年5月22日 20:06:34 : WrZjZPLVBY
五月春郎へ
「山崎行太郎氏の評論家批評家としての小沢氏への論考は、政治への言及とは別な次元での仕事と考える」ことは正しくない。これは正面から山崎氏を批判できないので、横道から姑息に「鼻につく」などといったに過ぎない。公の場で山崎氏に論争を挑もうとするには極めて不誠実な態度である。
山崎氏は、当代一流の政治家としての小沢一郎(革命家と言ってもいい)について批評しているのである。「政治への言及とは別な次元での仕事と考える」ことなど出来るわけがない。そんな事は自明である。
問題なのは、日本の対米自立をどうやって実現するかである。そのために山崎氏はその先頭に立っている小沢氏への協力を惜しまないでいるのである。
それを「政治への言及とは別な次元での仕事と考える」など出来るわけがなく、これは為にする批判であり、極めて卑怯な態度であり、工作員に相応しいやり口である。どんな顔をしているのか見てみたい。
阿修羅には相応しくない人物である。去れ。



32. 2012年5月22日 20:19:50 : HRBIStoYoU
苦言。忠言を語るのに「おまえらは」発言は
無いでしょう。人には考え、思想があり自分の
心に恥じない行いなら、許せるでしょう。
大阪の橋下も「上司の命令」と命令云々をよく使います。
貴方の「おまえらは」の発言も似たり寄ったりで、あまり
好ましいと思いません。


33. 2012年5月22日 20:21:10 : WrZjZPLVBY
忘れたが
コメント31は名もなき民である

34. 五月晴郎 2012年5月22日 20:26:59 : ulZUCBWYQe7Lk : t3OuS3nAYI
>>31さんの意見の根拠は、ざっと拾ったら

1)(31さんの言葉を借りると)そんな事は自明である。

2)『「政治への言及とは別な次元での仕事と考える」など出来るわけがなく』
               ↓
   31さんがそう判断するのは1)同様31さんにとって「自明」だから

3)それ以外も根拠がないご自分にとっては「自明」の感情

です。

あと(笑)、「阿修羅には相応しくない人物である。去れ。」って31さん、あなた管理人さんですか(笑)


35. 五月晴郎 2012年5月22日 20:29:26 : ulZUCBWYQe7Lk : t3OuS3nAYI
>>32

わたしは「おまえら」なんて言ったことはないです。
「おまえら」という調子で、記事中の内容を言う様を、そう記述しただけです。
ちゃんと記事を読んでから、コメントしてください。


36. 五月晴郎 2012年5月22日 20:35:08 : ulZUCBWYQe7Lk : t3OuS3nAYI
>>35の”記事中の内容”とは
「阿修羅でのおまえらは小沢教で小沢信者かよいう批判には(荒らしID達の鸚鵡のような口真似は勿論批判ではないので除外)納得してしまうことが多い。」です。
そういう口調で言ってる場合が多く、私はそのようなことを勿論言ったこともありませんが、たくさん目にしました。
それを、そのまま記述しただけで、私がそう言ったかのように32さんが言われるのは理解しがたいというか、ここまでかという想定外の発見もありました。

37. 五月晴郎 2012年5月22日 20:49:24 : ulZUCBWYQe7Lk : t3OuS3nAYI
だいたい「名もなき民」と自身で名無しを表明して(私には)卑怯に見えるコメントを入れる人が、曰く正面から堂々と批判せず、脇道から姑息に云々などと書ける神経に苦笑してしまいます。

38. 2012年5月22日 21:10:28 : 7HQXw3XebM
>31

わたしからみるとあなたこそなにやらそうとう溜まった憎悪の炎でものをいっているように見える。
ましてや「去れ」とはなんだか陰険だな。w
かなり怒っているようだが、わしは五月氏の意見に賛同する。
そもそも山崎氏の、

   文藝や哲学を知らずして政治や経済を語るなかれ!!!

って、これなんだよ。
ふつうの神経をしていたらこれを見ただけで大笑いするよ。
文藝や哲学は、何の実利的な役にも立たないからこそ、その存在に意義が与えられる特別の存在なのだが、
それに政治的社会的意味を与えてどうする?
失礼だが文藝や哲学に対する倫理的センスの程度が低すぎる。

小林秀雄も生きていたら大笑いだろうよ。
田舎の無学なおっさんが、精一杯背伸びして文藝や哲学を振り回している戯画だものね。


39. 2012年5月22日 21:11:50 : BcvlHvLvjA

そんな頭でっかちじゃ、誰も追いてこない。
既得権打倒なんて夢のまた夢。
やめなはれ。

40. 五月晴郎 2012年5月22日 21:36:50 : ulZUCBWYQe7Lk : t3OuS3nAYI
ぶっちゃけた言い方すると、山崎氏はもしかしてアンドレ・マルロオでも意識してるのかも知れないが、だとしてもそうじゃなくても、そんなことはどうでもよくて

簡単な例で
「自己同一性という個人を支える良心の問題(=私情・私)」を「行政レベルの目的限定的なエゴの調整機関(=国家・公)の問題」と結びつけてしまったのは、
東京地検じゃないの。

で、こういう考え方はどうしたものか、よくないだろ、と私は言ってるわけ。

勿論、私はこうした東京地検の一部(?)検事達の私情を憎むよ。
ただ憎むという私情で、この検事達を国家・公の問題として法に定められた規定以上に吊しあげろと短絡はしないでいたいと思う。

そして小沢氏の発言(そりゃ心中はこのやろーとなっても当然と思うが、笑)には、こうしたヤな結びつけがなく安心感、安定感がある。これは記事で言ったように、ベストではないが他と比較して、より安心感のある旧自民党のリベラル派系の特徴と見ている(沖縄問題に対する鳩山氏の態度も同様)ということです。


41. 五月晴郎 2012年5月22日 21:40:57 : ulZUCBWYQe7Lk : t3OuS3nAYI
勿論、文学で「自己同一性という個人を支える良心の問題(=私情・私)」を「行政レベルの目的限定的なエゴの調整機関(=国家・公)の問題」と結びつけ、恍惚となろうが苦悶に身もだえようが構わないが、それは実際の政治の話とは関係のない次元のこと。

42. 2012年5月22日 23:01:57 : FVT1mkyQSd
私は、投稿の内容は小難しくて何をおっしゃりたいのか理解しづらいものでした。
それで、>14サンのようにまとめてもらえるとよくわかりました。>31も、
去れ!がなければ、賛成します。やはり、>12さんの言われるように、小沢氏を擁護する識者を攻撃する、新たな手口ではないかと思えてしまいます。

コメントの中にも、工作員が、荒らしているとか言って、汚い言葉で攻撃し、本当に小沢さんを応援しているのか疑われるコメントも多く読みづらいです。まじめなコメントが多くなることを望みます。   1000分の1より


43. 2012年5月23日 07:38:28 : fGMI91SVqY
>50
>勿論、私はこうした東京地検の一部(?)検事達の私情を憎むよ。

ずいぶん検事たちの行動を好意的に解釈しているようだけど、
佐久間元特捜部長以下、中堅幹部たちがたんに「私情」(あなたのいう個人の倫理的信条)で動いていたのだろうか?
わたしには正反対にみえるね。
倫理的信条がかれらに微塵でもあるならば、捜査しているうちに小沢を微罪で挙げるためにムリをしていることに罪悪感を覚えるはず。
検事としてひとりの良識ある人間としての存在意義に背く自分に嫌悪感を覚えるはず。
それでも特捜部長、佐久間の一声で無理に動いた。それはやはりマスゴミの世論誘導による追い風が大きいわけで、
そのマスゴミ的世論への媚があったとすれば、それは倫理的私情、信条とは正反対のものじゃなかろうか。

わたしは佐久間元特捜部長を国家に呼んで、弾劾裁判にかけるべきだと思うよ。
そんなことは米国大使が許すはずもなかろうが。


44. 2012年5月23日 07:39:43 : fGMI91SVqY
訂正

わたしは佐久間元特捜部長を国家に呼んで、

わたしは佐久間元特捜部長を国会に呼んで、


45. 2012年5月23日 09:01:10 : sRacW7GL6o
02.W1fl6b4M12 というのは変質者で阿呆の権化である。自らの思考能力の狭さに気付いていない。山崎氏ほど本を読みもせず、己と同じ物差しで書き殴っている。とりわけそういう阿呆はいつも感情論にはしる。嫌なんだから嫌。それはいいが、便所の壁にまで落書きしているような男である。終いには便所の扉に穴を開けて人様の行動を覗き見るような卑劣な奴の行動をとることだろう。そういう男を世間では「出刃亀」という。

46. 2012年5月23日 11:08:32 : ICcDPI7lMo
2ちゃん自演魔の山崎のいうことなんて引用しないでいただきたい。
この男はいたるところで自作自演を行っている。
哲学などとはもっとも遠い、卑しい老人である。
こんなのに小沢を語ってもらうと世論形成でカルト呼ばわりされ、
小沢不利になる一方。

毒蛇山崎が、また新たにはてなのアカウントを取ってたんだなあ。→ 山崎行太郎のブログ日記『冗談はブログだけにしてくれ!!!』 (id:yamazakikotaro)

現在山崎がメインにしているid:dokuhebinikiからも新日記にリンクしているが、単なる数字の「2」のため意味不明の隠しリンクのようになっている。リンクの有無を確認する過程で別の新アカウントも発見した。上と合わせて計3個。はてなにおける山崎の多重アカウントについては以前まとめておいたが(2005-08-28)、新発見のアカウントを追加してリストしておく。

* 山崎行太郎のアカウント@はてな(確定)

id:dokuhebiniki、id:nomatakeshi、id:cogitoergosum、id:yamasaki3、id:tanigawadake、id:kaimondake、id:yamazakikotaro(★)、id:satumahanntou(★)、id:makurazaki(★)*1

* 要注目アカウント

id:shintoshinpen、id:nankin-jiken(◇)、id:ahoudorinikki(◇)、id:baka-to-ahou(◇)*2

山崎のアカウントと確定しているものが9個、疑わしいものが4個。一人でアカウント取りすぎ。言うまでもなく、はてな規約違反である。

id:satumahanntouとid:makurazakiは現在プライベートモード、id:yamazakikotaroはid:dokuhebinikiのコピーでしかないが、一応毒蛇アンテナに追加しておく。


47. 五月晴郎 2012年5月23日 12:03:10 : ulZUCBWYQe7Lk : t3OuS3nAYI
>>43

良心という言葉が出たから倫理と言ってんの?
小沢氏を不当に攻撃する陣営も、小沢氏のリンリリンリと虫みたいだった。

私情とは―「自己同一性という個人を支える良心の問題(=私情・私)」―個人の事情のことだよ。上からの職務指示により小沢氏関連の担当となった検察官の自らの行動を(自らのうちで倫理的に)合理化しようとする意識(良心)だ。

ナイーブな人なんだね。


48. 五月晴郎 2012年5月23日 12:16:35 : ulZUCBWYQe7Lk : t3OuS3nAYI
43さんだけど、この文脈での「私情」を個人の倫理的信条と思いこんでる自体

文藝もどきや哲学もどきで政治や経済を語るなかれ!!!(笑)

と言いたくなっちゃうよ。



49. 五月晴郎 2012年5月23日 12:51:33 : ulZUCBWYQe7Lk : t3OuS3nAYI
それと、これは閲覧の人たちのためにですが、

(私)ただ、憎むという私情で、この検事達を国家・公の問題として法に定められた規定以上に吊しあげろと短絡はしないでいたいと思う。

                 ↓

(43さん)わたしは佐久間元特捜部長を国家に呼んで、弾劾裁判にかけるべきだと思うよ。

は、国家のどの機関に呼ぼうとしているのかは定かではないですが、それが法に定められた規定内であるなら、いいと思います。
しかし、法に定められた範囲内でないのなら、そんなことをしたら国は壊れていきます。


50. 五月晴郎 2012年5月23日 13:02:31 : ulZUCBWYQe7Lk : t3OuS3nAYI
あ、すいません

44で訂正されていましたね。

それで、訂正すると

「(43さん)わたしは佐久間元特捜部長を国会に呼んで、弾劾裁判にかけるべきだと思うよ。」

法で可能なのですか?可能でないのにすべしだったら、43さんは佐久間元特捜部長と同じ意識ではないですか(43さん式の解釈で言うと佐久間元特捜部長と同じ倫理的信条)。

小沢氏の言から(うかがえる意識に)は、こういうヤな結びつけがなく安心感、安定感があると>>40で私は言ってるのです。


51. 2012年5月23日 18:36:01 : WRcvzABPLo
05です。

投稿者さん

遅くなりましたが「俺は岡田レベルの頭か??」について答えます。

投稿者さんの内容・意図が、私は理解出来ませんでした。

どちらを向いているのかも含めてです。

それで、フランケン岡田の性癖でしょうが、「原理主義のようでそうでない」
「知的に見せるがそうでない」「論理は常に破綻する」「他人をすぐ裏切る」
「前言をすぐ翻す」「責任は他人に押し付ける」等を思い、投稿者さんの考えは
当てはまらないだろう、従って私が考えた事は間違いである。

依って脈絡の無い言葉になりました。

これも説明不足かな??


52. 2012年5月23日 21:31:22 : vvYr7CEAfA
>48. 五月晴郎 >>43さんだけど、この文脈での「私情」を個人の倫理的信条と思いこんでる自体
>文藝もどきや哲学もどきで政治や経済を語るなかれ!!!(笑)

>と言いたくなっちゃうよ。

ああ、そうじゃないかなとおもってました。
というのは、じつはあなたの言っていることが(文章そのものですが、)わたしの頭が悪いせいか、よく理解できなかったんです。

>私情とは―「自己同一性という個人を支える良心の問題(=私情・私)」―個人の事情のことだよ

つまり、あなたのいう「私情」というのはよく巷でいわれる「仕事に私情を持ち込むな」の「私情」なんですね?
ならばあなたのいう「私情」は「自己同一性という個人を支える良心の問題」じゃないはずなんだがな。
もっともこんなつまらんことで議論する気もない。
その程度のことをいいたいがために、こんなややこしい書き方するなよとも言いたい気がするが、
それすらもあほうらしい。w
ま、かってになんでもやってください。おもしろく読ませてもらいますよ。

でわ。w


53. 五月晴郎 2012年5月24日 01:09:00 : ulZUCBWYQe7Lk : t3OuS3nAYI
>>51

ご丁寧に有り難うございます。良く分かりました。


>>52

おっしゃる通りです。
理解いただけなかったのは私の言い方が断片的で拙かったからです。有り難うございました。

どういうことを言いたかったと言うと「自己同一性という個人を支える良心の問題」は本来は他の個人と比較し計量出来ないが、我々が生きているシステムは経済分野では勿論、政治分野でも、万人が同等に1票の投票権というように、計量を前提にしている。だから行政レベルは目的限定的なエゴの調整機関として機能しているし、そうあるべきだ。そして、こうしたシステムは「(他システムと比べ)より、まともな」民主主義のシステムだ。
であるから、山崎氏の論は氏の専門分野である文芸批評の延長であるなら納得出来るが、政治経済に関わる発言としたら悪い冗談にしか思えない、というものです。

かってになんでもやってますんで、目に余った時は違うんじゃねえのと言ってください。


54. 2012年5月24日 06:20:53 : 3b4iMCopGY
>>53

非常にかんたんなことを、なんでそんな風に、ことさらわかりにくく言う必要があるのか、わたしにはさっぱりわからないな。

ほんの一例をいうなら、うーん、どの文章でもいいけど、この文章、

>だから行政レベルは目的限定的なエゴの調整機関として機能しているし

「行政レベル」ってなんですか?w
「行政」でじゅうぶんでしょう。「行政はエゴの調整機関」でいい。みなさんわかっていることですよ。
「行政レベル」ってなんですか?
「目的限定的」とか「機能している」とか、わずらわしい修飾語がなにやらインテリぶって目障りです。w
行政機関というのは必要があって歴史的にもそのように発展してきたものです。そんなにむつかしく表現することもないとおもいますがね。
あなたの文章はすべてかくの如し。
頭の整理がなされているとはおもえない。中身が難解ならともかく、表現が難解なだけだというのはつまらないとおもいますがね。


55. 五月晴郎 2012年5月24日 10:56:07 : ulZUCBWYQe7Lk : t3OuS3nAYI
>>54
慣れない言葉を一生懸命使おうとするもんだから、全然おもしろくない寅さんのように痛い姿になってしまうんでしょうね。でも、それであなたも(>>28の人も)蘊蓄を感じさせるコメントを入れられるわけだから勘弁してくださいよ。

56. 五月晴郎 2012年5月24日 11:04:51 : ulZUCBWYQe7Lk : t3OuS3nAYI
一応答えておくと、記事中の引用文が「行政レベル」となっているので、私が勝手に「行政」とするのは普通しない。「目的限定的」も同様です。

>行政機関というのは必要があって歴史的にもそのように発展してきたものです。

それを強調するのが私の主旨の一つですから、私は強調するわけ。

>>28の方にも>>29 >>30で申し上げたけど、54さんは私の文章を現に読解しているから、こう書きなさいと現に言ってきているわけで、ですが、私は54さんではないんだから痛くてつまらない私の文体で書いても問題はないはずです。


57. 五月晴郎 2012年5月24日 11:08:32 : ulZUCBWYQe7Lk : t3OuS3nAYI
>54さんは私の文章を現に読解しているから、こう書きなさいと現に言ってきているわけで、ですが、私は54さんではないんだから痛くてつまらない私の文体で書いても問題はないはずです。

    ↑ これを訂正するとどうなるでしょう

    ↓

54さんは私の文章を現に読解しているから、こう書きなさいと言ってきているわけで、しかしながらですよ、私は54さんではないんだから(笑)痛くてつまらない私の文体で書いても問題はないはずです。


58. 五月晴郎 2012年5月28日 05:12:58 : ulZUCBWYQe7Lk : t3OuS3nAYI
http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20120527

『それでも私は「小沢一郎」を徹底擁護する!!!---新・小沢一郎研究』という本を、来月、出版することになりました。江藤淳の「小沢一郎論」を土台に、小沢一郎の「政治哲学を読み解く」をテーマにしています。ご期待ください。


だそうです。

この人、個人的な「政治面か経済面か文藝面か哲学面」で、よっぽど困ってるんろうか。


59. 五月晴郎 2012年5月28日 05:14:41 : ulZUCBWYQe7Lk : t3OuS3nAYI
× 困ってるんろうか。
○ 困ってるんだろうか。



60. 五月晴郎 2012年5月28日 05:28:41 : ulZUCBWYQe7Lk : t3OuS3nAYI
森ゆうこさんの本は買ったけど、この本は買わないわな、私は。
秋葉原のフェティッシュな人相手の出版を連想させる。
この人、趣向において、小沢一郎的なものと真逆な気がする。

江藤淳の「保守主義」は、「保守的な態度」の福田恒存から冷笑的に距離を置かれたが、保守に主義もなにもないだろと思う。主義つけたら、桜井よしこや小林よしのりや石原慎太郎と同じになってしまう。政治の主義とはそういうものだから。


61. 五月晴郎 2012年5月28日 05:51:37 : ulZUCBWYQe7Lk : t3OuS3nAYI
http://www.asyura2.com/12/senkyo130/msg/562.html#c3
『野中広務と沖縄:野中広務の「インチキ」「自己欺瞞性」を見抜いている沖縄県民某氏(山崎行太郎)』

↑で小沢一郎は実践・実行の人(これは正しい)で
>言い換えれば、実践・実行の政治家はいつでも責任をとって「死ぬ」気構えが出来た「葉隠」武士のような存在である。

と山崎氏は言っている。

だめだ、この人。

山崎氏は小沢氏を評価して私たちを元気づけてくれるんですよ、という主旨のことをコメントしてくる人がいる。
いいですか、山崎氏は居酒屋の顔馴染みの近所のおっさんじゃないんですよ。
ご自身は、文藝や哲学を知らずして政治や経済を語るなかれ!!!(疲)なんですよ。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK130掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK130掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧