★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK131 > 725.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
質問を含むコメントへの回答
http://www.asyura2.com/12/senkyo131/msg/725.html
投稿者 あっしら 日時 2012 年 6 月 21 日 16:43:20: Mo7ApAlflbQ6s
 

(回答先: 「増税の前にやるべきことがある」というスローガンの危うさ 投稿者 あっしら 日時 2012 年 6 月 20 日 17:39:54)


数多くのコメントをいただきありがとうございます。
すべてのコメントに回答すべきとは思いますが、勝手ながら、質問を中心に回答させていただきます。

じっくりやり取りをしたいコメントを寄せていただいた方も多くいらっしゃいますが、受け止めた内容を今後の投稿などに反映させていければと思っています。


【引用1】
「10. 2012年6月20日 18:52:33 : JjSQKQLkmo
小沢さんは自民党の中枢にいたからこそ増税の前にやるべきことを知っている。だから政権交代可能な民主義者社会を根付かせるために必死であり、自ら先頭に立っている。ここまでくると個人の限界を超越している。誰にでもできる行動ではない。
 投稿者にお聞きしたい。100歩譲ったところで、野田の消費税の取り上げ方はどうひいき目にみても、民主義からはるか遠いところで事は運ばれている、と考えてみるにつけ、野田の主張が正しい、消費税値上げが正しい道だと、どの角度からとらえたら言えるのかお答えいただきたい。」

【回答1】
 まず、これまでの投稿内容もそうですし、本投稿の最後のほうで書いたように、私自身は消費税自体に反対です。

 「野田の主張が正しい、消費税値上げが正しい道」と言えるとしたら、消費税増税が、日本の経済活動をリードしているとされるグローバル企業の国際競争力回復(強化)につながり、それを牽引力として日本経済総体が成長を回復させると判断できたときです。

 そのような問題提起をしましたが、それ以前の「消費税とか何か?」という入り口で引っかかっていて、その論議には到達していません。

 私の判断は、デフレ基調のなかで「消費税増税と法人税減税の一体改革」を行っても、グローバル企業の国際競争力の回復に資することはないというものです。


※ 参考投稿

「E:消費税増税の目的は、「社会保障」や「財政再建」ではなく、「国際競争力の回復」である:付加価値税と“国際関係”」
http://www.asyura2.com/12/senkyo129/msg/400.html


【引用2】
「16. 2012年6月20日 19:08:38 : EiB4f7Czjn
投稿者が基本的に間違っていることは、フラットタックスに近い消費税で、福祉を賄おうとする社会保障と税の一体改革という名の消費税増税に対する基本的認識が欠けている。
社会保障や福祉は富の再配分として、累進性のある財源で賄うことが基本である。
税の基本は、諸経費費用調達と、富の再配分であるが、消費税は費用調達目的で集めるべきで、社会保障を理由にするべきではない。
やるべきことをして消費税を上げるのでなく、やるべきことをすれば当面消費税を上げる必要はない。何も矛盾しない。」


【回答2】
 EiB4f7Czjnさんの認識を共有しています。

※ 参考投稿

「C:消費税増税は「社会保障の維持」とは無関係:竹中平蔵氏「社会保障のためなら高中所得者対象の所得税増税以外にない」」
http://www.asyura2.com/12/senkyo129/msg/194.html

「D:「財政再建」に寄与せず逆に足を引っ張る消費税増税の論理:フロー課税の連関性だけで見えてくる消費税増税の結末」
http://www.asyura2.com/12/senkyo129/msg/198.html


【引用3】
「20. 2012年6月20日 19:45:09 : MJRCc7Kizw
>16. 2012年6月20日 19:08:38 : EiB4f7Czjn
>投稿者が基本的に間違っていることは

なあに。こんなやつ経済なんか何もわかりゃしないんだよ。
頭がいいのは認めるが、即席の一夜漬けでドヤ顔したがっているのがみえみえ。w
何がいいたいのかさっぱりわからない。
「その前にやることがある」の意味をかって狭義に規定しているが、そんな論の立て方があるかよ。
こいつに小沢らの考えている「やること」がわかるのかといいたいね。」

【回答3】
「何がいいたいのかさっぱりわからない」のなら、放っておけばいいじゃないと答えたくもなりますが、投稿が、MJRCc7Kizwさんがそのように考えコメント欄に寄せるきっかけになったことで本望と言えます。

 「「その前にやることがある」の意味をかって狭義に規定しているが、そんな論の立て方があるかよ」と思われることを考慮して、本投稿でわざわざこのように受け止めると明示したのです。

 「小沢らの考えている「やること」がわかるのかといいたいね」と言われなくても、わからないからこそ、“このように受け止める”と断りを入れました。

 MJRCc7Kizwさんが「小沢らの考えている「やること」がわかる」のなら、それを示していただけると幸いです。


【引用4】
「35. 2012年6月21日 05:13:40 : oDaMPIlzG2
「増税の前にやるべきことがある」というスローガンは、
「やるべきことはやったので増税する」と、
後になって言う場合の“備え”のようにも取れるよね。

小沢のこれまでの政治スタンスをかんがみてものをいえよ。w
「国民の生活が第一」という小沢のスタンスはじつはこれまでの日本政治の全否定といってもいい。
それは財界とマスゴミの繋がりをつぶさにみてきた小沢がたどり着いた境地だ。
この境地は、財界とマスゴミ、官僚によってあやつられている政治というものが財界とマスゴミ、官僚による富裕層や収奪層本位の政治であったことを示している。
消費税増税のまえにやることがあるというのは何も増税だけに対していっているのではない。
あたりまえだろ。
あらゆる法律や政策のまえにやることが多すぎるのだよ。
「あっしら」とかいう反動よ、おまえの出てくる幕じゃねえよ。」

【回答4】
 叱咤罵倒はありがたくお受けしますが、「国民の生活が第一」をどういう手法で実現するかということは実に難しいテーマだと思っています。

 「国民の生活が第一」だからといって、直接的に国民生活に向けた政策を実施することがホントウに持続的に国民生活の維持向上につながるのかという問題です。

 誤解されるかもしれませんが、誤解を恐れず言えば、「富裕層や収奪層本位」の政策を行い、その他大勢の国民はそのおこぼれにあずかるほうが、多くの国民が経済的により恵まれるようになる可能性もあると考えるからです。


 最後に、「36. 6Sz73kXIBM さんの「ひとつ疑問ですが、投稿者の方「あっしら」さんと名乗られていますが、ご本人なのですか???」と問いかけには、本人ですと回答します。
そのように質問されるのは、投稿内容に違和感を覚えるとか、かつてなにかの縁があったということでしょうか?


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK131掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK131掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧