★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK136 > 727.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
中国による 尖閣諸島への軍事侵略を防止するには 沖縄米軍基地と日米同盟が 必須
http://www.asyura2.com/12/senkyo136/msg/727.html
投稿者 真相の道 日時 2012 年 10 月 05 日 16:58:05: afZLzAOPWDkro
 


■ 米国の中国軍事戦略専門家が日米にとっての尖閣諸島の重要性を指摘

『中国の軍事戦略を専門に研究する米有力研究機関「国際評価戦略センター」主任研究員のリチャード・フィッシャー氏』
『「尖閣は台湾有事の米軍の『接近』のルートにあるし、日米両国に死活的な重要性を持つ中東やインド洋から太平洋への海上輸送路の途次にも位置している。
その尖閣が中国軍の支配下に入ると、日本が従来の海上輸送路から切り離され、在日米軍基地の機能も骨抜きになりかねない」と警告した。』
http://sankei.jp.msn.com/world/news/121002/chn12100207100003-n1.htm
    
    
この警告からも、尖閣諸島が日米にとっていかに重要かがわかります。

漁業権、海洋資源も重要ですが、日米同盟、ひいては極東の平和と安全にとっても尖閣諸島は重要なのです。
  
  
『同氏はまた、「米国は日中両国の軍事衝突の回避を強く望んでおり、中国が尖閣をめぐる現状を変えようとすることに反対だ。そのために同盟相手の日本への有事の防衛誓約を繰り返すこととなる」と指摘。』
(上記リンク先参照)
  
  
つまり米国は、尖閣諸島が日米安保の提供範囲であると、今後も繰り返し中国に対して強く主張するということです。
日本にとっては大変ありがたいことです。

そしてこのアメリカによる軍事牽制発言が、中国による尖閣への軍事暴走に対して大きな抑止となることは言うまでもありません。
  
  
  
■ 米国からの軍事牽制発言で、習近平は尖閣への態度をそれまでの強硬から「平和的解決」に変化させた

現に習近平は、パネッタ国防長官から尖閣で軍事衝突が起これば米国は関与すると直接断言されて以降、それまでの領有権を何としても死守するといった強硬主張を引込め、覇権はしない、平和的に解決すると主張を大きく軟化させました。(詳しくは下記)

http://atmc-tokyo.com/government/38163/
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120921/erp12092115300002-n1.htm
   
  
つまり、パネッタ国防長官から習近平への直接の軍事牽制発言、日米安保の適用宣言が確実に効き、中国の軍事暴走を抑止しているのです。
  
   
  
■ 沖縄米軍基地と日米同盟は中国の軍事暴走を抑えており、日本の平和と安全にとって必須なもの

このように日米同盟は、確実に中国の軍事暴走の抑止となっています。

そして尖閣諸島の近くにある沖縄米軍基地が尖閣を守るための日米同盟にとっての核であることは言うまでもありません。

フィリピンは米軍基地を撤廃させましたが、その後中国は、フィリピンが領有権を主張する南沙諸島に軍事侵攻し、以降軍事侵略を続けています。(詳しくは下記)
フィリプン、中国、マレーシアなど周辺国による猛抗議など一切お構いなしの状況です。
http://blog.goo.ne.jp/kanayame_47/e/bf587be930c84fc2cb345724d81ebd5c
  
  
日本の尖閣諸島がこの南沙諸島のように中国に軍事侵略されてはなりません。

中国の軍事暴走を抑止するには、沖縄米軍基地と日米同盟の強化が必須なのです。
  
    

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年10月05日 17:07:10 : 3HULYMKw9I
貧相の馬鹿は
まんまと罠にかかったか
単純馬鹿

02. 2012年10月05日 17:09:10 : 6wHogxckIg
アホ

03. 日高見連邦共和国 2012年10月05日 17:09:54 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

投稿主『真相の道』氏へ質問。

日米同盟云々以前に、日本国の“軍隊”はどー有るべきとお考えか?

日本の自衛隊は結局は“軍隊”であり、日本国憲法で規定する

『あらゆる国際紛争を解決する手段としての軍隊の保有を』“放棄していない”と私は考えるのだが?

そのような“矛盾の解消”を図らずにおいて、日本国が本当の“独立国”と言えるのか。
そのような“命題を解決”ぜずにおいて『日米同盟』を語っる意味が有るのかどうか?

『真相の道』氏には、虚心にお伺い致したい。
如何?


04. 2012年10月05日 17:12:10 : QGD6UVIcuU
日本の施設を作って、日本人がそこへ住むことが一番効果があります。

05. 2012年10月05日 17:14:47 : 7RPmUxKEpo
ほんとにこりゃ馬鹿だわ。

06. 2012年10月05日 17:24:42 : XVPJ8MG0Qk
 口直しのコーヒーを頂きましょう。
チーズケーキでも食べて、馬○さん投稿のコメントを
読むのも楽しみです。
真相に道さん気休めに時々出てください。

07. 2012年10月05日 17:26:07 : QGD6UVIcuU
真相の道さん、こんにちは

20年後、中国の経済力が米国を凌駕した時、
米国が及び腰となり、尖閣は安保に含まないと言い出した時が心配です。
その時、尖閣が無人島なら中国は確実に軍事侵攻して来るでしょう。

そうならない様に、今から日本人が実際にそこに住んで生活の実態を作って置くことが非常に大切だと考えます。


08. 2012年10月05日 17:49:48 : vfE4Rn8f7g
http://zaiseijapan.blog.fc2.com/page-7.html
ジョセフ・ナイ著「対日超党派報告書」
新植民地主義

ジョセフ・ナイ著「対日超党派報告書」
― Bipartisan report concerning Japan ―

 ジョセフ・ナイ(Joseph Samuel Nye, Jr.)は、アメリカ合衆国の国際政治学者。アメリカ民主党政権でしばしば政府高官を務めた。ナイは、かつてCIAを統括する米国大統領直属の国家安全保障会議NSCの議長で、東アジア担当者であり(クリントン政権)、後に安全保障担当の国防次官補となった。「対日超党派報告書」は、米国上院下院の200名以上の国会議員を集め作成した、対日戦略会議の報告書である。

その内容は以下の通り。

1.東シナ海、日本海近辺には未開発の石油・天然ガスが眠っており、その総量は世界最大の産油国サウジアラビアを凌駕する分量である。米国は何としてもその東シナ海のエネルギー資源を入手しなければならない。

2.そのチャンスは台湾と中国が軍事衝突を起こした時である。当初、米軍は台湾側に立ち中国と戦闘を開始する。日米安保条約に基づき、日本の自衛隊もその戦闘に参加させる。中国軍は、米・日軍の補給基地である日本の米軍基地、自衛隊基地を「本土攻撃」するであろう。本土を攻撃された日本人は逆上し、本格的な日中戦争が開始される。

3.米軍は戦争が進行するに従い、徐々に戦争から手を引き、日本の自衛隊と中国軍との戦争が中心となるように誘導する。

4.日中戦争が激化したところで米国が和平交渉に介入し、東シナ海、日本海でのPKO(平和維持活動)を米軍が中心となって行う。

5.東シナ海と日本海での軍事的・政治的主導権を米国が入手する事で、この地域での資源開発に圧倒的に米国エネルギー産業が開発の優位権を入手する事が出来る。

6.この戦略の前提として、日本の自衛隊が自由に海外で「軍事活動」が出来るような状況を形成しておく事が必要である。

(オリジナルはハーバード大学のサイトに以前あった。現在は削除)

 ナイは、2008年12月、東京都内で日本の民主党幹部と会談を行い、「オバマ次期政権下で(日本の)民主党が安全保障政策でインド洋での給油活動をやめ、日米地位協定などの見直しに動いたら反米と受け止める」と圧力をかけた。

 2012年、リチャード・アーミテージとの共同執筆で、日米同盟に関する報告書を発表した。報告書では、日米関係の強化と対等化を主張し、防衛協力強化を提言した。日本に対し集団的自衛権の行使や自衛隊海外派遣の推進、PKOへの参加拡大などを求めた。日本と韓国の関係については、日米韓が連携を強化していくために、日本が従軍慰安婦問題など、韓国との歴史認識問題を直視する必要性を主張した。

 また、日本のTPP参加が米国にとって戦略的に重要な目標との位置付けをおこなった。野田内閣による大飯原子力発電所の再稼働決定を評価し、原子力発電所の安全性向上のため日米両国が協力していくことが必要との認識を示した。

 実際のところ、石原慎太郎も他の愛国商売人も、アメリカネオコンに忠誠をを誓っているに過ぎない。


09. 2012年10月05日 17:50:14 : EcvzSYHECy
ユダ菌テロリカCIAから独立することが先だよね。
貧相の小道さん。亜細亜はユダ菌の植民地であり属領だよ。
尖閣だって竹島だってダメリカの物だよ。
日本の領土である北方領土、竹島をソ連、南鮮から
共同で取り戻そうと政府にテロリカは何故言わないのかね。
そんなユダキンCIAが信用出来るんですか?
そんなことよりダメリカCIAを排除して
早く大東亜共栄圏を創る方が先だよ。一体なに考え店のかね。
君はもしかしたら反日在日アメポチ朝鮮カルト
創価統一CIAの小沢叩きもする工作員なの?


10. 2012年10月05日 18:27:47 : 8kv8coaJEM
アメリカは中国に国債を買ってもらわないとやっていけない国。

日本も同様に大量の米国債を持っているが日本はアメリカのポチなので実際売ることはできない。しかし中国は違う。

普通の人が思うほどアメリカは実は強くない。


11. JohnMung 2012年10月05日 18:28:56 : SfgJT2I6DyMEc : cmcaoctsBY
 「ルーピー真相の道、ここにあり」って、出刃包丁でも持って、一人で突入したら!

 私は、国民を煽って、戦争しかできない奴らは実は浅はかな臆病者だと思う。それゆえ、石原慎太郎がどうしても戦争をやりたいのなら、まず伸晃と宏高を先遣隊として突入させたらいいだろう。真相の道なんて、その場に及んだら、お漏らしたらたらだろう。

 私の知り合いの祖父は、京城(現ソウル)総督府詰めの武官(少尉=現自衛隊では3尉)だったそうだが、2次大戦終結時に、武装解除(丸腰)状態で、北朝鮮や満州、ソ連領から南下してくる邦人の世話する責務を命じられたそうだ。
 先年の映画で観た硫黄島のケースでも将官の多くはいち早く脱出しているケースがみられたが、京城総督府の武官の場合も将官や佐官はいち早く脱出したそうだ。

 戦争の背景で暗躍し、儲ける輩だけでなく、軍隊内部でも上記のような非条理がまかり通っていたのだ。


12. チキンの真相 2012年10月05日 19:57:32 : niBy5hif9Vy8c : cGb6FEE7PE
このリチャード・フィッシャーとやら、そもそも尖閣がどこにあるのか、全く知らないで発言しているとしか思えない。
知っていて発言しているのなら、それで人をだませると思ってる詐欺師の類だ。

根拠その1
> 尖閣は台湾有事の米軍の『接近』のルートにあるし

米軍がどこから接近する話なのかいな?
沖縄からなら、那覇を出て、宮古島、石垣島の少しだけ北を通って直進すれば台北に到着する。
そのルートがまともに使えなくなるとでも主張するつもりなら、その前に台湾自体と宮古島、石垣島の領土保全を心配すべきだろう。
尖閣は台湾に近いわけだし。
というか、尖閣よりも、中国本土の方がよほど台湾に近いのだが。

グアムからなら、当然全く問題はない。

そもそも、台湾有事の場合に、米国が中国と対立して台湾を守るという保証はどこにもない。
台湾をめぐって中国とドンパチやりたがってるのは、米の中でも戦争キチガイだけだ。たぶんこいつもその1人だ。

根拠その2
> 日米両国に死活的な重要性を持つ中東やインド洋から太平洋への海上輸送路の途次にも位置している。

バカじゃないのか。
その海上輸送にわざわざ尖閣の近くを通るバカがどこにいる?
例えば日本本土から尖閣付近を通過したら、台湾と中国本土の間を抜けるのが一番自然なルートになるが、わざわざそんなルートを取るバカがいたらここに連れてこいっつうの。
台湾とフィリピンの間を抜けるのが当然だろう。

TVで、尖閣の場所も知らないで騒いでいる中国人を見たが、国こそ違え、こいつも同類の低脳らしい。
真相の道と同類の低脳ということだ。

そしてこんなバカな発言を、客観的に見ることもできずにそのまま報道する産経と、それを貼る真相の道。

見事な低脳の連携プレイだ。

それにしても、真相の道は、中国や韓国が怖くて怖くて仕方がないんだろう。
たぶん、憎悪の度合いが強い分、恐怖も強いのだろう。
恐怖のあまりに、妄想が膨らみ、相手はそんなことを考えてもいないのに
いつ襲ってくるか、ますます恐怖が募るのだろう。
そして、「アメリカさーん、守って下さいよー!何でもしますからー!」と泣きすがり、ご機嫌を取り、尻を突き出す。
みっともないねえ。日本男児の風上にもおけないね。
(もっとも、真相の道が日本人だという証拠はどこにもないが。)
石原朕太郎も同じだろう。
情けないチキンハートの連中だ。


13. 2012年10月05日 20:05:50 : 0ygxno0BxA

尖閣で紛争起こしたくてしょうがないのは石原氏とあと誰ですか?

日本は、田中内閣の時代に電撃的な日中国交回復を推進した。これを事前に伝えられて怒り狂ったキッシンジャーは、こう言い放った。
「Jap takes cakes!」。
このことは米公文書であきらかになっているという。
キッシンジャーの中国観、日本人観が端的にあらわされている。
「Jap takes cakes!」。すなわち、「ジャップ野郎が、ケーキをとりやがった!」。この「ケーキ」とは、中国市場のこと。おいしい市場に先にアクセスしたジャップは許さない、ということ。

石原慎太郎の国益を害する行動。
尖閣はクッキーほどの価値もないだろう。
Cakes=おいしいケーキを誰に奪われることになるか。
まずは現代、サムソンの韓国勢。米欧も黙ってはいないだろう。


14. 2012年10月05日 20:13:58 : x1H4M8rDS6
きわめて常識的な意見だな。俗に、「知らない仏よりも、しっとる鬼の方がましじゃけんの」(広能省三)ということもあるからね。賛成です。 

15. 2012年10月05日 20:16:46 : cqRnZH2CUM

>日米同盟は、確実に中国の軍事暴走の抑止となっています

それは、その通りだが、米国も甘くはないから、

只で助けてくれるわけではなく、結構高くつくことは忘れない方がいいだろうな


まあ警察が腐っていて、ヤクザに守ってもらうしかない非力な商店街と同じということだ


16. 2012年10月05日 20:18:44 : cqRnZH2CUM

米国民は、荒野の7人(7人の侍)やシェーンだと思っているのかもしれないが


17. 2012年10月05日 20:25:09 : Xf01BK2Ow6
「真相の道」は今、将に中国が武力攻撃をするかのように煽るべきではない。
またその一方、国土交通省が国内法に基づき、無人島の所有権移転したくらいで、中共はガタガタ騒ぐべきではない。国際法上の領有権と国内法に基づく所有権は全くの別概念だ。

台湾が日本に対し、尖閣諸島の領有権を主張したかったのであれば、日華平和条約締結時に尖閣諸島を含めて交渉すべきだったし、中共の場合は、日中国交正常化協議の際、周恩来がもっと明確に提起することも可能だった。だが、提起しなかったのは当該交渉を台無しにしないための、周恩来の判断だったのだろう。

田中総理:尖閣諸島についてどう思うか? 私のところにいろいろ言ってくる人がいる。

周総理:尖閣諸島問題については、今回は話したくない。今、これを話すのはよくない。
石油が出るから、これが問題になった。石油が出なければ、台湾も米国も問題にしない。
国交正常化後、何カ月で大使(館)を交換するか?

大平大臣: できるだけ早く必要な措置を講じていく。


18. 2012年10月05日 21:46:07 : VXP60kBWUM
いよいよ、政、官、経、米、情、悪のペンタゴンの工作員の素性がフューチャー。

よくぞ、「真相の道」などと唱えて、罪悪感が無いのだろうか?

小沢一郎は、悪徳ペンタゴンの住人にとって、既得権を脅かす最悪の政治家。

と、見れば、これまでの、真相の道の投稿が、すべて繋がる。


19. 2012年10月05日 23:17:42 : HVBP18IwL6
アメリカとしては、日米安保を守ったというより、
自分のコントロール外の日中対決の発生を嫌って
自衛隊艦艇に出動させないために(こうなると中国軍も出てくる)
先手を打って航空母艦2隻を動員したのでしょう。
アメリカ航空母艦2隻もいれば、日本が自衛隊艦艇を出動させてもほとんど意味がなくなる。


アメリカとしては中国の空母を沈めて遊びたいなんて思ってはいないだろうけど


20. 2012年10月06日 00:04:36 : moHyDHvuVI
本格植民地への道 既得権益側として終始一貫した発言です。

原爆を広島・長崎に落とし、大空襲で非戦闘員を皆殺しにした挙句、原発という時限爆弾をしかけ、脱原発を阻止する堕メリカさんを信用できますかね。
世界最凶の存在として、ベトナム、イラクなどでの非道さ、科学兵器使用している張本人が科学兵器を所持しているからと攻撃し、科学兵器を使用する異常さ。
遠く離れた国はいざとなったら原発を爆撃することにも躊躇がないでしょう。

小沢氏が中国との外交に本腰を入れて逆上したところをみると相当都合が悪いようです。
小沢氏への攻撃と尖閣問題で引き離しの謀りかたも露骨でした。
韓国はすっかり植民地の様相で国民の大多数は奴隷に逆戻り、竹島やインチキ格付けで絵に書いた餅をみせて喜ばせているがこの目くらましでは空腹は満たされない。
日本も他人事ではないカツアゲから完全植民地化へ公然と推し進められている。


21. 2012年10月06日 00:25:12 : ASoliZlDAM
同盟、同盟と書くな。

日米軍事同盟した条約はないぞ!
鈴木内閣の時、アメリカが勝手に言い出した。
軍事同盟などしてないと、、、、鈴木内閣は説明している。


22. 2012年10月06日 01:39:38 : 0EopofEgjc
判官びいき さんの

「日米対中国」と考える愚かさ(田中良紹)
http://www.asyura2.com/12/senkyo136/msg/216.html
投稿者 判官びいき 日時 2012 年 9 月 23 日 17:44:09

このスレ投稿後によくこういう投稿ができるなw
真相の道の神経を疑う。


23. 2012年10月06日 03:15:45 : 4WbheaPSNc
真相の道は、お上の犬。

24. 2012年10月06日 03:41:14 : txfDxGOXwI
日中不可侵条約というか日中平和条約を締結したほうが日米同盟よりよほど日本の対中国の安全は保障される。条約の中で尖閣領土問題については話し合いで解決すると謳えばよい。もっともその動きが米国に察知されれば、米国により妨害工作されるのは間違いない。首相は命を賭けないと出来ないが、消費税増税に政治生命をかけるのなら日中間の条約締結に政治生命を賭けて欲しいものだ。

25. 日高見連邦共和国 2012年10月06日 05:38:16 : ZtjAE5Qu8buIw : C7Wqvb1wZA
>24

>『日ソ不可侵条約』が一方的に“破棄”された前例が有りましたがね。

まー、『ソビエト連邦』崩壊の“遠因”として、ロシア人は心底“あの愚行”を恥じ、反省しるいる訳です。
人類は歴史に学び、“スパイラル”を描きながらも“上昇”して行けてるのかな?

投稿主『真相の道』氏には“学習”など、求むべくもないんですがね!!


26. 2012年10月06日 05:59:13 : EIvbKAl1nF
アメ公の用心棒詐欺。

尖閣は、アメリカも当事者であり、現在も米軍演習場があるにもかかわらず、「ここは日本領」と言わない。

また、国際司法裁判所など国際機関の調停すら、提案しようとしない。

それでもって、「自衛隊をしっかり増強せよ。おまえが負けそうになった時はじめて出て来てやるんだぜ」

などと抜かすのは、もともと用心棒代をせしめるのが目的のやくざと同じ。たぶん、いざとなって(たぶん、いざはないと思うが)も、アメリカは何もしないよ。

あくまで、長期の用心棒代、基地ただ借りが目的。


そもそも、「日米同盟」がそんなにありがたいんなら、アメリカ様に竹島と北方領土を返して貰ってから抜かせ。戦後、ずっと米軍が駐留してきて、何の役に立ったのか?バカウヨ。


27. 2012年10月06日 06:02:58 : EIvbKAl1nF
26追加

用心棒詐欺やくざ & 拳銃店の極悪店主。


28. 2012年10月06日 06:45:42 : HttOnVBelk

第二次大戦の戦勝国で、国連安保理の常任理事国で核武装している米中が尖閣などの小島をめぐって戦争するわけない。しかも最大の商売相手。

妄想は捨てて現実を見るがいい。

まー・石原とか同類のアナクロ右翼は今回の騒ぎで終わったな。藪をつついて蛇を出す。日本の国益を最大限に害する。日本国民の敵だ。



29. 2012年10月06日 10:04:56 : xkUaH3GLpM
真相の道は米国犬

30. 2012年10月06日 10:14:31 : P0dRhmTQvo
しかし、漁船1000隻の時はついに来た。海上保安庁では阻止できない。自衛隊が出れば、中国海軍が出てくる。戦争になるぞ。それが望みか。
石原一人でとめろよ!

みたいなのが阿修羅に多く見られたが
あれって、攻めてこないのは分かっていて石原叩くためだけに使ってたのか。

というか、攻めてこないの分かってるなら
まだまだ余裕があるという事。もっと強硬に出ていいんでね
相手のギリギリまで妥協を誘うのが外交上の駆け引きだろ


31. 2012年10月06日 10:28:50 : HVBP18IwL6
>>30
自衛隊が出たら中国はそれを口実に攻めてくる可能性はあるよ。
だからこそアメリカ空母が2隻も出てきて自衛隊出動を無用化させた
(これは同時に中国側の軍事増強の牽制にもなるので、日本側にとってはきわめて有利な体勢になったともいえる)

>>26の「負けそうになった時はじめて出て来てやるんだぜ」が間違いで、アメリカのこの地域および日中対決への関心の深さへの関心の深さの証明でもある。


32. 2012年10月06日 11:13:34 : smbVG3BnmM
日本として、硬軟とりまぜて中国に対処してくのが現実的で重要だと思います。16隻しかない潜水艦をもっと作って秘密裏に配備し、有事の準備を粛々と行ないながら、友好関係の修復姿勢も示して行く。日本製の高性能潜水艦200隻くらいあれば、中国に対して無言の圧力になると思います。フィリピン、インドネシア、ベトナム、インドなど中国の軍事拡張に脅威を感じている周辺国との連携、友好関係、経済協力をもっと強化するいいチャンスです。

中国の経済成長は、曲がり角に来ていますが、今回の問題でさらに減速して行くでしょう。中国企業の株価も3年間で3割下がっています。日本からの資本凍結される恐れも十分あるので、先日持っていた中国株の投資信託をすべて解約しました。共産党幹部、関係者に蔓延している汚職に対する庶民の不満も爆発寸前で反日にそのエネルギーを誘導していますが、かならずいつかは反体制運動の動きになって行くでしょう。

ノーベル平和賞受賞作家の劉暁波氏はいまだ獄につながれたまま、チベット、ウィグルでも暴虐のかぎりを尽くしている中国共産党をなぜ日本の左派の大部分は非難しないのか?不思議です。


33. 2012年10月06日 11:28:55 : EIvbKAl1nF
>>31

問題自体を解決する方向に向かわせないで、「関心が深い」もクソもなかろう。

まして、ここは戦後アメリカが統治し、今も演習場を置いている、歴とした当事者。

「日米安保の範囲」というなら、当然、「尖閣は紛れもなく日本領だ」と言わねばならないのに、肝心なところはあいまいなままにしておく。

カモにされてるのが、まだわからないのか? ウヨは。

>>32

中国脅威を言うのはいいが、アメ公のむごい所業も、ちゃんと見ましょうね。東南アジアのイスラム諸国は、アフガン・中東・アフリカでのアメ公の所業もちゃんと見て、バランスとってますよ。


34. 2012年10月06日 11:46:44 : s3vzXhnNp2
>>31
>自衛隊が出たら中国はそれを口実に攻めてくる可能性はあるよ。
だからこそアメリカ空母が2隻も出てきて自衛隊出動を無用化させた
(これは同時に中国側の軍事増強の牽制にもなるので、日本側にとってはきわめて有利な体勢になったともいえる)


その通り。

世界最大の米国の軍事力をチラつかせて、中国の軍事暴走を防止させる。
それが今回うまくいっているということ。

これぞ日米安保の力であり効果だ。
  


35. 2012年10月06日 12:43:30 : HVBP18IwL6
>>34
中国側の軍事増強・尖閣占拠が抑えられたということは当面は日本有利だが、
ネガティブ側面もあり、>>19にも書いたようにアメリカは自分のコントロール外の日中対決を許さない可能性が高い、ということでもある。

>>33
>>19とここでも申しましたように、アメリカがコントロール外の日中対決を許さない、ということはすでに日本がカモにされている、ということを言外に意味しているのですが。


36. JohnMung 2012年10月06日 13:54:42 : SfgJT2I6DyMEc : cmcaoctsBY
34. 2012年10月06日 11:46:44 : s3vzXhnNp2
    ↑
 ID= s3vzXhnNp2は真相の道の自作自演。ハンドルネームを「真相の道」として、堂々と書き込めばいいのに。姑息なことをやるから、馬鹿の2乗3乗になるのだ(=恥の上塗りってこと)。アポサクリンくん。

37. 2012年10月06日 15:01:42 : Ah41BQwoJQ
経済的な側面を考慮しない、軍事ストーリーを予測してみるとどうなるか?

もちろん現実には、日本はもとより中国・アメリカ・そしてEUなど殆どすべての国々は東アジアでの紛争を避けるべきだと考えそのように行動するのが、メインストーリーだとは思うが、あえて軍事的側面のみを考えてみる。

中国軍にとって沖縄から広がる東シナ海において中国の軍事的関与があった場合、アメリカ軍が砲火を交えるか否かは実際に軍事的な緊張からアジア諸国と中国が交戦状態になってみないと判らない。

そこが核兵器の使用と同じで、米軍の抑止力とは実際に兵器を使用するかどうか未知数の要素によって成り立っている。

キューバ危機の際に、米ソとも相手の行動がどう出るか判らないという不安感から
軍部は強攻策を進言した。しかしぎりぎりで危機は回避できて核兵器は未使用に終わった。
その経験を経て米ソの首脳レベルでのホットラインが施設され首脳がお互いに相手の真意を探りあうチャネルができた。

東シナ海はキューバと異なりアメリカへの直接的な脅威とはならない。

しかし仮に中国の軍事的圧力にアジア各国が圧倒されて押し黙ることがあった場合に、アメリカ軍が中国軍と直接対決しないという結果が仮にでたとすると、当該地域の軍事・経済の覇権は長期的に中国の手に渡ることになる。

アメリカにとっていかに国力が衰えたとはいえ、アセアンという成長セクターから引き下がるという選択は米国政府内でメジャーな主張とはなりえないと思う。

そこで米軍は空母を初めとする軍事力を紛争地域に派遣し、圧倒的な軍事プレゼンスを実行すると予想される。

<現在米軍の空母が覇権されているのは、そうするというメッセージである>

そのような事態になった場合は、キューバの時とは異なり米中間の対話チャネルは多様に存在し小競り合い程度で双方とも軍事行動を凍結するようなシナリオがメインとなる。

仮定の上でのはなしだが、中国軍が日本に軍事的な行動に出た場合米軍と自衛隊がどのような対抗措置をとるかどうかはその状況による。

中国の軍事行動が海上での領海進入となった場合には短期的には双方砲火を交えたあと、停戦となる可能性が大であろう。
しばらくは、経済面での打撃の回復に世界は専念することになろう。


38. 2012年10月06日 15:55:54 : kXc3ZjhPFc
投稿するアホに
答えるアホ

アホとアホとの馬鹿し合い!(笑)


39. 2012年10月06日 16:02:23 : SYBnefOvOA

「尖閣は日本領」← この一言が言えない宗主国の不思議


wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


40. 2012年10月06日 17:08:24 : 0EopofEgjc
>>38

そういいながらこのスレ開いてレスしてるオマエも立派なアホw


41. 2012年10月06日 18:04:05 : keq01DgxRw
同じアホならレスなきゃ損っ、損っ♫

42. 2012年10月06日 18:21:18 : TvGRkXl8k6
死にそうな道
死にそうな道
死にそうな道

43. 2012年10月06日 19:19:39 : jHxwdRScDM
アメがポチポチ降って来た。

44. 2012年10月06日 19:27:08 : JrDtJFmJVk
☆真相の道 お笑いコーナー

今回は、食いついたら話さない・小沢ネタではなくて・売国奴建前日米同盟賛美ネタです。しかし、狂犬ぶりを発揮する小沢ネタではなくて、日米同盟だと勝手が違うようです。あんまり笑わせていないですね。言葉遣いも違っている。選手交代?なぜ?つまり、いろいろ引き出しのあるヤツなんです。さぐりも兼ねているのですね。
日本の尖閣問題特別拠出金目当てに、第二、第三の石原が控え室で待っているのです。
有難いことに日本国民の正統な主張を、主権者として徹底して展開してくれている沖縄県民の米国干渉排除の意思が、本土全体に拡大することを恐れているのです。沖縄は本気です。日本で一番立派です。
だから、国民の沖縄の関心が、沖縄の人達の自分達の社会を守る見習うべき、尊敬すべき意識の高さ、本当の強さや正しい連帯感というようなことは、すべて外してこのような、飯の種探しの意識調査の設定になるということです。

次のアメリカの自作自演は、何処でどんな規模でおこるか?
世界は米軍の懐具合を知っている。

もうアメリカと言う国(悪いのは政府だが)のことを、まともな相手として扱うことはないのだ。
兵隊の給料は遅配間近、戦闘機も艦載ヘリコプターも輸送船もガス欠間近。
米国民の三分の一がフードスタンプで生活している。すでに国民監視社会。貧しい市民は病院に行けずに死んでいる。増えるホームレスは次の冬には何人死ぬのか。ドルを増刷すれば、それが生活が苦しい国民のもとには行かずに1パーセントの強欲な富者達のもとへ消えていく。

☆オバマーにより、大統領独裁制完成。
市民のネット監視権限成立、大統領が非常事態に総ての資源水食料労働力のコントロールを手中にする大統領令発令。NDAA裁判無しでの国民テロ容疑無期限拘束、人口地震軍事兵器使用に、天候改変軍事兵器使用、TPP世界各国経済破壊、ロン・ポール議員へのあからさまな大統領選の常軌を越えた妨害他多数。

全世界に展開している米軍の大部隊は大食い部隊。毎日毎日途方もない金額の維持費を必要とする。CIAがアフガン、南米、ミャンマーの麻薬で稼いではくれるが全然足らない。

獲物に飢えたモンスター。このモンスターは数千発の核兵器と共に必ず大暴れする。それは必ずおこる。日本はこういう者との関わりを解消しなくてはならない。

失業者は米軍の軍人達に深刻である。
仕事がないよー!
その仕事はなくて良い。
殺し合いはないのが良いに決まっている!

真相の道は直球勝負情熱一本槍星飛雄馬ではなくて、ゾンビ演出家の作り出した役者ということです。
今まで自身の立場を出さずに・小沢食いつき一本なので、突然、豹変して日本の国益立場に立ち、物を言いだしたので、少し笑えました。きっと顔が照れくさそうなはずです。
 
大量死人製造以外に能がない、世界最悪、歴史上最悪、☆超無駄飯食い☆資源浪費☆平和破壊者の米軍とNATOは地球上にはいりません。ここ数年間は、大虐殺ですね。
日中韓台の今後数十年間の火力発電のエネルギー供給は尖閣共同開発で賄われるので、アジアはすべて脱原発推進。おじゃま虫米国利権強奪団は、お引き取り下さい。
末端者の悲劇、喜劇役者真相の道が、そういう日本ばかりではなくて、アジア全体の平和の破壊者連中の傭われの末端だと、みんな知っています。そういう文法しか使えません。破壊者と善人の関係の亀裂は、途方もない幅広い巨大な溝になりました。もう文明の最大の巨大歯車は、悪人達が失敗するように動き出しました。



45. 2012年10月06日 19:34:29 : TbOzAyGfGc
詳しいことは分からないが、少なくとも現時点で判断する限り、尖閣問題は日本にとってプラスに作用した面がある。
親米で対日強硬派といわれる次期国家主席の習近平が親日派・胡錦濤から実権を奪われ事実上、失脚したことだ。反日デモの責任を取らされたわけだ。
それにしても日本には石原のような自称保守(実はアメリカの飼い犬)という似非保守が多過ぎる。
尖閣問題、実は石原と米国親中派?と親米・習近平が仕組んだ猿芝居ではなかったのか?そんな気がする。だが、日本にとっては都合の悪い習氏が結果として失脚してくれた。まだ国運が残っているということか。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK136掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK136掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧