★阿修羅♪ > 議論31 > 507.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
バノンとトラ大の戦略上の違いは対中国政策ではないか〜この違いの歩み寄りの程度が閣外協力の質をきめるか
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/507.html
投稿者 仁王像 日時 2017 年 8 月 25 日 20:53:01: jdZgmZ21Prm8E kG2JpJGc
 


http://www.asyura2.com/17/cult18/msg/483.html#c1

(上の拙稿コメを一部補足して再掲)

 改めてこの要約部分を読むと、バノンを巡るポイントは3番と思う。この一文の副島の書き方には疑問がある。
 「アイソレイショニストで、いくら国内問題が優先だとしても、(外国に軍隊を出さないことは)世界との整合性で問題が出て齟齬が起きる」というが、後半部分が分からない。

 二人とも世界から兵を引くという大枠では一致しているのではないか。アフガンへの兵力の微増などは、押したり引いたりする過程の一現象で大きな流れは変わらないのではないかと思う。
 だがバノンは中国とは(軍事的ではなく)政治・経済的にはは張り合おうとしていると見られる。この点、トラ大は米国経済活性化のために中国に大幅な経済的譲歩を迫っている。ここは二人でちょっと違っている。

 13番では、「バノンは、世界戦略家を気取って(いるが)、能力が足りない」としているのは、上に議論したことには直接関係ない(もっぱらヒラリーをひっ捕らえる課題での発言)。

 バノンとトラ大の戦略上の違いは対中国政策ではないかと思う。この点でバノンがどれだけトラ大に歩み寄れるかで、閣外協力の質も規程されてくるのではないのか。
 田中宇の指摘する「米覇権の解体」とバノンは少し異質である。

 (関連)
http://www.asyura2.com/17/cult18/msg/484.html#c1
http://www.asyura2.com/17/cult18/msg/485.html#c2

・バノン辞任と米国内紛の激化〜トランプやバノンの目標である米覇権の解体が進む/田中宇
 http://www.asyura2.com/17/kokusai20/msg/395.html
 投稿者 仁王像 日時 2017 年 8 月 22 日 20:03:59: jdZgmZ21Prm8E kG2JpJGc
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 議論31掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
議論31掲示板  
次へ