★阿修羅♪ > 議論31 > 559.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
人生は楽しくないのかも
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/559.html
投稿者 お天道様はお見通し 日時 2017 年 12 月 11 日 20:56:15: I6W6mAZ85McLw gqiTVpO5l2yCzYKojKmSyoK1
 


人生は楽しくないのかも



今実際世の中で一体何が起こっているのかを知ろうとする姿勢を持ち続ける事は、確かに重要であろう。 だがどうも人々の視点は個々の現象に因われ、次々と起こる様を事後追認しているだけではないのだろうか。 一個一個のピースをつなぎ合わせ全体として浮かび上がってくる絵を見ようとしたり、別の角度からそれぞれを見直したりする作業についても、それらに取り組んでいるような人は、非常に限られている気がしてならない。 


だから人がみせる反応も、多くが感情に訴えたものとなりがち…。


そこにあるのは、モリ・カケでも、エルサレム首都宣言でも、陰謀論でも何でもない。




https://twitter.com/yab887/status/939780768909312000


大局的に横たわっている結果としての現実は、地球上のあらゆる生物の中で唯一相互にコミュニケーションでき、思考できる最上種であるにもかかわらず、そういう神の意図に反して、個々の内にある自己中心性と煩悩の実現のために、進んで環境を破壊し、他種を絶滅に追いやり、同種間の殺戮も厭わない致命的に堕落・腐敗した、非常に稚拙な行為の積み重ねに他ならない。


そういった将来性の破壊をやめられない事に、人間の一人として、同じ命を授かった存在の一つとして、恥辱と絶望しか感じることができない。
 


故に義と愛を説いた神ですら、最終的には黙示録が示すようににこの種をお許しにならないのではないのだろうか。



https://ameblo.jp/dragon-excalibur/theme-100959851...


振り返って見ても、信じれば救われるなどと言って、原罪や悪魔へと責任転嫁し、尚凶悪をやめようとしないのは明白であるから、当然の報いなんだろう。



自分一人だけ楽しいのでは、いけなかったのだ。
人生は楽しい。





裁きを受けることで、他の物言わぬ弱者が救われるのなら、それを強く望みます…。


エーメン


オリジナル



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年12月12日 02:27:06 : UaM7rfsSzM : xT_ZpGXQLbE[156]
であれば、人間は文明を築け得なかったということだすのん。

「自分の歩みを導くことさえ、歩んでいるその人に属しているのではありません」。(エレミヤ 10:23)


2. ウソツキヨタロウ[2] g0WDXINjg0yDiINeg42DRQ 2017年12月13日 13:40:02 : uwtN7RNtEo : cj7mdd9QIwM[2]

どこまで真面目に考えていたり悩んでいっるのか分かりませんが、書き込みも少ないようだし、この阿修羅サイトを読んでいても、この投稿で述べられている内容の重要な視点が無いために、ネット世界という暗闇の荒野で叫び愚痴を言っている以上の意味を持ってないことを知らない方が多いいと思うので、人目を避けて話したいと思います。

といっても長々と書く訳にも生きませんので、重要な要件や視点について話したいとおもいます。

1,ヒトは単独個人の存在です。ですが同時に「ヒト」という一般的意味と不可分の存在です。
2,神や仏陀やキリストなどは、学問や学校がない時代の総合知性だとか人間と自然界(宇宙も含む)を捉えるための思想だったといえます。
3,現代では学問も分化して様々な学科があり、学校もあるようなってきました。ようは人類全体の知性の大増殖と進歩の歴史段階まで進んできました。(人口知能獲得
の段階で世界的人類史的大革命の時代に入ってみました。)
4,ヒト(個人)は全知全能の神のような知力と肉体的力を持っていません。皆さんの日々の一日を考えても、自分が住む家と、学校や職場に通う範囲(そこからやや離れた地域に行くことも含めても)わずかな範囲を動き回っているいるだけです。
私や貴方がたも、社会と呼んでいる世界(蟻の社会とか世界と言いう意味程度の世界)とはまるで関わりないような、特殊的な狭い地域空間で生きてているだけです。つまり貴男が今日生き、動き回った時空(時間と空間)を共にしたヒトは誰も居ない、世界中の人々や人類とは別な、全く個別的特殊な生き方をしていた訳です。
しかも明日も一年間も、一生も、同じように生きているだけです。
5,しかし人類としての、日本社会の住人としてのヒトです。他社と関わることで社会的人類史的世界的なヒトとなれるのです。
6,個人は、日々特殊な、そういった意味では個別的な個性的なヒトで、なおかつ人という生物として目は前にしか付いていないために、一日の半分だけ(前に向いて見えている分だけ)目にしているだけで、後ろは見えて居ないし見えないで、また見ないで1日をいきているだけです。しかも勉強や仕事などをしている時は、目先の一部分を見ているだけで、他の、貴男がいる他の空間全部が見えていないのです。

7,こうしてヒト個人は偏狭な(偏って狭い)認識(知識とか意識といってもいい)しか持つことはできません。
こうして私達だれもが「社会」とか言っているものは新聞とかTVなどが書いて見せるものを社会と言っているのです。
8,だからそれは現実の社会と同じモノではなく、私や貴男たちと同じように生きている(個人的に生きている)新聞TV記者と記者たちの狭い意識の社会観で見た、歪んだ社会像なのです。つまり彼らが描く社会像は虚像であり虚構の社会なのです。「世界」といい表しているものも同じです。

9,ヒトと社会と世界はこういったモノだし、このような関係にありますので、正しくヒトや社会や世界を見るためには、世界中の人たちの実体験を集めて、また積み上げて、されに検証して掴んだ、社会学という学問が必要になってきた、なっているのです。

10、ところが、残念なことに以上の事柄を自覚した学者と学者たちは、ほとんど居ないのが現状です。むしろそのようなこととは関係なく、政党に擦り寄ったり(竹中平蔵や様々な政府委員会の委員だったり)って、名声欲と経済的欲、性欲などで生きている「学者」が多いのではないでしょうか。

11、結論、貴男たちは以上の事柄を検証して、本物の学問(特に社会学系=哲学{は絶対的学問中の学問}・経済学・政治学・法学・史学の概論だけでも)を見つけ、それを身に着けなければ、真実味のない虚構世界に閉じ込められ、その中を徘徊するだけの、空虚な人生を送ることになるのです。
上の出題とテーマは、そもそも以上のよう内容を含んだ出題なので、上の初歩的勉強をしなければ正解答はでません。実際は当面は誤った解答しかでないのですが、徐々に経験値を積みながら真実の学問に近づいて行くことになるだろうと思います。

疲れたので校正添削はしませんので、あしからず。

9,こうして


3. 2017年12月24日 08:09:55 : Q7Xo3PPOrk : CNPmh385SmA[244]
根源てき問題を考えてください、結論がでるかどうか。

「自分は何のために、どうして生まれてきて、どこへいくのか」

「自分てなに WHO AM I 」

by ラマナ・マハリシ(インドの聖者)

聖者になれば真理がわかる。凡人は霧の中、闇のなか、無明の中にいる。


4. 2017年12月24日 08:55:51 : Q7Xo3PPOrk : CNPmh385SmA[245]
荘子「秋水」の最後に次の一節があります。

ある時、荘子(紀元前四世紀頃)と恵子(けいし)が川のほとりを散歩していました。

恵子はものしりで議論の好きな人でした。

荘子;魚が水面に出てゆうゆうと泳いでいる。あれが魚の楽しみだ。

恵子;君は魚じゃない。魚の楽しみがわかるはずがないじゃないか。

荘子;君は僕じゃない。僕に魚の楽しみがわからないということがどうしてわかるのか。

恵子;僕は君でない。だからもちろん君のことはわからない。君は魚ではない。
だから、君には魚の楽しみがわからない。僕の論法は完全無欠だろう。

ひとつ、議論の根元にたちもどって見ようじゃないか。君が僕に「君にどうして魚の楽しみがわかるか」ときいた時には、すでに君は僕に魚の楽しみがわかるかどうかを知っていた。僕は橋の上で魚の楽しみがわかったのだ。


 荘子は魚の楽しみまで分かった人でした。

 魚が楽しめるのに、人生は楽しくない

 なら魚にでもなろう。 荘子でも勉強してみよう。


▲上へ      ★阿修羅♪ > 議論31掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 議論31掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
議論31掲示板  
次へ