★阿修羅♪ > 原発・フッ素30 > 234.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
福島県郡山市で出生率激減! 赤ちゃんになにが起きている?(税金と保健の情報サイト)
http://www.asyura2.com/13/genpatu30/msg/234.html
投稿者 魑魅魍魎男 日時 2013 年 2 月 10 日 16:14:17: FpBksTgsjX9Gw
 


http://www.tax-hoken.com/news_awHw1qcQxc.html
(税金と保健の情報サイト 2013年2月9日)

「出生件数が3分の2に」
福島県郡山市で福島第一原発事故後、新生児の出生数が激減していることがわかった。
同市のHPにアップされた人口動態によると、2013年1月の出生数は2011年1月に比べ、34%も少なかった。

「圏内でも際立つ出生率の減少率」
福島県郡山市では1日、1月の人口動態をHP上で発表した。「出生」は197件で、2011年11月の297件に比べ、
約2/3にまで減少している。2012年1月には202件だったことから、震災後の減り方が大きい。

県全体を見ても、2011年1月に1303件あった出生数が、2013年1月には1097件と15.8%の減少が確認できるが、
郡山市の減少率は倍以上だ。同じく震災で被害を受けた宮城県では、一時的に出生数の減少が見られたものの、
その後は回復している。

「人口は減っておらず、原因は不明」
郡山市で出生数が減少している原因は、実はよくわからない。人口総数は2010年1月の33万8903から
2013年1月には32万8,158人に減少しているが、減少率はわずか3.2%にとどまる。

福島第一原発事故による同市の汚染はひどく、土壌における汚染は、チェルノブイリ事故の際
「強制避難地域」に指定されたルギヌイ地区と同等とも報告されている。

出生数の減少が、放射性物質による汚染のせいか、あるいは汚染により心理的なブレーキがかかっているものか、
疫学的、社会学的な調査が必要だろう。


----(以下 コメント)-----

出生率が短期間に1/3も減少するとは普通では考えられません。
チェルノブイリでも事故後、出生率が15年間も減少し続けました。

おそらく被曝による不妊、流産、そして中絶が福島でもすでに始まっている可能性があります。

自然界では、昆虫や鳥など繊細な小動物から被曝の影響は顕在化していきますが、
人間でもまず胎児、新生児、幼児という弱い順に被害が広がっていくでしょう。

何度も繰り返しますが、とくに、これから子供を産む予定の人、小さな子供さんがいる人は、
一刻も早く汚染地帯から避難するようおすすめします。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年2月10日 16:33:22 : UXKjQTYwdw
民主党の細野豪志幹事長の次女が6ヶ月も早産で昨年末亡くなっている。
http://www.asyura2.com/13/senkyo143/msg/640.html

天罰云々言う人がいるが、これはまさに被曝の影響じゃないのか?

彼は2011年11月に福島第一を視察して、かなりの被曝している。
その後に出来た子だ。

すでに精子に重大な損傷が生じているのではないだろうか?


02. 2013年2月10日 18:18:00 : 8tFWC3ExoM
福島はダイジョーブ山下と犯罪政府、マスゴミがこぞって「放射能はまったく問題ない」と県民を延々と洗脳しまくり、原発マフィアとその工作員どもは福島には何の問題もないと言い放っているうえ、県民も洗脳でその気になって「福島の食品は安全です、頑張ろう福島」などと言っているのだから、福島県民には放射能によるストレスや精神的問題など何もないんだろ? また賠償対策もちゃんとやっていて県民を虐待してるようなこともしてないんだろ? 
え、「福島は安全です」の原発マフィア一味と工作員ども違うか?

だったら、人口減ほとんどないということだし、福島に放射能以外の毒が大量に出回ったり重大な疫病が蔓延したりなどという話もないし、上に述べたようにストレスや精神的なものでもないようなのだから放射能以外の原因などどこにもない。

出生率激減の犯人は放射能に決まってる。


03. 2013年2月10日 18:26:28 : qAos7KsauM
体の問題もあるかもしれないけど、みんな子供を作ることに躊躇してるんじゃないかな。

04. 2013年2月10日 18:49:42 : 8tFWC3ExoM
>>03

だから>>02で書いてるだろ。ストレスがなければ躊躇もないだろ? 笑


05. 2013年2月10日 18:58:19 : PKGkYtkLoA
無脳の胎児や先天的に知能の低い新生児ができると困るな。心臓、腎臓、肝臓も生まれる前から壊れていたりすると困ります。イラクの新生児のように眼球異常の子供ができると困る。子供を作ったりすることを躊躇する汚染地域に生計を営むことの困難を

06. 2013年2月10日 19:00:05 : j842ZhnBMA
そのとおりですね。安全・安心で元気なら,以前と同様な生活が送れているはずです。

少なくともそれは否定された,ということは認めざるをえないでしょう。

原因は,以下のどれかでしょうが,これだけのデータでは確定できません。
・医学的理由
・出産を考える女性が避難したから
・結婚・出産・子育てが以前より困難になってきているから

どの要因かによって,適切な対策は異なるでしょうが,いずれにしても,
精神的な影響も含めれば,安全・安心・元気なわけではないでしょう。


07. 2013年2月10日 19:03:59 : yWJRFD9wyQ
地元の産婦人科の先生たちのコメントを聞きたいですね。
出生率よりも、流産が増えているかどうかや、健康な子供が生まれる確率が減ってないかがきになります。

08. 2013年2月10日 19:08:52 : PWf02BQFjX
06>・出産を考える女性が避難したから

→ 出産適齢期(25〜35歳)の女性の避難による減少率は12%程度。34%もの大幅な低下はこれだけでは説明が難しいです。


以下のHPが参考になります。

福島県郡山市の赤ちゃんが34%減った!(2013年1月)
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/blog-entry-601.html


09. 2013年2月10日 20:58:53 : 8ccYsvH7uo
放射能の影響が早いなー。

チェルノでもそこまで多くなかったでしょう?

やっぱ、被爆量が違うんだろうねー。この先の未来が怖いわ。


10. 2013年2月10日 22:02:18 : usGaOpeTAA
>同じく震災で被害を受けた宮城県では、一時的に出生数の減少が見られたものの、
その後は回復している。

2010年度(平成22年度)と比較すると、宮城県も回復しているとは言えない。
宮城県の出生数
2010年度 19126人 
2011年度 18062人 
2012年度 18433人
http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/81-1a.html
http://www.pref.miyagi.jp/uploaded/attachment/123413.pdf

福島県の出生率は、比較ができないように、変則的な期間を採用している。
よって、2012年度の正確な出生数を知ることができません。
>・市町村別人口動態 (平成23年3月1日〜平成24年12月31日移動分)
http://wwwcms.pref.fukushima.jp/pcp_portal/PortalServlet?DISPLAY_ID=DIRECT&NEXT_DISPLAY_ID=U000004&CONTENTS_ID=15846


11. 2013年2月10日 22:36:07 : usGaOpeTAA
事故を起こしたチェルノブイリ原発から30キロ圏内にポレスク地域があります。
Cs−137によって、74万〜222万Bq/u汚染された地域です。

千人あたりの出生率の変化。事故後5年間は、事故以前と比較すると出生率が15%減っています。1991〜2000年の出生率は、事故前に比べて24%減っています。
1981〜1985年  15.9人
1986〜1990年  13.5人
1991〜2000年  12.1人
http://www.asyura2.com/12/genpatu29/msg/284.html#c7

このポレスク地域で何が起きたのか、ヤブロコフ、ネステレンコ両博士共著「チェルノブイリ」で、探してみましょう。まとめですので、ページ数は表示しません。

1990年の調査では、採集された昆虫の22%に奇形が認められた。

新生児の出血性疾病の率が倍以上になった。

この地域の母親から生まれた新生児では、非感染性呼吸器障害が、9.6倍高くなった。

先天性感染は、2.9倍増加した。

妊娠中、あるいは妊娠後の貧血を含めて、婦人科疾患の割合が高くなった。異常出産も増えた。

妊婦、産科患者、新生児、あるいは子どもにおいて、周産期脳疾患が、2〜3倍増加した。同じく感覚器官の発達障害も見られた。

新生児の先天性白内障。

死産が有意に増加した。



12. 2013年2月11日 00:47:58 : UXKjQTYwdw
ウクライナとベラルーシの出生率、人口自然増減率、死亡率の変化。
両国ともほぼ同じパターンで変化している。

http://www.inaco.co.jp/isaac/shiryo/genpatsu/ukraine1.html
http://www.inaco.co.jp/isaac/shiryo/genpatsu/ukraine2.html

IAEAは、飲酒、エイズ、貧困、経済混乱などが原因としているがデタラメだ。
同じパターンで人口が減少しているのは、チェルノブイリ周辺国だけ。
チェルノブイリ事故の影響であることは明白。

ちなみに1950-60年代の減少は、核実験の影響ではないかと言われている。


13. taked4700 2013年2月11日 04:06:16 : 9XFNe/BiX575U : ryR1zb2DRQ
風疹の流行も関係あるのではないでしょうか。つまり、風疹による胎児異常という口実をつけて出産をあきらめさせることが大規模に行われている可能性があると思います。


風疹などのウィルス感染病は人工的に罹患させることが可能だと思います。


14. 不乱坊 2013年2月11日 06:20:54 : kbTBOGSw0930o : hbxBExj39Q
>11 1990年の調査では、採集された昆虫の22%に奇形が認められた。
福島を調査した欧米の昆虫学者のレポートを、youtubeですが、元は一般の番組で流した映像を、皆さんも
ご覧になってますよね。
行政側はチェルノブイリより被害が小さいと思わせたいだろうが、人間の子どもにも被害が及ぶと考えるのが
当然なのだ。想像したくはないが、阿鼻叫喚地獄が訪れそうだ。

>13 風疹などのウィルス感染病は人工的に罹患させることが可能だと思います。
私もそれは感じてます。なにか疾患を招きかねないもの人為的に持ち込まれて
いないかと疑うのは、決して大げさとは思いません。
さすがに、セアカゴケグモで疑ったのは、勘ぐり過ぎと自嘲しましたが。


15. 2013年2月11日 08:42:44 : U1ZAYwXEMQ
子供の放射線感受性は大人の10倍20倍、胎児は数千倍(カルディコット博士)。
ですから、こういう結果は当然予想されたことで、生まれてからあとも、知能の発達
遅れ、小児の白血病の増加などおこります。

細野さんのお子さんについても、本人自身が疑いを持っておられるでしょう。がれきの
拡散、焼却で全国にその累を及ぼした責任を自覚してくれるとありがたいのですが。


16. 2013年2月11日 09:06:16 : qfCSGjnTxk
福島県で出生率が大きく低下しさらに郡山ではさらに低下している事実。

人口の低下以上に極端に下がっている。

放射能の影響以外にこの数字を合理的に説明できる材料はない。


17. 2013年2月11日 09:30:16 : 2sYTZ5DPGg
でも、なんで郡山なの?福島県のほかの地域ではなくて?

18. 2013年2月11日 09:51:39 : PWf02BQFjX
17>>福島市でも出生数は減ってるよ。

福島市 人口動態
http://www.city.fukushima.fukushima.jp/soshiki/1/24.html

21 2474
22 2417
23 2171
24 1935


19. 恵也 2013年2月11日 11:59:39 : cdRlA.6W79UEw : cHlTB9tfiE
>>03 みんな子供を作ることに躊躇してるんじゃないかな。

それなら福島県全体で平均して減らないとおかしい。
郡山市でだけこんなに減った理由は、郡山市だけの理由があるはず。
常識的には福島市や二本松市も同じくらい減ってるはずなんだけど・・・


20. 2013年2月11日 15:15:18 : PWf02BQFjX
福島県人口動態
http://wwwcms.pref.fukushima.jp/pcp_portal/PortalServlet?DISPLAY_ID=DIRECT&NEXT_DISPLAY_ID=U000004&CONTENTS_ID=15847

の数字から、2010年と2012年の出生数の減少率を比較してみた。(震災直後の影響を除外するため、以下の期間の総計(4月から12月まで)でとりあえず比較。)

県北(福島、二本松、伊達) 約20%
郡山 約17%
いわき 約13%
会津 8%

放射線量の強さと出生率の減少率に相関があるように見えるのは気のせい?
ぞっとした。ある程度の期間の平均でみれば、郡山市だけに特異な現象でもない様子。福島市や二本松市の方がむしろ深刻かもしれない。放射線量との関係を調査した方がいいと思う。

気になる人は元データにあたって解析ください。

 出生数
     2010.04〜12  2012.04〜12   Δ   減少%
福島市  1843     1469      374    20.3
二本松市 331     259       72    21.8
伊達市  310     249       61    19.7
郡山市  2352     1960      392    16.7
いわき市 2055     1783      272    13.2
会津市  1491     1371      120   8.0


21. 2013年2月11日 21:01:25 : SEdV4UsTss
>福島県郡山市で出生率激減! 赤ちゃんになにが起きている

出生率激減なら、赤ちゃんに何が起きてるのではなく、
親に何が起きてるかだよ。こども作ることが不安なんだろ。



22. ラック 2013年2月11日 22:44:04 : nYiQ9McFNZt/. : kQuQV8QK5k
昨年末の出生前診断の話題も、放射能問題への布石かもな・・。

23. 2013年2月11日 22:44:57 : gaKaVynbXk
2012年度の宮城県の死者数は、震災関連の死者行方不明者を除いた2011年度の死者数より102人(0.46%)増えている。

2010年度 21932人
2011年度 22267人*
2012年度 22369人

*33975人から震災による死者行方不明者11708人を引いた数
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%A4%A7%E9%9C%87%E7%81%BD%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E6%AD%BB%E8%80%85%E3%83%BB%E8%A1%8C%E6%96%B9%E4%B8%8D%E6%98%8E%E8%80%85%E3%81%AE%E6%8E%A8%E7%A7%BB


24. 2013年2月12日 00:37:17 : TyrIWQLPq2
出生率が下がるのは当たり前でしょう。

愛知県在住ですが、2011後に一時鳥が減少しました。カラスさえ例外ではありません。ほとんどの鳥が、20011年の冬にはいなくなりました。毎年食べられる南天やその他の赤い実が、春になるまで残ったままでした。

うちの近所のカラスの寝蔵では、冬にはうるさいほど泣いていた物が、全然声がしなくなりました。群れになって飛んでいたのも、全く見なくなりました。本当に静かな冬でした。経験したこともない静かさで、レイチェル・カーソンの沈黙の春が来たようでした。

暖かくなって少しづつ鳥の声がしだしましたが、それまで見たこともないような鳥でした。カラスも、以前の物とは種類が違っているようでした。

チェルノブイリの立ち入り禁止区域の調査では、事故以前の動物は死に絶えて、別の地域から、同じ種類でも事故以前とは遺伝子的に違った動物が来て繁殖したと聞きました。同じことが、日本でも起こっているのでしょう。

だとしたら、人間の出生率が減少しても不思議ではないでしょう。いいえ、当然でしょう。これから、他の地域でも人口減少は顕著になるでしょう。


25. 2013年2月12日 10:13:14 : BL2K9P7cYo
>東海地方在住だが24さんに同意。2011後の春は毎年庭にやってくるほとんどの野鳥が来なかった。毎年来ていたメジロ、ウグイスは一度も来なかった。来たのはヒヨドリのうち特に体の大きい1羽だけ。それもいつも一緒だったつがいはいないまま。彼は今年もやってきた。まだ独り身みたいで寂しそうだ。
最近、ヒヨドリの集団が我が家の餌台に来るようになったが人間に全く慣れていないみたいなので今までのとは別の集団だと思う。いまだ独り身の彼に春が来ることを祈っている。

26. 2013年2月12日 10:20:38 : LTcTLX00os
>>20の労作感謝。結構面倒なことですもんね。

27. 2013年2月12日 12:46:00 : KmmO5LDDdU
いつものように日本政府が嘘ついたり誤魔化したり隠したりするから、真実は不明なままだ。そもそも日本政府の情報など信用信頼できない、すべきでないから、無視すべきなのだろうが、それにしても、新しい生命の兆候が消えた福島に未来などないということになる。福島人は心の底から憤り、このバカデタラメ日本政府に責任とらせて対策立たせるべきだ。

28. 2013年2月12日 13:07:07 : UXKjQTYwdw
政府・自治体は平気でデータの改ざんをするから、そのまま信じるのは禁物。

この出生率が2/3になったという情報も、実際はもっと減っているのかも知れない。
人口も急減しているのではないか?

被害は数十万、数百万人という規模になるから、いずれは誤魔化せなくなるけれどね。


29. 2013年2月12日 13:21:18 : VHU2r8VcPA
住民票移してないだけじやねーの?

30. 2013年2月12日 15:54:15 : xJHdiDE4wQ
流石は、「放射脳」による現状認識と結論!

31. 2013年2月12日 20:08:33 : txCh9TZAIw
米軍に放射能テロ攻撃されてる戦争だぞ。64年間敗戦以来続いてる戦争だ。歯を食いしばって性根を入れろ。どんどん米軍に米国偽humanismにやられてほろぼされてるんだぞお。減らされるんだぞ。気合を入れろ。

32. 2013年2月12日 20:19:00 : txCh9TZAIw
出来る人は、エライさんの県知事、市長、役人を大量障害と傀儡の外患誘致で告発するべきじゃないのか。このままだと殺されて終わりだろ。突然死が多いだろうが。

遺伝子を傷つけられたら何代も片輪がでるぞ。半島人の近親相姦の遺伝子損傷の逆恨みの妬みで、、放射能攻撃で日本人の子供や妊婦の遺伝子を損傷させられたのじゃないのか。この日本人を汚染させて遺伝子を傷つけてる連中の正体は誰なんだ。米人だけなのか。ほかの人間はいないのか。放射能テロ攻撃をしてるのは誰かを探らんといけんだろうが。世界政府、国連の人口削減担当者が主犯なのか。敵の正体を突き止めろ。米軍は手代だろ。


33. 2013年2月12日 22:48:53 : vPWeIoVONk

心理的なものだね。あと福島から移住したりね。 

34. 2013年2月13日 02:23:48 : pFPAbZypOI
出生率低下には、いろいろ原因が考えられる。
親が子どもを作ることに躊躇している、というのはあり得る話だ。
出生率低下の可能性として
1)sexを控えるカップルが増えた。(ストレスなどでその気になれない)
2)避妊をするカップルが増えた。
(生まれてくる子が心配、経済的、住環境などの理由で子どもを作れない)
3)人工中絶するカップルが増えた。
(生まれてくる子が心配、経済的、住環境などの理由で子どもを作れない)
4)自然流産、死産が増えた。(放射線の影響の可能性あり)
5)妊娠しにくいカップルが増えた。(放射線の影響の可能性あり)

 本当に放射線の影響を調べたければ、
「出生率の変化」より「自然流産の変化」を調べるべきだと思います。
大気圏核実験が盛んだったころの自然死産率を調べたところ、それ以前の2倍の数値だった、と
ある脱原発の文筆家が講演会で言ってました。
検証はしていませんが。


35. 2013年2月13日 03:45:50 : aHFHPimoso
>出生数の減少が、放射性物質による汚染のせいか、あるいは汚染により心理的なブレーキがかかっているものか、
>疫学的、社会学的な調査が必要だろう。

>おそらく被曝による不妊、流産、そして中絶が福島でもすでに始まっている可能性があります。

擬似科学を科学に見せかけるのって大変なんだなあ、とおもいました


36. 2013年2月13日 06:38:54 : bHrzMg6C7n
> 35

エートス(非科学)よりましだ。


37. 2013年2月13日 07:38:44 : syvFZWXF46
「ともだち作戦」に従事した米海軍関係者の中には、骨髄移植を受けた人がいる模様。
出血が止まらなくなった女性もいる。
http://enenews.com/attorney-tepco-please-people-dying-need-medical-care-sailor-bone-marrow-transplant-nih-another-bleeding-incessantly-audio

38. 2013年2月13日 08:39:50 : syvFZWXF46
福島県の最近7年間の死産率 自然死産率 人工死産率
2005年度 31.3 13.3 18.1
2006年度 29.1 11.2 17.9
2007年度 27.9 13.8 14.0
2008年度 27.4 14.4 13.1
2009年度 28.2 14.3 13.9
2010年度 29.3 13.1 16.3 
2011年度 25.9 12.0 13.9
http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/81-1a.html

人目で分かるのは、2011年度の死産率が極端に減っていること。
これは、何を意味するか。
死産として届出が必要な期間は妊娠12週以後に起きた場合、すなわち妊娠3ヶ月以内であれば、届出は要らない。
つまり、妊娠3ヶ月以内の早期流産が増えたことを意味している。


39. 2013年2月13日 08:40:23 : syvFZWXF46
より汚染されたブリャンスク州のクリンツィ市とノヴォズィプコフ市では、自然流産、早産の割合や低出生体重児の数が増加した。

>The frequency of spontaneous abortions and miscarriages and the number of newborns with low birth weight were higher in the more contaminated
Klintsy and Novozybkov districts of Bryansk Province (Izhevsky and Meshkov,1998).

キエフ州の高濃度汚染地域では、流産が頻発した。

>Miscarriages occurred especially often in the heavily contaminated
territories of Kiev Province (Gerasymova andRomanenko, 2002).

ドネツィク市の250組の夫婦を調査したところ、6割近い夫婦が、被曝による性的不能を経験していた。2割近い夫婦は、放射能恐怖によるものだった。
他の調査によると、467人の男性除染作業者の41%に性的異常があった。すなわち精巣からの男性ホルモンの減少、女性ホルモンや卵胞刺激ホルモンレベルの増加である。

>Among 250 married couples of liquidators observed in Donetsk City, 59 ± 5% have experienced sexual dysfunction caused by irradiation and 19 ± 3% owing to radiophobia. In an other study, 41% of 467 male liquidators
(age 21 to 45 years) had sexual abnormalities: decreased testicular androgen function and increased estrogen and follicle-stimulating hormone levels (Bero, 1999).


40. 2013年2月13日 08:55:43 : syvFZWXF46
グラフ5.9.(Figure 5.9.)は、除染作業者の家庭では、事故の翌年1987年の自然流産率が、リャザン州の平均の9倍以上になっていることを示している。
1988年には3倍程度に減っている。
http://www.strahlentelex.de/Yablokov%20Chernobyl%20book.pdf#page=122

41. 2013年2月13日 09:15:54 : syvFZWXF46
出産前死亡の主な要因は、自然流産、早産(妊娠27週までの妊娠自然中断)か死産(妊娠27周期以後)である。死産、早産の増加は、数週間或いは数ヶ月で現れる被曝の初期の影響である、とヤブロコフ博士は書き記す。

>The major observable components of antenatal
mortality are spontaneous abortions or miscarriages
(spontaneous interruption of pregnancy
until the 27th week) and stillbirths (after 27
weeks). Increased numbers of stillbirths and
miscarriages are among the first effects of irradiation,
with a delay of only some weeks or
months after exposure.


42. 2013年2月13日 10:20:23 : zSLsqyrRqk

>死産、早産の増加は、数週間或いは数ヶ月で現れる被曝の初期の影響である

まずここから始まるということですね。次は生まれてきた子の知的発達の遅れ
小児白血病、甲状腺ガン、小児糖尿病、心臓病、慢性疲労感、身長が伸びない、
…(切りなく出てくる)。また奇形児も全部堕胎できるはずもないので、目につ
いてくるでしょうね。


43. 2013年2月13日 13:39:17 : UXKjQTYwdw
>>35
頻繁にIDを変えて書き込まなければならず、工作員て大変なんだなあ、と思いました。

擬似科学を振り回しているのはどちらか。お笑いだ。


44. 2013年2月13日 16:37:28 : AcTUkrq0G2
新たに2人から甲状腺がん=福島 (時事通信) 
http://www.asyura2.com/13/genpatu30/msg/272.html

これにも安心安全なコメントをください。これも心理的な影響ですか? それともストレス?


45. mainau 2013年2月13日 17:33:34 : GgaPs4QXWLwO2 : 85rTG3hiJk
syvFZWXF46 さんの分析がためになりました。ありがとうございます。
なお染色体異常を起こしていた場合、胎児が生存に不適当なほどのダメージを起こすような異常ケースは、生後に奇形としてい存在するのは一部で、多くは流産などになります。自然そのもののメカニズムとして、生存不適当な個体がこれ以上成長しないよう、歯止めがかかっています。

46. 2013年2月13日 18:56:09 : 2EHpDo5V9E
核=核を玩ぶ殺人鬼。人工核は勝手に爆発も拡散も存在もし無い。
核と核を玩ぶモノドモはイコールであるから、
即時取り押さえ、閉じ込め、隔離が本当。
こどもでも、誰でも分る簡単、明快、単純なこと。
核を玩ぶ殺人鬼が、巷で偉そうにしている、又は、させている国民の、出鱈目。
民主主義や法治社会を守るのは、又は、犯罪社会を変化、前進、進化させる時、
歴史に於き、血を見るのが通常。命がけ。
すでに、被曝攻撃=核を玩ぶ殺人鬼による、殺傷暴力現在進行・・・現行犯。
取り押さえ、閉じ込めは、しかも、合法だ。


47. 2013年3月29日 18:46:17 : uJ7uMCaNl6
チェルノブイリでの甲状腺被曝は福島の1000倍とも言われる。
福島でチェルノブイリと同様の事態は起こり得ない。

死産率、奇形率の変化も含めてお知らせ願う。


48. 2013年6月06日 17:56:47 : 0uakbCRtKo
>>37 syvFZWXF46 さん
>「ともだち作戦」に従事した米海軍関係者の中には、骨髄移植を受けた人が
>いる模様。
>出血が止まらなくなった女性もいる。

イラク戦争で劣化ウラン弾なんか使ったんじゃないの?


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素30掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素30掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧