★阿修羅♪ > 原発・フッ素35 > 712.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
郡山高校(福島県郡山市)の生徒が急性骨髄球性白血病で入院!福島原発作業員も発症報告!一方、厚労省は患者調査から福島を除外
http://www.asyura2.com/13/genpatu35/msg/712.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 1 月 10 日 16:40:00: igsppGRN/E9PQ
 

郡山高校(福島県郡山市)の生徒が急性骨髄球性白血病で入院!福島原発作業員も発症報告!一方、厚労省は患者調査から福島を除外!
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-1544.html
2014/01/10 Fri. 16:00:04 真実を探すブログ


福島県郡山市の郡山高校に在学している陸上部の生徒が。急性骨髄球性白血病で入院しました。この生徒が2014年1月6日に呟いたツイッターによると、「今日、血液検査に言ったら急性骨髄球性白血病っていう病気でした」とのことで、かなり最近に白血病が発覚したようです。陸上部といえば、外でずっと運動をしているため、かなりの被曝をしてしまった可能性が高いと考えられます。

福島県では放射能汚染の影響で白血病が増えているとの指摘がありますが、厚生労働省が全国的に行っている「患者調査」から福島県を除外する決定をしているため、福島県全体の発症状況は不明です。

ただし、昨年頃から福島原発作業員らの白血病が増加していることから、表には出ないだけで、裏では物凄い勢いで患者が急増していたとしても不思議ではありません。
今年で福島原発事故から3年が経過しますし、いよいよ放射能汚染の影響が表面化してくることになるでしょう。白血病になった少年は早期に回復することを祈っていますが、このまま福島に留まっていては、同じことの繰り返しになると私は思います。


☆カジっちょ‏@kaziccho
URL https://twitter.com/kaziccho/status/420148424558653440 
引用:
なんか僕だいぶやばい病気にかかってたらしいです。

今日、血液検査に言ったら急性骨髄球性白血病っていう病気でした。

当然入院で、みなさんとはしばらく会えなくなりますが、白血病治すために病院で戦ってきます。

少しでも多くの人に応援していただければ嬉しいです。泣

絶対治します!

http://blog-imgs-51.fc2.com/j/y/o/jyouhouwosagasu/20140110-125431hattuketbyou.jpg

:引用終了


☆郡山高校
URL https://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&q=%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E7%9C%8C%E9%83%A1%E5%B1%B1%E5%B8%82%E5%A4%A7%E6%A7%BB%E7%94%BA%E5%AD%97%E4%B8%8A%E7%AF%A0%E6%9E%97%EF%BC%93%E7%95%AA%E5%9C%B0&ie=UTF-8&hq=&hnear=0x602013257028a299:0x4ede7280bf4fcd33,%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E7%9C%8C%E9%83%A1%E5%B1%B1%E5%B8%82%E5%A4%A7%E6%A7%BB%E7%94%BA%E4%B8%8A%E7%AF%A0%E6%9E%97%EF%BC%93&gl=jp&ei=MG3PUva-OIakkgXCp4CYAw&ved=0CJ8BELYDMAo

http://blog-imgs-51.fc2.com/j/y/o/jyouhouwosagasu/20140110-125346kouriyamakoukou.jpg


☆原発作業員「再検査や治療必要」増加
URL http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130920/k10014707961000.html
引用:
東京電力福島第一原子力発電所などで働く人たちを対象にした健康診断の結果を厚生労働省が分析したところ、白血球の数が多いなど再検査や治療の必要性が指摘された人の割合が、原発事故の前に比べて増えていることが分かりました。
厚生労働省は放射線の影響を把握するため、今後、詳しい疫学調査を行うことにしています。
:引用終了


☆福島原発で作業員が急性白血病により死亡…東電「作業との因果関係はない。これ以上調査する予定はない」
URL http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1659910.html
引用:
東電によると、男性は8月上旬から1週間、放射線管理などの業務に従事。体調不良を訴え診察を受けたが、その後死亡した。内部被ばくはゼロだった。就労前の健康診断では問題がなかったという。16日に元請け企業から東電に連絡があった。

東電によると、急性白血病に関する厚生労働省の労災認定基準は年間5ミリシーベルト以上の被ばく、1年間の潜伏期間などがある。この男性の福島第1原発での作業は、基準に達しないという。同原発の作業に従事する以前の職歴については分かっていないが、東電は「これ以上調査する予定はない」としている。
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110830/bdy11083013180003-n1.htm
:引用終了


☆全国の患者調査から福島を除外 「被ばく隠しでは」/県「多忙、人手なく」 「異常数値出れば、独り歩き」(東京新聞 特報部)
URL http://www.asyura2.com/11/genpatu19/msg/875.html 
引用:
全国の患者調査から福島を除外/「被ばく隠しでは」/県民から疑念の声
東京新聞 2012.01.07 朝刊 「こちら特報部」

 全国の病院や診療所で三年に一度行われる「患者調査」に、福島第一原発事故や大震災が影を落としている。調査は昨年秋に行われ、結果は早ければ今年十二月にも公表されるが、福島県の全域が除外されていた。この“福島外し”に十分な説明はなく、県民らからは「被ばく隠しでは」との疑念の声も聞かれる。調査は一体どのような理由で見送られたのか。 (小坂井文彦、小倉貞俊)
:引用終了


☆血液検査データ公表せず、そして小児ガン増加をひそかに予見する県と国
URL http://www.janjanblog.com/archives/89807
引用:
 この血液検査とは別に、すでに厚生労働省は、3年ごとに全国的に行っている〈患者調査〉を、平成23年度実施分から、福島県全域と宮城県の一部を除外することを決めている。この〈患者調査〉は、脳卒中、心臓病など多くの疾病に関する発生状況を各病院に尋ねるものだが、その項目には、白血病や甲状腺異常も含まれている。その聞き取り調査から、福島県と宮城県の一部を外そうというのだ。「健康被害隠し」との批判が多くあがるのも無理からぬ話だろう。

 ふたたび、「意見書(4)」に返れば、松崎医師は血液検査の結果が公表されていないことについて、こう述べる。

 「福島中通りに匹敵する放射能汚染地帯に居住するチェルノブイリの子どもたちでは、放射線被ばくによって起きたとみられる貧血、白血球数低下、血小板数低下等がはっきり現れていました。事故直後の福島の子どもたちの血液検査がどうなっていたのかを知ることは、被ばくの影響の大きさを知った上で、適切な対策の行われることを切望している住民の基本的権利です」

 急性白血病の発症率は、人口10万人あたり3〜4人だというが、それよりはるかに高い割合で福島県のある自治体では白血病による死亡が報告される等、原発事故から2年、健康被害は「懸念される状態」から、「目に見える脅威」になりつつある。3年ごとに全国的に行っている〈患者調査〉の福島県除外、そして子どもたちの血液検査の非公表と、もっともオープンにされなければいけないデータ隠しは、福島県での事態の深刻さを語っている。
:引用終了


☆医師の見た福島 ―― 急務! 被曝からの避難
URL http://www.janjanblog.com/archives/106100
引用:
 福島の子どもたちには、実際に、鼻血、喉の痛み、下痢、頭痛、倦怠感、発疹など、母親の直感として、明らかにおかしく、心配な症状が出ています(注2)。子どもの健康に不安があっても口に出せない、福島では「復興」と「安全」ばかりが強調される中で、放射能の危険に関する話はタブーになっていて、福島では聞けないし、相談するところも無いため、「福島県外の医者らによる相談会なら行きたい」という人たちが相談会には来ていました。体調不良の原因が、〈放射能そのもの〉ではなく、〈放射能に対する不安である〉とすり替えられてしまうことが、最も危険なことです。ストレスだけでは決して白血病や甲状腺がんになることはありません。

(注2) 肥田舜太郎医師も、講演の中で「子どもたちの被曝に関する症状が報告されている」と講演の中で述べている。《関連記事》【1】参照。また内部被曝による症例として、長崎・広島の事例から、強い倦怠感にさいなまれる「原爆ぶらぶら病」がすでに知られている。

 震災後2年目から、政府は“帰還”政策に熱心です。「安全だ」「心配しすぎ」といったまわりの声のせいで、個人での避難がますますしにくい状況になって来ています。そして、政府は原発事故の収束への見通しが立たない中で、原発再稼働や原発の輸出等が推し進められようとしています。
:引用終了


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年1月10日 19:30:22 : rTkEIlLSjo
ネットで噂の日本民族絶滅アジェンダのための、在日ダマスゴミによる放射能安全洗脳での結果が、病気になっての大量殺戮が起こってきてるのかもしれん。。福島の子供は20年以内で終わるかもしれん。酷い。今からでも西に逃げるよう教師と役人は指導しろよ。狂ってるぞ。

02. 2014年1月10日 23:21:01 : JCC6CeKpMk
白血病になったらおしまい
ありがとう福島

03. IKA 2014年1月10日 23:40:07 : TNrYfh9bm5GM6 : vhe76mdlig
患者調査については以前のスレで解説していますので、転載します。

http://www.asyura2.com/13/genpatu32/msg/500.html#c115

>こちら↓のまとめが参考になるかもです。

http://togetter.com/li/222162

またはこちら↓のブログも

http://d.hatena.ne.jp/lovelovedog/touch/20111203/kanja

まあ、私が調べた限りでは「患者調査」というものは、3年にいっぺんのサンプル調査で、そのデータ は医療行政に生かされる(保険料など財政面なども含めて)って感じですか。

(参考) http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/10-20-tyousa_gaiyou.html#01

>調査の目的 病院及び診療所(以下「医療施設」という。)を利用する患者について、その傷病の状況等の実態を明ら かにし、医療行政の基礎資料を得る。

>調査の沿革 この調査は、医師の診断した傷病名に基づく傷病調査で昭和23年に行われた「施設面からみた医療調査 」を前身としており、昭和28年に「患者調査」となった。患者調査は、患者の診療録の内容に基づく1 日調査として毎年実施されたが、昭和59年からは、調査内容を充実し地域別表章が可能となるよう客 体数を拡大するとともに、調査を3年に1回、医療施設静態調査と同時期に実施することとなった。平 成5年調査からは、 病院の入院患者及び病院の退院患者の状況を二次医療圏別に表すことが可能となっ ている。

確かに大切なデータだと思いますが、震災後の混乱が終息しない状態で「平常時」のように調査協力出 来ない、っていうのもアリかな、って思います。

http://www.asyura2.com/13/genpatu32/msg/500.html#c126
(このコメントもよろしければどうぞ)

また、詳しくはありませんが、急性の白血病は原発事故以前から一定の割合で発生するものではないでしょうか?
現状では「放射線の影響」と考えるのにはかなり無理があるように思います。

…ここで取り上げられた白血病を発症された方々のご回復をお祈りしつつ、指摘させていただきます。


04. 2014年1月11日 01:02:15 : eVNDsfFNn6
03さん

今起こっていることを放射能の影響がないと考えることの方が無理があるように思います。


05. 2014年1月11日 06:22:00 : VLiq9ylTDs
03さんへ

東大話法
 論理のすりかえ
 話を複雑にして相手を煙に巻く

あなた、プロですね。

福島の実態調査を他府県に先んじて調査すべきでしょう。


06. 2014年1月11日 08:35:53 : pAmHv0AzRU
健康調査もできないような混乱ってなんだよ。
それは放射能だよ。

07. 2014年1月11日 10:18:32 : GamCifMOxk
ヤブロコフ博士は、自著において、チェルノブイリ原発事故の影響が最初に現れたのは、白血病の増加で、その次に甲状腺がんの増加が現れたと述べている。


>事故後、最初の4年間では、1年目と3年目に骨髄性白血病の増加があった。次の4年間では、リンパ肉腫と細網肉腫の有意な増加があった。

During the first 4 years after the catastrophe
there was an increase in myeloid
leukemia in the first and third years; during
the second 4 years there was a significant in-
crease in lymphosarcoma and reticulosarcoma
(Table 6.15)

高濃度汚染地域(ジトームィル州とキエフ州)における白血病とリンパ腫の疾病率(千人あたり)

骨髄性白血病
1980–1985年  0.49 ± 0.17
1986–1991年  1.99 ± 0.41
1992–1997年  1.06 ± 0.30
1998–2000年  2.32 ± 0.62

リンパ肉腫並びに細網肉腫
1980–1985年  1.84 ± 0.33
1986–1991年  2.70 ± 0.41
1992–1997年  3.70 ± 0.58
1998–2000年  3.36 ± 0.90

白血病並びにリンパ腫(増加割合を比較してください)
1980–1985年  10.12 ± 0.75
1986–1991年  15.63 ± 1.06
1992–1997年  13.41 ± 1.10
1998–2000年  13.82 ± 1.52

震災の影響で、統計まで手が回らなかったと言う言い訳は、2011年には当てはまるかもしれませんが、3年も経ってデータが出てこないのは、情報隠蔽以外の何物でもない。


08. 2014年1月11日 11:03:14 : GamCifMOxk
>>07訂正
疾病率は千人あたりではなく、1万人あたりの誤りでした。m(_ _)m

09. IKA 2014年1月11日 11:58:40 : TNrYfh9bm5GM6 : vhe76mdlig
>>04さん
う〜ん、「放射能の影響はない」と言うより「放射能の影響と考えるには無理がある」って思います。
少なくとも「白血病を発症された方々の被曝量」や「郡山で従来より増えている、あるいは放射能の影響がない地域より多い」事を示さない限りは「放射能の影響」に重点を置くべきではありませんね。

>>05さん
プロって…何のプロなんでしょうか?
私はただのオッサンにすぎませんよ。

>>06さん
津波や巨大地震を忘れないでください。
そしてその被害の大きさも。

>>07さん
>3年経ってもデータが出てこない

私のコメントをよくお読みくださいね。
患者調査は3年に一度行われる調査ですから、2011年以降調査結果が出てこないのは「当たり前」ですよ。
よく調べもせずに「隠蔽」って言ってしまうのは、ちょっと早計に過ぎると思いますが、どうでしょう?

ついでに、ヤブロコフ氏から引用されているようですが、「福島との比較」がされていない時点で何の意味も持たないと思いますよ。
更についでをさせてもらいますと、ヤブロコフ氏の著書については以前のスレでコメントしていますのでご参考にどうぞ。

http://www.asyura2.com/13/genpatu32/msg/500.html#c176


10. 2014年1月11日 13:24:57 : GKXPQSbOmQ
IAEAとICRPどころかロシアの推進派学者Jagrinの論文までマスターし、
ロシアの似非市民団体に関係している(知っているだけ?)のIKA様が、
プロでないとは驚きですね。

白血病についてではありませんが、IKA様の主張は次も参考にしてください。
事実の決着はつきませんが、彼(?)の目的と意図は明白です。

@ http://www.asyura2.com/13/genpatu34/msg/217.html
A http://www.asyura2.com/13/genpatu34/msg/866.html


11. 2014年1月11日 13:57:32 : VLiq9ylTDs
IKAさんへ

非常に原発関係にお詳しいようなので

「県民健康調査の闇」 岩波新書
「プロメテウスの罠」 Gakkenn

など告発本を読んでいますか?

IKAさんはデータを重視していますが、データを作らない、作らさない、あっても出さないのが国や東電の姿勢なのに今回の厚生労働省の福島外しを弁護するのは解せません。プロとはなんでしょうね?今回の問題は、人道上の問題だと思っています。


12. 知る大切さ 2014年1月11日 15:03:35 : wlmZvu/t95VP. : rXmQVSTR26
IAEAのよるとチェルノブイリの結果から原発事故による直接の健康被害はほとんどなく
(小児甲状腺のみ)多くは不安によるストレスだったとの理論が、原発の推進と経済を優先する
IAEAと今の経済(コストとべネフィトから)を動かす方々の一致した考えとなってる。

なので、IAIEを支持採用している日本および福島県・医大はフクイチ事故による放射能による不安を与える事をしない為に全力でやっている。

よってそこに住む人々に気づかれないように、あらゆる防疫的側面を排除し、
「調査しない事でフクイチ事故の放射能への不安による健康被害を防いでいる」
が、
「調査しない事でフクイチ事故の放射能による健康被害を拡大させている」
側面は一切考慮しないそうである何故なら考える事自体が不安に結びつく事だから。

よってIKA氏が述べる
【少なくとも「白血病を発症された方々の被曝量」や「郡山で従来より増えている、あるいは放射能の影響がない地域より多い」事を示さない限りは「放射能の影響」に重点を置くべきではありませんね。】
が調査される筈もないことをIKA氏は判った上で証拠が無いではないか!と述べている。
普通このような行為を詐欺もしくはイカサマとゆうような気がする。

原発事故による損害がなぜ一般の保険(生保損保とも)約款で支払い対象から外されているのか?普通に考えれば普通の人なら理解できる。
http://trust.watsystems.net/matuo/matuo9.html


13. 2014年1月11日 15:58:58 : aiMZAOJQqY
チェルノブイリでは、事故後5年するとまず白血病がバタバタ人が倒れ始めて、
故郷を捨てて避難せざるを得なくなった。
癌が激発するのはさらにその2年後あたりからだ。

もちろん、この人のように早めに白血病になってしまう人もいる。
被ばく量と体質によるのだろう。

入院しても、どうせ病院食はほとんど地元福島産の食材だ。
治癒どころか内部被ばくでますます病状が悪化しかねない。

下手に生かすと補償をしなくてはいけないから、福島県民は放置して早く殺してしまえ、
というのが政府の方針だからね。

何をされるかわかったものじゃない。
入院すれば治るなどと思わないほうがいい。


14. 2014年1月11日 17:39:09 : GamCifMOxk
>>09
>「福島との比較」がされていない時点で何の意味も持たない

全くの意味不明。ヤブロコフ博士の本が出たのは何年?福島原発事故は2011年3月だよ。

ハンドルネームIKAは、名前の通りイカ様氏であることが分かる。

>ヤブロコフ氏の著書については以前のスレでコメントしていますのでご参考にどうぞ。

http://www.asyura2.com/13/genpatu32/msg/500.html#c176

それに対する反論、すでに行っている。

http://www.asyura2.com/13/genpatu34/msg/217.html#c12

それに対するイカ様氏の回答。

>ニューヨーク科学アカデミーがキチンとした、権威ある団体であることに異議はありません。

確かに私自身が論文を査読したわけではありません。「こういった評価がある」として紹介させていただきました。

「アマゾンの否定的なレビューは、すべて原発推進派の手になるものだ」と書いたら、陰謀論と訳の分からない決め付けをした。

http://www.asyura2.com/13/genpatu34/msg/217.html#c38

イカ様氏の回答に、途方に暮れる。

http://www.asyura2.com/13/genpatu34/msg/217.html#c41

IKAは複数の人物のハンドルネーム(故に、言説を完全にチェックできていない)か、放射線被曝によって記憶喪失が起きているのでしょう。

自分の言動に責任を持たないIKA様氏とは、関わりたくありません。


15. 宮島鹿おやじ 2014年1月11日 18:21:53 : NqHa.4ewCUAIk : DocNDonHXH
わたしはこの人物(IKA氏)と話し、

その結果、

IKA氏から

「福島などの汚染地域において、

どんな健康障害が起ころうとも、

放射能の影響ではないと考えたい」

というコメントを得たことによってその会話を打ち切った記憶がありますね。

なんのスレッドだったか。


16. taked4700 2014年1月11日 18:36:42 : 9XFNe/BiX575U : wG0fC3rwwQ
>>14

>ハンドルネームIKAは、名前の通りイカ様氏であることが分かる。

「イカ様氏」とはイカサマ師の意味ですね。


17. 2014年1月12日 10:21:07 : pAmHv0AzRU
IKAさんへ
津波や巨大地震のこともその被害の大きさも知っていますし忘れていませんよ。
私は痴呆症ではございません。いらぬ心配ありがとうございます。

18. IKA 2014年1月12日 15:47:17 : TNrYfh9bm5GM6 : vhe76mdlig
>>10さん
妄想全開でお話されても困っちゃいます。
それより、メガスタディの意味はわかりましたか?

>>11さん
「厚生労働省の福島外し」って患者調査の事ですか?
だとすれば以前のスレでコメントしたリンクをお読みくださいね。
お勧めの本は、機会があれば読んでみようかな、って思います。
(検証する時間が取れれば、ですので相当難しいですけど)

>>12 知る大切ささん
お久しぶりです。
う〜ん、白血病についてはどのような調査がされるかわかりませんが、他地域と同じような統計的調査やデータは最低限されると思いますよ。
それが「されない」って言うのであれば、何かしらの根拠を示してほしいと思います。
根拠レスで「イカサマ」って言うのはちょっと…ですね。

>>14さん
う〜ん、無根拠でAmazonレビューが推進派によって書き込まれたもの、と断ずる決めつけは「陰謀論」だと思うんですけどね(まあ、かなりレベルの低い陰謀論ですけど)
少なくとも「推進派」だとする根拠をあげないと。
って言いますか、この書評↓
http://list.jca.apc.org/public/cml/2013-April/023743.html
はいわゆる「市民派」であることは指摘済みですけど、そこを「推進派」ですか。
http://www.asyura2.com/13/genpatu34/msg/217.html#c52

また、Amazonレビュー以外でもヤブロコフ氏の著書に懐疑的な人はいますけど…。
例えば
http://togetter.com/li/608438
では
>早川由紀夫 HayakawaYukio@
中を見た。これはレビュー本だ。それまでのチェルノブイリ研 究を整理した本。独自研究は見当たらない。1995年1月の神戸 の地震のあと、弘原海さんが世に出した『前兆現象1500いくつ
という本を思い出した(手に取ったことないけど)。
2013年7月29日 - 1:09pm

とか、解説文では「チェルノブイリで言われているすべての健康被害は疑わしい」なんて言っちゃってます。(←私はこの人の意見には賛成しません)

他にも論文誌「被曝防護測定」で批判されていたりしたようですし。
(文芸社刊「検証 大震災の予言 陰謀論」より←この本も推進派の陰謀?)

私はヤブロコフ氏の著書については、「無視されがちな非英語論文で、特にロシア語で発表されたチェルノブイリ関連の論文を数多く取り上げた」点についてはおおいに評価すべきですし、意義深い事だと思いますが、その分「検証が足りない論文が多い」とも言えるわけで、まだまだこれから、って段階なんだとおもいます。

ちなみに、ニューヨーク科学アカデミーのスタンスについては
http://togetter.com/li/424931
このまとめのコメント欄に「批判が多く来たので、ニューヨーク科学アカデミーは出版をしただけで説明責任は著者にある、って声明を出すはめになった」ってありますね。

あ、それから私が「複数」のわりにはコメント数少なくないですか?
一応いっときますけど、中の人は一人しかいません(笑)。

>>15宮島鹿おやじさん
お久しぶりです。
って言いますか、そんな事言いましたか?
たぶん誤解されていますよ。

>>16 taked4700さん
おお、taked4700さんのような大物に私の事を知っていただいて恐縮です。
おやじギャグ、なかなか面白いですよ。

>>17さん
それは失礼しました。
それであれば、震災と津波で医療現場も大混乱で、通常の業務としての「患者調査」が行いにくい状況もご理解いただけると思います。
また、あの状況ではかえって調査の誤差を大きくする事もわかると思います。


19. 2014年1月12日 17:20:30 : pAmHv0AzRU
IKA様へ
当時大混乱だったからこの先も患者調査を行わないんですか?
意味不明なことや口先だけの失礼しました、しか言えないのですね。
ご愁傷さまでございます。

20. IKA 2014年1月12日 23:10:50 : TNrYfh9bm5GM6 : vhe76mdlig
>>19さん
「この先も患者調査を行わない」って何処に書いてありますか?
震災時の混乱期はともかく、今後も行わないのは問題だと思います。
「この先も患者調査を行わない」のが本当であれば、それはきっちり検証して、場合によっては抗議すべき事だと思います。

ところで、患者調査については誤解されている方も多いようなのでもう一度リンクしておきます。

http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/13303/13103/75007114
(コメント欄を是非お読みください…一部抜粋しておくと)

>これらは10月のある指定された日に医療機関を受診された全患者さんの調査 であり、全ての国民の網羅的調査とは異なります。 これでざっくりどの様 な病気で治療をうけている人が多いのかなどを調査し、どの様な疾患で医療 資源が使われているかを把握するものです。 病気の発病率をみるものでは ありません。 被災地では調査の実施が難しいのですから省かれたのは当然 です。(ご想像通り大変な手間がかかります)

http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/13303/13103/75066355
(こちらもコメント欄までお読みください)

これも参考になります
http://d.hatena.ne.jp/lovelovedog/touch/20111203/kanja

http://togetter.com/li/222162

批判するには、このくらい読んでからにしましょう。


21. 2014年1月13日 02:32:10 : GKXPQSbOmQ
ご参考

Radiation and the Risk of Chronic Lymphocytic and Other Leukemias among Chornobyl Cleanup Workers,
http://ehp.niehs.nih.gov/1204996/


22. 知る大切さ 2014年1月13日 08:00:18 : wlmZvu/t95VP. : rXmQVSTR26
東京電力福島第一原子力発電所事故による住民の健康管理のあり方に関する検討チーム 第2回会合の
http://www.nsr.go.jp/committee/yuushikisya/kenko_kanri/20121206.html


木田光一氏ご説明資料【PDF:4.2MB】
http://www.nsr.go.jp/committee/yuushikisya/kenko_kanri/data/0002_04.pdf
福島県医師会のA2判定者に対する再受診要望はp12
保険適用もしくは自己負担無しで国に要望している。

逆に今はそんな事すら国はやってくれていない。(何故しない!)

「被災地では調査の実施が難しいのですから省かれたのは当然 です」と述べている方がいまうが、混乱や手が回らないからでは無い、国側が仕組みと予算をつけない事でさせていないのが実態です。


病院幹部に文科省と厚労省から通達「原発被害を受けた地域への健康診断や調査は、許可なしにするな」
http://www.asyura2.com/13/genpatu35/msg/739.html


23. 宮島鹿おやじ 2014年1月13日 09:29:59 : NqHa.4ewCUAIk : DocNDonHXH
>IKA様氏

あなたはほんとにイーカげんな人ですね。


「福島で頭が2つある子供が生まれてる」緑の党木村ゆういち氏
http://www.asyura2.com/13/genpatu32/msg/500.html


148. 宮島鹿おやじ 2013年7月17日 19:16:03 : NqHa.4ewCUAIk : XGQASt2yVc
IKAさん
最後に一つだけご質問したいと思います。

福島や関東圏において、重篤な疾病や奇形出産が事実としてあった場合、「福島原発事故」の影響である可能性はあると思いますか、それとも全く無いと思いますか。


153. IKA 2013年7月17日 20:55:12 : TNrYfh9bm5GM6 : vkUwQuGzcM
>>148 宮島鹿おやじさん
ええと、質問がちょっとアバウトなのでなんとも。例えば
>重篤な疾病…
>福島原発事故の影響

の部分ですが、ご存じの通り福島は被災3県でもっとも多い「震災関連死」が出ており、死亡まで至らなくても様々なストレスからくる身体不調、あるいはチェルノブイリでも見られたアルコール依存や、生活環境の激変からくる生活習慣病の悪化等がありますから、「重篤な疾病」だけではどうお答えしていいかわかりません。「福島原発事故による放射能の影響」という意味に限定したいところですが、こういった身体不調を「放射線の影響」に含める人もいらっしゃるし…。

また、避難者じゃなくても風評やデマによって福島の人は大きなストレスに晒されていますから、その影響だって考えられます。(それだって広い意味では「原発事故の影響」にあたります)

ですので、条件を限定して「放射線の直接の影響…ストレスなど精神的なものを除く」とした上で、「関連は無い」とお答えしたいと思います。

・・・

>ストレスなど精神的なものを除く」とした上で、「関連は無い」とお答えしたいと思います。
>ストレスなど精神的なものを除く」とした上で、「関連は無い」とお答えしたいと思います。
>ストレスなど精神的なものを除く」とした上で、「関連は無い」とお答えしたいと思います。


24. 2014年1月13日 10:43:59 : pAmHv0AzRU
>>20
資料読みましたよ。

早川統計企画調整室長の言葉で、
「福島県は特に地震だけの影響ではなくて、原発の影響もあって、平時でない状況が続いているということで、そういった状況をあえて調査したとしても、その後の利用に耐え得るかという考え方から、患者調査の方については今回見送るという形を取っております。」 とありますね。

つまりやろうと思えば出来るということですね。
良い資料ありがとうございます。


25. IKA 2014年1月13日 15:29:23 : TNrYfh9bm5GM6 : vhe76mdlig
>>21さん
まあ、参考なんでツッコミは無粋でしょうが一応。
福島県民はチェルノブイリで除染作業をしているわけではありませんよ。
(比較するなら被曝量等の数字をあげて比較しないと意味がないと思いますが)

>>22 知る大切ささん
う〜ん、私は福島県民健康管理調査の話はしてないんですが…。
調査はそれぞれ手法も目的も違うんじゃないでしょうか?
それぞれきちんと分けて考えましょう。

>>23 宮島鹿おやじさん
>>15より
>どんな健康被害がおころうとも

http://www.asyura2.com/13/genpatu32/msg/500.html より
>重篤な疾病や奇形出産

>>15より
>放射能の影響ではないと考えたい

http://www.asyura2.com/13/genpatu32/msg/500.html より
>「関連はない」とお答えしたいと思います

まあ、微妙な違いかもしれませんが「いい加減」な事言ってるのはどっちなのかな?とも思います。
また、>>15では私が根拠無しに「考えたい」と決めつけてるようにも見えますが…
実際福島事故の放射線由来による重篤な疾病または何らかの奇形出産がおこったとは聞きませんし、従来の知見からも可能性は限りなく低いです(一般的にはゼロと言っていい位低い確率です)。
(少なくとも私がイーカゲンに言ってるだけではないですよ。だから誤解されている、って言いました)
関連がある、という方が無責任でしょう。

>>24さん
「やろうと思えばできる」事と「無理してまでやる意味があるとは思わない」は別です。
混乱している医療現場の貴重なリソースを割いてまで「患者調査」をする意義はない、って事ですよ。
だから、「やろうと思えばできる」って言っても意味がありません。


26. IKA 2014年1月13日 15:33:35 : TNrYfh9bm5GM6 : vhe76mdlig
あ、書き忘れ
>>24さん
>>19での「今後も患者調査は行われない」って話の根拠、教えてくれないんですかね?

27. 2014年1月13日 15:45:43 : GKXPQSbOmQ
参考資料・・・直接福島の調査に関してではありません。反原発というわけでもありませんが、医師たちが隠していること。
>>21の続き

訳す時間が取れないのでリンクだけ。機械翻訳を利用してください。
偉そうなことを言う人はこんなのも読んだ上でしょうね(笑)。

医師と反原発が誰もこういう話を、3年たつのに拡散しなかった国って、何なんですか?
すでに平均寿命60当たりに決定したと考えています。
そうなっても『国民』は何も感じないですよ、私が幼いころは、それに毛が生えたくらいでしたが、だれも不思議がっていませんでしたから。

@Chernobyl Cleanup Workers Had Significantly Increased Risk of Leukemia,
http://www.ucsf.edu/news/2012/11/13087/chernobyl-cleanup-workers-had-significantly-increased-risk-leukemia

ATHE UKRAINIAN-AMERICAN STUDY OF LEUKEMIA AND RELATED DISORDERS AMONG CHORNOBYL CLEANUP WORKERS FROM UKRAINE:III.RADIATION RISKS,
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2856603/

BUkraine Human Resources Needed for Cancer Control,
http://rrp.cancer.gov/programsResources/lowIncome/ukraine.htm

CNational Cancer Institute,
The Chernobyl Accident,
25 Years of Study Leukemia and Thyroid Cancer Research,
http://chornobyl.cancer.gov/index.html

DISS Institute of Radiation Protection, Germany,
Cancer risk after radiation exposure,
http://www.helmholtz-muenchen.de/en/institute-of-radiation-protection/research/research-groups/radiation-risk/research-topics/cancer-risk-after-radiation-exposure/index.html

EFukushima Radiation Increases Cancer Risk for Girls:WHO,
http://www.bloomberg.com/news/2013-02-28/fukushima-radiation-increases-cancer-risk-for-girls-who.html

FFukushima is not Chernobyl?Don't be so sure,
http://somatosphere.net/2013/03/fukushima-is-not-chernobyl-dont-be-so-sure.html

GUkrainian Anti Cancer Institute,
Ukrain EFFICACY:radioprotective effect,
http://www.ukrin.com/en/node/251

H アメリカ癌学会によるGの否定
Celandine,
http://www.cancer.org/treatmentsandsideeffects/complementaryandalternativemedicine/herbsvitaminsminerals/celandine

Iこの、日本とウクライナで研究されていた、事故直後にウクライナの科学者が日本の特命全権大使に、原発作業員用として、提供を申し出た放射線防護剤、ご存知でしたか。
Some good news from the Chornobyl nuclear disaster 25 years ago;Ukrainian scientists offer aid-hydrated fllerenes to Fukushima nuclear plant workers,
http://smarteconomy.typepad.com/smart_economy/2011/04/some-good-news-from-the-chornobyl-nuclear-disaster-25-years-ago-ukrainian-scientists-offer-aid-hydra.html

JFirst clinical case of treatment of patient(volunteer)with rectal adenocarcinoma by hydrated C60 fllerenes: natural course of the disease or non-specific anticancer activity?,
http://www.electrochem.org/dl/ma/197/pdfs/0700.PDF

KKYIV National Institute of Cancer State Institution.Children's Oncology Department,
http://www.medcenter.org.ua/eng/hospitals/kyiv/1398.html

Lこれは妄想か事実か?
Eleonore Thun-Hohenstein,
ANTICANCER PHARMACEUTICAL UKRAIN,
Criminal Story of a Prevention,
http://www.ukrainpro.com/book.pdf

M以前に詳しく投稿しましたがもう一度ニュースを
日本では今までも、今も誰も語らないし拡散しないニュースの一つ、
Supplements May Cut Thyroid Cancer Risk From Radiation,
http://dukeandthedoctor.com/2010/01/supplements-may-cut-thyroid-cancer-risk-from-radiation/


28. 宮島鹿おやじ 2014年1月13日 16:13:44 : NqHa.4ewCUAIk : DocNDonHXH
>IKA様氏

>実際福島事故の放射線由来による重篤な疾病または何らかの奇形出産がおこったとは聞きませんし、従来の知見からも可能性は限りなく低いです(一般的にはゼロと言っていい位低い確率です)。

よくよく承知いたしました。
お陰様で、今後、今まで以上に、事実関係を明らかにする作業に邁進する所存です。


29. 2014年1月13日 17:14:52 : GKXPQSbOmQ
27にWHOのレポートについての記事を載せました。
その意図は、それがあげた確率から計算した「一般にはゼロと言っていい位低い確率」の、無視していい位の福島の犠牲者数とはどれほどか興味があったからです。
何人なら犠牲が出る予定でも気にすることはないのか、興味があったからです。

次にWHOのPDFがありますが、その34/172に書かれているこのレポートに採用されたTransfer weightsを見ると、UNSCERやBEIR VIIや、さらにはICRP103に基づく推測の半数の犠牲予想が計算されることがわかります。(私の誤解かな)

http://apps.who.int/iris/bitstream/10665/78218/1/9789241505130_eng.pdf


30. 2014年1月13日 20:40:29 : pAmHv0AzRU
>>26
今後患者調査は行われない、または調査結果改ざんという可能性はあいつらのやり口から言って非常に高いですが、決め付けたのはこちらの調査が毎年行われている事を前提とした勝手な思い込みでしたねすみません。
ただし毎年行われないなら尚更やるべきであって、室長は原発事故の影響もあったりするので調査はしない、というような訳のわからないことは言ってますが、無理してでも云々などとはひとことも言っていません。創作しないでいただきたい。

31. 2014年1月13日 23:08:50 : PsUVlzcaCo
>28 宮島鹿おやじさんへ。
 多摩散人です。

 あ、鹿おやじさん、お久です。

 確かずっと前に、東京だかどっかの道路に黒いシミがあって、それでみんな放射能に襲われて大被害が出るとかで、あなたが調査していたことがあったが、あれはその後どうなったんですか。

 それから、中学生の理科の実験みたいなことをやって、「放射能は見ることが出来る」ことを教えてくれましたが、あれは何か放射能の被害を防ぐために役に立ったんですか。


32. 2014年1月13日 23:45:58 : PsUVlzcaCo
>28 追加です。多摩散人。

 私の記録で調べたところ、黒いしみについては下の記事が見つかりました。葛飾区の水元公園などについてもお調べになったようですね。

黒い物質マップ及びアルファ線マップの紹介 及び 黒い藍藻(生体濃縮)情報提供の呼びかけについて
http://www.asyura2.com/12/genpatu23/msg/658.html
投稿者 宮島鹿おやじ 日時 2012 年 5 月 13 日 04:48:53:


33. 2014年1月14日 00:20:57 : GKXPQSbOmQ
IKA様がまたニューヨーク科学アカデミィーのスタンスについて書いていますね。

2010年4月28日付のアカデミィーの声明を、関連した部分を訳しておきましょう。
次のサイトでchernobylで検索すれば出てきます。
http://www.nyas.org/default.aspx

Statement on Annals of the New York Academy of Sciences volume entitled "Chernobyl:Consequences of the Catastrophe for People and the Environment"

-------以下関連部分の拙訳

・・・・初めにロシアで出版された本「チェルノブイリ」は、関連した科学的文献について一つの分析を提供しました。
それは、チェルノブイリ災害の結果に関する、主にスラブ語で書かれた、1000以上の論文と5000以上の印刷出版物とインターネット出版物を含んでいます。

ニューヨーク科学アカデミィーの年誌「チェルノブイリ:破局の人々とその環境への影響」は、したがって、新しい、未発表の研究は提供していません。
また、それはニューヨーク科学アカデミィーにより委託された研究でもありません。
その著者や擁護グループや年誌チェルノブイリに特定の意見を持つ個人により表明された見解は、彼ら自身のものです。
ニューヨーク科学アカデミィーは、科学的な問題に関して論議するための開かれた公開討論を提供する責任がある、と信じますが、アカデミィーはそのような公開討論を提供することで、立法に影響を及ぼす意図は全くありません。
アカデミィーは、アカデミィーが注意深く反応をチェックしている一般の科学界により、科学的な価値があるとみなされた内容を出版することに、貢献しています。
・・・・

-----------------
まあ、なんらかの攻撃をされた保身の苦しさを感じますが、この本意はいかがなものでしょうか。

さてどんな「日本語解釈」がなされる事やら。



34. 2014年1月14日 00:31:31 : GKXPQSbOmQ
訳を一部間違えました、

「アカデミィーは、一般の科学界により、科学的な価値があるとみなされた内容を出版することに貢献しています。そして、科学界からの反応(フィードバック)を注意深くチェック(モニター)しています。」


高校生に笑われますね。あしからず。


35. 2014年1月14日 01:06:20 : PsUVlzcaCo
>28 追加です。多摩散人です。

 お取り込み中で、お邪魔かもしれないので、時間があれば、その後の結果を知る参考になるところへのリンクを教えて下されば、さいわい。忙しければ今回はスルーして下さい。


36. 知る大切さ 2014年1月14日 07:35:16 : wlmZvu/t95VP. : rXmQVSTR26
>25 IKA

患者調査を1回除外したら、どうなるか?
次回は6年後ですね。 今回除外されたのは
健康被害が特に大きいと反原発・脱原発側
が懸念している地域に重なってますね。
偶然ですか? 非難あっても意図的に外さ
ないと、IKA様氏や多摩散人氏が散々述
べている「客観的データーが無い」が崩れ
「客観的データーとして残ってしまう」のを
防ぐ手段ととられても仕方が無いのではない
ですか?
6年後に顕著な差異あっても「欠損データーなので使えない」
と6年後堂々と述べるではないですか?

調査をしない、しても公表しないはイカサマであると
言ってます。
普通に当たり前にやるべき調査をしないのがおかしいと言ってます。


37. 2014年1月14日 08:46:49 : VLiq9ylTDs
精神衛生に悪いやりとりはこれぐらいにして、別の切り口を提供したいと思います。

その前に、
一般的なお話として

安冨歩さんの
 もう「東大話法に」だまされない
お勧めです。
youtubeにも安冨歩さんは出ていますので、関連情報もあるはずです。チェックを。
「東大話法」の例:「人体に直ちに影響はありません」

「東大話法」を駆使できるのは専門的な知識があるか、権威のある場合です。
論点や本質をあえてずらしますから、説得しようとしたりしても時間の無駄です。

別の切り口は、「データは実はある」の話ですが。
仕事が始まるので、夕方に書きますね。
福島の人達に寄り添った日本でありたいですね。


38. 宮島鹿おやじ 2014年1月14日 11:40:40 : NqHa.4ewCUAIk : DocNDonHXH
>多摩散人さん

お久しぶりですね。
調査活動については、個人的な事情からあまり活発に活動できない状態が続いておりました。しかし、今後、出来る限りのことをしていこうと思っています。

黒い物質については、採取した自治体に通報などを行いましたが、どこの自治体の回答も、紋切り型で、「国によって与えられた規準に従っている」とのことでした。つまり、そんなことを言われても対応しません、とのことでした。

この基準とは、以下のものとなります。

放射線測定に関するガイドライン 文部科学省 
http://www.kantei.go.jp/jp/tyoukanpress/201110/__icsFiles/afieldfile/2011/10/21/21shiryou02.pdf

内容としては、「高さ1mで、周辺より1マイクロシーベルト/h以上の線量が計測された場合は対処すること」とあります。

なお、1マイクロシーベルト/hという線量は極めて高いものであることは経験上理解しています。

世田谷区内駐車場での黒い物質測定例
http://www.asyura.us/bigdata/bigup1/source/513.jpg

これは東京都世田谷区内のある駐車場で見られたいわゆる「黒い物質」を近距離で測定したものですが、ご覧の通り0.26マイクロシーベルト/hを示しています。

この後、さらにこの物質のベクレル値を測定したところ、6000Bq/kgありました。

経験上、1mの高さで1マイクロシーベルト/hを超えるということは、この事例から見ても、とんでもない汚染状況であることがわかります。

さて、今、一口に6000Bq/kgと申しましたが、この物質の中にはどれほどの放射性原子が存在しているのでしょうか。

核種の存在比率をCs137(66%)Cs134(33%)として仮定して、計算を行うと以下のようになります。

Cs137 6000*0.66*30*365*24*60*60/0.693=5,406,171,428,571
Cs134 6000*0.66*2*365*24*60*60/0.693=360,411,428,571

セシウム合算6000Bq/kg とは、

Cs137 kgあたり 5兆4千億個
Cs134 kgあたり 3600億個  であり、

グラム換算では、 Cs137 1gあたり54億個
         Cs134 1gあたり3億6千万個

の放射性核種が「そこに」存在していることになります。

セシウムの放出する放射線としては、600keV程度のγ線がよく知られていると思いますが、例えば、1g程度の物質が体内に入り込んで定着した場合、その特定部位に対して 600keVの電離作用を 数億単位で行うことになります。

原発事故発生直後、阿修羅掲示板においても、関東地域において「喉の痛み、鼻からの出血」を訴える声が相次いでいたことは記憶に残っておりますが、上記のような計算を踏まえれば、そのような症状が出ることは当然であると考えられます。


なお、私が懸念を感じることは、こういった一般市民による調査に対して、行政が「国の基準」をもとに相手にしないことですが、そして、上記の写真のような「私有地」にあるような汚染物質は、その存在についてすら全く周知されておらず、あたかも存在しないかのように扱われているということです。そのことによって、地域住民は普通に、子どもたちに「泥遊び」をさせています。(公有地については住民からの通報等により「しぶしぶ」除去しているらしい情報を得ています)

私たちは、子どもたちがこういった環境において普通に遊んでいる姿を以下の地点において確認しました。同様の趣旨の投稿です。

東京都 東村山市 空堀川(からぼりがわ)河川敷の汚染状況に関する若干の調査報告
http://www.asyura2.com/13/genpatu31/msg/433.html


私自身としては、現在のところ、「なぜ、人は人を人体実験の材料として平然と扱うことができるのか」ということについて、そのイデオロギー的側面について考察を続けております。当然、利権、個人的利益のためだという前提はありますが、それにしても、現在の日本において表面化した、知識人らの冷酷・欺瞞について、少しでも知りたいと思っています。

また、私自身の近況をお伝えするならば、私の周りでは60歳に満たない方々が、今までにない頻度でお亡くなりになっている感触があります。また、私の親戚も立て続けに亡くなっており、一人は突然死です。

昨年末に28日に、私のPM1621が、路上で、0.8マイクロシーベルト/hを測定しました。年末から年始にかけて、東電が、「水蒸気が出ております」と認めています。因果関係がある可能性があります。

お互い気を付けてまいりましょう。


39. 宮島鹿おやじ 2014年1月14日 11:54:37 : NqHa.4ewCUAIk : DocNDonHXH
訂正です。すみません。

誤:Cs134 6000*0.66*2*365*24*60*60/0.693=360,411,428,571
Cs134 kgあたり3600億個
  Cs134 gあたり 3億6000万個

正:Cs134 6000*0.33*2*365*24*60*60/0.693=180,205,714,286
Cs134 kgあたり1800億個
  Cs134 gあたり 1億8000万個


40. IKA 2014年1月14日 13:14:37 : TNrYfh9bm5GM6 : gzZRCP1X5M
>>27さん
参考の話にとやかく言うのは野暮だと思いますけど…
わざわざ英語論文にあたらなくても、専門家でもない一般人に必要な情報は日本語でも十分あると思いますよ。
また、「日本では紹介されない」話のなかには「紹介するまでもない話」も多くあるのではないか、とも思います。
まあ、出来れば言語に関係なく原典にあたることはいいことですし、それを否定する気はありませんが。

>>28 宮島鹿おやじさん
う〜ん、ご自分の「イーカゲンな話」はスルーですか。まあいいですけど。
是非とも頑張って調べてください。

>>30さん
とりあえず「患者調査が今後も行われない」訳ではないんですね。
了解です。
それから私の言い方がよくなかったようですが、「無理してまでやる意味があるのか」は私の言葉です。要するに「やればできる」かもしれませんが、「患者や健康不安に怯える人へ向けるべきリソースを割いてまでやらなくてはいけない調査だとは思わない」って事です。
>>03のコメントに「患者調査の目的」がありますから、「その意味」をよくお考えください。

>>32さん
翻訳していただきありがとうございます。
そして御苦労様です。
概ね私が紹介したコメントと同じだったと改めて確認できました。

>>36 知る大切ささん
私が>>03で紹介したリンク
http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/10-20-tyousa_gaiyou.html#01

をよくお読みくださいね。患者調査は「原発事故後の福島県民の健康状態を詳細に把握する調査」ではありませんし、その為の調査としては適切な手法でもありません。
また、「当たり前にやるべき調査」かもしれませんが、震災と津波と原発事故の被災地は「当たり前の状況ではなかった」わけです(まさか、これらの被災地が当時当たり前の生活ができた、とは思っていないでしょう?)。
その意味では患者調査は「当たり前の状況」の時に「当たり前の政策の参考にするための調査」だ、ということだと思います。
>>25の知る大切ささん向けのコメントを読んでくださいね。


41. 2014年1月14日 13:30:41 : GKXPQSbOmQ
アカデミィーのステートメントとあんたのコメントは全く意味が違うだろうが。

あんたの厚顔無恥にはつける薬がないね。

わたしはあんたが嘘をついていると言いたかったが、エージェントでないならは、ほんまものだね。


42. 2014年1月14日 13:32:53 : GKXPQSbOmQ
一度病院行って高次脳機能について検査受けてきたらいかがですか?

43. 宮島鹿おやじ 2014年1月14日 13:38:45 : NqHa.4ewCUAIk : DocNDonHXH
IKA様

本スレッドにおける私の発言は、

「福島などの汚染地域において、どんな健康障害が起ころうとも、放射能の影響ではないと考えたい」と、あなたが言った、

というものです。

実際に、該当スレには、

「条件を限定して「放射線の直接の影響…ストレスなど精神的なものを除く」とした上で、「関連は無い」とお答えしたい」

という記録が残っています。

あなたが、(ストレスなどの精神的なものを除いては)汚染地域において、原発事故と疾病には「関連はない」と発言したのは事実でしょう。

私は、ちょっと、どこの国の人と話しているのかが訝しくなっているのですが、私の理解では、私の当初の記憶と、確認されたあなたの発言はほぼイコールですよ。

私の以上の発言のどこが「いーかげん」なんでしょうか。

具体的にご指摘ください。


44. 2014年1月14日 13:41:56 : GKXPQSbOmQ
アカデミィーはヤブロコフらの著書に、科学的な意味があり、今まではなかった新しい思考方法をもたらすものと位置付けたから出版した、と非難された後に公示していたということ。

読めば書いてありますが、あんたらのような個人の意見も、アカデミィーのものではないと書いてありますよ。


45. 2014年1月14日 13:45:24 : GKXPQSbOmQ
44はIKA様にです。

暮れに別スレで誤解されました様ですので。宮島鹿おやじさんへ。


46. 宮島鹿おやじ 2014年1月14日 13:53:36 : NqHa.4ewCUAIk : DocNDonHXH
え、あれ、誤解ですかあ?
そうかなあ?

では・・・。

再度の、弟子入りを申請します。(群馬のスレに帰りたいです。)


47. 知る大切さ 2014年1月14日 14:50:39 : wlmZvu/t95VP. : rXmQVSTR26
>40IKA
IKA様 ココでも調査目的を満たせば調査は問題無い発言をされるのですね。
(甲状腺調査のIKA様の結論と同じですね)とても近視眼的な思考の方だと思います。

今さっき厚生労働省にこんな質問で問い合わせてみました
「県ごとの患者の増減推移を見たいけれど何かいいデーターありませんか?」
患者統計係りの回答「患者調査があります」が回答です。

ちなみに普通は見つけられないと思いますが、
参考表としてH24年度分は福島県分はありました。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kanja/12fukushima/index.html
の参考
参考表228kb

福島県H24年度分
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kanja/12fukushima/dl/sankou.pdf

議論なのは次回26年度の事でしょうか?


48. 知る大切さ 2014年1月14日 16:31:18 : wlmZvu/t95VP. : rXmQVSTR26
福島県のフクイチ事故をまたいだ
がん患者数の推移
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kanja/12fukushima/dl/sankou.pdf
3ページ外来者の新生物(がんですね)患者数
単位が何故かわかりずらいですが(苦)
新生物の外来患者数
病院(20床以上)
20年2400人
24年2800人

一般診療所(20床未満)
20年700人
24年1200人


49. 知る大切さ 2014年1月14日 17:49:35 : wlmZvu/t95VP. : rXmQVSTR26
連投
福島県のH20とH24の患者調査より
フクイチ事故H21の前後での患者推移
腎尿路生殖器系の疾患
H20
病院
20年1900人
24年2400人

一般診療所
20年1800人
24年4200人

全国では
病院
20年112100人
23年103800人
一般診療所
20年171800人
23年162200人

福島県205.5万人から196万人と
人口は5%ぐらい減ってるのに
患者数の著しい伸びは一体何なのか?



50. 2014年1月14日 18:48:18 : VLiq9ylTDs
11,37のものです。

>「やろうと思えばできる」事と「無理してまでやる意味があるとは思わない」は別です。混乱している医療現場の貴重なリソースを割いてまで「患者調査」をする意義はない、って事ですよ。だから、「やろうと思えばできる」って言っても意味がありません。

の書き込みをみて、あれ、と思ったのですが、そんなに大変なことか?

だったー データはすでにあるじゃん! です。
(私、医療事務やデータベースソフトについては詳しいつもりですが)

レセプトですよ。
レセプトのオンライン請求が完備されているので、毎月の患者数、病名、治療薬、検査などが各医療機関からデータベースの形で支払基金に送信されています。
全く、医療現場は貴重なリソースを割かずにかなりの精度の情報がすでにあります。医療現場がデータベース化して送信してますので、厚生労働省はgoogle検索でもするようにキーを叩けば毎月の経時的な変化はいつでもみれます。特に、専門性の高い血液疾患は100%拾えます。
何だ、データがないではなく隠しているか です。
とにかく、素のデータを出せばいいのです。官僚のバイアスの入った知恵で意味づけしてもらう必要はありません。

↓ こんな人の何が信じられる ねーIKAさん
病院幹部に文科省と厚労省から通達「原発被害を受けた地域への健康診断や調査は、許可なしにするな」
http://www.asyura2.com/13/genpatu35/msg/739.html


51. 知る大切さ 2014年1月14日 19:23:49 : wlmZvu/t95VP. : ZYw5Sjvsus
50さんご意見参考になります。
もし良かったら今後も50さんと
誰でも判るようにペンネームつ
けていただけると50さんの考えが
より伝わりやすくなると思います。


52. 2014年1月14日 21:49:37 : pAmHv0AzRU
>>40 IKA様
>「無理してまでやる意味があるのか」は私の言葉です。

なるほど、調査をやるべきでないと判断された方々は人によって見識が違うということですね。それならわかります。まず、調査はやらない、という結論があって理由は後でつければ良いならば人によって意見が分かれてもいたしかたありませんね。納得いたしました。


53. IKA 2014年1月15日 01:36:21 : TNrYfh9bm5GM6 : 4W0WYN4llM
>>41さん
え?そうですかね。
http://www.nyas.org/publications/annals/Detail.aspx?cid=f3f3bd16-51ba-4d7b-a086-753f44b3bfc1
から

>In no sense did Annals of the New York Academy of Sciences or the New York Academy of Sciences commission this work; nor by its publication does the Academy validate the claims made in the original Slavic language publications cited in the translated papers. Importantly, the translated volume has not been formally peer‐reviewed by the New York Academy of Sciences or by anyone elseまあ、大体「本の作成にNYASやその会員は関わっていません。また、NYASの誰も査読をしてません」=「本の出版をしただけ」

>The expressed views of the authors, or by advocacy groups or individuals with specific opinions about the Chernobyl volume, are their own「チェルノブイリ本の著者や養護者や個人の特定の意見で、文責は彼等にあります」

…って感じじゃないかと思うんですけどね。
正しく「本の出版をしただけで説明責任は著者にある」って事じゃないでしょうか。

>>43 宮島鹿おやじさん
ええと、「考えたい」って私がそう決めつけているだけに見えますよ。
「関連はない」って言葉には「現在までの知見からもおこる可能性は限りなく低い」って意味が込められています。
あなたの中でイコールと思ったから、って決めつけは「イーカゲン」じゃないかと思うんですけどね。

>>44さん
無視されがちなロシア語論文にスポットを当て、議論の遡上に上げることは「科学的」だと思います。その意義は認めていますよ。
ちなみに「個人の意見」って「チェルノブイリ本の著者、賛同者」に並んでいますから、私のように否定的な意見は含まれないのでは?

>>47 知る大切ささん
「調査目的を満たす」って、普通に読めばその通りなんですが…(目的を満たさない調査は意味がなくなります)。
ええと、「結果が決まっていて、アリバイ的に行われる調査」みたいな感じかな。
まあ、どっちにしろ「患者調査」は「指定した1日」の、「層化 無作為抽出」された医療施設で行われるサンプル調査ですから、疫学的な結果は望めませんよ。
死亡数になりますが、より細かい傷病別の数値は人口動態統計でしっかりと福島県も数値出していますし。 (これは除外されていませんね)
また、ガンに限ればガン登録でも数値は出るはずです。

>>50さん
私は医療事務には暗いので診療報酬請求がどのようなシステムになっていて、データがどのように扱われているのかわかりません。
個人情報が保護されつつ有効に、かつ軽易にデータ収集ができるならそれに越したことはないと思います。

>>52さん
別に結論ありきで調査をしなくていい、とは思っていないですし言ったつもりもないんですけど。
って言いますか、「私が結論ありきで調査をしなくていい」って「結果ありき」になっていますよ(笑…これがブーメラン、ってやつですね)。


54. 知る大切さ 2014年1月15日 06:38:21 : wlmZvu/t95VP. : rXmQVSTR26
>53IKA
IKA様よく自己矛盾を認識しながら語りますね、その神経の図太さには脱帽します。

「結果が決まっていて、アリバイ的に行われる調査」そう福島の甲状腺検査がそれに該当すると私が指摘し、IKA様はそうではないと2人で延々議論したのお忘れでしょうか?
奇形柿の話題でコメント85以降の議論お忘れですか?
http://www.asyura2.com/13/genpatu34/msg/866.html

ーーーーーは引用
ーーーーーどっちにしろ「患者調査」は「指定した1日」の、「層化 無作為抽出」された医療施設で行われるサンプル調査ですから、疫学的な結果は望めませんよ。ーーーー

「患者調査」福島の病院は9割は参加していてほぼ実数です。そこでがん患者数が2400人が2800人に増加16%増加ですよ 患者数でいけば4000/3100=1.29 29%も増加

「疫学的な結果は望めませんよ」といいながら甲状腺調査に今すぐ地域ガンを加える事で疫学的にすることを否定的したのはIKA様ですが。

病気が先か死亡が先かどっちが先に判明するか それどう思います?(以前も聞きましたが)

ガン登録が見れるのは4年後しかもガン登録法がH26施行で国が掌握の話も異常柿で議論しましたがもうお忘れでしょうか?


さてIKA様や多摩散人さんは今のところ死者が増加していないから影響は無かったとの論ですが、死亡には要因がありますよねもちろん病気を患う。今回の新生物のフクイチ事故の前後での新生物(ガン)患者数の増加を無視するのでしょうか?

IKA様あなたは「私が結論ありきで調査をしなくていい」て間違いなく言ってますよ。
まるで政府の代弁者みたいです。 話法がお役人の方の対応そのもの。


55. 2014年1月15日 07:54:22 : pAmHv0AzRU
>>53 IKA様
あのねえ、結論ありきといったのはですねえ、私が室長の発言についてコメントしたのに対してあなたが前触れなくあなたの意見を言ったということらしいので、こちらは「ああ、調査すべきでないという人にもいろいろ意見があるのだな」と理解したうえでのことですよ。物事には原因があって結果がある。分かりますか?

>「私が結論ありきで調査をしなくていい」って「結果ありき」になっていますよ(笑…これがブーメラン、ってやつですね)。

すみません、もうすこし日本語を操れる人と議論がしたいです。もういいですかね?


56. 2014年1月15日 07:57:44 : 5kh7sPr8aA
この投稿の下の方にある
>福島の放射線により50メートルの巨大イカがカリフォルニアに漂着というニュース拡散(秒刊SUNDAY)
に書き込まれたIKAの捨て台詞
ttp://www.asyura2.com/13/genpatu35/msg/708.html#c17
は、IKAを生物として扱うべきか否かに疑いを生じさせるレベルの代物である

57. 宮島鹿おやじ 2014年1月15日 08:01:13 : NqHa.4ewCUAIk : DocNDonHXH
>55さん

>もういいですかね?

同感です。
なんか、もう、やめたほうがいいような気がします。
確実に会話になっていません。


58. 2014年1月15日 08:25:18 : VLiq9ylTDs
「東大話法」おそるべし。
一抜けたします。

レセプトの件は、機会があれば書きますが。


59. IKA 2014年1月15日 13:09:06 : TNrYfh9bm5GM6 : JxMUKf4lBM
>>54 知る大切ささん
ああ、わかりにくい書き方してすいません。
「結果が決まっていて、アリバイ的に行われる調査」の前に「知る大切ささんが言いたかったのは」って入れてください。
それなら自己矛盾しませんよね。そして私が「結論ありきでいい」っては言っていない事がわかったと思います。

それから、患者調査についてきちんとコレ読みました?

http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/10-20-tyousa_gaiyou.html#01

(一部抜粋)
>(1)抽出枠(フレーム)は、医療施設基本ファイルとする。 (2)抽出方法は、層化無作為抽出とする。(500床以上の病院については、悉皆調査となる。) (3)客体数は、地域別(病院の入院については二次医療圏まで、病院の外来、一般診療所及び歯科診療所につ いては都道府県まで)推計が可能な数とする。 (4) 医療施設側の記入者負担軽減を図るため、病院については二段抽出を併用する。 (500床未満の病院の入院・外来の患者のうち生年月日の末尾が奇数の患者については全調査事項を調 査することとし、生年月日の末尾が偶数の患者については「入院・外来の別」、「性別」、「出生年月日」 のみを調査する。また、500〜599床の病院の入院・外来患者については生年月日の末尾が1,3,5,7日の患者に ついて、600床以上の病院については生年月日の末尾が3,5,7日の患者については全調査事項を調査すること とし、それ以外の患者については「入院・外来の別」、「性別」、「出生年月日」のみを調査する。)

(抜粋終了)
ですよ。参加する病院数が多くても、そこの患者さんから「抽出」されます。
ましてや三年間のうちの「たった一日」の数字ですよ。大まかな傾向を把握するには十分でも、知る大切ささんがおっしゃるような健康動向を見るにはちょっと粗すぎるんじゃないでしょうか。
質問項目だって同様、疫学的な結果を望む人には役立つとは思えませんが。

(一部抜粋)
>性別、出生年月日、患者の住所、入院・外来の種別、受療の状況、診療費等支 払方法、紹介の状況、その他関連する事項
(抜粋終了)

それから、疫学調査においては調査デザインが重要で、単純に他の目的で調べた数値を加えたりするのは如何なものかと思いますけど。
患者調査の結果比較でガン増加には数値の誤差を含む様々な要因があるとは思いますが(もちろん「増えている事実」は否定しませんし、誤差ではない外的要因も含みます)、患者調査の粗い数値から原因を導き出すのは難しいですね。

>>55さん
これも分かりにくかったかなぁ。すいません。
ええと、>>24
>つまりやろうと思えば出来るということですね。

に対して>>25
>「やろうと思えばできる」事と「無理してまでやる意味があるとは思わない」は別です。

で、私の「混乱している現地に負担をかけてまで調査をしてもしょうがない」は、室長の「調査したところでちゃんとしたデータが取れないだろう(意訳ですけど)からやる必要はない」も含んでいるんですけど。ただ、室長は「現地の負担」については(少なくとも抜粋した部分では)言及していないので「私の言葉」なんですよ。

まあ、それは細かい話なので「見識が違う」でもいいですけど。
問題は>>52
>まず、調査はやらない、という結論があって理由は後でつければ良い ならば人によって意見が分かれてもいたしかたありませんね。

という一文の「まず、調査はやらない、という結論があって」の部分には「私も該当する」ように読み取れますよね。
この文章を受けて言えば私と室長の違いは「調査をしなくていい理由」の部分ですから。
だから私が言ってもいない「結論ありきでいい」に対して「結論を決めつけたブーメラン」ってなるわけです。
わかりました?(まだ難しいですかね)

あ、スルーしても構いませんよ。

>>56さん
「50メートルの巨大イカ」なんて元がジョークなんですから(さすがの阿修羅でも疑う人が多かったようで何よりです…笑)、より分かりやすいジョークをご紹介しました。
「生物として扱うか否か」って…私はデジタル生命体ですか?(笑)

>>57 宮島鹿おやじさん
私もなかなか会話が成立しないな〜、っては思ってました。
いろいろ構ってくれてありがとうございました。

>>58さん
私は東大話法ってよくわかんないんですよね。天然なんでしょうか。
不快でしたらすいませんでした。
レセプトの件はちょっと残念です。


60. 2014年1月15日 17:20:38 : GKXPQSbOmQ
今回は頑張りましたね。

あなたのお話を聞いていても時間の無駄です。

それがあなた方のお役目。職業的存在価値。

この3年間、こういう会話に意図的にかかわらずに、mitigatorやdecorporantをしらべてきて、そうしてきてつくづく良かったと思います。
あなた方は多分熟知していたでしょうから。

まあ、ヤブロコフを訳して投稿した勢いで、こういう内容に突き進んでいたらどうなっていたか。
個人的には、現在よりもろくなことはなかったでしょうね。

あなたみたいな存在を見せつけられて、せいぜいこれからの私生活に生かします。
私の「性善説」を消し去ってくれて、どうもありがとう。
毎日の人間関係で、たいていのことは驚かないし怒る気もしないし嘆くこともなくなりました。
リアルに、自分の同類たちのために生きていくだけ。
---------------------------
知る大切ささんへ、
関心事が違うので、あまりお手伝いできませんが、あしからず。
ご健闘を。


61. IKA 2014年1月16日 22:42:24 : TNrYfh9bm5GM6 : vhe76mdlig
>>60さん

>>53の解釈は>>33の訳文を参考にさせてもらいました。
遅くなりましたがお礼を言わせてもらいます。
ありがとうございました。

なにかいろいろ誤解があるようですが…まあいいです。
勉強させてもらったと思っています。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素35掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧