★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK144 > 481.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
米国医療保険改革の煽りで日本の国民皆保険制度が崩壊する (陽光堂主人の読書日記) 
http://www.asyura2.com/13/senkyo144/msg/481.html
投稿者 笑坊 日時 2013 年 2 月 27 日 11:37:53: EaaOcpw/cGfrA
 

http://yokodo999.blog104.fc2.com/blog-entry-902.html
2013-02-27  陽光堂主人の読書日記

 日米首脳会談の共同声明でTPPに関する2国間協議に関し、「自動車部門や保険部門に関する残された懸案事項に対処し」とされたことで、米国企業の保険参入について国内で危機感が広がっています。厚生労働省も、国民皆保険制度が崩されるのではないかと懸念しています。

 産経新聞は、本日付でこう報じています。
(http://news.goo.ne.jp/article/sankei/politics/government/snk20130227095.html)

   国民皆保険維持に懸念 厚労省 TPP、医療浮上で

 安倍晋三首相が参加に向け調整を開始した環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉で、焦点の一つに医療保険分野が急浮上し、所管する厚生労働、総務両省は「国民皆保険制度」が崩壊するのではないかと危機感を強めている。

 田村憲久厚生労働相は26日の記者会見で、交渉参加が国民皆保険制度に及ぼす影響について「何としても避けなければならない。首相も『絶対ない』と言っているので、交渉の中で壊れていくことはない」と強調した。

 首相は、今月19日の参院予算委員会で「国民皆保険は守っていく。わが国の主権の問題だ」と述べた。25日には、官邸を訪ねた日本歯科医師会の大久保満男会長らに対し、交渉に参加しても国民皆保険制度を維持する考えを伝えている。

 それでも、厚労省は「米側が交渉中に絶対に俎上(そじょう)に載せないという保証はない」(幹部)と不安を隠せない。昨年までの民主党政権が当初、医療保険制度について「議論の対象外」と説明してきたのにもかかわらず、途中から「可能性は否定できない」と態度を変化させてきたからだ。

 同省は、国民皆保険制度が廃止されると、自在に価格を設定できる自由診療が基本となり、外資の民間保険加入者と未加入者との間で医療格差が広がる可能性が高くなると強調する。同省も米国側の動向を独自に収集し、同制度の存否が交渉案件にならないよう、与党議員に働きかけを強めることにしている。


 「国民皆保険制度に影響が及ぶことは絶対にない」と安倍は言っているそうですが、政治家の約束ほど当てにならないものはないので、信じることはできません。政治家は言葉の意味をすり替えるのが得意ですから、最後は正当化してしまう公算が大です。「聖域なき関税撤廃」のように…。

 「国民皆保険制度」と言っても、保険料がバカ高くなって払える人が少なくなれば崩壊したも同然となります。自己負担分が増えて来ていることは周知の通りです。

 米国の保険会社は、混合診療の解禁を求めてくるでしょう。そうすると、医療格差が広がることになります。日本医師会は、混合診療の狙いは「本来公的医療保険で扱うべき医療の範囲を縮小し、その分を自由診療に移し変えようというもの」と見ています。

 オバマ大統領は2010年、選挙公約を実現する形で医療保険改革法を成立させました。これは、低所得者に補助を行って米国民の健康保険加入率を抜本的に向上させようというものですが、保険料が強制的に徴収されるために国民の反発を招き、フロリダ州では違憲判決も出されています。米国人に互助の精神はないのでしょうか? (自主独立の精神が旺盛という面もあるのでしょうが…)

 昨年6月、米最高裁判所は医療保険改革法の国民の保険加入義務付けに合憲判断を下しました。これで困るのが保険会社で、収益が圧迫されることになります。そこで目をつけたのが保険大国日本です。日本の国民皆保険制度を崩して自分たちの保険に加入させれば、米国での収益悪化を穴埋めすることができます。

 私益を追求するために一国の保険制度を崩壊させようというのですから無茶苦茶です。しかし米国はそうした内政干渉を繰り返して来ましたし、日本など主権国家だと思っていませんから全く平気です。宝の山を黙って見過ごす方がバカだと思っています。

 普通であれば、政府は自国を海外勢力から守ろうとしますが、この国の為政者たちは抵抗するどころか手を貸したりする始末です。官僚たちが利権を守るべく抵抗するのを期待するしかないのですが、外資から甘い餌を投げられたらなびいてしまう恐れがあります。暗澹たる思いを禁じ得ません。

 
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年2月27日 11:49:51 : vRI3ofw9zU
安倍が言ってる事はどうせ口先だけ。ほとんどの日本国民は時間が経てば忘れてしまうので、どこかのタイミングでなし崩し的に米国に国民皆保険制度の切り崩しと外資系民間保険の参入をOKするんだろうな。
保険を管轄している厚生労働省あたりも今でこそああいうポーズをとってるに過ぎない。だから官僚も信用してない。国民皆保険制度が崩壊するのは時間の問題。

02. JohnMung 2013年2月27日 12:35:05 : SfgJT2I6DyMEc : XA4sVwYyEs

 安倍晋三は、表と裏のある外道です。国民・有権者をペテンに掛け、国民の暮らしといのちをアメリカと国際資本に売り渡すのです。安部晋三は、国賊・売国奴というしかありません。

”山形2区自民すずきのりかず氏、TPP絶対反対を訴えて当選!安倍氏も応援に駆けつける(5秒に一人、飢餓で命を落とす子ら )”
 http://www.asyura2.com/13/senkyo144/msg/465.html
 投稿者 JAXVN 日時 2013 年 2 月 26 日 23:24:27: fSuEJ1ZfVg3Og

 福島では、原発再稼働について、福島県民をペテンに掛けています。とにかく、破廉恥極まりない、日本人にはあるまじきことを平気でする輩です。

「原発狂の自民党が、福島の人らに約束したこと!ど〜ん!」
 http://www.asyura2.com/12/genpatu29/msg/368.html
 投稿者 mainau 日時 2012 年 12 月 19 日 19:35:26: GgaPs4QXWLwO2

 TPPは、安倍首相や大手マスメディア等が誤魔化しているように、農産品等の関税障壁の問題だけに矮小化されるものでは決してない。
 しっかり、自分で情報検索し、学習し、自身と家族の生活に照らして、自主的に判断しましょう。
 安倍自公政権と官僚、そして大手マスメディア等は、「本当のこと」を国民・有権者に伝えず、情報操作・誘導を繰り返しています。

 今回の安倍晋三氏の訪米には、いくつかの重要な問題がありますが、その中でTPPについては、国民・有権者に「本当のこと」がほとんど伝わっていないことから、看過・座視することなく、情報発信・啓発に努めることが枢要かつ喫緊の課題であると考えます。
 下記、「高橋是清会」の投稿記事では、記者クラブ制度を通じたマスメディアと官僚のもたれ合いの関係について指摘し、かつ、大手マスメディアが農産品等に掛かる関税のことは喧伝するが、TPPの中で財務官僚がなによりも重視する「医療制度」のことに触れない背景などについて触れています。

 特に、TPPの一番のメイン項目は「医療」、即ち、アメリカ、財務官僚、マスコミの一番の狙いは、「医療」なのであり、「アメリカと財務官僚の狙いは、1.国民皆保険制度の廃止、2.混合診療の完全自由化」であることに触れていることに注目されたい。

 元記事では、読みづらいので、アンカーNo.02のコメント欄に行間等を詰めて、貼付・引用しています。少々長いですが、大手マスメディア等では報道されない(隠蔽されている)ことを平易な表現で説明しているので、ぜひご一読下さい。
 そして、一人でも多くの方々と話題にされることを希求するものです。

”日本共産党 大マスコミに対して「敵だと思っていない」 TPPは医療、経済・雇用を破壊する「3度目の原爆投下」ではないのか”
 http://www.asyura2.com/13/senkyo144/msg/459.html
 投稿者 高橋是清会 日時 2013 年 2 月 26 日 19:04:22: fqnvpSFGv5aiA

 ところで、昨年末の総選挙における自民党の政権公約のうち、TPPに関する部分は、下記の通りです。
 「TPPに関しては、政府(民主党野田内閣)が国民の知らないところで、交渉参加の条件に関する安易な妥協を繰り返さぬよう、わが党(=自民党)として判断基準を政府に示しています。
 @政府が、「聖域なき関税撤廃」を前提にする限り、交渉参加に反対する。
 A自由貿易の理念に反する自動車等の工業製品の数値目標は受け入れない。
 B国民皆保険制度を守る。
 C食の安全安心の基準を守る。
 D国の主権を損なうようなISD条項は合意しない。
 E政府調達・金融サービス等は、わが国の特性を踏まえる。」

 ID=Z47Cj7N52wさんによると、田淵隆明氏は、先行する諸国の諸事情を踏まえながら、TPPの問題点を下記のように、指摘しています。

 「上述の6条件だけでは国益を守ることは不十分であり、次のように改める必要があると考えられます。そして1つでも欠ける場合は、交渉参加することは我が国の国益を破壊すると考えられます。
 @政府が、「聖域なき関税撤廃」を前提にする限り、交渉参加に反対する。
 A自由貿易の理念に反する自動車等の工業製品の数値目標は受け入れない。
 B国民皆保険制度を守る。医療・介護分野、及び、薬価基準は自由化の対象外とする。
 C我が国の食の安全安心の基準を守る。遺伝子組替食品及び飼料は自由化の対象外とする。残留農薬・食品添加物・食品トレーサビリティについては自由化の対象外とする。
 D国の主権を損なうISD条項は合意しない。
 E政府調達及び公共調達については、自由化の対象外とする。また、金融サービス等は、わが国の特性を踏まえ、郵便貯金・簡易保険及び共済等は対象外とする。また、公共調達については、一言語に統一するのではなく、母国語主義とする。
 F知的財産権については自由化の対象外とする。また、動植物の種子や遺伝子、医療行為やビジネス・モデルについては知的財産権の対象外とする。
 G国家資格については自由化の対象外とする。
 H基本的人権に関する事項、及び、教育・文化・報道・公共交通・ライフライン・エネルギー・土地の取得・売買については自由化の対象外とする。
 I日本語も公用語とすることが認められない限り、交渉参加に反対する。
 J自由化がネガティブ・リスト方式である限り、交渉参加に反対する。
 K交渉過程が公開方式に変更されない限り、交渉参加に反対する」

 @〜Kそれぞれに大事なことですが、これらのどれ一つも欠かさないように、安倍自公政権に対して、TPP交渉参加反対の意思表示をするとともに、的確な情報公開を要求し、かつ、監視とチェックをしましょう。


03. 2013年2月27日 12:38:44 : FOAO31hZ96

厚労省官僚が言う「国民皆保険制度が廃止されると、自在に価格を設定できる自由診療が」は、そんなこたぁ無い。

何か旨い汁でも吸ってるのか? 天下り先でも探してるのか?

国民皆保険なんて崩壊した方が良い。ここを見れば良く分かる。

http://www.asyura2.com/13/senkyo144/msg/455.html#c1
http://www.asyura2.com/13/senkyo144/msg/455.html#c9
http://www.asyura2.com/13/senkyo144/msg/455.html#c13



04. 2013年2月27日 13:51:11 : MHViEyYMXw
>>03 さん
>国民皆保険なんて崩壊した方が良い。
>月々の支払額が高額になった時は、ある一定額以上は国が補填する大人の医療制度にしよう。

国民皆保険は世界稀に見るよい制度、あなたは本質を見誤っています。
今も収入により月額一定額以上金額が増えないよう補填される制度はあります。

普段の風邪や捻挫程度なら私も必要ないと思いますが、保険は万一の時のもの、保険が無いと病気の程度と手術の種類にも起因しますが、病院から実費で60〜100万円毎月請求されることとなるでしょう。
極端な書き方をしましたが、1ヶ月なら払えても数ヶ月続いたらどうなるでしょう?

TPPの狙いは国民皆保険制度を壊し、金儲けインチキ民間保険制度を導入させ、保険料未払いと弁護士裁判セットで非関税障壁と謳って攻めてきています。

私からすれば制度崩壊させ肝心必要時に、保険屋から顧客が保険規約契約告知義務違反の理由や様々な因縁理由をつけて、保険金が支払われない金儲け主義のインチキ制度が良く、治療が出来なくても良いと、借金を増やしても良いと聞こえます。
当然保険料未払いが全てに該当するとは言っていません。

社会保険庁シロアリの天下りわたり諸々と、駆除とムダと減量の必要性は認めます。
それと国民皆保険制度維持とは分け考えるべきで、地方へ分権ができれば保険料もきっと安くなるでしょう。
先のスレッドで保険料が大変とありましたが、国保であれば役所保険課へ金額などの生活苦相談に向かうべき、きっと少しは助けになると思います。
周りで大病した経験が無いので言っていると思えます。


05. 2013年2月27日 14:07:33 : myu8OZQqC6
医師と言うのは、自由診療でも新医療に挑戦したいという人は
安い治療を餌に患者を集め、保険を利用して売上を上げたい、というのが多数派なんですね

06. 2013年2月27日 17:53:10 : FOAO31hZ96
>>03です。

04さん 本質を見誤っているのはあなたですよ。
今の保険制度をいいと思い込んじゃっている人に何を言っても無駄だとは思いますがね。

今の制度の問題点は、予め医療も受けていない人から保険料と称して莫大な税金を取り立てて、
殆ど保険料を払っていない老人の本人負担率を一割とか二割にしてさぁどんどん使って下さいと無駄な医療を発生させている所に問題がある。
自分で負担するなら絶対に行かないような何でもないことでも受診する。
自分が払っていないからとか、唯だからとか、もう保険料払っちゃったから受けなきゃ損だなどと言う浅ましい考えの持ち主は多い。
 普通なら絶対に医者に行かないような人からも無理やりお金を毟り取って不必要な医療を作り出している。
保険と言うのは万が一の時の為に掛けるもんです。今の制度は保険じゃないんですよ。恒常的に毟り取って他へ持って行って与えると言うことをやっている。
強制的に使わせる制度なんだよ。分かるかな。

それで不当な儲けをしている者が誰だかはあなたには当然分からないでしょう。
そこにはとてもドロドロとした不正があるんですよ。

あなたはまともに国民健康保険料も払ったことが無いようだから分からないんだよ。どれだけ取られているかを。
その為に庶民の可処分所得が減って不景気の原因にもなっている。

>>03のリンク先でも紹介した制度は全く新しい考え方だから、あなたには飲み込めなかったのでしょう。
無駄な医療を発生させない為に他人に寄生するのではなく、まず受益者である本人が自分の責任で全額払いなさいよと言うこと。そうすれば殆どの人が本当に必要な時しか掛からなくなります。本当に医療が必要な人が不当に長時間待たされたり、盥回しされたりすることがなくなる。
 毎月の医療費がある一定の額以上になった時は、国がそれ以上の分を支払う受益者負担と高度福祉が両立した制度です。
例えば、毎月の限度額を3万7千円に設定すれば、急に盲腸になったり、大怪我して入院したりした時でも月3万7千円以上は掛からないのだから、助かるでしょ。糖尿病に罹ろうがガンに罹ろうが月3万7千円以上は唯。
本当に困っている人は助ける。普段のどうでもないことは本人の責任で受益者負担する。
これが甘やかしの無い大人の福祉だよ。


07. JohnMumg 2013年2月27日 19:18:54 : RfMxdQSAVW2nQ : XA4sVwYyEs

 03>06> FOAO31hZ96 には、同意しかねる!

 この制度の発足時の事情を無視した議論は、世代間の対立をもたらすだけ!

 現下の事情では、喜ぶのは、馬鹿な財務官僚と無能な自公政権と補完勢力、そしてアメリカ・国際資本である!


08. 2013年2月27日 19:28:51 : MHViEyYMXw
>>06 さん
09と13 読んでませんでした。
詳しく説明もらえたので、TPP参加不参加に関わらず医療制度改革改新の必要性、内容理解しました。
とても良い考えに思います。

>自分が払っていないからとか、唯だからとか、もう保険料払っちゃったから受けなきゃ損だなどと言う浅ましい考えの持ち主は多い。
人間の性でしょうね。

>それで不当な儲けをしている者が誰だかはあなたには当然分からないでしょう。
>そこにはとてもドロドロとした不正があるんですよ。
医者と薬とは認識しています。

>あなたはまともに国民健康保険料も払ったことが無いようだから分からないんだよ。どれだけ取られているかを。
見誤りがちょっと残念です。高いと自覚しています。

>無駄な医療を発生させない為に他人に寄生するのではなく、まず受益者である本人が自分の責任で全額払いなさいよと言うこと
>例えば、毎月の限度額を3万7千円に設定すれば、急に盲腸になったり、大怪我して入院したりした時でも月3万7千円以上は掛からないのだから、助かるでしょ。糖尿病に罹ろうがガンに罹ろうが月3万7千円以上は唯。
>本当に困っている人は助ける。普段のどうでもないことは本人の責任で受益者負担する。
ご尤も、この様な改革であれば大賛成です。

どの道TPP交渉参加し、例外が認められなければ非関税障壁、絵に描いた餅で終ってしまいます。
この様な改革を実現する為にも、TPP交渉参加を表明する嘘つき安倍ではない、実行力がありビジョンを持った政治家に頑張ってもらいたいです。


09. xyzxyz 2013年2月27日 20:22:32 : hVWJEmY6Wpyl6 : JI2Seycs4s
>>6
確かに知人の医師も、今の医療制度ではいずれ って話をしてましたね。

>>7
TPPの参加不参加関係なく、この問題は年金と同じでいずれは解決しないと
いけない問題でしょう。知ってる医師本人からもこの制度はいずれ破綻するとは言ってたし。
ただ今の医療制度にとって変わるのがアメリカの保険会社ってわけでなく
>>6の示してる内容なら、抵抗感なく受け入れられるのでは。
限度額にはそれぞれ議論の余地はあるんだろうけど。


10. 冷徹な人 2013年2月27日 20:47:36 : tcgFDe61JhAvA : dEVRQfruy2
 TPPで、「国民皆保険制度」が崩壊と騒いでいるが、何がどう破壊される恐れが有るのか、何を守らなければいけないのかを整理して明確にしないと、ただ反対ではどうにもならないと思うよ。

 まず、TPPと関係なく、急速な高齢化に伴う医療費の高騰で、健康保険制度は既に危機的状態であることは認識していないといけないと思う。
 高齢者を切り離したのも、その対策。(対策になっているのかな?)

 保険制度といっても、以下の問題がある。

1 国民健康保険
2 企業(組合)健康保険
3 健康保険適用医療(薬含む)と適用外医療。混合診療
4 健康保険適用医療費の一律(点数制)

               等

1 予想されるのは、1,2への参入。当然、国庫からの同様の補助金の要求。
  今は、加入者は保険(組合)を良くも悪くも選択できない。
  これが選択できることになれば、弱者切り捨てになる恐れがある。
  ただ、非正規雇用の人のように、会社がコロコロ変わったりすると色んな保険組合や国民健康保険を渡り歩くことになるが、切り替えがいらなくなるかもしれない。
  民営化や大規模化により、保険料が安くなる可能性は高い。

2 上記3の混合診療は認められる可能性が高い。
  利用者にとってはメリットだと思う。

3 4項の保険適用医療費の一律制(点数性)がなくなると、これは大問題。
  これは、死守する必要がある。認定を早くする必要はあるが。

 もっと難しく訳の分からないのは、介護保険がどのように影響を受けるのか?
 ややこしいので、とりあえず、手は出してこない気はするが。


11. 2013年2月27日 21:25:52 : 4ZK30IMNmg
JA大会でTPP反対を決議

県内の農業団体の関係者が参加した「JA沖縄大会」が豊見城市で開かれ、TPP=環太平洋パートナーシップ協定について「離島を抱える沖縄の農業や地域社会に深刻な影響を及ぼす」として交渉参加に反対する決議を採択しました。豊見城市で開かれた大会には県内の農業団体の関係者およそ700人が参加しました。
大会であいさつした県農業協同組合中央会の小那覇安優会長は、TPPについて、「日本の農産品が関税撤廃の対象から除外される保証はどこにもない。拙速なTPP交渉参加は断じて許すことはできない」と述べ、交渉参加に反対する立場を強調しました。
このあと、大会では、「TPPは離島を抱える沖縄にとって農業や地域社会に深刻な影響を及ぼす恐れがある」とした上で「交渉参加を断念するまで徹底した運動を展開する」とした特別決議を採択しました。
県のまとめによりますと、沖縄県では、TPPの参加でさとうきびやパイナップル、肉用牛などへの影響が懸念されていて、生産額はおよそ580億円の減少と試算されています。
さらに加工業などの関連産業への波及も含めると、およそ1420億円の減少とされています。
大会に参加した南城市で野菜を生産している農家の女性は、「今後、TPPの参加で農産物の値段に影響が出て、作った野菜が売れなくなるのではないかと不安です」と話していました。

02月27日 20時39分

http://www3.nhk.or.jp/okinawa/lnews/5095793541.html


12. 2013年2月27日 22:22:33 : MHViEyYMXw
>>07 xyzxyzさん
この医療制度改革改新の必要性は、誰しもが危惧していることと思います。
無論私も総論で賛成であります。

>限度額にはそれぞれ議論の余地はあるんだろうけど。
まったく同意

私が全文読まなかった早とちりもあって、TPP擁護と勘違いしグダグダ書き論点が逸れましたが、JohnMumgさんも総論では賛成だと勝手に妄想しています。

私は投稿と優先順位で判断すると、今話す内容ではないと思っています。
恐らくJohnMumgさんも同じでは無いかと考える次第です。

TPP絶対反対、参加の場合もISD条項や可笑しな条項は外す、例外品目も危惧されているものは基本外すで、骨抜きが理想です。

外圧で今まで改革してきて全てシロアリや既得権層に良い様にされてきましたが、国民も日本の出鱈目を気が付いてきているので、生活が安定することを目指し地方へ分権することで、その後変革改革改新が自分はベストと思っています。


13. 2013年2月27日 22:47:12 : DYO6vdSoGE
日本の国民皆保険制度で、米国も国民皆保険制度にしてあげましょう!
日本はTPPでも改悪する必要はありません!

14. 2013年2月27日 22:54:25 : DYO6vdSoGE
>>13
しかし 健康保険料も高い。差額ベッド代は高すぎる。薬代も高い。
人の弱みに付け込んで儲けるようなことはしないような仕組みにしてもらいたい。

15. 2013年2月28日 00:50:54 : R8MZIMHdJg
>日本の国民皆保険制度で、米国も国民皆保険制度にしてあげましょう!
>日本はTPPでも改悪する必要はありません
発想 GOOD JOB。
でも残念ながら米国はご愁傷様のお国、それに金融偽ユダヤ保険部保険課担当が大勢失業しちゃう。
先ずは一旦ヒモの米国と縁を切って、改めて先ずはお見合いからかな?

>健康保険料も高い。差額ベッド代は高すぎる。薬代も高い。
同意、癌はシロアリと判ったのだから、如何するかはこれからでしょう。


16. 2013年2月28日 14:04:35 : beQiOMZZVw
農協も日本医師会も、ゴミのような日本歯科医師会も、薬剤師会も

TPPに反対!!と叫んでいても

選挙になれば自民党候補を、ひたすら犬のように推薦させてくださいと言って来る

時には公認くださいと土下座までしている。

ハハハ…バカ丸出し、

自説に責任を持つなら、自民党に近寄ってくるな!バカども

バカ民主党の元バカ大将のお陰で、自民・公明が天下を取ったぞー

腐れたバカは黙っていろ!!!


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK144掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

アマゾンカンパ 楽天カンパ      ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK144掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧