★阿修羅♪ > 原発・フッ素37 > 870.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
福島県伊達市 小学校の『保険だより』に「1学期間に鼻血を出す子が多かった」(SAVE CHILD)
http://www.asyura2.com/14/genpatu37/msg/870.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 5 月 09 日 19:18:13: igsppGRN/E9PQ
 

【福島県伊達市】小学校の『保険だより』に「1学期間に鼻血を出す子が多かった」
http://savechild.net/archives/6247.html
2011.7.30 | ウサギ1号 SAVE CHILD



(画像は、問題の文章の部分を赤く加工しています。)


ちょこ(小学3年、4年の子供の母親です。伊達市在住☆☆)
保原小学校の『保健だより』より。 『1学期間に保健室で気になったことが2つあります。 1つ目は鼻血を出す子が多かったこと。 2つ目は学校感染症(インフルエンザ等)が夏休み直前まであったこと。』 我が子以外にも鼻血出していたんだ!! しかも、多かったんだ!! これって……。
https://twitter.com/#!/pochikorochoco/status/93664104392310785 (7月20日9:50 PM)


ちょこ(小学3年、4年の子供の母親です。伊達市在住☆☆)
『保健だより』の一部分です。参考までに。 twitpic.com/5y6wrn
http://twitter.com/#!/pochikorochoco/status/97267364344770560 (7月30日8:28 PM)


福島県伊達市の小学校の「保険だより」の内容です。この小学校に子どもを通わせているお母さんからの情報です。


鼻血を出す子が多かったそうです。



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年5月09日 19:56:12 : jw9F5ajxoY
母親「子供を返して!」
福島「返さない、絶対に!たとえ日本が滅んでも!」

02. 2014年5月09日 20:27:42 : 0XgnjtaU1k
福島、ほんとうは鼻血を出す人や子ども、多いんじゃないのかな。
それを病院や診療所が隠している。どうもそんな気がしている。
ちゃんとほんとうのことを公開すべきだ。子どもを犠牲にしても平然としている
日本人の国民性はいまに始まったことじゃない。
遠い昔から「間引き」という習慣があった民族らしい残酷さじゃないか。
もちろん「子殺し、子間引き」は世界的に行われている風習だが、
日本の場合、生活水準を保つためという、ひでえ目的で行われてきた。
子どもを育てられないほど生活に困ってなくても、快適生活維持のため子を殺す。
それがこの国の伝統だ。

03. 2014年5月09日 20:43:18 : T1NmCXnaQY
環境省のデタラメ説明頭くる。
だって現場で白いうすうすの防護服を着るのは放射線をさえぎるためですか?
放射性物質の粒子が身体に付かないようにするためでしょ? 
それが飛んできて鼻に吸い込まれ、弱い粘膜を傷めたら鼻血が出るのは当然。
サルでもわかる。
なに勝手にスルーしてんの?
環境省の説明が正しいなら、白い防護服なんか着る必要ないんですけど。
放射性物質の灰は、静岡の茶葉まで汚染したんですけど。

放射性物質対策に関する不安の声について
平成26年5月8日環境省環境保健部
http://www.env.go.jp/chemi/rhm/info_1405-1.html


04. 2014年5月09日 21:23:57 : LmTtr8jwwY
『保険だより』全体の写真載せない理由は何?ばかだろ!!

05. 2014年5月09日 21:54:34 : 1geRdsjJSg
鼻血が出ても、病院に行ったり行政に報告する人間はほとんどいないだろう。それをいいことに存在しないことにしている。だがそうして沈黙している人も、他にも同じ症状の人がいると知れば横の連絡がついて集団化するし、権威が事実を明らかにすれば自分の症状についても声を上げるようになる。

奴等はそれを防ぎたいのだ。
「寝た子を起こすな」が合い言葉になっているからな。
奴等の中で風評被害とは、寝た子を起こす行為のことを指し示している。


06. 2014年5月09日 22:08:52 : cQ79uxHmns
▼「美味しんぼ」に抗議した福島県双葉町は町民が鼻血を出したことを把握していた! (byはなゆー)
http://www.asyura2.com/14/genpatu37/msg/867.html
▼【重要】双葉町の議事録に「鼻血が二日間も止まらなかった」という記述がある件!ちなみに、双葉町は漫画美味しんぼの鼻血描写に猛抗議!
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-2495.html
▼今騒ぎになっている「鼻血」に関するある恐ろしい話(wantonのブログ)
http://www.asyura2.com/14/genpatu37/msg/770.html
▼鼻血は恐ろしい放射線病です CBSニュース(とある原発の溶融貫通(メルトスルー))
http://www.asyura2.com/14/genpatu37/msg/760.html
▼チェルノブイリ原発周辺住民の急性放射線障害に関する記録
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/Chernobyl/saigai/Lupan-j.html
▼被曝と鼻血】ウクライナ政府報告書「高濃度汚染地域に住む子供たちが鼻血を流している」
http://alcyone-sapporo.blogspot.jp/2014/05/blog-post_2554.html
▼放射能放出量がはるかに少なかったスリーマイル島事故でも鼻血が出た
http://www.asyura2.com/14/genpatu37/msg/809.html

07. 2014年5月09日 22:12:33 : x1ybXXm9zw
>05
 多摩散人です。

>鼻血が出ても、病院に行ったり行政に報告する人間はほとんどいないだろう。それをいいことに存在しないことにしている。

 誰かが小学生が鼻血を出した事実を「存在しないことにし」たなんて事実があるんですか。

福島県の他の小学校では、どうだったんでしょう。
また、全国の小学校では、どうだったんでしょう。
また、例年と比べたら、どうだったんでしょう。
例えば、事故が起きる前は、鼻血の話題のある保険新聞は、なかったんでしょうか。


08. 2014年5月09日 22:28:28 : asdjYoy9bU
鼻血が放射能情報拡散の突破口になりそうですね。
だって普通の鼻血じゃありえないくらいの発生率。
こんなふうに、人体のどこかで内出血も起こりうると考えれば。
恐ろしい!

09. 2014年5月09日 22:36:13 : x1ybXXm9zw
>08
 多摩散人です。

>だって普通の鼻血じゃありえないくらいの発生率。

 今までの鼻血情報の中に、どこに「発生率」の情報があるんですか。「率」と言うからには、分母と分子があるはずです。分母は何で、分子は何ですか。

 「率」とは別に、その鼻血の原因が放射能のせいであるのか、ないのか、の問題もあります。

 今ある情報は、鼻血を出した小学生+元町長などの大人がいる、ということだけです。10年前には、そう言う人はいなかったんですか。

=====================================


10. The theory 2014年5月09日 22:40:39 : 0dTAVdpKFw.i6 : OX6ySVZWlg
結局、確実なことは「鼻血を出した人を見たことがない」=「鼻血を出した人は居ない」なんて論理が、必ずしも成り立たないってこと。

これを断言できる人は、全数調査でもしてるのか…って話ですわ。


11. 2014年5月09日 23:01:19 : x1ybXXm9zw
>10
 多摩散人です。

>結局、確実なことは「鼻血を出した人を見たことがない」=「鼻血を出した人は居ない」なんて論理が、必ずしも成り立たないってこと。

 そんなことは、当たり前すぎて無意味です。

大切なことは、放射能のせいで鼻血を出した人がいるという例が、一つも確認されていないこと。また、放射能のせいで鼻血を出す人が増えたということが、確認されていないこと。この二つです。


12. 2014年5月09日 23:13:59 : TbZy18kA1M
「津波てんでんこ」じゃないが
「放射能てんでんこ」で何か不都合がある?

老人の警句には時々感心してしまうのが
「信心より用心」だってさ

しかし、原発がなくなると江戸時代に戻ると
言った人がいたが恥を知ってるのかな(笑)


13. 温泉地獄 2014年5月09日 23:23:45 : 8jpUb2jc/qY8g : wOsyI8NKBM
>11
被曝により鼻血が出る、は本当なら簡単に証明することが出来るはず。
福1では、今も放射性物質が大気中に拡散され続けているから、福一に
人を連れてって、高濃度に放射性物質が大気中に存在する場所にマスク
無しで連れてけば良い。
内部被曝など、数万bqまでは、1mSVの被曝にならないわけだからマスク無し
でも1日くらいなら安全なはずですよね。
で、その環境で鼻血を出す人が有為に増えるか見てみて、もし増えていたら
鼻血を出した人の鼻粘膜でも採取して調査すれば良い。
それで白黒付くでしょう。
でも、それをやらないのは、本当は内部被曝が危険だと知ってるから。
人を連れて行けない。

14. 2014年5月09日 23:44:41 : 6m9Z3Oa7DY
多摩散人とやら確率がどうのこうのと屁理屈いってんじゃね-よ.
健康だよりに『鼻血を出した子が多い』とあるだろうが

その原因を調べるのは公的機関なんでしょ


15. 2014年5月10日 00:16:18 : x1ybXXm9zw
>14
 多摩散人です。

>健康だよりに『鼻血を出した子が多い』とあるだろうが

そういうことが、特に福島の学校で、例年以上に多ければ、調べるでしょうね。

それ以外のことは、09と11に書いてありますよ。


16. 2014年5月10日 00:26:46 : Dtksg2iGqk
1F作業員の方は鼻血出てるの?

17. 2014年5月10日 00:28:57 : ZeQvEC3JSE
放射能の何で、鼻の何がどう傷ついて、どんな鼻血がでるの

二日間鼻血止まらず。洗面器一杯鼻血。・・・なにそれ。よく死ななかったな

自分だって、記録なんてしていないが、2,3年に1回くらいは普通に鼻血出るが

その伝でいけば、日本では 10万人/1日 くらいの度合いで鼻血出してるんだろ

子供はもっと多いはずだ

鼻血なんてそんなもんだ。何が放射能だよ

鼻血もいいが、ケツ穴からの出血も問題にすれば、よりいいんじゃないのか


18. 2014年5月10日 01:38:26 : Huc46W1eZ6
「日本の子供を、とりもどす。」

営利誘拐ですね。御得意の「官民一体となって」て奴ですね。
ピチピチした丸太が沢山でウホウホですね。御坊ちゃん。
なぁに、バタバタ出始めたら纏めて靖国に入れちゃえばオッケーですよ。 御坊ちゃん。


19. 2014年5月10日 01:53:49 : XE1XIVNOW6
多摩惨人は生真面目なのか足りないのか淋しがりなのか一方的な言い掛かりみたいなコメントばかりで「確認されていない」を繰り返して都合の悪いことはかわすだけですね。コメント返してくれる方がいるだけ感謝すべきですよ。

20. 2014年5月10日 02:00:06 : rzXcObHkh6
原発事故以前には鼻血を出したことがないのに、原発以後鼻血を出した人。

原発以前に鼻血を出したことがあるが、それには明確な原因があった。ところが、原発以後は、原因がないと思われる状況で鼻血が出た、という人。

そして、その鼻血の出方が、原発以前には経験のないようなものであった。大量に出たり、長時間に渡って出た、という人。

そのような経験を述べる人は一人や二人ではない。たとえば、次の場所だけでも、相当な人数である。
http://sos311karte.blogspot.jp/search/label/%E9%BC%BB%E8%A1%80

そうなれば、原発事故に疑いがかかるのは当然である。疑いがあれば、「捜査」ならぬ「調査」するのが通常の対応だろう。ところが、政府は何の調査もしない。当然すべきことをしないとなれば、隠蔽していると言われて当たり前だろう。調査しないでおいて、鼻血と放射線とは関係がないと述べる政府の無責任さは言語道断である。


21. 2014年5月10日 03:40:16 : aiMZAOJQqY
どんどん鼻血が多発した証拠が出てきているね。
これで決着はついたな。

「美味しんぼ」を叩けば叩くほど、騒ぎは大きくなって、反証がぞくぞく出てくる。
被ばくに全く無知だった人まで、自分の鼻血は被ばくのせいかと疑い始める。

原子力ムラが、「美味しんぼ」を無視すればよかったと思っても後の祭りだ。
自分で自分の首を絞めたのだ。


22. 2014年5月10日 05:31:09 : aFn6jxe5CE
デマ散人さん、あなたの一連のコメントは詭弁というやつですよ。
放射線による被害は放射線が眼に見えないからほとんどが類推するしかないものが多いんです。
原子炉本体からの強烈な放射線を被爆してだれかが倒れたら、ほとんどの人が放射線にやられたと類推する。でもこれを科学的に放射能のせいだと証明しろといわれれば証明するのはたいへんむつかしいことです。
歴史的に見ても公害問題なんかみなこの手のむつかしさがあった。
まして放射線による鼻血は証明するのがとてもむつかしい。それをいいことに「証明しろ」「証明しろ」といっているのがあんただ。
放射線が眼に見えればおそらく福島の人たちはいまごろ裸足で逃げ出しているでしょうねえ。
わたしたちは眼に見えないものを相手にしている。よって想像力や類推する力によってできるだけ用心を怠るなと言っているだけでしょ。
あんた何をそんに狂犬みたいに噛み付いているの?
もっと冷静になってはどうですか?

23. 2014年5月10日 07:07:27 : 5jwtW13Ejk
私は、多摩惨のコメントは重要な意味を持っていると、前々から思っていた。
なぜなら一般大衆の代表的な考え方だと思うからです。
これからも貴重なコメント待ってます。

24. 函館の犬。 2014年5月10日 07:48:43 : bhbAK3m6MJQx2 : tmcxiQA2xA
第2、第3の美味しんぼが現れて、もっともっと過激な描写をしていただきたい。

[32削除理由]:アラシ
25. 2014年5月10日 08:47:57 : Yxo9Wm9dUA
>23. 2014年5月10日 07:07:27 : 5jwtW13Ejk
>私は、多摩惨のコメントは重要な意味を持っていると、前々から思っていた。
>なぜなら一般大衆の代表的な考え方だと思うからです。

大衆はそんなバカじゃないよ。w
大衆を舐めるな。


26. 2014年5月10日 09:12:50 : ltqV0hjvZQ
>>23

「考え方」じゃなくて、関東・南東北あたりに在住で、自分の立場とプライドを意固地になって守りたい人の「意見」ね。

心の底は、すごく不安だと思うよ、だからこそ、余計頑迷に放射能被害を否定するんだ。

日本人はもともと保守的だから、そういうタイプはとても多いだろう。


27. 2014年5月10日 09:32:43 : x1ybXXm9zw
>26
 多摩散人です。

 「こんなに確信を持っているように言うのは、本当は心の中が不安でいっぱいだと言うことの、動かぬ証拠である」…

 私はただ、疑問と質問を並べているだけだと自分では思っているが。

 不安がなければ、こんな阿修羅みたいなデマだらけのところに来ないし、疑問と質問を並べることもしませんよ。

 不安と言っても、おおよそ二つあります。

 一つは放射能に対する不安です。これは以下略。

 もう一つは、大衆に対する不安です。大衆はバカでもあり、賢明でもある。有る場合に、大衆はどこまでバカになるか、そのことに対する不安です。


28. 2014年5月10日 10:20:11 : rrhrFN6JLd
27)だったら来なくていいよ。ダボ散人。

29. 2014年5月10日 10:26:01 : Yxo9Wm9dUA
>こんな阿修羅みたいなデマだらけのところに来ないし、疑問と質問を並べることもしませんよ。

あたまからデマを並べているとおもっている相手になぜ質問するのか?
それは一種の嫌がらせだよね。w
どうせ答えられないだろうと。
デマだから答えなんかできないだろうと。
そうたかをくくっている。
そんな不毛なことをしてむなしくないかね、デマ散人さんよ。


30. 2014年5月10日 10:42:18 : x1ybXXm9zw
>28・29
 多摩散人です。

 頭から全部デマだと思っているなら、初めから来ません。一万のうち、一つでも本当のことがあって、それが自分に当てはまるなら、真っ先に多摩から逃げようと思っているからこそ、注意して阿修羅を見て、質問しているんです。嫌がらせではありません。

 質問されたら喜んで答えるのが当たり前なのに、何でいやがって、「来るな」なんて言うんですか。


31. 2014年5月10日 12:00:05 : Era7KZtLJQ
普段鼻血など出さない人が、福島に取材に行ったら鼻血を出した。それも何人も。
双葉町の元町長にたずねるとこのひともそうだった。
それで異常を感じない馬鹿もいる。数字を出せとかね。国が調べるべきことを怠って
いるのに。

32. 2014年5月10日 12:21:26 : DaueEGAfmU
>30. 2014年5月10日 10:42:18 : x1ybXXm9zw
>質問されたら喜んで答えるのが当たり前なのに、何でいやがって、「来るな」なんて言うんですか。

質問されたならなぜ「喜んで」
答えなきゃいけないのか???
みんな忙しいんだよ。喜んで答えるってそりゃあ世間を知らなさ過ぎる。
ふつうはじぶんで調べてみるものだろ。
その調べた情報をまずは開陳して「わたしはこうおもいますが...」と
たずねるべきだとおもうがな。
散々毒づいてから「喜んで教えろ」って。
第一、あたまからデマを垂れ流しているとおもっているサイトに来て質問するより、
ほかをあたれよ。来るなとはいわないが、あんた言っていることがどこかで
ワープしているよ。w
ふつうの精神状態とはおもえない。


33. 2014年5月10日 12:56:44 : DaueEGAfmU
それから多摩だかデマだかしらないが、
あんた投稿記事にコメントしないでいつもコメントを揶揄するばかりだ。
要するに政府から雇われたかく乱工作員と同じようなことをしている。
政府がネット対策をしていることは周知だし、たしかアルバイトも雇っているはず。あんたがそうだとはいわないが、同じようなことをしている時点で、
嫌われるのはあたりまえだ。

34. 2014年5月10日 13:51:39 : USGet2X0jc

なぜ鼻血を心配するかはチェルノブイリでの経験と同じだからだけど、国で調査するなりしないって事は、やはり放射能の影響だという方に考えが傾くのは自然なこと。
甲状腺の検査を拒否する御達しが病院にでてるとか、検査対象者は二次検査までの期間が長いとかってのも放射能の影響を隠してるように見られてもしょうがないからね。

35. 2014年5月10日 16:07:53 : FfzzRIbxkp
血液検査をしているのでしょうか。

白血病の症状を確認しておいた方がいいでしょう。


36. 奥多摩散人 2014年5月10日 16:51:41 : OmrGkhUTdNAGE : GXcCFje246
多摩散人様
福島県の甲状腺がんが多いのはどのように曲解なされているのでしょうか

37. ソーセージ 2014年5月10日 21:05:47 : TeeTpuYDz0qMY : 2B5Y1YsYwA
ぶ、子供のころからしょっちゅう鼻血出してるが。

買ったばかりの家に住めなくなったとか、
一瞬気の毒な気もしたが、その程度。
そんなに怖けりゃ他県に行けばよいのにとしか思わない。
マイクを向けるメディアがあるから窮状を訴えてるだけなのかもしれないが。

別に福島だけが日本なわけではないし、
住めば都という言葉どおり他県にも
魅力的な街はいくらでもあることを
冷静に考えれば認識できるはず…

どこで生活しても一生失われない風景はない。


それと物はいつかは壊れてしまうが、
子供というのは後々残っていく。
どっちが大事なのか?


38. 2014年5月10日 23:03:06 : x1ybXXm9zw
>36
 多摩散人です。

 私がすべての放射能被害情報の中で、一番「本当に近い」と思っているのが、子供の甲状腺の異常です。これは、チェルノブイリでも確認されています。

 しかし、私が読んだ本(「原発 危険神話の崩壊」:池田信夫・「反原発の不都合な真実」:藤沢数希)や稲恭宏博士の講演(ネットで検索すれば出てくる)などによれば、日本ではほとんど心配ないだろうと言うことです。その理由は、雑な言い方だが、

1.ウクライナは内陸国で、自然ヨウ素をほとんど摂取しないが、日本は海藻などからいつもヨウ素を摂取しており、放射性ヨウ素が甲状腺に入り込む余地がない。チェルノブイリの事故以来、ロシアは日本の援助などで、食塩のなかにわざとヨウ素を混ぜて、日常的に摂取するようにするなどの対策を取っている。

2.日本での子供の甲状腺異常は、重傷とは言えず、治療もそれほど難しくないという話だ。また、治療が不必要な場合も多く、また、必要な場合も簡単である。私も知りたいところだが、福島の事故後、甲状腺ガンで死んだ人は何人いるだろうか。

3.チェルノブイリの甲状腺異常は、主として放射能に汚染された牛乳を飲み続けたことが原因だが、日本は、事故後すぐ牛乳の摂取を止めさせている。

4.事故が起きてから、最新の方法で検査したため、今まで見逃していた多くの異常まで発見したので、発見率が上がったと福島医大などが説明しているが、ある程度の説得力がある。

5.私も、現在の福島の子供たちの甲状腺異常の何割が放射能の影響か分からないし、少しはあるかもしれないと思っているが、たいした数ではないと思っている。

6.お前は専門家でもないくせに知ったようなことを言うなと言われればその通りだが、素人として、だいたいそう考えていると言うことです。私を批判しようとする人だって、たぶん専門家ではないでしょう。


39. 2014年5月10日 23:19:08 : x1ybXXm9zw
>38 追加です。多摩散人。

 十分に情報を調べた訳ではないので申し訳ないが、甲状腺の異常の検査に関して、次のような話を聞いて、非常に不思議に思う。

1.医者の検査の仕方が簡単すぎる、医者は患者を騙そうとしていると主張する人がいるが、簡単な検査で分かるなら、私は喜ぶだろう。

2.のう胞などの異常があるが、治療の必要はない、と言われて怒る人がいるらしいが、治療の必要がなければ、私なら、ラッキーと思うだろう。

3.次は2年後に検査すればよいと言われて怒る人がいるらしいが、公の機関が検査してくれないことが不満なら、自費で好きなだけ検査してもらえばよいと思うが。


40. 3流人 2014年5月11日 00:48:23 : XctgDAAL2QhHk : nvKbpas0KA
>>38
>>39

私が思うところをお答えしておこう。

>>38
>1.ウクライナは内陸国で、自然ヨウ素をほとんど摂取しないが……
「放射性ヨウ素が甲状腺に入り込む余地がない」のではなく、「放射性ヨウ素が甲状腺に入り込む余地が、比較的低い」というにすぎない。また、日本人が全員、「海藻などからいつもヨウ素を摂取している」とは言えない。現に私などは、ほとんど海藻は食さない。

>2.日本での子供の甲状腺異常は……
まだ、始まったばかりにすぎない。また、甲状腺がんの10年生存率については、自分でお調べになるとよろしいが、比較的予後がよいとされる乳頭がんでも、10年生存率は「80%以上」ということである。つまり、20%近くの人は、10年以内に亡くなるということで、恐ろしい病気であると言ってよい。

>3.チェルノブイリの甲状腺異常は……
被害が抑えられるであろうことの根拠とはなっても、被害がないという根拠にはならない。事故直後、牛乳の摂取を止めさせたのは賢明な判断だったが、その後、日本政府がさまざまなやり方で放射能に汚染された物質を日本国中に広めようとしているのは、愚劣な施策である。

4.事故が起きてから、最新の方法で検査したため……
あくまで「ある程度の説得力」があるにすぎず、これを発見率が上がった唯一の根拠とするわけにはいかない。むしろ、「発見率が上がったこと」自体を重視するべきである。

5.私も、現在の福島……
「大した数」になるかどうかは、今後20年以上の経過を見なければならない。仮に、もし、事故による放射能汚染が原因で、ただ一人だけの子どもが甲状腺がんになり、亡くなったと仮定しよう。それは、あなたにとっては「大した数ではない」だろうが、その子にとっては唯一の命であり、その子の親御さんにとっては、かけがえのないわが子の命である。

6.お前は専門家でもないくせに知ったようなことを……
私は、専門家でない者も大いに疑問を持ち、思うところを語り合うべきだと考える。ただ、一般論で言えば、専門家でない者が、自分の知らないことを知っているかのように断言するのはよろしくないだろう。あなたがそんなことをしているかどうかは知らないが。
また、専門家の言うことをむやみに信じるのが危険であることも言い添えたい。これまで、こと公害問題や環境問題に関しては、いわゆる専門家なる者が多くの間違った言説を振りまいてきたのは、歴史を見れば明らかである。(たとえば、水俣病に関する当時の専門家の出した言説をお調べになればよろしい。)

>>39
>1.医者の検査の仕方が……
いい加減な検査をしているのではないかと心配なさっているのだろう。私もかつて入院したとき、同じような心配をしたことがある。

>2.のう胞などの異常があるが……
「治療の必要はない」という医者の言葉が信用できないのだろう。激しい腹痛で医者に行き、医者から「大したことはない」と言われて帰宅したら、実は盲腸で、放っておくと危ういところだったというようなことは、よくある話である。

>3.次は2年後に……自費で好きなだけ検査してもらえばよいと思うが。
あなたが、今更こんな疑問を呈するのは、実に意外である。自費で検査してもらおうとしても、病院側が拒否する。しかも、それには、例の山下俊一氏が絡んでいるというのは、よく知られた話ではないか。
念のため、その一例を示す記事を↓に付しておく。
http://www.acsir.org/info.php?18
つまり、自費で検査してもらいたくても、拒否される。
これが、答えである。
また、この事実は、現在、なんらかの政治的な力が、放射能汚染による健康被害の実態を押し隠そうとしていることの傍証(確証ではない)でもあるだろう。

それにしても、「自費で検査してもらおうとしても、病院側が拒否する。しかも、それには、例の山下俊一氏が絡んでいる。」ということを、あなたが知らなかったというのは、実に不思議である。
しばしば、この原発版で発言をし、他の人の意見も見たはずなのに、知らないとは!
実は知っているにもかかわらず、わざと「放射能汚染による健康被害の実態を押し隠そうとする」ために、このような発言をしたのではあるまいか、という疑問まで感じる。つまり、「自費で検査をする人なんていないくらいに軽微な問題でしょう」という印象を、他の人に刷り込むために。
まあ、あなたがそんな卑怯・下劣なことをする人だとは信じたくないが、「自費で好きなだけ検査してもらえばよいと思う」とは、今更、あまりにも物知らずな質問ではないか。

ちなみに、放射能汚染と避難に関する記事として、以下のような国連関係の記事があることも書き添えておく。

http://hrn.or.jp/activity/area/cat32/post-199/


41. 2014年5月11日 01:12:26 : x1ybXXm9zw
>40
 多摩散人です。

 あなたの書いていることは、39の>3、つまり最後に書いてあること以外は、私と程度の相違位の違いがないと、私は思う。あなたはそう思わないと言うかもしれないが。

 最後の部分は、知らないから「不思議だ」と39の前書きに書いてある通り、教えて頂いて感謝している。お前が知らないのはけしからんと言われると、その通りだと思う。私の友人にも何人か医者がいるので、実情を尋ねてみたい。

 ただ、ことのついでにもう一つあなたに質問させてもらうが、既に検査してもらったことを隠して検査してもらうとか、山下なにがしと関係のない所で検査してもらうとか言うことは出来ないのでしょうか。また、一度検査したら2年間は絶対に検査してはいけないなどと医者が言ったら、憲法違反ではないでしょうか。


42. 2014年5月11日 02:59:17 : x1ybXXm9zw
>41 訂正 多摩散人。

× 私と程度の相違位の違いが ないと

○ 私と程度の相違位の違いしかないと⇒「私とあまり違わないと」


43. 2014年5月11日 05:51:37 : EAkIk2fULU
多摩散人は結論として何が言いたいのか。何を訴えたいのか。
放射能の影響は限りなく小さいと言いたいのか。ひとつの考え方だね。

小保方といっしょで時間が解決してくれると思う。
2016年に、自分が望まない結果が出たときに、彼が何を言うかだね。


44. 2014年5月11日 07:08:34 : Ps2QyVszno
実際問題、テレビでみていると健康そうにみえるが.. もちろん反原発なんだが、あまりにも福島人からの声がなさすぎ ある掲示板をみているがくだらん話題がほとんどで、健康に関するのは少ない、とりあえず今知りたいのは子供の状態

45. 2014年5月11日 08:04:23 : SPNl4t0iTg
さもしいヒトモドキの多摩散人と関わりたい人は以下の過去コメントを見といて損はないかもね。
http://www.asyura2.com/13/genpatu30/msg/901.html#c57
http://www.asyura2.com/14/genpatu37/msg/576.html#c11

>43
>自分が望まない結果が出たとき
以下の投稿の80番台のコメントを見るとその時の行動が予想できるかも
http://www.asyura2.com/13/genpatu31/msg/279.html


46. 2014年5月11日 08:59:39 : fyKJproKZg
多摩さんの
>私がすべての放射能被害情報の中で、一番「本当に近い」と思っているのが、子供の甲状腺の異常です。

と認識しつつも、
>日本ではほとんど心配ないだろうと言うことです。

整合性がないよ!!WWW
甲状腺がんになっても問題ないと思ってるんだから呆れる。


47. 2014年5月11日 09:22:33 : q8NqDdrvgU
私も関東に住んでいるからわかるが、東日本一帯にいる人々が、福島原発事故による被害を矮小化し、被曝の影響を、極力過小評価しようとする心境は理解できる。自己の資産や仕事を守り、何食わぬ顔で日々の生活を続けるためには、やむをえない選択だろう。そこが政府や御用マスコミに付け込まれる部分だが、事故の規模(首都圏に近い複数の原子炉がメルトスルーの状況にある)や3年後の今の惨状(事故収束の見込みは全くなく、現在も放射能を垂れ流している)を真面目に考えれば、事態の深刻さは理解できるはずである。なんのための秘密保護法の制定か、これからわかるだろう。

48. 2014年5月11日 11:30:03 : 0Qii7cprNx
甲状腺ガンの予後が軽いと言っている人がいるようだが、実際は半病人として
一生いきていかなくてはならない場合がほとんどらしい(転移して死ななかったとして)。
そのうえ薬も一生服用しなくてはならない。仕事もできない。日本ではウクライナの
ような補償は得られないからどうなるんだろうね。

検査はガンの転移のことを考えれば、半年に一度でなければ不安だそうだ。また検査が
県民健康検査の超音波では短時間の検査で他のまともな医師からは疑問の声も上がって
いる。


49. 3流人 2014年5月12日 00:30:04 : XctgDAAL2QhHk : 24DbZvmH8s
>既に検査してもらったことを隠して検査してもらうとか、山下なにがしと関係のない所で検査してもらうとか言うことは出来ないのでしょうか。

別に検査してもらったことを隠さなくても、検査をする機材・能力等を持っていて、なおかつ検査をする意志のある病院・医師を見つけることができれば、可能。
しかし、現実的には検査を拒否する病院・医師が大多数。それでも、検査ができるようにと市民ががんばっている事例もある。以上は、あなた自身が調べてみれば、すぐにわかること。

>一度検査したら2年間は絶対に検査してはいけないなどと医者が言ったら、憲法違反ではないでしょうか。
そこは、検査をさせたくない側もうまくやっていて、あなたが山下氏の出した通達を見ればわかると思うが、「絶対に」とは書いていない。
なお、憲法違反云々については、私は法律家ではないので、今、すぐに正確なことはお答えできない。
しかし、「憲法違反では?」という視点は、重要なことだと思う。今後、考えるべき価値のある問題だ。

余談になるが、日本国民は健康で文化的な最低限度の生活をする権利を持つはずだが、現在の日本では餓死する国民が出始めている。
この現状は、日本国憲法の目指すところに合致しているとは言えない。
憲法の精神が日本国の津々浦々に行き渡るよう、(はなはだ頼りないとはいうものの)現政権にもがんばっていただきたいものである。


50. 2014年5月12日 02:29:04 : x1ybXXm9zw
>40 3流人さんへ。
 多摩散人です。

 41で私は「知り合いの医者に聞いてみる」と書いたが、そんなに簡単な問題ではないし、他人に聞けばよいというのはむしろ無責任なのでそれは撤回して、ネットでいろいろと調べて見た。これは医療行政の問題で、つまり、医療(=医学)と行政(=どのように国民の健康のための政策を実行したり法律を作ったりするか)ということで、私の知らないことばかりである。しかし、あなたに教えてもらいながら、議論したい。

>自費で検査してもらおうとしても、病院側が拒否する。しかも、それには、例の山下俊一氏が絡んでいるというのは、よく知られた話ではないか。
念のため、その一例を示す記事を↓に付しておく。
http://www.acsir.org/info.php?18
つまり、自費で検査してもらいたくても、拒否される。これが、答えである。(40 3流人)

 あなたのリンクしてくれた「内部被曝問題研」の山下俊一への公開質問状のようなものは、医者が、意見の違う医者に書いた論文のようなもので、私には非常に難しいが、あなたがその一部を引用して、あなたの意見を書いてくれれば、出来るだけ反論したい。つまり、今は反論できない。

その代わり、ここに、私が探した日経新聞の記事がある。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK0900A_Z01C11A0000000/

 これによると、2011年10月9日に福島県で始まった甲状腺検査は、事故発生時に県内在住だった18歳以下の約36万人を対象とし、2014年3月までに一巡した後、数年おきに継続実施するものである。私は最近、その「一巡」が完了したというニュースをどこかで見た気がする。期間を2.5年と概算して単純計算すると、一日に約395人ずつ検査することになる。この病気はそもそも発生率が非常に小さい(具体的な数字は調べるのをサボらせてもらう)ので、検査する装置や器具、検査要員を急いでそろえることは多分たいへんだっただろう。

 この検査は、患者が何かの症状を訴えて医者がそれを診断する通常の医療行為ではなく、いわば公の医療機関が無料で行う健康診断のようなものである。だから、「金を出すからオレだけ半年ごとにやってくれ」という性質のものではないのだろう。もちろん、そうすれば「オレ」にとってはありがたいことだが、その分、他の人が待たされることになる。

「ただで半年ごとにやれ」という意見も有り得る。
⇒チェルノブイリでは、タダかどうかは知らないが、半年ごとにやってくれるらしい。これも、半年ごとにやれば一巡するのに2.5年では済まなくなるのではないか。

「もっと金をかけて、ただで半年ごとにやって、2.5年で一巡する検査設備と要員を準備しろ」
⇒費用対効果で2年でよいと決めたのではないか。県や国が予算を組めば出来たのだろうが、そういう政策がとられなかったのではないか。

 次の記事によれば、民間の診療機関なら検査できるそうだ。「高校生の長男には民間病院で甲状腺検査を受けさせた。」と書いてある。⇒http://iryou.chunichi.co.jp/article/detail/20120518160011991

また、県外なら検査できたという記事もある。⇒http://www.nikkei.com/article/DGXDZO35338310V01C11A0CR8000/?bu=BFBD9496EABAB5E6B39EB890B584A5BAE19DE79FE2A4EBB3A8BCFDE794BCB681BBA09596959E9B9C97E4E1BEEBA2969D91A4A2A196949CEA90BF9FE7859593E488A2A1A5B797EAB798E4959B8ABCABE380EBE2BF86B6A180B6858384E0A2B894838295E5AB84A0E284828493EAB0A49885A48087EB8796AAA7EABEB3EB9486E3838295E5AB84A0E284828493EAB0A49885A48087EB8796AAA7EABEB3EB9486E3838295E5AB84A0E284828493EAB0A49885A48087EB8796AAA7EABEB3EB9486E3838295E5AB84A0E284828493EAB0A49885A48087EB8796AAA7EABEB3EB9486E3838295E5AB84A0E284828493EAB0A49885A48087EB8796AAA7EABEB3EB9486E3838295E5AB84A0E284828493EAB0A49885A48087EB8796AAA7EABEB3EB9486E3838295E5AB84A0E284828493EAB0A49885A48087EB8796AAA7EABEB3EB9486E3838295E5AB84A0E284828493EAB0A49885A48087EB8796AAA7EABEB3EB9486E3919A9886FDB7A4ABB59697EF

とにかく、知らないことばかりで、こんなことしか書けないが、今日はここまで。


51. 2014年5月12日 02:47:03 : x1ybXXm9zw
>49
 多摩散人です。

 意志疎通のため、一応。50は、あなたの49を読む前に書きました。


52. イヌ散人 2014年5月12日 06:03:52 : WYOOqntp7Wqxw : GLD5oKVFsk
でったー出た出た
政府 東電のポチー犬? 多摩散人なのに犬?

これまでの政府東電の情報隠蔽からして
正確な情報は流れてこないし都合の悪い情報は
積極的に発表しない
これが現状 風評被害ではな実害なんだよ


53. 2014年5月12日 14:11:02 : rrhrFN6JLd
38)ダボ散人 日本は海藻などからいつもヨウ素を摂取しており、放射性ヨウ素が甲状腺に入り込む余地がない。のなら福島医大の医者が県民には内緒でヨウ素剤を服用したのはなぜかな?バイトもつらいのぉ。

54. 2014年5月12日 16:34:00 : x1ybXXm9zw
>53
 多摩散人です。

 初めての大事故で、医者も、医者の卵たちも慌てて、不安に駆られたのでしょうね。この次のために、日本国民全員にヨウ素剤を配っておいて、事故が起きたら事故責任じゃなかった、自己責任で飲むことにきめておけばよいと思う。あなたも、持っていると安心でしょう。海藻をたまたま食っていない時もあるからね。


55. 2014年5月16日 02:39:54 : 3I93DkDkEW
>>50
まず、私は、あなたの「公の機関が検査してくれないことが不満なら、自費で好きなだけ検査してもらえばよいと思うが。」という疑問に対してお答えしたのだということを断っておく。

そのうえで、今回、あなたは「金を出すからオレだけ半年ごとにやってくれ」という性質のものではないのだろう。」と言っているが、あなたは何か妙に話をねじれさせている。
「2年ごとの検査では不安」「検査は受けたものの、検査自体がいい加減な感じがするので不安」という人が、自費で検査を受けようとしても、その自費の検査自体が受けにくい状況を山下氏が(意図してか結果として乎はさておき)作り出したという事実を、私は指摘したのである。

次に、あなたの↓の発言について思うところを述べておく。
>「チェルノブイリでは、タダかどうかは知らないが、半年ごとにやってくれるらしい。これも、半年ごとにやれば一巡するのに2.5年では済まなくなるのではないか。」
チェルノブイリでできた「半年ごとの検査」を日本ができないというのなら、日本の行政の対応は、その分だけ「人命軽視」ではないかという疑念を感じる。
なお、「一巡するのに」とのご発言だが、検査を多くの病院で受けられるようにすれば、「一巡する」のにかかる時間は短くできる。

まだ、あなたの別の発言について。
>あなたのリンクしてくれた「内部被曝問題研」の山下俊一への公開質問状のようなものは、医者が、意見の違う医者に書いた論文のようなもので、私には非常に難しいが、あなたがその一部を引用して、あなたの意見を書いてくれれば、出来るだけ反論したい。

山下氏の出した通達はたとえば下でみられる。

http://ameblo.jp/olibanumoon-1/entry-11241938900.html

その結果、どういうことが起きたかは、たとえば↓を見ると、その一端を知ることができる。

http://bylines.news.yahoo.co.jp/maeyatsuyoshi/20130228-00023677/

さて、また、>>09のあなたの発言について。
>今までの鼻血情報の中に、どこに「発生率」の情報があるんですか。「率」と言うからには、分母と分子があるはずです。分母は何で、分子は何ですか。

↓のようなデータが出てきた。
http://kingo999.blog.fc2.com/blog-entry-1735.html

既に、双葉町で鼻血を出した人が、滋賀県の木之本町の人よりも有意で多かったという事実がわかっていたようだ。つまり、「双葉町で鼻血を出した人が多い」というのは、デマとは言えない。
しかし、このデータは、あまり広くは知られていなかった。(私も知らなかった。)
こうしたデータが知られるようになったということは、今回の「美味しんぼ」騒動の一つの成果だと言ってよい。
さて、次は、この鼻血と放射能との関連を調べることだ。
調査にあたるのは、外部の研究者の方がよいだろう。少なくとも、「放射能は笑っている人には来ません」という非科学的な台詞を吐いた山下氏などがかかわる団体などには任せるべきではない。


56. 3流人 2014年5月16日 02:50:42 : XctgDAAL2QhHk : 3I93DkDkEW
>>55は、私、3流人のコメント。
名前とパスワードの記入の前に投稿してしまった。
今読み返すと、入力ミスもいろいろあるが、大意に影響はなかろうと思うので訂正する労を省かせていただく。

57. 2014年5月16日 22:55:26 : x1ybXXm9zw
>55 3流人さんへ。
 多摩散人です。
 
 反論有難う。反論に時間がかかるのはよいことだと私は考えています。その場で言い返すより、考えて書く方が真剣ということも言えるからです。
ただ、内容があるないは別問題ですが。
 
>自費の検査自体が受けにくい状況を山下氏が(意図してか結果としてかはさておき)作り出したという事実

 すでに50に書いたが、一万人に一人と言う稀な病気を検査する施設・機器・要員は少ししか準備されていなかったのに、いきなり福島という限定された地域で36万人の健康診断を実施したのだから、まず全員の検査を優先し、
自費で2度目、3度目の検査は後回しとせざるを得なかったのではないか。また、そんな検査が出来る医療施設は、民間にもめったになかったのではないか。

 山下氏の通達にも、「自覚症状が出現しない限り、次回検査は必要ない」と書いてある。自覚症状があれば2回目以上の検査もしてくれたのだろう。
医者がよく言う「この検査結果なら当分心配ないが、自覚症状が出たらすぐ来なさい」などということと同じだろう。
 
>チェルノブイリでできた「半年ごとの検査」を日本ができないというのなら、日本の行政の対応は、その分だけ「人命軽視」ではないかという疑念を感じる。
なお、「一巡するのに」とのご発言だが、検査を多くの病院で受けられるようにすれば、「一巡する」のにかかる時間は短くできる。

 すでに50に、それに関する私の意見は書いてあるが、福島では放射線の量がチェルノブイリより2ケタ少ないなどの情報もある。そういうことも踏まえて2年でよいとしたのではないか。
一部の医師(「内部被曝問題研」など)の批判があることは読んだが、やることがいけないという批判ではなく、もっと丁寧にやれという批判である。福島の事故の実態に即して、
どのような検査が必要十分かは、医学と医療行政の問題であり、私は分からない。
ただ、こんなことで山下氏を「殺人鬼」などと貶める論調があったが、まったく的外れの言いがかりだと思う。もちろん、あなたは違うだろうが。あなたがリンクした「怒れる親がフクシマにいる」というレポートも、親の心配を、ことさら行政に対する怒りに結び付けようという変な意図が感じられる。
まあ、患者に対する態度が悪い医者がいるのは大昔から事実だろうが。

 「おいしんぼ」の鼻血の問題は、現在進行中で、あなたのリンクしてくれた資料はちょっと見たが、もう少し経過を見たいです。


58. 3流人 2014年5月17日 00:58:38 : XctgDAAL2QhHk : r6wAeUjPRA
>>57
>福島では放射線の量がチェルノブイリより2ケタ少ないなどの情報もある。

その情報の確度も、確かめてみられたらよろしかろうと助言申し上げる。

>自覚症状があれば2回目以上の検査もしてくれたのだろう。

本当に知らないで言っているのか、それとも知っていてとぼけておられるのか定かではないが、甲状腺がんの初期は、自覚症状がほとんどないと言われている。のどの該当部分にしこりがあれば、かなり怪しいが、しこりが感じられるというのは、既にかなり成長したがんである。
念のため↓をどうぞ。
http://www.goodyinfo.net/koujosen/entry2.html

>患者に対する態度が悪い医者がいるのは大昔から事実だろうが。
どうも問題の根っこがご理解できていないようで、はなはだ奇異に感じる。

まあ、ついでに、これもどうぞ。この情報の確度、、あなたご自身が判断されるとよかろう。

http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7646810.html

私は上の情報の全てを信じてはいないが、心の隅に留めている。


59. 2014年5月20日 02:27:47 : x1ybXXm9zw
>58 3流人さんへ。
 多摩散人です。

>>福島では放射線の量がチェルノブイリより2ケタ少ないなどの情報もある。(多摩散人)

>その情報の確度も、確かめてみられたらよろしかろうと助言申し上げる。(3流人)

 どんな情報でも、その確度を確かめること自体が我々素人には難しいのに、その上、判断が違う素人同士で、水掛け論にならないで、その情報の確度がどうかについて実りある結論を出すということは、非常に難しいと痛感しますね。

>甲状腺がんの初期は、自覚症状がほとんどないと言われている。

 たぶんそうだろうが、だからこそまず、何の自覚症状もない36万人全員の検査をすることが優先されるべきで、そのように検査が実施されたのではないでしょうか。また、全員公平な検査で不足な人は、民間の検査などの方法で検査出来たのではないでしょうか。

>私は上の情報の全てを信じてはいないが、心の隅に留めている。

 お互い、自分の考えに反する情報も心の隅に留めるようにしたいものだ。

 最後のまとめにしたいが、この一連の議論は私の38から始まっているが、そこに、一番最初に私は、

>私がすべての放射能被害情報の中で、一番「本当に近い」と思っているのが、子供の甲状腺の異常です。これは、チェルノブイリでも確認されています。

> しかし、私が読んだ本(「原発 危険神話の崩壊」:池田信夫・「反原発の不都合な真実」:藤沢数希)や稲恭宏博士の講演(ネットで検索すれば出てくる)などによれば、
日本ではほとんど心配ないだろうと言うことです。

と書き、その後、6項目に分けてその理由を書いた。その6項目に関してあなたと議論したが、私の考えでは、2人の意見は程度の相違くらいしかないように思う。

 最近の福島県の小児の甲状腺ガンの数の報道に関しても、また我々が議論すれば、似たような対立になるだろうが、どちらの意見が正解に近いかは、あと2〜3年すると分かる、また、あと2〜3年しないと分からないと思います。

 もう一つ、どんな予測が正しいか、などという素人の易者みたいな議論より、今やるべきことは甲状腺の異常に適切な対処することで、現地の医者や政治家や役人にお任せする、また、見守りつつ批判するしか出来ないのではないか。その大親分的な仕事をしている山下俊一氏が、「殺人鬼」であるとは、私は思わない。

 またお会いしましょう。


60. 2014年5月20日 02:33:50 : x1ybXXm9zw
>59 追加。多摩散人です。

 「その大親分的な仕事を「している」山下俊一氏」ではなく、「していた」ですね。「放射能が怖くて逃げたんだ」なんてデマを言う人がいるが、何を考えているんだか。
 そんな議論はこれ以上しません。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素37掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧