★阿修羅♪ > 原発・フッ素39 > 700.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
除染もむなしく放棄されたウクライナ・ポレスコエ市が予言する福島の未来
http://www.asyura2.com/14/genpatu39/msg/700.html
投稿者 魑魅魍魎男 日時 2014 年 8 月 12 日 15:42:43: FpBksTgsjX9Gw
 


チェルノブイリ事故で汚染され放棄されたウクライナのポレスコエ(ポリスケ)市について調べてみた。

「キエフ州ポリスケ市の終焉」 (ボロディーミル・ティーヒー 今中哲二訳)
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/tyt2004/tykhyy.pdf
PDFファイルが見られない人はこちらに転載があります(田中冽氏のブログ)
http://blog.goo.ne.jp/uhi36845-002/e/a0bc7587f6049bd479a2dbec99d433d3

ポレスコエ市はチェルノブイリ原発から南西に55km、人口1万数千人の町だった。
事故後のセシウム137の土壌汚染密度は15-40Ci/km2(55万5千-148万Bq/m2)、
ガンマ線レベルは3-5mR/h (26-44uSv/h)。

ポレスコエ市民は全員避難すべきであったが、除染活動のため、兵站として利用できるインフラを
備えた町が必要であり、避難区域から除外された。
しかも、事故直後はプリピャチその他の地域から2万8千人もの避難民がやってきて混乱した。
(福島市やいわき市に状況が似ている)

ちなみにこの地区の住民の3割近くが、事故後鼻血が出たと言っている。

「チェルノブイリ原発周辺では『5人1人が鼻血』報告も」 (Yahooニュース・オルタナ 2014/5/13)
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140513-00010002-alterna-soci&pos=2

このポレスコエ市では大規模な除染が実施されたにもかかわらず、線量が十分に下がらなかった。
汚染の実態がわかるにつれ住民の不安は高まり、とくに子供のいる家庭は何とか移住しようとした。
(共産ソ連では移住の自由はなかった)

1989年12月に14才以下の子供のいる家庭は望めば移住が許可され、1990年2月には、
子供や妊婦のいる家族は強制的に移住させることを決定。
さらに1990年8月には、町全体が強制移住の対象となった。

おそらく事故後4年目で住民の健康状態が激変し、白血病等の健康被害が深刻になり、手に負えなくなって、
慌てて全員強制移住に踏み切ったのだろう。

1996年に最後まで残っていた人が移住し、ポレスコエ市は廃墟となった。

上の論文から一部、引用する。

-----(引用ここから)-----

測定結果は明らかに基準を上回っていたが、議長は、「ここは我々の土地である、我々はここで生まれ、育ち、ここに留まる」と述べた。彼の信念が郷土愛か、危険の過小評価か、命令への忠実さか、また誰かの受け売りか、何に由来しているかは 私には分からなかった。おそらくは、ソ連最高会議メンバーという彼の立場が大事だったのだろう。その立場は、権威そのものであり、大衆のことなどにまどわされなかったのだろう。

何百万ルーブルという大金が社会基盤の整備に投入された。新たな病院やアパートが建設され、天然ガスの供給パイプが整備され、個人住宅にガスオーブンが設置された。また、老若男女に「クリーン」地域での夏のバケーションが無料で提供された。これらのことは、1986年から1991年の間に国家が行った対策リストの一部にすぎない。

農業分野では、ポリスケ市周辺での農産物生産や缶詰加工の継続に向けて(ときには増産に向けて)真剣な努力が注がれた。今から振り返ればなんだか奇妙だが、汚染された野イチゴ、キノコ、乳製品、野菜などをせっせと缶詰に加工していたのである。牛乳や肉の生産、野菜畑や亜麻畑での作業、木材の生産のため、人々は畑や森の中で働いた。つまり、放射能のチリを吸い込みながら働いたのだった。

-----(引用ここまで)-----

どうだろう。無意味な除染、病院その他インフラへの巨額投資、安全キャンペーン、食べて応援など、
現在、日本の政府・自治体が福島で行なっていることと、あきれるぐらい全く同じではないか。

そしてまた結末も全く同じだろう。

いや、福島の人口密度はウクライナ・ベラルーシの2倍、首都圏にいたっては数百倍、
同じどころかチェルノブイリとは比較にならないほど悲惨な状況になるだろう。

歴史は繰り返す。

過去に学ばない者には、残念ながら未来はない。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年8月12日 16:37:10 : z7dWdF645E
ソビエトは社会主義なので土地所有は避難の障害にならなかった。日本では、強制移住は銀行の担保を破綻させるので、できないらしい。命より経済が優先。無言で「折れの金のために死ねや、愚民ども」と言ってるのと同じ。

02. 2014年8月12日 19:09:25 : AQLSPLIkCw
ここで気になる時系列。

@1989年12月に14才以下の子供のいる家庭は望めば移住が許可され
A1990年2月には、 子供や妊婦のいる家族は強制的に移住させることを決定。
Bさらに1990年8月には、町全体が強制移住の対象となった。

福島に当てはめてみると。

@は、2014年11月。
Aは、2015年1月。
Bは、2015年7月。


03. 2014年8月12日 21:08:44 : P4mVCZBMTg
>>2
そろそろ明確な健康被害が出てくるということだね。

04. 2014年8月12日 21:18:23 : fSAKSObzh6
旧ソ連で除染が無駄だったという事実はまったく報道にのらない。
これは原発事故報道の中でも健康被害と並んでデタラメ報道の極致だろう。
無論、除染が成功したという事実もないから報道されないが。

結果、いつまでたっても税金がドブに捨てられることになる。


05. 2014年8月12日 22:44:05 : GBmmvSyCtc
福島の人の域外移住を進めて、福島を食べて応援とか風評被害はいけないとか言っている人が入れ替わりに居住するようにすればいい。

その人たちも本望だろう。


06. 2014年8月12日 22:50:36 : HNB2kqN3sA
除染は移染。福一から放射能を未だにばら蒔いてる限り無駄。ゼネコンと朝鮮ヤクに貢ぐだけ。

07. 2014年8月13日 00:35:49 : aiMZAOJQqY
(Fonzyさんのツイート 2014/7/19))
https://twitter.com/kazparis/status/490750864177381376
「チェルノブイリで汚染されたポレスコエ市は、避難が決定した後も、底なしに資本が投資され、子供もいないのに小学校や幼稚園が建設された。屋内プールを3 つも備えた競技場を立て直す決定さえ下された。それは「ここは安全に住み続けられる」と人々にアピールすることが目的だった」 

08. 最後の良心武田教授 2014年8月13日 00:49:32 : k3np1djDJ.EWQ : bpNbq9rUMc

なんか日本のほうが10倍ぐらいやばそう。
危機感0



09. 2014年8月13日 02:04:03 : 01JUjPKVpw
原子力を世界の支配のためにに欠くべからざる兵器として位置づけて
いるのは、他でもないナチス・シオニスト・イスラエル。

狂信的シオニズム、悪魔教、人種差別、優生学信奉、選民思想、儀式
殺人、大量殺戮、エトセトラ…

ガザで一般市民、子供の命を奪い続ける、狂信思想で繋がっているの
が原子力、原発。

放射能被曝で、日本国民が住む土地を失い、心身を病み患い、突然死
を被ろうと、狂信的シオニズムに支配された狂信者達の下僕がこの国
を支配し続ける限り、日本国民の悲劇は止むことがない。


10. 2014年8月13日 02:56:59 : rO4ke6ikI2
愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ
だっけ?まるで今の日本人に投げかけられている言葉のようだな。

11. 2014年8月13日 09:12:10 : SAkbcU4RQs
モルモットにされる日本

12. 2014年8月13日 10:31:22 : FfOljnKs3s
------現在、日本の政府・自治体が福島で行なっていることと、あきれるぐらい全く同じではないか。

日本はチェルノブイリの経験が生かせるはずなんだよね。日本人お粗末だね。

------福島の人口密度はウクライナ・ベラルーシの2倍

この街は、事故原発との距離は福島市、郡山市に匹敵する(いわき市もそうだが、汚染度
は低い)。ところが、福島市、いわき市の人口はそれぞれ30万ほどで大違いだ。


13. 2014年8月13日 10:33:30 : FfOljnKs3s
>>12 訂正

福島市、いわき市 → 福島市、郡山市


14. 2014年8月13日 12:07:46 : kiWL8VFdm2
「このポレスコエ市では大規模な除染が実施されたにもかかわらず」という記述があるが、具体的にどのような除染がなされたかが書かれていない。
一般的にアメリカやソ連などの広大な国土を持つ国は、汚染や廃棄物は土地ごと丸投げに放置し棄ててしまうのはよくやること。
どのような『大規模な除染が実施』されたのだろうか。
どんなに大規模にやっても、土木工学にのっとた効果的な方法で無い限り除染の効果が期待できないのは当然のこと。
もちろん福島事故に対する除染も、江戸時代の土木工事にも劣る、軍手にスコップレベルの除染をしているわけで、当然効果が期待できるレベルではない。
むしろ効果的な除染をしないで公衆を被爆させ、公衆被曝の人体実験の方を目的としているのかもしれない。
これまでの核の歴史から考えれば、非人道的なそのような可能性はあり得る。
また、将来の限定核戦争の可能性や宇宙開発を見据えた場合、基礎データの収集のためにも公衆被曝の人体実験は非常に効果的なのは間違いない。
権力者たちが密かに『悪魔の選択』をしている可能性は十分考えられることだろう。


15. 2014年8月13日 13:41:54 : QBrYpzDGwo
   14さんのは単なる見立てではあろうが、一考に値すると思う。
  経済が下り坂となった日本は今後武器、兵器の輸出に頼る政策を選びたいようだが、それに加えて未曾有の原発事故による人的被害をグラウンドゼロのみではなく全国的に散逸させ、結果データを世界に資料として提供するのではなく、報酬を得る算段をしていると考える事も出来る。
  何しろ、731部隊など、狂喜の科学者、医者が現実に存在したのだから。
  いずれにしてもチェルノに酷似しているか、もしくはそれ以上の災厄であれば当然日本人のみが放射能に耐性である訳は無いから、5年目あたりから被害が顕著になるのだとすると、夥しい量の資料が出来上がる訳である。
  ただし、狂喜の人間は世界に存在するから、こうした資料が世界的に原発稼働を無くすことに貢献するかどうかは心もとなく、そうなれば原爆投下に続き、またしても被爆経験の意味が無いということになる。731部隊の資料も結局のところ後の医学の貢献には何の役にも立たず、国際的な批判の対象にしかならなかった。  今後も日本人の命を賭した被爆資料がジキルとハイドと化した狂喜の医師団の面白半分の材料になるのではたまったものではない。

16. 2014年8月13日 17:53:34 : QslaWzpjL2
>>03

その健康被害を隠し誤魔化すために、違う病気を流行らせるんじゃないの?
去年・一昨年の風疹や麻疹も怪しいと思ってるんだけど・・・。


17. 2014年8月13日 20:04:03 : pJMQuJQBwE

■ 核物理 

 福島原発事故 肝(きも) 生意気 おせっかいかも知れませんが!!

 4号炉 ・・・特異な運転 事故当時 【 フタ 】を開けた状態で

 運転すると 何が 可能になるのか そして またその事実を 何故

 「 公表 」 しない できないのか ・・・あなたは わかりますか?


・4つの事故調 すべてのマスゴミ 要するに 【 一般に知られてはならぬ 】

 ヒント 簡単に プルトニュウム〇〇〇 をつくれるから・・・・・

。槌田さんだけが 説明している 彼の説明が 理解する早道です。




18. 2014年8月13日 20:45:37 : CP3fMWSqiE
現在の状況をある程度把握している人達
その怖さを認識している人達は
福島 宮城 山形南東部 岩手南部 新潟 関東全県
静岡 山梨 長野東部からすでに移住してるのでは?

19. 2014年8月13日 22:11:10 : JGPcMbdbhO
>>02
すばらしい比較!
歴史を最大限参照しなければなりません。
この2015年7月(来年夏)を過ぎた時、事態は収拾出来る分水嶺を超えていなければよいのですが。

20. 2014年8月14日 00:05:15 : TCwCktZZpU
エボラが日本に上陸すれば放射能由来の病など誰も気にしてはいられなくなるだろ。

21. 2014年8月14日 15:11:25 : tKodi2vfvv
エボラが空気感染しないのに対して、
放射能は空気・土壌そのものを汚染する。
あらゆる動植物に濃縮する。

比較になりません。


22. 2014年8月14日 16:47:25 : nndE6RM2sg
 
福島も千葉も東京も同じ重度汚染地だってさ
http://www.asyura2.com/14/cult13/msg/251.html#c12
 

23. 2014年8月14日 19:51:46 : N1jhpTDJDM
事故の規模も政府の対応も比較の対象にすらならない。日本という国家はすでに終焉しているのだろう。

24. 2014年8月16日 09:29:19 : YJ8ithXFZ6
21 さん エボラは空気感染すると(新型か?)と彼方此方で書かれて居ますが?
そして アメリカの医師の発表では 現在アメリカには35人のエボラ患者が居る との事です

25. 2014年8月17日 08:51:29 : l51YhfGFPY
広野町をみたら去年より空間線量が上がっていた。
以下がそのデータです
広野町の現在の空間線量(上から3段目です)
http://ma-04x.net/all.html
設置した周囲より30%くらい値が緩く出るモニタリングポストの線量で
毎時0.14〜0.27μsvの外部被爆です。(これでは年間1msvの被爆
を超えてしまいます。)
こちらが昨年の空間線量です
毎時0.14〜0.20μsvの外部被爆です。

  なんと 去年よりも空間線量が0.07μsv/毎時上がっています

これじゃ若者が帰るはずないでしょ。政府の帰還方針に踊らされず汚染地と化したままの現実を受け入れる時期ではないでしょうか。

調べれば他の市町も同じようなものでしょう


26. 2014年8月19日 04:50:11 : aiMZAOJQqY
元ポリスケ市住民の貴重な証言です。

「チェルノブイリ・5年目の移住者〜除染から移住に転換した町」
http://www.asyura2.com/14/genpatu39/msg/769.html

いくつもの地域にバラバラに移住させられたのは、
被ばく被害をうやむやにするためだったのだろう、と言っています。


27. 不眠症[400] lXOWsI_H 2016年10月16日 05:20:40 : mBqEoVAF7k : YuLD0e5f9D4[403]
,

 除染事業 = 政権与党影のヤクザ軍団への報酬

 薩摩川内市の ハコモノ公共事業も 同じやな… 


28. 2016年10月16日 19:19:03 : 4aNu6KGiCg : kCwEEpLPtUQ[293]

 https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%80%80%E5%A5%87%E5%BD%A2%E5%85%90&hl=ja&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ved=0ahUKEwiF3O6EiN_PAhVKrY8KHQOjDaYQsAQIJQ&biw=1024&bih=615

 除染できるなら、ファルージャで奇形児だらけになっていない。

   ホコリは山から50年間も飛んでくる・・・吸って吸ってのバイキング・・・

  =========

  
  ★:日本も既に奇形児だらけ・・・

   
  心奇形新生児    神奈川県 約5.5倍に、激増
  手足の障害新生児  宮城県  約5.0倍に、激増

  <新生児乳児の先天性心奇形>原発事故前年から4年間の全国医療機関診療実績結果
  (2010年度〜2013年度)〜群馬県、その他の県追加〜

==========


  ★:今後50年間、Csのほこりを吸い続ける地域・・・

   http://www.atmos-chem-phys.net/13/1425/2013/acp-13-1425-2013.pdf#page=10

   一番右の図 岩手〜静岡県まで・・・


  ★:日本では、Csは沈降しないで表面にとどまる・・・表面の10.5mmまで

    http://moribin.blog114.fc2.com/blog-entry-2066.html  

  ★:トリチウムの水蒸気も吸い放題ですから・・・
  
  =======


  衆院選挙後は、汚染水タンクの汚染水を、薄めて全部、海に捨てる・・・棄民党・・・


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。) ★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素39掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素39掲示板  
次へ