★阿修羅♪ > 雑談・Story41 > 398.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ふるさとの こえと つながる
http://www.asyura2.com/14/idletalk41/msg/398.html
投稿者 おどろき 日時 2016 年 8 月 01 日 15:20:23: cdMQTlXL/iMSs gqiCx4Lrgqs
 

https://hirakehibike.wordpress.com/

いまの せかいは もう どうしようも ないね
こんな ときは だれもが ふるさとの きおくに
かえろうと するんだろうな

われわれは あのよと このよの あいだを
うまれかわり ながら いったり きたり してる
というのが ふるくから しんじられてきていること だよね

という ことは われわれの ふるさとは あのよ なんだ

このよ に うまれ おちるときには
ふるさと での きおくは ほとんど きえてしまうようだけど
だけど いま みたいな ものすごい へんかの ときには
すこしずつ おもいだす ひとが おおく なってるんじゃ
ないかな

だから いきている うちに あのよ の ことを
あるていど おもいだしちゃうんだ

とは いっても このよ と あのよ との ちがいが
おおきすぎる から だろうけど
おもいだす といっても とおくから なんとなく
きこえてくる ふるさとの こえ みたいな かんじで
すべてが はっきり しない

だけど ものすごく きになるんだよな

しんでから かえって いく はずの あのよ に
いきている うちに つながっていく
という ことだから そう かんたんに いろいろの ことが
みえてくるとは おもわないけど

それにしても すこしでも みとおしを よくしたいよな

このよ が ぶっこわれる という ものすごい じだい
だから こそ
このよ で いきていながら あのよの きおくが
もどってきてるんだ
こんな ことは いままでは まったく なかった ことだよな
いきている ときは このよ の ことばっかり しか
あたまに うかばない
そして しぬことの ふあんに なやまされ つづける
それが にんげんの ふつうの すがた だったんだ

びょうきを しちゃった せいか
おれも じぶんが しぬ ということが ちらりと
あたまを よぎって ふあんを かんじるような
ことが はじまってるんだけど
あんまり きぶんが いいものじゃ ないよな

そんな ことに つきあって ないで
かすかに きこえてくる ふるさとの きおくと
つながることを ほんきで やってみるのが
よっぽど いい

ちょっかんで つながって いくしか ないんだ
そして どうしても ことばに したくなる ときが
あるだろうから そのときは ひらがな にほんごで
という わけだよね

なにを どうして よいか わからないまま
とにかく ふるさとの こえを おいかけて みる
それしか ないよな

ひらがな にほんごで あそびながら
なるべく かろやかな こころで ちょっかんを
はたらかせ ながら やりたいな
―――――
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年8月01日 16:59:08 : q931E3NW4E : Xao0gDyXwoc[291]
お大事に。

それと一言だけ。なんらかの粘土をこねてすべてはできているのです。

意識も。観念も。そしてこの地球環境の物理的体系も。

そしてあなたの身体。

あなたの人生のあり方。

あなたの健康もあなたの病気も、おなじエネルギー素材でできています。

ねんどをこねて、あなたはあなただけの現実を作り出す電気回路、意識のパターンをつくりあげているのです。

自由なエネルギーのやりとりがなされている本来の宇宙も、それとかかわりを隔てる物理体系も同じ素材を使ってできていることです。

われわれはそこで常にただねんどをこねています。

今、何をこねているのか、気づいてますか?


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 雑談・Story41掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
雑談・Story41掲示板  
次へ