★阿修羅♪ > 雑談・Story41 > 598.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
あの時のことを;お互い忘れまい 始めて父となり始めて母となった あの日の嬉し涙を 二人で過ごしてきた 数々の日のことを/
http://www.asyura2.com/14/idletalk41/msg/598.html
投稿者 仁王像 日時 2018 年 6 月 09 日 15:30:32: jdZgmZ21Prm8E kG2JpJGc
 

(回答先: 飯台;あしたの御飯はおいしいねと よろこんでねむった子どもたちよ はや目をさまして/坂村真民の詩 投稿者 仁王像 日時 2018 年 6 月 08 日 20:00:18)

あの時のことを;お互い忘れまい 始めて父となり始めて母となった あの日の嬉し涙を 二人で過ごしてきた 数々の日のことを/坂村真民の詩

・〔あの時のことを〕

あの時のことを お互い忘れまい ふたりが かたく誓いあったときのことを
ふかく喜びあったときのことを 思いあがった時は いつも思い出そう
始めて父となり 始めて母となった あの日の嬉し涙を
お互い 古くなってゆく袋に 新しいものを入れなおそう
おのれを失った時は いつも語りあおう 慰めあい 悲しみあい 苦しみあい
二人で過ごしてきた 数々の日のことを

 これは坂村真民夫婦が結婚して15年経った年に書いた詩です。
 真民の妻・久代は、昭和18年に18歳で真民と結婚し、朝鮮時代から戦後日本に引き揚げてきて、熊本、三瓶、吉田と、ずっと苦労を共にしてきました。真民にとって家庭は心の安らぐ唯一の場所であり、貧しい生活の中で、なんとかやりくりしながら一家を支えてくれている妻は、ある意味で同志でもあったと思います。
 この詩には…悲しみも喜びも二人で分かち合って生きてきた夫婦の、固く結ばれた愛情があふれています。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲上へ      ★阿修羅♪ > 雑談・Story41掲示板 次へ  前へ

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 雑談・Story41掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
雑談・Story41掲示板  
次へ