★阿修羅♪ > 国際9 > 386.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
Re: 大きな背景には、世界権力の構造変化があるのではないか
http://www.asyura2.com/14/kokusai9/msg/386.html
投稿者 仁王像 日時 2014 年 9 月 12 日 20:02:41: jdZgmZ21Prm8E
 

(回答先: 覇権転換の起点911事件を再考する〜米国は覇権国でなくなり、世界の覇権構造は多極型に転換/田中 宇(2014年9月11日 投稿者 仁王像 日時 2014 年 9 月 12 日 07:02:06)


 >国際協調主義(外交優先、英国黒幕)と単独覇権主義(軍事優先、イスラエル黒幕)との相克は911より前からあった。冷戦構造が国際協調主義の産物であることはすでに述べたが、冷戦構造は事実上、1985年の米英同時の金融自由化とプラザ合意(管理相場制の確立)で終わった。米英主導の同盟諸国がソ連を敵として国際協調するそれまでの戦略が静かに放棄され、代わりに米英が国際金融自由化(債券金融システムの拡大)によって繁栄する経済覇権の時代がきた。5年後に米国がソ連と和解し、冷戦が終わった。90年代のクリントン政権は経済が主導になり、軍需産業は合理化を余儀なくされた。

 英国に棄てられた軍産複合体は、米政界のイスラエル系勢力と結束し、再起を狙った。クリントン政権は、93年の「オスロ合意」でパレスチナ問題を解決してイスラエルに経済発展を与えて取り込もうとしたが、この策を推進していたイスラエルのラビン首相が95年に暗殺されて行き詰まった。軍産複合体はクリントン政権を動かして、ソマリアやスーダン、アフガニスタンなど、中東で内戦状態の失敗国家に米軍を地上軍侵攻させ、占領の泥沼を誘発して儲けを復活しようとしたが、クリントンは消極的だった。

 〔仁王像〕
 この英国黒幕の国際協調主義から、米国の単独覇権主義への移行期に注目したい。この間何があったのか。直観的に言うが、世界権力の内部構造に大きな変化があったのではないのか。
 ロス茶を頂点とし、ロックを従えた世界権力の構造が、ここでロス茶とロックに分裂した可能性である。世界権力の本拠地である英国から捨てられた軍産複合体(米国)というところも非常に気にかかる。この時、ロス茶とロックは袂を分けたのではないか。ロス茶は主に「金」「ダイヤ」「ウラン鉱」を支配してきた。ロックは「石油」でのし上がってきた(考えてみると、みな一次産品の地下資源)。
 二者の利権の構造の違いが、対立、分裂を誘発してきたのではないのか。二つの金融勢力の内部でもそれぞれ分裂しているという話がある(←副島隆彦)。
 
 この前提に立つと、世界権力自体が大幅に力量を落としてきているということになる。定性的に言うが、二位分割すれば、たとえばそれぞれの力は1/4になり、二つ合わせても半分になるとい考え方もできる。
 今回のウクライナの失敗の背景に、世界権力の構造変化でガタつき、すみずみまで支配力が及ばなくなってきたとも考えられる。世界権力が弱体化することは、人類にとって喜ばしいことだが、落ち着きを見るまで混乱怒涛も覚悟しなければならないかもしれない。


・Re: 今回のウクライナ騒動は、世界権力の意向から外れたところで起こったと見る〜なぜか?
 http://www.asyura2.com/14/warb14/msg/216.html
 投稿者 仁王像 日時 2014 年 9 月 09 日 19:52:49: jdZgmZ21Prm8E  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 仁王像 2014年9月12日 21:05:00 : jdZgmZ21Prm8E : OFbYIStvs8
「ロスチャイルド200年の栄光と挫折」副島隆彦/日本文芸社‘12年から抜粋

≪ロスチャイルド家の大分裂〜ロンドン分家が本家と対立しパリ家と連携≫
 この一族の内紛は、1980年に起きた。それはジェイコブの父親で、5代目当主であるヴィクター(007の本当のモデル)が金融事業や企業経営にあまり興味を示さず、もっぱらイギリス政府の情報部の大幹部として生きてきたからだ。
 映画「007」とは、アメリカ・ロックフェラー家の世界覇権と拮抗するイギリス・ロスチャイルド家からの大きな文化的反撃なのである。
 内部抗争があるということは、ヨーロッパの衰退と共にロスチャイルド財閥全体がどうしても劣勢にならざるを得ない。

 ロックフェラー家も大きく割れている。おそらくロックフェラー家の嫡男で4世のジェイ・ロックフェラーとジェイコブ・ロスチャイルド卿の間に話し合いがあって、両者が“皇帝”デビッド・ロックフェラーの世界支配体制に抵抗している。ロックフェラー家も大きくは割れているのである。
 米ロックフェラー世界帝国の没落。「サプライム危機」の元凶となったのは、ロックフェラー家の支配するニューヨークの大銀行が巨額の金融バクチをやりすぎたて自分たちで大爆発を起こしたからだ。この時、ハッキリ4000兆円の大損はもう隠しきれない。ロックフェラー家を頂点とするアメリカの金融財界は、世界史的な規模で大きく敗北(大失敗)して崩壊を始めた。

(注)副島説では、第一次世界大戦の勃発の年であるこの1914年に、ロスチャイルド家からロックフェラー家に世界覇権が移ったとしているが、今後の検証が必要と思う。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。) ★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際9掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際9掲示板  
次へ