★阿修羅♪ > 戦争b13 > 565.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ロシアとMH17便と西側:嘘の網:“最高裁判所レベルの状況証拠”でMH17破壊の張本人はプーチン氏と叫ぶ知性の質
http://www.asyura2.com/14/warb13/msg/565.html
投稿者 あっしら 日時 2014 年 7 月 29 日 16:04:30: Mo7ApAlflbQ6s
 


 テレビで御用を務める方々はほとんどがそうだし、阿修羅でさえそういう人も見受けられるが、英エコノミスト誌までもが、暑さのせいか、“精神の崩壊”をきたしたようだ。

 英エコノミスト誌やたいていの御用評論家は、わかっていながら戯言を書いたり語ったりしているからまだ救いがあるが、現時点までに報じられてきた内容を基に、真顔で、MH17便777はBUKで撃墜されただの、親露派武装勢力が実行しロシアがそれを支えただのを信じている人は滝に打たれて頭を冷やしたほうがいいと真顔で進言する。

 別に、MH17便777がBUKで撃墜された可能性や親露派武装勢力が実行しロシアがそれを支えた可能性を捨て去れと言っているわけではない。

 西側諸国もロシアも撃墜事件をまともに調査する気がないようにも見えるから、あらゆる可能性をピックアップし、その一つ一つを吟味し、排除できるものは排除し、より詳細な検討を続けなければならないものはキープして絞り込みを行っていかなければならない。

 MH17便墜落後ほどなく「MH17便が、事故ではなく、攻撃を受けて墜落したことは間違いない」と米国の副大統領が世界に向かって広言したことが、親露派武装勢力によるミサイル撃墜説の起源と言えるだろう。

 しかし、MH17便がBUKで撃墜された可能性は“状況証拠”的に薄くなり、今のところ、親露派武装勢力が誤射であれMH17便を撃墜したという“証拠”も皆無といっていいだろう。

 先週末(土・日)の日本のテレビメディアが関連番組で取り上げていた「親露派武装勢力が誤射であれMH17便を撃墜したという“状況証拠”」は、唯一、ロシア政府の疑義にウクライナ政府が答えられていないインチキ臭い「BUK、祖国ロシアに帰る」の映像といっていいだろう。
(ロシア政府が撮影場所の説明がおかしいと疑義を呈していることくらい承知のはずなのに、それには一切触れないままあの映像を垂れ流すのだからウソつきのガキ未満だ)


 人権と反戦平和の尊重を掲げてきた人が、これまで公表されていることを根拠に、意図や目的はともかく、親露派武装勢力がBUKでMH17便777を撃墜したと主張しているのなら、人権と反戦平和の看板は投げ捨てたほうがいいと言いたい。

 今は、誰が地面激突映像を撮影したのか?BUKに搭載されているミサイルはどのような性能を有しているのか?墜落直前のMH17便のそばを飛行していた旅客機の乗員・乗客の目撃はなかったのか?Su25の性能は?などが、機体残骸調査と併行して調査されたり明らかにされたりしなければならないはずである。


※ 関連参照投稿

「MH17撃墜事件で民主主義と人権を標榜してきた西側諸国が見せた恥ずべき醜態:水掛論になる機体より重要な手掛かりが存在」
http://www.asyura2.com/14/warb13/msg/527.html

「重要国際問題の扱いについて米国の情報機関から欧米(日本も?)の主要メディアに“お達し”があるという内実を暴露したNHK」
http://www.asyura2.com/14/senkyo169/msg/115.html

「BUKならMH17は空中でバラバラ:激突映像や墜落現場もBUK以外の攻撃手段での撃墜を示唆」
http://www.asyura2.com/14/warb13/msg/514.html

「ダイナモ氏の「機体は上空で空中分解」や「Su-25攻撃機でB777を撃墜することは不可能」という奇妙な説明を検証」
http://www.asyura2.com/14/warb13/msg/515.html

「キエフ政権が公表した重要証拠“ロシアに戻る「BUK」”の短い動画も看板の表記から政権支配地で撮影したものと判明」
http://www.asyura2.com/14/warb13/msg/510.html

「親ロ派指導部、大半はロシア出身:親ロ派指導者が辞任:“誤射説”と“両成敗”で幕引きは「米露欧合作」の証拠」
http://www.asyura2.com/14/warb13/msg/474.html

=====================================================================================================================
The Economist
ロシアとMH17便と西側:嘘の網
2014.07.28(月) The Economist
(英エコノミスト誌 2014年7月26日号)


ウラジーミル・プーチン氏の大がかりな欺瞞は、ロシア国民と世界に重大な結果をもたらす。

ソビエト共産主義が崩壊した1991年、ロシアの人々はついに、ごく普通の西側民主主義国家の市民になるチャンスを手にしたかに見えた。だが、ウラジーミル・プーチン大統領がロシアの歴史にもたらした悲惨な貢献は、ロシアをそれとは別の道へと導くことだった。
 にもかかわらず、世界中の多くの人々は、利己心や自己欺瞞から、プーチン氏の本当の姿を見ようとしていない。

 何の罪もない298人が犠牲になり、その遺体がウクライナ東部のヒマワリ畑で冒涜されたマレーシア航空MH17便撃墜事件は、何よりもまず、人生を突然断ち切られた人々とその死を嘆き悲しむ遺族の悲劇だ。だが、この事件は、プーチン氏がもたらしてきた害悪の大きさを示すものでもある。
 プーチン氏の支配下でロシアは昔に逆戻りし、もはや真実と嘘の見分けがつかず、事実が政権の都合で利用される場所になってしまった。プーチン氏は愛国者を気どっているが、実際のところは危険人物だ。脅かされているのは、国際的な規範や近隣諸国だけではない。プーチン氏お得意の感情的な反欧米プロパガンダに酔う、ロシア国民自身にとっても脅威となっている。
 世界に必要なのは、プーチン氏がもたらしている危険を直視することだ。今すぐ立ち向かわなければ、さらに悪い事態が起きるだろう。


はりつけその他の作り話

 プーチン氏はMH17便の悲劇をウクライナのせいにしているが、MH17便を破壊した張本人はプーチン氏だ。最高裁判所レベルの状況証拠が指し示す結論は、親ロシア派の分離主義者が、恐らくはウクライナの軍用機と見誤って、その勢力圏内からMH17便に向けて地対空ミサイルを発射したというものだ。

 親ロシア派の指導者たちはソーシャルメディアで撃墜について得意げに語っており、ウクライナの諜報機関に傍受され、米国が本物として確認したメッセージで自分たちの誤りを嘆いた。
 ロシアの大統領は、親ロシア派の犯罪行為に二重に関わっている。第1の関わりは、問題のミサイルがロシアにより提供され、その操作員がロシアの訓練を受け、撃墜後に発射装置が密かにロシアに戻されたと見られる点だ。第2に、プーチン氏はもっと広い意味でこの件に関わっている。というのも、これはそもそもプーチン氏の戦争だからだ。

 自称「ドネツク人民共和国」の中心にいるのは、分離主義のウクライナ国民ではなく、諜報機関に属している(または属していた)ロシア国民だ。かつての諜報機関の同僚であるプーチン氏は、戦闘のための資金を出し、戦車や兵員輸送車、迫撃砲を――そして地対空ミサイル数基を提供していた。引き金を引いたのは分離派だが、糸を引いていたのはプーチン氏だ。
 MH17便撃墜という罪の重大さからすれば、プーチン氏はこの時点で、ウクライナ東部の戦闘を扇動する方針を撤回してしかるべきだった。だが、プーチン氏はあくまでもその方針を貫いている。それには2つの理由がある。

 第1に、プーチン氏が力を注いでつくり上げてきた社会では、嘘をつくことが初期対応の1つだからだ。今回の惨事が起きた直後には、矛盾する、あり得ない説が次々とロシア当局やロシアのメディアにいる政府の代弁者から流れ出た。「実はプーチン氏の乗った飛行機が標的だった」「ウクライナ軍のミサイル発射装置が近くにあった」などだ。
 そして、嘘はさらに複雑になっていった。ミサイルを撃ったのはウクライナの戦闘機だとするロシア側のでっち上げが、戦闘機はMH17便と同じ高度では飛べないという問題にぶつかると、ロシアのハッカーがウィキペディアの記述に手を加え、短い時間なら戦闘機でもその高度を飛べると書き換えた。
 そうした拙いソビエト流の工作は、簡単に笑い飛ばせるものだ。だが、それで彼らの目的が台無しになるわけではない。というのも、彼らの狙いは、相手を納得させることではなく、ある程度の疑問を投げかけて、真実を「見解の問題」にすり替えることにあるからだ。嘘つきたちの世界では、欧米も嘘をつかないとは限らないではないか、というわけだ。

 第2の理由は、プーチン氏が自身の嘘の網にからめ捕られていることだ。それが当然の成り行きであることは、どんなに平凡な倫理学者でも予想できただろう。プーチン氏の息のかかったメディアが、「キエフを支配するファシストとウクライナ兵らによる3歳男児のはりつけ」を巡るプロパガンダを企てた際には、ロシア有権者の間でのプーチン氏の支持率は30%近く跳ね上がり、80%を超えた。

 嘘で国民を鼓舞してきた皇帝が、「よく考えてみればウクライナ政府もそれほど悪くない」と表明し、いきなり嘘の網から抜け出すことはできない。また、西側はロシアの破壊しか考えていない敵で、プーチン氏自身と同じように、ためらいなく嘘と賄賂、暴力という手段に訴えてくるとする主張を撤回することも不可能だ。こうして、国内でついた嘘が国外での悪行を煽ることになる。


ためらいは捨てろ

 ロシアでは、このようなダブルスピーク(二重語法)は、共産党中央機関紙「プラウダ」が真実を語っていると主張していたソビエト連邦時代を彷彿させる。今回の「嘘つきによる統治」も、結局はソ連時代のそれと同じ道をたどるだろう。いずれ嘘が明るみに出て、とりわけプーチン氏とその取り巻きがどれほど多くのカネを国民からかすめとってきたかが明らかになれば、プーチン氏は失脚するだろう。

 悲しいかな、以前と違う点は、今回は西側の態度が異なっていることだ。かつての西側諸国は大抵、ソ連に立ち向かい、その嘘を糾弾する用意があった。だが、プーチン氏に対しては、西側諸国は見て見ぬふりをしている。

 ウクライナを見るといい。クリミア併合後、欧米はロシアにごく小規模な制裁を科し、プーチン氏がウクライナ東部に侵攻した場合にはさらに厳しい措置を取ると警告した。プーチン氏は、事実上その通りのことをしている。ロシア軍の制服こそ着ていなかったものの、ロシアの資金援助を受けた武装組織がウクライナの一部を支配下に収めたのだから。

だが、欧米はプーチン氏の嘘に調子を合わせる方が好都合だと考え、最終的に科された制裁は、軽すぎるうえに遅すぎた。同様に、プーチン氏が停戦を自らまとめたと主張し、その覆いの下で反政府勢力への支援を続けた時も、欧米の指導者たちは二の足を踏んだ。

 MH17便の乗客の殺害後も、欧米の反応は、足を引きずっているかのように鈍かった。欧州連合(EU)は大規模な制裁を科すと警告しているが、それもプーチン氏が調査に協力せず、分離派への武器提供を止めなかった場合、という条件付きだ。
 フランスは、必要であればロシアへの軍艦売却を差し止めると表明しているが、受注済みの2隻のうちの1隻については売却手続きを進めている。ドイツとイタリアは、外交ルートは開いておくべきだと主張しているが、そこには、制裁が科されれば自国の商業的利益が損なわれるからという理由もある。
 英国は制裁を求めているが、ロンドンのシティ(金融街)の利益になるロシアンビジネスに痛手を与えることには乗り気でない。米国は、発言こそ強硬だが、目新しいことは何ひとつしていない。


不十分な対応は宥和であり、MH17便の犠牲者への侮辱

 もうたくさんだ。欧米は、プーチン氏のロシアが根本的に敵意を抱いているという不愉快な真実を直視すべきだ。橋渡しをして関係を修復するというアプローチでは、プーチン氏を説得して普通の指導者のように振る舞わせることはできない。
 欧米は今すぐ厳しい制裁を科し、プーチン氏の腐敗した取り巻き連中を追い落とし、真実を話すことを前提とするすべての国際的な対話の場からプーチン氏を追放すべきだ。それ以下の対応は、どんなものも宥和であり、MH17便に乗っていた無辜の人々に対する侮辱でもある。

© 2014 The Economist Newspaper Limited. All rights reserved.
英エコノミスト誌の記事は、JBプレスがライセンス契約 に基づき翻訳したものです。
英語の原文記事はwww.economist.comで読むことができます。

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/41340


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年7月29日 16:55:10 : E4bT3Bpr2w

>MH17便墜落後ほどなく「MH17便が、事故ではなく、攻撃を受けて墜落したことは間違いない」と米国の副大統領が世界に向かって広言したことが、親露派武装勢力によるミサイル撃墜説の起源と言えるだろう。

親露派武装勢力が撃墜を真っ先に発表したんだよ。

親露派武装勢力は2機撃墜したと言っていた。1機はAn-26、もう1機はSuに似た機体だ。

MH17と判明したら、親露派武装勢力は発表(Twitter、VK)を削除した。

これが「親露派武装勢力によるミサイル撃墜説の起源」だ。


02. 2014年7月29日 17:26:25 : nJF6kGWndY

>親露派武装勢力が誤射であれMH17便を撃墜したという“証拠”も皆無

現場と証拠を押さえているのは大きいね


03. 2014年7月29日 17:57:12 : rusB5WkqSo
プーチンはひとり第三次世界大戦の防止にやっきになっている。仕掛け仕掛けて攻め手を緩めないアメリカ。しかしハラハラドキドキの心境のようである。ここで戦争になったらアメリカの経済はとたんに破綻する。兵士に給料が払えない。中東、クリミアで拡大すれば、アフガンでも煙が立ち込める。どうしょうもなくなるのではないか。早く日本の傭兵が欲しいのだろう。そうは問屋が卸さんよ。中国の挑発が進んではならぬ。誰か早く国交を正常化してくれ。

04. あっしら 2014年7月29日 18:05:25 : Mo7ApAlflbQ6s : ySbn3B9Znc

01.E4bT3Bpr2wさん、ひとの文章はきちんと読んでくださいね。

「親露派武装勢力によるミサイル撃墜説」の起源は、米国の副大統領が「MH17便が、事故ではなく、攻撃を受けて墜落したことは間違いない」と世界に向かって広言したことだと言っているのですよ。
 
貴殿の「MH17と判明したら、親露派武装勢力は発表(Twitter、VK)を削除した。これが「親露派武装勢力によるミサイル撃墜説の起源」だ」は、仮にMH17便撃墜が親露派武装勢力の仕業として、

「親露派武装勢力がMH17撃墜をなんとか否定しようとする動きの起源」

というべきものです


05. 2014年7月29日 18:15:44 : E4bT3Bpr2w

>>04

親露派武装勢力が撃墜をVKで発表したのは、モスクワ標準時間で2014年7月17日の17時50分です。

この日時より前に「米国による撃墜に関する声明」があるのなら教えてください。


06. 2014年7月29日 20:27:09 : FMYtuhLJh0
親露派武装勢力が撃墜を発表したことはありません。ウクライナ政府が親露派武装勢力の会話を盗聴したとして発表したのです。従って、最初に発表したのはウクライナ政府です。客観的事実をきちんと踏まえましょう。

07. 2014年7月29日 20:46:48 : E4bT3Bpr2w

>>06

>親露派武装勢力が撃墜を発表したことはありません。

何も知らないんだな。画像がツイートされてるよ。

Here is Strelkov posting (in Russian) re shoot-down of what he thought was Ukraine An-26. pic.twitter.com/8qpNuenQnz
( https://twitter.com/steven_pifer/status/489814607633326080 )

削除された元記事がキャッシュに残っているが、見るのはちょっと工夫が必要。

http://webcache.googleusercontent.com/search?nomo=1&hl=ja&q=cache:1Wqz70HTkyQJ:https://vk.com/wall-57424472_7256%2Bhttps://vk.com/wall-57424472_7256&gbv=1&&ct=clnk


08. 2014年7月30日 00:14:30 : DYbLTmiyEY
>07
それはウクライナ政府が発表しときに根拠として挙げたものです。つまり発表したのはウクライナ政府になるのです。頭の悪い人ですね。

発言の内容は、ウクライナのAn-26を撃墜した、という内容です。マレーシア航空のMH-17を撃墜したとは発言していません。

これで親露派武装勢力がMH-17を撃墜したと発表したことになりません。

最初にMH-17がミサイルで撃墜したのは、あくまでウクライナ政府なのです。

巧妙なすり替えに騙されないようにしてください。(騙されていない、つまり確信犯なら悪質です)


09. 2014年7月30日 00:16:35 : DYbLTmiyEY
>08

失礼、誤植なので訂正します。

「最初にMH-17がミサイルで撃墜されたと発表したのは、あくまでウクライナ政府なのです。」


10. 2014年7月30日 00:37:42 : 1laTubqZew

>>09

>親露派武装勢力が撃墜を発表したことはありません。

って言われたから、反論しただけでMH17の撃墜だなんて一言も言ってないだろう。

どこ読んでんのw


11. あっしら 2014年7月30日 01:28:19 : Mo7ApAlflbQ6s : ySbn3B9Znc

E4bT3Bpr2wさん、レスポンスありがとうございます。

【引用】
>>04
親露派武装勢力が撃墜をVKで発表したのは、モスクワ標準時間で2014年7月17日の17時50分です。

この日時より前に「米国による撃墜に関する声明」があるのなら教えてください。」


【コメント】
 親露派武装勢力は、ウクライナ軍用機撃墜に関する発表を17日以前にも行っています。
 また、親露派の“誰か”が公表したとされる高度6500mを飛行中のAn26輸送機撃墜は、親露派が公に否定しています。

 SNSをはじめとするインターネット上での声明や発表をすべてウソというわけではありませんが、その真偽は慎重に判断する必要があります。
 日本でも一個人が“なりすまし投稿”などを成功させた実績があるのです。

 いずれにしろ、MH17(民間旅客機)を撃墜したという親露派の声明は出ていないはずです。



12. あっしら 2014年7月30日 01:37:29 : Mo7ApAlflbQ6s : ySbn3B9Znc

E4bT3Bpr2wさん、肝心なことを書かずにポストしてしまいました。


>親露派武装勢力が撃墜をVKで発表したのは、モスクワ標準時間で2014年7月17日の17時50分


 MH17便が撃墜されたのは、早くてもモスクワ標準時間で2014年7月17日の“18時19分”です。(18時18分から21分のあいだ)

 親露派武装勢力が航空機の撃墜を“17時50分”に発表したのなら、MH17便の撃墜より30分近くも前の出来事になりますから、MH17便とは無関係の話になります。



13. 2014年7月30日 03:29:33 : ynSQvzTlvk

>>11 >>12

>SNSをはじめとするインターネット上での声明や発表をすべてウソというわけではありませんが、その真偽は慎重に判断する必要があります。
>日本でも一個人が“なりすまし投稿”などを成功させた実績があるのです。

ストレルコフのツイート
https://twitter.com/strelkov_info/status/489775617253318656

から

VKの投稿
https://vk.com/wall-57424472_7256

にリンクが張られていたが、既に両方とも削除されてしまった。
ツイートのキャッシュは残っていないが魚拓が

http://favstar.fm/users/strelkov_info/status/489775617253318656

にあり、VKの投稿のキャッシュは

http://webcache.googleusercontent.com/search?nomo=1&hl=ja&q=cache:1Wqz70HTkyQJ:https://vk.com/wall-57424472_7256%2Bvk.com/wall-57424472_7256&gbv=1&&ct=clnk

だ。

これを「なりすまし投稿」するのは非常に困難だ。
ストレルコフのTwitterパスワードとVKパスワードの両方を知る必要があるからだ。
 
 
>いずれにしろ、MH17(民間旅客機)を撃墜したという親露派の声明は出ていないはずです。

デメリットはあってもメリットは何もないのだから、そんな声明など出さない。
 
 
>MH17便が撃墜されたのは、早くてもモスクワ標準時間で2014年7月17日の“18時19分”です。(18時18分から21分のあいだ)
>親露派武装勢力が航空機の撃墜を“17時50分”に発表したのなら、MH17便の撃墜より30分近くも前の出来事になりますから、MH17便とは無関係の話になります。

ロシア国防省データ
( http://itar-tass.com/infographics/7882 )

では

17.20 Зафиксировано устойчивое падение скорости Boeing
17.23 Отметка Boeing исчезла с зкранов российских радаров
17.24 Отметка объекта 3505 исчезла с зкранов российских радаров

17.20 安定した落下速度のボーイングを記録
17.23 ボーイングの機影がロシアのレーダー網から消滅
17.24 物体3505番の機影がロシアのレーダー網から消滅

となっている。時刻はモスクワ標準時間だ。因みに「物体3505番」はSu-25と推測される不明物体だ。

http://www.asyura2.com/14/warb13/msg/567.html#c1

Part of the reason the problem persists could be that many in the UK think that GMT is always local UK time even in summer when it is not and should be termed BST.

とのコメントもある。

BST(英国夏時間)は協定世界時(UTC)+1だ。UTCとGMT(グリニッジ標準時間)はほぼ同じで100年間で約18秒のズレが生じるだけだ。


14. 2014年7月30日 15:54:33 : Ffh380kskZ
なるほどね。時間的にはぴったり合うね。
なりすましのイタズラだとしたら、時間的に早すぎるな。
おそらく第一報がまだ出てないんじゃないの。

ま、謀略説なら何とでもいえるけど(笑)

で爺


15. 2014年8月02日 23:41:56 : 7IM6cIYr6A
> 人権と反戦平和の尊重を掲げてきた人が、これまで公表されていることを根拠に、>意図や目的はともかく、親露派武装勢力がBUKでMH17便777を撃墜したと主>張しているのなら、人権と反戦平和の看板は投げ捨てたほうがいいと言いたい。


これダイナモくんのことかな。

>これを「なりすまし投稿」するのは非常に困難だ。
ストレルコフのTwitterパスワードとVKパスワードの両方を知る必要があるからだ。

Twitterなど各国情報機関にかかればどちらも簡単にわかるだろ。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)  recommend
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b13掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b13掲示板  
次へ