★阿修羅♪ > 原発・フッ素42 > 121.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
絶対的ショック:福島2号機屋根の上に、太平洋に直接流入する核廃棄物・昨年の間秘密・国際的な怒り(ENENews)
http://www.asyura2.com/15/genpatu42/msg/121.html
投稿者 ナルト大橋 日時 2015 年 2 月 27 日 12:01:25: YeIY2bStqQR0.
 

記事元


‘Absolute Shock’: Nuclear waste on roof of Fukushima reactor flowing directly in ocean — Officials kept secret for past year & did nothing to stop it — Coming from highly radioactive debris on top of Unit 2; Gundersen: Reactor pressures got so high “it blew top off” — Amount of leakage ‘unknown’ — “Fallout is far from over… International fury rising” (VIDEO)
「絶対的ショック」:福島原子炉の屋根の上に、太平洋に直接流入する核廃棄物 - 昨年の間秘密にして、それを停止することを何もしなかった - 2号機の屋上の破片から汚染が来る。ガンダーセン:原子炉内の圧力は、「屋根を吹き飛ばすほど」非常に高かった – 膨大な漏洩は未知である–フォールアウトは終わりにはほど遠い...国際的な怒りが上る」(動画)


Published: February 25th, 2015 at 3:49 pm ET By ENENews
公開:2015年2月25日 15:49 ET ENENewsによる


Japan Times, Feb 25, 2015 (emphasis added): Radioactive isotopes [have] been draining into the Pacific… Tepco did nothing to prevent it despite learning of the leak last May… [TEPCO] was aware of high radiation [on] the roof of the No. 2 reactor building… Meanwhile on Sunday, Tepco reported water contaminated with high levels of radiation was flowing into the ocean at the plant’s port.
ジャパンタイムズ2015年2月25日(強調は追加):放射性同位体は太平洋に排水されて[いる] ...東京電力は昨年5月にリークの学習にもかかわらず、それを防ぐために何もしなかった... [東京電力は] 2号原子炉建屋の屋根[の上の]高い放射能を知っていた...一方日曜日に、東京電力は、高レベルの放射能汚染水が原発の港で海に流れていた、と報道した。


Kyodo News, Feb 25, 2015: Highly toxic water leaks into ocean from Fukushima plant — Highly radioactive rainwater [is] accumulating on the rooftop of the No. 2 reactor building… In a separate incident… highly contaminated water leaked into the nearby bay through a different gutter… The cause and the amount of water leakage remain unknown.
共同通信(毎日新聞・英語版) 、2015年2月25日:高毒性(汚染)水が福島原発から海へ漏れる -放射性の高い雨水が2号原子炉建屋の屋上に蓄積[されている] ...別件の事故では...高度汚染水が、異なる樋(とい)・溝を通って近くの湾に漏れた...水漏れの原因や量が不明のままである。



Reuters, Feb 25, 2015: [TEPCO said there's] a pool of highly contaminated water on the roof of [Unit 2 and] believes gravel and blocks laid on the roof of the building are the source of contamination… it plans to remove them by the end of March.
ロイター 2015年2月25日:[東京電力が言うには]、2号機の屋根の上に高度汚染水のプールがあり、砂利や建物の屋根に敷設されたブロックが汚染源である、と考えている...3月末までにそれらを除去する予定です。


Fairewinds Chief Engineer Arnie Gundersen on WDEV, Feb 24, 2015 (at 30:15 in): “The pressures got so high in the containment, it blew the top off the containment.”
フェアウィンズのチーフエンジニア、アーニー・ガンダーセンWDEVラジオで、2015年2月24日(30分15秒の所で):「圧力が格納容器で非常に高くなった、それ(圧力)は格納容器のトップを吹き飛ばした。」


IANS, Feb 25, 2015: [Tepco] announced having detected deposits of highly radioactive water on the roof of the plant’s reactor number 2. The liquid contained 29,400 becquerel per litre of radioactive caesium and 52,000 of strontium and other beta-ray emitting substances… [Tepco] decided against making the findings public until now as it did not have results of the analysis on the accumulated liquid’s radioactivity levels.
インド−アジア・ニュースサービスIANS 2015年2月25日:[東京電力は]、原発の2号機原子炉の屋根の上に、高放射性(汚染)水の付着物を検出した、と発表した。液体は、リットルあたり放射性セシウムの29,400ベクレル、ストロンチウムの52000ベクレル、そしてその他ベータ線放射物質をを含んでいた... [東京電力は] 蓄積された液体の放射能レベルの分析の結果を持っていなかったので、今まで調査結果を公開することを控えるように決定した


Newsweek, Feb 25, 2015: The fallout from the Fukushima disaster is far from over… Local commercial fishermen are reportedly outraged… “I don’t understand why [Tepco] kept silent even though they knew about it. Fishery operators are absolutely shocked,” [said] Masakazu Yabuki, chief of the Iwaki fisheries cooperative… [The] plant has been plagued by a staggering number of accidents.
ニューズウィーク2015年2月25日:福島災害からの放射性降下物は決して終わっていません...地元の商業漁師は伝え憤慨している... 「[東京電力は]それについて知っていたにもかかわらず、黙っていた理由を理解できません。漁業関係者は絶対にショックを受けている、」とヤブキ・マサカズ、いわき漁協のチーフは[言った]... [原]発は、驚異的な事故の数に悩まされてきました。


Xinhua News Agency, Feb 25, 2015: TEPCO blasted for concealing latest radioactive leak for nearly a year — Local fisherman… blamed [TEPCO] for knowingly allowing radioactive substances… to flow freely into the sea since April last year… earlier this year [Prime Minister] Abe’s government announced that TEPCO would be the Main Sponsor for the Tokyo 2020 Olympics… local, national and international fury once again rises at [TEPCO]… [This is] the latest indication that the crisis at the plant is far from under control… Japan’s top government spokesperson reiterated the government’s long-standing mantra… “The situation is completely under control… Any negative impact of radioactive water on the environment is completely blocked.”
新華社通信2015年2月25日:東京電力は、ほぼ1年間、最近の放射能漏洩を隠していたことを言い広めた - 地元の漁師...故意に放射性物質(漏洩)を許していたことで[東京電力を]非難した...昨年4月以来、海に自由に流入していた... 今年初めに安倍[首相]政権は、東京電力は東京2020年オリンピックのメインスポンサーとなると発表した...地元、国内および国際的な怒りがもう一度[東京電力に対し]上っている... [これは]原発での危機は制御下にはほど遠いという、最新の兆候になる... 日本の政府トップの広報担当者は、政府の長年のマントラを繰り返した... 「状況は完全に制御下にある...いかなる放射性(汚染)水の環境へのマイナスの影響も、完全にブロックされます。」


NHK, Feb. 24, 2015: [TEPCO] did not take any measures to prevent radioactive water… flowing into the Pacific… TEPCO was aware… April last year [yet] has not installed floodgates [and] does not plan to install any devices in the channel.
NHKワールド、2015年2月24日:[東京電力は]何らかの措置を行っていなかった...太平洋に流れ込む放射性(汚染)水を防ぐために...東京電力は知っていた...昨年4月に[まだ] 水門を設置していません、[そして]水路内に何らかの機器を設置する予定はありません。


NHK, Feb. 25, 2015: [R]adioactive substances spilled into the Pacific beyond the plant’s port… TEPCO knew last April [and] did nothing to prevent contaminated water from leaking directly out to sea, nor did it make the finding public.
NHKワールド、2015年2月25日:[放]射性物質は、原発の港を越えて太平洋に流出した...東京電力は、昨年4月に知っていた[そして]直接海に漏れるの汚染水を防ぐために何もしなかった、そしてその発見を公開しませんでした。


NHK, Feb. 25, 2015: Fishermen accuse TEPCO of betrayal… A TEPCO official… apologized.
NHKワールド、2015年2月25日:漁師は裏切りの東電を非難する...東京電力の関係者は...謝罪した。


Watch NHK’s broadcast here | Full Gundersen interview here
ここでNHKの放送を視聴| ここでガンダーセンの全インタビュー
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2015年2月27日 12:34:34 : LvCXgG1YXU
このニュースは、以下の事実から国民の眼を逸らす陽動作戦だ。

>福島第一原発は散発的に臨界している模様!? (wantonのブログ)

http://www.asyura2.com/15/genpatu42/msg/111.html

それを踏まえた上で、感想を述べる。

先ず、これに注目すべきだ。

>リットルあたり放射性セシウムの29,400ベクレル、ストロンチウムの52000ベクレル

ストロンチウム90は、水に溶けやすい。

この4年間、2号機建屋の屋根は、何回も豪雨に襲われ、沢山の雨水に洗われた。

4年経っても、ストロンチウム90は、放射性セシウムの1.77倍も存在している。

政府、東電のデータでは、Sr−90は、あまり放出されなかったことになっている。

それが、虚偽であったことが分かる。

>東京電力は、昨年4月に知っていた

これも全くの虚偽である。

東電は、事故直後から把握していたに違いない。


02. 2015年2月27日 13:07:16 : q9lkYblvx6
なんかもうどうでもいい。
どっちにしろ太平洋終了。

03. 2015年2月27日 13:42:31 : nJF6kGWndY

>液体は、リットルあたり放射性セシウムの29,400ベクレル、ストロンチウムの52000ベクレル

大した値ではないが

これでまた風評被害が広がりそうだな


04. 2015年2月27日 13:55:17 : pgtjGg2sJc
>福島災害からの放射性降下物
地震直後のスクラム停止は本当にできたのか?
スクラム停止後の核分裂反応のみでフォールアウトとかありえんのかよ
スクラム停止さえ失敗してて、再臨界してんじゃないのかね

05. 茶色のうさぎ 2015年2月27日 14:01:11 : qtmOTsgWNIsK2 : F9xMn6jo0s

爆発事故で”14日は3号機”と”15日は4号機”だったですね。! つまり2号機の屋根だけでなく。!

黒煙をあげて飛び散った3号機のMOX燃料は、隣接の長いタービン建屋の屋上にも多かったと思います。!

動画でタービン建屋の屋上への四角い入り口が開いているのを見た覚えがあります。! 屋上の掃除かな。?

つまり、周辺の建屋屋上の大きなガレキは掃除したけれど、屋上のコンクリに染み付いたのは取れませんね。!

残っている微少なMOX燃料は廃炉まで汚染をつづけると思います。!ウランやプルトやAm、Smですね。!

結論: これら高線量のガレキ処理をしてくれた間組の、名も無い下請けの人達は元気かなー。!死亡。?

http://www.asyura2.com/14/genpatu38/msg/410.html <MOX燃料を手づかみだったと思います。!涙


06. 2015年2月27日 14:38:01 : nsPnQGwkc6
福1の防波堤は海水ツーツーの透過堤構造http://cryptome.org/0004/daiichi-build-02.pdfで出来てんだから、港湾に放射能水ぶちまければそのまま太平洋行きなのは当ったり前。
この防波堤工事の事実だけで下痢ゾーの「放射能水は港湾内で完全ブロックしてるぜ」発言なんか大ウソだってことさー。

したがって放射能水が港に垂れ流れちゃった度に、犯罪東電は「外洋の放射能レベルに変化は無いよー」なんて発表してるのもウソさ。

と言うか地下水となったり割れ目から出たりして日常的に港に垂れ流してる高濃度放射能水が外洋へツーツーだから外洋は普段からしっかり放射能レベル持っちゃってるから少々のことじゃ変化なんか見えないわけさ。しかも2号機屋上の放射能は隠してただけで爆発以来ずーっと垂れ流れてんだから今頃測ったとこで海に変化なんか無いのは当ったり前じゃんねー。
その意味では「外洋の放射能はいつもと変化無いよー」は確かに合ってるよ。笑

犯罪会社東電は「外洋は放射能完全0」とは言ってなく「外洋は変化無いよー」と言ってるだけ。ようは「2号機屋上のも地下水のも入ってる、ずっと前と変わりないコンスタントな放射能レベルの海ですよ」ってだけの話さ。


07. ボケ老人 2015年2月28日 09:00:37 : nf15y2vSVdhvU : 5cnZsQB9Pc
政府、東電は降雨と地下水を希釈用水として利用、ハナから汚染水を処理する気はないのだと思います。
菅官房長官は港湾外の汚染濃度は低いままだからコントロールされていると述べました。
言い換えれば、今回のような汚染水流出にお墨付きを与えたわけです。
原発技術には門外漢ですが、昔の技術屋の端くれとして提案したい。
福島第一原発敷地全体を汚染島に指定
汚染島内の排水路をすべて埋立て閉鎖する。当然今回問題となった屋上につながる雨樋は撤去する。(屋上で自然蒸発させる)
雨水用といえども汚染島に排水路があってはならないのです。
降雨時の雨水は汚染島敷地内に遊水池を設けて保管、自然蒸発させる。
原発敷地境界線上に海面下まで掘り下げた空濠を掘削して阿武隈山系の流入地下水全量をバイパス放流する
原発の港湾はシルトフェンスでなく、完全に遮断堤防とする。
これだけのことが必要です。
これで新たな汚染は防げるでしょう。これがunder controlです。
しかしここまでしても原発地下の濃度拡散圧力による汚染は防げないのです。

08. 2015年3月01日 11:10:46 : quCv5Kiq9g
本当に閉鎖できていれば湾内の汚染はすさまじいことになる。まさに死水の港。そうならないということは、汚染水は湾外へ流れ出して希釈されているということだ。すぐウソとわかるウソを強弁し続けるという居直りは安倍政権がはじまってから目にするようになった。最近では外国でも同様の居直りが見られる。いろいろダメになってきているようだ。

09. 2015年3月01日 14:12:12 : DbCUXBJaGF
>06
>福1の防波堤は海水ツーツーの透過堤構造http://cryptome.org/0004/daiichi-build-02.pdfで出来てんだから、港湾に放射能水ぶちまければそのまま太平洋行きなのは当ったり前。

この福1建設に携わった元東電の土木課長が、業界誌「土木技術」に堤防下部の構造について図解入りで海水透過方式であることを説明している投稿記事ほど、汚染水の影響は港湾内に収まっているという主張が全く嘘であることを明解に証明する証拠はないだろう。

大手メデイアに過去に何度もこのURLを示して、安倍首相の嘘を暴くように働きかけたが、大本営発表体質のままである。

その結果、28日の「朝生」でも、汚染水の外洋への流出問題は公表していなかったことは問題視しながらも、排水溝の出口が湾外であったから問題で、湾内に付け替えれば云々という話しの流れには誰も異論を挟まず、出席者全員が港湾構造の真相を掴んでいない。
http://www.asyura2.com/15/genpatu42/msg/139.html

ちなみに、1年ほど前に東電に確認したことであるが、現在でも5・6号機の崩壊熱冷却のために港湾内の海水を約1㎥/秒汲み上げて、外洋に向かって左手(北)の冷水排出口から吐き出している。数日かからずに湾内の水は入れ替わるはずであることを付記しておきたい。


10. 2015年3月01日 17:12:29 : DbCUXBJaGF
>09
>その結果、28日の「朝生」でも、汚染水の外洋への流出問題は公表していなかったことは問題視しながらも、排水溝の出口が湾外であったから問題で、湾内に付け替えれば云々という話しの流れには誰も異論を挟まず、出席者全員が港湾構造の真相を掴んでいない。

先ほど添付した「朝生」動画のURLは昨年のものでした。今年のものを下記に、
http://varadoga.blog136.fc2.com/blog-entry-59057.html (11分から)


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素42掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素42掲示板  
次へ