★阿修羅♪ > 原発・フッ素44 > 638.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「プルトニウム331キロを日本から米の施設へ 核兵器40〜50発分」 (東京新聞)
http://www.asyura2.com/15/genpatu44/msg/638.html
投稿者 魑魅魍魎男 日時 2016 年 1 月 05 日 11:19:07: FpBksTgsjX9Gw
 

「プルトニウム331キロを日本から米の施設へ 核兵器40〜50発分」 (東京新聞 2016/1/5)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/201601/CK2016010502000126.html

 【ワシントン=共同】米国などから日本に研究用に提供されたが、核安全保障のため返却が決まったプルトニウム三百三十一キロの受け入れに向け、米エネルギー省は、南部サウスカロライナ州にある国立の核施設で受け入れが可能とする環境アセスメントの結果をまとめた。

 このプルトニウムは、高濃度で軍事利用に適した「兵器級」が大半を占める。日本政府関係者によると、日本から三月末までに搬出され、船で輸送され る見通し。三月にワシントンで開催する第四回核安全保障サミットの前後に移送に着手し、サミットの成果として強調する狙いがあるとみられる。

 冷戦時代に英米とフランスが日本に提供。日本原子力研究開発機構の高速炉臨界実験装置(FCA、茨城県東海村)で利用されてきた。FCAではウラ ンと混ぜないプルトニウム燃料として使ったが、出力が小さいため量はほとんど変わらない。現在もFCAに保管されており、核兵器四十〜五十発分に相当す る。核を拡散させない政策を重視するオバマ政権が二〇一四年、日本に返還を求め、両国が移送に同意していた。

 受け入れるのは、米国内の核物質の処理・保存などを担う「サバンナリバー核施設」。

 移送について、エネルギー省の担当者は「セキュリティーの観点から詳しい時期は言えない」と話した。

 サバンナリバー施設の動向を監視しているトム・クレメンツ氏によると三百キロ以上のプルトニウムを海上輸送するのは、日本のあかつき丸が一九九三年に約一トンをフランスから日本に輸送して以来の規模という。

-------(引用ここまで)--------

日本の核施設はテロに対する防備が非常に甘いこと、そして安倍政権の極右化懸念が、
プルトニウム返還要求の最大の理由でしょう。

米国は日本政府をもはや全く信用しなくなったということです。

そもそも兵器に転用できる高純度のプルトニウムを日本が何百キロも保持していること自体が問題です。
300キロ返還したところで、核兵器を作れるだけの量はもちろん確保してあるでしょう。

核物質輸送にはテロや沈没など事故の危険が伴いますが、テロ対策を言いわけに
輸送計画は一切公表されません。

プルトニウムを扱うこと、それは秘密主義、情報統制を強制することにほかならず、
民主主義とは全く相反するものです。

高木仁三郎氏もたびたび警鐘を鳴らしていました。

こういった危険極まる放射性物質を作り、保持すること自体が、人類の不幸の元凶です。

政府、原子力業界がデタラメをしないよう、監視・追及の目を強めていかなければなりません。


(関連情報)

「米、日本にプルトニウム返還要求 300キロ、核兵器50発分(共同通信)」 (阿修羅・赤かぶ 2014/1/26)
http://www.asyura2.com/14/genpatu36/msg/122.html

「核兵器相当の高濃度プルトニウム返還を迫る米国、抵抗する安倍政権/The Japan Times(1月27日)」
(阿修羅・赤かぶ 2014/2/4)
http://www.asyura2.com/14/genpatu36/msg/250.html

「米国からのプルトニウム返還要求に関する小出裕章氏インタビュー(IWJ岩上安身)」 
(阿修羅・鳥の目 2014/2/5)
http://www.asyura2.com/14/genpatu36/msg/255.html

「オバマが安倍に「プルトニウム返還」迫った理由(プレジデント)」 (阿修羅・赤かぶ 2014/2/20)
http://www.asyura2.com/13/warb12/msg/441.html

「日本、高濃縮ウランとプルトニウム返還で米と合意:日本の魂胆ある「核への熱意」」 
(阿修羅・あっしら 2014/3/25)
http://www.asyura2.com/14/senkyo163/msg/316.html
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年1月05日 15:39:16 : 8PUhLRIOJ2 : UhnkrKrXdK8[1]
>米国などから日本に研究用に提供されたが、核安全保障のため返却が決まったプルトニウム三百三十一キロの受け入れ


古くなったプルトニウムがそのままの形で返還されるのは眉唾もの

日本で新たに作られた分ではとの疑惑のような予感しませんか?


2. taked4700[4792] dGFrZWQ0NzAw 2016年1月05日 15:58:51 : g0m64d25zM : hAUwJvFDuRc[15]
>>01

>日本で新たに作られた分ではとの疑惑のような予感しませんか?

日本では未だに、プルトニウムを抽出する施設、設備はありません。

よって、

>日本で新たに作られた

と言うことは100%あり得ません。

まあ、日本が依頼して、海外で処理された分があることはあるのですが。


3. 2016年1月05日 16:55:34 : 8PUhLRIOJ2 : UhnkrKrXdK8[2]
>プルトニウムを抽出する施設、設備はありません。

福島4号機疑惑。

さらには日本の将来の嫌な予感。

日本が世界の核のゴミ捨て場になりつつ、ゴミの中からプルトニウムを抽出してはアメリカ核弾頭更新のための貧民窟と変化する予感。

プルトニウム弾頭の武器輸出の行方なり。

手始めは何処も放射能汚染地帯にして、国民のあきらめを助長するための放射性物質廃棄物の建材への転用利用が環境省で進められている。


4. 2016年1月05日 20:54:28 : lv7vbj53vM : R5TUbJyqZ1g[184]
>>2
>日本では未だに、プルトニウムを抽出する施設、設備はありません。

建前ではそうだけれどね、実際はどうかわからない。

というか、核武装したくてしようがないのだから、あると考えるべきだろうね。


5. 2016年1月05日 21:59:18 : IPWiuzYNsc : xBmNpkzSmic[1]
【危険】政府が放射性廃棄物の再生利用を検討!放射性物質汚染対処特措法に盛り込まれる!公園や建築材等に使用予定!

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-8726.html


この記事とコメントを良く読んでみてください。

政府の目的が何であるのか推して知るべしでしょう。


6. 2016年1月06日 00:16:50 : clEiqzbIg6 : suQoaGEk1CI[1]
兵器級プルトニウムに使用されるPu−239の濃度は、93%。

https://en.wikipedia.org/wiki/Weapons-grade#Weapons-grade_plutonium

高速炉に使用された燃料で、濃度の高いのは、ロシアのもので、ウラニウムとプルトニウムのMOX燃料で、濃度は、45−75%。

どのような実験に、兵器級のプルトニウムが必要だったのか?

http://www.world-nuclear.org/info/Current-and-Future-Generation/Fast-Neutron-Reactors/


米国では、プルトニウムの生産が、1987年で終了している。、

兵器級を含めプルトニウムは、米国でも余っているのが現状だ。

米国が、今、兵器級のプルトニウムを引き取る目的は、福島原発事故の今後の展開に関して、最悪な場合を想定した、予防的な意味合いもあるのではないか?

さらに、兵器級プルトニウムには、経年劣化の問題がある。

>兵器級プルトニウムは数十年で劣化する プルトニウム供給のため核関連施設の維持が不可欠

http://www.asyura2.com/15/genpatu42/msg/383.html


7. taked4700[4796] dGFrZWQ0NzAw 2016年1月06日 11:47:46 : AZ0ngRIPA6 : kUAlPonqZrI[3]
>>03

>福島4号機疑惑。

4号機疑惑というのなら、なぜ、全ての原子炉の監視カメラ映像が出てこないのか、米軍が何をやったのかの記録が全く出てこないのはなぜかを考えるべき。自分としては4号機の危機を演出して、それを取引材料にして、監視カメラ映像の隠ぺいを日本政府に米軍が飲ませたのだと考えています。というか、それしか、合理的な解釈はない。

>さらには日本の将来の嫌な予感。

>日本が世界の核のゴミ捨て場になりつつ、ゴミの中からプルトニウムを抽出してはアメリカ核弾頭更新のための貧民窟と変化する予感。

まあ、日本が世界の核廃棄物処分場として戦後すぐの段階から欧米によって誘導されてきたのは明らかだと思いますが、「ゴミの中からプルトニウムを抽出」というのは、少なくともおかしな表現。再処理するためには、それなりの原材料の品質が必要。日本に再処理工場を建設する可能性はありますね。
ただ、核兵器は明らかに地球環境にとって許容できないものになりつつある。だから、今後は、永久に廃棄される可能性の方がずっと高いはずです。


8. 2016年1月09日 07:49:32 : v1gbxz7HNs : Ay@h0DQyQEc[247]
兵器級プルトニウムが日本に存在することは秘密であり、かつ前からアメリカが返還要求をしていたのに絶対に返さなかった。
それが今年になってようやく返還するという。

何か潮目が変わったことを意味するのではないか。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素44掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素44掲示板  
次へ