★阿修羅♪ > 原発・フッ素44 > 763.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日本共産党「ソ同盟における原子力の確保は、社会主義経済の偉大な発展・・・もはやおかすことのできない革命の要さい」
http://www.asyura2.com/15/genpatu44/msg/763.html
投稿者 会員番号4153番 日時 2016 年 1 月 30 日 11:34:12: 8rnauVNerwl2s ie@I9ZTUjYY0MTUzlNQ
 


”ソ同盟における原子力の確保は、社会主義経済の偉大な発展をしめすとともに、人民勢力に大きな確信をあたえ、独占資本のどうかつ政策を封殺したこと。原子力を動力源として適用する範囲を拡大し、一般的につかえるような、発電源とすることができるにいたったので、もはやおかすことのできない革命の要さいであり、物質的基礎となった(「日本共産党第18回拡大中央委員会報告」 1950.1.18)。”


”原子力についての敵の宣伝は、原子力がもつ人類の福祉のための無限の可能性が、帝国主義と独占体の支配する資本主義社会においてそのまま実現できるかのように主張している。しかし、帝国主義と独占体の支配のもとでは、軍事的利用が中心におかれ、それへの努力が陰に陽に追求され、平和的利用は大きく制限される。したがって軍事的利用を阻止し、平和利用、安全性をかちとる道は、帝国主義と独占体の支配の政策に反対する統一戦線の発展と勝利に結びついている。原子力のもつ人類のあらゆる技術的可能性を十分に福祉に奉仕させることは、人民が主権をもつ新しい民主主義の社会、さらには社会主義、共産主義の社会においてのみ可能である。ソ連における原子力の平和利用はこのことを示している(「原子力問題にかんする決議」 1961.7)”
 
 
共産党ってこんなこと言ってたんですね。

天皇制廃止や暴力革命を掲げながら、「護憲」と言うのと同じでしょうか?

「東京の「現在」から「歴史」=「過去」を読み解くーPast and Present」から
https://tokyopastpresent.wordpress.com/2011/12/10/%E5%8A%A0%E8%97%A4%E5%93%B2%E9%83%8E%E6%B0%8F%E3%81%AE%E5%A0%B1%E5%91%8A%E3%80%8C%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%82%B9%E4%B8%BB%E7%BE%A9%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%9C%E3%80%8E%E5%8E%9F/

加藤哲郎氏の報告「日本マルクス主義はなぜ『原子力』にあこがれたのか」を聞いてー東日本大震災の歴史的位置


2011年12月10日、専修大学で開催された「同時代史学会」2011年度大会において行われた、政治学者加藤哲郎氏の報告「日本マルクス主義はなぜ『原子力』にあこがれたのか」を聞いた。ここで、その内容を簡単に紹介しておこう。なお、報告の論点は、日本政府の原子力開発政策の特質や、受け入れた日本民衆のあり方など多岐にわたっており、すべてを提示することはできない。ここでは、主要な内容と思われるものを、自分の能力の限りでアレンジしていることをことわっておかねばならない。

加藤哲郎氏は、なぜ、日本のマルクス主義者から高木仁三郎・小出裕章のような脱原発論者が生まれてこなかったと問いかけた。加藤氏は、とりあえず日本マルクス主義について、もっとも狭義に日本共産党に限定しつつ、日本共産党が社会主義における核開発を肯定していたと述べた。特に、日本共産党が社会主義における核開発を肯定する上でキーマンー「伝道師」とすら表現されているーとなったのが武谷三男であると加藤氏は主張した。終戦直後の武谷は、例えば「原子爆弾は、原子力を利用したものであるが、それが平和のきっかけをつくってくれた」と、反ファッショ技術として原爆開発を肯定するとともに、「原子力を利用すれば、シベリアのひろい野原や砂漠のまんなか、大洋のなかの島々のように、動力源がふべんなためにいままでひらけなかった地方もひらいてゆける」(武谷「原子力のはなし」 『子供の広場』1948.11)と原子力の平和利用を鼓吹していたと加藤氏は指摘した。そして、1950年代の日本共産党の原子力政策に、武谷の考え方が生かされていったと、加藤氏はいった。いろいろ例が出されているが、ここでは、次の資料をあげておこう。

ソ同盟における原子力の確保は、社会主義経済の偉大な発展をしめすとともに、人民勢力に大きな確信をあたえ、独占資本のどうかつ政策を封殺したこと。原子力を動力源として適用する範囲を拡大し、一般的につかえるような、発電源とすることができるにいたったので、もはやおかすことのできない革命の要さいであり、物質的基礎となった(「日本共産党第18回拡大中央委員会報告」 1950.1.18)。

そして、このような方針は、1954年の第五福竜丸事件を契機に展開した初期の原水爆禁止運動において、アメリカの原水爆実験に反対しつつ、原子力の平和利用を肯定していたことにも影響を及ぼしたとされている。

ただ、1950年代中葉以後、武谷と日本共産党本体は分岐していくと加藤氏は述べた。武谷は、次第に原子力開発の将来性に疑問をいだくようになり、さらには1956年のスターリン批判以降はソ連の核実験を批判するようになり、反原発住民運動に傾斜していくと加藤氏は指摘した。他方、日本共産党は、硬直的に、社会主義における原子力開発の可能性を主張した。その例として、例えば次の資料をあげている。

原子力についての敵の宣伝は、原子力がもつ人類の福祉のための無限の可能性が、帝国主義と独占体の支配する資本主義社会においてそのまま実現できるかのように主張している。しかし、帝国主義と独占体の支配のもとでは、軍事的利用が中心におかれ、それへの努力が陰に陽に追求され、平和的利用は大きく制限される。したがって軍事的利用を阻止し、平和利用、安全性をかちとる道は、帝国主義と独占体の支配の政策に反対する統一戦線の発展と勝利に結びついている。原子力のもつ人類のあらゆる技術的可能性を十分に福祉に奉仕させることは、人民が主権をもつ新しい民主主義の社会、さらには社会主義、共産主義の社会においてのみ可能である。ソ連における原子力の平和利用はこのことを示している(「原子力問題にかんする決議」 1961.7)

このような、社会主義における原子力開発の可能性を維持してきたことが、日本共産党系の人びとによる、「反原発」を指向するようになった社会党系の原水禁との対抗や、広瀬隆への批判活動の前提にあったと加藤氏は指摘している。このような方針は、チェルノブイリ事故やソ連邦解体などで現実には維持できなくなってきたが、今でも、例えば共産党委員長志位和男が「2,3世紀先の平和的利用可能性」に言及している(2011年8月の、志位・福島「老舗」対談)ように、原理的には放棄されていないと加藤氏は主張した。

質問に答えた形であると記憶しているが、加藤氏は、このような日本共産党が原子力開発の可能性に固執したことの要因について、彼らは社会主義政権になった場合、原子力の力を保持したかったのではないかと述べた。そして、1960年代末から1970年代にかけて、全世界的に環境問題がクローズアップされ、マルクス主義にかわって大きな影響力をもつようになり、西ドイツなどでは緑の党などの新しい政治勢力が出現したが、その可能性は日本ではなかったと述べた。

コメンテーターは思想史研究者の安田常雄氏であったが、戦後マルクス主義においてその思想様式を問題にしなくてはならないとし、理論信仰、エリート主義、人びとのくらしとの接点、どこでマルクス主義とふれあったのなどの論点をあげた。なお、加藤氏の報告は「マルクス主義と戦後日本の知的状況」という全体テーマの中で行われ、本来崎山政毅氏も報告するはずであったが、病気で欠席されたことをここで付記しておく。

加藤氏の報告は、日本共産党の人びとが、核兵器・原発にどのような姿勢をもっていたか、そして今どのような姿勢を有しているのかということを、豊富な資料をつかって示してくれた点で大きな意義をもつ。このことは、今まで部分的には知られていた。私なりに多少知っていたこともある。しかし、日本共産党に即して、これほど詳細に検討したことはないと思われる。そして、戦後日本社会における日本共産党の知的影響力の大きさからみて、このことを検討することは緊要な課題であった。そして、それは、なぜ日本で「脱原発」の運動が相対的に弱かったことを解明することにつながっていこう。

加藤氏に対する質問において、日本共産党だけで日本のマルクス主義総体を代表できるのか、日本社会党や社青同などはどのように対応していたのか、民衆全体の動向はどうかなどの疑問が出された。私自身もそう思う。福島県の原発誘致過程について、日本共産党自体がどれほど影響力があったといえば、かなり疑問だ。また、1960年代末から1970年代初めにかけて、福島県議会において社会党の県議たちが一斉に原発建設を批判するようになるが、その過程もまた分析していく必要があろう。ただ、これは、加藤氏にのみ答えを求める課題ではないだろう。私の、ひいては私たちの課題なのだと思う。

付記:報告者の氏名を渡辺治氏と勘違いしていた。皆様にお詫びしたい。削除も考えたが、とりあえず、自戒のために前の版は削除し、報告者氏名を訂正した上で、再度掲載しておく。内容については修正していない。

<参考リンク>

■「原発ゼロ」の決断を - 特集 - 日本共産党中央委員会
http://www.jcp.or.jp/web_tokusyu/2012/05/201205genpatsu.html


■暴力革命の方針を堅持する日本共産党(警察庁)
https://www.npa.go.jp/archive/keibi/syouten/syouten269/sec02/sec02_01.htm


■チベット侵略解放を賛美する日本共産党機関紙『われらの世界』
http://maoist.web.fc2.com/tib/jcp001.html

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年1月30日 12:23:00 : tsGgp41C9M : @oLZTO0fEEw[1]
東電と繋がりの深いソフトバンクの広告であふれ返っている阿修羅掲示板の投稿係
赤かぶ、魑魅魍魎男、知る大切さ、会員番号4153番たちは東電の工作員なのか、ソフトバンクの工作員なのか。

[32初期非表示理由]:担当:毎回IDが変わってしまう方が、ペンネームを使わずにコメントし、管理人がネット工作員判定した場合には苦情を受け付けません。 http://www.asyura2.com/13/kanri21/msg/415.html
2. 2016年1月30日 19:42:43 : 0VAHV6RWaE : wLB98ETIdv8[1]
今頃気が付いたの?

共産党が原発に必ずしも反対でなかったとういうのは有名な話です。
80年代にあった代々木系学者による広瀬隆批判記事の雑誌二重投稿事件とか
一般メディアでも広く報道されましたが。
何十年も前の文を今頃コピペしいて悦に入っているところを見ると、
若い方は知らないんですかね。

が、それと天皇制廃止と暴力革命がどう結びつくのか理解不能。


3. 2016年1月30日 19:52:16 : hOvNsqZ9ox : Lf_5sjf9xsw[11]
>>1

即刻削除したのは事実だと認めたようなものだな。

[32初期非表示理由]:担当:毎回IDが変わってしまう方が、ペンネームを使わずにコメントし、管理人がネット工作員判定した場合には苦情を受け付けません。 http://www.asyura2.com/13/kanri21/msg/415.html
4. 2016年1月30日 21:35:29 : EAkIk2fULU : JJK78ODjYnY[115]
>>3

2chでもけっこう削除されるらしいが全部事実と認めたことになるのか。
ふーん。いいこと聞いたね。


5. 2016年1月30日 22:34:43 : vd4SBjvD8Y : wI66Sg2Wmrs[11]
こうしたネタで共産党を叩くってことは、やっぱり「原子力」核は
ヤバいってこと、認めてるんだよね?

だったら、愛国者らしく、そのヤバい方向に自民党が行かないように、

旧ソ連を他山の石にせよ、美しい日本を穢してはならない!!

くらい、言ったらどうだ??保守って、保って守ると書くんだぞ!!


6. 2016年1月31日 03:11:58 : 9NVRTo7vPw : DyNPcdypjaM[41]
だって工作員の属するチョンカルトは原発放射能で日本をソ連みたいに破滅させるのが目標なんだもんw

7. 2016年1月31日 03:20:17 : w9iKuDotme : S@BYVdB2dgc[430]
福島原発刑事訴訟支援団
「海渡雄一弁護士。
ようやくここまで来た。」
https://twitter.com/kokusodankantou/status/693311717267275777/photo/1

ようやくだ。


8. 反イルミナティー主義[2061] lL2DQ4OLg36DaYNlg0KBW47li2A 2016年1月31日 14:30:38 : 05hFlsfAnQ : 6dKnXi2Hzus[5]
死刑囚番号4153よ自民党も負けず劣らずエセキムチ李信介こと岸信介(笑)
と部落民正力松太郎と同じ部落民ホモ曽根大クンニ
じゃなくて中曽根康弘とCIA鬼畜ユダ金が原子力政策を
強引に推し進めましたが何か。(笑)

[32初期非表示理由]:担当:アラシ
9. 2016年2月01日 19:55:38 : C6fK98N0DM : TTXeua@Y8gE[2]
全電源喪失1日で爆発する敵の核弾頭を自前(=日本人の払う電気料金)で設置する関電。
関電の社長は、北の工作員と言うことでOK?

4153。街宣車で関電包囲しろよ。


10. 2016年2月02日 00:08:18 : bbP36BwN4k : 09E5AKRnsNs[73]
弾圧とスパイと虐殺が横行していた暗黒の時代の共産党の生き残りだ。有能な運動家は次から次へと獄死したり転向させられたり、はたまた分裂の嵐が吹き荒れたり、残っていた彼らが現代とは雲泥の差の乏しい情報でソ連の原爆実験や原発の平和利用について判断ミスをしたとしても彼らを責めるのは利敵行為というものだろう。
ま、もともとのネトウヨ諸君には何を言っても理解できないだろうが。

11. 2016年2月02日 08:45:57 : jy507m1OYi : V5Bbn_7VAZc[2]
60年代や70年代の話をされても、はあっとため息。
今が大切なんだよ、今が。
今どうするのかっていうことが第一の先決。
今は共産党は脱原発になったんだよ。

12. 2016年2月10日 22:41:31 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[1038]
=====================================
World | 2016年 02月 10日 20:50 JST
関連トピックス: トップニュース

日本が北朝鮮に独自制裁、核技術者の入国・船舶の入港禁止

http://s4.reutersmedia.net/resources/r/?m=02&d=20160210&t=2&i=1116371779&w=644&fh=&fw=&ll=&pl=&sq=&r=LYNXNPEC190HR
2月10日、日本政府は長距離ミサイルを発射した北朝鮮に対する独自の制裁措置を決定した。ソウルで7日撮影(2016年 ロイター/KIM HONG-JIP)

〖東京 10日 ロイター〗 - 日本政府は10日、国家安全保障会議(NSC)を開き、長距離ロケットを発射した北朝鮮への独自制裁措置を決定した。人の往来と送金、船舶入港の規制対象を拡大する。菅義偉官房長官は会見で「わが国の強い意志と理解してもらいたい」と語った。

閣議決定と国会の事後承認を経て実施する。核やロケット開発に日本の技術が流出しないよう、北朝鮮に渡航した核・ミサイル技術者の再入国を禁止する。送金も人道目的や10万円以下を除いて基本的に認めない。

さらに北朝鮮籍船舶の日本への入港だけでなく、抜け道を防ぐため北朝鮮に寄港した第三国籍船の入港も禁止する。資産凍結の対象となる関連団体と個人を拡大する。

菅官房長官は「何が最も有効な策かを考えに考えた末にこうした対応をした」と説明。「今後とも北朝鮮の対応や国際社会の動きを踏まえ、必要に応じてさらなる措置を検討していきたい」と述べた。

1月6日に核実験を行い、2月7日にロケットを発射した北朝鮮をめぐっては、国連安全保障理事会も追加制裁に向けた調整を続けている。中国の消極的な姿勢が決定を遅らせているが、菅官房長官は「わが国の毅然たる、断固たる対応が安保理の速やかな決議につながることを期待したい」と語った。

拉致という独自の問題を抱える日本は、安否を含めた再調査を約束した北朝鮮に対し、制裁措置を一部解除した経緯がある。今回の新たな制裁が北朝鮮の態度を一段と硬化させる可能性もあるが、菅官房長官は「拉致は安倍政権にとって最重要課題」と指摘。「(再調査を決めた)ストックホルム合意を破棄する考えはない」と述べ、対話を続ける考えを示した。

韓国政府もこの日、南北の協力事業である開城工業団地の操業を停止する独自の制裁措置を発表した。

*内容を追加しました。

(久保信博)

http://jp.reuters.com/article/north-korea-jp-sanction-idJPKCN0VJ0RF
=====================================



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素44掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素44掲示板  
次へ