★阿修羅♪ > 経世済民103 > 658.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
リニア着工取消しを求める「異議申立書」を住民が提出、なしのつぶて国交省に行政訴訟も!(週プレNEWS)
http://www.asyura2.com/15/hasan103/msg/658.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 12 月 20 日 08:09:20: igsppGRN/E9PQ
 

            山梨リニア実験線を走るリニア車両。現実問題として本線着工には難題が山積する…


リニア着工取消しを求める「異議申立書」を住民が提出、なしのつぶて国交省に行政訴訟も!
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151220-00058374-playboyz-soci
週プレNEWS 12月20日(日)6時0分配信


もう1年が経とうとしているーー。待てども待てども、国土交通省からはなんの連絡もない…。

「もう待てません。私たちは最後の手段として、JR東海のリニア中央新幹線計画を事業認可した国土交通省を相手取り、事業認可取り消しを求める行政訴訟を起こします」

10月30日。東京都の参議院議員会館で、リニア問題に取り組む市民団体「リニア新幹線沿線住民ネットワーク」の川村晃生共同代表はそう公表した。

実現すれば、2027年に東京(品川)から名古屋までを40分で、45年には東京から大阪までを67分という超高速で結ぶリニア中央新幹線。本格的工事は来年から始まる予定だが、そこでは川や沢の水枯れや処分できない残土などの環境問題、いくつもの地域での地域分断など看過できない問題が起こることが次々と炙(あぶ)り出されてきた。

だが、JR東海が計画沿線各地で開催した説明会では、住民側の疑問にほとんど具体的回答が示されることなく終わった。曰く、「国際基準をクリアしております」「水を枯渇しないように努めます」「残土の処理については都県を窓口にいたします」等々…。当然、ほとんどの説明会で住民からの怒号が飛んだ。

例えば、長野県大鹿村では、史上初めて南アルプスに25キロものトンネルをぶち抜くことで発生する残土のうち300万tが排出される。JR東海は最大時で1日1736台もの工事用車両が村を走ると予測するが、つまりは1分間に3台以上…。騒音、振動、泥はね、土埃、排気ガス、そして交通事故への不安が10年以上も続くのだ。

だが、「安心して暮らせない」との住民の訴えにJR東海はこう回答した。「騒音は環境基準の70デシベルを下回る69デシベルと予測しております。環境への影響は小さいと予測します」

これらの問題への解決策が示されぬまま、2014年10月、国土交通省はリニア計画を認可した。このままではただ着工されてしまうだけで泣き寝入りすることになる。

その怖れから、ネットワークが取り組んだのが認可の取り消しを求める異議申立書を国交省に送ることだった。これを送付した人は、国交省に対して直接意見陳述できるというものだ。ただし送付できる期間は事業認可から60日以内と定められている。ネットワークが全国に緊急呼びかけを行なうと、5048通の申立書が集まった。

異議申立書を提出したのにはもうひとつの理由がある。

「私たちは国交省の事業認可に対して、ゆくゆくは取り消しを求めての行政訴訟も考えてきました。そうであれば、今のうちに原告予備軍を集めておく必要があった。というのは、事業認可から半年以内なら誰もが原告になれますが、半年を過ぎれば、原告は異議申立書を提出した人だけに限られるんです」(前出・川村さん)

ともあれ、ネットワークでは、国交省に直接意見陳述ができるのであれば、まずは異議申立書に対する国交省の裁決を待とうと考えた。ところが、半年経ってもなんの音沙汰もなく、さらに1年が経とうとしている。11月中旬、記者は国交省に電話をした。

―誰が意見陳述できるかの審査は終わっていないのですか?

「まだ終わっておりません」

―いつ終わる予定ですか?

「わかりません」

―5048通のうち、何割くらいに目を通したのですか?

「申し上げられません」

―遅くてもいつまでには裁決を下すべしとのタイムスケジュールはあるのですか?

「それもわかりません」

暖簾(のれん)に腕押しとはこのことだ…。さらにJR東海は、最難関とされる南アルプスの山梨県側、約8キロの区間について工事入札を行ない、大成建設、銭高組、佐藤建設のJV(企業共同体)での落札が決まった。12月18日に起工式、来春には実際の重機による鍬入れが始まるところまで来てしまった。

そんな現況を踏まえ、ネットワークは裁判闘争を選んだというわけだ。「今から訴訟の体制を整えても、実際に提訴できるのは私たちも来春になります。今から原告を集めなければなりません」(川村さん)

前述のように、原告になれるのは既に異議申立書を提出した5048人に限られるが、この中の2割でも求めに応じてくれれば、1千人の原告団ができる。今、ネットワークはその呼びかけに奔走している。

やはりネットワークの共同代表でもあり、「ストップ・リニア! 訴訟」と名付けられた訴訟の事務局長を務める天野捷一さんは「訴えるのは国交省ですが、法廷の場には当然、JR東海にも出てもらいます。そこで説明会で明らかにしてこなかった事実を公のものとしたい」と語る。

ただ、よく質問されるのが、「裁判で何を争うのか?」ということだ。

JR東海は、住民には「丁寧ではない説明」を繰り返してきたが、それは違法行為ではない。リニア手続きにおいて、何かしらの違法行為があったのだろうか?

「そこを突きたい」と語るのは、15人(予定)で結成する弁護団の中心人物ともなる関島保雄弁護士だ。

「JR東海は、2011年末から約1年半の環境アセスを実施しましたが、このアセスが実に杜撰(ずさん)です。水問題、残土問題、騒音や振動などすべての環境項目で、リニア工事やリニア走行の『環境への影響は小さいと予測する』と結論付けています。その根拠も書かれていない。

この杜撰(ずさん)なアセスに基づき事業認可された計画なので、まずその環境影響評価法(アセス法)への違反をつきたい。そして鉄道事業法では、事業には安全対策(保守設備、工事中の安全等々)や災害防止などの設置が求められているのにリニア計画ではそれが描かれていないので、ここもついてみたい」

様々な問題が解決されず、不安を抱く住民の納得も得られぬまま強行されようとしているリニア事業。さらに、現実問題として、あまりにも難しい工事ゆえゼネコンも参入に尻込みしているという実態がある。次回配信では、改めて「私たちはリニア事業には参入しません」というゼネコン社員の声をリポートしたい。

(取材・文・写真/樫田秀樹)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2015年12月20日 11:24:15 : 4OAG5Jdpn6 : lmN1oQvkOoY[14]
>JR東海は、2011年末から約1年半の環境アセスを実施しましたが、このアセスが実に杜撰(ずさん)です。

なぜ杜撰なのか?
皆さんは環境アセスメントを行った結果をみて、政府が計画を立てると思っているかもしれないが、それは外国の話であり、日本はそうではない。

まず国交省が落しどころを用意して、それに合うようにアセスの報告書が作成される。つまり手前味噌なのである。
勿論、国交省の意に沿わない報告書を提出すれば、絶対調査費用は支払わない。

コンサル会社としては、住民への説明資料等も厄人どもに押し付けられるわけだから、正直に住民に報告出来ればこんな容易いことはない。しかし、真実を曲げて資料を作るわけなので、住民の方から疑いの目が向けられるのは当然のことである。

糞厄人風情が、ここでも暗躍しているわけである。
ふざけたことに糞厄人どもは、全くその土地の自然を考えていない。
移植した絶滅危惧種が根付くかどうかも分らないうちに(それも3日後という時もあった。)、絶滅危惧種の群生地を重機を用いて埋めるなど当たり前のように行う。

本当に糞完了どもは、見た目はスマートかもしれないが、内面は人間のクズばかりしかいないのだ。

以上、過去環境系コンサルで派遣として働いていたときに経験した、糞厄人どもの汚さについて書き記した。
 


2. 2015年12月20日 11:34:31 : gjSWR86AiA : u0glpiXsZGg[87]
住民が国交省に抗議しても、彼らは耳を貸さない。それどころか、逆に建設に邁進する。日本は土建国家。その官庁が、国土交通省だ。その前身の建設省も、運輸省も、田中角栄が大臣を務めた。あの金権腐敗政治汚職屋の田中角栄が。彼は死んだが、その思想はそのまま継承されている。

リニアを推進しているのは、JR東海の葛西だ。こやつについては、当方の宿敵だと、これまで阿修羅に腐るほど投稿した。国鉄維持派の当方の対し、葛西は分割民営派だった。そして奴が勝った。当時、国鉄維持派は数で大幅に上回っていたが、一人ずつ切り崩して行った。ここには書けないが、新聞に載らない陰謀事件も多かった。

分割解体で誕生したJR東海だが、葛西はいきなり社長にならず、須田さんを社長にした。このあたりのいきさつについては、当方が少し書いておいた。

JR東海初代社長が明かす「リニアの先」〈週刊朝日〉
http://www.asyura2.com/15/hasan103/msg/578.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 12 月 17 日 08:18:20:

●当方の投稿です。
http://www.asyura2.com/15/hasan103/msg/578.html#c2

葛西は東海道新幹線で得られた収入を自民党に献金し続け、遂にはアベコベ首相をコントロールする力を持つに至ったのである。恐るべき陰謀である。

★土木利権の田中角栄金権腐敗汚職政治屋のDNAは、自民党に強く継承されている。彼らはリニア建設で自然が破壊されようとも、水が枯れようとも一向に気にしない。そう言う愚かな者たちである。奴らは日本の司法も支配しているから、裁判をしても住民が負けるし、工事阻止をしようと座り込みをしても排除する。

リニア以前に、日本中に建設した54基の原子力発電所があるではないか。いずれは大規模な原発事故が起きると思っていたようだが、そんなことも無視して建設した。それが自民党だ。だから、奴らはリニア建設も推進する。そうして日本は滅びていくのだ。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民103掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民103掲示板  
次へ