★阿修羅♪ > 経世済民104 > 539.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
金融メルトダウンが引き起こす惨状(NEVADAブログ)
http://www.asyura2.com/15/hasan104/msg/539.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 1 月 17 日 10:10:10: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

金融メルトダウンが引き起こす惨状
http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/archives/4998340.html
2016年01月17日 NEVADAブログ


今、世界中で株式市場の急落、原油・天然ガスの暴落、銅価格の急落等々、先進国だけではなく、新興国にも影響がある事象が発生しており、今や世界同時破たんが進んでいると言えます。

この動きにいち早く気付いた企業は、拡大した「戦線」を一気に縮める動きに入っており、店舗の閉鎖、人員の削減、不稼働資産の売却等を実行し、赤字部門を閉めはじめ現金流出を抑えています。

世界的金融機関も、保有する有価証券を減らし現金化比率を高め、仮に暴落が襲ってきましても対応ができるような体制にしているところもあります。

あるスイスのプライベートバンクは、有価証券の保有高を昨年末に70%から10%以下に減らして現金を積みあげたと言われており、今や現金比率が90%近くになっているとされています。

それほど極端ではないにしろ、今や我先に株券・国債・社債を売却している金融機関が多いと言われており、
いつでも融資金の返済要求に対応できるか、事前に繰り上げ返済を行って負担を軽くし始めていると言われているのです。

今、世界で起こっていることは≪信用収縮≫であり、お金が消えていっている事態ですが、この点を誤っているととんでもない間違いをします。

今年に入ってから、世界的株式市場の急落、原油価格の暴落等々でいったいどれだけの時価総額が吹き飛んだでしょうか?
少なく見積もっても数百兆円が消えてなくなっていると言えます。
実際には不動産の値下がりも発生しており、数百兆円では済まない程の金融(信用)収縮が発生している可能性もあります。

リーマンショック後に起こりました世界的金融緩和で膨大な信用拡大・株の暴騰・不動産の暴騰・商品市況の急騰が起こっていましたが、これが金融収縮となれば当然反対のことが起こります。

即ち、株の暴落、不動産の暴落、商品市況の暴落となります。

この中で、いち早く起こりましたのが<商品市況の暴落>です。
金・プラチナの暴落に始まり、今、<原油価格が暴落>しています。
そして今ようやく<株式の暴落>が始まったのです。
残るは<不動産>ですが、これが一番最後に暴落しますので一般にはわかりませんが、一旦落ち始めれば
買いが殆ど入らないために半端ない落ち方をします。

今起こっているのは株式の暴落ですが、今後上下動を繰り返しながら今年春から本格的な暴落が始まり、逃げ遅れたそうそうたる銀行・投資銀行・証券会社・ファンド等が破たんしていくはずです。

特に、日本の金融機関は危機感が全くありませんから、この春以降に発生します世紀の金融破綻など想定せずに、目先(3月決算)の収益を確保するために、債権を決算前にどんどん積みあげていくでしょうから、世界の「ごみ溜め」になる可能性があり、十分「債権」が積みあがった段階で、金融メルトダウンが襲ってきた場合、メガバンクの中から決済不能が発生する事になるかも知れません。

信用収縮は銀行がお金を返すことを意味していますが、メガバンクは10%程しか自己資金がなく、残り90%は外部資金を利用していますが、この90%の返済を求められた場合、金融混乱期にはどこも貸してくれません。

今はまだ”ジャパンプレミアム”はそれほど発生していませんが、いずれ”ジャパンプレミアム”が急拡大していき、最後の段階では年利10%でも借り入れることが出来ない事態になり、日銀特融等が議論されるはずですが、問題は日銀が持っている外貨をすべて使えないことになります。

日本は100兆円を超える外貨準備高をもっていますが、メガバンク・生保・損保・商社等が世界で投融資している金額からすれば微々たる金額であり、世界的金融収縮が襲ってきた場合、日銀に駆け込めば一瞬で外貨準備高が消滅することになります。

そのような消滅させるという事態はできるはずもありませんから、当然のこととして資金難に陥り、破たんする金融機関・商社が続出することになります。
勿論、その前には換金できるものはなんでも換金するでしょうから、株・国債・債券は暴落することになります。

信用収縮が進むという恐ろしさをお分かり頂けたと思います。
しかもこの収縮は一瞬で起こります。
銀行間ではオーバーナイト取引で金利が年利100%を超えることも十分あり得るのです。

また中国・ロシアはこの金融混乱・信用収縮を想定して動いてきており、「時限爆弾」を世界中の金融市場に仕掛けてきていましたので、今の暴落でどれだけ利益をあげているか想像を絶する額に達しているはずです。
*この「時限爆弾」については既報の通りです。
株・原油が暴落すればする程、儲かるデリバティブを組み込んでいれば、今の状況はどうでしょうか?

今後、中国・ロシアは更なる「時限爆弾(仕掛け)」を用意しているはずですが、この時期に「AIIB」を設立したり、サウジ等を訪問するという習国家主席の動きを見ていますと、その先が当然見えてきます。

この4月以降に襲ってきます世界的金融恐慌・メルトダウンが我々の社会を根本的に変えることになるはずであり、今からその準備をしておくべきだと言えます。

世界最大の借金大国である日本が一瞬で破たんすることもあり得る程の信用収縮が4月以降に襲ってくることを今は誰も指摘しませんが、この事態が起こった際には、誰も対処ができないはずです。
それほど事態は急速に進むからです。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年1月17日 11:45:07 : 1ngw2OuUP6 : xLuLSldPCQk[19]
今起こりつつあることはドルの量的緩和が終了すれば、世界経済に信用収縮が起こるという事実だ。

米国経済は米国の旺盛な消費を支えるために、それ相当の政府支出を必要とし、その財源の一部を海外の米国債投資家に依存してきた。米国の住宅バブルですら海外から調達する資金に頼らなければ起こりえなかった。

2008年になって、ドルの不信任が世界的に意識され、ドルの米国内の還流に障害が起こり、米国民の国外消費需要や米国外への投資も減退した。米国のバブル時の経済水準を維持する唯一つの解決策は経済循環に必要とするドル通貨の量を中央銀行に頼ることであった。

バブル崩壊後の日本経済はバブル崩壊で失われた需要の創出を政府支出に頼り、財源を日銀に頼らず、国内の金融市場で調達した。米国経済は政府支出のマネーの一部が米国民の消費支出という形で、国外に流出した後で、米国債の外需によって米国内に還流するシステムだ。米国経済が成長しなければ、米国民の生活は米国民自身の資産を切り売りする羽目になる。この点から見れば、日本人は成長に強くこだわる必要はない。

米国はドルの量的緩和によって、政府支出の財源と民間の債務削減の財源を確保したのである。中央銀行が提供するマネーは同時に金利低下を確実なものにした。ドル安の下での低金利は債券市場を活性化させて、新興国では投資の財源として米国内では旺盛な米国企業の自社株買いや他企業の買収資金の財源として機能を発揮し、世界経済の量的拡大を支えた。ドルの信用は完全に復活して好調な米国企業の業績も相まって、米国内外でドルの好循環が生まれた。

しかし、このドルの好循環がバブルだった。このバブルの本質を指摘した人はほとんどいなかった。

現実の経済は税金の納めるにも、投資をするにも価値のトレードオフが発生してしまう。支出の元となる資金のために他の資産が売られたり、他の財やサービスへの支出が減少することが起こる。米国の量的緩和が米国民の支出の原資を提供し、支出の原資となる資産価格の下落を防いでいた。

トレードオフの原則が復活する過程はバブル崩壊そのものだと最初から気付けなかったバブルを演出した金融の権威にいう言葉はない。

明らかに米国の敗北である。

米国経済の失敗は米国の投資家が国内外の民間社債を保有していることで、資金回収の困難にこれから直面することである。一方で新興国は流入する外貨のドルと引き換えに米国債を保有することになった。

国債は流動性が一番高い。マネーの喪失者は誰かは明らかだ。


2. 2016年1月17日 13:05:55 : ac281Os7XQ : C76yBWO04GE[2]
はあ?、破産して消滅するのは中国だろ?

3. 2016年1月17日 14:21:48 : jOILhDQSaU : 98SmAt@rZAM[1]

>>2

ネトウヨ情報だけ見てると、そんなボケしか言えない。

本当に危ないのは米国の方だよ。


4. 佐助[3250] jbKPlQ 2016年1月17日 15:03:23 : QXWXtKzZVU : KMxE_bHF90o[254]
第二次世界大恐慌(信用・金融)の二番底・三番底は回避できない,そのために大激震はさけられない。
なぜ,1929〜32年に姿を現した第一次世界金融大恐慌は世界通貨のポンドからドルへの移行が根因。 2007〜10年にスタートしている第二次世界金融大恐慌は、ドル一極からユーロ・円三極への移行が根因。この対策を日本政府・日銀はしないし無視するからです。

本当の原因が分かり、解決できない現象は、この世の中にはありません。指導者は目先だけを認識し、本当の根因が見えません。そのため、慌てて目の前に見える現象を原因だと錯覚し、間違った対処法をしているからです。

「世界大恐慌の根因は基軸通貨の多極化だが」
金持ちだけ救済、貧乏人は自己責任のツケにするために回復が長引く

「銀行・証券・為替の一時閉鎖は避けられない」
世界信用恐慌の早期脱出のためのマニフェストの実行が遅れたので、地方銀行の取り付け騒ぎや倒産が避けられなくなる。そして、2017年までに、予告どおり全国の銀行のモラトリアムが世界中で発生します。

国民レベルでの信用恐慌脱出のマニフェストは、暴落を停止させる即効薬には、株式市場や銀行のモラトリアム(一斉閉鎖)、売買価格の固定、負債の凍結&借金棒引きしかなくなる。

「あらゆる経済指数が3分の1に縮小する」
バブル崩壊で外国からの資金が逃出すと、株・土地・債権・通貨が大暴落する。しかも外国からの資金が逃げ出すと、カネの流れが逆流して貸手の円ドルが上昇し、自国通貨は暴落するため、物価高騰・品不足・購買力激減で、経済は大混乱する。そして自国のバブルを膨張させ繁栄させた国家は、バブルが崩壊すると、デフォルト(支払い停止)せざるをえなくなる。

「株価」
平均株価を十分の一=額面に近づく底まで、ゆっくりと暴騰・暴落を繰り返しながら大底まで下降し続けます

「日本の大企業の消失は避けられない」
各産業のトップ企業を入れ替え、次の時代をリードする企業を誕生させますが,慣習期の商品にあぐらをかいた日本の大企業の消失はさけられません。そしてその縮小スピードを、景気の縮小速度より遅延させれば、倒産消滅は避けらない。

「日本の商品の世界的優位性」
2019年から一つまた一つと後進国,東南アジアの工業都市に追い付かれ抜かれます。だけどサービス業は米国と同じように向上する。

「それでも第三の基軸通貨の本命は円」
にもかかわらず,円が第三の世界基軸通貨の本命です。1933 年のルーズベルト大統領にならい、金の輸出輸入を国家管理にし、原価百円の1万円札紙幣で、国民から金価格相場にプレミヤムを付けて買上げると、円は間違いなくドルとユーロと共に、25%の金を保有して、第三の基軸通貨となる。そして金を買上げて通貨をバラまくと、デフレ(物価の下降)が解消します。世界大恐慌(信用・金融)を救えるのは,産業革命しかありません。


5. 2016年1月17日 15:37:42 : Rcni4TfTpc : SrDSuzp23jo[88]
高齢者なら昔のオイルショックを経験してるから、庶民が一番苦しむのは物不足とインフレだということを知ってるよ。

原油等の資源は何十年も前から、枯渇を煽って価格を引き上げてきたが一向に枯渇する気配がなく、逆に新たに発見されて余ってるから下がるだけ。
ダイヤもシンジケートが出荷規制して値段を維持しているだけだし、日本人が大好きなブランドバックが何故あんなに高いのかと言えば、高いから買う人がいるということでグッチの財布が千円になったら数年で見向きもされなくなる。

80年代バブルが弾けて誰が困ったのか、金融と不動産屋が困っただけで庶民には関係ないでしょ。

物が安く買えることは庶民にとって一番の幸せなのに、戦後の一億総懺悔と同じく、金持ちと同じように庶民も悩めと言ってるようにしか聞こえない。


6. 2016年1月17日 16:31:07 : nJF6kGWndY : n7GottskVWw[322]

>世界最大の借金大国である日本が一瞬で破たんすることもあり得る程の信用収縮が4月以降に襲ってくる

相変わらず、支離滅裂なゴミw

今起こっていることは、その逆だ


長期的には既得権層と愚民迎合策を拡大しなければ起こらない


7. 2016年1月17日 20:57:52 : ZIuRggSK9Y : m7GAuIIjySo[10]
この人この間まではもうすぐ日経平均23000円になるとか言ってなかったか。

世の中そんなもの。


8. 2016年1月17日 21:05:08 : FvOeP7Gg3I : VllLObK1pEs[4]
人の金で一番株価が高い時に買いまくるのがアベノミクス

9. 2016年1月17日 22:17:40 : aQq0UGoaxY : pNHEWTkf6T8[52]
NEVADAは、今の原油安と株安が、ロシアと中国が仕掛けたものではないかと疑っている。
その場合、次の仕掛けも準備されていることになる。

中共が、上海市場の株価を2000ポイントから5000ポイントまで一年で上げ、2000ポイントまで再び戻す株価操作を意図的にやったとしたら、危機的状態になるのは、中国なのか、EUなのか、米国なのか。

「AIIB」の使い方を、よく考えてみようね。


10. 2016年1月18日 06:11:23 : 7qvR5NNHws : 0Q2Pd0P19UY[107]
NAVADAがアホなのは、
「世界最大の借金大国である日本」
の表現で確認できる!

日本国が日本国に住む国民や企業に借りているのは、
実は、国対国の借金とは種類が違う!

それと、
資産側に換金可能な資産が、650兆円もある。
また、アメリカにも日本円換算で250兆円ある。

GNPが500兆円の国で、
実質100兆円以下の負債は、何の問題でもない。

さらに
アメリカの250兆円の50兆円を
日本銀行に渡すと、
民間銀行に5000兆円の信用創造が出来、
それを市中に融資できるので、
民間景気は、気が狂うほど活発になる!

更にその時には
為替は
1ドル=50円以下ななので
日本国民は
世界中から好きなものをいくらでも買える状況になる!

しかし、
この日本状況は、日本ではおそらく1000人ぐらいしか
理解できないので、
山本や小沢も解説できずに、
田布施一味の使い走り安倍に選挙で勝てていない!


11. 2016年1月18日 08:03:53 : knHiEyjs3U : cSjV_OHLlyI[1]
米国債が危なくなると、

銀行危機だー

米国債しかないぞー

株は危ないぞー

いつものパタンだな。


12. 2016年1月18日 16:42:47 : qLPgG8JziM : AVaDCmELl_0[4]
一番危ないのは、日本だろ。

超少子高齢化(すでに27%が65歳以上の高齢者、80歳以上が1000万人超え)、アベノミクス崩壊(言わずもがな)、そして、福島原発事故(今日の首都圏の電車は完全な麻痺状態。マスコミは雪のせいにしているが、実際は被曝による電車内急病人の多発の影響による)

日本が地方も入れると1300〜1400兆円の借金をしているのは、事実で、日銀が金融緩和で買いまくっているから、国債の長期金利が異常なまでの低水準にあるが、やっていることは財政ファイナンスそのもの。

この買い入れが限界に来たとき、そして国の借金が国民の預貯金を超えたとき、国債の金利が急上昇し、国債が暴落する可能性は非常に高い。日本国債格下げなどが引き金になる可能性が高い(AランクからBランクへ下げられるとインパクトはでかい)。


国が保有する資産には、現金化困難なものがほとんど。

瀬戸大橋が売れるか?放射能汚染された東日本の森林など誰が買う?アメリカ国債を売却できると思うか?さらに資産である年金積立金は将来的には国民に支払うべき負債となる(年金制度がいつまで持つかわからないが)。

マイナンバーを銀行預金に紐つける真の目的は、何かわかるだろう。日本の財政がやばくなったときに、国民の預貯金を狙っているんだよ。

原発安全神話が崩れたように、近い将来、日本国債安全神話がいつ崩壊してもおかしくはない。


いつまでも、円が安全資産だと思わない方がいい。暴落するか、国に没収されるかのどちらかだろ。


13. 2016年1月18日 19:37:36 : H5OcAmmdy2 : z9xAhNhxQl8[38]

円は我々日本人が思っているよりもかなり強い通貨ですよ
今は愚かな政権によって円の価値を引き下げられ人気取りの株高だけを演出していますが、これ以上安くするのは限界でしょう
中国人などが退去して日本へ来るのも円が異常に安くなっているからに過ぎません
今後、円は持っている本来の価値へと収束していくことになります
円高で株高にするのが政権の役割ですが、今の政権ではとても無理でしょう
このバカな人気取りだけの円安政策では日本はどんどん貧乏国になるだけです


14. 2016年1月18日 21:56:38 : n9wX432XWc : Pa_R7YbHNuA[9]
円は我々日本人が思っているよりもかなり強い通貨ですよ >

円は強すぎて、日本は米国債に回収され貧乏になる。

だから円安が必要なんだ。


中国人などが退去して日本へ来るのも円が異常に安くなっているからに過ぎません

これから中国経済崩壊、
ワザワザ円高にしなくても、中国爆買いは終わる。

円高小細工。
もっとましな理屈を用意しなさい。




[32初期非表示理由]:担当:アラシコメントが多いので全部処理

15. 2016年1月19日 00:50:56 : fpt8itpB5Q : zW@YYVl31Kw[180]
>日本の金融機関は危機感が全くありませんから
金融ビッグバンで乗っ取られているから、自分の意思で動けないだけ
既に、メガバンは米国債やジャンク債のゴミ箱にされていると思う
それは、内部留保を貯めこんでいるように見える輸出企業も同じだと思う

中国のように外国人投資家を制限して企業を守っている国が生き残ることになる
なんで日本は株式を外国に公開してしまうかなぁ
バカだなぁ
ま、日本人が運営してる国でない時点でどうしようもない


16. 2016年1月19日 08:18:49 : MC3Dtej4S2 : W0ZRVCO5ivU[187]
マイナンバー推進、非正規雇用者の増加、社会保障費削減、年金資金による株式
博打、消費税増税、これだけ見ても国が安泰である理由は皆無。
利権シロアリが公金垂れ流しに精を出し、本当に国民に有益な新興産業があって
も利権に潰されて成功できない仕組みになっているのではないだろうか。
戦争で借金チャラ&市民の土地財産没収というお決まりパターンしかないのでは。
いん石が地球に衝突して破滅を演出するなんてことも画策しているみたいですね。

17. 2016年1月19日 08:30:17 : H5OcAmmdy2 : z9xAhNhxQl8[39]
14>

円は強すぎて、日本は米国債に回収され貧乏になる。

だから円安が必要なんだ。

あなたの表現を借りれば、あなたの意見は円安小細工ですね

私の言っているのは絶対的な円の価値にて言っているのです

現在の円の価値は本来の円の持っている価値より相当に低められています

米国やオーストラリア、スイス、ヨーロッパの一部の国へ行けば円の減価がものすごいことに気付くはず

経済というものは無理に低めたものは本来の価値へ少しづつ戻っていくことになります

無理に円安に持っていっても無駄なことなのです

ただし、日本が相当なインフレになれば円の価値は下がることになりますが、国債を年間80兆円も買って、また外国証券を年金基金の25%を買って円を貶めても無理なことは続きません
結局本来の価値に戻るのです




  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民104掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民104掲示板  
次へ