★阿修羅♪ > 不安と不健康17 > 871.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
受動喫煙対策「最低レベル」 五輪までに汚名返上 受動喫煙で肺がん1・3倍 室内の全面禁煙提言
http://www.asyura2.com/15/health17/msg/871.html
投稿者 軽毛 日時 2016 年 8 月 31 日 14:47:57: pa/Xvdnb8K3Zc jHmW0Q
 


受動喫煙対策「最低レベル」 五輪までに汚名返上

2016年8月31日 夕刊


 他人のたばこの煙を吸わされる受動喫煙の発がん性が、国立がん研究センターの統計解析で明確になった。受動喫煙による肺がんのリスクは、受動喫煙しない場合の約1.3倍と判明。しかし日本では、受動喫煙は健康増進法などで努力義務にとどまり、対応が遅れてきた。厚生労働省は「たばこ白書」を15年ぶりに改定する予定で、東京五輪・パラリンピックを4年後に控え、対策強化に弾みとなりそうだ。
▼罰則規定なく
 厚労省研究班は今年五月、受動喫煙による死亡は年間約一万五千人に上るとの推計をまとめた。死因は肺がんだけでなく心筋梗塞や脳卒中なども含まれる。
 二〇一三年の国民健康・栄養調査によると、成人の喫煙率は約19%と近年減少傾向にあるが、飲食店や職場などで受動喫煙する機会が多い。たばこを吸わない人の33%が職場で、47%が飲食店で、月一回以上受動喫煙すると回答した。家庭内でほぼ毎日受動喫煙している二十歳以上の割合は9%だった。
 〇三年に施行された健康増進法は、学校や病院、デパート、飲食店など不特定多数の人が集まる場所で受動喫煙を防止するための対策の実施を「努力」するよう求めるが、罰則規定はない。
 世界保健機関(WHO)によると、一四年末時点で、病院や飲食店など公共の場を全面禁煙とする法律を施行している国は四十九カ国に上るが、日本はすべての公共施設について罰則付きの法的規制がないため「最低レベル」と判定されている。
▼国民理解不足
 以前から対策強化が求められてきたが、「売り上げへの打撃が大きい」「喫煙者のマナーは向上している」などと、たばこ業界や飲食業界の反発が強かった。厚労省の担当者は「対策が進まない一番の要因は、健康被害に関する国民の理解が足りないことだ」と打ち明ける。今回のリスク確実との科学的評価をてこに、国際水準の対策を実施する機運を高める思惑が透ける。
 罰則のある規制は地方自治体が先行してきた。神奈川県が一〇年、官公庁、病院、学校などに禁煙、飲食店や宿泊施設、娯楽施設に「禁煙または分煙」の措置を義務付けた条例を全国に先駆けて施行。兵庫県でも受動喫煙の防止条例を一三年に施行した。
▼都知事の姿勢
 東京五輪の主な開催地となる東京都では、前知事の舛添要一氏が一時、屋内の受動喫煙対策を盛り込んだ条例制定に積極姿勢を示していた。しかし、都議会最大会派の自民党から「飲食店には自主的な取り組みを促すべきだ」と要望を受け、方針を転換。国に対し一律の規制をするよう求めていた。
 新しく就任した小池百合子知事は「開催都市の多くは、罰則付きの形で(法律や条例を)導入している。まさに健康があるからこそのスポーツだ」と指摘。ただ、条例制定は都議会の可決が必要で、「賛成していただけるような政策にしていきたい」としている。
写真

この記事を印刷する

関連記事ピックアップ
受動喫煙で肺がん1・3倍 危険性「確実」に格上げ(8月31日)
室内の全面禁煙提言、厚労省 喫煙リスクをレベル分け(8月31日)
松戸市とファイザー 受動喫煙対策など健康づくりで連携(6月21日)
受動喫煙で1万5千人死亡 半数以上が脳卒中、厚労省研究班(5月30日)
病院 全面禁煙51% 「受動」防止策に不備(12月2日)
介護2割負担、対象拡大も 厚労省検討着手、委員から懸念(8月20日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201608/CK2016083102000226.html


 
受動喫煙で肺がん1・3倍 危険性「確実」に格上げ

2016年8月31日 00時08分


 国立がん研究センター(東京)は30日、多数の日本人を対象とした複数の研究を統合的に解析したところ、他人のたばこの煙を吸い込む「受動喫煙」で肺がんになるリスクは、受動喫煙しない場合に比べて約1・3倍となり、危険性が明確になったと発表した。このため、肺がんに対する受動喫煙のリスク評価を従来の「ほぼ確実」から「確実」に格上げした。
 日本の受動喫煙対策は国際的に不十分とみられており、多数の外国人が訪れる2020年の東京五輪に向けて、受動喫煙の対策強化が急務となりそうだ。
(共同)
 がんリスクと喫煙
 がんリスクと喫煙

この記事を印刷する

関連記事ピックアップ
肺がん、遺伝子の特徴発見 リスク1・2〜1・4倍(8月9日)
受動喫煙防止対策ステッカーを作製 県、飲食店などに配布(7月3日)
松戸市とファイザー 受動喫煙対策など健康づくりで連携(6月21日)
受動喫煙で1万5千人死亡 半数以上が脳卒中、厚労省研究班(5月30日)
病院 全面禁煙51% 「受動」防止策に不備(12月2日)
キルギスの中国大使館で自爆テロ 容疑者死亡、5人負傷(8月31日)
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016083001001941.html


 
受動喫煙の危険性強調 室内の全面禁煙提言

2016年8月31日 12時05分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/images/2016083001002119.jpg

 厚生労働省の専門家会合は31日、他人のたばこの煙を吸う受動喫煙が、肺がんの危険性を確実に高めることなどを盛り込んだ報告書をまとめた。公共施設や飲食店など不特定多数の人が利用する室内の全面禁煙を提言、近くホームページで公開する。通称「たばこ白書」は15年ぶりの改定で、受動喫煙の危険性を強調した内容になった。
 白書は、受動喫煙が原因の死者は年間約1万5千人で、日本の防止対策は「世界最低レベル」とする世界保健機関(WHO)の判定に言及。肺がんだけでなく、心筋梗塞や脳卒中、小児ぜんそくなどが因果関係が十分あり最もリスクの高い「レベル1」と判定された。
(共同)

この記事を印刷する

関連記事ピックアップ
受動喫煙で肺がん1・3倍 危険性「確実」に格上げ(8月31日)
千葉大の再生医療承認 厚労省、LCAT欠損症に(7月27日)
受動喫煙で1万5千人死亡 半数以上が脳卒中、厚労省研究班(5月30日)
病院 全面禁煙51% 「受動」防止策に不備(12月2日)
受動喫煙防止(No.395) 全面禁煙か完全分煙へ(2月26日)
盲導犬連れ男性の転落死亡事故 視覚障害者と現場ホームを歩く(8月17日)
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016083101000963.html  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年8月31日 14:51:05 : nJF6kGWndY : n7GottskVWw[2510]

放射脳も原発で騒ぐ暇とエネルギーの1%でも、こっちに注いだ方が遥かに合理的だが

まあ、放射脳だからなw


2. 2016年9月02日 15:02:33 : 7b5eaFJSwI : RyzSOiBFLeg[1]
飲酒の禁止や制限など、
同時に、アル中対策も やりましょう!

http://www.asyura2.com/15/health17/msg/863.html


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 不安と不健康17掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
不安と不健康17掲示板  
次へ