★阿修羅♪ > 自然災害21 > 754.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
2030年に世界は氷河期突入、確率は「97%」とザーコバ教授(週刊ポスト) :自然板リンク
http://www.asyura2.com/15/jisin21/msg/754.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 1 月 31 日 14:25:15: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

2030年に世界は氷河期突入、確率は「97%」とザーコバ教授(週刊ポスト)

http://www.asyura2.com/15/nature6/msg/470.html

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. taked4700[5929] dGFrZWQ0NzAw 2017年2月01日 17:27:16 : 7rLS1H2HTo : VPGChg8RaF8[3]
>>01

ウィキの記事である
>2010年、東京大学・名古屋大学・名古屋工業大学の研究チームが、この時期の日本(江戸時代初期)は周期的に雨が多い湿潤な気候であったと奈良県内の老木の年輪を分析して結論付け、論文にまとめた[

は事実を誤認している。東大が絡むとこういったことが起こることが多い。

http://dailyrootsfinder.com/next-great-depression/
北半球の平均気温はマウンダー極小期では-0.6℃、ダルトン極小期では-0.5℃低下した。   日本(京都)の冬の気温はマウンダー極小期では-2.5℃、ダルトン極小期では-2.5℃低下した。

 ヨーロッパではマウンダー極小期には気候が寒冷化し、経済活動が停滞し、ペストが大流行して飢饉が起こり、英蘭戦争や三十年戦争をはじめとする戦乱の多発によって人口が激減したため、「危機の時代」と呼ばれた。

 日本では江戸四大飢饉のすべてがマウンダー極小期とダルトン極小期に発生している。

寛永の大飢饉(1642年〜1643年)全国的な異常気象(大雨、洪水、干ばつ、霜、虫害)

享保の大飢饉(1732年)冷夏と虫害

天明の大飢饉(1782年〜1787年)浅間山、アイスランドのラキ山噴火による冷害

天保の大飢饉(1833年〜1839年)大雨、洪水、冷夏、稲刈りの時期に降雪の記録あり。

特に天保7(1836)年はコメが平年のわずか10%しか収穫できなかった。


2. 2017年2月01日 21:10:32 : 4aNu6KGiCg : kCwEEpLPtUQ[663]

 東大の環境化学科准(助?)教授の論文では、マウンダリー小氷期は5度以上も低かったことになっ
 てますが、同じように年輪を一層づつ剥がして分析してます。
 C14のサイクルを利用してますが、誤差が数十年間以上もあり、ちょっとアバウトかも知れません。

 黒点が消えると、実は、太陽の活動が盛んになると、逆に放出エネルギーが低下する皮肉な結果にな
 ります。
 黒点の隣接ポイントは逆に高温化し、例えば平均が6000K程度ですので5700Kと6300K
 とすると、放出エネルギーは温度の4乗比例しますので、2つのポイント合計の放出エネルギーは、

  6000K地点が、5700K(黒点)と6300Kの二つに分かれると、6000Kの範囲を
  5700Kと6300Kの2倍(2個分)とし、
  6000Kの夫々を放出エネルギーをE1、5700KのをE3、6300KのをE4とすると

  E1∝6000^4 
  E1∝6000^4 
  E3∝5700^4 
  E4∝6300^4

     E1 + E1 < E3 + E4

   約 1.5 % E1x2は、E3+E4 より小さくなる。

  つまり、黒点が出来るほうが、太陽の活動が低下するほうが、表面からの放出エネルギーが
  約1.5%も増加する。
  だから、活動が活発化し、黒点が消えると、表面からの放出エネルギーが減少するので、
  寒冷化に影響が出るわけです。

  =======

  しかし、色々と言われてる要因は,どれも決定打ではないので、誰にも断定するのは難しい。

  
  ★:地下の活動も影響〜熱源も、磁場も含めて〜するのに、全く計算できません。

    地球のMRIでも撮影できればいいんですが・・・無理ですから。

  =======

 ◆:どうでも良いんです。正常な気象変動が継続中なだけで、騒いでもなるようにしかならない。

    4〜5度くらい、上がろうが下がろうが、それで正常なんです。

     これからは震災塗れになるので、大変な時代になっちゃいましたねぇ・・・


3. 2017年2月03日 07:58:41 : Ul2wfOsFq2 : BshtztXB@GE[1]
はっきりわかることは、人類が二酸化炭素を大量に排出する以前から地球の表面温度は変化してきた、約1万年前に直近の氷期が終わったあと地球は間氷期を迎え温暖になるがその間もずっと温度は変化してきた。16世紀から17世紀、北半球が少しばかり寒かったことについては山のような証拠がある。当然ながらこの時期の温度変化は二酸化炭素の排出と何の関係もない。

ただし地球温暖化が大変と煽る人々はこのことを無視しここ百年と21世紀末までのことしか論じない。


4. 2017年2月03日 18:40:01 : bYLiTFC55s : U5AdSJsPd0M[443]
>>3
なかなかな意見じゃ。俺もその意見でごわす。

5. 2017年2月03日 20:16:10 : EOXZRDSzLM : uypfXXFTIns[130]
天気の良い夕暮れ、空を見上げて見ると何か空が暗い、何故かと言うと
大気上空が冷えて密度が高まっているから、これらの事象は夏ごろから伺えた。
寒冷化は大気上空から始まる、そして暑いと寒いの差が大きくなり
雨は局地的に多量に降るのは大気上空が冷えてるから海から温度を貰った
大気は上空の低い寒冷な大気に触れ直ぐに雨となって落ちるから今まで
到達していた地域には届かない。

6. 2017年2月04日 11:31:38 : vAT9DA47wX : 2lCBf1qwfJ0[30]
地球温暖化は人類にとって僥倖で、喜ばしいこと。
食糧生産は増えるし、疾病は減る。
逆に寒冷化は、食糧生産が減少して、疾病が増え、
結果、人口移動が増大、戦争が増える。

7. 2017年2月05日 09:54:31 : zU3bOA6eeQ : D1Ln9H3teEc[446]
>>6さん

 同感です。特に貴コメント最終行の「戦争」を最も恐れます。


8. 2017年2月06日 07:40:25 : EOXZRDSzLM : uypfXXFTIns[138]
TPPとはその寒冷化を見込んで農業を集約化させ油田の様に資本で囲い
そして食料で今までの石油の様に投資対象としてメジャー傘下に配置し
投機対象にしようとしたもので金が無くては買えない仕組み作りで
安く買えなくする仕組み。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 自然災害21掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
自然災害21掲示板  
次へ