★阿修羅♪ > 国際12 > 369.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
果たしてイランを信用できるのか?(NEVADAブログ)
http://www.asyura2.com/15/kokusai12/msg/369.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 1 月 18 日 10:40:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

果たしてイランを信用できるのか?
http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/archives/4998726.html
2016年01月18日 NEVADAブログ


今回のイランへの制裁解除は、西側諸国がビジネスが欲しいがために足元を見られ、解除したとも言え今後色々なところに問題が波及していくことになるかも知れません。

イランはアメリカ大使館襲撃事件を起こしたり、イラクへの介入、北朝鮮との関係、イスラム国への支援疑惑等々言わばアラブの暴れん坊でありそこを今までは封印してきた訳ですが、それをろくに調査をせずに問題なしとした今回の制裁解除はイランからすれば完勝となります。

今や西側はイランビジネスに熱狂しており、お宝の箱が開いたらとなっていますが、果たして上手くいくでしょうか?

イラン商人とは握手した後にちゃんと指が全て揃っているか確認するべしと言われる位、商才に長けた連中が多く、ビジネスが欲しいとノコノコと出掛けていけば、とんでもない目に会うかも知れません。

かつて日本はイランで三井物産がとんでもない目にあって莫大な損を被って撤退しています。
*その後、その事業は中国があとを引き継いだと言われています。


またイランはサウジアラビア(及びその周辺国)と関係が悪化しており、かつイスラエルとも敵対関係にあり、この三角関係にうかつに首を突っ込みますと、とんでもない事態に陥ることもあり得ます。

今や中近東はアメリカは影響力をなくしており、ロシアが影響力を持ち始めていますが、このままいけば、イスラエルとサウジアラビアがロシアと軍事・経済同盟を結び、表向きはイランと対峙するという構造になりますが、裏ではイランと中国・ロシアが結びついていますので、ロシアを中心に中近東はロシア傘下に入ることもあり得ます。

イランを信用してもよいのかどうか、ロシア・中国を信用してもよいのか、更にはアメリカを信用してもよいのか、等々世界情勢は極めて複雑になって来ており、複眼で見なければとんでもない事態に陥ることもあり得ます。

特にアメリカはオバマ政権がレームダック状態に陥り、かつオバマ大統領は自分の回顧録に外交的成果を乗せるために極めて雑な対応をしており、これに日本が付き合えば次の政権でとんでもないどんでん返しをうけることもあると言えます。

今回のイラン制裁解除は極めて杜撰な調査をもとに行われており、後に禍根を残す解除と言えます。

尤もそれが発覚する時にはオバマ大統領もおらず、ケリー国務長官もおらず、誰も責任をとらず、目先のビジネスで稼いだ者が美酒を飲んだということになるのかも知れません。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年1月18日 12:49:11 : RTWWw8j8P6 : 0[9]

イランはアラブでなくペルシャだろう(笑)


2. 2016年1月18日 13:37:28 : QY4hnniZNw : LcII_38oWM0[2]
嫌なら付き合わなきゃいいだろうW。
対イラン経済制裁で思い出すのが日本のアザデガン油田放棄だ。
せっかく手に入れた日の丸油田を米国の圧力であっさり放棄した。
もともとがその程度の縁の薄さなんだからどうってことないよW。

3. 2016年1月18日 17:05:50 : fCZ83cf8p2 : ZyE@@HR5cDA[235]
戦争抑止と資源の薄利多売で人類奉仕のロシア皇帝がイランとも友達で仮にイランがイランことしたとしても抑えてくれるんだからソンナノ杞憂だろうというのが普通の見方であり心配するならサウジとかトルコとかイスラエルの方だろというのが世界の大方の見方であり米の制裁解除も皇帝閣下の徳政令に沿ったもので結局は世界の潮流、宇宙の法則に沿った現象と言うことデス☆

4. 2016年1月19日 08:22:09 : RTWWw8j8P6 : 0[10]

元原稿書いた人は基本的に世界史の知識がないな(笑)

今はやりの地政学の素養もなさそうだ。

中東の評論は暫く勉強してからの方がいいだろう。

笑いものになりたくなければ。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際12掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際12掲示板  
次へ