★阿修羅♪ > 国際12 > 640.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
米大統領選 民主社会主義者サンダースがクリントンを猛追!FOXの全米世論調査ではついに逆転!!
http://www.asyura2.com/15/kokusai12/msg/640.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 2 月 20 日 18:10:00: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

米大統領選 民主社会主義者サンダースがクリントンを猛追!FOXの全米世論調査ではついに逆転!!
http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/1f86f0dd86b159ebc1fec9dd75099736
2016年02月20日 | 海外の話題 Everyone says I love you !



 これは凄いわ!日本の政治のこと書いてるよりよっぽどスカッとするわ!!


 アメリカの右派テレビ局FOXが2016年2月18日に発表した調査では、民主党支持層からの支持率は「民主社会主義者」サンダース氏が47%で、クリントン氏は44%と逆転!


私の愛するバーニー・サンダース米大統領候補の逸話と言葉。「どうか絶望の世界には足を踏み入れないで」
http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/bf870fa08eaebb41ac3c03c39e882e62



 なんと、2015年3月の段階では、サンダース氏の支持率はわずか3%だったというのですから、夢のような大逆転です。


 もちろん、まだ他の世論調査ではクリントン候補が全国的にはサンダース候補を上回ってはいるのですが、本日20日に行われる第三戦ネバダ州での戦いも、米CNNが17日に発表した同州での世論調査では、クリントン氏が48%、サンダース氏47%と大接戦になっています。


 もともと、ヒスパニック層が多いネバダはクリントン候補が強いはずで、2015年10月の調査では16ポイントも差があったのに1%の差まで追いついてきています。


 いや、もう、これは誤差の範囲内しょう。


 「ウォール街の機関紙」ウォールストリートジャーナルも焦って、


市場の信頼を脅かすサンダース氏とトランプ氏
http://jp.wsj.com/articles/SB10671262863315044285504581549751377931970?mod=WSJJP_hpp_RIGHTTopStoriesFirst
と、トランプ氏とごっちゃにしてサンダース候補をディスるような記事を出しています。


 もし、ネバダでサンダース候補が勝つようなことがあれば、これはもう事件ですよ!!



ヒラリーとサンダースの支持率推移 上のほうが最近



地元ネバダのNevada Democratic Presidential Caucusによると、1年前はなんと58%対4%だったのが、45%同士で同率に!!




 もう一度、バーニーの言葉を引用です!


「いま我々がとり組まなくてはならない課題のひとつ、それはこうだ。


 全国に多くの優れた良き人々がいる。


 しかし、状況は絶望的だ、企業の資金力には負ける、大富豪には勝てない、諦める。


 そう思ってしまったら、まさに彼らの思うつぼ。


 皆さんに伏してお願いする。


 どうかそんな絶望の世界には足を踏み入れないでくれ」




サンダース氏、クリントン氏を初めて上回る 米世論調査
http://www.asahi.com/articles/ASJ2M55LYJ2MUHBI021.html
コロンビア〈米サウスカロライナ州〉=佐藤武嗣 2016年2月19日18時44分 朝日新聞



米大統領選・民主党候補者指名争いの支持率推移


 米大統領選の民主党候補者指名争いをめぐり、米テレビ局FOXニュースが実施した全米規模の世論調査で、左派のサンダース上院議員(74)が、支持率でクリントン前国務長官(68)を初めて上回り、首位に立った。サンダース氏は特に45歳未満からの支持が7割に達し、クリントン氏を圧倒している。


 FOXが18日に発表した調査では、民主党支持層からの支持率はサンダース氏が47%で、クリントン氏は44%だった。昨年3月の段階では、サンダース氏の支持率はわずか3%だった。


 今月中旬に調査した各種世論調査では、クリントン氏がサンダース氏をわずかに上回っているものの、差が縮まり、拮抗(きっこう)しつつある。当初はクリントン氏優位とされた1日のアイオワ州党員集会で互角の戦いを演じ、9日のニューハンプシャー州予備選で地滑り的勝利を収めて以降、サンダース氏の勢いはさらに増しており、クリントン氏には大きな懸念材料だ。


 サンダース氏は無所属の上院議員だが、昨年4月に民主党からの出馬を表明。ウォール街への規制強化や国民皆保険制度の導入、公立大学の授業料無償化などを主張。大企業からの資金援助を拒否し、既存の政治・経済体制を変えようと、「政治革命」を呼びかける。


 こうした主張に共感する若者を中心に支持が広がり、今回の世論調査でも、45歳未満の年齢層は70%がサンダース氏を支持しており、クリントン氏(26%)を大きく上回っている。


 これに対し、クリントン氏は最近、サンダース氏の主張は「実現できない」と指摘して批判を展開。自らの経験と掲げる政策の実現可能性を強調するが、なかなかサンダース氏の勢いを止められない。


 米国初の女性大統領を目指すだけに、女性からの支持が47%で、サンダース氏(44%)よりわずかに上回るが、男性では12ポイント、白人層では15ポイント、サンダース氏に差をつけられている。


 各州での候補者選びの「第3戦」となるネバダ州党員集会は20日の予定。当初はクリントン氏優位とされた同州でも、サンダース氏が追い上げている。米CNNが17日に発表した同州での世論調査では、クリントン氏(48%)とサンダース氏(47%)が競り合っている。昨年10月の調査では16ポイントも差があっただけに集会の結果が注目を集める。(コロンビア〈米サウスカロライナ州〉=佐藤武嗣)




民主第3戦のネバダ クリントン、サンダース両氏が拮抗
http://www.cnn.co.jp/usa/35078087.html
2016.02.18 Thu posted at 11:01 JST CNN



ネバダ州での支持率争いで接戦を演じるクリントン氏(左)とサンダース氏


ワシントン(CNN) 11月に行われる米大統領選に向け、今週末に民主党の党員集会が開かれるネバダ州で、党からの指名獲得を目指すヒラリー・クリントン前国務長官とバーニー・サンダース上院議員の支持率が拮抗(きっこう)していることが18日までに分かった。CNNと世論調査機関ORCの調査で明らかになった。


党員集会に参加する可能性が高いとした民主党支持者のうち、クリントン氏を支持したのは48%。サンダース氏は47%だった。クリントン氏は女性から支持が高かった。一方、サンダース氏は55歳未満の有権者からの支持が多かった。


民主党支持者のなかで、一番関心が高かったのは経済だった。経済問題にどちらの候補者がうまく対応できるのかが争点となりそうだ。


外交や人種、移民、医療保険制度などについては、クリントン氏に対する信頼度のほうが全般的に高かった。


調査は2月10日から15日に、ネバダ州の成人1006人を無作為に抽出し、電話インタビューを行った。民主党の党員集会に参加する可能性が高いと答えたのは282人だった。




米大統領選 民主、ネバダ州も激戦か サンダース氏猛追
http://mainichi.jp/articles/20160219/k00/00m/030/090000c
毎日新聞2016年2月18日 21時06分(最終更新 2月18日 21時06分)


 【ロサンゼルス長野宏美】米大統領選に向けた民主党の候補者指名争いは、西部の初戦となる20日のネバダ州党員集会を前に、バーニー・サンダース上院議員(74)がヒラリー・クリントン前国務長官(68)を猛追している。


 米CNNが17日に発表したネバダ州の世論調査結果によると、党員集会に参加する可能性が高いと答えた人のうち、クリントン氏を支持するとの回答は48%で、サンダース氏支持の47%とほぼ互角だった。昨年10月の調査では、クリントン氏の支持率は50%で、サンダース氏を16ポイントリードしていた。


 指名争いのうち、白人が9割を超える序盤2州では、アイオワ州をクリントン氏が小差で制し、ニューハンプシャー州ではサンダース氏が圧勝した。有権者の17%を非白人層のヒスパニックが占めるネバダ州は、クリントン氏に有利とみられていた。


 ただ、ヒスパニックの有権者のうち、約45%は1980年以降に生まれた「ミレニアル世代」。若者やヒスパニックは投票率が低い傾向にあるため予想は難しいが、サンダース氏は若者からの支持が多く、激戦になる可能性がある。




米大統領選 民主は全米でもサンダース氏に勢い
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160219/k10010414961000.html
2月19日 14時45分 NHK


ことし11月のアメリカ大統領選挙に向けた与党・民主党の候補者選びで、全米規模で行われた世論調査でもサンダース上院議員がクリントン前国務長官を追い上げていて勢いを見せています。

アメリカ大統領選挙に向けた民主党の候補者選びでは、女性初の大統領を目指すクリントン前国務長官が初戦の中西部アイオワ州を僅差で制しましたが、第2戦の東部ニューハンプシャー州では格差の是正を前面に掲げるサンダース上院議員が圧勝し、2人の争いが激しさを増しています。


こうしたなか、NBCテレビなどが全米規模で行った世論調査の結果が18日発表され、民主党支持層の間ではクリントン氏の支持率が53%だったのに対し、サンダース氏が42%で、先月の調査で25ポイントあった差が11ポイントに縮まりました。さらにFOXテレビの全米規模の世論調査ではサンダース氏が47%の支持を集めたのに対し、クリントン氏は44%でサンダース氏が初めてトップに立ちました。


民主党の候補者選びは、第3戦となる西部ネバダ州の党員集会が20日(日本時間の21日)開かれる予定ですが、ネバダ州で行われた世論調査でもサンダース氏とクリントン氏の支持率はきっ抗していて、サンダース氏がクリントン氏を追い上げ勢いを見せています。



アメリカが「社会民主主義」に変わる?! バーニー・サンダース民主党大統領候補ってどんな人?


格差是正・TPP反対・LGBT権利拡大を訴えチョムスキー、N・ヤング、レッチリらも支持
http://www.webdice.jp/dice/detail/5012/


1月28日アイオワ州ルーズヴェルト高校にて、バーニー・サンダース民主党大統領候補


2月1日アイオワ州での党員集会を皮切りに、11月8日に投開票が行われるアメリカ大統領選挙の候補者指名争いがスタートした。アメリカの主要メディアによると、共和党はドナルド・トランプ(69歳)がテッド・クルーズ上院議員(45歳)に敗北。民主党は集計率99%の時点でヒラリー・クリントン前国務長官(68歳)が49.9%、そしてバーニー・サンダース上院議員(74歳)が49.6%と大接戦の末、クリントンが勝利宣言を発表した。


「社会民主主義者」を自認するバーニー・サンダースは、格差是正やTPP反対、LGBTの権利拡大を訴え若者から高い支持を集めている。そしてニール・ヤングやサイモン&ガーファンクルのアート・ガーファンクルが自らの楽曲を選挙運動に使用することを許可しているほか、哲学者ノーム・チョムスキーやアーティストのシェパード・フェアリー、人気ロック・バンドのレッド・ホット・チリ・ペッパーズらもサンダース支持を表明している。


ポーランド系ユダヤ人の移民の子で、社会主義の実践を提唱するイスラエルの集団農業共同体「キブツ」で暮らしたこともあるという経歴を持つサンダースとはどんな人物なのか、彼のステイトメントと人気の秘密についてまとめた。


【政策】所得格差の是正、TPP廃止を掲げる


アメリカ国民は根本的な決断を迫られています。40年にわたる中流家庭の減少と、富裕層とその他の人々の格差を継続させるのか、それとも、雇用を増やし、環境を保護し、医療を全ての人に提供できるようにするために闘うか。


そして、億万長者の政治的権力と経済的便益を引き受ける用意ができているのか、それとも、経済的・政治的独裁に陥り続けなければいけないのか。それこそがもっとも重要な課題です。その答えは、この国の将来を決定します。(以上、バーニー・サンダース公式サイトのステイトメントより意訳)


【バーニー・サンダースが掲げる政策】


・最低時給を15ドルに上げる


・全国民の医療保障&社会保障制度の拡大


・公立大学の授業料無償化


・人種間の平等の実現と公民権の擁護


・警察法、刑務所法、薬品法の改正


・環境問題に取り組み、キーストーンXL計画(米大陸を横断する石油パイプライン計画)に反対する


・富裕層への課税&企業助成政策の廃止


・TPP反対&海外アウトソーシング反対


・崩壊しかかっているインフラの再建


・労働者が組合に入る権利を支援


・病気休暇中の保障を全労働者に


・有給休暇を全労働者に


・家族休暇・医療休暇を全労働者に


・男女の賃金平等化


・質の高い保育サービス


・子供の貧困と若年者失業の削減


・質の高い保育サービス


・子供の貧困と若年者失業の削減


・市民権獲得の道を開くための移民法の改正


・全国民の選挙権の保障


・政治家への企業による大口献金の禁止



■所得格差是正
「350万ドル以上を相続する0.3パーセントの富裕層を対象に『遺産税』を設けます。何百万ものアメリカ人が仕事、家と貯蓄を失う原因となったウォール街の投機家に対する税金も法制化します。そして若者の雇用プログラムに5.5億ドルを投資することにより、仕事に恵まれない若者のために1万人の雇用を生み出します」


■TPP反対&海外アウトソーシング反対
「NAFTA(北米自由貿易協定)やCAFTA(中米自由貿易協定)、PNTR(対中正常通商法案)などが発効されてから、数百万人の労働者が失業しています。アメリカが製品を買ってほしいなら、この国で製造する必要があります」


■公立大学の授業料と学費ローンの無料化
「若者が両親の収入に関係なく、そして学費ローンの支払いで困ることなく大学で一生懸命学ぶことができるよう闘います。公立大学の授業料を無料化し、政府による学費ローンを停止させ、実質的な金利を引き下げ、必要であれば金利の低いローンに借り換えをすることができるようにします」


■金権政治の廃止
「私は民主主義を、候補が労働者や中流階級、低収入の人々、年輩者、子供たち、病人と貧しい者といった圧倒的多数の人々の声を代弁するためのもの、そして我々が全ての人のために生活を改善することができるか考えを話し合うことができることだと考えています。議会と国が金を使って選挙を管理していることを明らかにするために、憲法改正を提案します」


■LGBTの権利拡大
「多くの州ではまだ、同性愛者であることを理由に解雇することは合法です。トランスジェンダーであるために入居を断ることも合法です。こんなことは受け入れがたく、変えなければなりません。我々は全てのかたちで差別を終えなければなりません」


【バーニー・サンダース公式サイト】「On the Issues」
https://berniesanders.com/issues/


「TPPは、アメリカの大企業と製薬業界、そしてウォール街のために用意されたものだ。アメリカの労働者に、時給56セントのベトナムの労働者と競争して欲しいとは思わない」(2015年10月放映のNBCのインタビューより)


「私たちの仕事は、人々を分断するのではなく、ひとつにすることです」(応援動画「Vote TOGETHER For Bernie Sanders」より)


サンダースはバーモント州バーリントンの市長を4期16年務め、その後は連邦下院議員を8期16年、その後上院議員となり、2期目となる。1987年のバーリントン市長在任時にはフォーク・ソングをレコーディングしたアルバム『We Shall Overcome』をリリースしたこともある。


【Rolling Stone】The Untold Story of Bernie Sanders' 1987 Folk Album(2015.12.2)
http://www.rollingstone.com/politics/news/the-untold-story-of-bernie-sanders-1987-folk-album-20151202

サンダース候補の主張は若者に支持されているのは、2011年の「オキュパイ・ウォール・ストリート」の流れを継承していること、オバマ政権に対する左派の不満が理由だと分析されている。


【ニューズウィーク日本版】予備選では、なぜ極端な候補が先行するのか(冷泉彰彦)(2015.9.9)
http://www.newsweekjapan.jp/reizei/2015/09/post-768.php

経済学者ロバート・B・ライシュは動画「バーニー・サンダース懐疑論者への回答」のなかで、「アメリカは社会主義者を選挙で選ばないのでは?」という疑問について「問題なのは“金持ちのための社会主義”なのだ」と指摘している。



1月25日アイオワ州立大学にて、バーニー・サンダース民主党大統領候補


【賛同者】チョムスキー、ニール・ヤング、シェパード・フェアリーら各界著名人が支持


バーニー・サンダースの公式サイトでは、彼に賛同するアーティストおよび文化的リーダー128人が掲載されている。主なアーティストは以下の通り。


●ミュージシャン
ジェロ・ビアフラ(デッド・ケネディーズ)
ベリンダ・カーライル
ジョン・デンズモア(ドアーズ)
デヴィッド・クロスビー
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ
サーストン・ムーア
ボニー・レイット
ジェフ・トゥイーディ(ウィルコ)
ハンス・ジマー など


●俳優
マーガレット・チョウ
ダニー・デヴィート
ゾーイ・クラヴィッツ
エズラ・ミラー
スーザン・サランドン
サラ・シルバーマン など


【バーニー・サンダース公式サイト】ARTIST AND CULTURAL LEADERS FOR BERNIE SANDERS
https://berniesanders.com/artists/


哲学者ノーム・チョムスキーも「私の見解では、現在の候補者のなかであれば、サンダースが最良の政策を持っている」と表明している。


【Al Jazeera】Noam Chomsky: Bernie Sanders has the best policies(2016.1.25)
http://www.aljazeera.com/news/2016/01/noam-chomsky-bernie-sanders-policies-election-160125180058899.html

2月5日にロサンゼルスのエース・ホテルで行われるバーニー・サンダースの応援ライブに出演するレッド・ホット・チリ・ペッパーズのフロントマン、アンソニーは「ヒラリーよりはバーニーが好きだな」と語っている。


【NME】レッド・ホット・チリ・ペッパーズのアンソニー、米大統領候補バーニー・サンダースについて語る(2016.1.30)
http://nme-jp.com/news/13787/

サンダースのキャンペーンCMに「アメリカ」の使用を許可したサイモン&ガーファンクルのアート・ガーファンクルは、CNNの番組で「サンダースは富を持つ者と貧しい者の格差にとても怒っているところが好きだ」と彼を支持していることを明かした。


【Variety】Art Garfunkel Explains Why He Approved Bernie Sanders’ Use of ‘America’(2016.1.22)
http://variety.com/2016/biz/news/bernie-sanders-simon-and-garfunkel-america-art-garfunkel-1201686260/

【THE HILL】Art Garfunkel feels the Bern(2016.1.23)
http://thehill.com/blogs/ballot-box/dem-primaries/266801-art-garfunkel-feels-the-bern

ニール・ヤングも2015年6月に「カナダ国民であるニール・ヤングは、アメリカ大統領候補のバーニー・サンダースを支持します」と明言。2015年6月デンバーでのサンダースの集会では、ヤングがドナルド・トランプに使用を禁じた「Rockin' in the Free World」をバックにサンダースが登場した。


【Rolling Stone】Neil Young, Donald Trump Spar Over 'Rockin' in the Free World' Use(2015.6.17)
http://www.rollingstone.com/music/news/neil-young-donald-trump-spar-over-rockin-in-the-free-world-use-20150617

【C-SPAN】Bernie Sanders Intro Song: Neil Young's Keep On Rockin' In The Free World(2015.6.20)
http://www.c-span.org/video/?c4541652/bernie-sanders-intro-song-neil-youngs-keep-rockin-free-world

アーティストのジェレミー・メリルが、ストリート・アーティストのシェパード・フェアリーによる代表的作品「Andre the Giant Has a Posse(アンドレ・ザ・ジャイアントはボスだ)」へのオマージュとして「バーニー・サンダースはボスだ」というイラストを発表。その後、シェパード・フェアリー自身も「彼は裕福で権力を持つ人たちではなく、普通の人々のために動いてくれる候補だと思う」とバーニー・サンダース支持を発表した。また、シェパード・フェアリーらアーティストが、サンダースをテーマにしたエキシビション「THE ART OF A POLITICAL REVOLUTION - ARTISTS FOR BERNIE SANDERS」を1月24日から31日までLAのギャラリーで開催した。



▲アーティスト、ジェレミー・メリルによるバーニー・サンダースのイラスト


【OBEY】BERNIE SANDERS HAS A POSSE
https://obeygiant.com/bernie-sanders-has-a-posse/


【i-D】bold art show in support of bernie sanders opens in l.a.(2016.1.25)
https://i-d.vice.com/en_us/article/bold-art-show-in-support-of-bernie-sanders-opens-in-la


【HVW8】THE ART OF A POLITICAL REVOLUTION - ARTISTS FOR BERNIE SANDERS
https://hvw8.com/exhibitions/2016/the-art-of-a-political-revolution-artists-for-bernie-sanders/


1月30日、アイオワで行われた支援コンサートに出演したヴァンパイア・ウィークエンドのボーカリスト、エズラ・クーニグは「サンダースは完璧ではない。しかし2003年に(税制優遇措置問題で対立した)アラン・グリーンスパンを怒鳴りつけたし、イラク戦争を支持しなかった」とツイートした。


(以下略)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年2月20日 20:31:17 : axdxgm3Wdc : WoR5VAJtx2c[229]
よりましさ だけどできない ベタ誉めは

2. 2016年2月20日 21:05:02 : 5FapAc00hr : 4di5MkEb0x0[3]
【米大統領選】20日にネバダ、サウスカロライナで指名争い トランプ氏、第3戦も勢い維持 民主党はサンダース氏が猛追
2016.2.20 19:54 産経新聞

 【ラスベガス(米西部ネバダ州)=加納宏幸】米大統領選に向けた候補指名争いは20日、共和党のサウスカロライナ州予備選が始まる。民主党はネバダ州党員集会を開く。共和党は第2戦のニューハンプシャー州予備選を制した不動産王、トランプ氏(69)が第3戦でも優勢だが、民主党は大きくリードしていたクリントン前国務長官(68)をサンダース上院議員(74)が急速に追い上げ、接戦になっている。

 政治専門サイト「リアル・クリア・ポリティクス」による両州での最近の世論調査平均値は、トランプ氏の支持率は31.8%で、2位のクルーズ上院議員(45)=18.4%、3位のルビオ上院議員(44)=17.8%=を上回る。民主党はクリントン氏48.7%、サンダース氏46.3%の2.4ポイント差だ。

 共和党は、サウスカロライナ州の保守層を狙った上位3人の中傷合戦が過熱している。クルーズ陣営は、トランプ氏が人工妊娠中絶に賛成だったとする広告や、ルビオ氏とオバマ大統領が握手している合成写真を作成して攻撃。トランプ氏はカナダ生まれのクルーズ氏に大統領就任の資格があるかを問う訴訟も辞さない考えを示している。

 苦戦が続くブッシュ元フロリダ州知事(63)は兄の前大統領を動員したが結果次第で選挙戦を続けるかの判断を迫られそうだ。

 一方、ネバダ州はヒスパニック(中南米系)が人口の3割近くを占める。サンダース氏に比べてマイノリティー(少数派)の支持が強いクリントン氏が有利とされ、昨年末まではクリントン氏がサンダース氏を圧倒していた。

 しかし、ニューハンプシャー州予備選でのサンダース氏の圧勝を受け、ネバダ州は接戦に。サンダース氏を支持する若年層がどれだけ党員集会に参加するかが勝敗を分けるとみられる。

http://www.sankei.com/world/news/160220/wor1602200063-n1.html


3. 2016年2月20日 22:52:04 : hRHDOPUoY2 : Z4nx2oGmZvQ[34]
日本にもこのような政治家が欲しいものだ。
私利私欲の安部政権、悪代官の政治屋ばかりが目に付く。経団連の越後屋と悪代官の安部政権。越後屋は儲かり安部政権は袖の下をもらう政治屋ばかり。庶民はますます年貢で首が回らない。

4. 2016年2月20日 23:09:05 : wPAs8CRB32 : @3ZSfBIJBL4[189]
FOXは民主党が泡沫候補を立候補させることを狙って世論操作しているのでは?

5. 2016年2月21日 01:36:44 : LBIx3H3rDI : CBbZA6vnKQ4[6]
とうとうアメリカでも社民主義がここまで出てきたか。

6. 2016年2月21日 02:17:45 : wPAs8CRB32 : @3ZSfBIJBL4[190]
アメリカの大学ほど今でもマルクスが読まれているところはないからね

7. 2016年2月21日 08:26:04 : BGfXv6acUo : h@0jmtwBk7o[3]
クリントン氏が勝利確実に 民主党ネバダ州党員集会
2月21日 7時33分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160221/k10010416711000.html

アメリカ大統領選挙に向けた民主党の候補者選びは、第3戦となる西部ネバダ州の党員集会が行われ、アメリカのABCテレビは、女性初の大統領を目指すクリントン前国務長官が勝利を確実にしたと伝えました。

ネバダ州ではことし11月の大統領選挙に向けて、民主党の候補者を選ぶ党員集会が現地時間の20日午前11時(日本時間の21日午前4時)から行われました。

アメリカメディアによりますと、集計率70%の時点で、女性初の大統領を目指すクリントン前国務長官が52.2%の支持を獲得したのに対し、格差の是正を前面に掲げるサンダース上院議員が47.7%となっています。そしてABCテレビは、クリントン氏が勝利を確実にしたと伝えました。

民主党の候補者選びでは、クリントン氏が初戦の中西部アイオワ州を僅差で制しましたが、第2戦の東部ニューハンプシャー州ではサンダース氏が圧勝し、第3戦となるネバダ州で激しい争いが繰り広げられてきました。

今回、クリントン氏が、ヒスパニック系住民の動向が勝敗の鍵を握るとされるネバダ州を制したことで2勝目を果たしたことになり、一歩リードしました。ただ、予想以上にサンダース氏に追い上げられ苦戦を強いられたことから、今後の選挙戦に向けて、2人の戦いは一段と激しさを増しそうです。

クリントン氏 ツイッターで勝利宣言

アメリカのメディアが西部ネバダ州の党員集会で、民主党のクリントン前国務長官が勝利を確実にしたと伝えたこと受けて、クリントン氏は自身のツイッターで、「これはネバダ州の各地で決意と心を込めて党員集会に参加してくれた皆さんの勝利です。ありがとう。力を合わせれば、指名を獲得できるでしょう」と述べました。


8. 2016年2月21日 10:22:06 : rWGzeLn9Lc : rPU5yupTi3s[3]
トランプ氏勝利確実に 共和党サウスカロライナ州予備選
2月21日 9時34分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160221/k10010416771000.html

アメリカ大統領選挙に向けた野党・共和党の候補者選びで、第3戦となる南部サウスカロライナ州の予備選挙が行われ、ABCテレビは、不動産王のトランプ氏が勝利を確実にしたと伝えました。

ことし11月のアメリカ大統領選挙に向けた、野党・共和党の候補者選びの第3戦となる南部サウスカロライナ州の予備選挙は、現地時間の20日午後7時(日本時間21日午前9時)に投票が締め切られ、開票が行われています。

サウスカロライナ州の選挙管理委員会によりますと、集計率0.27%の時点で、不動産王のトランプ氏が、29.7%、若手のホープとされるルビオ上院議員が、25%、保守強硬派のクルーズ上院議員が15.8%となっています。そして、ABCテレビは事前の情勢取材や当日の出口調査の結果を踏まえ、トランプ氏が勝利を確実にしたと伝えました。

トランプ氏は、今月9日に行われた東部ニューハンプシャー州で勝利したのに続いて、今回、南部サウスカロライナ州の戦いも制したことで、今後の指名争いに向けて弾みをつけた形です。


9. 2016年2月21日 11:18:45 : GtagTtY38g : P6ay9IeySmA[7]
たしかオバマが立候補したときも、ネットでは熱烈歓迎、オバマは正義だ、希望だ、「イエス、ユー、キャン」だなんて両手をあげてたよね。笑

10. 2016年2月21日 22:23:02 : bPIVcIBxHw : pv@PjnlbUjk[5]
たしかにサンダースがオバマにならない保証はない。

しかし問題はアメリカ国民がサンダースにオバマになってくれと望んでいるのかってことだろう。

とくにサンダースの支持者が。


11. 2016年2月22日 22:58:17 : vMk912dE3Q : wO3LnozAbjA[7]
巨大なアメリカの権力機構を一朝一夕で壊すのは誰がやっても難しい。
すぐに落胆するのではなく、少しずつ一歩一歩進む必要がある。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際12掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際12掲示板  
次へ