★阿修羅♪ > 国際12 > 710.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
亀裂が深刻化する移民・難民問題(GLOBAL EYE)
http://www.asyura2.com/15/kokusai12/msg/710.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 2 月 28 日 13:28:00: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

亀裂が深刻化する移民・難民問題
http://www.globaleye-world.com/2016/02/529.html
2016.02.28 11:32  GLOBAL EYE


今、日本では殆ど報じられていないヨーロッパの【移民・難民】問題ですが、ヨーロッパ内で亀裂が深まってきており、今後EUの分裂という事態にまで発展する可能性が強くなってきています。

問題はギリシャにあります。

今までギリシャはトルコ経由で海を渡ってくる移民・難民のEUへの「受け口」とも言える存在でしたが、この「受け口」に対してEU諸国、中でもオーストリアはギリシャで【移民・難民】を止めおくようにと強硬姿勢をとり続けたのです。

本来ならEU全体の問題であるべきこの【移民・難民問題】をギリシャで負担させれば良いとの姿勢をとり続けたオーストリアに対して、とうとうギリシャが切れてしまい、駐オーストリア大使を召還し外交関係を一段引き下げたのです。

ヨーロッパの外交関係者の話では、ギリシャは増え続ける到着者(今年だけですでに10万人を超えています)の対応のためにEUに対して昨年末に3,000億円以上の支援金を求めたようですが、EU側が拒否をして反対に期限を切って着実に対応するように指示をしたとも言われており、認識のすれ違いが起こっているのです。

ギリシャからすれば何故自分達だけで対処しなくてはいけないのかとなりますし、EU諸国はいい加減な審査をして移民難民を送り出すギリシャは許せないとなっており、意見・認識が食い違っているのです。

この問題の落としどころは実はないというのがヨーロッパの外交関係者の認識であり、早ければこの3月にも移民・難民の受け入れに積極的であったドイツのメルケル首相が責任を取って辞任するとも言われており、かつ北欧諸国も移民・難民受け入れを大幅に制限するとなってきており、ギリシャ経由だけではなく、他国(イタリア)経由等を併せれば2016年も100万人を超える移民・難民が押し寄せてくると言われている中、EUがどう対応するのか解決策がない事態に陥っているのです。

今までにEUに入り込んでいる【移民・難民】で本来の難民認定資格をもっていない数十万人を如何に本国に送り返すかが現在の問題になっている中、新たに100万人規模の【移民・難民】を受け入れることなどEUに出来るはずもありません。

今、フランスが非常事態宣言を延長していますが、これは隣国のベルギー等で【移民・難民】に隠れたテロ集団がテロを起こす懸念があるからであり、仮にフランス国内やEU国内で新たなテロが起こった場合、ヨーロッパ中で【移民・難民排除運動】が猛烈に盛り上がり、対立が決定的になります。

その時、ギリシャ等で留め置かれている【移民・難民】をどうするのかという問題が起こってきます。

民族対立、宗教対立が先鋭化すれば、それは悲劇しかうまないのは歴史が物語っています。

ヨーロッパが動乱の渦に巻き込まれないためにもEU内の政治家の力が試されていますが、解決策がないというのが正直な認識であり、もはやどうにもなりません。

単なる難民問題であればまだ解決策はありますが、生活が豊かで社会保障も充実しているヨーロッパ諸国に入り、裕福な生活を送りたいという「移民」たちをどう拒絶するのかとなっているのです。

一人50万円程のお金を仲介者に払って『難民』としてくるために余計に対応が難しくなっているのです。

今、日本はこの「移民・難民」問題は関係ないとなっていますが、ヨーロッパで解決できない場合は、過疎化が進む日本の地方にこれら『移民・難民』を数万人単位で受け入れろという国連決議がされる可能性があります。

人口が減る日本の切り札になるとして、国連で『移民・難民』100万人受け入れ決議がされた場合、日本はどう対応するでしょうか?

言葉も習慣も違うイスラム圏の【移民・難民】を100万人どころか、1万人でも受けいれることなど日本人が出来るでしょうか?

昨年東京のトルコ大使館前のトルコ人同士の乱闘事件を見れば、とても相容れないとなるのが当然であり、この問題では日本も解決策はないとなります。

貧富の格差が開き、それをインターネットで瞬時にわかってしまう今の時代、富める国に向かう『民族大移動』が始まろうとしています。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年2月28日 16:31:15 : nD2FCblETM : NNL_LPbExd4[4]
難民をギリシャから追い出すのは簡単
難民狙いの強盗を警察が放置していると
うわを流せばギリシャは危ないとみんな逃げていくよ

2. 2016年2月28日 18:05:51 : v1gbxz7HNs : Ay@h0DQyQEc[744]
難民じゃないだろうあれは。ひどい陰謀もあったものだ。

3. 忍穂耳の垢[383] lEWV5I6ogsyNQw 2016年2月29日 17:54:58 : iPF9hyjbKI : Y6DUQ_9dtmE[6]
>ヨーロッパが動乱の渦に巻き込まれないためにもEU内の政治家の力が試されていますが、解決策がないというのが正直な認識であり、もはやどうにもなりません。

「アラブの春」とか「ナントカ革命」とか言い、
まるで、民衆革命が歴史の必然であるかのようにしむけた、
そうした革命思想の本家である西欧が、いまその撒いた種の結果を受けているということ。


西欧の民衆革命を普遍的とみる価値観には、彼ら自身が気づかぬ宿痾がある。
仏教的に云うならば「カルマ」と言ったら良いか。

統治とは、統治する一者と、統治される民とが、長い歴史の中で育ててきたものとも言える。
そこには、統治する者は謙虚でなくてはならず、それは民の信頼にささえられたものだと、かつては知っていた。それがいわゆる「王道」だ。

だが、
こうした統治者の戒めを忘れた、愚かな君主が現れたとき、
西欧はの一部の国は、愚かな君主を殺すだけに飽き足らず、
長い歴史が育ててきた君と民の関係も葬り去った。

かの「民衆革命」という「美名?」はそれを正当化したもの。
それ以来、そうした「革命」を正義とするドグマに染まった者たちは、
次々に、その「革命」と同時に、その「カルマ」の報いを受けることとなった。

西欧は、そうした誤った価値観を他に押し付けてきた、その報いを今受けているとみる。


4. 2016年3月01日 01:20:37 : wPAs8CRB32 : @3ZSfBIJBL4[202]
メルケル辞任説は本当かね

彼女は東ドイツ出身で西ドイツ出身者とは根本的に思想が異なる可能性がある
彼女の移民全面受け入れ宣言も、戦後西ドイツ体制に対する批判ではないかと思える

また、戦後の全面ユダヤ支配ドイツに対する、戦前のドイツを思わせるドイツのイスラム化という挑戦であると見えないこともない


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際12掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際12掲示板  
次へ