★阿修羅♪ > 環境・自然・天文板6 > 239.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
情報源「若山照彦」に群がった大新聞の科学記者たちの動向?何故、彼等、新聞記者たちは、「若山照彦問題」に気付かなかったのか
http://www.asyura2.com/15/nature6/msg/239.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 2 月 08 日 02:15:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20160207
2016-02-07 哲学者=山崎行太郎の政治ブログ『毒蛇山荘日記』


情報源「若山照彦」に群がった大新聞の科学記者たちの動向?何故、彼等、新聞記者たちは、「若山照彦問題」に気付かなかったのか?それとも若山照彦氏の「仲間」だったのか?


「週刊新潮」と「週刊文春」が、小保方晴子さんの暴露本『あの日』(講談社)の刊行を受けて、早速、反論、反撃の記事を書いている。しかし説得力ゼロである。「小保方博士バッシング報道事件」の当事者の一翼を担ったメディアとしては、そういうしかないのだろうが、もう少し、内容のある記事が書けなかったものだろうか。


参考のために、以下に拙ブログの「過去記事」より引用しておく。
哲学者=山崎行太郎の『毒蛇山荘日記』
2014-07-24 編集

若山照彦の責任を、何故、東大教授やエセ科学者たちは追求しようとしないのか?彼らも同類=仲間だからではないのか?若山照彦は、6/16に記者会見し、「小保方晴子さんがマウスをすり替えた」「スタップ細胞はES細胞の可能性が高い」・・・と、記者たちを前に宣言した。そして、エセ科学者たちは、決定的証拠が見つかったと大騒ぎしたのだった。しかし、その後、事態は急変。若山照彦は、迷走を繰り返している。どうも、「小保方晴子さんがマウスをすり替えた」という遺伝子解析に基づく科学的説明に間違いがあることが、他の研究者の指摘から、分かったらしいのだ。そこで、Nature論文取り下げの理由説明を、こっそり共著者たちに無断で書き換えたり、書き換えたのは自分じゃないと言い張ったり、実は、書き換えを自分でやったと認めたり・・・という迷走が始まったのだった。


■6/16の若山照彦が、記者会見で「マウスすり替え論」を主張した報じた新聞・・・。


■若山照彦が、Nature論文撤回理由説明文の書き換えを認めたことを伝える新聞・・・。

STAP論文撤回、若山氏が理由修正 ネイチャー誌、掲載直前に
2014年07月17日05時00分


 英科学誌ネイチャーに発表されたSTAP細胞論文の撤回理由の文が、掲載直前に修正されていたことがわかった。主要著者の一人の若山照彦・山梨大教授が6月に発表したSTAP細胞にかかわる試料の解析結果が誤っていた可能性が出てきたためとみられる。若山氏は「改めて詳細な解析結果を公表する」としている。

 印刷された7月3日付の同誌に載った撤回理由には「STAP幹細胞の元になったマウスは若山研究室にはいなかった」という趣旨の記述があるが、電子版では削除されている。朝日新聞の取材に、ネイチャー編集部は、修正依頼が印刷の締め切りに間に合わなかったと説明。若山氏は、自らがこの記述の削除を同誌に依頼したことを認めた。


■6/16の若山照彦会見を鵜呑みにした日経新聞記事・・・。

STAP細胞の正体
古田彩(編集部) 詫摩雅子(科学ライター)

STAP細胞とは何だったのか。

 理研統合生命医科学研究センターの遠藤高帆上級研究員による公開の遺伝子配列データの再解析と,共著者の若山照彦山梨大学教授が第三者機関に委託して行ったSTAP幹細胞の調査結果は,STAP論文における研究不正が,理研が不正認定した2項目をはるかに超え,研究全体に及ぶことを示している。

 論文で「STAP細胞」と呼ばれている細胞は,どれも同じ細胞ではない。少なくとも3種類あり,実験ごとに異なる細胞が使われている。遺伝子解析に使われたのはうち2つ。1つは染色体異常が生じた多能性幹細胞で,ES細胞(胚性幹細胞)とみられる。もう1つは多能性のない普通の細胞で,酸に浸けたマウスの脾臓細胞だと推定される。STAP幹細胞の元になり,キメラマウスを作製したSTAP細胞は,ES細胞の立体培養だった可能性が高い。STAP細胞を培養して作ったとされる「FI幹細胞」のうち,遺伝子解析実験に用いたものは,ES細胞とTS細胞(栄養膜幹細胞)の混合物とみられる。

 論文に掲載された「STAP幹細胞」10株は,すべて途中ですり替わっている。STAP幹細胞は若山氏が小保方氏にマウスを渡し,小保方氏がSTAP細胞を作って,若山氏がこれを培養してSTAP幹細胞にした。2株は若山氏が渡したのとは別の系統のマウスの細胞で,その遺伝子的な特徴は,若山氏自身が作ったES細胞に一致する。残る8株は若山研にはなかったマウスの細胞で,出所は不明である。

 論文で作ったとされた「STAP細胞」「FI幹細胞」「STAP幹細胞」はどれも,少なくとも一部は既存の幹細胞や,その混合物だったとみられる。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年2月08日 08:26:08 : ASubvtGuig : B4BUzVrftyE[1]
若山照彦ってのはカスだね。人間のツラをしたバケモノだ。
てめえが指導して、書かせた論文をてめえで糾弾している。一人だけ逃れるためだろうが、これが人間のすることか。

2. 2016年2月08日 11:08:46 : efYYgyF3F6 : SyCq5c0jNqs[24]
「若山照彦問題」など存在しないから。
東大教授や科学者には、知識がある。だからそれが理解できる。
お前ら低学歴には、知識がない。だからそれが理解できないだけ。


撤回理由「STAP幹細胞の元になったマウスは若山研究室にはいなかった」

撤回理由「STAP幹細胞の元になったES細胞が若山研究室にあった」


3. 2016年2月08日 12:26:45 : ASubvtGuig : B4BUzVrftyE[4]
>2. 2016年2月08日 11:08:46 : efYYgyF3F6 : SyCq5c0jNqs[24]
▲△▽▼
>「若山照彦問題」など存在しないから。

存在しないのはおまえの脳内妄想の世界だけ。笑


4. 2016年2月08日 14:11:16 : efYYgyF3F6 : SyCq5c0jNqs[25]
※3
現実見ろよ。
若山氏は教授職にある。そして小保方は博士号を剥ぎ取られたただの無職だ。

若山問題などなく、小保方問題だからだ。ざまあみろ(笑)


5. 2016年2月08日 21:44:07 : HPCVPXkRbg : ilvlLlsn55E[10]
小保方、若山の共同研究であり、
若山は実験の当事者、

小保方を指導する立場にある。
世紀の大発見という認識があったなら、当然すべてを過程のチェックをするはず。

発表後の責任を負う立場にあったのが若山。

責任分担で言えば、論文の責任は笹井、
実験の責任は若山にあるのだろう。

小保方は仮説を提供したに過ぎないようにも見える。

テレビで注目された方といって責任者という訳ではない。

責任を問うという姿勢ではなく、
やっかみと嫉妬が今回の騒動の真相だろう。

多くの識者がコメントしていて、
その人の立ち位置が今回の騒動で明らかになったと思う。


6. 2016年2月09日 03:03:35 : efYYgyF3F6 : SyCq5c0jNqs[28]
発案はハーバードのバカンティ
実験責任者は小保方(キメラは若山氏)
テラトーマから捏造なので捏造者は小保方


7. 2016年2月09日 06:24:16 : LgQF2KGr5U : ZaCQsuSQafM[7]
笹井は死んだ(他殺 自殺 遺体を理研の病院へ運んで、遺体の検分/見分を他機関/他社にさせなかった)、今は生き残った若山と小保方を読んで 互いに質問/回答を賢者の面前でさせるしか 白黒つける方法は見当たらない。 この件は安倍総理 が理研へ出向き 山中ノーベル賞受賞者らと撮った写真公開が発端だった。安倍総理の御出陣を願うばかりなり。

8. 2016年2月09日 20:56:44 : aXYm3OCiVk : 4LIRWnFuOrM[10]
その東大教授という輩が、今ままで何をしてきた!

有益な事だけしてきたのか?

信じられるのか?

確か東大教授がウランを飲んでも大丈夫と言ってたけど

>2よ!飲んでみたら 貴方の理屈ではそうなるが!


9. 2016年2月09日 23:01:06 : KBWGjJ56P6 : MWylv8Dxjmo[1]
あのね。小保方は「客員研究員」なの。若山氏は彼女を客員研究員に採用し、理研に居場所を作ってあげた。
それだけで本当は十分なんだよ。指導する義務なんてさらさらない。少なくとも大学や研究機関に居れば、
そういう常識は身に付くから、小保方擁護なんて殆ど居ない。山崎さんの扱える話題じゃないんだ。

10. 2016年2月12日 04:28:54 : LgQF2KGr5U : ZaCQsuSQafM[11]
茨城大学の名を貶めた 若山照彦氏よ今からでも遅くない 正直に話して笹井さん小保方さんへ謝罪せよ。そしてもう一度出直せ、さすれば応援してやるぜ、後輩よ若山よ、

11. 2016年2月12日 15:29:33 : bYUTlGq7cE : 3JjNxXW4xdg[100]
すべて「妬み」がもとだ。
過去に類似の事件があったことを思い出す。
当時、彗星のごとく登場した若き指揮者が、日本中の楽壇関係者から袋叩きにされた事件だ。
朝日新聞「天声人語」までもが、彼の演奏を非難した。理解できる筈も、資格もないにもかかわらず。

「妬み」の罪は深い。


12. 2016年2月13日 11:27:43 : 0xVl8B3J8B : yqp6yUwzlO4[41]
2. 2016年2月08日 11:08:46 : efYYgyF3F6 : SyCq5c0jNqs[24]
4. 2016年2月08日 14:11:16 : efYYgyF3F6 : SyCq5c0jNqs[25]
6. 2016年2月09日 03:03:35 : efYYgyF3F6 : SyCq5c0jNqs[28]
ご苦労さん。あなたの負けです。

小保ちゃん頑張って、応援してます。


13. 2016年2月16日 16:24:56 : efYYgyF3F6 : SyCq5c0jNqs[43]
>>12
お前の負けだ。
小保方には研究室がない。
俺にも勝てないようでは、未来永劫そのまま研究もできないのだ。

14. ばっとまん[1] gs6CwYLGgtyC8Q 2016年3月03日 00:22:05 : ieUPsULMUE : Xb2IGqjAk1s[2]
このスタップ論文不正事件からスタップ捏造事件になった理研の起こした事件。それが正しい理解だと思うのだ。しかし、何故か小保方氏の捏造不正事件として終止符を打っていた。あれだけ大々的な世紀の大発見的な打報道だけに疑義の発生が伝わると、天地をひっくり返すほどの野次馬的な大バッシングがありとある手段によって繰り広げられた。理研と云う組織ではなく、組織上最も弱い立場の研究者である小保方氏に向けて全方位的攻撃が続いた。この構図は一体どんな心理現象だったんだろう。そもそも理研のスタップ現象の発表の主体は理研だったはずだ。会社が新技術による新製品発表する構図である。明らかに理研の責任において発表したのだ。一従業員の問題とはまるで違う。普通の企業だったら対応は全然違うものだっただろう。フォルクスワーゲン排ガス不正問題が良い例である。企業責任抜きで個人の問題としてここまで発展させてしまったことをもっと考えるべきなのだ。若山氏も小保方氏も企業責任のモラルの中で共に協力して問題解決の取り組みを行い、原因究明を果たしていくべきことだったはずである。話の筋がまったく出鱈目ではないだろうか。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 環境・自然・天文板6掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
環境・自然・天文板6掲示板  
次へ