★阿修羅♪ > 環境・自然・天文板6 > 295.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
≪STAP論文≫若山教授、小保方氏を捏造犯に仕立て上げ…論文撤回理由を無断で書き換え(Business Journal)
http://www.asyura2.com/15/nature6/msg/295.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 4 月 10 日 00:41:00: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

                2014年4月9日、会見を行う小保方晴子氏(撮影=吉田尚弘)


【STAP論文】若山教授、小保方氏を捏造犯に仕立て上げ…論文撤回理由を無断で書き換え
http://biz-journal.jp/2016/04/post_14618.html
2016.04.10 文=大宅健一郎/ジャーナリスト Business Journal


 一連のSTAP細胞論文問題をめぐり、2014年12月に理化学研究所を退職した小保方晴子氏の上司だった若山照彦・現山梨大学教授が、保身のために論文共同執筆者たちに無断で論文を撤回する動きを行っていた事実を紹介した。

 14年6月16日、若山氏は自身が作成したSTAP幹細胞を分析したところ、「自分の研究室にはないマウスだった」と発表した。これによって、小保方氏が外部からマウスを持ち込んだというイメージを世間に刷り込むことになる。この報道によって、世論は完全に小保方氏を悪魔のようにとらえるようになっていく。「名声のためなら嘘も捏造もやる女性」という印象が、この時に固定化されてしまう。

 しかし同年7月5日には、「自分の研究室にないマウス」だったはずのマウスが、若山研のマウスであったことが判明した。若山氏側の解析の間違いだったのだが、この事実をほとんどの大手マスコミは報道することはなかった。すでにこの時、「小保方が犯人」という世論が形成されており、それに反する情報には価値がないと判断されていた。2014年7月27日に放送されたNHKスペシャル『調査報告 STAP細胞 不正の深層』においても、若山氏の間違いが判明した後であるにも関わらず、小保方氏に疑惑があるという内容で報道されている。筆者はその当時からNHK報道の誤りを指摘してきた。
http://biz-journal.jp/2014/08/post_5714.html

 そして今に至るまで、小保方氏にとって有利な情報の報道制限が行われるようになった。

■マスコミへのリーク

 若山氏は論文撤回において、共同執筆者の承諾なしに単独行動を繰り返すことになる。著者間で行われていたやりとりは、常に公開前にマスコミへとリークされていく。アメリカの著者のもとにNHKから取材が来たとき、著者間でしか知り得ない情報をすでにNHKが入手していたという。

 さらに、STAP論文が掲載された英科学誌「ネイチャー」に対する論文撤回の連絡も若山氏が独断で行うようになり、若山氏が責任著者でない論文(バカンティ教授が責任著者)に関しても、独自で撤回のやりとりを行っていたという。

 さらに若山氏は常軌を逸した行動に出る。

 14年6月、論文執筆者たちが事態を収拾するため、著者全員が論文撤回に同意した。その時同意した内容が若山氏によって巧妙に書き換えられたのだ。

 同意書には「STAP幹細胞は若山研に決して維持されていなかったマウスの系統であった」と書かれていたが、もともとの同意書には「STAP幹細胞は若山研に維持されていたマウスのES細胞の系統と一致する」と書かれていた。若山氏は「誰かが勝手に書き換えた」と新聞で一方的に発表していた。

 小保方氏が真相を確かめるために「ネイチャー」編集部に問い合わせると、若山氏が誰の相談もなく撤回理由を修正するメールを勝手に出していることが判明する。そして「ネイチャー」編集部は若山氏が送ったメールを転送してきて、それが物証となり若山氏の単独行動が明らかとなる。

 しかし、その事実を知らない若山氏は、「僕のほうからも笹井先生、小保方さんが私を含むほかの著者に無断で原稿を修正した事実はない旨、説明しましたのでご心配は不要です」というメールを送ってきたという。そのメールに論文著者たちは言葉を失った。だが時すでに遅く、さらなる混乱を避けるため、勝手に修正された撤回理由を修正することはなかった。

 これにより、STAP論文の撤回理由は、若山氏が作成したSTAP幹細胞に疑義があるということになった。しかも、事実とは異なる可能性、誰かがマウスをすり替えた可能性を示唆しつつ。つまり、STAP論文の撤回理由は「STAP現象」の否定ではなかった。

■研究仲間を欺く行為

 このように若山氏は不規則発言を繰り返し、研究仲間すらも欺いてきた。このような人物がリークする情報を事実確認もせず、さもスクープを取ったかのように連日のように報道してきたマスコミの責任は重大である。そして、その空気にフリーライドし、無責任に小保方氏を批判してきた専門家の責任も看過できない。

 さらに筆者は、若山氏が頻繁に重大な研究倫理違反をしていた疑いがある情報を得た。元若山研の関係者による内部告発である。そこには驚くべき事実と、その証拠となるメールが添えられていた。今後、その内容を発表することになるだろう。

 生物学は、結果が重視される世界である。結果が正しいならば、論文の執筆上のミスによって、その結果を否定することはできない。

「DNA二重らせん構造」の発見者・ジェームス・ワトソンはノーベル賞を受賞し、「遺伝学の偉人」として歴史に名を刻んでいるが、ワトソンが別の大学の女性物理化学者ロザリンド・フランクリンが撮影したDNA結晶のX線写真を、なんの断りもなく勝手に自分の研究成果に取り込み「ネイチャー」に論文を掲載していたことは有名な話である。不正を行っていながら、結果が正しかったということで彼の名声は今でも不動である。

 ワトソンの行為は決して許されるべきではない不正行為だが、科学とは「誰もが納得する結果」が重要であり、論文の記載ミスは些細な事である。

 たとえば14年4月、iPS細胞の発見でノーベル賞を受賞した京都大学の山中伸弥教授の論文の画像にも疑義がかかる。山中教授は論文の内容自体は正しいものの、自分以外の共同研究者の実験データが残っていなかったとして「心より反省し、おわび申し上げます」と謝罪して、この件は終了した。

 小保方氏の場合もSTAP現象が確認されれば、その成果を誰も否定することはできなくなるはずだ。

 小保方氏が希望(HOPE)を託した「STAP HOPE PAGE」には4月5日現在、107カ国からアクセスがあるそうだ。アメリカのハーバード大学、マサチューセッツ工科大学、スタンフォード大学、ロックフェラー大学、イギリスのケンブリッジ大学など、世界中の著名な大学や公的生物学系研究機関、大手製薬会社からもアクセスが続いているという。サイトの広報活動を一切していないにもかかわらず、サイトの影響力は世界中に拡大している。

 一方的な偏向報道で雲散霧消したと思われたSTAP細胞の存在は、ふたたび小保方氏のサイトにより息を吹き返してきたようだ。小保方氏が望んだように、いつしかどこかの国の科学者が、STAP細胞を再現する日が訪れるのだろうか。

(文=大宅健一郎/ジャーナリスト)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年4月10日 08:38:13 : CbD5crET12 : yq9Mosl5hXc[21]
若山先生はなぜ反論しないのか。正しければ正式に意見を述べてください。それをしないと捏造を認めたことになります。大学教授をお辞めください。自殺はしないでください。

2. 2016年4月10日 20:45:30 : CnGTqnbTCg : pEizEsuscMo[1]
また二年前の記事か。笑
いい加減にしてください。管理人さん、すこし注意したら?

3. 2016年4月11日 22:29:16 : gqALBXHZ2k : W4lR2kq37r4[165]
>>1

「STAP細胞」について
若山氏が疑わしいという説の合理的な根拠は
何一つ示されていません。

なんで若山氏が反論しなければならないんです?


4. 2016年4月11日 23:02:08 : GnkkSJMiho : begDCwnViBo[2]
小保方の話が事実だという「客観的な根拠」がないんだから反論しても意味がないし反論しようがない

5. 2016年4月12日 09:21:48 : 1FraZ1VYFI : o@rmwfdXkfw[1]
ま、反論のしようがないわな。
そもそも「反論しろ」というやつの情報のほとんどが伝聞だし。笑
キ●ガ●を相手にしているヒマなどないでしょ。若山博士は。

6. 2016年4月13日 06:34:54 : vtSMBxoiMQ : 8fDOm0XWDsQ[1]
「さらに筆者は、若山氏が頻繁に重大な研究倫理違反をしていた疑いがある情報を得た。元若山研の関係者による内部告発である。そこには驚くべき事実と、その証拠となるメールが添えられていた。今後、その内容を発表することになるだろう。」

いよいよ内部告発者が登場したか。
STAP細胞事件の真実がすべて明るみに出る日も近いな。


7. 2016年4月13日 09:43:02 : gqALBXHZ2k : W4lR2kq37r4[166]
>>6

>疑いがある情報を得た

ほら、伝聞。
要するにうわさ話か捏造。

聞き飽きたんだよっ!


8. 2016年4月13日 14:11:33 : 2Aizi9I6jo : 84nYEsxcOVI[1]
>6. 2016年4月13日 06:34:54 : vtSMBxoiMQ : 8fDOm0XWDsQ[1]
▲△▽▼
>「さらに筆者は、若山氏が頻繁に重大な研究倫理違反をしていた疑いがある情報を得た。元若山研の関係者による内部告発である。そこには驚くべき事実と、その証拠となるメールが添えられていた。今後、その内容を発表することになるだろう。」
いよいよ内部告発者が登場したか。

上田真美とかいうデマジャーナリストが、「筆者は」って。w
おかしすぎる。


9. 2016年4月13日 21:25:42 : MMNV1ql1Q6 : OdzcEKqMtLc[1]
途中で入ってきた若山はハワイ大学〜ロックフェラー大学出身。
ついでにSTAP細胞を発表したNature誌自体が、そっち系だそうだ。
わかりやすい。

http://nueq.exblog.jp/22511017/


10. 2016年4月13日 23:56:54 : 7FMqYj13io : do0za@1EZoA[1]
>>9 わかりやすい。

「貴方にもわかりやすい」話に落とし込んだ時点で、真実ではないかも知れないと、なぜ疑わない?


11. 2016年4月14日 13:37:47 : 8rt17ZFK6U : 9FgJHetZej0[2]
こんな表題の記事、名誉毀損だろ。
平気で名誉毀損をしながら「不正な報道を糾弾する会」って。頭大丈夫か?w

12. 2016年4月15日 02:34:43 : gqALBXHZ2k : W4lR2kq37r4[173]
>(文=大宅健一郎/ジャーナリスト)

【引用】
大宅健一郎(ジャーナリスト)←彼の素性はどのようなものでしょうか?

このジャーナリストは終わっています。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13156419013


13. 2016年4月19日 08:24:27 : riwgxq1iJ6 : Bd5Q3wVbe7A[207]
若山というのは科学者でも何でもない詐欺師である。ろくな人間じゃない。よく似たやつがいた。オリンピックのロゴのデザイナーである。人様のものをパクリ、自分の手柄にするという、詐欺師そのもの。これとまったく同じ、詐欺師である。この詐欺師を担ぐ詐欺師軍団がいるから質が悪い。こういう詐欺師体質は昔の日本人にはなかった。科学者の世界にまでこういう下種人種が蔓延るとは、まったく情けない限りである。誰もこの下種教授を信頼しないだろう。とっとと消えるが宿命である。

14. 2016年4月20日 00:18:53 : efYYgyF3F6 : SyCq5c0jNqs[140]
>>13
×若山
○小保方

15. 2016年4月20日 00:22:02 : efYYgyF3F6 : SyCq5c0jNqs[141]
>>13
>人様のものをパクリ、自分の手柄にする
STAP細胞を嘘であると告発したわけだから、手柄自体が消滅してる。自分のものにしようが無い。お前の言ってることはめちゃくちゃ。


詐欺師は、STAPが捏造で博士論文もコピペの小保方晴子一択。


16. 不眠症[126] lXOWsI_H 2016年5月01日 07:25:54 : mBqEoVAF7k : YuLD0e5f9D4[127]

 小保方氏が望んだように、いつしかSTAP細胞を再現する日が訪れるのだろうか。

⇒製薬製剤業界にとっては、死活問題ですから…

 報道業界に(賄賂)広告料をばら撒いて、無理矢理に封印しようとするのでは?

 九州(米兵生体解剖?)大学 千島学説では 小腸に 謎の鍵があるようだが…

 筆者とりあえず、ヨーグルト・納豆等 醗酵食品で 免疫力強化 実行中です。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 環境・自然・天文板6掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
環境・自然・天文板6掲示板  
次へ