★阿修羅♪ > 環境・自然・天文板6 > 623.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
本当に恐竜なら世紀の大発見。化石ではなくミイラ化した恐竜そっくりの死体が発見される(インド)
http://www.asyura2.com/15/nature6/msg/623.html
投稿者 ピノキ 日時 2017 年 12 月 29 日 02:51:31: /cgEbzQ/iEx0c g3ODbYNM
 

http://karapaia.com/archives/52251020.html
カラパイア
2017年12月22日


 インド、ウッタラーカンド州の発電所の跡地にて、点検を行っていた技師により恐竜に似た死体が発見された。


 それは化石ではない。ミイラのような状態にあったその死体は小型の恐竜に似ており、現在その正体の特定が急がれている。



Scientists baffled as corpse resembling a DINOSAUR is found with flesh still on its bones in India


形状的には6500万年前に絶滅した獣脚竜に似ている
 候補として挙げられているのは、デイノニクス、コエロフィシス、ドロマエオサウルスといった恐竜だ。いずれも獣脚竜という、ティラノサウルスからアンキオルニス属までさまざまな大きさの恐竜が属するグループの仲間で6500万年前に絶滅したものだ。


本当に恐竜なのか?解析されるまでは謎
 インド林野部のパラグ・マドゥカル・ダカテ博士は、解析が済むまでは謎の存在として扱われるだろうと話す。


 「恐竜のような外見ですが、試験がすべて終わるまでは何とも言えません」とダカテ博士。


 デリー大学古生物学科博士課程の学生であるアリアン・クマール氏は、これほどの長い期間、恐竜の骸骨が保存されるのはありえないとコメントする。


 「獣脚類と呼ばれる非鳥類型恐竜は6500万年前に絶滅したが、この死体は獣脚類によく似ている。だが、恐竜の骸骨が化石にならないまま数千万年も保存され続けるなど考えにくい。わずかな可能性として、博物館が薬品を用いて保存したならそれもありえる。だがもしそうなら、ここで見つかった理由が分からない。」


ウシ科の胎児である可能性も
 現在この標本はインドのクマウン大学で歴史的解析を受けている最中だという。死体については、ウシ科の胎児ではないかという推測もあるが、今のところはっきりとしない。


−後略−
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2018年1月02日 16:38:31 : 1RFEkLSxKM : GDNH4KJh0Mc[1919]
犬でしょ

2. 2018年1月03日 00:55:38 : UaM7rfsSzM : xT_ZpGXQLbE[168]
犬の体型とは違うような気がする。
早く、X線撮影やDNA鑑定してもらいたいね。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 環境・自然・天文板6掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 環境・自然・天文板6掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
環境・自然・天文板6掲示板  
次へ