★阿修羅♪ > 環境・自然・天文板6 > 787.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「地球温暖化」の虚構 (その二)
http://www.asyura2.com/15/nature6/msg/787.html
投稿者 お天道様はお見通し 日時 2019 年 11 月 04 日 17:42:12: I6W6mAZ85McLw gqiTVpO5l2yCzYKojKmSyoK1
 


環境汚染の主因は何か


 「二酸化炭素の排出量を減らせば環境が良くなる」と考える人は、今一度、何が地球環境に汚染や破壊をもたらしているかということを、よく見てほしい。一番悪いのは「有害物質」と「熱の排出」と「機械的な自然破壊」である。地球の汚染は大気中の窒素酸化物、硫黄酸化物、浮遊粒子状物質、放射性物質の複合的な重なりによって、より広範囲に拡がろうとしている。現在、世界中で進行する砂漠化の原因は、酸性雨、森林伐採、農地開発と河川の大量取水にある。CO2 や温暖化とは全く関係がない。


 中国の工場群が吐き出すもうもうたる煤煙―スモッグの光景に象徴される、その有害な大気汚染物質による環境汚染も、同時に排出されるCO2 の方が問題であるかのように語られてきた。環境を汚染しているのは、これらの煤煙に含まれる窒素酸化物、硫黄酸化物、浮遊粒子状物質等々であって、CO2 ではない。


 元々、地球大気の0.03%を占めている重要な物質であるCO2 を、あろうことか「大気汚染物質」と呼称する向きも出てきたのには絶句し、呆れてしまった。我々人間は、呼吸の度にその大気汚染物質―CO2 を吐き出している。二酸化炭素は大気汚染物質ではない。それはあらゆる生物が体内で生産し呼吸によって放出する物質であり、全ての植物が光合成を行って生きるために不可欠の生命活動維持物質である。


生命は炭素が基本


 最近聞かれる「低炭素社会」という言葉は、人間が自ら生命の素である炭素を否定する愚劣な非科学的観念論である。我々生命体は炭素が素となってできているのだ。植物の炭酸同化作用に始まって、動物が炭酸ガスを吐き出し、いかにして炭素からエネルギーを得るかを人体が考え出し、それによって生物は生命を、この世に授かった。なぜ炭素や二酸化炭素を憎むのか、筋違いもはなはだしい。


 光の電磁波エネルギーを化学エネルギーに変える光化学反応によって、光合成による炭酸同化作用が行われる。これが生命の源となった有機物の大量生産の始まりである。


 人間は薪、木炭、石炭、石油を燃やし、その炭素が与えた熱によってここまで生存してきた生き物である。炭素は熱源となる最も重要な元素なのだ。


 ガソリンのような石油製品や、石炭など、全ての化石燃料は、太陽エネルギーを過去の動物と植物が凝縮して生まれた、地球の自然遺産である。この天然の化石燃料を悪の象徴のように語る向きもあるが、短絡的な暴論である。脱石油時代という言葉も、当面、現実的にはありえない選択だ。石油は自動車のガソリンとディーゼル燃料、火力発電の重油燃料、暖房用の灯油として燃やされて、熱エネルギーを生み出すが、それだけではない。


 石油化学製品は生活の隅々で使われている。台所用品、新聞・雑誌、写真の印刷インキ、医療機器、医薬品、入れ歯、様々な衣類と寝具、福祉用品、防寒具、スポーツ用品、サンダル、靴、傘、メガネのレンズ、電卓、接着剤、塗料、工業用薬剤、ボールペン、ファイル、フォルダーなどの文房具に至るまで。映画フィルム、電線、パソコン、スマートフォン等々は言うまでもない。


 脱石油といっても、これらの製品を作るのに石油の代わりになる物質は、今のところ地球上には存在しない。もしプラスティック製品など石油合成物質がなければ、代わりにどれだけ多くの森林が伐採され、動物の皮が剥がされ、鉱物・金属資源が使われたか、想像もつかないほどである。


 問題は、消費量にある。使いやすいがために、人類の消費量を激増させたことと、その廃棄物と処分方法にある。また、石油製品も合成化学物質として、有害な農薬、除草剤、排ガス、ダイオキシン、環境ホルモンのように危険な物質になる。


CO2 は無実


 大気中のCO2 が増えることの脅威は、地球の46億年の歴史から見れば、ほんの一瞬の“直近の過去”の危ういデータを基に論じられている。こうした主張や議論には、地球大気の変動を客観的に理解しようとする科学の方法論とは、相当に無理があるように見える。温暖化などという曖昧で、見当違いの言葉で地球の気候変動を説明したり、議論しないことが肝心である。それぞれの異常気象の原因は、複数の要因によるもので、個々の現象の関連も含めて科学的に分析しなければならない。何でもかんでも、CO2 による温暖化のせいにするのは科学ではなく、恣意的な新興宗教だ。


 はっきりと断言できることは、これまで見てきたように、地球の気温の上昇や気候変動、環境汚染といった問題のどこにもCO2 は登場しない。全くの無実である。


 温暖化の犯人として、なぜCO2 ばかりが注目されるのか。環境問題のような政治家や先導者が介在する問題を科学的に扱おうとすると、一般社会には物事をなるべく簡略な説明で済ませようという心理が働くからだろう。CO2 は気候変動がどうやって起こるかを簡単に説明するには都合がよい。この物質だけで地球の気候が支配されていると言われれば、人々はそれ以上の複雑な仕組みを学ぼうとしなくなる。


「CO2 増加による地球温暖化」は、もはや科学ではなく、完全に政治化している。「排出権取引」等の言葉に象徴されるように、温暖化を世界的な政治・社会問題にすることによって、利益を得ている多数の者が存在している。また、危機感を煽って大きな国家予算がつぎ込まれると、利益を得る人々がいる。ちなみに現在の日本でも、温暖化研究という名目がつけば、どんな意義があるのか理解しがたいような研究課題にも、毎年数億円の予算が支出されているという。研究すべき課題が山積しているからではなく、課題が地球環境問題であれば潤沢な研究費が研究機関と研究者に流れ込む。こうして政府も企業も、研究者も、広報担当のメディアも揃って、「CO2 増加による地球温暖化」が、確定した科学的事実、社会常識として宣伝されていった。


地球のエネルギー収支を決めるのは太陽


 地球温暖化説は、地球の平均気温が大気中の二酸化炭素の濃度によって支配されているかのように論じ、新聞やテレビ、ラジオなどのメディアは大抵それを鵜呑みにして報じている。しかし、宇宙的なスケールで地球物理学を研究する科学者から見れば、これは大きな見当違いということになる。なぜなら、地球大気の平均気温を本質的に決めているのは二酸化炭素など一部の大気組成物質ではなく、?太陽から地球に入ってくる入射エネルギーと、?地球から宇宙空間に逃げ出す放射エネルギーおよび反射エネルギーのバランスだからだ。


 これら2つのうち、?を決めるのは「太陽定数」である。これは太陽に対して直角をなす地球の仮想的平面に降り注ぐ太陽エネルギーの強さで、1平方メートル当たり毎秒1370ワットと計算されている。


 この太陽定数を直径1万2700kmの球体である地球の断面積(約1億2700平方km)に掛け合わせる。すると、地球が太陽から受け取っているエネルギーの総量は「174 兆キロワット」であることが分かる。これは100 万キロワット級の原発が生み出す電力の1億7400万倍に相当する。地球は46億年の歴史を通じて、太陽からこうした莫大なエネルギーを四六時中、受け取ってきたのだ。


 もう一つ、熱エネルギーの問題がある。それは地球の熱が逃げ出す基本的な仕組みで、陸地や雲や大気の出す放射エネルギーが赤外線として宇宙に逃げ出すものだ。


 太陽の表面温度が約6000度と計算されており、これに対して大気がない場合の地球の表面温度はマイナス18度Cと計算されており、この温度が放射する電磁波は赤外線である。


 実際の地球では、この赤外線は宇宙に逃げ出す途中で一部が大気を暖める。大気は太陽からの直接の入射エネルギーよりも、むしろ暖められた地上からの赤外線によって加熱される。太陽からの入射エネルギーは主に可視光として地球に届くが、可視の波長は大気をほとんど素通りしてしまうため、大気はあまり暖まらない。


 これに対して地球が放出する赤外線(700 ナノメートル〜1ミリ)は、大気中の水蒸気や二酸化炭素、メタン、オゾン、亜酸化窒素などによく吸収される。その結果、大気は効率よく暖められることになる。


 暖まった大気はより多くの赤外線を出すので、その一部が宇宙空間に逃げ、残りの一部は再び周囲の大気や陸地を暖める。暖まった大気や陸地からはさらに赤外線が放出されて宇宙に逃げる。こうした反復的プロセスを繰り返しながら、結局は地球に入ってくる熱エネルギーは全て宇宙に逃げてしまう。今ほど莫大な量の太陽エネルギーが入ってこなければ、地球は極寒の世界へ、どんな生命も生きられない氷の惑星になってしまう。


 こうして見ると、地球大気の温度を究極的に決める要因は、太陽と地球の関係にあることが分かる。太陽の放射エネルギー(地球から見れば入射エネルギー)と、それを宇宙に跳ね返すアルベド、そして熱エネルギーを赤外線として宇宙に逃がす地球の温度の3つである。この3つを組み合わせた方程式を作って解を出せば、地球の平均気温が出るが、答えはマイナス18度である。これに大気の温室効果分33度Cを加えると、プラス15度Cとなる。地球の実際の平均気温は16度なのでほぼ一致する。これは温室効果のおかげで地球は生物にとって快適な温度に保たれているということである。植物が二酸化炭素の光合成によって生き、かつ成長していることも忘れてはならない。地球の生物は二酸化炭素に感謝をこそすれ、この物質を地球環境の破壊者であるかのような議論をするのは、恩を仇で返すような振る舞いだ。


「太陽の冬眠」が迫っている?


 人類にとって本当に心配なのは、温暖化よりも寒冷化だ。地球の寒冷化が進んだ場合には、農作物ができなくなり、温暖化どころではない大被害が出ることは間違いない。


 太陽黒点には周知の通り11年周期と別に、100 年の大きな周期があって、もう一つの温暖期、寒冷期の大周期があることも、太陽研究者の間では常識となっている。


 2012〜2013年が、11年周期の転換点で、現在はサイクル25の黒点の極小期に入っている。前回のサイクルは12年7カ月に延びたので、このように黒点の周期が長くなったことは、「太陽の冬眠」と呼ばれる寒冷期突入の特徴であると見られている。こうして多くの研究者が寒冷化の到来を予測しており、しかしその大周期の原因が、いまだに分かっていない。


 ここまで述べてきたように、地球の気候変動要因は、少なくとも10次元以上の解析ができなければ解明できないはずである。限られたデータに基づいたシミュレーションでは、それは到底不可能だ。将来の地球と宇宙がもたらす気象メカニズムがどうなるかは、現在の未熟な人類には分からない、と考えるのが科学的な態度だろう。


 ここまでの重要な一つの結論として、あらためて記すが、CO2 が地球を温暖化してきたのではないことは明白である。数々のメカニズムが相互に、周期的に作用して、そして主に太陽活動がその中心にあって、自然現象によって過去の気温が変化してきた、ということに尽きる―。


「木を見て森を見ず」から脱する


 私はここで、人間は二酸化炭素を大気中に野放図に放出してもよいと言っているのではない。自動車や工場などの排ガスを削減、規制することは、CO2以上にその大気汚染物質を減らす上でも絶対に必要である。ただ、それは温暖化とか気候変動とは関係のない従来から求められている政策である。地球温暖化を既定の事実のように主張し、それを報道している人々は、多勢に無勢を演出しているが、それは科学的真実の探究とは無縁である。CO2 が異常な地球温暖化を引き起こしているという政治的・社会的要請に従ったシナリオばかりに目を奪われていると、我々は惑星地球を真に科学的、かつ冷静に見るチャンスを失ってしまう恐れがある。母なる地球は、コンピューター・シミュレーションの予測など歯牙にもかけていない。「今世紀末までに世界の平均気温の上昇を2度未満に抑える」などと言うが、地球の大気と気象とは、人間がコントロール可能な閉鎖系の温室ではないのだ。


 地球とその気象は、人間の願望や意図をはるかに超えた宇宙的スケールの原理と仕組みによって、太陽系の一惑星としての数十億年の歴史を今も刻み続けている。
 現在の世界を挙げてのCO2 温暖化騒ぎは、「木を見て森を見ず」で、宇宙の真っ只中にある地球という視点を欠いた、人類の視野狭窄と閉鎖的な思考法の産物である。世界を挙げて、このシナリオを進めている限り、誰も地球の真実の姿を知ることはできないだろう―。




「地球温暖化」の虚構 (その二) 宇宙news letter 今、地球と宇宙で何が起きているか
http://amanakuni.net/uchu/99.html
るいネット
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=600&t=6&k=0&m=350583




 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2019年11月04日 22:05:48 : 7x8abMVmrQ : SkNFemNPa2pmVE0=[2] 報告
>記事:温暖化の犯人として、なぜCO2 ばかりが注目されるのか。
 

 
二酸化窒素は車、工場などでの高温燃焼の設備や施設、あるいは土
壌が発生源で、硫黄酸化物は硫黄を含んだ物質の燃焼が発生源で、
粒子状物質は工場のばい煙や土ぼこりが発生源で、いずれも発生源
が比較的限定的だが、CO2は燃焼はもちろんエネルギーを使うす
べての領域で出るので、あらゆる生活・産業が発生源になる。

ということでCO2をターゲットにすれば広大な市場で利権のうま
味があるから。つまり巨額な銭儲けになるから。
窒素や硫黄や粒子じゃ小銭にしかならないしね。

 

2. 2019年11月05日 01:14:04 : myJmO9sK9c : QnZLQmppeUlwMDI=[895] 報告

 今年の夏は 寒かった
 
3. 2019年11月05日 16:23:44 : 0VNtpcDZqM : WDJ1UFYzd01CdEE=[1] 報告
 
ぐだぐだ言うヒマがあったら、実験して我々素人に分かり易く示して下さいよ。
ミニチュア環境を構築して、CO2を0.03%程混ぜた場合と、0.04%にした
場合とでは、赤外線の吸収・再放出がどう違うか、専門家なら出来るでしょう?
 

4. 中川隆[-11362] koaQ7Jey 2019年11月05日 18:39:59 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[1533] 報告
産業革命以降は二酸化炭素濃度は急増しています:


二酸化炭素濃度 グラフ - Google 検索
https://www.google.co.jp/search?lr=lang_ja&rlz=1I7AWNC_jaJP826&hl=ja&biw=1081&bih=585&tbs=lr%3Alang_1ja&tbm=isch&sa=1&ei=ZLeSXdKtMJOnoAS3vbuACQ&q=%E4%BA%8C%E9%85%B8%E5%8C%96%E7%82%AD%E7%B4%A0%E6%BF%83%E5%BA%A6+%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%95&oq=%E4%BA%8C%E9%85%B8%E5%8C%96%E7%82%AD%E7%B4%A0%E6%BF%83%E5%BA%A6+%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%95&gs_l=img.3...0.0..171141...0.0..0.0.0.......0......gws-wiz-img.A7QcD_Cgs98&ved=0ahUKEwjS7_a2__nkAhWTE4gKHbfeDpAQ4dUDCAY&uact=5#spf=1569896465854

二酸化炭素濃度の増減の原因はともかく、最近の二酸化炭素濃度の上昇が続けば地球大気温度がどうなるかは熱流体シミュレーション計算で正確に計算されています。


大雑把に言うと


V(→)は流速の三次元ベクトル


・連続の式 : ∂jV(→)j = 0

・運動方程式 (Navier–Stokes 方程式)

ρ・DV(→)i/Dt = ∂(ρ・V(→)i)/∂t + ∂j(ρ・V(→)j・V(→)i ) = B(→)i -∂iP - μL・ V(→)i

・エネルギー方程式

ρ・DHtot/Dt = ∂(ρ・Htot)/∂t + ∂j(ρ・ V(→)j・ Htot)
= ∂i(λL・∂iT) + ∂P/∂t + V(→)i・B(→)i - Q + ∂j[μL・V(→)i (∂i V(→)j + ∂j V(→)i)]


地球の平均比熱 C、 温度 T、 時間 t


C・dT/dt = 1sec に太陽から地球に入射する電磁エネルギー - 1sec に地球から宇宙空間に放射する電磁エネルギー


という熱バランス方程式を元に計算すると、地球温度が250℃で熱平衡に達する
(地球から宇宙空間に放射する電磁エネルギーは大気中の二酸化炭素濃度が増えると激減する)


もう少し正確な話は

地球の温度と温室効果
http://www.s-yamaga.jp/kankyo/kankyo-kankyo-3-1.htm


[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

5. 2019年11月06日 06:47:22 : hErbUlPo7o : QXlNOEhlS0N4U2c=[11] 報告
*二酸化炭素の水に対する溶解量(mg/l)

10℃ 0.83
20℃ 0.61
24℃ 0.54
25℃ 0.53
26℃ 0.51
27℃ 0.50
28℃ 0.48
29℃ 0.47
30℃ 0.46
31℃ 0.45

気温の上昇→水温の上昇→水中溶解量の低下→二酸化炭素濃度の上昇

つまり、二酸化炭素の増加は気温上昇の原因では無く、気温上昇が引き起こした結果です。

6. 中川隆[-11353] koaQ7Jey 2019年11月06日 13:26:53 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[1544] 報告
>>5
産業革命以前は二酸化炭素濃度が減って氷河期に向かっていたんだよ

人間が石炭・石油を燃やさなければ、それまで気温が下がっていたんだから二酸化炭素濃度も減っていたんだ



[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

7. 2019年11月06日 16:28:26 : dmcgzii3DA : ZkRicmNGeVZoNWc=[1] 報告
>>5
はい、二酸化炭素の溶解度はその通り ・・・・ 馬鹿でも分かります。

ところで、北半球では夏になると植物の光合成が最も盛んになり、
二酸化炭素を取り込みます。そこで、問題です──

北半球で気温が上がると、大気中の二酸化炭素含有量は増える?
それとも減るでしょうか?(・・・・ 馬鹿には分かりませんよ!)

8. 2019年11月06日 18:49:28 : rnLPcFFQfQ : QXkxaWJOMFZyekk=[1] 報告
>5さんが、指摘されている気温に伴う溶解度の減少のことですが、
これは1℃上昇につき、2%減少ほどでしかありません。海洋表層中の2%程度のCO2が大気に放出されても、大気中では2%程度のCO2上昇にしなりません。このあたり、海洋表層中と大気中のCO2の炭酸イオン系での化学平衡・分配問題で少々ややこしいですが。
この100年〜150年で、気温上昇は1℃程度ながら、大気中のCO2は、280ppmから400ppmへと50%近く上昇しました。これは、溶解度の減少による2%程度とは全く、オーダーが違います。
このあたりの詳細な分析結果は、IPCCの報告書に詳しく書いてあります。
しっかり読んでから、反論しましょう。
9. 2019年11月07日 12:05:32 : syoID3ywmo : ei90ZldySjdXbi4=[224] 報告
NASAの地球の気候に対する予測スタンスが「地球寒冷化」へと転換。そして地球は今後、マウンダー極小期のような時代と似た何十年もの寒冷期になっていくと


https://indeep.jp/here-is-the-little-ice-age-2019/

そのような中、アメリカ航空宇宙局(以下 NASA )は、「太陽活動の極端な低下により、地球は寒冷化に向かうと予想される」と発表した。

NASA で最も古くからある研究施設 NASA ラングレー研究所のマーティン・ムリンザック(Martin Mlynczak)氏は、次のように述べている。

「私たちはすでに地球の寒冷化の傾向を観測しています。地球の高層上空の宇宙に近い場所において、私たちの地球の大気は熱エネルギーを失いつつあるのです。現在の傾向が続くならば、宇宙時代からのすべての時代の寒冷傾向の記録を更新する可能性があります」


 CO2説はウソで 太陽活動の影響のほうがはるかに地球の気温に与える影響

 が大きいようですね。


10. 中川隆[-11324] koaQ7Jey 2019年11月07日 22:17:43 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[1574] 報告
>>9 はデマ

NASAの見解『地球温暖化が進んでいる事実は覆らない』

最後に、NASAの見解が明らかになった、ある出来事について紹介したいと思います。


↑Facebook上で、アメリカのある人気科学教育者のBill Nye(ビル・ナイ)氏が


「映画『Climate Hustle』のマーク・マラノは気温が上昇するかという賭け(2万ドル)を拒否したのは、地球温暖化が事実であることを知っていたからだ」

という投稿をしたからです。

それに、噛み付いたのが世界中の地球温暖化懐疑者たちです。

さらにはNASAの公式アカウントも出現し、地球温暖化が事実であるという見解を示しました。
https://22nd-century.jp/environment-issues/global-warming-fake/

[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

11. 2019年11月08日 01:30:27 : nffXAv7UtE : cVZZbUFQMVExMGc=[1] 報告
>>9

>CO2説はウソで 太陽活動の影響のほうがはるかに地球の気温に与える影響
>が大きいようですね。

「ようですね」って、あんた「ウソ」と断言しておきながら・・・w
そもそも、マーティン・ムリンザックの述懐(述懐)は、CO2説と関係ないじゃないか。

まぁ、どーでもいいけど、太陽活動の低下は、観測で明らかなら間違いないんだろう。
だが、それとCO2により温室効果の寄与とは無関係じゃないか。
同時進行で、寒冷化が勝る時期があり得るという話だろうと。
>>9のような自分で考えるアタマが無い奴に言っても無駄だろうが)

12. 2019年11月10日 22:13:11 : XWV8MDftyU : NUNvM2JwUXJGdFU=[18] 報告
>>8
>大気中のCO2は、280ppmから400ppmへと50%近く上昇しました。これは、溶解度>の減少による2%程度とは全く、オーダーが違います。

確かにオーダーが違います。

*二酸化炭素増減の相対量

大気= 1×(400-280)×【ppm】=1.2×10の-4乗⇒ 1

海洋= 60×     2×  【%】=1.2 ⇒10000

これは、「海洋」の一吹きで「大気」は数キロ先に飛ばされるほどの差だと思われます。


「海水には大気に含まれる量の60倍もの二酸化炭素が含まれており、深海底堆積物および海洋生物とともに炭素の巨大な貯留槽となっている。」
http://zhang.web.nitech.ac.jp/lecture/earth_science/Lesson-11.pdf

13. 2019年11月12日 07:56:44 : CV9AAdotFE : NDltY3RSNjlFUW8=[101] 報告
>こうして見ると、地球大気の温度を究極的に決める要因は、太陽と地球の関係にあることが分かる。太陽の放射エネルギー(地球から見れば入射エネルギー)と、それを宇宙に跳ね返すアルベド、そして熱エネルギーを赤外線として宇宙に逃がす地球の温度の3つである。この3つを組み合わせた方程式を作って解を出せば、地球の平均気温が出るが、答えはマイナス18度である。これに大気の温室効果分33度Cを加えると、プラス15度Cとなる。地球の実際の平均気温は16度なのでほぼ一致する。これは温室効果のおかげで地球は生物にとって快適な温度に保たれているということである。

>地球の平均気温が出るが、答えはマイナス18度である。これに大気の温室効果分33度Cを加えると、プラス15度Cとなる。地球の実際の平均気温は16度なのでほぼ一致する。これは温室効果のおかげで地球は生物にとって快適な温度に保たれているということである。
・・
>これに大気の温室効果分33度Cを加えると、プラス15度Cとなる。


・・教えてください!!??

これに大気の温室効果分33度Cを加えると、プラス15度Cとなる。・・とあります。

地球の平均気温(=放射平衡温度):−18℃

これは、地球の太陽定数のもとで、地球が受けえる最高到達温度です。

これに大気の温室効果分33度Cを加えると、プラス15度Cとなる。・・とあります。・・とあります。

これに大気の温室効果分33度Cを加えると、プラス15度Cとなる。・・とあります・・

が、その差の分のエネルギ−は、どこからくるんですか??。

地球の最高到達温度(放射平衡温度=地球の平均気温@5500m、500hP);−18℃を超えて、さらに33℃高くなる、そのエネルギーは如何に!?。

「温室効果」なるものは実在しないのではないでしょうか!。

14. 2019年11月12日 19:54:54 : CV9AAdotFE : NDltY3RSNjlFUW8=[102] 報告
>>13

「地球温暖化」の虚構・・>> その「虚構」の本丸、それが「温室効果」(ガス)という嘘です。

この虚構、この二酸化炭素を使った虚構(二酸化炭素デリバティブ)によって、毎年毎年数兆円が空に消えていっているのです。

それにもかかわらず、災害は一向に変わらず、多くの人命と財産が消えてゆくではありませんか。

太陽放射によっては、−18℃しか、つまりアイスクリームの温度しか温められていない地球が、どうして33℃も加熱されるのか!?、だれか教えてください。(温室効果(=再放射))

エネルギー実態のない「温室効果」とは

『゙再゙放射』なる放射という言葉を二度使う(再)、という《言葉のトリック》です。
物理学用語には存在しません。


エネルギー実態の無い「第一種永久機関」、

したがって低温(空)で高温(地表)を加熱する「第二種永久機関」です。

自然界、宇宙に決して実在できない虚構そのものです。

15. 2019年11月13日 10:47:05 : CV9AAdotFE : NDltY3RSNjlFUW8=[103] 報告
「二酸化炭素地球温暖化」(シナリオ)、つまり「二酸化炭素地球温暖化ものがたり」は、

「シナリオ」(ものがたり)とあるごとく、
地球温暖化物語であって、科学の要件を満たすものではありません。

地球温暖化に出てくる、「温室効果・温室効果ガス」なる自然界・宇宙に決して存在することができない
、エネルギー実態の無い、第一種・第二種永久機関・・空想上の虚構・・を金科玉条のごとく教義としているのです。

温室効果なるものは、エネルギー実態の無い、言葉のトリックを弄しているだけ。

あえて言うならば、舌先三寸のエネルギーしか持たないのです。

舌先三寸の言葉のトリックをいくら弄しても、地球がそれによって温暖化することは決してありません。

地球は人間の決めたことに決して従うことはありません。

地球を含む実際の宇宙・地球では、そんないいかげんなものでなく、ごく当たり前の簡単な摂理・定理に従っているのです。・・


16. 2019年11月13日 18:34:09 : CV9AAdotFE : NDltY3RSNjlFUW8=[104] 報告
学問で一番重要なものは何か、それは「用語」です。

・「地球の表面」と「地表」、
・「地球の平均気温」と「地表の平均気温」

は大違い!。

「二酸化炭素地球温暖化ものがたりない(シナリオ)」はデタラメの限り!

地球にまったく関心がなければ、知識もない!。

放射エネルギーに関するシュテファン・ボルツマンの法則は物体の表面で成り立つ。

つまり、

惑星・地球の表面は放射平衡点@5500m、500hP気圧面、

・・つまり大気中。

全ての惑星でのの表面は大気中にある。

その温度(惑星地球の平均気温)は−18℃@5500m、500hP。

地表(海面)ではない大気中。

惑星・地球には大気を含む。
そして大気を含む全球を以って地球という。

しかし温暖化ものがたりに大気はない。(重要)

二酸化炭素地球温暖化物語(シナリオ)では、すべてが地表(海面)である。

放射平衡温度(−18℃)も、地表の気温もすべて地表。

それゆえ、

放射平衡温度(−18℃)も、地表の気温(15℃)も同じ地表。

よってその差【33℃】の説明がつかないのです。

そこで考えられたのが「温室効果」という第二種永久機関。

ここにあるようにように33℃とした。

これは嘘です。

其の33℃は、実は数百億兆トンの地球の巨大な質量が作る重力場(引力・気圧)のエネルギ−による・・のです。・・

17. 2019年11月13日 20:10:45 : CV9AAdotFE : NDltY3RSNjlFUW8=[105] 報告
>>13-16

あわせてここの「熱波続きパリで42度超 観測史上最高」のコメントを参照ください。

18. 2019年11月14日 16:53:12 : CV9AAdotFE : NDltY3RSNjlFUW8=[106] 報告
>>13-17

*地球温暖化の虚構・・>「温室効果」

エネルギー実態の伴わない「温室効果」

みなさん、自転車の空気入れは熱くなります。

コンプレッサーの空気タンクは高温になります。

気体は加圧するか、熱を加えると内部エネルギーが増加し昇温します。

熱力学第一法則・ボイルシャルルの法則です。

「温室効果」と間違っていっている放射平衡温度と地表の平均気温の差:33℃はこれによります。

効果で昇温させるものは存在しない。

・放射平衡温度:ー18℃@5500m、500hP〈地球の平均気温、地球の表面温度)

・地表(海面)の平均気温:15℃

地球は、その質量による重力場によって、地上(海面)において1気圧の気圧がある。

大気の殆どを持つ対流圏(0−11,000m)においては、100m上昇するごとに0.6℃降下します。これを「対流圏大気の鉛直温度構造」と言います。

放射平衡点:−18℃@5500m

地表との温度差:  
 5500m×0.6℃/100m = 33℃

:地表の平均気温=−18℃+33℃=15℃

いとも簡単明快に説明尽くされてしまいます。

もし、このほかに「温室効果」なるものがあると仮定すると、さらに33℃高い平均48℃・灼熱地獄になってしまい人類は生存できませんね。

±20℃としても、20−68℃となります。

つまり、「温室効果」なるものは実在できないのです。

「温室効果」と言ってるのは、ボイル・シャルルの法則です。

金星も92気圧なので480℃になるのです。

金星の放射平衡温度は、宵の明星といってアルベドの関係で外に輝き、地球より低く−48℃、70km上空大気中です。

高校で習うこの簡単な法則でごくごく簡単に説明し尽くされてしまいま
す。

地球も金星も宇宙から見ると氷の惑星です。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 環境・自然・天文板6掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 環境・自然・天文板6掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
環境・自然・天文板6掲示板  
次へ