★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK187 > 410.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
剛腕・小沢一郎が安倍首相の野望を暴く「本音は軍事大国を目指すこと」〈週刊朝日〉
http://www.asyura2.com/15/senkyo187/msg/410.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 6 月 25 日 07:28:05: igsppGRN/E9PQ
 

元自民党幹事長小沢一郎おざわ・いちろう/1942年生まれ。慶応大学卒。69年に衆院議員初当選。自治大臣、自民党幹事長、民主党代表などの要職を歴任し、現在は「生活の党と山本太郎となかまたち」共同代表(撮影/写真部・大嶋千尋)


剛腕・小沢一郎が安倍首相の野望を暴く「本音は軍事大国を目指すこと」〈週刊朝日〉
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150625-00000003-sasahi-pol
週刊朝日 2015年7月3日号より抜粋


 安倍首相はどこに向かっているのか――。安保法制を急ぐ安倍政権に、自民党幹事長を務め、現在は「生活の党と山本太郎となかまたち」共同代表である小沢一郎氏が、第2次世界大戦を繰り返す危険すらあると、危惧する。

*  *  *
 日本の安全保障の根幹は憲法9条です。9条の理念と原則がはっきりとしないまま、安全保障の論議をしようとすることが、そもそもの間違いです。

 集団的自衛権の行使容認を閣議決定し、どこにでも海外派兵ができるようにするのであれば、9条違反になる。僕はずっとそう言い続けたが、今国会の論議、これまでのメディアの論調は、憲法違反という根本が全く議論されず、ホルムズ海峡や存立事態がどうのこうのと、イケイケどんどんで進んできた。憲法学者の先生方が「違憲だ」と声を上げてくれたことで、国民、メディアもようやくことの重大さに気づくことができました。

 憲法9条の理念、原則、解釈をきちんと打ち出さず、なし崩しのまま、安保法制論議を進めると、結局なんでもできてしまい、非常に危険です。憲法があってもなくてもよくなってしまう。さらに危険なのは、「個別的自衛権の拡大解釈」です。これは政治家もメディアも学者たちも見落としていますが、かつての大日本帝国の海外派兵は、すべて個別的自衛権の発動でした。「邦人の生命・財産が危うくなり、日本国の権益が侵される」という理由で、このまま進んでいくと、日本は、かつて他国から攻撃、侵略されなくても、海外に出兵し、第2次世界大戦で大敗北を喫した歴史を繰り返す危険すらあります。

 僕が自民党の幹事長だった1990年、イラク軍によるクウェート侵攻を機に湾岸戦争が起こりました。国連の安全保障理事会の了承を得ていたので、当然「日本も参加すべき」と僕は主張した。国連の平和活動は国家の主権である自衛権とは異質のものであり、国連の決議で決定された活動に対しては、日本は積極的に参加すべきなのです。ただし、当時も決して、戦闘部隊を送れと主張した訳ではありません。要請されたような「野戦病院や物資の輸送などの後方支援」を僕は促したのですが、防衛庁、外務省も当時の海部俊樹首相も同意しませんでした。内閣法制局は当時、「後方支援は、武力の行使と一体だから憲法9条に違反する」と言い続けていましたよ。

 ところが、安倍政権下ではもっと広域な活動を可能にする安保法制を提案し、法制局はそれを認める見解を示しています。これまで法制局の見解は何度も変わりましたが、集団的自衛権は行使できないという一線は越えなかった。それが今度は一体、どういうつもりなのか。安倍さんは「国際貢献」などと、表向きはきれいなことを言っているが、本音は自衛隊を自由に海外派兵できる国にすることだ。その証拠に、国連活動(国連の決議)という前提も全く考えていない。つまり、日本が出兵したいところには、いつでもどこでも自由に行けることになる。安倍さんは、軍事的にも大国を目指したいというのが本音だと、僕は思います。

 高村さん(高村正彦副総裁)はもともとリベラルの三木派出身ですし、安倍さんとは考え方が本来全く違うはず。ですから、彼の表情を見ていると心ならずもな感じがします。今の自民党を象徴している気がしますね。自民党内に安倍さんを止める勢力がなくなってしまったのは、本当に情けない話です。自民党は、日本を一体どういう国にしていこうとしているのか、野党もそこを突いていかなければなりません。

(本誌・西岡千史、牧野めぐみ、古田真梨子)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2015年6月25日 07:33:12 : KzvqvqZdMU
重武装国家を目指すべきである。その肝は

     核 武 装

である。

今、世界は急速に構図を変えつつある。大変な時代が来る。


[32削除理由]:削除人:アラシ

2. 2015年6月25日 08:37:59 : 0ndiBbg2J2
>僕が自民党の幹事長だった1990年、イラク軍によるクウェート侵攻を機に湾岸戦争が起こりました。国連の安全保障理事会の了承を得ていたので、当然「日本も参加すべき」と僕は主張した。国連の平和活動は国家の主権である自衛権とは異質のものであり、国連の決議で決定された活動に対しては、日本は積極的に参加すべきなのです。ただし、当時も決して、戦闘部隊を送れと主張した訳ではありません。要請されたような「野戦病院や物資の輸送などの後方支援」を僕は促したのですが、防衛庁、外務省も当時の海部俊樹首相も同意しませんでした。内閣法制局は当時、「後方支援は、武力の行使と一体だから憲法9条に違反する」と言い続けていましたよ。


そうだよ、

憲法を無視したのだよ、

小沢は!

憲法に関する限り

小沢と安倍は

同じであるのだ。


3. 2015年6月25日 08:44:37 : 0ndiBbg2J2
それにね、

安倍は曲がりなりにも、憲法解釈で、国民に真を問いかけようとしている。

小沢は、自分一人で影に隠れてやってしまった。

当時の海部首相の意思を知りながら。

どちらが、悪質かね。

そんな小沢が、安倍を嗜める!

バカヤロー

・・・

確かに

豪腕

だはさ!


4. 2015年6月25日 08:47:28 : 0ndiBbg2J2
ここで、こんなに矛盾した事を、あからさまに言うと言うことは、

小沢は、既に痴呆症にかかっていると言うことさ!


5. 日高見連邦共和国 2015年6月25日 08:53:54 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>>02>>03

何時までもいつまでも、女の腐れたような戯言を、グダグダと・・・(笑)
(女性の方、こういう表現スミマセン!)

あのさ、湾岸戦争時の小沢一郎は、“火急の危機”としてクウェートを救うために
国連安保理決議があれば、国連の“如何なる行動にも”、日本が参加する義務・・・
というよりは“責任”があり、それは憲法9条の“国権の発動”には当たらない、という解釈で言ったんだ。

でもそれは結局は“解釈の余地”があり、外務省や世論の反発もあって実現しなかった。
オマエはその“実現しなかった”ことを以て『憲法を無視したのだよ』と言うのかよ?
だからこそ、その反省も踏まえて現在の小沢一郎は『憲法9条3項の加憲』を主張している。

翻ってイラク戦争だ。あのときは“国連安保理決議”もない、“アメリカの戦争”に、
小泉首相以下日本人はさしたる反発もなく、憲法違反たる“自衛隊海外派兵”を実行しちゃったじゃないか?

より責められるならば、『主張しただけで実現しなかった小沢一郎の行動』ではなく、
『なし崩し的に海外派兵という前例を造っちゃった小泉政権と彼を支持した世論』だろう!

違うかよっ!!!!!


6. 2015年6月25日 08:54:53 : 0ndiBbg2J2
>要請されたような「野戦病院や物資の輸送などの後方支援」を僕は促したのですが、・・・


小沢の誤魔化し!

野戦病院や物資の輸送に、130億ドルも必要と誰が言ったのか。

最近は平坦も戦闘行為に入ると、小沢自身が言っている。


小沢とは

こんな男であるのだ。

ましてや、小沢の政策においておや!

である。

奴は詐欺師の部類である。


7. 日高見連邦共和国 2015年6月25日 08:56:14 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>>03

>安倍は曲がりなりにも、憲法解釈で、国民に真を問いかけようとしている。

それが“憲法違反”をブッこく一国の総理に対して、どんな“免罪符”になるんだよ!?(笑)

>>01

>核武装
>今、世界は急速に構図を変えつつある。大変な時代が来る。

つまり安倍は、それ『日本核武装』を目指してると、そうキミは証言してくれるのかね?(笑)


8. 2015年6月25日 09:13:25 : 0ndiBbg2J2
>>安倍は曲がりなりにも、憲法解釈で、国民に真を問いかけようとしている。

>それが“憲法違反”をブッこく一国の総理に対して、どんな“免罪符”になるんだよ!?(笑)


何も免罪符になると言っているのじゃない。

小沢は、それさえ、しなかったと言っている。

否、国民の総意であるべき首相が、憲法に反すると反対しているのに、それを抑えてやってしまう権限は、誰に付託された。

小沢のやった事が許されるならば、我が国の議会すら必要ではない。


小沢信者と言うものは、そんな小沢を教祖のように敬う。
小沢が自分の政策を汗して守ろうとした事例があるか、考えればよかろう。

揮発油税問題では、真っ向から違約した。
民主党があれだけ騒いだ、事業仕分け(行政改革)も、全く知らんふり。
年金問題など、避けて通る。
政権政党の中心にいてだよ!

小沢の言動、そのものを注視すべき。
我々を納得させる、何も出てこないぜ!

今回もまた、
安保法制を潰すために野党が大同団結をするべしと言う。

そんなことしなくても、安保法制に賛成するやつは、維新の会くらいであろうさ。
政権奪取の為の大同団結!

碌な野党もないのに
そいつらを纏めて何がなると言うのだ。

まあ、小沢自身の問題としてチャホヤされて名分がたつであろうが、それだけのこと。

小沢信者群は、小沢を飾る背景に過ぎない。
そんな暇があれば

国会周辺デモの先頭に立つことだ。
小沢が立っても効果はないが

やわらちゃんでも派遣しろ。
デモは盛り上がるぜ!


9. 2015年6月25日 09:52:25 : 0ndiBbg2J2
>あのさ、湾岸戦争時の小沢一郎は、“火急の危機”としてクウェートを救うために
国連安保理決議があれば、国連の“如何なる行動にも”、日本が参加する義務・・・

>というよりは“責任”があり、それは憲法9条の“国権の発動”には当たらない、という解釈で言ったんだ。


語るに落ちるとは、この事だ。

クエートを救うと言う名目があれば、憲法第9条の解釈の枠を随分と広げて良いのだね。

で、あるなら、アフガンを救うと言う名目で、アフガン出兵も可能だね。

安倍よりも

相当酷い憲法解釈である。


10. 2015年6月25日 09:54:24 : QuZz48cy56
国連決議の有無は決定的に重要だ。
アメリカが勝手に始めた戦争に加担できるのが今回の解釈の変更。それは世界中でしょっちゅう起こっていること。

国連決議はアメリカに加えイギリス、フランス、中国、ロシアも賛成しないと決議できない。今、ウクライナ、中東、南米、アフリカ、どこであれアメリカ単独では武力行使はできない。もちろん中国、ロシア単独でも武力行使は出来ない。

日本だけが勝手に国連の決定に従わないという選択は出来ない。
国連に問題があるのは確かだが、現実に国家を超えたことを取り扱える組織は国連しかない。日本だけでその他の国とことを構える選択肢はない。

安倍は安倍自民党は、とにかく国連より日米安保の強化の方が大事だと主張しているわけでアメリカの利益のために戦争をしたい意識が本音。


11. 2015年6月25日 09:58:35 : 0ndiBbg2J2
念の為に、アフガンに関する安保理決議を紹介する。

安保理決議1333(訳文)

 安全保障理事会は、

 従前の決議、特に、1999年10月15日の決議第1267号(1999)及びアフガニスタンの状況についての同理事会議長声明を再確認し、

 同理事会が、アフガニスタンの主権、独立、領土保全及び国内の統一に深く関与すること並びにアフガニスタンの文化的及び歴史的遺産を尊重することを再確認し、

 アフガニスタン国民の重大な人道上の必要性を認識し、

 広範な基盤を有し、多民族から成り、また、完全な代表性を有する政府の設立を目的としたアフガニスタンの当事者間の政治対話を通じて、和平プロセスを促進するためのアフガニスタン担当事務総長個人代表の努力を支持し、また、戦闘中の各派に対し、自らが約束した対話の過程において速やかに前進することにより停戦を締結し、かつ、政治的解決を目指す討議を開始するための努力に完全に協力することを求め、

 アフガニスタンの情勢が、和平プロセス並びに麻薬取引、テロリズム、人権及び国際人道開発援助の問題に対する包括的かつ統合的な取組み方法を必要とする複雑なものであることを強調したアフガニスタン支援作業部会の2000年12月会合に留意し、

 関連する国際テロリズム防止条約及び、特に、これらの条約の締約国が負うテロリストを引き渡し又は訴追する義務を想起し、

 タリバーンとして知られ、自らをアフガニスタン・イスラム首長国と呼ぶアフガンの一派(以下「タリバーン」という。)が支配するアフガニスタンの領域が、テロリストの隠匿、訓練及びテロリストの活動の計画のために引き続き使用されていることを強く非難し、また、国際テロリズムの抑止が、国際の平和及び安全の維持に不可欠であるとの確信を再確認し、

 タリバーンが、1961年の麻薬に関する単一条約、1971年の向精神薬に関する条約、1988年の麻薬及び向精神薬の不正取引の防止に関する国際連合条約及び1998年の麻薬に関する国際連合総会の第20回特別会期の約束(国際連合薬物統制計画と密接に活動することを含む。)に従い行動することの重要性に留意し、

 タリバーンが、あへんの製造に税を課すことにより不法なあへんの栽培から直接に利益を受けていること並びにそのようなあへんの加工及び取引から間接に利益を受けていることに留意し、それらの実質的な資金が、テロリストをかくまうタリバーンの能力を強化していることを認識し、

 タリバーンが、オサマ・ビン・ラーデンに対して安全な避難所を提供し、同人及びその関係者が、タリバーンが支配する地域からテロリスト訓練所のネットワークを管理し、及び国際的なテロ活動を支援する拠点としてアフガニスタンを利用することを容認している事実を遺憾とし、

 アメリカ合衆国が、オサマ・ビン・ラーデン及びその関係者を、特に、1998年8月7日にケニアのナイロビ及びタンザニアのダルエスサラームにおいてアメリカ合衆国大使館を爆破したこと並びに同国外にいる同国国民を殺害するとの謀議を行ったことで起訴したことに留意し、また、同国が、タリバーンに対し、裁判のために同人及びその関係者を引き渡すよう要請していることに留意し、

 継続している国際人道法違反及び人権侵害、特に、女子に対する差別並びにあへんの不法な製造の著しい増加に対する深い懸念を再確認し、

 タリバーンがマザリ・シャリフにおいてイラン・イスラム共和国の総領事館を占拠するとともにイランの外交官及び記者を殺害したことが、確立した国際法のはなはだしい違反を構成することを強調し、

 タリバーンの当局が決議第1214号(1998)の13及び決議第1267号(1999)の2の規定の要求に応じていないことが、国際の平和及び安全に対する脅威を構成することを決定し、

 これらの決議を尊重することを確保するとの決意を強調し、

 制裁が、アフガニスタン国民への人道的影響を避けるために、適切かつ効果的な免除を含むことが必要であること及び同国内の文民たる住民に人道的援助を提供する国際人道援助機関又は政府救援機関の作業を阻害、妨害又は遅延させることがないよう構成されていることを再確認し、

 アフガニスタンのタリバーンの支配の下にある地域の住民の福祉に対するタリバーンの責任を強調し、この文脈で、タリバーンに対し、その支配の下にある領域において救援機関職員及び援助が、それらを必要としているすべての住民に完全かつ妨げられずに開放されることを確保するよう求め、1994年12月9日の国際連合総会決議49/59において同総会により採択された国際連合要員及び関連要員の安全に関する条約に定める関連原則を想起し、

 国際連合憲章第7章の下に行動して、

以下、省略


小沢の言う国連中心主義など、このようなものなのさ。

実態はないのさ!


12. 2015年6月25日 10:05:40 : 0ndiBbg2J2
国連決議が重要だ!

と言う人へ。

それと憲法第9条の解釈と何ら関係はないのである。

日本国憲法の上位に安保理決議を置くならば、もともと、日本国憲法など捨ててしまい、国連憲章を据えることである。

少なくとも安全保障の領分では。

この様な馬鹿を言っているのが小沢である。

あんたも、随分とノーテンキな人だね。


13. 日高見連邦共和国 2015年6月25日 10:09:04 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>>08

>>05 の私のコメントを読み直せ!(笑)

オマエは、現安倍政権の暴走を止めるより、過去の小沢一郎の行動にネチネチ難癖つけて
自己満足に浸るだけの御仁のようだ。安倍への批判を小沢一郎批判へすげ替えようとする安倍応援団の方?(笑)


14. 日高見連邦共和国 2015年6月25日 10:10:51 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>>09

>クエートを救うと言う名目があれば、憲法第9条の解釈の枠を随分と広げて良いのだね。

だから私の >>05 のコメントを読み直せ!(笑)

その反省を踏まえて、解釈の余地が入り込まないよう“9条3項加憲”って言ってる、って言ってる!(笑)



15. 日高見連邦共和国 2015年6月25日 10:12:50 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>>11

とにかく私の >>05 のコメントを読み直せ!(笑)

オマエのその難癖、屁理屈への全ての回答が記してある。

で、そこでなんで『アフガン』の話題が出てくんの?謎だ。(笑)


16. 日高見連邦共和国 2015年6月25日 10:16:19 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>>12

>>10 さんのこのコメント
>安倍は安倍自民党は、とにかく国連より日米安保の強化の方が大事だと主張しているわけでアメリカの利益のために戦争をしたい意識が本音。

これに対してのそのキミの書き込みだと思うが、言い訳が苦しいねえ、悲しいねえ・・・(笑)

>それと憲法第9条の解釈と何ら関係はないのである。

自分で言うてる意味分かってる?(爆笑)
とにかく私の >>05 のコメントをじっくししっかり読みな直せい!!


17. 2015年6月25日 10:22:50 : 5BrkWxEALI
>>10さん
 
 
 国連の武力制裁なんぞは、国連安保理常任理事国だけがやればよい。
 
 そもそも中東やアフリカでの国連平和維持活動などは、欧米の旧宗主国の植民地分割統治維持活動にしか過ぎない。
 
 イスラム国でさえ地域のスンニ派住民から一定の支持を得ているとなれば、1991年の湾岸戦争のイラクのクウェート侵攻ですら、現地の人にとってどれほど深刻な意味があったのかも、疑問に思えてくる。
 
 欧米のの旧宗主国キリスト教圏国にとっては、北アフリカ・中東アラブ地域にかつてのオスマン帝国のようなイスラム大連邦国家が出現することを、何としても阻止したいのだ。ただそれだけのことだ。

 そんなことは欧米の旧宗主国以外の国にとっては、どうでもいいことだ。

 但し、超大国になった中国は、もう少し国連の集団安全保障活動ために国際貢献をした方がいい。
 
 中東有事でのホルムズ海峡における機雷掃海などは、アメリカに次いで日本より大量に中東から石油を輸入する大国の中国の役割として、最もふさわしい。
 
 


18. 日高見連邦共和国 2015年6月25日 10:32:27 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>>11

>小沢の言う国連中心主義など、このようなものなのさ。
 実態はないのさ!

私も、小沢一郎も、国会の存在や機能(有効性)を無制限に許容などしていない。
だからこそ、真剣に“国連改革”を標榜し、実質的な“敵国条項撤廃”を志向している。
少なくとも国連安保理は“湾岸戦争”において、その当初理念に近い形で機能し得る可能性を示した。
(あれは“多国籍軍”であり“国連軍”ではない、という批判もあろうが、現在国連常備軍
というものが存在しない以上、国連安保理決議の“墨付き”をもらった“国連とそいての武力行為”
であったことは何人も否定できないであろう)

翻って“イラク戦争”で、国連の機能不全というよりはアメリカの独走・独善で
国際世論の同調を得ない“アメリカの戦争”が勃発し、それに日本が無批判に同調する
という前科・前歴を造ってしまった。私はそれを心から周知する。
(この場合は、国連(安保理)は良い意味で“動かなかった”と評価することもできよう)

さらにキミが前後関係不明で持ち出した“アフガン危機”。これは国連が、事実の後追い的に
(ある意味なし崩し的に)安保理が“追従”した、どちらかと言えば悪い例だ。
但し、PKO活動に関しては一般住民保護の視点からも、消極的ながらも“是”とされよう。

>>12

>日本国憲法の上位に安保理決議を置くならば、もともと、日本国憲法など捨ててしまい、国連憲章を据えることである。

誰もそんなことは言っていない。(笑)
そもそも、日本国憲法前文と第9条の理念の完成の為に“国連憲章(国連の集団安全保障活動)”
が存在し、そのパワーの源泉たる“国連常備軍”がいまだ編成されない事と、5各国の“常任理事国の拒否権”の存在、
さらに日本的視点から言えば“敵国条項の存在”が、国連を本来の国連たる機能を損ね、
日本人が極めて“猜疑的”に国連を眺める現状の空気を醸造している。

だが、日本が“国連憲章”を批准し、その理念を受け入れ、名誉ある国連参加国の一翼を担うのならば、
積極的に国連に関わり、決定に従い、“名誉ある役割”を果たすことを第一義と考えなければならない。

こういう理念を表明する小沢一郎へ“理念的(理想論的)過ぎる”という批判があることは承知しているが、
安倍よりヒドイ、と言われるのは全くの心外であり、事実に反すると反論せずにはいられない。

キミは、イラク戦争に代表されるような、アメリカの独善による戦争行為への加担の危機感を軽んじすぎている。


19. 2015年6月25日 10:35:56 : 0ndiBbg2J2
小沢の国連中心主義。

この抽象的な言葉で皆さんは騙されている。

国連決議で国連軍が結成されたのは朝鮮戦争くらいのもの、それも中国、ロシアが台頭している、今の国連では、とても出せなかったであろう。

それとは別に湾岸戦争の時の多国籍軍を構成した時も、安保理の決議が出ていて、それに沿ったものと言う名目がある。

イラク戦争でも、国連安保理決議687が破られていると言う名目で始まっている。

アフガン戦争でも安保理決議1746が出されている。

http://www.unic.or.jp/texts_audiovisual/resolutions_reports/sc/resolutions/2874/

他に、テロに関する安保理決議1333もある。

安全保障理事会は、国際連合憲章の原則及び目的を再確認し、

テロ活動によって引き起こされた国際の平和及び安全に対する脅威に対してあらゆる手段を用いて闘うことを決意し、  憲章に従って、個別的又は集団的自衛の固有の権利を認識し、

2001年9月11日にニューヨーク、ワシントンD.C.、及びペンシルバニアで発生した恐怖のテロ攻撃を最も強い表現で明確に非難し、そのような行為が、国際テロリズムのあらゆる行為と同様に、国際の平和及び安全に対する脅威であると認める。

すべての国に対して、これらテロ攻撃の実行者、組織者及び支援者を法に照らして裁くために緊急に共同して取り組むことを求めるとともに、これらの行為の実行者、組織者及び支援者を援助し、支持し又はかくまう者は、その責任が問われることを強調する。 また、更なる協力並びに関連する国際テロ対策条約及び特に1999年10月19日に採択された安全保障理事会決議第1269号をはじめとする安保理決議の完全な実施によって、テロ行為を防止し抑止するため一層の努力をするよう国際社会に求める。

(引用終わり)

国連中心主義と言って、国連が各国に対して軍隊を派遣しなさいと言う様な決議は出さないし、国連軍の結成も1回きり(それも実際は疑わしい)。
こうした現実を踏まえ、我が国の憲法に照らして海外派遣を想定するとき、その具体的な目安はあるのか、否か。

それは全くと言って良いほどないのである。

そんなものを後生大事に思うのは、馬鹿ではないか、無責任ではないか。

小沢の国連中心主義とは、この様なもの。

ただし、実際のアメリカの様に、多くの安保理決議によって軍隊を派遣し続けている場合は、この限りではなく、どのような安保理決議も、その対象になる。

で、あるならば、小沢の言っている国連中心主義と安倍の言っていることは同じことになる。

小沢の言っていることは、この様に、突き詰めれば、全て破綻するのである。
小沢は内閣首班になって、国会で野党から追求されれば、踏ん張ることなど、とても不可能。

内閣首班でなくても、一つの党内でも同じこと。

それが解っているので表には立ちたがらない。


20. 2015年6月25日 10:43:07 : VjYIbMxqeg
>>18
 

 おい、そこの日高見連邦共和国!
 
 天橋立の愚痴人間様に、「キミ」とか、失礼すぎるだろ!!
 
 

21. 日高見連邦共和国 2015年6月25日 10:47:07 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>>17

>国連の武力制裁なんぞは、国連安保理常任理事国だけがやればよい。

横レス失礼!
ってかキミ、私にも答えずに他社にレスするなんて、余裕あるネ!(笑)

キミのそのセリフ、ある意味看過しえない暴論ではあるが、ある意味の“真理”も含んでいることは認めよう。(笑)

>1991年の湾岸戦争のイラクのクウェート侵攻ですら、現地の人にとってどれほど深刻な意味があったのかも、疑問に思えてくる。

キミはそうやってイラク戦争に“難癖”だけつけるのに必死で、なんでイラク戦争に触れたくないのかが不思議だが(笑)、
クウェート人の本当の危機感云々ってのは、ここでの議論では本筋ではないだろう。
主権国家が不正な侵略戦争を実施し、国際社会がそれに意を唱え、異論なく“安保理決議”を果たしたのだ。

オスマン帝国がドーとか、ほんとに全く関係ない!(笑)

なら、と、キミが触れたくないイラク戦争に関して問うが、当初アメリカが戦争開始の大義名分とした
“大量破壊兵器”など、結局発見されず、そもそもの“戦争の大義”すら失われる結果となったのだが、
その後アメリカや日本で、“開戦時の判断(日本で言えばアメリカへの追従)”に対する反省の議論が行われたか?

アメリカは数万人の前途ある若者を死なせたことで、身を削る苦痛で選択の愚かさを思い知ったが、
日本はどうだ?結局、憲法違反の“海外派兵”の栄えある実績を造りつつ、他国の部隊に“護衛”
されるお恥ずかしい姿を全世界に晒しながらも結局“痛み(自衛隊員の戦闘での死亡)”も無かったから、
なあなあ、ぐずぐずのままロクな検証も反省もできていない。

こういう、“軍事行動”という己の行動に対して責任と危機感を持った総括を出来ない日本が、
これからも国連を“軽視し”、アメリカとの“軍事同盟だけ”を重視し、世界中に“戦乱の種”
を撒き続けることが、日本自身の利益や幸福のためだけでなく、国際社会全体へ災厄をまき散らす結果
を生むことを心から危惧するから、現在の安倍自民党の安全保障体制の“危険な見直し”に対して
心からNOを言っているのが、小沢一郎であり、その支持者たる私の主張だ。

この論理と主張の“どこに問題があるのか”を、是非、具体的に反論して欲しいと心から願う。


22. 日高見連邦共和国 2015年6月25日 10:49:21 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>>19

う〜ん。長々といろいろ引用し、ご講釈を垂れてるが、だから何?って内容・・・(笑)


23. 日高見連邦共和国 2015年6月25日 10:50:02 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>>20

ふ〜ん。だから何?(笑)キミ誰???


24. 2015年6月25日 10:52:41 : 0ndiBbg2J2
日高見連邦共和国さん

小沢が言うところの国連中心主義とは何なのですか。

国連中心主義と言えば、アメリカでも国連決議を重んじていることは間違いない。

小沢の国連中心主義とアメリカの国連中心主義と、どのように異なるのか、

日本国憲法第9条に絡んで、国連中心主義を言うならば、その明確な基準を示すべきではありませんか。

それはできないでしょう。

小沢も言ってないし。

こんな議論よりも、国会で安保法制を論じている方が(実際にはくだらない限りではあるが)、まだ、真摯な態度と言える。


25. 日高見連邦共和国 2015年6月25日 11:07:18 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>>24 『天橋立の愚痴人間』さん(?)


>小沢が言うところの国連中心主義とは何なのですか。
>日本国憲法第9条に絡んで、国連中心主義を言うならば、その明確な基準を示すべきではありませんか。
>それはできないでしょう。小沢も言ってないし。

おやおや・・・
知ってるくせに。(笑)

ってか、どうしてそうやって、今までの“絡みついてくる”ようなコメント態度を変えなさった?
まあ、いーや。(笑)

ここは私の説明よりは、ご指摘の部分、生活の党のホムペから引用するね!

**********

「憲法についての考え方」発表
http://www.seikatsu1.jp/activity/diet/act0000062.html
========================================

基本的な考え方
(1)国民主権、基本的人権の尊重、平和主義、国際協調という日本国憲法の四大原則は、
 現在においても守るべき普遍的価値であり、引き続き堅持する。
(2)国民主権から発する諸原理の安易な改正を認めないという日本国憲法の趣旨から、
 現行の改正手続規定(96条)は、堅持する。
(3)日本国憲法の基本理念、原理を堅持したうえで、時代の要請を踏まえ、国連の平和活動、
 国会、内閣、司法、国と地方、緊急事態の関係で一部見直し、加憲する

(中略)

第二章(戦争の放棄)関係
1.自衛権及び自衛隊

・自衛権及び自衛隊については、現行の規定を維持した上で、下記の解釈を採る。

(1)外国からの急迫かつ不正な侵害及びそのまま放置すれば我が国に対する直接の武力攻撃に
 至るおそれのある事態等我が国 周辺の地域における我が国の平和及び安全に重要な影響を
 与える事態に限って、我が国の独立と平和を維持し国民の安全を確保するため、やむを得ず
 行う必要最 小限度の実力行使は、個別的又は集団的な自衛権の行使を含めて、妨げられない。
 それ以外では武力行使しない。

(2)上記の自衛権を行使するために必要な最小限度の「自衛力」として、自衛隊を保有することができる。

2.国際協力

(1)国連の平和維持活動に自衛隊が参加する根拠となる規定を設ける。
(2)国連の平和維持活動への参加に際しては、実力行使を含むあらゆる手段を通じて、
 世界平和のために積極的に貢献する旨を規定する。

(以下省略)
========================================
(引用終わり)

>こんな議論よりも、国会で安保法制を論じている方が(実際にはくだらない限りではあるが)、まだ、真摯な態度と言える。

私はこれ、ここ(阿修羅のコメント欄)で沢山してるつもりで、ココで“過去の小沢がどーだこーだ”
と“耄碌ジーさん(笑)”のような難癖をつけてきたのはキミ・・・失礼(笑)、ソチラではござんせんか?

そう仰るのならば、ソチラの“安倍の安全保障県連法案”への所見なり賛意(?)を書き込んで欲しいと願う。


26. 2015年6月25日 11:12:19 : lbj20mQdSA
 
 アメリカは国連安保理決議1154、1441を根拠にイラク戦争をやった。
 
 もし、小沢がイラク戦争のときに与党にいれば「国連決議あるからイラク戦争支持」と言っただろうな。
 
 自由党党首にあれば自民党に合流を請い、民主党代表にあれば自民党に大連立を請う。

 党内で干されても大連立に期待を寄せる。
  
 自民党から相手にされない時だけ、野党結集を叫ぶ。

 小沢一郎とは、そういう奴だ。
 
 


27. 2015年6月25日 11:13:47 : 0ndiBbg2J2
小沢の政策の中で、安全保障に関わる問題は、それ自身が矛盾を含んでいて論難は最も容易な領域です。

他の小沢の政策について、目標として掲げるならば問題はない。

その政策の内容も、概要を言っているだけで各論に大きな問題があることには触れてはいない。

まあ、そのことも基本政策であるならば、容認しよう。

問題は、政策をただの紙切れの文章としている姿勢である。

その政策が実現出来る、出来ないは別として、また、どこまで理想に近づけられるかは別として、政策の実現を試みようとした形跡がないことである。

小沢の政策提示は、始めから、その目的が異なっていたのである。

極小政党に落ち込んだ現在も、その姿勢に変わりはなく、国民にとって頼りがいなどない、浅はかな政治理念で一発逆転を狙っている、その様は、実に見苦しく、許せないものである。

形だけにせよ、国民の目標となり得る、その基本政策を、何故、もっと大切に扱わない。

ほんに、見下げた奴だ!


28. 日高見連邦共和国 2015年6月25日 11:15:10 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>>26

はいはい。(笑)


29. 日高見連邦共和国 2015年6月25日 11:18:50 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>>27

アナタ、アナタ・・・(苦笑)

>>24 であのような指摘をなさり、私が >>25 で“さらり”とアナタの疑問
(煽り)に明確に回答してるのに、その >>27 のコメントは何ぃ!?(笑)

>>19以前の、スレッド主旨に一切関係ない“アラシ的コメント”に逆戻りデスカっ!!

“駄目な大人”の代表格だよ、アンタ・・・(落涙)


30. 2015年6月25日 11:27:20 : ZMqkYytR1s
>日高見(脳内)連邦共和国

>(小沢は)国連安保理決議があれば、国連の“如何なる行動にも”、日本が参加する義務・・・
>というよりは“責任”があり、それは憲法9条の“国権の発動”には当たらない、という解釈で言ったんだ。

そんな無茶な。(笑)


31. 日高見連邦共和国 2015年6月25日 11:33:40 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>>26 『新共産主義クラブ>

おっと失礼、キミそこで“とても大事な事”を言ってる。

『はいはい』って笑って流しちゃったら駄目だって、私!(笑)

>アメリカは国連安保理決議1154、1441を根拠にイラク戦争をやった。

そうだ、ココ!キミ、良い事言うね〜!ナイスっ!!

キミは知ってて書いてるというが、これは国連が“侵略(あるいは国際平和を乱す行為)”と認定して
イラクに対して“集団安全保障”の発動を宣言し、最終的な強硬手段としての“武力行使”
を認定した決議ではない。

この決議を以て、国連は湾岸戦争のような多国籍軍を編成することも出来ないし、PKFに雪崩こむことも不可能だ。
小沢一郎が言う“国連決議”とは、(こういう場でその原理原則を確認し直すのも馬鹿らしいが)
国連安保理、もしくは国連総会の決議で、“侵略(またはそれに相当する事態)”を認定し、
その“不法行為(侵略戦争)”を企てる国に対して最終的な強硬手段(武力行使)までを
含む措置を取ることを決めた事態(決議)の事を言っている。

でだ、今般の安倍の安全保障関連法案の“文言の定義”を読むと、安保理・国連総会での決議には
上で説明した極めて狭い範疇の“集団安全保障の発動”のみでなく、『各国の取組を求める決議』
という、極めて曖昧でどーとでも解釈できる法体系がしっかりと整備されている。

故にこそ私は、この“安全保障関連法案”には、日本がアメリカと共同で世界中で“武力行使”
をするにあたっての“一切の歯止めが存在しない”と強烈に批判し、反対し続けている理由でもある。

この私の指摘は >>24>>27 『天橋立の愚痴人間さん(B)』(?)にもしっかり読んでもらい、
反論なり、賛意なりを頂きたいと思う。決してスルーせずに、真摯なご対応を望む。



32. 2015年6月25日 11:34:19 : 0ndiBbg2J2
日高見連邦共和国さん

私は小沢に関する私見を述べているだけ。
それを荒らしと規定する根拠は如何に。
それこそ、このスレッドを私物化しようとしている貴方の理由ではないか。

ところで、日高見連邦共和国さん

終わってしまった小沢に、しつこく絡んでいる私の事も確かに異常。
ですが、それは25年間、小沢に騙されて来た反応であります。
いや、騙されていた私の不見識に対する怒りでもあります。

私でも、そうなのですので、貴方の場合は、もっと、もっと酷い憤怒の気持ちに苛まれるでしょうね。

以前は、陸山会事件で小沢が糾弾されている時、期待できる政治家にとって数億の不正献金など、仮に事実であっても、それが何だ!と思っていました。

小沢に関する熱が覚めてしまった現在は違いますよ。
英雄とも思いたい政治家が、何の為に不動産を多く所持しなければならない!。

都内だけで8ヶ所、全国で言えば10ヶ所を上回る政治団体所有の不動産(多くはマンション)が必要であるのか、沖縄の別荘は、どんな財源で作ったのか。
これは、どうしても理解できない。

奥さんとの離婚も、小沢の人格を思うとき、とても理解はできない。
政治的、信念故に家族を見放したと言う英雄のそれとは思えない。

小沢を離れてみれば、このような情報が、小沢を理解する上で意味を持ってくる。
あなたも何時か、これに気が付く事もあるのではありませんか。


33. 日高見連邦共和国 2015年6月25日 11:41:38 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>>30

アンタ誰?(笑)

日本国憲法読んでる?
憲法が禁じているのは“国権の発動たる武力行使”だ。

国連の“集団安全保障”による侵略国への“最終的な武力行使”が、日本の国権の発動か?
冷静に、日本国憲法の“文字”を読み直せ。

また私は、繰り返し繰り返し、そういう解釈(判断)には“異論もあろう”と言ってる。
私はこの考え方を誰にも強要していないし、多様な考え方のイッコだろうと言ってる。

もしそれが違う、というのであれば、キミ自身の考えをご開帳して欲しい。
小沢の考えは『そんな無茶な』だから、安倍の考えを是とするのかどうかも含めてね。


34. 日高見連邦共和国 2015年6月25日 11:50:36 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>>32

>私は小沢に関する私見を述べているだけ。
 それを荒らしと規定する根拠は如何に。
 それこそ、このスレッドを私物化しようとしている貴方の理由ではないか。
(引用終わり)

あ、はいはい。コメントの応酬の一連の流れから読めば、それは“泣き言”にしか聞こえない。(笑)

>終わってしまった小沢に、しつこく絡んでいる私の事も確かに異常。
 ですが、それは25年間、小沢に騙されて来た反応であります。
 いや、騙されていた私の不見識に対する怒りでもあります。
(引用終わり)

いまだに『天橋立の愚痴人間』だと自ら表明できないアナタの“懺悔”を聞いたって誰も喜びません。(笑)
私は過去何度も、アナタには『アナタのお考え(転向)には同意しないが、アナタのご指摘は尊重する』
と繰り返し言ってきたことをお忘れですか?

泣き言や言い訳はイイです。貴方がこのスレッドで言い立てたことに対して、私が屹然と反論し、
その反論をアナタが正面から受け止める義務を放棄し、週刊文春の記事かと見まがうような、
政治家の政策や政見を離れた“ゴシップ”(>>32 のコメントの10行以下の記述)
をこれ見よがしに言い立てるアナタの姿は美しくない、ときっぱり明言しておきます。



35. 2015年6月25日 11:55:35 : 0ndiBbg2J2

>小沢一郎が言う“国連決議”とは、(こういう場でその原理原則を確認し直すのも馬鹿らしいが)

国連安保理、もしくは国連総会の決議で、“侵略(またはそれに相当する事態)”を認定し、
その“不法行為(侵略戦争)”を企てる国に対して最終的な強硬手段(武力行使)までを
含む措置を取ることを決めた事態(決議)の事を言っている。


ワッハッハ 日高見連邦共和国さん、
これ!、自分で考えられた。
これって、私が指摘した小沢像を証明しただけではありませんか。

要するに、国連軍結成の時の決議文ですね。
過去にこれに近いことが一度だけ(朝鮮戦争)があったようですが、中国、ロシアなどが台頭している現在、これは理屈の上だけのことで有り得ないことですね。

小沢は実行不可能な事を想定して我が国の安全保障の問題を論じているのですか。

要するに、現実問題は、上記の様にはっきりとした安保理決議には至らない、数々の事例に対処することの必要性が求められているのではありませんか。

具体的には、アメリカに、どこまで付き合うかと言うことでしょう。
そうして、小沢がアメリカに全く付き合わないと言うことではありませんね。

湾岸戦争の時の拠出金をみれば解ります。
とんでもない額ですよ(全体の戦費の1/5でしょう)。

湾岸戦争の時の多国籍軍も、あなたが言われる様な安保理決議ではないですよ。
要するに、小沢は、国連中心主義と言う言葉で、何も語っていないと言うことです。

国連中心主義を言うこと自体は、内容が伴わなくても良いとしましょう。
問題は、それで憲法9条を解釈していることですよ。

それも憲法前文の一節を盾にとって。
まったく持って、無責任極まる。



36. 日高見連邦共和国 2015年6月25日 11:57:55 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

ここに出てくるバカども、み〜んなコメント履歴“ゼロ”!(笑)

スマホがどーとか言い訳するなら、自分の発言に責任持つ意味でも『ペンネ・ハンネ』入れろよ!

小沢一郎や私の見解に反論いれんのに、そんな僅かな“匿名性”すら担保しなきゃ不安でしょーがねーか?

爆笑だよぅ!!


37. 2015年6月25日 12:01:42 : 0ndiBbg2J2
日高見連邦共和国さん

本当に言いたい意見を述べる時には、堂々とHNを使います。

このような話などは、どの様な事を言おうが、情けなくHNなど示したくない心情ですので、悪しからず。


38. 日高見連邦共和国 2015年6月25日 12:04:10 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>>35 『『天橋立の愚痴人間(B)』

>湾岸戦争の時の多国籍軍も、あなたが言われる様な安保理決議ではないですよ。

これでも、そんな決議はない、と言い張る?(笑)

↓↓↓↓↓
ウィキより
『国際連合安全保障理事会決議678』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E9%80%A3%E5%90%88%E5%AE%89%E5%85%A8%E4%BF%9D%E9%9A%9C%E7%90%86%E4%BA%8B%E4%BC%9A%E6%B1%BA%E8%AD%B0678
========================================

国際連合安全保障理事会決議678(こくさいれんごうあんぜんほしょうりじかいけつぎ
678、英: United Nations Security Council Resolution 678)は、1990年11月29日に
国際連合安全保障理事会で採択されたイラク・クウェート情勢に関する決議。略称はUNSCR678。
国連安保理決議678は、カナダ、フランス、ルーマニア、旧ソ連、イギリス、アメリカ合衆国
によって提案され、イラクのクウェート侵攻に対してクウェートからの無条件撤退を求めるとともに
撤退期限を設定する決議。イラクが拒否した場合には国連加盟国に対して武力行使を容認するものでもあった。
決議は賛成12:反対2(キューバ、イエメン):棄権1(中国)で採択された。
========================================
(引用終わり)

再度、協調するよ?(笑)

『イラクが拒否した場合には国連加盟国に対して武力行使を容認するものでもあった。』

だってよ?(笑)


39. 日高見連邦共和国 2015年6月25日 12:05:45 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>>37 『天橋立の愚痴人間(B)』

>本当に言いたい意見を述べる時には、堂々とHNを使います。

ほう、つまりここでのご意見は“堂々”とできないコメント、意見であると?(笑)


40. 2015年6月25日 12:15:57 : gAuS4kc0is

   >> 5. 日高見連邦共和国 >小沢一郎は、国連安保理決議があれば、国連の“如何なる行動にも”、日本が参加する義務・・・というよりは“責任”があり、それは憲法9条の“国権の発動”には当たらない、という解釈で言ったんだ。
 


   >5君。まず国連は、全世界を管理する「世界政府」や「世界連邦」ではなく、主権国家によって成り立ち、各国の主権を尊重することを根本原則とする国際組織だということを押さえておこう。
 
   したがって、加盟国が自国の憲法を曲げてまで国連の決定に従わなければならないということはないのだ。まず自国の憲法が優先する。たとえ国連の警察的措置であっても、日本国憲法9条に違反して海外派兵することは許されない。

   武力行使の指揮が国連にあり「国権の発動」にはあたらないから憲法違反にはならないと考えているようだが、これが誤りだ。「国権の発動」を誤って解釈しているのではないかな。たとえば、「日本政府の主導でおこなうこと」とか、単に「国家権力の行使」とか。
  
   憲法9条でいう「国権の発動」とは、国家がおこなう宣戦布告や国交断絶などの行為をいい、「国権の発動たる戦争」とはいわゆる正規の戦争のことだ。これに対し「武力による威嚇、武力の行使」とは、国家が宣戦布告などを行わない(正規の戦争には至らない)武力の威嚇・行使を意味しているのだ(芦部信喜監修「注釈憲法 第1巻」有斐閣、2000年p.397-398)。誤った考えは正しておこう。

   要するに、憲法9条は、国家が行う≪「戦争」だけでなく、戦争以外の「武力による威嚇、武力の行使」も≫すべて放棄するといっているのだ。
   結論として、たとえ国連の警察的措置であっても、日本が海外派兵(武力の行使)することは日本国憲法9条に違反しているということだ。




41. 2015年6月25日 12:19:00 : lFgcp25iP8

小沢さんの政策無視の野党再編・統一比例名簿には、民主・維新以外賛同する政党はありません。

小沢内閣待望論者さんが学者連合の受け皿が出来たと言っていますがこの人達と賛同者達は、国連集団安全保障も小沢・民主にも賛同しないと思います!!!

    


42. 日高見連邦共和国 2015年6月25日 12:19:11 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>>40

何処の誰だよオマエ!どこから湧いてきた?(笑)

私とお話ししたいんだったら名を名乗れ。(笑)


43. 日高見連邦共和国 2015年6月25日 12:19:58 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>>41 『カジノ連呼ちゃん』

はいはい。毎度どーも!(笑)


44. 2015年6月25日 12:23:10 : LKXRYf922A
スレの本文で、小沢さんはこんなことを言っているね。
「日本の安全保障の根幹は憲法9条です。9条の理念と原則がはっきりとしないまま、安全保障の論議をしようとすることが、そもそもの間違いです。」

以前は、以下のようなことを言っていたのだが。まあ、いい変化だから、歓迎することにしようか。

生活の党 HPより
http://www.seikatsu1.jp/policy/policy06
日本の安全保障の根幹は日米同盟である。日米両国の相互信頼関係を築き、対等な真の日米関係を確立する。
(引用終わり)


45. 日高見連邦共和国 2015年6月25日 12:26:44 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

『『天橋立の愚痴人間(B)』さん

>>38 で私が例示した『国連決議678号』と、>>26 が提示した『国連決議1154号』、
『国連決議1141号』をしっかり読み比べて、違いを吟味してください。

ウィキより・・・

国際連合安全保障理事会決議1154
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E9%80%A3%E5%90%88%E5%AE%89%E5%85%A8%E4%BF%9D%E9%9A%9C%E7%90%86%E4%BA%8B%E4%BC%9A%E6%B1%BA%E8%AD%B01154
========================================

概要
国連安保理決議1154は、イラクの武装解除確認のための決議で、先行の決議687の完全な履行と、
無条件かつ無制限にIAEAおよびUNSCOMの査察を受け入れることをイラクに求めるもの。
決議は全会一致で採択された。
主な内容

•1998年2月23日にイラク副首相と事務総長との間で調印された合意覚え書き(S/1998/166)の早期かつ完全な履行を求める。
•大統領敷地の査察に関する方法の決定に関する報告を事務総長に求める。
•無条件かつ無制限に、関連諸決議に基づくUNSCOMおよびIAEAの査察に合意するよう求める。
•この決議に対するいかなる侵害も、イラクにとっては最も重大な結果をもたらすであろうことを強調する。
========================================

**********

国際連合安全保障理事会決議1441
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E9%80%A3%E5%90%88%E5%AE%89%E5%85%A8%E4%BF%9D%E9%9A%9C%E7%90%86%E4%BA%8B%E4%BC%9A%E6%B1%BA%E8%AD%B01441
========================================

概要
国連安保理決議1441は、イラクの武装解除を求めるもの。イラクが武装解除義務の重大な
不履行を続けていると判断し、さらなる情報開示と査察の全面受入れ求めた。イラクは
同年11月13日に受託し、11月27日には1998年以来退去していた国連の武器査察団が査察を
再開することになった。決議は全会一致で採択された。

主な内容
•イラクが武装解除義務の重大な不履行を続けていると判断
•イラクに、大量破壊兵器および関連計画について全面的かつ完全な申告を30日以内に提出するよう要求
•イラクに、直ちに無制限無条件で国連の査察に協力することを要求
•イラクに、順守の最後の機会を与えたと警告
•以前の決議(決議1154)で査察の対象外とされていた大統領施設についても査察を認めるよう要求
•イラクの違反が続いた場合、それがイラクに対して重大な帰結をもたらしうるものだと再三警告したことを想起
========================================

私、しばらく黙ってますから、冷静で論理的な反論を待ちます。


46. 2015年6月25日 12:56:36 : 0ndiBbg2J2
>国連安保理、もしくは国連総会の決議で、“侵略(またはそれに相当する事態)”を認定し、
その“不法行為(侵略戦争)”を企てる国に対して最終的な強硬手段(武力行使)までを
含む措置を取ることを決めた事態(決議)の事を言っている。

だからね、日高見連邦共和国さん、このような決議はしょっちゅうやっているのですよ。
表現の仕方は多様であっても。

その中の究極の形は、国連軍であるのですが、これは戦闘指揮、そのものを国連が担う。だから過去に1回より発動されてないくらいの希なもの。

他に、多国籍軍がある。

多国籍軍とは、多国籍で構成された軍隊のことである。確立された詳細な定義はないが、安保理決議などの国際合意に基づき各国が各々の裁量・責任において各種活動のために派遣した軍のこととされている。国際連合憲章で規定された国連軍とは異なる。

ここに書いてあるでしょう。

安保理決議などの国際合意に基づき  各国が各々の裁量・責任において各種活動の為に活動する軍隊と。

ここなのですよ、国連の要請があっても、各国の裁量・責任が謳われいるのです。
これは一般的に安保理の特別協定で、安保理で活動するには、特別協定を各国の憲法に照らし合わせて批准しなくてはならないと言う一文があり、それに沿った言い回しなのです。

小沢は、この過程を無視して、国連の要請があれば、参加すれば良いとしている。
これも無理難題ではあるが、100歩譲って国連軍創設の折には、無条件で参加する事が出来る事を、国連中心主義と考えても見よう。
否、否、実際は参加する以前に特別協定を批准しなければならないから、それも無理であろう。
要するに小沢が言っているような事態(国連の要請があれば憲法の範囲内で自衛隊の派兵が出来る)は有り得ないのである。


あなたは、色々な国連決議を挙げて比較検証しろと言っているが、この根本原理は、いちいち比較しなくても有効である。



47. 2015年6月25日 13:07:28 : hdNY6z2Xpc

ここの反小沢論者の言い草は、小沢一郎の一貫した主張に比べたら何ら意味を為してない。

現政権を批判しない国民が異常である現実ではガラクタを集めたような論理は無意味だ。

元はと言えば皇国の国防軍が欲しいと狂う靖国カルトと法治国家の法秩序との戦いだった。

軍事が飯より好きみたいな国防オタクなど、紛争地帯に行って空薬莢を拾ってればいい。



[32削除理由]:削除人:カルト

48. 2015年6月25日 13:09:04 : u1iG38B4ac
>剛腕・小沢一郎が安倍首相の野望を暴く・・・

今の所、剛腕と言うよりは剛口(そんな言葉は無いだろうけど)と言う感じだね。


49. 2015年6月25日 13:25:00 : tPM3uuackM
 
 その昔、誰かが「傲慢」を「剛腕」と言い間違えただけ。
 
 いいまつがい。
 

50. 日高見連邦共和国 2015年6月25日 13:35:37 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>>46 天(B)さん

ご反論はそれだけですか?まさかっ!(笑)

>>47

ふ〜ん、小沢一郎は認めるが、私の主張は認めない、ってクチ?(笑)

>>48

そんな“軽口”、ここでどんな意味があるやら・・・(笑)

>>49

ああ、はいはい。だから何?(笑)

はいっ!みんなまとめて、やり直し!!

特に >>46 の天Bさん、アナタこことダヨ!?
そんな“醜態”さらして何が楽しいやら、私にはさっぱり分かりません!(笑)


51. 日高見連邦共和国 2015年6月25日 13:43:33 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>>46 天(B)さん

>だからね、日高見連邦共和国さん、このような決議はしょっちゅうやっているのですよ。

その『しょっちゅうやってる』って言い方、『合憲だと言ってる学者さんも沢山いる』
って言い放ったアデラン菅と一緒っ!!(笑)

国連の集団安全保障の発動に関わる、『最終的な武力行使』にまで言及した“国連決議”なんて、
数えるのもさみしい位“希少”なものだと私は認識しているんですが、アナタがそういう以上、
せめて10個くらい、『このような決議』の実例を挙げてくださいネ。(笑)

さらに私の主張、『国連決議678号』に則って、国連が『武力行使を含む最終手段』を取ることは正しいが、
『国連決議1154号』、『国連決議1441号』を元に国連あるいは国連加盟国が“武力行使”
を行うのは正しくなく、今般の自民党の安全保障関連法案は、まさにこの正しくない行為を
アメリカと共に行う愚かな法案(政策)だ、という意見に対するアナタのご意見を聞きたい。

あ、これ以上は喋りません。だまってまた暫く見てますので、是非にご回答を宜しくっ!!


52. 天橋立の愚痴人間 2015年6月25日 14:17:48 : l4kCIkFZHQm9g : 0ndiBbg2J2
>僕が自民党の幹事長だった1990年、イラク軍によるクウェート侵攻を機に湾岸戦争が起こりました。国連の安全保障理事会の了承を得ていたので、当然「日本も参加すべき」と僕は主張した。国連の平和活動は国家の主権である自衛権とは異質のものであり、国連の決議で決定された活動に対しては、日本は積極的に参加すべきなのです。ただし、当時も決して、戦闘部隊を送れと主張した訳ではありません。要請されたような「野戦病院や物資の輸送などの後方支援」を僕は促したのですが、防衛庁、外務省も当時の海部俊樹首相も同意しませんでした。内閣法制局は当時、「後方支援は、武力の行使と一体だから憲法9条に違反する」と言い続けていましたよ。

これって、小沢自信の言葉だよ。

はっきりとしているのは、法制局長官も海部首相も、憲法第9条に抵触すると言っているアメリカ軍支援金の拠出を、小沢が独断で決めたこと。
しかもアメリカさえびっくりした130億ドルも。


この事を、どのように弁解するつもりであるか、日高見連邦共和国 さん。

四の五の言わず、これだけで良いのです。
この行為の中に、トンデモない内容が隠されている。

だから言っているでしょう。
安全保障の問題で、小沢は口を挟む資格すらないと!


53. 2015年6月25日 14:22:55 : lFgcp25iP8

日高見スケベ爺さんが笑ってばかりで、国民に国連集団安全保障を認めさせようとしていますが、賛同する人は小沢信者だけでしょう・・・

反論者を叩いても、小沢信者と既得権益者以外の人達は殆んど国連集団安全保障も民主・維新にも賛同しません。

山本太郎さんが国会前でのデモに参加していますが、民主・維新の選挙応援して国連集団安全保障・カジノ容認の太郎さんの支持者は少なくなったと思います。

   


54. 2015年6月25日 14:31:01 : t1eIpIm3vk
どう見ても日高見さんの意見に同意する。天の何とかさんやらと言う人は小沢氏にどれだけ奉仕したのか尽くしたのか知りませんが、男のシツコサと執念深いのは何よりも嫌です。それだけ心が小さい人間の表れでしょう。

55. 2015年6月25日 14:32:02 : 0ndiBbg2J2
小沢の国連中心主義と言うものは、

たとえば湾岸戦争の場合は、100%OKで、その為に、頼まれもしないのに全戦費の1/5、130億ドルも拠出した。

しからば、イラク戦争は、どうなるか、

実態はどちらもアメリカ主導の多国籍軍、湾岸戦争が100%で、こちらが0と言うことにはならないはず。

金額で言えば30億ドルくらいは拠出してもよかろう。
ついでに、アフガンにも、30億ドル。

小沢の国連中心主義とは、これくらいのもの。

安倍のアホウと、そんなに変わりはしないのである。


56. 2015年6月25日 14:36:01 : 0ndiBbg2J2
>男のシツコサと執念深いのは何よりも嫌です。それだけ心が小さい人間の表れでしょう。


政治は殺し合い!

昔の全学連時代であれば、小沢など、いくら命があっても足りないぜ!


57. 2015年6月25日 14:44:03 : 0ndiBbg2J2
湾岸戦争には130億ドル

イラク戦争では洋上給油のみ
アフガンは0、

これは俺様が関与しなかったからだ。

国連中心を認めるか認めないかは、俺さまの胸先三寸。

ついでに憲法解釈も自由自在。

俺様が考える事が憲法であるのだ。

小沢一郎


58. 2015年6月25日 15:17:24 : k62ZVmyZzg
日高見はいい加減連投を禁止しろよ、おまえひとりの掲示板じゃない。

59. 2015年6月25日 15:36:36 : hdNY6z2Xpc

早い話が小沢一郎を総理大臣にして政権交代するのが最善ということだ。

言論の自由だけでは今の退廃しきった秩序を普通に取り戻すのは無理だろ。

乱れた日本をまともにするには、自民党がなぜ乱れたか理解する人間が総理になるべき。

小沢一郎ほどそれを熟知した人間が与野党にいないという現実問題が答えである。

与野党に別れた分裂脳で考えても自惚れて分からないだろ、単独正統の思考回路では。



[32削除理由]:削除人:カルト

60. 2015年6月25日 15:46:49 : sTZG3AxAre
>>59さん
 
 安倍政権が、小沢一郎がやりたがっていたことを、実現しようとしている。
 
 既に安倍の取り巻きの御用学者たちは、現行憲法の枠内で国連の集団安全保障の武力行使も可能だと答申している。
 
 もう小沢の出番はない。
 
 小沢と安倍が、政界ワースト2の最悪政治家コンビだ。
 

61. 日高見連邦共和国 2015年6月25日 15:48:49 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>>52 天(B)さん

う〜ん、相変わらず、新しい話し持ち出して、ハグラかすだけで、
なんも建設的な主張ができてないのな?アナタ、本当に天さん?

小沢一郎の主張のすべての大原則は、『国連の安全保障理事会の了承を得ていたので』
この文脈の続きとしての、日本の国際貢献、平和維持への明確な意思表明なんです。

だからこそ、その根拠たる国連決議を3つ挙げ、ドーでしょうか?と問いかけているのです。

ちなみに、『国連決議678号』にしたって、それが本当にアメリカを中心とする多国籍軍に
“御旗の印”を与えたものであるかどうか、今でさえ議論されていることは認識しており、そういう文脈
での“反論”を期待していて準備していたのですが、それは全く期待外れだった、と言うしかありません。

『国連決議678号』の問題点を煎じつめれば、“授権”という文言の解釈に依るでしょう。
まあしかし、当時の国際情勢と国際世論、及び湾岸戦争が一般に“国連の戦争”と認知されている
ということは常識であり、且つ一般的であるという認識の元で、私の主張は合理的なもであると思っています。

でね、問題は、ネットを見ると、『国連決議678号』の要約しかなく、その原文邦訳が直ぐに出ない事!(笑)
あまつさえ、『国連決議678』で検索すると、その3番目に『国連決議1441』が出てくる不思議!(笑)

>この事を、どのように弁解するつもりであるか、日高見連邦共和国 さん。

で、私が何を弁解せよと?

『国連の安全保障理事会の了承を得ていたので、国連の活動の一環としての
武力行使に対する後方支援は、我が国の国権の発動たる武力行使には該当しない』

という、誰が聞いても誤解のしようがない小沢一郎の一貫した主張だ。

だがしかし、このスレッドでも茶々入れて書き込んでるヤツも居るように、
日本国憲法の解釈では、それがたとえ国連の活動とはいえ、憲法は“一切の”
武力行使を禁じられている、と強硬に頑なに(笑)主張する方も居られるので、
憲法9条3項を“加憲”し、日本が国連へ貢献できる活動を明確にするように
しよう、というのが、湾岸戦争時にのアレコレ(笑)を反省したうえで深化(進化)
した小沢一郎の『国連中心(尊重)』の安全保障論である。

>四の五の言わず、これだけで良いのです。

四の五の言わずに、私が論証したことに対する素直な返答、
私が求めている挙証を行うのは、アナタの責務である。

ワ・カ・リ・マ・ス・カ???


62. 日高見連邦共和国 2015年6月25日 15:50:37 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>>53 『カジノ連呼さん』

アナタ、ここではとっても場違い。消えてっ!(笑)


63. 日高見連邦共和国 2015年6月25日 15:52:22 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>>55>>56>>27 『天(B)さん』

アナタ本当に、天さん!?

それじゃ例の『中川隆』くんと、あんま変わんないヨ?(笑)


64. 日高見連邦共和国 2015年6月25日 15:53:16 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>>58

あんた誰?まずは、ホレ、自己紹介!(笑)


65. 日高見連邦共和国 2015年6月25日 15:55:06 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>>59
>>60

はいはい、そこの臭い(笑)お二人も〜。

そのコテコテの会話で何を伝えたいの?

自民党の愚かさを正当化したいの?

小沢一郎を物笑いにしてれば、安倍の暴走などドーでもいいって事?

もう少しちゃんとした言葉を喋りなさい。


66. 日高見連邦共和国 2015年6月25日 15:57:04 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>>54

ご意見、有難うごまいます。

構うからこういう輩がつけあがるんだよ!・・・とも言われちゃうのですが、
まあ相手が『天さん(だぶん)』って事でちっとだけ熱くなっちゃいました。(笑)


67. 日高見連邦共和国 2015年6月25日 16:12:21 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>>52

>はっきりとしているのは、法制局長官も海部首相も、憲法第9条に抵触すると言っているアメリカ軍支援金の拠出を、小沢が独断で決めたこと。
しかもアメリカさえびっくりした130億ドルも。
(引用終わり)

もう、“軍事的貢献”と“資金面での貢献”も、湾岸戦争への貢献の是非も、
ミソもクソも一緒の、とにかく小沢一郎にイチャモン言っちゃうもん状態!(笑)

小沢一郎が“アメ公もびっくり”の巨額な資金拠出を決めたのは、軍事的貢献という
“血を流す覚悟”を持てない事による代償行為であり、中途半端な資金をもったいぶって
小刻みに出すよりは、インパクトの面でもかなり違うので、それを以て良い悪いは言えない。
また、それを決断したのが小沢一郎であるとしても、日本の行政統治機構の運用を無視して
行った訳でもなく、勝手に小切手にサインした訳でもなく“小沢の独断”って言われたってなんじゃソラ?(笑)

いいか、良く聞け。
結果論で言えば、それだけ後々まで批判されるような思い切った資金拠出を果たしてもなお、
その『130億ドル』で世界の尊敬を勝ち得た訳ではない。日本は、こういう憲法を持ち、
ああいう歴史経緯を持ち、日本の自衛隊が海外に出ることに文句を言う国もあるから、
“取り敢えず金だけ出してお茶濁しておけ”って思ってたのが当時の日本(人)であり、
その本質は今現在まったく変わっていない。そして小沢一郎は、やはり“それでは駄目だ”と考え、
やはり広く国司平和と安定への寄与を考えれば、日米同盟を最大の基軸としつつも、
それに“だけ”よりかかるのではなく、国連を中心とした集団安全保障の正しい発展と展開を果たすために、
『国連中心(尊重)主義』をより練り上げた、日本の安全保障・国防論を展開しているんだ。

『金を出すだけ』では駄目〜
『国連中心主義』もマヤカシ〜〜
でも『安倍の何処でも何時でも戦争します(出来ます)法案』はOKなの〜?
アナタが“そういう主張”であるならば、なんか安倍を批判するような“思わせぶり”
のセリフなんか取り下げて、はっきり“安倍マンセー”を叫んでみたら???(笑)



68. 2015年6月25日 16:16:57 : nXk4H41BQg
>>60さん
  
>小沢一郎を物笑いにしてれば、安倍の暴走などドーでもいいって事?
 
小沢一郎の安全保障政策論と政治活動が、今日の安倍晋三の安全保障政策での暴走を招く土壌を作ってきたということ。
 
ヒトラーだけではナチス政権はできなかった。
 
ヒンデンブルクが曲者だったということだ。
 
歴史の検証も、しっかりやっていこうよ。
 
日本の場合はヒンデンブルクが二人いて、もう一人が中曽根だろうかね。
 
中曽根康弘が正のヒンデンブルク大統領で、小沢一郎がヒンデンブルクの副大統領という感じだね。
 
 
 

69. 日高見連邦共和国 2015年6月25日 16:25:18 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>>68

だから、アナタも誰?(笑)

>小沢一郎の安全保障政策論と政治活動が、今日の安倍晋三の安全保障政策での暴走を招く土壌を作ってきたということ。

さらっと、とんでもなく“漠然”とし過ぎたこと言ってるけど。(笑)

55年体制の自民党的体質とそれに対する各政治家の問題意識と、1990年代以降の実施の行動、
その中で、『小沢一郎的考え方・体質』というものが有るとしたら、現安倍政権とどう関連づけられるのか、
少し具体的に説明してはもらえないだろうか。でないと、キミが言ってることがさっぱり分からない。
(反論すしようにも、論点が何もない、って言ってるンだよ〜)


70. 2015年6月25日 16:43:24 : gAuS4kc0is

   >>42日高見連邦共和国 >何処の誰だよオマエ!どこから湧いてきた?(笑)私とお話ししたいんだったら名を名乗れ。(笑)

   >>42君。俺は小沢氏のいう「国連主導の警察的措置への参加」が自衛隊の海外派兵を意味するのならそれは憲法9条違反だ、と言っているだけだが。

@「国権の発動たる戦争」=宣戦布告や国交断絶を伴う武力行使=国際法上の戦争
A「武力の行使」=宣戦布告などを伴わない武力の行使=戦争に至らない武力行使

   憲法9条は、上のどちらも国際紛争を解決する手段としては、放棄している。
   上の文は理解できるだろう。わからなければ>>40を見てくれ。
   http://www.asyura2.com/15/senkyo187/msg/410.html#c40

   >>42君。国際紛争を解決する手段としての海外派兵は@「国権の発動たる戦争」にあたらなくても、憲法で禁じたA「武力行使」にあたるのだよ。

   また、将来条文を加えるつもりだから、違憲とはならないなどと無茶を言っては駄目だろう。

   君は少し肩の力を抜いたらどうかね。無意味に笑うところは余裕の無さの表れかな。



71. 2015年6月25日 16:49:55 : eTQR4mEhRg
>>34さん
>結局は“憲法解釈”の議論がついて回るから、小沢一郎は憲法9条へ“加憲(第3項の追加)”して、日本の、国連の活動への参加を正々堂々と行おう、と主張している。 
 
 
小沢一郎さんは、今でも憲法に条文を付け加えなくとも、憲法前文を根拠に、国連憲章42条、41条に基づく国連の集団安全保障で日本が武力行使できると言っているのですが、知っていましたか?
 
 
「国連憲章42条、41条も経済封鎖ですから、事実上、武力の行使なくして経済封鎖はできないのですが、要するに、軍事力を含む平和維持活動ですね。
 
私は、十分、国連憲章41条、42条での参加も、私は憲法9条にも違反しないというように思っております。」(小沢一郎氏)
 
小沢一郎勉強会の第3回目「非常事態における危機管理と安全保障〜憲法9条をめぐって
http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-5414.html
 
 

72. 2015年6月25日 16:59:19 : dlqMrleWpY
>軍事大国


と言うよりも、原発輸出推進を核兵器原料製造装置販売と考えるなら、エネルギーに不自由しないアラブ諸国にまで売り込む安倍内閣のたくらみは、ほぼ理解できるだろう。
即ち人殺し軍事産業で利益を上げたいと言う死の商人となることを、強く嫌がる平和を希求する日本人に押し付けているのだ。
しかも原発輸出では海外輸出した原発の核廃棄物を日本が引き受ける約束までして、日本人を情けないくらい糞処理係に貶めようとしているのだから許せない。
安倍が売国奴以外の何者でもないことは、もはや疑う余地が無いと言えるのではないだろうか。


73. 2015年6月25日 17:02:52 : 4njfsORL9k
 
 疑う余地が無い。


74. 2015年6月25日 17:03:28 : 0ndiBbg2J2
>『国連の安全保障理事会の了承を得ていたので、国連の活動の一環としての
武力行使に対する後方支援は、我が国の国権の発動たる武力行使には該当しない』

>という、誰が聞いても誤解のしようがない小沢一郎の一貫した主張だ。


まさしく、この事だ。
当時の法制局長官も、海部首相も納得してないのに、小沢だけが、安保理の了承を得ていると言う変な理由から、憲法解釈を捻じ曲げた。

この事実を、上記の言葉で、日高見連邦共和国 さん自身が認めると言うことですな。

小沢一郎とは、一体、何なのだ。
議会制民主主義の原則もないがしろにし(海部内閣の意図を無視し)、法制局長官の法的判断も無視し、ひたすら安保理の効用を説く。

国連安保理とは、我々国民が、そんなに信奉しなければならない存在なのか。
日本の政治の、そのまた上に奉じなければならない存在なのか。

小沢一郎、お主は一体何様であるのだ。
小沢が、そうは思ってなくとも、信者殿は、斯の如く言っている。

>誰が聞いても誤解のしようがない小沢一郎の一貫した主張だ。

要するに小沢信者共は、既にカルトと化しているのだ。
もう、無茶苦茶の論理である。



75. 2015年6月25日 17:19:52 : 0ndiBbg2J2
国連の安保理決議などは、その時の事情で何とでも変わる。

その様なものを世界の国々では、尊重はしても絶対的権威とはみなしていない。

ところが小沢は、安保理決議を最上段の法的根拠になぞらえ、我が国の憲法にも優先させている。

この様な根性無しの国の存在など、どこにも見当たらないよ。

小沢は湾岸戦争で支援金を拠出したいばかりに、強引にこの屁理屈を考え出した。
これは明白である。

喉元過ぎれば何とやらで、結局小沢は、このことで自らを縛るはめになったのだ。
未だに安保理の決議があれば云々と言い、それを国連中心主義と言う以外には何もない。

そんな経緯も知らないで小沢の言うことは神の言葉の様に受けとる信者達の間では、当たり前の道理と説明しても駄目のようである。


76. 日高見連邦共和国 2015年6月25日 17:29:23 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>>70

ああ、それ、(たぶん)キミと以前話したろ?
キミが途中で消えて“沙汰止み”になってた案件だ。

キミの“ご意見”は伺っておく。
それは“解釈のひとつ”だと言っておこう。

是非は個々人の考え方だろう。それだけだ。


77. 日高見連邦共和国 2015年6月25日 17:34:01 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>>71

“今でも”てのは何時?(笑)

“今(現在)”ってことは、少なくとも小沢一郎の政治家の政見として、
『生活の党のホムペ』で明示されている考え方をこそ言うべきだろう。

『生活の党のホムペ』は小沢一郎個人のウェブサイトじゃないって言う人も居たなあ。(笑)

『小沢一郎ウェブサイト』で検索してみ。『生活の党ホムペ』に繋がるから。
『小沢一郎ウェブサイト』をベースに“進化”したのが『生活の党ホムペ』だ。


78. 日高見連邦共和国 2015年6月25日 17:36:59 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>>74>>75 『天(B)さん』

私の真面目でまともな反論や、まっとうな質問には答えれず、
そのような“戯言”言うのは決して『天さん』ではありません!(笑)

アナタ、『天橋立の愚痴人間』を騙るアナタ!
天さんが許しても、私は決して許しませんゾ!(笑)


79. 日高見連邦共和国 2015年6月25日 17:38:03 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>>72>>73

そういう認識こそが“ニュートラル”だと私も思います!


80. 2015年6月25日 17:38:19 : ADhx9Txozv
>>61.日高見連邦共和国さん
 
 
 
『国連の安全保障理事会の了承を得ていたので、国連の活動の一環としての
武力行使に対する後方支援は、我が国の国権の発動たる武力行使には該当しない』
 
というご意見の憲法学者、具体的に『いっぱい』名前をあげてください。
 
小沢一郎支持者さんたちは、返答に困ってしまって、菅(スガ)官房長官みたいに、「数じゃないと思いますよ」と言っちゃいますか?
 
 
安倍政権の面々と、小沢一郎支持者さんたちは、すごくよく似ていると思いますよ。
 
 
”官房長官 憲法学者は「数ではない」!? 安保法制の質疑が続きます。”(辻元清美)
http://www.kiyomi.gr.jp/blog/5625/

 


81. 2015年6月25日 17:43:06 : GykmeAuZGU
安倍総理は「南シナ界の中國」をまさか「戦争法案」成立を急ぐ因にしているとは思わないが。タカ派の「正論」などに寄稿する〈軍事評論家」が著者の、「こんなに弱い中国人民解放軍」という新書が出ているところを見ると?と疑いが湧く。日本のタカ派は敗戦後封印されていた戦争が解禁になることで〈戦争のできる普通の国」になる一歩を踏み出せると異常な高揚状態です。好戦病の殺人ウイルスがゾンビの様に日本で暴れだした印象です。「ナチスは褐色のペスト」と当時呼ばれました」。明治憲法下で「戦争に明け暮れた時代」の再評価とへ再回帰をめざしている可能性は高いと思います。「日本会議」の影響をを受けている安倍政権の70%の閣僚や稲田政調会長らの言動の端々に出ていることに注意を喚起したいと思います。

82. 2015年6月25日 17:46:36 : GykmeAuZGU
81>5行目「へ再回帰」は「再回帰」に訂正。

83. 日高見連邦共和国 2015年6月25日 17:47:52 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>>71

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/5488
2012/03/13 小沢一郎勉強会第3回「非常事態における危機管理と安全保障 〜憲法9条をめぐって〜」
日付け『2012年3月13日』

http://www.seikatsu1.jp/activity/diet/act0000062.html
「憲法についての考え方」発表
日付け『2013年5月9日』

“日付け”の順序から見ても整合はしっかり取れてる。(笑)



84. 2015年6月25日 17:48:38 : yMg6agSvFo
正真正銘カルト狂信極右ナチス組織の日本支部が「日本会議」
自民党は田中角栄が独自の日本外交エネルギー政策を計画実行に移したことで
アメリカを牛耳るナチス・シオニスト・グローバリストの逆鱗に触れ
ロスチャイルドの番頭キッシンジャーが日本の検察とマスコミを動かし
作り出した冤罪で政治的生命剥奪
自民党の日本を守る政治派閥はことごとくこのナチス・シオニスト・グローバリスト
の謀略で葬られいまや在日カルト清和会派閥の天下
小沢は田中の愛弟子であり日本を守ろうとする真の国士
故にアメリカを牛耳るナチス・シオニスト・グローバリストが
政治生命を絶つべく検察マスコミを動かし
無実の罪を着せられ日本を守るための政治の流れを断ち切った
311はアメリカを牛耳るナチス・シオニスト・グローバリストが計画実行した
日本乗っ取りクーデター災害テロ
安倍自公はもちろんその災害クーデターを引き起こしたアメリカを牛耳る
ナチス・シオニスト・グローバリストの操り人形であり
日本を守ることなど端から無理筋であり
その売国亡国任務をマンセーするのが冒頭の「日本会議」
狂信極右ナチス組織の懲りない面々である

85. 2015年6月25日 17:50:51 : fSu4mtYEAo
>33. 日高見連邦共和国 2015年6月25日 11:41:38 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>>30
アンタ誰?(笑)

>日本国憲法読んでる?
>憲法が禁じているのは“国権の発動たる武力行使”だ。

>国連の“集団安全保障”による侵略国への“最終的な武力行使”が、日本の国権の発動か?

日本国の軍隊が侵略国に対して防衛のために戦闘するのだから国権の発動だろ。
べつに国連に認めてもらわなくても認めてもらっていても、そんなことには関係なく、侵略があれば防衛する。あたりまえじゃないか。

それに国連が認めている「集団的自衛権」は国連の決議が出るまでの暫定的措置として認めているのだが、国連決議なんかいつ出るかわからないし、そもそも常任理事国同士、ロシア、中国、米国が対立しているんだから、議決なんか出るわけねえだろ。


86. 2015年6月25日 17:51:14 : xV3uEzFkoY
>>80
 
 
小沢一郎さんは、国連安保理決議があれば、後方支援に限らず武力行使全般が現行憲法の枠内でできると言っています。
 
 
 

87. 日高見連邦共和国 2015年6月25日 17:54:28 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>>80

まだその議論続ける気?

私は、私の意見を述べただけで、その考えが大多数を占めてるなんて言ってない。

>というご意見の憲法学者、具体的に『いっぱい』名前をあげてください。

だから、私がその要求にこたえる義務も意味もないと思われる。

>安倍政権の面々と、小沢一郎支持者さんたちは、すごくよく似ていると思いますよ。

だから、キミがどー思われようとそれはキミの勝手で、私がドーコーできる問題ではない。

議論において明確な“論点”が存在し、相手がコチラの意見を“聞く耳”持ってれば、
コチラもいくらでも真剣に議論のお相手をするが、結局はそーやって煽って面白がる
“構ってちゃん”に多くの時間を費やすのは、通常の場合“徒労”と呼ばれ、普通の人が忌避する行為だ。

私は私の意見を述べ、どうも私とは違うらしいキミの意見を承り、『うん、とりあえず聞いとくよ』
と私が言い、この件に関して私は“終わった”と認識している。その上で私の歓心を買い、
さらに相手をしてほしいならば、それ相応の礼儀を示すのが常識人だと思われる。

まずは、自らを省みて、我が身の無礼を正しなさい。


88. 2015年6月25日 17:58:00 : hdNY6z2Xpc

ここで我見を織り交ぜて小沢の主張であるかのように捏造工作する奴らが悪い。

小沢一郎は自公靖国カルトの法外に狂う国防観など持ってない。小沢は現政権を懸念している。

小沢に総理大臣をやらせればハッキリするだろうが、あいにく現政権は靖国カルトの低脳が恥をさらしてる状況だ。

馬鹿ウヨは現実の認識能力がなさ過ぎるから、憲法違反も分からないアベノナチスの犬コロも同じ。

論理破綻を自認して大概にしろ。



[32削除理由]:削除人:カルト

89. 日高見連邦共和国 2015年6月25日 17:58:24 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>>85

もう、論点もズレまくりで、何をどう言ってやったらいいものか・・・(笑)

まあイイや。貴殿のご意見は伺っておきます。

国連なんて頼れねーから、安倍の“アメリカと一緒に世界中に敵を作る法案に大賛成”
って意思表明と受け取って宜しいかな?(笑)


90. 日高見連邦共和国 2015年6月25日 17:59:47 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>>86

はいはい。
ここでの私の“一連の説明”、ちゃんと読んでます?

んで、ちみは誰?(笑)


91. 2015年6月25日 18:03:46 : geex2CH1hA
 
>>88さん
 
>馬鹿ウヨは現実の認識能力がなさ過ぎるから、憲法違反も分からないアベノナチスの犬コロも同じ。
 
 
小沢一郎さんは、ヒンデンブルクだってば!!(笑)
 
 

92. 日高見連邦共和国 2015年6月25日 18:04:12 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>>88

>ここで我見を織り交ぜて小沢の主張であるかのように捏造工作する奴らが悪い。

それ、私のこと?(笑)

自分が支持する政治家の政見を、自分の理解が及ぶ範囲で論理的に説明する行為の何処に問題があると?


93. 日高見連邦共和国 2015年6月25日 18:05:55 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>>91

オマエのそのコメントも含めて、明日の朝にはこのスレッドのコメント欄の“半分”は
管理人さんに“削除”されてるだろうヨ〜。(笑)


94. 2015年6月25日 18:18:00 : 0ndiBbg2J2
>私の真面目でまともな反論や、まっとうな質問には答えれず、
そのような“戯言”言うのは決して『天さん』ではありません!(笑)


他の小沢信者の常套手段(論理)、もうと言うか、最初から、その手口は通用しない。
日高見連邦共和国さんまで、これに陥っているとは、そこまで窮地に立たされているのでしょう。

小沢の国連中心主義などについて、ここまで小沢擁護などしなくて良いと思うのだが。

やはり、悪いところは悪いのですよ。

結局は少なくとも安保については、小沢と安倍は同じ穴の狢と言う結論が目に見えている。



95. 日高見連邦共和国 2015年6月25日 18:23:00 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>>94

『天(B)さん』の名を借りる偽物!バッチ〜から去れ、去れっ!!

そんな愚劣な物言いを、まさか天さんがするなんて、私は絶対に信じない!(笑)


96. 日高見連邦共和国 2015年6月25日 18:31:45 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

ID=0ndiBbg2J2くん。(もう『天(B)さん』なんて呼ばない!)(笑)

>>46
>だからね、日高見連邦共和国さん、このような決議はしょっちゅうやっているのですよ。

というアナタのセリフに対する私の切り替えし・・・

>>51
>アナタがそういう以上、せめて10個くらい、『このような決議』の実例を挙げてくださいネ。(笑)

スルーしてないで、これくらいちゃんと答えて見てヨ・・・


97. 2015年6月25日 18:36:25 : 0ndiBbg2J2
別スレッドでの、安保論議。

安保違憲論の火付け役・長谷部教授が安保法案の問題を指摘し、撤回を求める(日本がアブナイ!)


◆長谷部氏

 集団的自衛権行使容認の違憲性の問題。集団的自衛権の行使容認をした昨年7月1日の閣議決定は、合憲性を続けようとする論理において破綻(はたん)している。自衛隊の活動範囲についての法的安定性を大きく揺るがすものだ。それから日本の安全保障に貢献するか否かも極めて疑わしいと考えている。

 憲法9条のもとで武力行使が許されるのは個別的自衛権の行使、すなわち日本に対する外国からの直接の武力行使によって我が国の存立が脅かされ、国民の生命及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険が切迫している場合に限る。これが政府の憲法解釈であって1954年の自衛隊の創設以来変わることなく維持されてきた。

 集団的自衛権の行使は典型的な違憲行為だ。憲法9条を改正することなくしてはありえない。これも繰り返し(従来の)政府によって表明されてきた。

 昨年7月の(安倍内閣による)閣議決定だが、自国を防衛するための個別的自衛権、そして、他国を防衛するための集団的自衛権、これは本質を異にするものだ。前者のみが許されるとする論拠が、後者の行使を容認するための論理になるはずがない。法的安定性についてはこの閣議決定は何ら語るところがないわけだ。

 しかし、中東ホルムズ海峡でも機雷掃海活動が許容されるか否かについて、連立を組む(自民、公明の両)党首の間で見解が分かれている。そのことをみれば、集団的自衛権の行使に対して明確な限定が存在しないのは明らかだ。

 「我が国の存立が脅かされ、国民の生命自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険」。この文言はいかにも限定的に見える。しかし、このいかにも限定的に見える文言と、地球の裏側まで自衛隊を派遣して武力行使をさせようという政府の意図との間には、常人の理解を超えた異様な乖離(かいり)があり、この文言が持つはずの限定的な役割は否定されていると考えざるを得ない。

 機雷掃海活動を超える武力の行使についても、時の政権によって必要と判断されるのであれば、行使されないという法的論拠はない。安倍首相はあれはしない、これもしないとおっしゃっているが、これは彼がいま現在、そのつもりであるというだけであって、明日になって、あるいは来年になって、彼が考えを変えればそれまでの話であって歯止めは存在しない。

 いかにも限定的に見える先ほどの文言も、実は、武力の行使を限定する意味はない、そんな役割を果たさないということであり、とすると、従前の政府見解の基本的論理の枠内に入っているはずもないということも改めて確認できる。


(転載終わり)

小沢は湾岸戦争で、この集団的自衛権を行使してしまっているのである。
誰の了解もなく、

国民に真を問いかけることもなく
安保理の決議があると言うだけで!

判るでしょう。

そんな小沢が、安保法制に反対する為に野党の結束を呼びかけるなど、お門違いではないですか。

小沢にだけは、やって欲しくはない。


98. 2015年6月25日 18:40:15 : HV5OehK4pk
 
   
小沢一郎さんがいつも言う“国連決議”とは、朝鮮戦争の時に出された国連安保理決議 82 83 84 85 88 90 のことではないでしょうか。
 
 

99. 2015年6月25日 18:42:23 : hdNY6z2Xpc
>>60. 2015年6月25日 15:46:49 : sTZG3AxAre
>小沢と安倍が、政界ワースト2の最悪政治家コンビ

それはお前が物知らずの恥さらしを証明する主張だ。

小沢一郎だけは外道の邪義による禊の儀などの世話になってはいない。

ワースト政治家などとトチ狂ってるなら、歴代の総理大臣を列挙しろよ。

話にならないほど低脳工作員じゃね?



[32削除理由]:削除人:カルト

100. 2015年6月25日 18:48:55 : hdNY6z2Xpc
>>97. 2015年6月25日 18:36:25 : 0ndiBbg2J2

お前は自分の憲法感を持たずに憲法や他人の憲法観を引き合いに出して主張している。

だから政治が分からないんだよ。憲法論で軍配は学者連中に上がった。与党の違憲が悪い。

日本の場合、小沢一郎に政治をやらせるということは総理大臣になって国を安定させること。



[32削除理由]:削除人:カルト

101. 2015年6月25日 18:54:38 : hdNY6z2Xpc
>>94. 2015年6月25日 18:18:00 : 0ndiBbg2J2
>他の小沢信者の常套手段

お前はさ、ふざけてないで何を信じて小沢信者というのか、無知が!

>小沢の国連中心主義

誰がつくった主義なんだよ、読売カルトや産経カルトの信者風情が何を言ってるんだ。

答えろよ工作員!



[32削除理由]:削除人:カルト

102. 2015年6月25日 19:45:09 : gAuS4kc0is

   >>76 日高見連邦共和国 >キミの“ご意見”は伺っておく。それは“解釈のひとつ”だと言っておこう。是非は個々人の考え方だろう。それだけだ。

   >>76君。了解。俺は俺の意見を述べることにする。

   小沢氏は、「日本が国際紛争を解決するために取り得る手段は、集団的自衛権の行使ではなく、あくまでも日本国憲法の理念と国連憲章に則った国連の活動に対する貢献です。それは、国連の集団安全保障という警察的措置への参加であり、日本の「国権の発動」とはならず、憲法との整合性もとれるのです。」と言う。
 
   だが、彼の言う『国連の警察的措置への参加』が自衛隊の海外派兵を意味するのであれば、これは明らかに憲法9条に反する。海外派兵は「国際紛争を解決する手段としての武力の行使」に他ならないからだ。

   問題なのは小沢氏が『国連の集団安全保障という警察的措置への参加が、日本の「国権の発動」とはならず、憲法との整合性もとれる。』と言っていることだ。小沢氏は「国権の発動」と言う語句の解釈を誤っているのではないか。たとえば、「日本政府の主導でおこなうこと」とか、単に「国家権力の行使」とか。
 
   国権の発動という語句は「国権の発動たる戦争」とつなげて、いわゆる「国際法上の戦争」を表している。小沢氏はこのことの理解を誤っているのではないか。そうでなければ憲法9条に関する文で≪日本の「国権の発動」とはならず≫のように、「国権の発動」という語句を単独では用いないはずだ。用いるなら、当然「国権の発動たる戦争」と言うべきであった。
  
   いずれにしても、国連の集団安全保障という警察的措置への参加(海外派兵)は、憲法の禁ずる「武力の行使」に当たり、小沢氏の言う「憲法との整合性もとれる」はずは無く、憲法違反であることは間違いない。
   http://www.asyura2.com/15/senkyo187/msg/410.html#c70



103. jk 2015年6月25日 19:48:44 : QW.9qSn21uBt. : tceVB0iwr6
集団的自衛権を否定してる現憲法の中、各国から経済大国に相応しい国際貢献を求められる日本。

湾岸戦争を通じてそのり方を現憲法から論理的に導きだした解釈が小沢氏が唱える国連中心主義の見解と自分は解釈している。自分はこの見解を現憲法のもとで支持する。

憲法の根拠は日高さんが述べている小沢氏の解釈と同意見。同時に国連中心の国際貢献は、過去の日本が犯した侵略戦争に巻き込まれる危険が少ない事。
特定国と組んだ国際貢献は間違った侵略戦争に巻き込まれる危険が多い事。

この解釈は小沢氏自身が言うように憲法の専門家ではないので間違いのあるかもしれないと述べている。しかし、その考えは湾岸戦争後も見解を取り下げてない。
国際貢献を国連の下にと言う見解は検討するに値すると、述べてる憲法学者はいます。

専守防衛が基本の日本に置いて、安倍政権の憲法違反の安保法制は認められないでしょう。小沢氏は当然反対しています。

小沢氏の見解に反対する方々にお聞きしたい。
現憲法に置いて日本の国際貢献はどのようにしたらよいのか・・・・
安倍政権の憲法解釈をどのように考えているのか・・・・・・・・
今後の参考にしたいので是非、聞かせてほしい・・・・・・・


104. 2015年6月25日 20:07:29 : hdNY6z2Xpc
>>102. 2015年6月25日 19:45:09 : gAuS4kc0is
> だが、彼の言う国連の警察的措置への参加が自衛隊の海外派兵を意味するのであれば

ありもしない現実を端折って決めつけて、小沢の主張というのはルール違反だ。
そもそも架空の有事を議論するとき、国会の議事録にさえ存在しない小沢の主張だけを綱領に書かれてるがごとくに引用しても、既に議論の信憑性が台無しではないか。

一部の野党カルトが政治家か否かにかかわらず、体裁や過去の古すぎる歴史に囚われ過ぎるのは、やはりカルトでしかない。

カルトとは勝手な論理を正当化するから、あくまでもカルトの誹りは免れないのである。

我見に執着しないで、法に則って主張しろ。法解釈の誤りは誰にでもあるが誤りは認めろ。

それが議論というものだ。昔のゲバ闘争など論理逸脱で暴力を正当化する愚行でしかなかった。

小沢一郎の憲法観も国際常識も余計なことは一切主張してないシンプルなものだ。

しかし阿修羅でも未だに反小沢論者は、小沢が言ってない事を言ってるかのように主張する。

小沢一郎でいいよもう、今度の総理大臣になってもらうのは。その方が世界に顔向けが立つ。

あまり無い憲法論議まで土俵を延長して勝手な臭い議論にぶら下がるなよ、みっともない。



[32削除理由]:削除人:カルト

105. 2015年6月25日 20:24:40 : 8AQPk7kmqH
小沢氏の見解に反対する方々にお聞きしたい。
>現憲法に置いて日本の国際貢献はどのようにしたらよいのか・・・・
>安倍政権の憲法解釈をどのように考えているのか・・・・・・・・
>今後の参考にしたいので是非、聞かせてほしい・・・・・・・

あんたね、馬鹿と違う。

国際貢献する為に憲法の解釈を変えるのか!

何の為の憲法だ!

既に、ここことだけで、何故、意見を聞かせにゃならぬ。

バカバカしい。

[32削除理由]:削除人:言葉使い

106. 2015年6月25日 20:28:05 : 8AQPk7kmqH
>しかし阿修羅でも未だに反小沢論者は、小沢が言ってない事を言ってるかのように主張する。


どこを見ているのじゃ!


>僕が自民党の幹事長だった1990年、イラク軍によるクウェート侵攻を機に湾岸戦争が起こりました。国連の安全保障理事会の了承を得ていたので、当然「日本も参加すべき」と僕は主張した。国連の平和活動は国家の主権である自衛権とは異質のものであり、国連の決議で決定された活動に対しては、日本は積極的に参加すべきなのです。ただし、当時も決して、戦闘部隊を送れと主張した訳ではありません。要請されたような「野戦病院や物資の輸送などの後方支援」を僕は促したのですが、防衛庁、外務省も当時の海部俊樹首相も同意しませんでした。内閣法制局は当時、「後方支援は、武力の行使と一体だから憲法9条に違反する」と言い続けていましたよ。
これって、小沢自信の言葉だよ。

はっきりとしているのは、法制局長官も海部首相も、憲法第9条に抵触すると言っているアメリカ軍支援金の拠出を、小沢が独断で決めたこと。
しかもアメリカさえびっくりした130億ドルも。


107. 2015年6月25日 20:33:42 : 8AQPk7kmqH
>>小沢の国連中心主義

>誰がつくった主義なんだよ、読売カルトや産経カルトの信者風情が何を言ってるんだ。

>答えろよ工作員!

答えろって!

そんなバカなこと言う奴は、小沢当人よりいないじゃないの。

小沢に聞けよ!


108. 2015年6月25日 20:42:18 : gAuS4kc0is

   >>104.hdNY6z2Xpc  > だが、彼の言う国連の警察的措置への参加が自衛隊の海外派兵を意味するのであれば   ありもしない現実を端折って決めつけて、小沢の主張というのはルール違反だ。


   >>104君。読解力不足だな。
   ≪彼の言う『国連の警察的措置への参加』が自衛隊の海外派兵を意味するのであれば、これは明らかに憲法9条に反する。≫

   上の文≪≫は、小沢氏の言う『国連の警察的措置への参加』の実態が不明瞭であるところからきているのだ。では、わかりやすく表現しよう。

  1 彼の言う『国連の警察的措置への参加』とはどういう意味なのか。

  2 参加とは「自衛隊の海外派兵」を意味するのか。そうでないのか。

  3 参加が「自衛隊の海外派兵」を意味するのであれば、

  4 『国連の警察的措置への参加』は明らかに憲法9条に反する。

   >>104君。わかったかい。

   ところで小沢氏の言う『国連の警察的措置への参加』とは自衛隊の海外派兵を意味するのだろう。それが小沢氏の主張だと思うがね。違うのかね。104君。




109. 2015年6月25日 20:52:02 : 5IfA1fveDg
国連中心主義なら国連決議をもとにアフガニスタンに派兵を決めたタリバン掃討作戦は
海上補給活動もより積極的に行うべきで撤退するべきじゃなかった
それどころかISAFの地上部隊派遣要請、具体的には自衛隊の双発大型ヘリの派遣要請も
断るべきじゃなかったってことだけど、あの戦死者多数の混沌としてた状況の中
ISAF地上部隊への自衛隊派遣は出来たのかね?

危険な地域には自衛隊は派遣できない、けれども日本から行った民間ボランティア活動者は
最前線に取り残された形になるというのは、奇妙だったけれどね。

結局、小沢は自民を離脱したときの「宮沢対比」でのタカ派であって、昨今のより刺激も毒見も
強いタカ派が出てきた時、宙ぶらりんな印象は否めないな。
ちゅうわけで軽武装・経済重視の吉田路線は、実質宮沢で終わって後を継ぐものがいない
空白なのは残念だ。いっそのことホリエモンにやらせてみるか?(笑)
やつは原発へのスタンスが気に食わないのだが、今の現状に関して
すごくいい事をいってると思うんだよね。小沢より発言が具体的。

「天皇と新聞は戦争責任とってない」--ホリエモンがニコニコ超会議で語った全文1 - NAVER まとめ

堀江:たとえば新聞を見たらさ、北朝鮮のミサイルが明日にも飛んでくる。ミサイル防衛費1兆円どうなるんだみたいな話になるでしょ。だけどあれって騙されちゃいけないわけよ。新聞は昔からそうなんだけど、煽って煽って煽って煽って煽ってばかり。

マスコミの人、よく聞いて欲しいんですけど、視聴率とか部数とかのために危機を煽るの本当にやめて欲しいんですよ。

堀江:釣り記事なんですよ、釣り記事。北朝鮮が明日にも攻めてくるような世論を作って防衛費をどんどん積み上げて、戦争に持って行くと。前科があるわけですよ。日本の新聞社って太平洋戦争とかの雰囲気を作り出した。明らかに新聞だから。朝日新聞も読売新聞も当時からあったわけですよ。だけど彼らだけは断罪されてないわけです。太平洋戦争の責任をとっていないのは、日本の場合、大新聞と天皇だけ。天皇と大新聞だけが戦争責任をとっていないわけですよ。こんなことが許されていいのかと。
http://1000nichi.blog73.fc2.com/blog-entry-3283.html


110. 2015年6月25日 20:59:17 : 8AQPk7kmqH
>集団的自衛権を否定してる現憲法の中、各国から経済大国に相応しい国際貢献を求められる日本。

当時、どこの国も日本が武力行使に及ぶとは考えてなかった。
ただしアメリカは、日本に戦費の一部を負担させようとしていた。

小沢は、アメリカの期待に沿うべく、憲法の解釈まで歪めて資金を供出した。

>湾岸戦争を通じてそのり方を現憲法から論理的に導きだした解釈が小沢氏が唱える国連中心主義の見解と自分は解釈している。自分はこの見解を現憲法のもとで支持する。

そのやり方を是とするならば、憲法第9条の解釈は、平坦支援ならば戦闘に参加しても良いことになる。集団的自衛権を認める事になる。

これが常識ならば、今更国会で喧々諤々の議論など必要ない。
集団的自衛権は現憲法でも可能であると言うことだ。

>自分はこの見解を現憲法のもとで支持する。

なるほど、結構である。
要するに安倍の安保法令は合憲であると言う3人ばかりの憲法学者と同意見と言うことである。
めでたい、めでたい、小沢は安倍と同じになった。

>憲法の根拠は日高さんが述べている小沢氏の解釈と同意見。同時に国連中心の国際貢献は、過去の日本が犯した侵略戦争に巻き込まれる危険が少ない事。
特定国と組んだ国際貢献は間違った侵略戦争に巻き込まれる危険が多い事。

※ 過去の日本が犯した侵略戦争に巻き込まれる危険が少ない事。
先の大戦の事をえらく簡単に総括してくれているね。
※ 特定国と組んだ国際貢献は間違った侵略戦争に巻き込まれる危険が多い事。
このこととも相まって、まるで子供の世界のようだ。

んっ、な事と、憲法第9条を、どのように解釈するかと言うことは、関係ねえんだよ!


>この解釈は小沢氏自身が言うように憲法の専門家ではないので間違いのあるかもしれないと述べている。

憲法の専門家でなくても政治家であれば憲法を守る使命がある、何を責任逃れの寝言を抜かしているか、と言うよりも小沢自身、後ろめたいものを感じているのであろう。

>しかし、その考えは湾岸戦争後も見解を取り下げてない。
国際貢献を国連の下にと言う見解は検討するに値すると、述べてる憲法学者はいます。

いるいる、あなたは、それを支持すると言うことだ、小沢は子供ではない、自民党幹事長として大見得切った湾岸戦争拠出金をいまさら間違ってたとは、言えないだろう。
悔やんでも後の祭り。

>専守防衛が基本の日本に置いて、安倍政権の憲法違反の安保法制は認められないでしょう。小沢氏は当然反対しています。

たの人間が反対するのは良いとして、同じ穴の狢の小沢の反対は欺瞞だと言っているのである。

まったく、世話やけるぜ!


111. S.T 2015年6月25日 21:12:43 : TNEHs1z1b5edM : BY6X2aIJvU
あまりにも小沢中毒の反小沢(まるで反日連中のように何でもかんでも小沢が悪いというレベル)って事を全く理解していない、というか精神レベルが同じなんだろうね。

さて、小沢の言葉に反応している連中は日本の法律さえ理解していない、ご都合主義者だとよく解る。

>日本の安全保障の根幹は憲法9条です。9条の理念と原則がはっきりとしないまま、
>安全保障の論議をしようとすることが、そもそもの間違いです。
まったくもって「正論」。
憲法9条をアメリカが作ったとか言うが、決めたのは日本人だよね。
アメリカが再び日本を戦争へと自力でできないようにする為に「戦争の放棄」をねじ込んだ訳だよね?
そんな日本のが戦争に加担出来ない法案があったからこそ、アメリカの手先となるような戦争加担は行えなかった。
だからこそ「国連」という世界中で認められた世界的な活動を行うのが小沢氏の理念だったけど、結果は自衛隊は戦争に加担したか??
していないのが正解。

だからこそ、交戦権をちらつかせる馬鹿自民は日本の憲法を遵守するなら、まず法律を変えて正々堂々と中国を敵視すると宣言すればいいんだよ。
頭の弱い政治家だから「核兵器」持ってりゃ攻撃されない、襲ったら撃てば良いと考えているんだろうね。
もしマトモな政治家なら、戦闘行為に陥ればどうなるか最悪のシミュレーションを立てて回避する行動を行う。
戦闘行為は相手よりも有利な状態で強大な武力で、戦っても勝ち目が低いと思わせればそれだけでも抑止力になると思っていたアメリカに喧嘩売ったのが日本軍だったので、アメリカの言いなり属国状態では中国と戦争になってもアメリカなんて助けないだろうね。
むしろ新たな冷戦を作り出して金儲けにひた走るだけだよ。

そしてこの言葉はまさしくその通りだろう。
>国連活動(国連の決議)という前提も全く考えていない。
>つまり、日本が出兵したいところには、いつでもどこでも自由に行けることになる。
>安倍さんは、軍事的にも大国を目指したいというのが本音だと、僕は思います。
安倍総理は本音なんて言いません。
安倍総理はウソしか言いません。
海外で外国人の前で公約を述べます。

そんな安倍の狂った政策をどうにかしたいという時でも「小沢ガー」
小沢氏が政界引退して日本景気が悪化したら「小沢ガー」
アンチ小沢になったのも小沢がちゃんとしなかったからだと「小沢ガー」
目に見えて来るよね。
だからこそ俺はアンチ小沢連中に対して「小沢中毒」と言ってやろう。
小沢から離れる事のできないアンチ小沢連中って本当に可哀想だね。
安倍だろうが公明党だろうが北朝鮮だろうが中国だろうが、最後に「小沢ガー」って言ってりゃ良いだけだもんな。
日本人としての当事者意識がないんだろうね、お気楽でいい気なもんだなぁ。


112. 2015年6月25日 21:14:41 : cWsWKyVpmU
>110
>憲法の専門家でなくても政治家であれば憲法を守る使命がある、何を責任逃れの寝言を抜かしているか、
>と言うよりも小沢自身、後ろめたいものを感じているのであろう。

小沢はしがらみが多すぎる政治家だからねえ。
中国の訪中議員団にしても、もっと誇っていいと思うのだけど。
その上でホリエモンの言のような、『日本の新聞、特に読売と産経は毎日に毎日中国がミサイル撃ってくる
尖閣を占領するみたいなことを書いてるでしょう、だけどあれって騙されちゃいけないわけよ。
新聞は昔からそうなんだけど、煽って煽って煽って煽って煽ってばかり。』

といえばいい。
けどそれは言わない。
このままじゃ訪中議員団の名誉は全て二階もっていかれてしまうよね(笑)


113. 2015年6月25日 21:20:04 : QmyrjoZuIs
>12. 2015年6月25日 10:05:40 : 0ndiBbg2J2
>国連決議が重要だ!
>と言う人へ。

>それと憲法第9条の解釈と何ら関係はないのである。

本音が出ている。
だから戦争法案は憲法違反なのだ!


114. 2015年6月25日 21:20:20 : cWsWKyVpmU
ホリエモンの原発への距離は気に食わない
小沢の原発へのスタンスは評価する。

ホリエモンの現状の日本の安全保障論は評価する。
ハト派的な旗の立て方がうまい。
小沢の日本の安全保障論のよりハト派ぽい言説を期待してるとイライラさせられる。
というか何を言いたいのか良く分からない

結論:世の中うまくいかないものだ。
   安倍の高笑いだけが永田町に響く


115. jk 2015年6月25日 21:38:19 : QW.9qSn21uBt. : tceVB0iwr6
”憲法の理念、原則解釈をキチンと打ち出さず、なし崩しのまま、安保法制論議を進めると結局何でも出来てしまい非常に危険。憲法があってもなくても良くなってしまう。
日本の平和活動は国家の主権である自衛権とは異質のものであり、国連の決議で決定された活動に対しては、日本では積極的に参加すべき。”

上記がが小沢一郎の見解。

以上の原則論の下にお互いに見解を表明して議論しないと訳が分からない議論になるというのが小沢氏の見解。


116. 2015年6月25日 21:41:13 : 8AQPk7kmqH
大体ね、国連の活動を尊重して行こうとする世界の動きは歓迎すべきものであるし正解である。

だがね、大事な憲法解釈の領域で、国連中心主義を言うこととは、まったく別の話。

それが解っちゃいないのだよ、小沢信者諸君は。

小沢が言っていることなど中学生の論理であり、その程度の世界であるのだ。

だから現実の政治では、まったく相手にされないのである。

安保法制の国会論議でも、安保理の決議があるか、ないかなど、まったく問題にもされてないだろう。


117. 2015年6月25日 21:45:56 : 8AQPk7kmqH
>上記がが小沢一郎の見解。

嘘だろう!

湾岸戦争の時の拠出金は、内閣法制局長官も海部首相も憲法に抵触するとして反対したものの小沢に、強引に押し切られたと、小沢自身が語っている。

その同じ小沢が、次の様な事を言うから、叩かれるのである。

>”憲法の理念、原則解釈をキチンと打ち出さず、なし崩しのまま、安保法制論議を進めると結局何でも出来てしまい非常に危険。憲法があってもなくても良くなってしまう。


jk さん

どちらが正しいのだ!


118. 2015年6月25日 21:48:29 : cWsWKyVpmU
小沢の原則論は湾岸戦争時までの原則論であって、対タリバン制圧のアフガニスタン戦争では
破綻してるよ、原則が。。。当時小沢は政権政党内だったんだよ。
けれども民主党政権は海自による海上補給活動の撤退を決めてしまった。
アフガニスタン戦争はちゃんと手順を踏んだ国連決議による軍事発動だよ?
(イラク戦争は国連決議を待っていられなかったアメリカを中心とした有志連合だからまた別の話)

そこで原則が破綻してるんじゃん。小沢の原則論は湾岸戦争時で止まったまま
アップデートされていない、というか持論を完璧にさせるためわざとアップデート
ほったらかしにしてるんだと思うけど。それにわざわざ迎合する理由する必要なんか
今の切迫した状況であるのかな。この程度ならいくら破綻まみれの
安倍一味でも、直ぐに論破されてしまうよ。


119. 2015年6月25日 21:52:12 : hdNY6z2Xpc
>>106. 2015年6月25日 20:28:05 : 8AQPk7kmqH
>どこを見ているのじゃ!

だからさ!! 昔の話ではなく今の政治家が何を言ってるか言えよこのやろ。

小沢一郎は政治とカネの問題以来、日本でクリーンが証明された唯一の政治家だ。

昔々その昔の湾岸戦争で日本が血を流さない代わりに95億ドル拠出? 橋下の墓に言って聞け。

お前らが国家の重大事にチマチマ言ってることは全て担保されてるから、小沢に協力しろ。

ケツ臭いカルトは大概にしろ。 あしからず

共産カルト信者は国力にカウントしないのが与野党の暗黙の合意だからな。国民の合意だ。



[32削除理由]:削除人:カルト

120. 2015年6月25日 21:52:40 : 8AQPk7kmqH
S.Tさんよ

「小沢ガー」の意味、そんな立派な内容もないよ。

ただ単に、長年騙された恨みを言っているだけ。

小沢など消えてしまえば良いのだが

性懲りもなく人を騙しているから

言わなきゃ気が収まらない。

小沢が、動く限り、こちらの怒りが収まらない限り

小沢叩きは続けるであろう。


121. 2015年6月25日 21:54:44 : cWsWKyVpmU
原則論とは宥和外交はいつも勝ち。
たとえ負けても負けるが勝ち。
全方位土下座外交何が悪い。
戦争しないのが一番いい。
おまえらを戦場に送ることはしない、代わりにわしがみんなを代表して
土下座してやると言える政治家。

老中阿部、井伊直弼、戦前の鳩山吉田、戦後の田中角栄、宮沢
みんな立派な為政者だった。


122. 2015年6月25日 21:57:42 : hdNY6z2Xpc
>>120. 2015年6月25日 21:52:40 : 8AQPk7kmqH
>小沢叩きは続けるであろう

そんなもん痛くも痒くもねえし。

だって、小沢はクリーンだもん。

お前が叩かれないようにしろ。

hahahahahahahabaka


[32削除理由]:削除人:カルト

123. 2015年6月25日 22:01:55 : hdNY6z2Xpc
>>121. 2015年6月25日 21:54:44 : cWsWKyVpmU
>たとえ負けても負けるが勝ち

勝てば官軍も今の時代に全く通用しない。

靖国神社ごと現政権を葬って正法で地鎮祭を執り行う。



[32削除理由]:削除人:カルト

124. 2015年6月25日 22:03:05 : 8AQPk7kmqH
119.

お前、言語能力あるの!


125. 2015年6月25日 22:08:14 : hdNY6z2Xpc
>>124. 2015年6月25日 22:03:05 : 8AQPk7kmqH

何だその短文は!

お前に言語能力などないことは、すっかりお見通しだ。

既にお前が叩かれてるではないか、考えてものを言えよ馬鹿野郎!!



[32削除理由]:削除人:カルト

126. 2015年6月25日 22:10:17 : cWsWKyVpmU
たとえ戦争に負けても、外交で勝つ(取り返せる)こともあるって
含蓄がある一つの原則論だと思うよ。
そこまでを含めて宥和外交というのは異論があるだろうが、
少なくともホリエモンの意見というのは、例えば尖閣も売ってしまえばいいというのは
同意するものは少ない暴論だけど、宥和外交を具現化した形だろう。
(逆にロシアがまた経済危機になったら北方領土をカネで買っても是とすればいいんだから)
ホント、ホリエモンが吉田ー宮沢の継承者だと思うよ、小沢じゃないのだ。
(小沢も対中宥和ではいいところまでいってるのだろうけど最後のツメが)

127. S.T 2015年6月25日 22:12:26 : TNEHs1z1b5edM : BY6X2aIJvU
>>120
自分の正体を隠してオザワガー

小沢はもう歳だから消えるだけだけど、「政策が真っ当」だから小沢以外の政治家で誰が信任できるのか考えているよ。
おまえさんみたいな「小沢中毒」ならそんな日本の未来さえ考えられないだろうね。
だからいつまで経っても「小沢ガー」
ミイラ取りがミイラになったねw


128. 2015年6月25日 22:24:45 : hdNY6z2Xpc
>>127. S.T 2015年6月25日 22:12:26 : TNEHs1z1b5edM : BY6X2aIJvU
>ミイラ取りがミイラになった

別にお前が心配することではない。

小沢一郎が総理大臣になることは決まったこと。

俺たちには関係ない。自公靖国カルトを潰すだけ。



[32削除理由]:削除人:カルト

129. 2015年6月25日 22:27:54 : wafoFQzHCY
Ondi君、きみの私生活が満足のいくものではないことはわかるが、小沢に八つ当たりするのは筋違いというもの。もっと素直になりたまえ!恋でもしたまえ!

130. 2015年6月25日 23:19:31 : zrVKmjk0oo
パパブッシュのときの湾岸戦争、この時は必要なあらゆる手段をとるとの表現で国連がフセイン政権に対する軍事攻撃を承認したもの。理由は軍事力で既存の国境を変更することは認められないということだった。これは国連加盟国全体の支持があった。そしてフセインがクウェ―トから引き揚げてからは多国籍軍はそれ以上進軍しなかった。

しかし911テロ後、アメリカが勝手にイラクを攻撃してイラクをめちゃくちゃにしたとき、アフガンがアルカイダをかくまっているとの理由で攻撃したときも国連が軍事的手段を承認した決議など全くしていない。もちろん正当な理由などない。

両者が決定的に異なることをまず理解しなさい。後者の戦争なら今すぐにでも自衛隊は戦争に参加できる。


131. 2015年6月25日 23:27:44 : r9oS8q7V2A
みんな、よくがんばったね

後で、いつものご褒美をたっぷりもらってね


132. 2015年6月25日 23:33:22 : 3uXHk2y8yQ

わかった分かったデタラメ論はもう結構だ。

アベノヤボウが軍国主義なんだろ。もう結構だ。

総理大臣は政権交代して小沢一郎でいい。

他に適任者がいないからしょうがない。

ブッシュかクリントンと世界の軍事バランスを語れる政治家は小沢だけである。



[32削除理由]:削除人:カルト

133. S.T 2015年6月25日 23:54:10 : TNEHs1z1b5edM : BY6X2aIJvU
>>128. hdNY6z2Xpc

>別にお前が心配することではない。
な〜んも心配していなよ、哀れんでいるだけだから。

>小沢一郎が総理大臣になることは決まったこと。
>自公靖国カルトを潰すだけ。
潰した後に小沢総理は決定で良いのか?
しかも小沢批判しながらのこの変わり身の早さ(笑)

政策で政治家を選んで投票しているなら、100%の支持ならそれでもOKなんだよ。
でもな、そんな信者みたいなのは小沢支持者には居ないよ。
小沢も人間だから間違いを犯すからこそ、多数決という民主主義で選ぶんだけどな。

おまえらアンチ小沢・小沢中毒者のネガティブ工作で日本の失ったモノは相当デカいぞ?
国民は馬鹿自民と糞官僚によって「税金」の枠をバンバン増やされて労働対価収入は「官僚の生活の為の労働」となって行くだろうな。
そういう結果を望んでいるのが小沢中毒のアンチ小沢だからね。


134. 2015年6月26日 00:08:36 : 0D6MwHwTFA
2015.6.25 05:01
【正論】
世界の現実踏まえた憲法論議を 外交評論家・岡本行夫
http://www.sankei.com/column/news/150625/clm1506250001-n1.html

 安保法制についての政府の説明は、行儀がよすぎて些(いささ)か分かりづらい。一方、これを違憲とする憲法学者や野党の主張は、世界の変化を考慮しない観念論で、現実感覚がない。

 ≪顕在化する自衛行動の必要性≫

 砂川判決が個別的と集団的の区別をせずに国家の自衛権を認めたのは周知のとおりである。しかしその後がいけない。72年に、内閣法制局は「日本に許されているのは個別的自衛権だけで、集団的自衛権はすべて違憲」とした上で、集団的自衛権を「他国に加えられた武力攻撃を阻止すること」と定義した。つまり、「個別的自衛以外のすべての武力行使イコール他国を守る行為」と荒っぽく認定したわけだ。

 因(ちな)みに72年は「非武装中立論」に対する国民の支持が最も高かった年(15・5%、現在は2・6%)であった。海外で起こる紛争が日本人の生命や財産を脅かす事態など考える必要がなかった平和な時代だ。反対論者の違憲論も、40年以上前のこの時代であれば、立派な意見であった。

しかし、実は、72年に「集団的自衛権」として一括(くく)りにされたものの中には、日本人の生命と財産を守るための自衛権も混在していたのである。「日本独力では無理なので他国と共同して初めて可能となる自衛行動」のことである。こうした自衛行動の必要性が顕在化してきたのは80年以降だ。

 例えば海上防衛。当時はいたって安全であった海域が、今や物騒で波立つ海となった。79年のイラン革命以来、イランの革命防衛隊はペルシャ湾の商船隊を脅かし、機雷を敷設したこともある。ホルムズ海峡を出れば、外海のアラビア海にはソマリア海賊が待ち受ける。その先のインド洋は、アフガニスタンのタリバンが麻薬と武器を輸送するルートだ。さらに進めば、中国海軍が膨張を続ける南シナ海がひろがる。

 日本の護衛艦は90年代には60隻。それが現在は47隻。これで2600隻の日本商船隊を守れるわけがない。唯一の道は、各国海軍と共同しての護衛である。

 ≪国際艦隊への参加断った日本≫

 海賊からのタンカー保護を考えてみればよい。自衛隊の護衛艦は今年の5月末までに663隻の日本の商船を護衛したが、それだけではない。実に2902隻の外国船舶を日本船とともに護衛したのである。他国の海軍も同じように日本船舶を護衛してくれた。

もちろん、これは海賊対処法に基づく刑法犯罪への対決であるが、海賊を撃退した後に、どこかの「国または国に準ずる組織」の艦船が商船隊を襲撃してきたときには、海上自衛隊は拱手(きょうしゅ)傍観するのか。どう考えてもおかしい。

 弱い海賊に対してすら海上自衛艦隊をもって警護するのに、より強大な襲撃者に対しては「どうぞご自由に攻撃を」と道を開けるのか。憲法学者が意気軒高に政府を「おばかさん」と呼んでいれば済む話ではない。

 87年、湾内の商船隊を護衛する国際艦隊が組織された。日本も参加を要請されたが「個別的自衛権に該当しない」と断った。護衛の対象船舶の7割は日本関係船舶だったにもかかわらずだ。わが国は護衛対象に僅かでも外国船が含まれていれば、護衛艦隊への参加は「他国を守る行為」として拒否して、日本船隊の護衛は他国の海軍にやらせて知らん顔をするのか。

 ≪カラスに交じったグレーのハト≫

 要するにこういうことだ。個別的自衛権を白いハト、憲法の認めない集団的自衛権をカラスとしよう。72年、内閣法制局は「白いハト以外のすべての鳥はカラス」と断定した。しかし、実はカラスの中に、日本一国ではできない日本人の生命・財産の保護という、色はグレーでも、れっきとしたハトが交じっていたのである。

今回の安保法制は、カラスの鳥籠からこのハトを外に出してやることである。違憲だったカラスが合憲の鳥に変わるわけではない。ハトであった鳥までカラスと呼んできた過ちを正すだけである。

 もちろん、憲法9条は厳然として存在するからカラスは鳥籠から出すわけにはいかない。たとえ同盟国アメリカが行うものであっても、日本防衛のためでない武力行使への参加は違憲であって許されない。

 その違憲合憲を判断するのは国会の役割だ。内閣が自衛隊を派遣した後に、国会が「今度の派遣は違憲のケースだ」と議決すれば、自衛隊は当然に呼び戻される。

 欲しいのは、現実に対する認識だ。時の人となった長谷部恭男早大教授は、「外務官僚には全員自衛隊入隊を義務づけ(危険地域を体験させよ)」と主張する。しかし外交官は、自衛隊は行かない「危険地域」のバグダッドやイラク各地で黙々と仕事をしている。

 既に2人の外交官が反政府勢力に殺害されたが、勤務を続けている。多くの援助関係者や専門家も危険覚悟で、自衛隊の行かない地域で活動している。世界の安全保障環境は激変し、72年の政府見解では、対応できない時代になっているのだ。(おかもと ゆきお)


135. 2015年6月26日 01:35:34 : 0EeFIQq7B6
この国に於いて・・・アホがアホであり続けられると錯覚してしまえる環境こそが大問題である。
軍隊を持つ、徴兵制が導入される=日本の国境を出た途端、至極当然の世界常識だ。国境を自国の軍隊で守ろうとしない国なんて我が国以外に皆無である。
戦争=悪ではないのだ。戦争=話し合い、最終調整で纏まりがつかなくなった時の外交手段である・・・それを共有すべきであり、その点で安部総理と維新の会は正論を訴えている。
只々只の戦争嫌いなら、無人島にでも引っ越せって!お前らの意見=国益の完全無視!只の馬鹿野郎だ。
この話が分からない輩;只のアホ、もっと物理学的思想や歴史を勉強しろ・・・と言っても分からないか。

136. 2015年6月26日 01:57:14 : 3uXHk2y8yQ

自公靖国カルト政権は違憲安保法制案を採決するタイミングを探る与党の戦術だ。

それに対する野党は法案に反対して与党と対峙している。

野党を支持する国民がどのくらいいるのか、それがヒトラーの最大の関心事である。

野党が国民の支持を確認する場合、国民が法案に賛成か反対かを問うのは間違いだ。

国民にとって野党が法案に反対してることは既知の事実である。しかし国民は採決に参加できない。

あくまでも国民の意見が法案に対して違憲なのか合憲かを民意とする目的のために説得あるいは支持の取り付けが必要だという、意思の役割分担が必要になってくるということだ。

国民の間に法案が憲法違反という認識が広まらない限り、廃案が難しくなるという憲法に規定された特別の事情が存在してるからだ。



[32削除理由]:削除人:カルト

137. 2015年6月26日 05:05:09 : AKf6xwICpw
小沢の名が出てくるとドンドン湧いて出てくるな〜W
小沢も悪だろうタブン
しかし愚かではないから日本人の利益は守るだろうタブン
それが政治家の本来の仕事だからね
翻ってあほアホは一体なにをやっているのだ!
現に今、日本人を売ることばかりやっているではないか!
買う相手だって「コイツ馬鹿か!」と呆れているだろうよ
だから沖縄行って、、何しに来た!、嘘つき!などの耳を疑う言葉で罵倒されるのだよ
こんな事態は歴史上初めてだ、
史上最低な男だと断定している証拠なのだな、
まったくとんでもない男が椅子に座ったものだよ
小沢の言う通り、
ダンマリの自民党議員は一体この日本をどうする心算なのだ!ということだ、

企業でも国家でも組織として機能する基盤は「信頼」だよ
国の場合は憲法への信頼だな
憲法違反の法律が成立したら日本人の内面から日本国憲法は消えるよ
心の中で国民主権が消え去るのだから当然だけど
日本はムチャクチャな国になり、、結果、崩壊するだろうよ
それを狙っての、外国戦争屋策謀によるハチャメチャ政策なのか?
ならば、行動は理解する、しかし日本人なら徹底抗戦しなければならないな 

幻想を捨てて、、いい加減 眼 覚ましなさい
あの男がこの掲示盤に居る者たちに幸せを齎すことは決して無い、、のだよ


138. 2015年6月26日 05:25:12 : sTZG3AxAre
>130
>しかし911テロ後、アメリカが勝手にイラクを攻撃してイラクをめちゃくちゃにしたとき、
>アフガンがアルカイダをかくまっているとの理由で攻撃したときも国連が軍事的手段を
>承認した決議など全くしていない。もちろん正当な理由などない。

まず時系列は、アフガンタリバン掃討作戦 → 米国を中心とした有志連合によるイラク侵攻

>アフガンがアルカイダをかくまっているとの理由で攻撃したときも国連が軍事的手段を
>承認した決議など全くしていない。

だからしてますよ、だからNATOに属するドイツも参加したんだが。
これが集団的自衛権の発動だったんだよ。
デマツイッターじゃないんだから、もうちっと調べろって。

開戦までの経緯

炎上する世界貿易センタービル
2001年9月11日、アメリカ同時多発テロ事件が発生した。12日、アメリカのジョージ・W・ブッシュ大統領はテロとの戦いを宣言した。またこの中で、ターリバーン政権の関与が示唆され、ドナルド・ラムズフェルド国防長官はウサマ・ビン=ラーディンが容疑者であり、また単独の容疑者ではないと発言した。また同日、第56回国連総会でも米国政府と市民に哀悼と連帯を表して国連も本部を置くニューヨークなどへのテロ攻撃に対して速やかに国際協力すべきとする決議56/1を当時の全加盟国189カ国が全会一致で採択し、国際連合安全保障理事会でも国際連合安全保障理事会決議1368が採択された。

>134
岡本行夫も、自らの持論の整合性を担保するためにイラン革命で時代が止まってるのか。
国際艦隊の要請を断ったって?日本の海自はソマリア近海に海賊が出没
したときに駆逐艦送らなかったのか?

2005年6月26日には、国連の支援食糧(スマトラ島沖地震津波被災者支援)を積んだ貨物船(Semlow号)が海賊に拿捕、船と乗組員に対する身代金を要求される事件が起こったほか、同年11月エジプトからケニアに向かっていた豪華客船(Seabourn Spirit号)が襲撃を受ける事件も発生した。さらに、2006年3月にはアメリカ海軍の巡洋艦と駆逐艦が、たまたま発見した不審船との間で銃撃戦を展開。不審船の乗組員が1名死亡。乗員がロケットランチャーなどで武装していたことから、海賊船であったと見られている。日本が関係するものでは、2007年10月に日本の海運会社が運航するパナマ船籍ケミカルタンカーが乗っ取られ、2008年4月に日本郵船の大型原油タンカーがロケット弾によるものと思われる攻撃を受け被弾した。国連は、人道支援物資の輸送と通商航路の安全確保のため、海賊を掃討するための安全保障理事会決議第1816号を採択。この決議は、加盟国の軍艦に、海賊掃討の為、国連憲章第7章に基づき武力行使を含む「必要なあらゆる措置」をとる権限を認めている。2008年10月には戦車33台を積んだウクライナの貨物船が海賊に奪われ、これを重く見たアメリカ・ロシア・EUが共同し駆逐艦を派遣し海賊掃討を目指している。日本も海上自衛隊を派遣し、日本の商船を護衛している。


どいつもこいつも自らの持論の一貫性を保つことにのみ必死で、2001年以降の変化のアップデートを
怠ってるよ。こんな中途半端なロジックで現状を変えるとかやはりやってはいけないと思う。


139. 2015年6月26日 05:28:10 : AKf6xwICpw
>134
テレビで能書き垂れる手先の岡本など端から読みたくも無いよ
あの男、、アホを操る勢力の代理人の一人であり日本人の裏切り者だな、
しかし顔が歪んでいるのは少しはウシロメタイ感情があるようだな

何事も手順なのだよ、、手順を踏むこと

勝手な妄想能書は誰でも持っている、けど法律作るのは許されない、
法律より憲法改定が先だ、ってこと
大前提としての憲法であり国民主権だろ

それにしても酷すぎる自民党、、腐れ外道に落ちたな
このままでは一族郎党地獄行きだぞ
二世三世が企業を潰す、、って言うけど、、納得
送り出す主権者とういうバカ国民にも大いに責任があるけどな


140. 2015年6月26日 05:30:59 : peIWbv2Z6A
はっきりいって日本って終わってると思う、いろいろと。
貿易商社の部門ごとシンガポールに移転するわけだよ。
日本で仕事しようにも雑音が多すぎてまとに仕事なんか出来ないに違いないんだから(笑)
なもの武力を使わなくても、世界に誇る日本のザ・総合商社の諜報ネットワークを使えば
たいていの銃口を開いた有事は回避できるんだよ。
昭和の日本は一体どこにいったんだ(呆)

141. 2015年6月26日 05:35:50 : peIWbv2Z6A
>139
時間が湾岸戦争で止まってる小沢もな
宮沢喜一で日本のハト派は終わったと再確認できた
それで喜ぶ輩は多いに違いない。
けれど、いつか後悔することになるんだ。

142. 2015年6月26日 07:43:24 : mv22drf7kY
>135. 2015年6月26日 01:35:34 : 0EeFIQq7B6
>この国に於いて・・・アホがアホであり続けられると錯覚してしまえる環境こそが大問題である。
>軍隊を持つ、徴兵制が導入される=日本の国境を出た途端、至極当然の世界常識だ。
>国境を自国の軍隊で守ろうとしない国なんて我が国以外に皆無である。

すこし、国際社会の勉強してはどうですか。
軍隊を持たない国や国境を他国の軍隊に防衛委託している「戦力放棄」の国は山ほどありますよ。

バチカン - キリスト教精神を基調とする正義に基づき、武力紛争の回避を提唱する。
リヒテンシュタイン - コスト面から1868年に軍を解体。スイスおよびオーストリア軍に防衛を委託。
コスタリカ - 憲法では「恒久的制度としての軍隊を廃止」と常備軍の廃止を規定している。
パナマ - アメリカ軍のパナマ侵攻により1990年に軍が解体された。1994年改正の憲法で軍の非保有を宣言。警察や沿岸警備隊などの人員は11,800人以下に制限。ただし緊急時には、一時的な警察強化が可能となっている。
ハイチ - 1994年の軍事政権退陣後に軍を解体。反政府武装勢力の台頭で国内が混乱した。国家警察軍(7,300人規模)を編成。ただし、書類上は軍は廃止されておらず、ミシェル・マテリ大統領は軍の再建を公約している。2012年5月に内務省が内務および国防省と改称されている。
ソロモン諸島 - 1998年に部族同士の抗争から武力衝突が発生し、独力で解決できなかったソロモン諸島政府はイギリス連邦に救援を求めた。しかし2000年にクーデターが発生したためにオーストラリアとニュージーランドによる調停が行われた。2003年からオーストラリア・ニュージーランドが主導した太平洋諸島フォーラム(PIF)加盟国の警察・軍隊からなるソロモン諸島支援ミッション(英語版)(RAMSI)が派兵され、2013年まで駐兵していた。
モーリシャス - モーリシャス警察軍(8,000名規模)のみであるが、その指揮下に特別機動部隊(1500名)といわれる、軽歩兵レベルの戦力・装備を持つ治安部隊を保有している。


143. 日高見連邦共和国 2015年6月26日 07:49:07 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

ありゃ、思った程コメント削除されてない!(笑)

144. 2015年6月26日 09:07:08 : kea8Q0p59M

イラク戦争の国連決議は1441だな

145. 2015年6月26日 09:11:05 : NA8Z0yFYNE
「小沢」と見ると脊髄反射で書き込む馬鹿がいる。投稿文は読むが、コメントなんて読んでない。
本人が何を言い、それに賛同するかしないかだけだ。ざわざわやってるがよし。

146. 日高見連邦共和国 2015年6月26日 09:13:35 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>>97 『天橋立の愚痴人間 ver.C』さん

え?それだけで反論終わり?まさか!(笑)

何やら他スレッドの引用と、アナタの意思表明・・・
う〜ん、まさか阿修羅で、アナタを相手に、これだけ不毛なコメントの応酬が出来るとは思わなんだ!(笑)

まあ、いま少し、アナタからの冷静なご反論を待ちましょう、2・3日・・・

所で、ココでのアナタのコメントが、余りにも劣化が甚だしいものだから、
私はアナタを『天橋立の愚痴人間 ver.A』⇒まともに議論できる人
あるいは『天橋立の愚痴人間 ver.B』⇒中川隆くん並みのお子ちゃま理論の人、
その“どちらでもない”と思ったので、アナタを天さんとは認めたくなかった
のですが、昨晩寝ないで考えた(笑)。アンタ、やっぱり天さんだよ・・・(笑)

でも上で決して、上で説明した『天(A)さん』でも『天(B)さん』でもない。
一見『天(A)さん』のように見えるが、その実中川隆くんにも劣るような
お恥ずかしい妄言を吐きまくり、スレッドを汚す“産業廃棄物(笑)”相当と
認定し、今後アナタを『天橋立の愚痴人間 ver.C』さん、と呼ばせて頂きます。

お早く、『天橋立の愚痴人間 ver.A』に戻って・・・(涙)


147. 日高見連邦共和国 2015年6月26日 09:17:28 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>>144

はい。
>>45 の私のコメントで紹介済み、デス!

>>145

お恥ずかしい。(笑)
もちっとだけ『ざわざわ』させてください。勿論シームーで結構です。


148. 日高見連邦共和国 2015年6月26日 09:27:21 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>>98

>国連安保理決議 82 83 84 85 88 90

ウィキより
『国際連合安全保障理事会決議の一覧 (1-100)』から抜粋
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E9%80%A3%E5%90%88%E5%AE%89%E5%85%A8%E4%BF%9D%E9%9A%9C%E7%90%86%E4%BA%8B%E4%BC%9A%E6%B1%BA%E8%AD%B0%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7_(1-100)
=============================================

82号 朝鮮半島情勢について、北朝鮮を非難し停戦および撤退要請
83号 朝鮮半島情勢について、大韓民国への支援勧告
84号 朝鮮半島情勢について、大韓民国への支援勧告。アメリカ合衆国の指揮の下、多国籍軍を編成
85号 大韓民国支援のための統一司令部について
88号 朝鮮半島情勢について
90号 朝鮮半島情勢について
=============================================
(引用終わり)

これが何か?(笑)


149. 2015年6月26日 10:03:42 : 3uXHk2y8yQ
>>140. 2015年6月26日 05:30:59 : peIWbv2Z6A
>はっきりいって日本って終わってると思う

終わりなどない。永遠につづくだけ。良くも悪くも続くだけだ。

良くする方法と悪くなる要因は違うことだけは知らなければ追認するしかない。



[32削除理由]:削除人:カルト

150. 2015年6月26日 10:22:29 : kea8Q0p59M

けっきょく小沢信者やらネトウヨ、憲法学者やらとは、軍隊が保有したいんだ

実際に稼働しない軍隊がね

安倍は、軍隊があるなら使いたい、、、ここが両者の違いだな


151. 2015年6月26日 10:29:28 : 3uXHk2y8yQ
>>150. 2015年6月26日 10:22:29 : kea8Q0p59M
>けっきょく小沢

お前に何が分かるんだ?

国会中継の日だったか知らないうちに民主党の岡田とアホノミクスの対決だ。

次期総理大臣は民主党の岡田に決定だな。



[32削除理由]:削除人:カルト

152. 新鮮組 2015年6月26日 10:30:32 : hYT1ZzdBhtgo2 : FAt0kYWxVo
小沢さんを政治資金等々で批判できなくなったら今度は憲法問題で曲解か。

153. 2015年6月26日 10:37:58 : dduLdepMV6
>>150さん
 
 軍隊を保有しなければ、軍隊は使えない。
 
 小沢信者やらネトウヨ、憲法学者やらと、安倍さんたちとは一緒のグループなんだ。
 
 小林節先生のような憲法学者のおかげで、憲法改正の発議がグッと近づいてきた。
 
 憲法違反よりはマシだけどね。
 
 
 

154. 日高見連邦共和国 2015年6月26日 11:01:21 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>>98

>小沢一郎さんがいつも言う“国連決議”とは、朝鮮戦争の時に出された国連安保理決議 82 83 84 85 88 90 のことではないでしょうか。

オマエ、依然別のスレッドで、同じような論法で私に絡んんで来ただろう?

そん時は“優雅に無視(笑)”させて頂いたが、このスレッドの後半、天さん(C)が発狂して昇天(笑)、
他のコメンターも私に直接レスくれてないので、ソチラも“上品に無視”、つーことで
オマエの指摘に応えよう。

・・・答えようというか、そもそも“何を言いたいのか不明”なのだが、オマエの
浅はかでいじましく薄暗い“想念”をトレースして、ご指摘の疑念にお答えしようと思う。

オマエが提示したその国連安保理決議は、朝鮮戦争(北朝鮮の韓国への侵略行為と認定)
に関わる一連の決議であり、その決議内容(一部抜粋要約)を示してみる。言っておくが、
こういうのが議論における最低限の礼儀とスタート地点としてオマエが提示すべきコトだ。

**********

『Soka国連支援ネットワーク(SUN)」』
http://www.issue.net/~sun/index.html
========================================

『安保理決議第32号』 大韓民国への侵略に対する非難(抜粋)
 http://www.issue.net/~sun/sc/1950/0082.html

T.戦闘の即時停止を要請する。
 北朝鮮当局に対し38度線までの武装部隊の撤退を要請する。
U.国際連合朝鮮問題臨時委員会に対し以下のことを要請する。
  a.可能な限り早急にこの情勢に対する十分に検討された勧告を検討すること。
  b.北朝鮮軍の38度線までの撤退を監視すること。
  c.本決議の履行状況に関して定期的に安全保障理事会に報告すること。
V.あらゆる加盟国に対し本決議の履行にあたり国際連合への支援提供並びに北朝鮮当局への
 支援提供を抑止することを要請する。


========================================

『安保理決議第83号』 大韓民国への侵略に対する非難(全文)
 http://www.issue.net/~sun/sc/1950/0083.html

 安全保障理事会は、
  大韓民国に対する北朝鮮からの武力攻撃は平和への侵害であると見なし、
  戦闘の即時停止を要請し、
  北朝鮮当局に対し武装軍の38度線までの撤退を要請し、
  北朝鮮当局が戦闘停止も38度線への武装軍撤退も行わず、
  国際平和と安全の回復のためには緊急の軍事的措置が必要であるとの
  国際連合朝鮮問題臨時委員会報告に留意し、国際連合に対する大韓民国政府からの
  平和と安全を回復する即時かつ効果的な措置の要請に留意し、
  国際連合加盟国が武力攻撃を撃退し当該地域における国際平和と安全の回復のために
  大韓民国への支援に必要と思われる措置を講じることを勧告する。
========================================

『安保理決議第84号』 大韓民国への侵略に対する非難(全文)
http://www.issue.net/~sun/sc/1950/0084.html

 安全保障理事会は、
 大韓民国に対する北朝鮮からの武力攻撃は平和への侵害であると見なし、
 国際連合加盟国が武力攻撃を撃退し当該地域における国際平和と安全の回復のために
 大韓民国への支援に必要と思われる措置を講じることを勧告し、
  1.国際連合の諸政府及び民衆が1950年6月25日付決議第82号・6月27日付決議第83号に 
  従い大韓民国を支援し武力攻撃から防御し当該地域における国際平和と安全を回復
  するための迅速かつ力強い支援を歓迎する。
  2.国際連合加盟国は大韓民国からの支援要請を国際連合に移管したことに留意する。
  3.前述の安全保障理事会決議に従い軍事力及びその他の支援を拠出するあらゆる加盟国
  はアメリカ合衆国による統一された指示系統の下に部隊や支援を形成することを勧告する。
  4.アメリカ合衆国に対しそのような部隊の司令官を任命することを要請する。
  5.同時に様々な国家が参加している北朝鮮に対する軍事行動において統一された指示系統
  にあることを示すため国際連合旗を使用することを承認する。
  6.合衆国に対し、統一された指示系統の下で為された行動について必要に応じて報告を
  提出することを要請する。
========================================

『安保理決議第85号』 大韓民国への侵略に対する非難(全文)
http://www.issue.net/~sun/sc/1950/0085.html

 安全保障理事会は、
 北朝鮮軍の不法な攻撃により継続する戦闘の結果として発生した朝鮮半島民衆の置 
 かれている困難と困窮状況を認識し、各国政府・特化した機関・非政府組織により
 朝鮮半島民衆に対し提供された自発的支援に謝意を示し、
  1.統一司令部(the United Command)に対し同国文民への支援要請及び支援を提供する
  手続きの確立を決定する責務を遂行することを要請する。
  2.事務総長に対し、支援の申し出を統一司令部に移管することを要請する。
  3.統一司令部に対し、その支援活動について必要に応じて安全保障理事会に
  報告を行うことを要請する。
  4.国際連合憲章第65条に従い、事務総長・経済社会理事会その他適切な国際連合
  下部機関・国際連合と活動する特化機関・適切な非政府組織に対し、統一司令部が
  同国文民の支援が必要な際及び統一司令部が安全保障理事会の代理として実行した
  責務を遂行する際に支援を提供することを要請する。
========================================

『安保理決議第88号』 大韓民国への侵略に対する非難(全文)
http://www.issue.net/~sun/sc/1950/0088.html

 安全保障理事会は、
 手続き規則第39に従い、中華人民共和国中央人民政府の代表を国際連合朝鮮司令部
 (United Nations Command in Korea)の特別報告に関する安全保障理事会による
 討議に参加を招聘することを決定する。

 *参考:規則39
  http://www.issue.net/~sun/doc/SC-Procedure.html#Rule39
 
  安全保障理事会は、情報の提供または問題討議に必要な支援など目的達成
  のために資する事務局その他の要員を会議に参加させることができる。
========================================

『安保理決議第90号』 大韓民国への侵略に対する非難(全文)
http://www.issue.net/~sun/sc/1951/0090.html

 安全保障理事会は、
 「大韓民国への侵略に対する非難」という項目を安全保障理事会が取り組む
 べき問題の一覧表から削除することを決定する。
========================================
(引用終わり)

**********

以上だ。これは朝鮮戦争に関する一連の連続した決議であり、意味論的な解釈をするのであれば、
当時の国際情勢(力関係)や国連安保理における議論の経緯、これらの決議を受けての評価や
分析を斟酌せねばならないが、ここではあくまでも『国連決意の内容(文言の客観的尊重)』
に主眼を置いて私の見解を記し、小沢一郎の『国連中心(尊重)主義』への注釈とする。

@『国連安保理決議82号(以下82号と略記)』は、『要請』し、『検討』し、『監視』し、
 かつ『報告』することを定めたもので、これをもって国連憲章第42条“軍事的措置”
 を執るに至る根拠とするのは間違いだろう。

A『83号』は、『みなし』、『要請』し、『留意』し、包括的に『勧告』するもので、
 『82号』よりは具体的に且つ強く“北朝鮮からの武力攻撃は平和への侵害”だと
 そているが、この決議だけをもって“軍事的措置”を執る根拠とするには弱いだろう。

B『84号』は、“支援に必要と思われる措置を講じることを勧告”し、
 “支援要請を国際連合に移管したこと”そして“アメリカ合衆国による統一された
 指示系統の下に部隊や支援を形成すること”を勧告しているので、この決議を
 持って国連が、国連軍として発動すべき“軍事的措置”の権利をアメリカ軍が
 “授権”したと解釈できる可能性が極めて強い。

C『88号』、『90号』は、朝鮮戦争の“戦後処理”に関わる事務手続き(業務連絡に近い)
 であり、これを以て“軍事的措置”の執行の正当化にならないことなどは明らか過ぎてお話にならない。

【結論】国連安保理決議84号は、朝鮮戦争(北朝鮮の韓国侵攻)に対しての国連が
 取るべき“軍事的措置”の根拠とはなり得るが、国連が“授権”する法的正当性、
 アメリカが“授権”する資格と整合性に関しては多くの議論が沸き起こる部分である。
 よって、今後似たようなケースが生じた場合は、過去の事例『湾岸戦争』及び
 『イラク戦争』の時の国連決議の有り様と、実際に生じた“軍事行動”とを検証し、
 “あるべき国連の軍事的措置の執行”を吟味し直し、整理し、合意する努力を
 怠ってはならない。加えて、日本がこのような“軍事的措置”に、今後どのように
 関わっていくかは、これとはまたく別次元の話しであり、この『朝鮮戦争』の一例を
 以て『ドーすべき、コーだろう』とごちゃごちゃ論ずるべきことではないと断言する。

以上。



155. 日高見連邦共和国 2015年6月26日 11:12:05 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

ところで、>>38 で私は『国連決議678号』の要約をウィキから引っ張りましたが、
どうもそれ(678号)の全文がネットで検索しても出てこない、と言いました。
その後調べてみても、結局出てきません。(私の検索条件設定が良くないのかもしれませんが)
昨晩、私の書庫と新聞をひっくり返して探してみたのですが、まあ当然見つからず。(笑)
土日で、可能な限り、『一関』『水沢』『北上』の図書館を回ってみようとは思いますが・・・

で、『Soka国連支援ネットワーク(SUN)』http://www.issue.net/~sun/index.html
という“お宝”にたどり着いたのですが、じつはそこでも、当該決議前後の
国連決議が見事に“ブランク”になっております。これってドいう事なんでしょうかね?

『Historical Index』
http://www.issue.net/~sun/sc/index.html
==============================

年次/決議No./和訳状態・決議No./決議年月日

2000 1285 - 1334 概要のみ 2000/12/31
1999 1244 - 1284 概要のみ 1999/12/31
- - - -
1979 444 - 461 444 - 456, 458, 459 2010/11/16
1978 423 - 443 2010/07/16
==============================
(引用終わり)

はい、このサイトでは『459号』と『1244号』の間が
かなり大きな“ブランク”になっているのです〜!!


156. 日高見連邦共和国 2015年6月26日 11:27:53 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

・・・という訳で、肝心要の筈の『国連決議678号』の、決議文の生の文言を辿れないので、
実際そこで書かれている文言、文章で、湾岸戦争当時の“軍事的措置”に対しての妥当性の評価
は“出来ない”というのが、『書かれている文章を客観的に読んで判断しよう』というココでの
私の基本的立ち位置での結論になっちゃうのは、実はとても悲しいことなので(笑)、
『678号』を探しながらネット拾った、興味深い関連する資料をふたつご紹介します。

**********

『上野友也研究室へようこそ』のホムペ
http://www2.odn.ne.jp/kamino/kt/ren_dao_de_jie_ru_kurudo.html
========================================

★クルド(Kurdistan)より抜粋

1990年8月2日、イラクのフセイン政権は、イラン=イラク戦争後の経済危機を
打開するためにクウェートに軍事侵攻し、併合を宣言した。同日、国連安全
保障理事会は、決議660を採択して、イラクの軍事介入を「国際の平和と安全
に対する破壊」と認定して、無条件撤退を要求した。8月6日、国連安全保障
理事会は、決議661を採択して、国連憲章第7章に基づいたイラクへの経済制裁
を発動し 、8月9日、決議662を採択して、イラクのクウェートに対する侵略を
違法と断定した 。8月25日、国連安全保障理事会は、経済制裁を確保するために、
決議665を採択して海上封鎖を決定し 、9月25日、決議670に基づいて人道支援
物資を除いた物資の空輸も禁止した 。フセイン政権は、クウェートやイラク在住の
外国人を軟禁状態に置くなどして対抗したが、むしろ、国際世論の反発を惹起した。
 1990年11月29日、国連安全保障理事会は、決議678を採択して、1991年1月15日
までにイラク軍のクウェートからの撤退の完了をイラク政府に要求し、イラク政府
が要求に応じない場合には、「国際の平和と安全を回復する」ために武力行使を含め
た「必要なあらゆる手段(all necessary means)」を発動する権限を加盟国に授権した 。
========================================

**********

『国連安保理による「授権」行為の憲章上の位置づけに関する一考察』
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/pr/pub/geppo/pdfs/07_2_2.pdf#search='%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E9%80%A3%E5%90%88%E5%AE%89%E5%85%A8%E4%BF%9D%E9%9A%9C%E7%90%86%E4%BA%8B%E4%BC%9A%E6%B1%BA%E8%AD%B0678'
========================================
これら一連の決議の採択15)にも拘らず、決議660で示されたイラク軍のクウェー

からの即時かつ無条件の撤退が実現を見ない状況であったため、安保理は11月29日
に決議678 を採択するに至った16)。同決議は、前文で憲章第7 章に言及した上で、
本文で決議660とその後に続く全ての関連諸決議の遵守をイラクに対して求め、
かつ、全ての安保理の決定を維持しながら、イラクに対し最後の機会
(finalopportunity)を与えることを決定した。そしてクウェート政府に協力
している加盟国に対して、イラクが1991 年1 月15 日までに関連諸決議を完全に
履行しなければ、それらの関連諸決議の維持および履行と、当該地域における
国際の平和と安全を回復するために、あらゆる必要な手段の行使を許可した
(authorize)のである。
========================================
(引用終わり)

当然この『湾岸危機』をめぐる国連安保理決議(『678号』を中心とする
『660号』、上の記述には無いが『661号』など)を根拠として国連が
“軍事的措置”を執行(正確にはアメリカを中心とする多国籍軍へ授権)
したことが“正当かどうか”が問われてるのである。努々、問題のキーは
“小沢一郎の見解(それに対するアレギー的批判)”という、恣意的に
“矮小化”された議論に留まって良い筈はない、とだけ付け加えておく。



157. 2015年6月26日 11:43:58 : Fr0hEe96w
日高見連邦共和国さん

その論法、幼稚だよ!

議論でも何でもなく、単なる論争ゲーム

そんなものを仕掛けてこざるを得ない

あなたの立ち位置を見直されることである。

まさか、その様なくだらない仕掛けに

私は乗るとでも!


で、なければ

NO146の記事は、何のための投稿だ、

意味、判る!

自分自身が

情けなく思わない


158. 2015年6月26日 11:48:38 : Fr0hEe96w
ワッハッハ 日高見連邦共和国さんは、国連決議を沢山提示された。

要するに、その全てにおいて、自衛隊の海外派兵の根拠が存在しているということだ。

小沢によれば、

実際に派兵するか、しないかは小沢が判断するということであろう。

憲法の解釈では問題ないのだから!


159. 日高見連邦共和国 2015年6月26日 11:54:13 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

で、まあ、せっかくここまで書いてきたので、上のコメントで言及した
“湾岸戦争当時”の国連安保理決議を引用しておく。

**********

『ウィキ』より

『国際連合安全保障理事会決議660号』より抜粋
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E9%80%A3%E5%90%88%E5%AE%89%E5%85%A8%E4%BF%9D%E9%9A%9C%E7%90%86%E4%BA%8B%E4%BC%9A%E6%B1%BA%E8%AD%B0660
========================================

主な内容[編集]
•イラクのクウェート侵攻は国際平和と安全に対する違反行為であることを認定
•国連憲章第39条及び第40条に基づいて行動することを決定
•イラクに対し、クウェート侵攻を非難
•イラクに対し、1990年8月1日の配備地点まで同国部隊を即時に無条件で撤退することを要求

 *参考:国連憲章より
  第7章 平和に対する脅威、平和の破壊及び侵略行為に関する行動

  第39条[編集]
   安全保障理事会は、平和に対する脅威、平和の破壊又は侵略行為の存在を決定し、
   並びに、国際の平和及び安全を維持し又は回復するために、勧告をし、又は
   第41条及び第42条に従っていかなる措置をとるかを決定する。

  第40条[編集]
   事態の悪化を防ぐため、第39条の規定により勧告をし、又は措置を決定する前に、
   安全保障理事会は、必要又は望ましいと認める暫定措置に従うように関係当事者に
   要請することができる。この暫定措置は、関係当事者の権利、請求権又は地位を
   害するものではない。安全保障理事会は、関係当時者がこの暫定措置に従わなかっ
   たときは、そのことに妥当な考慮を払わなければならない。

  第41条[編集]
   安全保障理事会は、その決定を実施するために、兵力の使用を伴わないいかなる
   措置を使用すべきかを決定することができ、且つ、この措置を適用するように
   国際連合加盟国に要請することができる。この措置は、経済関係及び鉄道、航海、
   航空、郵便、電信、無線通信その他の運輸通信の手段の全部又は一部の中断
   並びに外交関係の断絶を含むことができる。

  第42条[編集]
   安全保障理事会は、第41条に定める措置では不充分であろうと認め、又は不充分な
   ことが判明したと認めるときは、国際の平和及び安全の維持又は回復に必要な空軍、
   海軍または陸軍の行動をとることができる。この行動は、国際連合加盟国の空軍、
   海軍又は陸軍による示威、封鎖その他の行動を含むことができる。

========================================

『国際連合安全保障理事会決議661号』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E9%80%A3%E5%90%88%E5%AE%89%E5%85%A8%E4%BF%9D%E9%9A%9C%E7%90%86%E4%BA%8B%E4%BC%9A%E6%B1%BA%E8%AD%B0661

主な内容[編集]
•決議660のパラグラフ2の規定をイラクは全く履行していないと認定
•イラクによる上記規定の完全な履行を得るため、全加盟国に対し以下の措置の履行を要請
========================================

『国際連合安全保障理事会決議665号』

*ウィキに項目なし。(笑)
========================================

『国際連合安全保障理事会決議675号』

*私のコメント >>38 で引用済み。
========================================
(引用終わり)

これまで引用・紹介した『国連決議』を各時代、紛争ごとに整理すると、次のようになる。

@朝鮮戦争 『82号』『83号』『84号』『85号』『88号』『90号』
A湾岸戦争 『660号』『661号』『678号』
Bイラク戦争 『1154号』『1441号』

最後に私見を記述すれば、国連が、その執行権を“国連軍以外”に“授権”することが
容認されるとすれば、『国連決議84号』及び『国連決議678号』は、国連憲章に規定
される“軍事的措置”を行うに妥当である可能性が高い。それ以外の決議では妥当とは言えない。
(但しこれは、『決議文』の文章と文言を素直になぞった上での判断である)



160. 2015年6月26日 11:54:36 : 3uXHk2y8yQ
>>158. 2015年6月26日 11:48:38 : Fr0hEe96w
>実際に派兵するか、しないかは小沢が判断する

お前が馬鹿まるだしだった。

そういうことだ。お前は小沢ファンかよ〜



[32削除理由]:削除人:カルト

161. 日高見連邦共和国 2015年6月26日 12:01:06 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>>157>>158 『天橋立の愚痴人間 ver.C』さん

その、酸化しきったリンゴのようにドス黒い、タンパク質の腐敗臭のするようなそのコメントはなんですか?

かつて何度もアナタに私は忠告しています。そのような愚かな幼い感情の“吐露”は、
アナタの評価を下げるばかりではなく、アナタたちが“反小沢一郎・サタニスト”
であることを証明し、
且つ私のような、小沢一郎を論理的に理解し、支持する者たちの評価を相対的に上げるものだ、と。

そういう意味で、アナタがいつまでも浮浪者のようにココに滞在し、自らの浅ましさをさらけ出し
てくれるのは有難い限りなんですが、“旧知の仲”としては、心から助言せずにはいられないのです。

もうお止めなさい。少し冷静におなりになって、出直してください、と・・・


162. 2015年6月26日 12:02:16 : 3uXHk2y8yQ

ちょっとここ、スクロール壊れたけど何で?



[32削除理由]:削除人:カルト

163. 2015年6月26日 12:14:46 : Fr0hEe96w
日高見連邦共和国さん

NO146の記事にしても、今回No161の記事にしても

議論とはまったく関係のない全人格否定に走るところは、小沢信者を象徴する手法。

それは、誰かの女性の得意技と思っていたが、あなたが後をついで最後の小沢信者を演出されるつもりか。


164. 日高見連邦共和国 2015年6月26日 12:16:46 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>>162

私も最近思います。スクロールしてると、時々画面が飛びますよ。(先頭の方に)

コメント欄に挿入されてるバーナもウザいし・・・(笑)


165. 日高見連邦共和国 2015年6月26日 12:20:38 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>>163 『天橋立の愚痴人間 ver.C』さん

だってアナタの“壊れっぷり”があまりにも見事で、アナタが議論の要点から
逃げ回ってる姿があまりにも愚かで、可笑しくて、可哀そうで・・・(笑)

私のコメント(アナタへの正しい見解)がむかつくのならば、それはアナタが冷静に
自分を見つめているって証拠です。更生の目はあるって事なので、喜んでくださいな。


166. 2015年6月26日 12:31:24 : Fr0hEe96w
>最後に私見を記述すれば、国連が、その執行権を“国連軍以外”に“授権”することが
容認されるとすれば、『国連決議84号』及び『国連決議678号』は、国連憲章に規定
される“軍事的措置”を行うに妥当である可能性が高い。それ以外の決議では妥当とは言えない。

※ 御高説、承りました。

しかしながら、文中に出てくる

>国連が、その執行権を“国連軍以外”に“授権”する

とは具体的にどのように規定されているのか。
これによって我が国の憲法の解釈を変えるのであれば、それなりの納得できる根拠が必要となる。

どちらかと言えば、国連軍の創設は、過去1回のみ、
それも現在の状況では無理な創設であったと思われる。

このあたりを曖昧なまま、武力行使に及んでいるのが現状であろう。
アメリカ主導で。

で、あれば、

>国連が、その執行権を“国連軍以外”に“授権”する

などということは絵に書いた餅、
理屈だけで存在するもの

実在しないもの。
その様なものを根拠に、憲法の解釈を行うこと事態、無責任、甚だしい。
これが小沢がいう、安保理決議に従えば憲法に抵触しないと言う言い分であり、他の小沢の政策と同じように、額に入れて飾って置くだけなら良いかも。

苦し紛れの創作、

ご苦労様。


167. 2015年6月26日 13:16:55 : 5CqaW8fJmw
小沢と安倍を同類扱いする意見が多いようですが、2人の主張は全く別物です。

小沢は、世界各国が賛成するなら戦地へ赴くのもやむなしだっていってるんだと思います。
国連で審議して決めた事ならば、それは加盟国として仕方ないんじゃないですかね?
でも、安倍の場合、四の五のいわずにアメリカに従うという主旨な訳で、あまりに乱暴です。
例えば、国連はアメリカのイラク攻撃を批判しましたよね。
大量破壊兵器(理由)なんてないのに、無理やり攻撃を始めてしまったからです。
しかし、日本はアメリカを支持した。
どうなってるんでしょうかね?

今後(今もですが)、世界的にも反戦ムードが高まっていき、国連もそうそうは武力行使を認めなくなると思います。
だから、国連に従っても戦地に行かされる可能性は少なくなるんじゃないですかね?
小沢も、その辺を想定してるような気がします。

それより、安倍の集団的自衛権の方が100倍危ないです。
戦争大好きなアメリカに全面賛成な訳だから。
我々としては、小沢叩きより安倍叩きの方が100倍必要だと思います。


168. 天橋立の愚痴人間 2015年6月26日 13:39:10 : l4kCIkFZHQm9g : Fr0hEe96w
>161. 日高見連邦共和国 2015年6月26日 12:01:06 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>>157>>158 『天橋立の愚痴人間 ver.C』さん
その、酸化しきったリンゴのようにドス黒い、タンパク質の腐敗臭のするようなそのコメントはなんですか?

かつて何度もアナタに私は忠告しています。そのような愚かな幼い感情の“吐露”は、
アナタの評価を下げるばかりではなく、アナタたちが“反小沢一郎・サタニスト”
であることを証明し、
且つ私のような、小沢一郎を論理的に理解し、支持する者たちの評価を相対的に上げるものだ、と。

そういう意味で、アナタがいつまでも浮浪者のようにココに滞在し、自らの浅ましさをさらけ出し
てくれるのは有難い限りなんですが、“旧知の仲”としては、心から助言せずにはいられないのです。

もうお止めなさい。少し冷静におなりになって、出直してください、と・・・

※ 日高見連邦共和国さん、この指摘に答えましょう。
そもそも、あなたとのやりとりの主要な部分は、下のNO52に始まります。


52. 天橋立の愚痴人間 2015年6月25日 14:17:48 : l4kCIkFZHQm9g : 0ndiBbg2J2
>僕が自民党の幹事長だった1990年、イラク軍によるクウェート侵攻を機に湾岸戦争が起こりました。国連の安全保障理事会の了承を得ていたので、当然「日本も参加すべき」と僕は主張した。国連の平和活動は国家の主権である自衛権とは異質のものであり、国連の決議で決定された活動に対しては、日本は積極的に参加すべきなのです。ただし、当時も決して、戦闘部隊を送れと主張した訳ではありません。要請されたような「野戦病院や物資の輸送などの後方支援」を僕は促したのですが、防衛庁、外務省も当時の海部俊樹首相も同意しませんでした。内閣法制局は当時、「後方支援は、武力の行使と一体だから憲法9条に違反する」と言い続けていましたよ。
これって、小沢自信の言葉だよ。
はっきりとしているのは、法制局長官も海部首相も、憲法第9条に抵触すると言っているアメリカ軍支援金の拠出を、小沢が独断で決めたこと。
しかもアメリカさえびっくりした130億ドルも。


※これに対するあなたの返事。

この61. 日高見連邦共和国 2015年6月25日 15:48:49 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk


>この事を、どのように弁解するつもりであるか、日高見連邦共和国 さん。
で、私が何を弁解せよと?
『国連の安全保障理事会の了承を得ていたので、国連の活動の一環としての
武力行使に対する後方支援は、我が国の国権の発動たる武力行使には該当しない』
という、誰が聞いても誤解のしようがない小沢一郎の一貫した主張だ。

※ 私に再回答


74. 2015年6月25日 17:03:28 : 0ndiBbg2J2
>『国連の安全保障理事会の了承を得ていたので、国連の活動の一環としての
武力行使に対する後方支援は、我が国の国権の発動たる武力行使には該当しない』
>という、誰が聞いても誤解のしようがない小沢一郎の一貫した主張だ。

まさしく、この事だ。
当時の法制局長官も、海部首相も納得してないのに、小沢だけが、安保理の了承を得ていると言う変な理由から、憲法解釈を捻じ曲げた。
この事実を、上記の言葉で、日高見連邦共和国 さん自身が認めると言うことですな。


※ ところで一連の文言は、はじめの頃の下の文章に通じる。

5. 日高見連邦共和国 2015年6月25日 08:53:54 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

あのさ、湾岸戦争時の小沢一郎は、“火急の危機”としてクウェートを救うために
国連安保理決議があれば、国連の“如何なる行動にも”、日本が参加する義務・・・
というよりは“責任”があり、それは憲法9条の“国権の発動”には当たらない、という解釈で言ったんだ。
でもそれは結局は“解釈の余地”があり、外務省や世論の反発もあって実現しなかった。
オマエはその“実現しなかった”ことを以て『憲法を無視したのだよ』と言うのかよ?
だからこそ、その反省も踏まえて現在の小沢一郎は『憲法9条3項の加憲』を主張している。
翻ってイラク戦争だ。あのときは“国連安保理決議”もない、“アメリカの戦争”に、
小泉首相以下日本人はさしたる反発もなく、憲法違反たる“自衛隊海外派兵”を実行しちゃったじゃないか?
より責められるならば、『主張しただけで実現しなかった小沢一郎の行動』ではなく、
『なし崩し的に海外派兵という前例を造っちゃった小泉政権と彼を支持した世論』だろう!


※ 小沢は結局自衛隊の派遣は諦めたが、130億ドルの拠出金は出した。
それも平坦支援も戦闘行為になるから憲法に抵触すると反対する、当時の内閣法制局長官や海部首相の反対を押し切って、一体、何の権限に基づいてか小沢が決断した。
そのことは表題の文章の中でも小沢自信の言葉で語っている。

喧々諤々の国会議論を押し切って小泉がやったイラク戦争支援よりも、憲法の扱いについては、小沢の方がよほど悪質。

あなたは、そう言う小沢の憲法観を支持していると言うこと。
もちろん現安倍政権でも妙な憲法論を展開する学者もいることだし、ひと、それぞれで良いと思う。

しかしながら、自分の立ち位置くらいは自覚の上で話をされたし。
このような論議を続けてきた、その最後に、私の書き込みを、

>その、酸化しきったリンゴのようにドス黒い、タンパク質の腐敗臭のするようなそのコメントはなんですか?

とは、

如何なものかな!


169. 2015年6月26日 14:24:39 : Fr0hEe96w
小沢信者諸君

強引な小沢擁護など展開しないことである。

それは政治を語ることではなく、単なる小沢ファンクラブの話であろう。


170. 2015年6月26日 14:33:03 : 3uXHk2y8yQ
>>169. 2015年6月26日 14:24:39 : Fr0hEe96w
>小沢信者諸君

だからさ! 意味不明なんだよ小沢信者? そんなもんおるん?

毒蝮のブログのことか? いても一人だろ。お前は馬鹿か!



[32削除理由]:削除人:言葉使い

171. 2015年6月26日 14:35:40 : Fr0hEe96w
このスレッドの冒頭の文章に、

小沢自自身の言葉で、当時、憲法解釈の上から多くの批判があったが、押し切って湾岸戦争の戦費として130億ドルの拠出をしたと言い切っているのに、そのこと自体は認めるべきである。

そうであるなら、憲法解釈において現在の安保法制に関する憲法の取り扱いについては、小沢は明確に自分の立ち位置を示していることになる。

それを安倍の目論見と同じと言って何が不都合である。
要するにそんな小沢が安倍の安保法制改正を止める旗頭になる事など不適格であると言っている。

本格的な論戦になれば、小沢の立場など雲散霧消するであろう。
私は、このことを警告しているのである。

安倍の安保法制改革には絶対反対であり、その為に何とか手立てを考えたい気持ちは旺盛である。

今のところは、安保法制反対の市民運動の盛り上がりと野党の決死の覚悟を求るものである。

そのためには維新の会を追い詰め、自民党になびかない様にすることである。


172. 2015年6月26日 14:42:09 : Fr0hEe96w
>だからさ! 意味不明なんだよ小沢信者? そんなもんおるん?

そうだね、

今や絶滅希少種、どちらかと言えば保護しなくてはならないのだが、

>その、酸化しきったリンゴのようにドス黒い、タンパク質の腐敗臭のするようなそのコメントはなんですか?

この様に毒ついてくる。

おとなしく小沢を庇って入れば良いものを、感情に基づいて絡んでくるので、このようになる。

私は単に小沢を非難しているだけのことなのに、

それは自由でしょう。


173. 2015年6月26日 14:55:20 : kea8Q0p59M

分かってないタコが多すぎ


174. 2015年6月26日 14:57:49 : kea8Q0p59M

先ず❶湾岸戦争の最大の問題

小沢がGCCに対し拠出したことになっている135億ドル

実は、ここから90億ドルしかアメリカ国務省へ支払われておらず、45億ドルが使途不明であること


175. 2015年6月26日 15:03:56 : kea8Q0p59M

❷湾岸戦争の第2の問題

国連集団安全保障と集団的自衛権の決定的な差異

集団的自衛権とは、国連集団安全保障移行前の暫定的状態であり、行為が認められているのは

defenseのみ

国連集団安全保障とは、offense行為を行い、国連加盟国の脅威を払拭するということ

明確に軍事的offense行動を意味しているから、集団的自衛権よりも武力行使の範囲が広いこと

また集団的自衛権は、双務契約なので勝手に発動できないこと

ホルムズ海峡での機雷除去とかナンシャ諸島での中国海軍との交戦行動とは、集団的自衛権に当たらない


176. 2015年6月26日 15:07:28 : kea8Q0p59M

❸湾岸戦争の第3の問題

ホルムズ海峡での機雷除去

国連集団安全保障の場合、offense行動が行えると、9条および自衛隊法から解釈できるかという

そういう次元の問題

よしんば9条の合憲解釈になったとして、当該事由を可能にする法律があったのかということ


177. 2015年6月26日 15:12:32 : kea8Q0p59M

❹インド洋での給油問題

安保理決議は1368=集団的自衛権ではない=国連集団安全保障への参加

行為の属性は兵站

兵站とは戦争行為

9条における、国権の発動する戦争の定日に当てはまるのかという問題

兵站部隊のdefenseはきんじられてはならない

そのためdefense戦闘は起こりうる=武力の行使はありうる


178. 2015年6月26日 15:15:55 : kea8Q0p59M

❺サマーワでの給水活動

安保理決議は1441=集団的自衛権ではない=国連集団安全保障

補給先はアメリカ軍ではなく民間組織に限られた=兵站ではない=戦争行為ではない

危険地帯であるので、正当防衛措置を禁止していたなら基本的人権の無視で、そちらの方が違憲


179. 2015年6月26日 15:22:06 : kea8Q0p59M

私見

日本国憲法は、集団的自衛権を否定していない

むしろ集団的自衛権しか存在していないとも取れる

個別自衛権は、交戦に当たらないなら保持できるが、交戦国の定義要件は、宣戦布告された場合

また排他的経済領域に明確な他国軍隊が駐留した場合=交戦国として交戦すべき権利が発生したと

考えられるが、その場合でもthe state単体国家としては武力行使を認めないとなっていて、単体国家で

武力行使を認められる状況とは、武力の使用相手は国家と限定されない場合しかなさそうだ


180. 2015年6月26日 15:23:59 : KYHNl2YY8g
 今時、小沢叩きをやってる人は、残念ながらどうしようもない人たちですね。私の個人的な意見ですが、刺激せずに無視するしかないのでしょうね。といいながら、こうしてコメントしてますがw
このスレでフォーカスすべき点は、安倍首相の本音は軍事大国を目指していること。タイトルどおり、これですよ。
圧倒的に多くの国民はそれを感じてるはずです。そして多くの国民はそれに対して強い強い怒りを感じてます。
小沢たたきとして、湾岸戦争の件を kea8Q0p59M さんのように、自分の意見を述べるとして、100%わかってるようなことをおっしゃってますが、肝心の所を知らないみたいです。
このような掲示板のコメント欄で詳しく述べる事は避けますが、情報のところどころが正しくても、ある点が曖昧なまま結論付けることが間違った情報に変化する典型ですね。

181. 2015年6月26日 15:27:56 : kea8Q0p59M

私見(続き)国連憲章51条

安保理決議があるのに、集団的自衛権の主張はできない

集団的自衛権は、defenseしかできない

集団的自衛権は、行使枠が定められていて、現在は安保条約の定義の範囲内しか想定できない

日米安保によると、日本の排他的経済領域を超えての行動は不可能

国連集団安全保障参加は、offense行動が可能

国連集団安全保障参加は、行動範囲に限りが無い

国連集団安全保障参加は、強制されるものではない


182. 2015年6月26日 15:36:46 : kea8Q0p59M

私見(続き)安倍晋三の答弁より

安倍晋三の集団的自衛権への認識は、集団的自衛権の範疇に収まっていない

安倍晋三が、集団的自衛権と称しているものは、国連集団安全保障への参加としてなら可能性が有る

集団的自衛権は、9条を読む限り、否定されてはいないので、集団的自衛権法案は違憲ではない

しかし国連集団安全保障への参加は、◯◯の場合は、という定義が必要で、武力行使を国連集団

安全保障の明細とするのは9条に抵触する可能性が高い

このため自分は、小沢の国連集団安全保障参加の方が違憲で、集団的自衛権には問題無いとの

主張を阿修羅では続けてきた

また、戦場へ派遣した自衛官に正当防衛行動を認めないとは、いかなる理由においても認められない

兵站任務の任務放棄は銃殺刑

ホルムズ海峡での機雷除去はoffense行動であり集団的自衛権範囲に収まらない

これらは憲法違反で議題にする問題ではない

集団的自衛権と国連集団安全保障を法案取扱者が取り違えているという問題である


183. 2015年6月26日 15:46:50 : Fr0hEe96w
173 kea8Q0p59M 氏

タコですが、

湾岸戦争拠出金に使途不明金があることは周知の事実。

国連集団安全保障と集団的自衛権の決定的な差異についての御高説ですが、それは主に下記の文言から取られているのでしょうね。

(国連憲章)
第7章 平和に対する脅威、平和の破壊及び侵略行為に関する行動

第39条〔安全保障理事会の一般的権能〕
安全保障理事会は、平和に対する脅威、平和の破壊又は侵略行為の存在を決定し、並びに、国際の平和及び安全を維持し又は回復するために、勧告をし、又は第41条及び第42条に従っていかなる措置をとるかを決定する。

第40条〔暫定措置〕
事態の悪化を防ぐため、第39条の規定により勧告をし、又は措置を決定する前に、安全保障理事会は、必要又は望ましいと認める暫定措置に従うように関係当事者に要請することができる。この暫定措置は、関係当事者の権利、請求権又は地位を害するものではない。安全保障理事会は、関係当事者がこの暫定措置に従わなかったときは、そのことに妥当な考慮を払をなければならない。

第41条〔非軍事的措置〕
安全保障理事会は、その決定を実施するために、兵力の使用を伴わないいかなる措置を使用すべきかを決定することができ、且つ、この措置を適用するように国際連合加盟国に要請することができる。この措置は、経済関係及び鉄道、航海、航空、郵便、電信、無線通信その他の運輸通信の手段の全部又は一部の中断並びに外交関係の断絶を含むことができる。

第42条〔軍事的措置〕
安全保障理事会は、第41条に定める措置では不十分であろうと認め、又は不十分なことが判明したと認めるときは、国際の平和及び安全の維持又は回復に必要な空軍、海軍又は陸軍の行動をとることができる。この行動は、国際連合加盟国の空軍、海軍又は陸軍による示威、封鎖その他の行動を含むことができる。

第43条〔特別協定〕
1
国際の平和及び安全の維持に貢献するため、すべての国際連合加盟国は、安全保障理事会の要請に基き且つ一つ又は二つ以上の特別協定に従って、国際の平和及び安全の維持に必要な兵力、援助及び便益を安全保障理事会に利用させることを約束する。この便益には、通過の権利が含まれる。

前記の協定は、兵力の数及び種類、その出動準備程度及び一般的配置並びに提供されるべき便益及び援助の性質を規定する。

前記の協定は、安全保障理事会の発議によって、なるべくすみやかに交渉する。この協定は、安全保障理事会と加盟国群との間に締結され、且つ、署名国によって各自の憲法上の手続に従って批准されなければならない。

(中略)

第51条〔自衛権〕

この憲章のいかなる規定も、国際連合加盟国に対して武力攻撃が発生した場合には、安全保障理事会が国際の平和及び安全の維持に必要な措置をとるまでの間、個別的又は集団的自衛の固有の権利を害するものではない。この自衛権の行使に当って加盟国が措置は、直ちに安全保障理事会に報告しなければならない。また、この措置は、安全保障理事会が国際の平和及び安全の維持又は回復のために必要と認める行動をいつでもとるこの憲章に基く権能及び責任に対しては、いかなる影響も及ぼすものではない。

(引用終わり)

これによると、国際紛争を安保理に提訴して解決する場合、国連の武力行使は集団的自衛権の考え方によって発生するものであり、国連に個別的自衛権の概念などありません。
ただし、51条で規定しているように。安保理の議決によって国連が実際に武力を伴う仲裁に入るまでの期間の、個別的自衛権は認めています。
まあ、認めていただかなくても当然発揮するものです。
この場合の処置の中に、例えば日米安保に基づくアメリカ軍の参戦も認めるか否かについては言及していませんが、おそらく、これも認めると言うことでしょう。

いずれにしても武力行使のないようについて、defenseに限ると言う様な制約はついてはいません。
実際の戦闘行為において、防御か攻撃かなどの区別が付けられるものではないでしょう。

全体として、タコにはあまり参考にはなりませんでした。
さらに、

私見として、

>日本国憲法は、集団的自衛権を否定していない

この様に言われていますが、安倍が聞けば狂喜して喜ぶ見解でしょう。


184. JohnMung 2015年6月26日 15:48:07 : SfgJT2I6DyMEc : tad1pylu62

久々に、九段の爺さん=天橋立の愚痴人間の黴臭いしつこいコメントを見たが、つまるところ、貴殿の責務は、安倍自公売国・懐国政権を側面支援することのようですな❗

日高見連邦共和国さん、S.Tさん、JKさん、ほかのみなさん 客観的に見て、安部自公売国・懐国政権を利するコメ書きする連中のお相手、ご苦労さまです\(^o^)/

安倍自公売国・懐国政権打倒に向けて、頑張りましょう☺❗



185. 2015年6月26日 15:50:15 : kea8Q0p59M

私見(続き)安保と自衛隊法

9条と国連憲章51条に基づいて設置された安保は、日本の排他的経済領域におけるdefense能力を

担保する上で、この上ない条約であり、国連決議発行の場合、在日米軍はそのまま国連軍統合参謀本部

直属部隊に自動昇格するため、ここで、その場合の国連集団安全保障への参加は、取り決めるべきか

早急に決定する必要がある

自衛隊法は、第1章第2章に、相手国軍隊が侵攻した場合、日本国行政府が指揮命令して迎撃できるとの

記載と読めるため憲法違反である

正しくは、在日米軍の指揮下で迎撃であれば、集団的自衛権の範疇に収まり合憲となる

日米集団的自衛権は、安保しか範囲指定がない

そのため、アメリカ合衆国の国防に自衛隊が参戦することは、新たな条約がなければ不可能

アメリカ軍の全世界展開部隊とは、国連統合参謀本部編成の予備軍としての展開であり、これへの

攻撃を持って、安保下位法でしかない集団的自衛権行使権が、全世界で発動するとの見解は当たらない


186. 2015年6月26日 15:53:03 : kea8Q0p59M

>>183

51条を再読

51条には「当事国の」と明記してある

日本であれば日本の排他的経済領域以外、範疇になることはありえない


187. 天橋立の愚痴人間 2015年6月26日 15:59:01 : l4kCIkFZHQm9g : Fr0hEe96w
大事な事を忘れていました。

国連憲章51条の3に下記の文言があります。

前記の協定は、安全保障理事会の発議によって、なるべくすみやかに交渉する。この協定は、安全保障理事会と加盟国群との間に締結され、且つ、署名国によって各自の憲法上の手続に従って批准されなければならない。

(以上)

具体的な武力活動が国連憲章に即しているか否かの議論が行われているようですが、それ以前の問題として、国連の活動として武力行使に参加するならば、それが平坦支援であっても、特別協定の段階で、各国は自国の憲法に照らし合わせて批准しなければならない事になっています。

まずは、このことが先決でしょう。

もちろん小沢はやってはいません。


JohnMung さん

>安倍自公売国・懐国政権打倒に向けて、頑張りましょう☺❗

これは大賛成ですよ。

安保法制反対のデモに、大いに声援を送っています。
私が東京に住んでいたら、必ず参加していますよ。

いまのところ、ネットで支援するのみですが。
皆さんに頑張って欲しいです。

地方でも小さなものですが、徐々に高まりを見せているようです。
昔なら、私も大阪あたりでデモを企画しているでしょう。


188. 2015年6月26日 16:02:16 : kea8Q0p59M

9条が禁じているのは、@国権の発動する戦争行為A正当な理由があっても単体国家としての防衛戦

この@Aを目的とする陸海空軍が、B放棄された明細

つまりC国連の保護観察下においては陸海空軍の保持は有っても良い

問題は、@国権の発動する戦争行為が、国連決議ありの場合

選択1:兵站のみ有っても良い
選択2:defenseのみ有っても良い
選択3:offenseを含め有っても良い

こういう問題である、、、経済封鎖も戦争行為だが、これは共通認識でOKされており、国連決議=

=国権の発動ではない、、、これが日本国民としての共通認識であると思われるが、これを記載する

ためにも、改憲は必要である


189. 2015年6月26日 16:07:13 : kea8Q0p59M

>>187
その通りである

国連集団安全保障は、参加義務はない

集団的自衛権は双務契約なので義務である

だから小沢の湾岸戦争の拠出金は憲法違反ではなく、不正経理の問題

ホルムズ海峡での機雷除去は、集団的自衛権の範疇に収まらないため9条に抵触している


190. 2015年6月26日 16:10:33 : u1iG38B4ac
「剛腕」が、小沢一郎先生の枕詞になっちゃたみたいだね。
昔から、そうだったのかな?

191. 2015年6月26日 16:16:38 : qpUc4UfLv2
ペテン師は、地獄に堕ちるしかない。
 
 

192. 2015年6月26日 16:17:19 : Fr0hEe96w
>だから小沢の湾岸戦争の拠出金は憲法違反ではなく、不正経理の問題

問題をえらく矮小化しているが、何の為に!

>ホルムズ海峡での機雷除去は、集団的自衛権の範疇に収まらないため9条に抵触している

これは、そもそも集団的自衛権は現憲法でも認められていると言う観点からの区別であり、それが正解でなければ、何の意味もない仕分けと違いますか。

ともかくね、現憲法下で集団的自衛権が認められているとするならば、安倍の安保法制の大半は、そのまま合憲となり、安倍は大喜びであろう。

憲法学者の大半も否定しているその考えでも、確かに御用学者と言われる3、4人もいるらしい。
一般人であなたの様な意見があっても不思議ではないが、他人をタコ呼ばわりするほどの高潔な意見でもなかろうに。


193. 2015年6月26日 16:31:18 : kea8Q0p59M

>>192
戦争行為の全てを否定するなら、経済封鎖参加は戦争行為に当たってしまう

国連が経済封鎖するということは、敵国認定ということなので、参加しなければ相手側への参加認定

いづれにしても参戦判断となってしまうため、ここでの戦争参加に、経済封鎖を領域にすることは不可能

武力行使のみの判断しかないえない


194. 2015年6月26日 16:32:45 : kea8Q0p59M

>>192
集団的自衛権が認められないとは、具体的にどの条文を引くのか?


195. 2015年6月26日 16:52:19 : kea8Q0p59M

>>192
集団的自衛権とは安保ベース

安保は日本の排他的経済領域限定

ホルムズ海峡での機雷除去はoffense行動で自衛=defenseに相当しない


196. 2015年6月26日 17:20:30 : USFzBdWXF2
ココでも「日高見連邦共和国」さんの勝ちです!!!

日高見連邦共和国さんも変人相手に大変だね、、、


197. 新共産主義クラブ 2015年6月26日 18:26:08 : w0NMVeciJ/Y.. : Ofd8eKErYg
>>155. 日高見連邦共和国さん
>ところで、>>38 で私は『国連決議678号』の要約をウィキから引っ張りましたが、どうもそれ(678号)の全文がネットで検索しても出てこない、と言いました。その後調べてみても、結局出てきません。
 
 
原文は国連の以下のサイトにある。
 
http://www.securitycouncilreport.org/un-documents/document/Chap%20VII%20SRES%20678.php
 
内容は貴殿が38で引用したWikipediaの日本語の『国際連合安全保障理事会決議678』項目のページの「主な内容」に書かれているものとほぼ同じだ。
 
直接に「国連加盟国に対して武力行使を容認する」という表現は使われていないが、「必要とされるあらゆる措置をとる(to use all necessary means)」という表現が、武力行使を意味している。
 
「水」を「おひや」と言うような、宮中で使われる女房詞のようなものだね。
 
国連安保理は馬鹿みたいに奥床しいね。
 
 

198. 2015年6月26日 18:35:15 : dlqMrleWpY
安倍政権によって、軍靴の音がすぐそこまで近づいているのは間違いない事実でしょう。

その兆候はあらゆる面で表面化してきています。

例えば経済的徴兵制が具体的話として検討されています。

奨学金を広く貸し出している日本学生支援機構では、平成24年度末時点で、奨学金返還で延滞している者が194,153人いるという。そうした滞納者に強制労働させる検討が具体的に進んでいるというのだ。


奨学金延滞者は防衛省などでインターンを?

http://id.fnshr.info/2014/08/26/scholarship/


199. teruteru 2015年6月26日 18:52:03 : 8kKJtHTW2L6pg : osI65gEQPA
湾岸戦争時の小沢幹事長が130億のお金を出した話しを
親小沢の人と反小沢の人に詳しく説明聞きたいです。
当時小学生だった為詳しくしりません。

200. 天橋立の愚痴人間 2015年6月26日 19:14:22 : l4kCIkFZHQm9g : Fr0hEe96w
安倍の安保法制改革案反対と言っても、実はこれが非常に巧妙に仕組まれていて、国会での野党の対応は、いちいちの問題に個別でやっている。
故に議論は堂々巡りで拉致が明かない。
その内に時間切れで成立させられる。
それが安倍自民党のやり口で、野党は頼りにはならない。

では、どうするか、
それは個別の議論ではなく、問答無用で蹴散らすことである。
要するに国会の論議ではなく、そんな奴らの頭越しにデモで粉砕することである。
これよりない!

とりあえず、安保法制の要旨を提示しておく。

■安全保障法制の全法案

【一括法案(10の改正法案)】

・武力攻撃事態法改正案

・重要影響事態法案(周辺事態法を改正)

・PKO協力法改正案

・自衛隊法改正案

・船舶検査法改正案

・米軍等行動円滑化法案(米軍行動円滑化法を改正)

・海上輸送規制法改正案

・捕虜取り扱い法改正案

・特定公共施設利用法改正案

・国家安全保障会議(NSC)設置法改正案

国会論戦は、これを個別にやっている。
拉致が開かない。
それとは別に、下記の法案があり、これが安倍自民党の本命である。
以前から準備していたもので、これをひっくり返さねばならない。


【新法案(恒久法案)】

・国際平和支援法案

国家安全保障基本法案 (概要)の解説をしておきます。

昨年、国会提出を断念したという安全保障基本政策、今まで述べた11法案は、これを補完するものであり、詰まるところは、この法案を成立することが目的であるのであるが、これは明確に憲法改正を念頭におかねばならないので、今のところ引っ込めているもの。

条文に続く、※ 印は、
http://www.geocities.jp/le_grand_concierge2/_geo_contents_/JaakuAmerika2/kokkaAnpoKihon.htm
サイトの解説です。

第1条 (本法の目的)

本法は、我が国の安全保障に関し、その政策の基本となる事項を定め、国及び地方公共団体の責務と施策とを明らかにすることにより、安全保障政策を総合的に推進し、もって我が国の独立と平和を守り、国の安全を保ち、国際社会の平和と安定を図ることをその目的とする。

※ 一読すると、どこにも非の打ち所がない目的条文である。
が、最後の10文字に不吉な予感がある。
というのは、早ければ来春にもこの法案が国民の意に反して強行採決され、第2条で規定される「集団的自衛権」が米軍の指示命令のもとで行使され、世界のどこかで戦闘が開始されることが現実になる怖れがある。
とても不幸なことだが、そうなれば、世界の平和と安定を図るどころか「世界を不安定」にするのに自衛隊が関わらされ、この目的条文がナキモノにされる事態が勃発する蓋然性が一層高まる。
「絶対にない」と、誰が断言できようか。

第2条 (安全保障の目的、基本方針)

安全保障の目的は、外部からの軍事的または非軍事的手段による直接または間接の侵害その他のあらゆる脅威に対し、防衛、外交、経済その他の諸施策を総合して、これを未然に防止しまたは排除することにより、自由と民主主義を基調とする我が国の独立と平和を守り、国益を確保することにある。
2 前項の目的を達成するため、次に掲げる事項を基本方針とする。
一 国際協調を図り、国際連合憲章の目的の達成のため、我が国として積極的に寄与すること。
二 政府は、内政を安定させ、安全保障基盤の確立に努めること。
三 政府は、実効性の高い統合的な防衛力を効率的に整備するとともに、統合運用を基本とする柔軟かつ即応性の高い運用に努めること。
四 国際連合憲章に定められた自衛権の行使については、必要最小限度とすること。

※「自衛権」としか書いてないが、国連憲章を持ち出してその用語を定義しているので国連憲章の中を探すと第51条に登場する。そこでは、
@個別的自衛権
A集団的自衛権
の二つを規定している。

この法案ではその中身をはっきりさせてないが、国連憲章第51条の@とAの2つの自衛権を指していると読める。
すなわち集団的自衛権の行使を可能にすることを、この第2条で「規定した」と解せられる。

第3条 (国及び地方公共団体の責務)

国は、第2条に定める基本方針に則り、安全保障に関する施策を総合的に策定し実施する責務を負う。
2 国は、教育、科学技術、建設、運輸、通信その他内政の各分野において、安全保障上必要な配慮を払わなければならない。
3 国は、我が国の平和と安全を確保する上で必要な秘密が適切に保護されるよう、法律上・制度上必要な措置を講ずる。
4 地方公共団体は、国及び他の地方公共団体その他の機関と相互に協力し、安全保障に関する施策に関し、必要な措置を実施する責務を負う。
5 国及び地方公共団体は、本法の目的の達成のため、政治・経済及び社会の発展を図るべく、必要な内政の諸施策を講じなければならない。
6 国及び地方公共団体は、広報活動を通じ、安全保障に関する国民の理解を深めるため、適切な施策を講じる。


※ ここが第2の肝。
 これに関連して、秘密保護法案が国会へ提出されました。
 (この↑法案は、防衛・外交政策の司令塔となる日本版NSC「国家安全保障会議」を作るのに欠かせない法律となる)

 際限も無く国民の知る権利が奪われ、国民主権が蔑ろにされる畏れが極めて強い。

第4条 (国民の責務)

国民は、国の安全保障施策に協力し、我が国の安全保障の確保に寄与し、もって平和で安定した国際社会の実現に努めるものとする。

※ 憲法草案にも同じような主旨の条文・第九条の三があり、国民を巻き込みたい意図が感じられる

第5条 (法制上の措置等)

政府は、本法に定める施策を総合的に実施するために必要な法制上及び財政上の措置を講じなければならない。

第6条 (安全保障基本計画)

政府は、安全保障に関する施策の総合的かつ計画的な推進を図るため、国の安全保障に関する基本的な計画(以下「安全保障基本計画」という。)を定めなければならない。
2 安全保障基本計画は、次に掲げる事項について定めるものとする。
一 我が国の安全保障に関する総合的かつ長期的な施策の大綱
二 前号に掲げるもののほか、安全保障に関する施策を総合的かつ計画的に推進するために必要な事項
3 内閣総理大臣は、前項の規定による閣議の決定があったときは、遅滞なく、安全保障基本計画を公表しなければならない。
4 前項の規定は、安全保障基本計画の変更について準用する。

別途、安全保障会議設置法改正によって、 ・安全保障会議が安全保障基本計画の案を作成し、閣議決定を求めるべきこと ・安全保障会議が、防衛、外交、経済その他の諸施策を総合するため、各省の施策を調整する役割を担うこと を規定。

第7条 (国会に対する報告)

政府は、毎年国会に対し、我が国をとりまく安全保障環境の現状及び我が国が安全保障に関して講じた施策の概況、ならびに今後の防衛計画に関する報告を提出しなければならない。

※ 必要に応じての説明・報告の規定がない。
第10条で、直ちに国際連合安全保障理事会に報告・・とあるのに国会は無視?
国会・国民にこまかく報告するつもりが、そもそもないようだ。

第8条 (自衛隊)

外部からの軍事的手段による直接または間接の侵害その他の脅威に対し我が国を防衛するため、陸上・海上・航空自衛隊を保有する。
2 自衛隊は、国際の法規及び確立された国際慣例に則り、厳格な文民統制の下に行動する。
3 自衛隊は、第一項に規定するもののほか、必要に応じ公共の秩序の維持に当たるとともに、同項の任務の遂行に支障を生じない限度において、別に法律で定めるところにより自衛隊が実施することとされる任務を行う。
4 自衛隊に対する文民統制を確保するため、次の事項を定める。
一 自衛隊の最高指揮官たる内閣総理大臣、及び防衛大臣は国民から選ばれた文民とすること。
二 その他自衛隊の行動等に対する国会の関与につき別に法律で定めること。

第9条 (国際の平和と安定の確保)

政府は、国際社会の政治的・社会的安定及び経済的発展を図り、もって平和で安定した国際環境を確保するため、以下の施策を推進する。
一 国際協調を図り、国際の平和及び安全の維持に係る国際社会の取組に我が国として主体的かつ積極的に寄与すること。
二 締結した条約を誠実に遵守し、関連する国内法を整備し、地域及び世界の平和と安定のための信頼醸成に努めること。
三 開発途上国の安定と発展を図るため、開発援助を推進すること。なおこの実施に当たっては、援助対象国の軍事支出、兵器拡散等の動向に十分配慮すること。
四 国際社会の安定を保ちつつ、世界全体の核兵器を含む軍備の縮小に向け努力し、適切な軍備管理のため積極的に活動すること。
五 我が国と諸国との安全保障対話、防衛協力・防衛交流等を積極的に推進すること。

第10条 (国際連合憲章に定められた自衛権の行使)

第2条第2項第4号の基本方針に基づき、我が国が自衛権を行使する場合には、以下の事項を遵守しなければならない。
一 我が国、あるいは我が国と密接な関係にある他国に対する、外部からの武力攻撃が発生した事態であること。
二 自衛権行使に当たって採った措置を、直ちに国際連合安全保障理事会に報告すること。
三 この措置は、国際連合安全保障理事会が国際の平和及び安全の維持に必要な措置が講じられたときに終了すること。
四 一号に定める「我が国と密接な関係にある他国」に対する武力攻撃については、その国に対する攻撃が我が国に対する攻撃とみなしうるに足る関係性があること。
五 一号に定める「我が国と密接な関係にある他国」に対する武力攻撃については、当該被害国から我が国の支援についての要請があること。
六 自衛権行使は、我が国の安全を守るため必要やむを得ない限度とし、かつ当該武力攻撃との均衡を失しないこと。
2 前項の権利の行使は、国会の適切な関与等、厳格な文民統制のもとに行われなければならない。

別途、武力攻撃事態法と対になるような「集団自衛事態法」(仮称)、及び自衛隊法における「集団自衛出動」(仮称)的任務規定、武器使用権限に関する規定が必要。 当該下位法において、集団的自衛権行使については原則として事前の国会承認を必要とする旨を規定。


※ 目的条文第2条に於いて、集団的自衛権が行使できると規定済み。
よって、ここではその具体的な説明をしているが、とても重要な規定をしている。
さらに具体的な条文について下位法で規定するとある。
現行の安保条約を根拠に、またその他の法においても、次の概念が当たり前だとして解釈・運用されてきた。
「非戦闘地域」「極東に限る」などの活動場所の縛り
この法案では影も形も無く、当然に世界の隅々までを対象としていると解される。

密接な関係にある他国・・・とは、軍事同盟を結んでいるアメリカ合衆国をさす。
※オーストラリアや韓国も・・と言い出すかもしれないが、それらの国々とは軍事同盟を結んでおらず、アメリカを際立てないようにするための付け足しと考えられる。
やはり本命は、踏まれても蹴られてもどこまでも付いていきたい米国だと想定される。
外部からの武力攻撃が・・これが曲者。911 inside job を例示するまでもなく 。
みなしうるに足る関係性があること・・・怖ろしく曖昧であり、いかようにも解釈される余地を残している。
要請があること・・実態としては、これは米軍からの指揮命令となるだろう。
必要やむを得ない限度・・・限定列挙もなく、裏返せば何だって出来る。


第11条 (国際連合憲章上定められた安全保障措置等への参加)

我が国が国際連合憲章上定められ、又は国際連合安全保障理事会で決議された等の、各種の安全保障措置等に参加する場合には、以下の事項に留意しなければならない。
一 当該安全保障措置等の目的が我が国の防衛、外交、経済その他の諸政策と合致すること。
二 予め当該安全保障措置等の実施主体との十分な調整、派遣する国及び地域の情勢についての十分な情報収集等を行い、我が国が実施する措置の目的・任務を明確にすること。

本条の下位法として国際平和協力法案(いわゆる一般法)を予定。

第12条 (武器の輸出入等)

国は、我が国及び国際社会の平和と安全を確保するとの観点から、防衛に資する産業基盤の保持及び育成につき配慮する。
2 武器及びその技術等の輸出入は、我が国及び国際社会の平和と安全を確保するとの目的に資するよう行われなければならない。特に武器及びその技術等の輸出に当たっては、国は、国際紛争等を助長することのないよう十分に配慮しなければならない。

※ 武器輸出、解禁宣言
全ての兵器が対象と読める。
ここも限定列挙でないので、危ないものや核兵器も含まれると解される。

(引用終わり)

今のところ野党の追及は、ホルムズ海峡の閉鎖の場合とか、何とか、個別の事例を挙げて集団的自衛権が成立するか、しないかなどが中心であるが、その様なことは安倍自民党が承知の上の時間稼ぎをやらされているのである。

本命は、国家安全保障基本法案 の内容であるのだが、どうやら先の【一括法案(10の改正法案)】のどさくさにまぎれて成立しそうである。

安保法制反対運動の矛先も、これを含んだものとしたいもの。


安倍のバカヤロー、クズ野郎、最低人間

くたばれ 自民党

憤怒のデモで国会を埋め尽くせ、
自民党本部、ついでにだらしない野党を破壊せよ

霞ヶ関を蹂躙せよ。

100万のデモ隊
決起せよ。


201. 2015年6月26日 19:59:16 : KYHNl2YY8g
わ〜〜200、天橋立三角け〜〜 ww ホントです。
数年前、初めて阿修羅に迷い込んだ時を思い出しました。


202. 天橋立の愚痴人間 2015年6月26日 20:13:55 : l4kCIkFZHQm9g : Fr0hEe96w
>199. teruteru 2015年6月26日 18:52:03 : 8kKJtHTW2L6pg : osI65gEQPA
湾岸戦争時の小沢幹事長が130億のお金を出した話しを
親小沢の人と反小沢の人に詳しく説明聞きたいです。
当時小学生だった為詳しくしりません。

お若いことはうらやましい。

例の130億ドルのことですが、

当時の内閣は海部内閣でした。
小沢は、その時の自民党幹事長で絶頂期の時期てありました。
元々海部内閣が実現したのは旧田中派のほとんどを吸収していた経世会がバックアップしたからです。
当時はまだ田中直系首相を出すことにためらいがあり、影で内閣を操つろうとしていたのです。
その経世会の会長は金丸信になっていて、小沢は、その金丸に非常に見込まれ自民党幹事長に最年少で抜擢されました。
海部内閣が潰れたのも経世会が見限ったからです。
海部内閣の後継者を決める際、経世会会長代行でもある小沢が、次の総理候補3人をホテルに呼び出し面接をしたことは有名です。
結局はその中から宮沢喜一が後継首相になりました。

要するに当時は小沢の絶頂期であり海部首相と言っても小沢には逆らえない状況でした。
丁度、その折、湾岸戦争が始まったのです。
安保理の決議に基づき多国籍軍が編成されましたが、日本の憲法を知っているアメリカをはじめとする国は日本の自衛隊の派遣などは求めてはいなかったのですが、せめて戦費だけでも出させようとアメリカが動きました。
当初、アメリカは40億ドルくらいは出させようと特使を派遣したところ、何と4時の小沢との会談で90億ドルを出すことになり、特使の方がビックリしたと言っています。
そのように甘い態度をするから、結局は130億ドル(全体の戦費の1/5)を日本が負担した事になります。

この過程で、当時の内閣法制局長官も海部首相も、それでは憲法に抵触すると反対したのですが、絶対権力を誇る小沢が言うことなど聞きません。
そのことは小沢自身が、スレッドの冒頭で話しているでしょう。

自民党時代、小沢とは、このような事をしてきました。
ところが小沢の権力の背景にいた金丸が汚職で引退することになると、今までの小沢の横暴な態度に一斉に反旗が翻り、経世会の後継会長の地位争いも同僚に負けてしまい、自民党を飛び出す羽目になりました。
当時は詳しい経緯を知らなかったので、自民党政治に終止符を打ってくれるものと英雄の様に思っていました。
小沢の掲げる政策の内容とは違い、小沢には常に自民党への回帰の姿勢があります。
今でも安倍と小沢は同根と言われている根拠はこれです。
ついでに言っておきますと、日本は130億ドルと言う大金をだしたのに結局血は一滴も流さなかったと、その評価は低いものでありました。

130億ドルも、そのうちの40億ドル近くは、アメリカには渡したが、それがどのように使われたかは、いまでも不明のままの様です。



203. 2015年6月26日 20:53:53 : KYHNl2YY8g
 202、天橋立さん、小沢には常に自民党への回帰の姿勢があります。なるほど。しかし当時の自民党は、中曽根政権時代すでに内部で拮抗していましたでしょう? 小沢さんは、中曽根さん時代すでに中曽根派と対立していたのでは?湾岸戦争の件はすでに取り決めされてた後に小沢さんが湾岸戦争時の自民党幹事長ということで、いろいろ言われてますが、けっこう複雑な状況があったと想像できます。その後、中曽根さん系列の渡辺さんと通産省とで、みんなの党 ができていくんじゃなかったですか? ピンポイント的に小沢さんの件を持ち出しても、全体像が見えないのはその辺じゃないですか? 
ーー結局血は一滴も流さなかったと、その評価は低いものでありました。ーー
とありますが、逆だと考えます。
当時、様々なプレッシャーの中、世界一金持ちの日本として、外交上なんとか体裁を崩さず妥当なラインだったと思います。
つまり、80年代後半サッチャー、レーガン、中曽根さんが、同じような方向性を打ち出し始めましたが、小沢さんは、中曽根さんとすでに対立していたこともあり、複雑な立場だったと思います。

204. 2015年6月26日 21:10:45 : KYHNl2YY8g
203です。渡辺さんと 通産省ではなく、、元通産省の方 でした。
湾岸戦争って、大々的に血が流れるような報道されてましたか? 
日銀総裁、角田さん時代にバブルが崩壊したにもかかわらず、米国やフランスと違って湾岸戦争時、日本国内はまだまだバブル時の恩恵に預かってましたからね。



205. 2015年6月26日 21:26:24 : kea8Q0p59M

湾岸戦争の小沢拠出金はデタラメだ

206. 2015年6月26日 21:33:19 : kea8Q0p59M

小沢が拠出を決めたときに、実は安保理決議はイラクに対して撤退要求であって、多国籍軍の編成は

決定されていない、、、この受け取り先が無かった

多国籍軍の編成以降に拠出された90億ドルは、アメリカ国務省の領収書額とも近い数字で、これが

統合参謀本部編成資金としてアメリカに渡っている、、、では、安保理決議前に拠出されたはずの

45億ドルの行方は?


207. 2015年6月26日 21:46:27 : Ma5RZiiuic
横レス失礼します。
今一番大事なことは安倍内閣を総辞職に追い込み、ストレートに中国に空母建設断念を求めるべきです。
今は小沢の評価、湾岸戦争の評価が一番大事なのではない。
しかし、当時の問題としてアメリカの経済制裁と武力行使に反対できなかったのは残念である。
多国籍軍か国連軍かPKOかPKFか?そのような形式はどうでもいい。
アメリカのインチキを見抜けなければ同じ事だ。ここでイラクを追い詰める事がいかに不当であるかを世界に訴えるべきだったのだ。
アメリカとクウェートの陰謀は暴かれるべきであった。出来なければどういう形式でも戦争策動に巻き込まれる。

208. 2015年6月26日 21:51:03 : ChxPlDUmWE
あべ、あそうなんかとは、人間がちがうよなあ。
日本の総理大臣は馬鹿にしかやらせない、てアメリカが言うんじゃなあ、、、
はやく独立しようよ、、、、

209. 天橋立の愚痴人間 2015年6月26日 21:52:37 : l4kCIkFZHQm9g : Fr0hEe96w
203さんへ

私が多くを知っている訳ではありませんが、中曽根と小沢の関係は、確か中曽根内閣の時に始めて入閣(自治大臣)していて、その時点では中曽根に対立しているようには思いません。

また中曽根自体、総理になるのは旧田中派の力を借りています。
当時は竹下が経世会を立ち上げ田中から独立し、小沢は、その経世会の七奉行の一人として注目され始めた頃になります。

小沢が海部内閣の時代の自民党幹事長として辣腕を振るったのは、その3年後のことです。
中曽根と対立しなければならない政治的要素はないはずです。

>けっこう複雑な状況があったと想像できます。

とも言われていますが、

湾岸戦争の拠出金は、最初は1990年の8月の終わり、イラクがクエートに侵攻して4週間後です、それから1ヶ月後に10億ドル、さらに30億ドル(そのうち20億ドルは周辺諸国への支援)さらに半年後、この時期に安保理が多国籍軍の創設を宣言しイラクへ進行した時点で、さらに90億ドル。
この全てを小沢が仕切っていた。

当時の小沢の言動が、次の様に言われています。

>90億ドルの支援を行う際、当時、幹事長だった小沢一郎氏は「米国から要求される前 に日本独自に方針を打ち出す必要がある。財政支援は最低で100億ドル。戦争がどうなるか、わからないし、頭金みたいなものだ。(91年1月21日)」と言い放ったそうで す。

この過程で中曽根とつるんでいた形跡は、あったかも知れませんが、時系列で言えば、そんなに緻密なものとも言えません。
特に90億ドル出資の過程は時間的に短く、考えにくいでしょう。
まあ、誰かが小沢のケツを叩いたかも知れませんが、そうであっても政権政党の幹事長としては言い訳できないでしょう。

>中曽根さん系列の渡辺さんと通産省とで、みんなの党 ができていくんじゃなかったですか? 

湾岸戦争の当時の話に、みんなの党に話がで出てくるのは、まったく理解できません。
何か、勘違いされているのではないでしょうか。


210. 天橋立の愚痴人間 2015年6月26日 22:01:20 : l4kCIkFZHQm9g : Fr0hEe96w
207さん
色々な意見は拝聴しますが

>今は小沢の評価、湾岸戦争の評価が一番大事なのではない。

これは如何なものでしょうね。

湾岸戦争での問題で小沢を評価することは、現憲法の解釈で集団的自衛権の行使を認める事になり、それこそ安倍のバカ野郎の思う壺ですよ。


211. 2015年6月26日 22:02:59 : KYHNl2YY8g
 天橋立さんは、次のように言われてます。とか、、、だそうです。とおっしゃってますね。実際、関係者からじかにお聞きしたならわかりますが、得にこのような内容は如何様にも伝える事もできますし、複雑なのは確かです。

212. 2015年6月26日 22:09:01 : KjuCTXCyEo
天の橋立愚痴人間

この人は小沢関連に必ず出没するね、今大事な事は小沢云々ではなく

自公の戦争法案をどうするかと云う事が大事じゃないのか?

自公政権を支えている宗教団体でも批判して下さい


213. 2015年6月26日 22:13:43 : KYHNl2YY8g
211です。すいません。私が聞いた情報とは違うこともあり意味が無いのでもう言及しません。


214. 2015年6月26日 22:17:05 : KjuCTXCyEo
天の橋立愚痴人間さん

アナタは戦争法案賛成なの、それとも反対なの?

アナタのご意見聞きたいですね


215. 2015年6月26日 22:45:54 : JNgAmBY9Ac
>高村さん(高村正彦副総裁)はもともとリベラルの三木派出身ですし、安倍さんとは考え方が本来全く違うはず。ですから、彼の表情を見ていると心ならずもな感じがします。

私もそう思います。
なんか正反対のような・・・

言いたいことを言えない人は、なんか悲しく見えますね。


216. 2015年6月26日 23:03:02 : DNjurU4kOQ
天の橋立って昔は小沢支持で、阿修羅の中でもエライ持ち上げられ方で
どんな馬鹿げたことや罵詈雑言吐いても、必ず擁護(日高見連邦も擁護に回ってたはず)がついてたのに
落ちぶれたもんだな。

217. 天橋立の愚痴人間 2015年6月26日 23:12:47 : l4kCIkFZHQm9g : Fr0hEe96w
>自公政権を支えている宗教団体でも批判して下さい、

212さんのご希望に沿って、そりゃ小沢を非難するよりも辛辣ですよ。


まずは、末法思想のことから始めましょう。

仏教の考え方で、釈迦[しゃか]の教えと正しい行い・行いによる悟りの3つがある状態から、悟りがなくなり、次に正しい行いもなくなっていくという考えが末法思想です。悟りと正しい行いがなくなった状態が末法[まっぽう]で、釈迦の死後1000年たった、1052年から末法になると信じられていました。
その末法の時代は釈迦に変わって救世主が現れるとされていました。

その鎌倉時代に現れたのが日蓮で、日蓮宗では日蓮こそ末法を救済する御本仏であるとしています。これは日蓮宗の教典にも出てきます。

日蓮宗と言っても色々な流派がありますが、その内、創価学会の日蓮正宗は特に本仏論が盛んで日蓮こそが正しい仏としています。

ところが途中から日蓮正宗に参加した、もと創価教育学会(現創価学会)は、そのリーダーである戸田城聖を本仏の様に扱う様になってきます。
ここまで来れば結局は日蓮正宗からも破門される事になりました。

現実に現在の創価学会では池田大作本仏論などと言う事を言い出し会長の池田大作を現人神として扱う教義、思想を作り出しました。
現在の創価学会は仏像もなく、仏壇なども特異なものを使用します。

教典としては法華経を使いますが、背後に池田が見え隠れします。
もう、大きな宗教団体としては無茶苦茶です。

宗教と言うよりもカルトと言った方が判りやすい創価学会の体質がよく理解できるでしょう。

恐れを知らぬ創価学会は公明党などと組織して日本中を池田本仏の支配下におこうと企んでいるのです。

日蓮でさえも、救世主を任じながらも、自分を本仏になぞらえることなどしなかったのに、何を思い上がったか、戸田城聖、特に池田大作が今日の創価学会を作ったのです。

もはや宗教的に見ても異端中の異端であり、民主主義の世の中に照らしても容認できない存在であるのですが、そこは巧みに正体を隠し800万と言われる信者を集めています。
池田ハーレムなどの噂を聞けば、信者さんたちも思い直せばと思いますが、オームでも狂信者は後を絶ちません。

私は創価学会を、このように見ています。
全体像が分からない一般の信者さんには申し訳けないですが。
また、創価学会でなくても宗教が政治に関与することは認めません。


218. 2015年6月26日 23:14:05 : Fr0hEe96w
ついでに言っておきますが、

小沢は池田大作と親しい間とも言われていますね。

真意は解りませんが。


219. 2015年6月26日 23:16:38 : Fr0hEe96w
214. さん


>アナタは戦争法案賛成なの、それとも反対なの?

>アナタのご意見聞きたいですね

NO200のレスに書いていますよ。


220. S.T 2015年6月26日 23:18:58 : TNEHs1z1b5edM : BY6X2aIJvU
>>212さん
>自公の戦争法案をどうするかと云う事が大事じゃないのか?
まったくその通りです。

そしてこの「問いかけ」を全く理解しないで頓珍漢なコメントを示す爺さん・・・


221. 2015年6月26日 23:28:39 : Fr0hEe96w
>天の橋立って昔は小沢支持で、阿修羅の中でもエライ持ち上げられ方で
>どんな馬鹿げたことや罵詈雑言吐いても、必ず擁護(日高見連邦も擁護に回ってたはず)がついてたのに
>落ちぶれたもんだな。

アッハッハ

菅内閣不信任案騒動までは、小沢を信じていたよ、

それこそデモを組織するくらいに。

でもね、結局は小沢は信じるに足らない存在と洞察したのだよ。
その時点で小沢及び民主党の攻撃に走った、そりゃ早かったと思うよ。
我ながら。
当時の私の態度をして裏切り者、転向者と謗るものも多かった。

だが結局は私の先見性が当たっていた。

私しゃ、馬鹿ではないつもり、

>落ちぶれたもんだな。

と言う言葉は、あなたにお返ししよう。


222. 2015年6月26日 23:31:24 : Fr0hEe96w
S.T さん

あんたの認識力では、俺は理解できない。

引っ込んでいて頂こう。


223. 2015年6月26日 23:35:53 : Fr0hEe96w
小沢、小沢で凝り固まっている信者さんは

視野狭窄に陥っていて、とても全体像などつかめない。

だから意見を言っても半分も理解できない。

自分の都合の良い部分のみ拾い読みするから。


224. 一主婦 2015年6月26日 23:50:09 : rfKiZAFzfsBYA : 48m7LBJItE
皆様お疲れ様です。
難しい議論で白熱していますね。

私は主婦ですが、この話題は、孫・子の生活や命に直結しますから、とても関心があります。ですけれど、難しい議論だけに、知識に乏しい主婦の私はコメントを遠慮していました。でも、フランスの若いマダムKYHNl2YY8g さんのご参加を拝見し、私も思い切って参加させて頂く事にしました。男性だけのご意見だけではなく女性の意見も必要かな?と思いましたので・・・難しい事は良く知りませんので・・・その辺りはよろしくお願いします。

まず。日本国憲法の9条ですけれど、一項は殆どの国がコレと同じ憲法を持っていて日本だけがこの平和憲法を持っているという事ではないのですね。そして9条2項の「陸・海・空軍の軍備の不所持」を謳った憲法を併せ持つ国は日本だけなのですよね。でも、日本は実際にはこの2項に違反していると思います。世界で只一国しか持っていない平和憲法は、この9条の一項と二項がセットであって初めて世界でたった一つの平和憲法なのですね。でも、実際は・・・

実際は、陸・海・空軍を持っていますよね?自衛隊と言う軍隊も、いろいろなすごい兵器も持っています。「自衛隊は軍隊ではない」したがって、兵器は自衛隊が軍隊ではないから「兵器」ではない」陸・海・空も「軍事組織」ではない・・・と言う事になるのでしょうか?・・・これらを見ると、私には初めから憲法に違反していると思います。日本国憲法を義務教育終了の学生に読ませて、意見を問うたなら、きっと自衛隊は軍隊と理解すると思いますし、憲法に違反していると答えると思います。素直に憲法を読めばそうなると思うのです。

憲法は、国民が一番の目標とするものですから義務教育終了の誰でもが理解できるものとして定められていなければならないものだと思います。「解釈憲法」などあってはいけないと思うのです。時代や現実にそぐわないものになったなら、その部分だけ、変えるなり加憲するなりをして誰でも一読して同じ意味として読み取れるものでなければならないと思います。

今の憲法どおりでこの国の防衛を考えるなら、軍備や軍隊を持たず、不意に不正に攻められても武器や兵器での攻防はしない、自分から攻めず、相手からの攻めにも応戦しないという事がこの9条1項と2項の本意だと思います。1項は納得できても、2項は納得しかねます。不意で不正な相手の攻めにまで何の手出しも攻防もせずに成すがままにさせて、という事は殆どの人が納得できない事だと思います。

個人の生活の中でも、正当防衛は認められています。国の単位でも自衛権は自然権として認められているそうですので、そうだとすると、やはり9条2項はこの自然権としての自衛権をも否定していると思います。小沢氏は、だからこそ、自然権としての自衛権をも否定している2項に加憲して3項を謳うと仰っていると思います。戦争は放棄するけれども、自然権としての「自衛権行使の為にだけに限っての軍備は保持する」と言うお考えを示されているのだと思います。

解釈憲法ほど危険なものは無いと思います。私は、チョッと前まで社民党(旧社会党)や共産党の支持者でしたからガチガチの護憲派でした。ですけれど、小沢冤罪事件を切っ掛けに小沢氏の事を真剣に調べ上げ、勉強しました。調べれば調べるほど小沢氏のお考えに納得がいき、たちまち小沢支持者になりました。この憲法や自衛の小沢氏のお考えにも納得しました。

護憲としては社民党や共産党が正解なのだと思いますが、実際に生きているのは実世界です。綺麗事で済ませられる実世界ではない事に気がつきました。小沢氏のお考えと加憲にも賛同しています。国連主義の小沢氏の考え方にも納得しています。やはり、護憲の意味からいえば、国連の活動は、社民党や共産党の考え方が正解だと思います。ですけれど、やはり実世界で生きているのですから、世界の警察機構としての国連主義は必要と思います。

まだまだ国連もしっかりとした組織とは言えず、まだ発展途上の組織ですが、一国のどこかの国と組んでの悪の征伐ではその国と二国間だけの偏った考え方になったり、判断にも誤りが生じたりすることがあってとても危険だと思いますから、世界中の加盟国の全体の考え方と判断が必要な国連組織での決定があった上での世界的防衛の方が良いと私は思います。国連は全世界の警察としての機能ですから、小沢氏の仰るように、国対国の戦争の対応とは違う意味での攻防ですから区別した方が良いと思います。

国連の軍事介入も、日本憲法には正確な意味では違反するのでしょうけれども、国連の警察組織への参加と言う別目的での軍事項目を加憲するなりしてはっきりと謳った方が良いと思います。又は、小沢氏が提唱されていた自衛隊とは別組織の国連限定軍事要員を別に用意しての参加にしたほうが良いと思います。国連専属の世界の警察組織を作ったほうが良いと思います。解釈憲法は危険ですから、はっきりと謳う為にそれらの加憲が必要と思います。

アメリカは自称「世界の警察」を謳っているようですが、実態は戦争で商売をしている国という事が世界の方がたから言われていますので、そのアメリカと組んで集団的自衛権を行使して、アメリカが起こす戦争に加担できるようにすると言う安倍の戦争法案など絶対に許してはいけないと思います。現在の集団的自衛権も正確な意味では憲法2項に違反していると思いますし、アメリカとの安保条約も片務条約にはなっていますが、後方支援も兵站の一種ですから憲法違反になると思います。

安倍はアメリカの軍産複合体の商売加担の為に日本の自衛隊や日本国民の命をささげようとしているという事だと思います。そんな事をしたなら、この日本の周りに張り巡らされている原発が狙われて、あっという間に勝負は付いてしまうと思います。54基の原発を国の周りにぐるっと張り巡らしているのです。そして、アメリカの基地も132箇所も日本中に置いているのでは、それこそ、そこを狙われますのでこれも一瞬で終わりだと思います。

日本は平和憲法と友好外交で平和を守るのが一番と思います。幾ら軍備に税金を投入しても、原発やアメリカ軍基地が国中に林立していては軍備では防ぎきれないと思います。アメリカの基地も原発もひとつ残らず撤去して、近隣諸国や世界中の国と平和外交をする事こそ「一番の防衛」だと思います。軍備では平和は守れないと私は思います。ですけれど、現実的不慮の事態、不正な侵攻に対処する事も必要かと思います。

友好外交をしていても不慮の事態は起こらないとも限りません。その現実に対抗する為の、最小限の防衛は「世界の警察機構の国連」を中心とする防衛にする事が必要だと思います。市民生活でも凶器や銃は国民に禁止されていますが、警察組織には銃も凶器の使用も許可されています。国連の兵器・軍事使用もこの警察の場合と同じ事だと私は思います。ですから国連活動での軍事活動は「国対国」の利害を巡る戦争ではなく「警察活動」としての軍事ですから、これもしっかりと「区別」し「国連加盟国としての活動」をしっかりと憲法で謳った上ですべき事だと私は思います。

「解釈憲法」などと言う危険で分かりずらい事は止めたほうが良いと思います。
ですが、安倍政権のような一政権の暴走と、閣議決定などと言う形でそれがで成される事はなお更危険ですから、憲法をいじる時には、憲法学者様を初めとして、世界の学者様のいろいろな専門家の力やご意見もお借りして、広く長く議論し、時間をかけて国民の総意をもって最終決定となされるべきと思います。

長くって申し訳ありません。女性としての一意見でした。


225. 2015年6月26日 23:52:59 : KjuCTXCyEo
天橋立爺さんは戦争法案賛成なんだw、それで日本の政治家で誰がいいの?

一時、小泉進次郎をだいぶ持ち上げてたけどこんな坊やで大丈夫ですか?

もういい加減小沢のネガキャン工作は卒業しないとね!


226. 2015年6月27日 00:20:30 : KjuCTXCyEo
民主主義、選挙制度そのものが不正システムである、
選挙で180度政策が違う政府が出来たためしが世界中みてもないのは何故

統治権力層は現状を維持するためにはあらゆる手段をつかう
そのツールは彼らの手中にあるマスコミ(テレビ新聞)選挙管理委員会(ムサシ)



227. S.T 2015年6月27日 00:25:36 : TNEHs1z1b5edM : BY6X2aIJvU
>>222
>あんたの認識力では、俺は理解できない。
理解不能だよ、アンタの主張は支離滅裂だから。
だから「小沢中毒患者」なんだよね。

ひとつハッキリしているのは、小沢氏とデモ支持者を利用しようと企んでいただろ。
小沢氏が冤罪で陥れられようとしている時に民主党在籍中に「今動かないでいつ動く!」ってしきりに言っていたから引っかかっていたんだよね。
小沢に取り入ってあわよくばデモ支持者から「小沢氏の側近」みたいな感じに祭り上げてもらう事を夢見ていたんじゃないかな。
そう、爺さんが小沢氏を動かしてやったんだぜって。
でも小沢氏は一向に離党する気配さえ無く時を待っていたのにしびれ切らして急に批判するようになったよな。
そして小沢支持者に暴言を吐くようになった。

その結果が「俺は政治に詳しいんだ」と思わせる為のテンプレ貼りまくり。
自分の意見よりテンプレが大事。
だからおれは爺さんにツッコミを入れるね。

何度も言って来ただろ?
小沢が気に入らないなら誰なら納得出来るのか?ってね。
自民党がダメなら代わりの政党が必要なんだよ。
自慰さんは自民党も野党も要らないと言っているようだが、それって「無政府状態」で国家としては一番危険なんだよ。

だからこそ、日本の未来を任せられると思う政治家に投票することが国民の仕事だと言う事。
相変わらず小沢中毒者はラリってウソやデマを巻き散らかすほうが多いよね。
大事な事は「真実(事実)」なんだよね。

自民も民主も公明もヒドいヤツは居るが、マトモなやつも居る。
政党で判断する行為は危険だと言ってやるわ、爺さんはな〜〜〜〜んも理解出来てないようだから。


228. 天橋立の愚痴人間 2015年6月27日 00:30:58 : l4kCIkFZHQm9g : Fr0hEe96w
一主婦さん

珍しく私への人格攻撃はなく素直に持論を吐いておられます。
女性としては珍しく、無条件の武力不行使には疑問も持っておられます。

私は小沢のやり口は非難していますが、一方で小沢の持論、普通の国と言う考え方は支持しているのですよ。

要するに自衛のための武力保持は必要であると言うこと。
その為には、自衛については現憲法で考えられても、やはり憲法9条の文言は曖昧でふさわしくない。
現憲法に沿うものとしても憲法の条文の改正は必要だと思います。
まあ、しかし下手に憲法改正賛成とも言えば、自民党的な、奴らが喜び拡大解釈するので言えませんが。

また現在問題となっている集団安全保障のことも避けては通れない問題ですが、これが難題で、ただ国連中心主義と言っても、今までの国連が、みんなが納得できる正義を貫いているとも思えません。

これも国連の安保理、日米軍事同盟など複雑な要素を取り混ぜ、考えねばならないでしょうね。
ですが体外要因を検証するまでに、国民の総意としての集団安全保障の有り様を考えるべきでしょうね。

これも今回のあなたの様に、女性でも軍事の事を冷静に考えられる人が多くならないと無理でしょう。
この点では、日本はまだまだでして、結局は最近の国会答弁の様な体たらくが続くことでしょう。

私はどちらかと言えばタカ派ですよ。
でも安倍の馬鹿野郎と一緒にはしないでください。
憲法解釈でもめることにないように、本当に日本に必要な、国民の総意に基づく憲法改正はしたいものです。

さらに念の為に、それは決して安倍や自民党に任せることはできない相談です。


229. 2015年6月27日 00:33:55 : KjuCTXCyEo
国民の80%が反対してる、この戦争法案は成立するでしょう

だって今の国会の論戦はマスコミも含め全部出来レースのプロレスなんですから

普通は選挙が怖くてこんな露骨に法案通せないですよ、

でも後ろにムサシが控えてますからやれるんでしょう。


230. 2015年6月27日 00:35:06 : Fr0hEe96w
アッハッハ  STさん

私に対して怒りをぶつけていることは分かるが、一体何が言いたのだ。

私に絡まない方が、互いに気分も良いのでは。


231. 2015年6月27日 00:39:19 : Fr0hEe96w
>国民の80%が反対してる、この戦争法案は成立するでしょう

防止できるか否かは

ひとえに市民デモにかかっているでしょうね。

この1ヶ月、どこまでやれるでしょうね。

いても立ってもいられない思いです。

デモを企画してくださる多くの組織さんへ、

切に切に御願いします。

労働者、学生諸君、

もう立ち上がって欲しい。


232. 2015年6月27日 00:43:25 : KSLjQQJ1NU
日本は、強力な軍隊を保有すべきである。中国に好き放題“言わせない”“やらせない”という抑止力の存在は、南シナ海に隣接する国々や米国に大変感謝されるであろう。福島の事故も有ったし、いっそ核武装も視野に入れてみては・・・。直接交流してみれば分かる;中国人は全く信用に値しない。

233. 2015年6月27日 00:47:09 : KjuCTXCyEo
橋立爺さんは《タカ歯》でしたか?w

石井紘基事件で話題になった菅直人さんはハトですか、タカですか

それとも《コウモリ》ですか。


234. S.T 2015年6月27日 00:57:34 : TNEHs1z1b5edM : BY6X2aIJvU
ちょっと突っ込ませてもらおうか。

>>222
名無し自慰さんは自分の意見・発言に自信が無いもんな。
主張するなら「この発言は誰が行っているのか」責任をハッキリさせるもんだよ。
そんな責任さえ果たせないやつが >>222 で何言ってんだか。

それとこれ >>200 より最後のここ!
>100万のデモ隊
>決起せよ。
決起でどうしたいの?
自民ヤダ! 野党もヤダ!!
結局は自分で何も決められない、ただ愚痴吐いてストレス発散しているだけだね。


☆参考資料貼付けておくわ。

>小沢一郎がTPPに反対しないワケ  日経BP
http://www.asyura2.com/11/senkyo122/msg/118.html
>投稿者 ダイナモ 日時 2011 年 11 月 10 日

>「小沢一郎の政策をきちんと批判している人って見たことないよね:山口一臣氏」 (晴耕雨読) 
http://www.asyura2.com/12/senkyo130/msg/347.html
>投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 5 月 20 日

>ようやく 小沢が離党を匂わせた!
http://www.asyura2.com/12/senkyo130/msg/474.html
>投稿者 天橋立の愚痴人間 日時 2012 年 5 月 24 日


そしてこれがトドメ。
>名前を騙ったニセ投稿者、183U02GDLU の投稿禁止処置を御願いします。
http://www.asyura2.com/13/kanri21/msg/296.html
>投稿者 天橋立の愚痴人間 日時 2014 年 6 月 03 日


235. 2015年6月27日 01:03:50 : Fr0hEe96w
S.Tさん

自分の馬鹿さ加減をわざわざ売り込まなくても良いだろうに。

もう絡むのはやめた方が良いよ思うよ!


おやすみなさい。


236. 2015年6月27日 01:45:05 : qpUc4UfLv2
「安倍政権が、小沢一郎がやりたがっていたことを、実現しようとしている。」

下手な、ペテン師やね
保守右翼には、無駄飯食らいしかいない。
 

237. S.T 2015年6月27日 02:19:08 : TNEHs1z1b5edM : BY6X2aIJvU
>>235
名乗れないのはどうしてなんだろうね?
肝心な問いかけにはトンズラしちゃうかな?

さて、愚痴自慰さんが寝た所で自民党の暴走具合を読んでいると実に取り巻きがヒドい。
小沢氏のこのコメント
>「本音は軍事大国を目指すこと」
取り巻きが早速やらかしましたね。

>自民“恫喝”エスカレート「広告減らしてマスコミ懲らしめろ(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/15/senkyo187/msg/510.html

>「自民党政権から資金が出ているのでは?読売新聞や産経新聞がホテルで無料で配布されている。大量に」
http://www.asyura2.com/15/senkyo187/msg/489.html

>アイドルが政権批判して何が悪い? 「制服向上委員会」にまで圧力かける自民党の異常性(リテラ)
http://www.asyura2.com/15/senkyo187/msg/483.html

>特集ワイド:憲法96条改正に異論あり 9条を変えるための前段、改憲派からも「正道じゃない」(毎日新聞)
http://www.asyura2.com/09/kenpo3/msg/388.html
>投稿者 gataro 日時 2013 年 4 月 10 日

こういった過去の記事を少しでも多くの真っ当な思考の人々が知る事で政治の暴走を国民が食い止める可能性はまだ残っている。

ただ、国民が国会議員を「リコール」は出来ない。
国会議員は間違いを犯さないのでリコールする法律は要らないんだって。
まずここから改正してもらいたいもんだね。
せめて「役職不適格」で内閣総辞職なんかも国民が投票で決められたらいいね。
ただし、国民が総理を決める直接投票には反対です。
国民がちゃんと投票権を行使して政治家を選び出し、そんな選んだ政治家の中から政治家の中で投票を行う訳だから、総理は政治家内で決めるのが最善でしょう。

投票で政治家を決める判断でも工作されて情報をねじ曲げられたんじゃ、一番困るのは日本国民なんですけどね。
>安倍信者が陥った善悪二元論思考と自民党のネット工作の実態
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n244818

自民党が国民の意見を聞こうともせずに目指しているのは・・・
ここ読めば少しは理解出来るかも。
>2014/06/12 戦争をさせない全国署名175万筆余(事務局発表)を提出、官邸は受け取りを拒否
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/146273

自民党に投票した国民はこの事を全く知らない、考えられない可能性が疑われます。
前回の選挙で自民党が大勝ちすれば暴走するのは明らかなのに、ミンスガーという情報に踊らされて勝たせた結果が今に至ります。
だからこそ、例え国民が安倍政権に「NO!」と突き詰めても次の自民党総理が同じ政策・同じ思想ならもはや終わりです。
周りの情報に引っ掻き回されず、ネットやマスコミで言われている情報は本当に正しいのか、自分で一度は調べて色々な見方を変え、間違っていないのか、自分はどう考えるのかしっかり認識させてこそ、ダメな政治家には投票しない事が出来ます。
その代わりに立候補者のなかで、誰もいないという事よりも「誰がこの中でマシか」考えて投票すべきです。

そして、なぜ労働者を派遣にして正社員を減らすのか想像出来ますか?
派兵するには人材が必要ですね、正社員を徴兵したらグローバル企業は黙っていません。
むしろ替わりの効く派遣請負人員なら「替わりは派遣会社」から雇えますからね。
その為にも外国人移民を受け入れたいんですよ。
で、徴兵された国民は自衛隊の前に立って進軍します。
自衛隊の兵器操作をすぐにできますか??
ミサイルなど、ただスイッチを押せば良いのではありませんからね。
自衛隊は日本政府が守ります。
国民は自衛隊の先頭に立っての歩兵ですね。


そうそう、カジノも日本人の入場は制限するみたいだけど、「マイナンバー」とセットかも知れないね。
カードで一定の納税額を超える日本人のみカジノへ入れるでしょう。

日本の未来を考える政治家に投票し、総理になってもらいたいですね。

最近は自民党の「村上誠一郎」議員も目立つようになってきました。
個人では「河野太郎」議員に興味はあります。
以前コメント欄に書いていたので、こう言う場合にはペンネームが生きてきます。
>鳩山元首相が小沢氏と電撃合体 細川小泉連合と合流も(東スポ)
http://www.asyura2.com/14/senkyo165/msg/828.html
でも、やっぱ小沢氏には政界のトップに就いて欲しい。
もしくは後輩を育て上げて欲しい。


238. 2015年6月27日 06:20:10 : KYHNl2YY8g
 ところで、現在のある程度影響力のある政治家で、マトモな事をしっかり発言し、安倍首相に対抗してるかたは、小沢さんしかいないんじゃないですか?
結局、小沢さんに様々な噂や疑惑があっても、現在こうして、茶番の安倍政権を堂々と批判してる事実が全てを語ってると思います。
それを認識できない小沢が〜〜、とかいろいろいう方々の知的レベルに限界があるだけだと思います。
 

239. 2015年6月27日 06:33:22 : m70LxJVqHA

小沢何処が?

どう見ても安倍と論戦を展開で来ているのはCだろ

あと岡田だよな、、、他は、、、辻元か?


240. 2015年6月27日 06:35:53 : m70LxJVqHA

発信力においては自民党の村上も立ち位置は明確

しかし何れも自分の意見が乏しい反動主張でしかない


241. 2015年6月27日 06:40:56 : m70LxJVqHA

大きな潮流として「国家間戦争は小規模限定でしか、もう起こらない」こういうこと

国家間戦争を禁じられた日本国憲法は、国家でない武装集団の乱暴狼藉行為に対して、その行動を

些かも制限されていない、、、こういう前提条件を掴まず、戦争反対だけ叫んでも、何も動かせない

自衛隊が何処に出動しようとも「戦争じゃあリませんから」で終わる話だ


242. 2015年6月27日 06:43:24 : m70LxJVqHA

もう1つは「中華人民共和国とはスターリン憲法を奉戴する反民主主義国家である」ということ

人類の課題は、中華人民共和国を如何に制御するかである、、、こういう認識だあ


243. 2015年6月27日 07:08:48 : m70LxJVqHA

あと、信者の常套句に一言

小沢が政権関与してくるなら、、、、安倍のままでいい

それほど小沢という政治家は最悪最低だ


244. 2015年6月27日 08:59:36 : A0IDUAfzT6
今の統治形態で自衛隊という名の軍を持つことは、
先の戦争と同じ轍を踏む組織を存続させているに等しく、
その金は一部の金持ちから出ているものですからね。
日米合同委員会など、
日本の軍を国の手先として、
戦争になだれ込ませた大日本帝国の
中枢集団がそのまま生き延び
名前を変えたものに過ぎないですのに。

国民の自警団としての組織でなく、あくまで支配層の為の
奴隷兵士、良くて雇われ兵士ですから
大多数の国民には迷惑な存在ということになります。

だって、戦争は、金持ち悪霊連中の、
世界分割と縄張り争い、金儲けの手段であるのが本質
であるわけですから。

自衛隊のみなさんは、こんなおめでたい組織に属しているのです。


245. 2015年6月27日 09:12:13 : A0IDUAfzT6
自衛隊のみなさんは、よき働きもして下さいました。また先の
福島の原発事故では、わが命を犠牲にして
(国の命令によって・・・ この国は、明らかに悪魔が支配していますね)

動いてくださいました。それを
承知で言っているのです。

悪い支配者に利用されるのは、言葉は悪いですが、「馬鹿であるばかりか」
全体にとり、「有害だ」と言っているのです。

進退を含めて考えられてはいかがでしょうか。悪に加担する軍人では
様になりませんよ。それは軍人ではなく、只の狼藉者、ケダモノ軍閥です。
関東軍と同様です。


246. 2015年6月27日 09:21:03 : uwN3SqecvU
小沢信者は、言う事に事欠いて

カジノ法案まで賛成している。

先ほど、創価学会について書いてみろと言われて書いたが(NO217)

池田本仏を主張する、カルト集団、創価学会と同じ発想。

最初に小沢あり、

最後に小沢あり

全てが小沢を信奉する。

なるほど、彼らが書いて来ることは

小沢賞賛の言葉ばかり、

それと御本尊を守ろうとする言葉ばかり。

要するに、ヒットラー親衛隊

創価親衛隊

小沢親衛隊であり

政治を語る為に来ているのではない。

その投稿ぶりをみれば解るであろう。


247. 2015年6月27日 11:55:31 : 3pQNe7SZS6
久しぶりに来ましたが、このスレ盛り上がっていますね。

私は個人的に小沢氏の考え方に賛成です。地球規模での平和を維持する為には「世界の警察」的な組織が必要だと思います。
その機能を担うには今の所国連が適当だと思いますし、現時点では問題も多々あり発展途上の段階だと思いますが、それでも国連の機能はきちんと機能するようにすべきだと思います。
その中で拒否権を持つ国だけではなく、全てを含めた各国が協力して地球規模の平和維持の為に組織強化に努めるべきと私は思います。

そして憲法9条を持つ日本はこの平和維持活動に関して積極的に関わっていくべきだとも思います。これは決して軍事的なと言うことではなく、積極的に発言し、世界の平和活動に積極的にコミットしていくと言う意味です。

原爆の悲惨さを体験してきた日本という国は、その壮絶で悲惨な体験を世界に訴える役目が担えると考えるからです。綺麗事に聞こえるかもしれませんが、安倍政権によって失った信用を取り戻す為には早々と政権を交代して、真逆の方向に舵を切り直すべきだと思いますし、世界のトッブ、一部も権力者以外の世界各国の市民は日本という国には何もなくですが、そうであって欲しいと願っているように感じます。

地球規模で考えた時、平和維持の為の武力での抑止力は世界各国の協力が必要不可欠だと思いますし、これまでのように、米国の一国主導では世界の警察にはなり得ないという事が事実として明白になっています。

例え強大な軍備を用いても、平和維持は出来ませんでしたし、例え米国と安倍政権が協力した所で同じ失敗の繰り返しにしかなりません。

そんな事など世界は望んでいませんし、進化は一方向にしか進まないにも関わらず、安倍政権は人類の進化過程を逆行しようとしています。

人類の精神が発達したという段階に於いて考えるならば、武力とは行使しない為に持つものであり、行使しないのに何故持つかと問われれば、それは武力の行使を抑止する為でしょう。

その為には強大な力が必要になりますが、答えは米国一国で担うのではなく世界の警察は各国の協力と同意のもとに組織して、加盟国は積極的に協力するしかないでしょう。

一部の戦争屋を除いて真に平和を望むなら、現段階での人類の発展過程に於ける答えは最終的にそこに帰結するのではないか。
何故なら武力を行使しない為に。

大前提としては小沢氏云々以前に、現時点では起きている危機。

安倍政権による安保法制の強行採決を何としてでも止めるべきであるし、その上で安倍政権の退陣を実現させるしかありません。

日本の平和、いや世界の平和の為にこれ以上の最重要プライオリティーは無いと思います。

小沢一郎という政治家に賛否両論ある事は承知していますが、確実に言えるのは、この政治家自体が今そこにある危機ではありません。

ですが、最近脚光を浴びている日本会議なるものやネトウヨという言葉に象徴されるような方々は別として
反小沢、小沢支持の双方が団結し、目の前で燃え盛る炎を消す為に小異を捨てて協力して事に当たらざるを得ないような危機的な段階までこの国は来てしまっていると思います。

結局の所、暴君を止める為には一つに固まるしか方法は無く、その縮図は如実に政治という世界にも表れているようです。

国民が団結すれば野党の連携をもたらす波及効果を生みだせると個人的には考えますが、それらがもたらされた時に、相乗効果として民意の受け皿が自動的に結果として完成していく事になると私は思います。


都民


248. 天橋立の愚痴人間 2015年6月27日 12:57:54 : l4kCIkFZHQm9g : uwN3SqecvU
都民さん

久しぶりです。
あなたが書いておられることは、最もであり賛同します。
小沢が言っている国連の活動を盛り上げ多くの国がこれに従う様になることは理想でもあり目指すべき方向であることは間違いありません。

小沢の言い分に意を唱えているのは、ただ一点。
我が国の憲法第9条の解釈を、国連決議によって左右しようとすることです。

これは、国連を大切に思うことと、実際の国連活動が必ずしも世界が受け入れられる正義に基づいてはいないと言う理由からです。

また、

>反小沢、小沢支持の双方が団結し、目の前で燃え盛る炎を消す為に小異を捨てて協力して事に当たらざるを得ないような危機的な段階までこの国は来てしまっていると思います。

これも十分に賛同しますよ。

ましてや、日本会議や桜井、山東など狂ったババーがでかい面しているなど見てはいられません。

ただし

>反小沢、小沢支持の双方が団結し云々のことですが、

これもただね、私は小沢を非難していても、それを政治勢力として考えたことなどありません。
単なる個人の感情です。

ですので反小沢と言う、きちんとした政治勢力は、存在しないと思いますよ。
少なくともネットの世界では。

ただし、あるとすれば民主党の一部とか維新の会、みんなの党の片割れには存在するでしょうね。

野党内にそれが多すぎるのですよ。
奴らは、私が言っていう意味での反小沢などではなく、何の評価にも値しないクソの集団なのです。
日本の将来ではなく、己の身分だけが大事なカスなのです。

まあ、その様な意味での反小沢、小沢支持を言われるならば解ります。
この場合、私は明確に小沢支持ですよ。
誤解のない様に。

でも、それでも奴ら、反小沢を糾合しようとするならば、私も渋々賛成すると言うことです。


249. 2015年6月27日 13:32:50 : m70LxJVqHA

反安倍であろうが、反小沢であろうが、糾合するなら政治運動ではない

抵抗運動とか、革命を起こす権利とか、本来そういう属性のものである

反動は行政を行ってはならない=法が無いから絶対に法治にならないためだ

反動とは、正当防衛の形を変えたものなので、反動で糾合するなら暴力革命=のちの審判は

国際社会に一任すべき事態を指す

反動で糾合したグループは、民主的な方法を取り得ない=法治にならないためだ

従って、反動主義で選挙を行い、政権を取ったなら、ナチスしか生まれない


250. 2015年6月27日 15:57:00 : 3pQNe7SZS6
>>248.天橋立さん
こんにちわ。
お久しぶりですね。お元気そうで何よりです。

仰られる事はよく分かります。
憲法に関して、国連に関しての考え方には大いに賛同出来る所があります。

天橋立さんの本意を私などが理解出来る筈もありませんから個人的な感情に関してはとやかく言うつもりはありません。

私としましては時にはぶつかりながらも、この国を憂う気持ちは共有していると勝手に思っています。
しかし、政治の劣化振りは目に余りますね。
私自身は相変わらず誤字脱字が多くて、成長の兆しすら有りませんが、また時には色々議論でもしましょう。

都民


251. 2015年6月27日 17:20:22 : gAuS4kc0is

   自民党の様子を見たらわかるように、安倍氏に反対する者はほとんどいないだろう。自己防衛のために、間違いを認めようとしないのだな。
   党内の意見を言う場の風通しがきわめて悪いように思えるのだ。

   俺は「無謬の人間はいない」と思っている。
   その俺から見ると、小沢氏のすべてを肯定し、小沢氏は無謬であると信じているかのような態度の人々を見ると、「ここも風通しが悪くなるな」と思えるのだ。

   俺は、日本国憲法の「戦争放棄」「主権在民」「人権尊重」護持を第一と考えているから、それにかかわる意見をときどき言う。

   他人と異なる意見でも自由にものが言えることは大切だろう。




252. S.T 2015年6月27日 17:49:04 : TNEHs1z1b5edM : BY6X2aIJvU
>>246. uwN3SqecvU の爺さん
やっぱり言う事が支離滅裂だわ。
いくらペンネーム無しでもIPでバレてますからね。

今目の前にある自民党の暴走を食い止める為に何とかしたい気持ちで、何とか出来ないのか?という事で小沢氏の発言がこうして紹介されている。

同じ気持ちを持っている
>>212さん
>自公の戦争法案をどうするかと云う事が大事じゃないのか?
この意見にまったく答えずにはぐらかし、挙げ句の果てには小沢支持者に暴言ですか。

大事な事だから言っておく。
天橋立の愚痴人間は「小沢中毒」に羅漢している。
小沢無しでは生きて行けない。
それが小沢を支持する人物にも該当する。
全てにおいて「小沢ガー」で絡める事しか出来ませんね。
そんな自分の症状を自分で理解出来ないようでは、もう終わっています。
本当に「愚痴」しか言わないw

せっかく核心をついた意見を述べるキッカケがあったのに放棄した。
これが事実。
つまり日本の国民として日本の未来を考えたとき、このまま安倍内閣の進めようとしている事に危機感を感じているからこそ、戦争法案を阻止するにはどうすれば良いのだろうか?という事に対して爺さんは愚痴ばかりで頓珍漢な発言のみ。
そして小沢支持者には暴言を吐く。
この>>246. uwN3SqecvU の爺さんのコメントは特に大問題。
百田発言よりもタチの悪い悪質な誹謗中傷だよ。
こう言う時だけペンネームを隠すって、荒らしそのもんだよな。
こう言うヤツが日本を壊して行くのはよく解った。
そしてこう言う思想で「小沢を支持をしていた」のもよく解ったね。


253. 2015年6月27日 21:09:24 : JNgAmBY9Ac
国連決議もないのに兵隊を出していたら、命がいくつあっても足りません。

「個別的自衛権の拡大解釈」

小沢の言うことはもっともだ。

つまらない愚痴や詐欺に騙されないよう、皆さん、自分の頭で考えましょう。


254. S.T 2015年6月27日 23:08:00 : TNEHs1z1b5edM : BY6X2aIJvU
安倍の暴走を防ぐ為にも、国連に存在している「敵国条項」を理解する必要があります。

>らっきーデタラメ放送局★第157回『敵国条項って知ってる?』
https://www.youtube.com/watch?v=NMCGvuLilcE

>【連合国の敵国条項】UNの敵国条項
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10132485660

だからこそ、日本は国内防衛占守に特化し、戦争の放棄を明確にした憲法9条を楯にしてきたと個人的に思う。
いま、この戦争の放棄を勝手に解釈を変え戦争行為に加担する政治家が日本を守るとか言った所で、中国は自衛権の為に国連決議無しに日本を攻撃する口実を与えてしまう。

かと言ってアメリカの言いなりでは日本の独立性も失われ、守って欲しければ「アメリカの州、もしくは植民地となれ」と脅されている可能性もある。
でもそう考えると辻褄が合わない。
なぜ「在日米軍基地」が日本にあるのか。
腑に落ちない事だらけだけど、今なすべき事は少なくとも集団的自衛権ではない。
まず「敵国条項」の廃止をもっと訴えかけるべきでは。

何やらすごくきな臭い感じがしますが、ヒトラーが出て来た世論に似て来た気がする。
少なくとも一番の危機は、安倍内閣自民党政権が日本の戦争の放棄を勝手に解釈の偏向を行い、憲法を無視した動きで戦争行為をわざと誘発させようと企んでいる気がしてならない。

日本が自滅してくれれば、日本が持つアメリカ国債の放棄も有り得るし、放射性廃棄物の受け入れを引き受けざるを得ない状況へと追い込まれる気もする。


255. 2015年6月28日 15:27:00 : KYHNl2YY8g
 天橋立さんとは違う情報に関してですが、間接的に業務上の守秘義務と関わって来る可能性も考慮して述べませんが、ネット上で一部詳細を述べるやりかたは、往々にして、間違った情報になる可能性が高い。つまり、そういった情報だけで結論を出さないほうが良いと思いました。過去、反小沢ネットワークにそうとは知らずにいた私が言います。もちろんみなさん、感じの良い方ばかりでしたが、直感的というか、なんとなく深〜くになんともいえない疑問を感じて、そこを去りました。まだ学生でしたが仕事もしてたんですよね。もちろん、『日本会議』 や 『日本財団』 (これは後に知るのですけど)とは関係なかったはずだと思います。当時は、小沢さんなんて1ミリも関心なかったですが、それでも当然のごとく悪いイメージしかもってませんでした。
 しかし、こうして時間が経ち、その後の国際関係の流れも踏まえながら眺めて導き出される捉え方のほうが、詳細をつぶさに調べなくても、より重要だと考えます。
ですから、ここで連投されてるかたの詳細も述べて全て決めつけるような考え方は、結果的にほぼ間違いに導くものだと思います。

昨日、フランスの人気のテレビ番組 キャナルプリュスのgrand Jornal で、パリの米国大使館から行われたフランスの大統領たちへのスパイ活動を扱ったメデイア情報を集めたものを様々な角度から、これでもか〜とアサンジのインタビュー含めて大々的に流してました。これはけっこうフランスの世論に影響を与えるのではないかと思いました。
雑誌L'obs の安倍批判は、日本では、カルトに関して大した事として捉えてなかった結果、安倍さんのようなカルトがいつのまにか蔓延していた、、というような内容は、なかなか鋭いと思いました。
確かに、長所でもある宗教に関して寛大な国民性の弱点ではないかと。

基本的に、日本人とフランス人って、表面的な相違点ばかり挙げられますが、実は、根本的な所が似てると思ってます。もちろんメデイアの状態が違いすぎますが。

安倍さんたちとは違う私たち!! で、なんとか安倍さんの暴挙を食い止めたいです。



256. 2015年6月28日 15:35:38 : KYHNl2YY8g
255ですが、連投になってしまいますが、訂正があります。

もちろん、『日本会議』 や 『日本財団』 (これは後に知るのですけど)とは関係なかったはずだと思います。

直接、関係はなかったはずだと思います。



257. 2015年6月28日 16:03:14 : krVSfO7Smk
256さん

天橋立です、
あなたも色いろと試行錯誤されているようです。
知識もお有りの様です。

ところで人間が何かを決断する場合、集めた情報、知識の内、ひとつだけを選び、後は捨て去ると言う事になります。

そのようでなければ行動に入れません。
選挙での投票行為がそうでしょう。

現在、問題となっているのは、安倍の暴走です。
安倍などと言うものは、思想、人格共に最低の奴です。

そのバカが、思い上がって日本を無茶苦茶にしようとしています。
これに対してどうするか。

決断しなければなりません。
それで小沢に頼ることも選択肢のひとつには違いありません。

ですが、私は小沢は切り捨てます。
理由は、散々言ってきたことです。

では、別の何を選択するかと言えば、これが問題なのです。
どこかで書いた様に、維新の会とか、海江田、岡田のいる民主党かと言えば、そんあものを選択するくらいなら、今でも小沢を選択します。

共産党、公明党もしかり、話になりません。
では、どうするか、

緊急避難的処置とすれば、自民党の二階、石破程度に首相を変わらせることでしょう。

小泉進次郎の力量は、今ひとつ確かではありませんが、可能性としては考えています。
でも、このように言えば、私の事を、それ見ろ、やはり安倍の回し者と謗る連中が湧いてくるでしょう。

ですが、いま、確実に何かをしようとすれば、こんな判断も視野に入れる必要があるのではないでしょうか。

何時までも議論ゴッコ、政治ゴッコで終わりたいなら、この限りではなく、ああでもない、こうでもないと続けて入れば良いでしょう。

デモも盛り上がっている現在、

我々も旗幟をはっきりとさせるべきなのではないでしょうか。
小沢のことは後でじっくりと考えられたら良いかと思いますが、彼は、もうダメでしょう。

余りにも信頼を失墜しましたから。

ともかく、小沢でもない、誰か確かな人材が出てきてくれることですよ。


258. 2015年6月28日 19:18:26 : KYHNl2YY8g
257、ーーところで人間が何かを決断する場合、集めた情報、知識の内、ひとつだけを選び、後は捨て去ると言う事になります。ーー

そのとおりだと思います。それも、実際経験したことと、つまり実感と、取り入れた知識を照らし合わせながら。天橋立さんも、そのような実感を元にご自分の考えを表し行動なさってるでしょうから、私は、天橋立さんの個人的な感情に何も申すつもりもありませんし、安倍さんの回し者とも思ってません。
小沢さんに対する信頼をすっかり失ってしまったというのも理解してます。
正直、自分も、少なくとも安倍さんより、小泉進一郎さんのほうがマシとも思ってますよ。
もちろん、自分もそうですが確かな人材が出て来てくれる事を多くの国民も望んでると思います。

ただこういう開かれた掲示板ですから、天橋立さんとは対立する意見を述べられる人が現れるのは、当たり前のことと思います。

都民さんのおっしゃるように、現在の危機を認識し同じ方向性に向けて分かち合う態度が得に必要なのでしょうね。
私は、自分の考え方は昔からかなりハッキリしてて試行錯誤はほとんどしてこなかったと思いますが、自分の小沢さん擁護には、ひょっとすると天橋立さんとは逆の意味での感情みたいなものもあるのかもしれません。



259. 2015年6月28日 21:09:52 : JNgAmBY9Ac
きっと愚痴人間さんは、自分が小沢より優れていると思い込んでいるのでしょうね。

傍から見れば、妄想狂にしか見えません。


260. 2015年6月28日 21:56:28 : krVSfO7Smk
259氏

あんたね、支持する事と崇拝することは違うのだよ。

どんな奴でも、100%支持できる様な奴がいるものかね。

支持しながらも、思うところは諌言するすることも支持のうち。

俺は、もう、小沢など支持はしないが、小沢に言いたいことなど山ほどあるのさ。

それを言って何が悪い。

小沢と俺の優劣を競うことになるのか。

あんたの判断基準、人を見る目は、どこについているのだ。

>きっと愚痴人間さんは、自分が小沢より優れていると思い込んでいるのでしょうね。

こんな発想、どこから湧いてくる。

話に

ならんわ!


261. 2015年6月28日 22:03:06 : krVSfO7Smk
259氏

別の言い方をしてやろう。

俺の言っていることなど、小沢は百も承知しているのだよ。

その上でで、このような態度をとっているから、怒っているのだ。

小沢が本当に馬鹿なら、相手にもしないよ。

それに引きかえ

あんたは、何もわかちゃいないようだね。


262. 日高見連邦共和国 2015年6月29日 09:57:47 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>>197 『新共産主義クラブ』=『米犬』

そこに原文(英文)があることは私も知ってた。
文章や単語を断片的に『訳してる』のも多数知ってる(書籍、ウェブetc.)

でも私は極力“全文”に拘るんだ。
かつ、中学んとき“英語2”(笑)の英語力で、無理して英文を訳する“危険”(笑)も冒さない。

どーして国連決議の相当期間が、しかも『678号』のような“極めて重要な決議文”の
邦訳全文が無いのは何故なんだろう、とオマエは疑問には思わないのか?(笑)

ってかオマエ!!何度も言うが、“しれっと顔”で私に話しかけるな!(笑)

『謝罪』か、『宿題の回答』か、ドチラかを示せ、このトーヘンボクっ!!!

**********

ちなみに、『天橋立の愚痴人間』さんが、その後も何か言ってますが、慈愛の念を以て無視させて頂きます。(笑)
あしからず!


263. 日高見連邦共和国 2015年6月29日 13:01:17 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

ちょと今日は忙しいので、あんま書き込めない。(笑)
(っていうか、もうココにはあんま書き込む気もない)

『天橋立の愚痴人間さん』は、IDかコロコロ変わってもその旨、説明する誠意もないし、
“聞かれたこと”には 、ほぼ“絶対”答えない(笑)のは、ここをお読みになれば分かるでしょう。(笑)

**********

でね、このスレッドでの、一応の私の結論。

@湾岸戦争は、国際社会の“最低限度以上”の信任を受けた『国連の戦争』だった。

Aイラク戦争は、“個別的自衛権(復讐)”による、米と一部の賛同国による『私戦』だった。

B朝鮮戦争は、“集団的自衛権”の名の下の、最低限の国連の信任を得た『公戦』だった。

故に、日本がもし“国連中心(尊重)主義”の元で、国連の平和維持活動に参画するとしても、
その参加可否の判断基準(モデル)となるのは“湾岸戦争”だけである。

この結論の正しさは、“戦争終結の形態”を見れば明らかである。
イラク戦争は“際限の無い(目的の無い)”戦乱の泥に沈み込んだだけで、
朝鮮戦争は北朝鮮軍を“38度線”まで押し返しても終わらず、これまた泥沼化した。
湾岸戦争は、イラク軍をクウェート国境まで“押し返した”時点で終結した。

小沢一郎の主張はこの『湾岸戦争モデル』での、国連を通じての“平和維持活動”を目指しているが、
(くどいようだが、この小沢一郎の主張を支持できるかどうか、意見は一杯有る事は認識し、許容している)
安倍自民党の “安全保障関連法案”は、『イラク戦争モデル』、『朝鮮戦争モデル』
でも易々と従米隷属による“自衛隊海外派兵”を許してしまう危険極まりない法案だと切って捨てる!


264. 2015年6月29日 16:36:52 : gAuS4kc0is

   俺の結論。
   海外派兵はいかなる条件を付けようとも、日本国憲法違反である。
    
   理由
   憲法9条において、「国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。」とあり、海外派兵は武力行使に当たり憲法違反は明白である。
   http://www.asyura2.com/15/senkyo187/msg/410.html#c40

   国の自衛権の行使は専守防衛のみ許される、海外派兵による武力行使はできない。日本国憲法は国連の指示・決定に優先する。




265. 新共産主義クラブ 2015年6月29日 18:07:50 : w0NMVeciJ/Y.. : 5VNX5jZmtM
>>262
 
国際連合安全保障理事会決議678(全文)を和訳しました。
 
http://www.asyura.us/bigdata/up2/s/103962.txt
 
 
間違いがありましたら、指摘してください。
 
 
 *   *   *   *   *   *   *   *
 
 
国際連合安全保障理事会決議678(全文)日本語訳
 
新共産主義クラブ 訳
 
原文の出典: http://www.securitycouncilreport.org/un-documents/document/Chap%20VII%20SRES%20678.php
 
 *   *   *   *   *   *   *   *
 
 
1999年11月29日の決議678(1990)
 
安全保障理事会は,
 
1990年8月2日の決議660(1990),1990年8月6日の決議661(1990),1990年8月9日の決議662(1990),1990年8月18日の決議664(1990),1990年8月25日の決議665(1990),1990年9月13日の決議666(1990),1990年9月16日の決議667(1990),1990年9月24日の決議669(1990),1990年9月25日の決議670(1990),1990年10月29日の決議674(1990),1990年11月28日の決議677(1990),を思い起こし再確認し,
 
イラクは,国際連合によるあらゆる努力にもかかわらず,安全保障理事会を甚だしく侮辱し,決議660(1990)と上述した後続する関連決議とを実行する義務を遵守することを,ただ拒否するのみであり,
 
国際の平和と安全の維持と保全のための国際連合憲章の下での義務と責任を忘れることなく,
 
その決定の完全な遵守を保証することを決意し,
 
憲章の第VII章の下で行動し,
 
1.イラクに対し決議660(1990)及び後続するすべての決議の完全な遵守を要求し,善意の一時休止として,全ての決定を留保しつつ,これを行うための唯一で最後の機会を与えることをイラクに許可することを決定する;
 
2.イラクが1991年1月15日あるいはそれまでに,上のパラグラフ1で述べたように,上述の決議を完全に支持し実行しない限り,クウェート政府と協力する加盟国に対し,決議660(1990)及び後続するすべての関連決議を支持し履行するため,かつ,当該地域の国際の平和と安定を回復するため,必要とされるあらゆる措置をとる権限を与える;
 
3.すべての国に対し,パラグラフ2の遂行にあたってとられる行動に対する適切な支援の提供を求める;
 
4.すべての関係諸国に対し,パラグラフ2及び3の遂行にあたってとられる行動の進展について,安全保障理事会に定期的な報告を行うよう求める;
 
5.引き続き,この問題に取り組むことを決定する.
 
 
 
 *   *   *   *   *   *   *   *
 

266. 日高見連邦共和国 2015年6月30日 08:56:24 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>>264

『俺の結論』って偉そうに!(笑)

第一、アンタ誰よ!?


267. 日高見連邦共和国 2015年6月30日 09:06:59 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>>265 『新共産主義クラブ』=『米犬』

『和訳しました。』って、キミが訳したの?その“正確さ”の担保は?
少なくとも、キミの過去の“活動履歴”から、その行為を好意的に(シャレじゃない)受け止める義理は無い。

また、私の問題提起は『和訳を読みたい』という部分じゃない。国際社会、国際世論の多くが
『国連決議678号』をもって湾岸戦争を“国連の戦争”と認知しているのは周知の事実なんだから、
“それ相応の文言・記述”が含まれてるのは当然であろう。だから疑ってもいないし、改める必要もない。
そういうスタンスだったから、ワザワザ一連の国連決議を紐解く必要性を認めていなかった。

だが、今回改めて調べてみて、この極めて重要な『678号』の決議の和訳(概略を含めて)
がネット検索でも見つけられないのはなんでだろう、という当然の疑問に行き着く。
(イラク戦争の正当性だって、アメリカはこの『678号』の決議文にまで遡ってるくらいだ)

それってなんで?オカしくね?
・・・ってのが、ここで明示した、“根本に関わる疑問”なんだが、そこに対してキミの見解はないのかい?

せっかくの“私的邦訳”を提示してくれて、こうい言い方は大変に申し訳ないと思うが、
キミと私の過去の“浅からざる因縁”を考えると、キミのその“しれっと顔”
に対しては文句の10個も言いたくなるのが人情ってもんだ。

キミになら私の言ってることの意味が分かる筈だが、どーだ?


268. 2015年6月30日 13:08:04 : gAuS4kc0is

   >>266. 日高見連邦共和国 >『俺の結論』って偉そうに!(笑)第一、アンタ誰よ!?


   こら>>266。こいつは、礼儀知らずな野郎だな。 
  
   人に名前をきくときは「失礼ですが、あなたどなたですか?」と言え。
   この>>266日高見は、どうしょうもない無礼者野郎だぜ。あははは。




269. 新共産主義クラブ 2015年6月30日 14:03:27 : w0NMVeciJ/Y.. : DuIp3Azs5I
まず、訂正します。
>>265(訂正)
1999年11月29日の決議678(1990) → 1990年11月29日の決議678(1990)
 
 
>>267. 日高見連邦共和国 さん
 
>『和訳しました。』って、キミが訳したの?その“正確さ”の担保は?
>せっかくの“私的邦訳”を提示してくれて、…
 
そのような言葉の中に、日高見連邦共和国さんの権威依存・官僚依存の深層の心理が透けて見えてきます。
 
権威や官僚の力に頼らずに、疑問に思ったら、まず自分の力で調べてみる気持ちが大切です。
 
翻訳くらいは、辞書があれば何とかできるのですから。
 
新共産主義クラブの訳文におかしなところがあったら、ぜひ指摘してください。
 
よりすぐれた、ご自身の訳文がありましたら、できるだけ投稿してください。
 
日高見連邦共和国 さん以外の方にもお願いします。
 
 
 
>『678号』の決議の和訳(概略を含めて)がネット検索でも見つけられないのはなんでだろう、
 
権威や官僚への依存心が高い割には、短絡的に権威や官僚の陰謀に結び付けたがるのが、日高見連邦共和国 さんに限らず阿修羅の投稿者・閲覧者によく見られる傾向かもしれません。(概略はWikipediaにあります。日高見連邦共和国さんが紹介済)

 
私なりの理由を考えて見ます。
 
一つには、決議が出された1990年という年は、インターネットが未だ一般に普及していなかったということです。大学関係者はインターネットが利用できましたが、彼らの間では和訳文は必要でなかったと考えられます。そして今日、ニュース性の乏しい25年前の決議文の翻訳をボランティアであえてやる意欲を持つ人が少ないのだと思います。また、このような話題に興味を持っている一般の人の数が、今日でもそれほど多くはないのだろうとも思います。
 
二つ目は、日高見連邦共和国さん自身が言っておられるように、万一、間違った訳を世間にさらしては恥ずかしいという意識や迷惑をかけてはいけないという意識が影響していると思います。これはむしろ、一般の人よりも、外務官僚や専門家にありがちな傾向だと思います。Wikipediaで全訳でなく部分訳だけ紹介している方は、案外、このような類の方かもしれません。
 
三つ目は、全文和訳が出回ると、都合が悪いと考えている外務官僚の陰謀です。
見ればわかるように、決議文では、国連憲章第7章への言及と「必要とされるあらゆる措置をとる」という表現だけによって武力行使を認めているので、一般には武力行使をを意味することがわかりにくいため、なるべく隠しておこうと彼らが考えている可能性です。
 今日においてそのような理由で全文和訳が出回っていない可能性は低いと思いますが、当時の新聞等でどのように報道されていたかには興味があります。
 
 
(追記)
2000年以降の国連安保理決議の日本語訳はこちらにあります。
http://www.unic.or.jp/texts_audiovisual/resolutions_reports/sc/
 
 


270. 2015年6月30日 17:17:10 : HC1Ax8O4NU
(ご参考) 
 
イラク戦争(2003-2011)の開戦理由となった国連安保理決議
 
 国連安全保障理事会 決議 第1154号
(1998年3月2日採択)
http://www.shonan.ne.jp/~kuri/aala/aala_2.html#anchor724178
 
 
 
 安全保障理事会決議1441(2002)
http://www.unic.or.jp/news_press/features_backgrounders/1164/
 
 
 

271. 2015年7月01日 04:13:48 : AiChp2veWo
国体を糺して、富国強兵、陛下万歳、道義国家再構築、何かおかしいですか。

272. 日高見連邦共和国 2015年7月01日 18:00:52 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>>269 『新共産主義クラブ』=『米犬』

>そのような言葉の中に、日高見連邦共和国さんの権威依存・官僚依存の深層の心理が透けて見えてきます。

また意味のない妄言言ってる・・・(笑)

私は、“英語力の無い自分”が、時間を浪費して“誤訳”コクよりはしかるべき訳者に翻訳は任せるべきだ、と言ってる。

私が先に紹介したホムペでも、その運用者が訳しているので、邦訳内容には留意して、という但し書きもあった。

とくにこのような“国際的に特殊な文書”は、ことさら慎重な邦訳が求められる。
オマエがこの筋で“文言の定義や解釈”において信頼すべき“訳者”だという履歴があるのならば示して欲しい。

また、私はオマエの“邦訳”に直接難癖付けてるわけじゃない。
こんな大事な『国連決議』のちゃんとした邦訳が探してもすぐ出てこないってのはどんな理由だろう?
・・・と訝っているんだ。

そしてその私の“指摘の本質”には一切答えることが出来ないオマエは、やっぱり
“まともに話しをし合える相手”ではないことが、またたま証明されちまったって訳だ。

笑ってやるから、消えときな!(笑)


273. 新共産主義クラブ 2015年7月01日 18:49:39 : w0NMVeciJ/Y.. : 3w2GuVDarw
>>265
http://www.asyura.us/bigdata/up2/s/104023.txt(国連安保理決議678日本語版改定版をアップしました。)
 
 
>>272さん
>とくにこのような“国際的に特殊な文書”は、ことさら慎重な邦訳が求められる。
>オマエがこの筋で“文言の定義や解釈”において信頼すべき“訳者”だという履歴があるのならば示して欲しい。
 
 
そういうところが、おまえさんの権威主義なんだが。
 
あなたが、うっかりいつも引用しているWikipediaの文章だって、似たようなものですよ。
 
新共産主義クラブの訳が、日本の安全保障や国際平和に害がありそうな訳かどうかは、自分の力で確かめるか、知り合いの翻訳家に依頼して確かめてください。
 
その上で具体的に列挙して批判してください。
 
日高見連邦共和国さんには、自分に力が無いのに小沢一郎さんなんかの権威に寄りすがって、他人をけなす性格が、骨の髄まで浸み込んでいるみたいですね。
 
 
ところで、安全保障理事会決議1441(2002)
http://www.unic.or.jp/news_press/features_backgrounders/1164/
 
のような、イラク戦争開戦前後の重要な決議が、
 
2000年以降の国連安保理決議の日本語訳を紹介するページ(http://www.unic.or.jp/texts_audiovisual/resolutions_reports/sc/
)から辿(たど)れないのは、きっと、日本政府の国連への圧力か、国連の小さな陰謀だと私も思うよ(笑)。
 
 

274. 2015年7月01日 20:45:14 : CBVxjmMTfW
↑の皆さん

むやみに兵隊を出して庶民の命を粗末にするよりも、歯止めをかけたほうがはるかにかしこいだろう。

屁理屈はどうとでも言えるだろうが・・・



275. 日高見連邦共和国 2015年7月02日 17:50:35 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>>269 『新共産主義クラブ』=『米犬』

まだ妄言語ってる・・・

それと、どした、取り澄ました“お上品さ”が、安いメッキのように剥がれて来てるよ・・・
くすくすっ。


276. 2015年7月03日 17:19:12 : 9WSJa9DmqO
>>275さん
 
日高見連邦共和国さんが論破されてしまって、くすん、くすんっ、と泣き出したようですね。かわいそうに。
 
ところで湾岸戦争のときの国連決議をとても大事になさっている小沢一郎先生は、きっと国連安保理決議678の原文と邦訳文を読んでいるはずでしょう?
 
そこで、日高見連邦共和国さんにお願いですが、小沢一郎先生に依頼して国連安保理決議678の小沢一郎事務所が持っている邦訳文を、どこかに貼り付けてください。
 
生活の党のホームページでも良いし、阿修羅掲示板でも結構です。
 
 

277. 日高見連邦共和国 2015年7月03日 18:19:14 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>>276

私が『どんな論点』で、『どのように論破』されているのかをご説明頂けるか?(笑)

>国連安保理決議678の小沢一郎事務所が持っている邦訳文を、どこかに貼り付けてください。

だから、その要求がどんな意味をもってるんだよ、このスレッドの、このコメント欄で?

『国連決議678号』に対する見解(その邦訳を敢えて読む必要性も覚えてこなかったという理由も説明済み)、
そして『邦訳が無い』という現実に対する“不思議”を素直に表明しているまでだ。

『新共産主義クラブ』が逃げ出したようだから、貴殿がここでの議論を引き継いだ、と思って宜しいか?

そうやって喧嘩を売ってきたなら、貴殿はちゃんと対応するように。

繰り返すが、まずはこれを説明してくれ。

『私が“どんな論点”で、“どのように論破”されているのかを、まずご説明するように!』

OK?


278. 新共産主義クラブ 2015年7月03日 18:32:25 : w0NMVeciJ/Y.. : sTZG3AxAre

>>61. 日高見連邦共和国
>『国連決議678号』の問題点を煎じつめれば、“授権”という文言の解釈に依るでしょう。
>まあしかし、当時の国際情勢と国際世論、及び湾岸戦争が一般に“国連の戦争”と認知されている
>ということは常識であり、且つ一般的であるという認識の元で、私の主張は合理的なもであると思っています。
 
>『国連の安全保障理事会の了承を得ていたので、国連の活動の一環としての
>武力行使に対する後方支援は、我が国の国権の発動たる武力行使には該当しない』
>という、誰が聞いても誤解のしようがない小沢一郎の一貫した主張だ。
 

元国連職員の吉田 康彦氏の意見を紹介します。
 
■吉田 康彦 日本政府も小沢一郎も国連を「誤解」
2007年10月19日
 
”小沢一郎民主党党首は、来月1日に期限の切れる「テロ特措法」にもとづくインド洋上の海自の燃料補給は違憲、アフガニスタン現地における多国籍軍参加は合憲と主張しているが、前者は正解、後者は誤解だ。”
 
”国連憲章第7章は細かい手続きを規定しており、加盟国の軍隊は安保理常任理事国の参謀総長(ないしその代理)からなる軍事参謀委員会の戦略的指導の下に、(統一指揮権の下で)行動することになっている。これがいわゆる「国連軍」だが、今日まで一度も編成、展開されていない幻の軍隊だ。小沢氏の念頭にはこれがある。これこそ「国連」の軍隊であり、参加しても「国権の発動」とはならないが、現実には存在しないのだから合憲も違憲もない。

代わりに編成され、各地に展開しているのが「多国籍軍」だ。古くは朝鮮国連軍がそうだった。その後の湾岸戦争多国籍軍、KFOR(コソボ自治州国際治安部隊)、そしてISAFもしかりだ。

 問題は、たとえ安保理決議で派遣が決まっても、必ずしも統一指揮権が確立しておらず、参加各国の司令官が個別に指揮していたり、統一司令官にいても単なる形式だったり、憲章の手続きを踏んでいなかったりすることだ。すべて妥協の産物で、応急手当として展開される軍隊だからだ。ISAFの場合もNATO軍司令官が全軍の司令官を兼ねている。”
 
 
 
■吉田 康彦 「国連軍」を考える
2004年1月30日
 
”「常設軍」にせよ「待機軍」にせよ、原則からして兵力提供国の国権の発動ではなく、国際公務員としての個人参加となり、日本国憲法にも抵触しない。この構想をさらに徹底したものが「国連ボランティア軍」で、フランスの外人部隊の「国連版」と考えればよい。構想はすでに10年前から出ているが、実現の目途はまだ立っていない。しかし国連強化と法の支配の確立のためには、これこそが理想の国連軍である。”
『電気新聞』2004年1月30日時評「ウェーブ」欄】
http://www.yoshida-yasuhiko.com/unitednations/post-70.html
 
 


279. 新共産主義クラブ 2015年7月03日 18:38:29 : w0NMVeciJ/Y.. : bjne0tChHg
>>277. 日高見連邦共和国さん
 

>だから、その要求がどんな意味をもってるんだよ、このスレッドの、このコメント欄で?
 
わたしは、小沢一郎事務所の人は、誰も国連決議678を読んでいないと思う。
   
それに対する反証としての意味があるでしょう?
 


 


280. 日高見連邦共和国 2015年7月04日 07:31:25 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>>278 『新共産主義クラブ』=『米犬』

だから私は“授権”という考え方には、異論もあろうし議論もあろう、と最初から言ってる。

私の言ってること、聞いてる?(笑)


281. 日高見連邦共和国 2015年7月04日 07:39:24 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>>298 『新共産主義モグラ』=『米犬』

オマエは誰の事を『小沢一郎事務所の人』と言ってる?

それが私に対しての言葉だったら、その指摘には答える必要を認めない。
その理由は説明するまでもないのだが、オマエはそういい質問・決めつけに拘泥すrのだろう。
それは何より、オマエが私に辟易している何よりの証明だから、勝手に続ければいい。(笑)

第一オマエ、オマエだって“邦訳”が見つけれなかったから、自分で訳したんだろ?(笑)

何度も繰り返すが、世界一般に『国連の戦争』という共通認識が共有されてる湾岸戦争においての、
その根拠たる“国連決議のその全文”を、あえて確認するニーズを認めていなかった、と私はすでに言ってる。
(おそらく以前は読んだのだろうが、その内容に関してはおぼろげな記憶しかない)

だからこそ改めて調べてみたら、いろんな不思議が出てきた、って言ってるの、ちゃんと呼んでる?

スレッド途中で湧いてきて、“言いがかり”を付けてるだけのオマエに、こうやって
相手してあげてるだけでも有難いと思え、クラゲ&モグラくん!(笑)


282. 日高見連邦共和国 2015年7月04日 07:45:15 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>>276

たぶんお前も『新共産主義クラゲ』の変態くんnなんだろう?

ま、どーでもイイや。(笑)
とにかく、私の >>277 の質問に答えろや!?

>>278>>279『新共産主義モグラ』、“本体”のオマエが代わりに応えてくれてもイイぜ?

ここは私が『天さん(D)』と議論し、途中で『朝鮮戦争時の国連決議』を持ち出してきたヤツが
居たから、主要な国連決議をまとめ、調べ、考察を加え、>>263 で結論付けているスレッドだ。

異論があるなら、その“論脈”において自分の意見を記し、“論点”を明示せよ。

言ってる意味分かるか、クラゲモグラくん!?(笑)



283. 日高見連邦共和国 2015年7月06日 08:29:33 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

なんだよ、もう“反応”無し、かよ〜!(笑)

284. 日高見連邦共和国 2015年7月06日 13:20:09 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

ここでの私の意見、結論を補強する意味で、大下英治氏の著作から文字書き起こしします。

**********

『小沢一郎の政権奪取戦略』 大下英治著
2005年3月30日初版発行 河出書房新書刊

第6章 民主党、躍進(P.319〜320より抜粋)
========================================

★国連待機部隊への賛否

(省前)
 周辺事態法は、後方支援のようなことができるように書かれているが、非戦闘地域
でなければ駄目だとしている。朝鮮半島や台湾海峡など危ないところから少し離れた
公海上で手伝うことまでしか想定されていない。だから、周辺事態法まで踏む込んでも、
自衛隊は、朝鮮半島、韓国まで上陸して多国籍軍を手伝うことはできない。それゆえに
こそ、国連待機部隊を出す。
(中略)
 日米安保ばかりにとらわれていると、朝鮮半島有事は、集団的自衛権の問題と考え、
アメリカに守ってもらうためにイラク問題で恩を売っておかないといけないという流
れになってしまう。いまの世の中だと、国連の枠組みで朝鮮半島有事に対処する可能性
はかなりある。それゆえ、それに対応できる態勢を日本がとらなければならない。
自民党は、「小沢は、国連がそんなに機能しないのに、かいかぶっているのではないか」
と指摘する。しかいs、湾岸戦争のときに現実に機能しているし、多国籍軍は国連決議に
基づいてできている。東チモールのときも同じだ。
(以下省略)
========================================

**********

『小沢一郎の最終戦争』 大下英治著
 2010年3月25日初版第一刷発行 KKベストレセラーズ刊

第4章 小沢一郎の戦い(P.189、190より抜粋)
========================================

★小沢外交戦略

――平成21年2月17日午後9時、小沢代表はクリントン米国務長官と都内のホテルで
 約30分間会談し、「対等な日米関係」をめざす考えを強調した。アジア情勢でも活発な
 意見を交換したが、小沢代表が批判するオバマ政権のアフガニスタン政策など見解が
 対立する課題には言及しなかった。
小沢 アフガンの問題も言おうかと思ったんだけど、今回は言わなかったね。だけど、
 次期総選挙で民主党が政権を取れば、ぼくはオバマ政権に対して「増兵しても、絶対に
勝てない」というつもりだよ。みんなが安定して暮らせるようになれば、タリバンも、
アルカイダもなくなる。いま食べられないから問題なんだ。それを力で押さえ込んでも
反発するだけだ。タリバンは、民族主義運動だから、どんどん支配地域を増やしてるじゃ
ない。陸続きのソ連だってアフガニスタンには勝てなかったのだから、海を越えてやって
来るアメリカじが勝てるわけがないよ。
 民主党が政権を担う立場になれば、アフガニスタンでの国際治安支援部隊(ISAF)
への参加を実現したいと思う。ただ、今のアメリカのやり方が悪いと言っているんだ。
武器を持って行っても駄目だ。それはかっぱらいや泥棒もいるから、多少のことはやむを
得ないけれども、武力で民は治められない。もちろん、事案の維持も大事だが、日本は、
戦乱で荒れ果てたアフガニスタンの国土を自分たちで食えるような国土にしてやることだよ。
(以下省略)
========================================
(引用終わり)

まあ、“誰”とは言わないが(笑)、私の意見やその根拠に異論がある方は、
なるべく『具体的に』かつ『論理的に』ご意見を仰って欲しいと心から望む。


285. 日高見連邦共和国 2015年7月07日 17:38:44 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

まだ、レス待ってますゾ!(笑)

286. 日高見連邦共和国 2015年7月08日 08:54:56 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

私はこのスレッドコメント欄で『比較論』としての評価として、小沢一郎が言う
“国連中心(尊重)主義”の論旨において、過去の“安保理決議”の経緯(内容)の
どれが『今後のモデルになり得るか(国連の戦争として許容されるか)』を論証した。

その補足資料として、2冊の書籍から文字書き起こししてご紹介する。

**********

『集団的自衛権の深層』 松竹伸幸著 平凡社刊 2013年9月13日 初版第1刷
第3章 冷戦後の変化とその意味を考える(P.99〜)抜粋
========================================

★だが、集団的自衛権の行使ではなくなた
 
しかし、その後の事態の推移は、多くの方が覚えておられる通りである。集団的自衛権
は、こうやって決議の文面に登場し、行使寸前という事態を迎えたが、実際に行使される
ことはなかった。
 たとえば、湾岸地域に展開した米軍は、経済制裁を実効あるものにするため、イラクに
出入りする船の臨検を開始した。それは集団的自衛権を口実に勝手にやったものではない。
安保理決議665によって、「当該地域に海上兵力を展開している加盟国に対して」安保理
決議が臨検を求めたのであった。国連が許可したわけだから、アメリカによる集団的自衛権
の発動ではありえなかった。
 より重要なことは、91年1月に開始された湾岸戦争自体が、国連安保理がオーソライズ
する戦争として戦われたことである。90年11月、安保理が決議678を採択し、加盟国
に対して「必要なあらゆる手段をとる権限」を与えることにより、多国籍軍が組織され、
イラクをクウェートから撤退させるまで戦争が遂行されたのである。この戦争をどこまで
国連安保理のオーソライズによるものとみなすかについて、いくつかの異論はあるだろうが、
少なくともアメリカなどが集団的自衛権を行使して勝手にやった戦争だという評価はあり
得ない。戦争指揮のあり方が憲章の規定からはずれるなど、個々に重大な問題を抱えつつも、
全体として国連安保理の決議に基づく戦争だったのは疑いようがない。
========================================

**********

『戦争の条件』 藤原帰一著 集英社刊 2013年4月22日 第1刷発行
第8章 平和の条件(P.179〜180)より抜粋
========================================

★リアリズム、絶対平和主義、戦争の違法化
(承前)
 国家が軍隊を保持し、互いに戦争の準備を行う限り、戦争の可能性はなくならない。
もしここで戦争を排除しようとするのであれば、軍隊そのものをなくすほかに方法は
ないではないか。このような絶対平和主義は、憲法第9条に戦力不保持を謳っているこ
ともあって、第二次大戦後の日本ではかなりの支持を集めてきた。
(中略)
 他国に対する侵略は認められないが、その侵略を排除するための軍事行動は必要である。
ここですべての国家が国防を優先して軍備の拡大に走るならば国際関係は不安になってし
まうから、まず侵略を違法化し、侵略に対しては国際社会の一致した対抗を行わなければ
ならない。これが国際法、特に集団的安全保障の観念である。
 絶対平和主義の立場が今なお多くの人から支持を受けている日本を別とすれば、世界の
多くの地域におけるリベラルな国際政治認識はこの立場をとっていると考えてよい。発足
時における国連の想定した集団的安全保障は実現していないが、国連の想定する戦争の
抑制もこの第三の立場である。ここでは戦争に頼らない国際関係の構築を目指しつつ、
戦争に頼る主体に対しては厳しい制裁によって臨むという、理想主義的を折衷した対応
が取られている。
(以下省略)
========================================
(引用終わり)


287. 日高見連邦共和国 2015年7月08日 19:38:41 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

もうこの際誰でもいい。レス待ってるよ〜!(笑)

288. 日高見連邦共和国 2015年7月09日 17:21:21 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

定期巡回中。(笑)

気が向いたらもう少し書き込みます。


289. 日高見連邦共和国 2015年7月10日 18:42:03 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

今日もスレッド・コメント欄の“定期点検”

出来たら来週、続きを書き込みたいな〜。


290. 日高見連邦共和国 2015年7月20日 15:18:35 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

無人機(笑)による定期巡回(偵察)。

291. 日高見連邦共和国[16523] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年10月10日 12:45:25 : NwWQYiC8iY : YUUzeXNUejdCN2c=[566] 報告
ドローンによる不定期巡回。(笑)

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK187掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK187掲示板  
次へ