★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK198 > 902.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「スルメ欲しさに…」紅白総合司会・黒柳徹子が語っていた“戦争責任”と平和、テレビへの思い(リテラ)
http://www.asyura2.com/15/senkyo198/msg/902.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 1 月 01 日 08:20:05: igsppGRN/E9PQ
 

                    テレビ朝日『徹子の部屋』番組ページより


「スルメ欲しさに…」紅白総合司会・黒柳徹子が語っていた“戦争責任”と平和、テレビへの思い
http://lite-ra.com/2016/01/post-1848.html
2016.01.01. リテラ


 昨晩、放送された『第66回NHK紅白歌合戦』の見どころは、やはり総合司会を務めた黒柳徹子だった。美空ひばり「人生一路」を歌う天童よしみの紹介では美空ひばりの偉大さを語り、また、トリを務めた近藤真彦と松田聖子の出番では彼らとの懐かしい思い出を語るなど、まさに黒柳にしかできない大御所ならではの司会ぶりであった。

 ただ、何よりも黒柳徹子の面目躍如だったのが、美輪明宏「ヨイトマケの唄」を紹介する時に語った言葉だ。貧しい生活のなか家族のために命を削って働いたお母さんの姿を歌うこの曲の歌詞と、戦後70年という節目を鑑みて、黒柳はこんな話を始めたのである。

「戦争が終わってから日本人は本当によく働いたんですね。私は戦争が終わった時小学生だったんですけど、小学生でも、子どもでもみんな働きました。地ならしをするヨイトマケのお母さんたち、みんな働きました。日雇いでお仕事で。お父さんのため、子どものため、みんなのためにって、お母さんみんな働いて、いつか頑張っていれば幸せになれるって思って。私、よくそういう姿を見てたんです。ですから、「ヨイトマケの唄」を聴くと、あの頃を思い出して背筋がピンとするようなそういう感じがします」

 食べるものも満足にないような貧しさに追いやられた戦後すぐの日本。そして、それを生んでしまった戦争。黒柳徹子は、安保法制が強行採決され着々と軍靴の足音が近づきつつある2015年の年の瀬に、そんな過去は繰り返してはならないと、改めて平和への祈りを語ったのであった。

 今回、黒柳が司会に抜擢されたのも、「戦後70年、日本の放送90年」という大きな節目であることが理由だった。もちろん、NHK専属女優の第1号である黒柳にとっては放送90年も感慨深いメモリアルイヤーだっただろうが、きっとそれにもまして“戦争が終わって70年”ということの重みを感じていたはずだ。

 実際、昨年に黒柳は「ダカーポ特別編集 戦後70年を考える。」(マガジンハウス)のインタビューで、平和への思いをこのように答えている。

「私は、政治的発言というものをしてきてはいませんが、いかに皆が平和でいることが大事かということだけは、熱心に発言するようにしています」

 政治的発言はしなくても平和を祈る気持ちは忘れないし、伝えていきたい。黒柳がこう話すのには、ある“記憶”がかかわっている。それは、彼女自身の戦争体験だ。

 戦争がはじまったころ、まだ幼かった黒柳は、戦地へ向かう兵隊を当時住んでいた自由が丘の駅前で熱心に見送った、という。

「そこに参加するとスルメの足を焼いたのを1本くれるんだけど、私はそれが欲しくって、学校にいてもバンザイの声が聞こえると走っていったんです」(前掲書より。以下、同)

 なんとも“トットちゃん”らしいエピソードで、小走りするその姿が目に浮かんでくるが、黒柳にとってこの思い出はいまも心に深い陰を落としている。

「きっと小さい子が一生懸命に旗を振っているのを見て、兵隊さんたちは勇ましく出て行ったと思います。でも、そのなかの何人が生きて帰ってきたんだろうって思うとね……いくら私が子供で、スルメが欲しかったからといって、戦争責任がまったくないとは考えられなくて、いまも後悔が残っています」

 きっとだれも黒柳の行動を咎めたりなんてしない。あの時代、だれもがそうだった、と思うだろう。しかし黒柳自身は、スルメ欲しさに見送った兵隊たちのことをいまも胸に秘め、自責の念を感じている。戦争とは何か。そのことの意味を教えてくれるような話だ。黒柳は、つづけてこう述べている。

「戦争って、そうやって子供の心まで傷つけるものなのね。それを知っているから、戦争は二度と起こしてはいけないと思っています」

 そして、平和を祈る黒柳にはもうひとつ、忘れられない、ことあるごとに思い出すという言葉がある。

 それは彼女がNHK専属女優の第1号になってからのこと。NHKは米・NBCからテッド・アレグレッティという放送人を招待し、講演会を行ったという。アレグレッティ氏はその講演会で、テレビがこれからもっとも大きなメディアになるであろうこと、いつか戦争さえも家のテレビで観られるような時代になることを述べた。そして、このように語ったのだという。

「その国が良くなるか悪くなるかはテレビにかかっています」
「永久の平和をテレビによって得ることができると信じています」

 テレビが平和を守ることができる、平和をつくり出せることができる。この言葉は、黒柳にとって大きな希望になったに違いない。

「私自身、戦争を経験していますから、あの方の話を伺って、もし自分がテレビに出ることによって、平和をもたらすことができれば、そんなにいいことはないなって思ったんです」

 実際、黒柳はさまざまな戦争の記憶をテレビのなかで大事に扱ってきた。『ザ・ベストテン』(TBS)では広島への原爆投下日に原爆ドームが見える場所から中継を行い、『徹子の部屋』(テレビ朝日)では毎年、終戦記念日前後に「必ず戦争を体験された方のお話を伺っています」と言う。それは「いかに皆が平和でいることが大事か」ということを伝えるためだ。

 黒柳は、はっきりとこう述べている。

「それはアレグレッティさんがおっしゃった『永久の平和をテレビによって得ることができるかもしれない』という話を、私自身も信じているからです」

 翻って、この黒柳の強い思いを、一体この国の放送人はどれだけ抱えているのだろう。権力が放送に介入し、内容に圧力をかけているような状況があるなか、どれだけの人が「平和に導く力がテレビにある」と信じているだろうか。まるで戦前のような報道・言論状況に陥りつつあるテレビ界のことを思うと、ある意味、この黒柳の言葉は政治的発言よりもずっと重く響いてくる。

 報道機関の権力への隷属化が叫ばれるいまだからこそ、放送人には黒柳のように誇りをもって、テレビの力を信じ、平和を守ってほしいと心から願うばかりだ。

(大方 草)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年1月01日 13:35:53 : tHIVKuZsdo : _YgkBQOb_8U[181]
>『永久の平和をテレビによって得ることができるかもしれない』
此れ程に大きな力を秘めて居たからこそ
悪意に操られた時のテレビの力もまた大きい。

テレビの無い大戦期は新聞であり、そしてラジオだった。殊にラジオの力は大きかっただろう。
鑑賞者へリアルタイムを消費させて伝えるメディアの出現は枝葉を落としたテーマ集約の必然を発生させ、
また後に映像の年代で開花するモンタージュ式の表現を必然化させた。
理解に訴えるメディアから直感に訴えるメディアへの変貌だ。
訴求力は高いが然し其の高さの所以は動物的な処に訴える事に由来する。
(故に鑑賞者は理性を何処かへ必ず担保して居る事を要求される)

テレビの時代は映像に拠ってこの性質が更に進化される事になった。
然し鑑賞者の想像力を「映像」の力によって必ずしも要求されるもので無くしたこのメディアは、
論で案内の『永久の平和をテレビによって得ることができるかもしれない』の敷居を確かに下げた反面、
悪意の誘導に対する敷居も同時に下げてしまった訳だ。
人々は過去に増して考えなくなった。
想像力を前提にされなくても良いので理解はしていないのだ。
然し低位な部分に訴えるだけに納得だけは安易にしてしまう。
(「一億総白痴化」とは良く言ったものだ。先見であった)

幸運にも今現在我々は最先端のメディアをテレビに依存し切った時代からは何とか一歩進めた位置に居る。
偶然の幸運だと思う。
もし安倍晋三がもう少し早い時代に本性を表し玉座を乗っ取って居たならば、
暗黒時代への突入は即座に決定的な物になったに相違なかったろう気がする。
(考えただけでも背筋が寒い)

テレビ一強の打破が現代に在っての幾つかの鍵の一つなのだろう。
然しネットはまだ弱い。然し今の処我々側の手で扱える最大の反撃の力でも在る。
或いはネット以外にもまだまだ発掘出来、
活用の可能性を埋没させているレガシーなメディアが生活圏に転がって居るかも知れない。
そういう物を一つ一つ見付け、怠らず工夫を凝らす努力で、
悪意の者達の死角から忍び寄り、二度と起き上がれない様に殴り倒す必要が在ろう。
我々はまだ其の全てに着手出来ては居ない。

ファッショは完成し切っては居ないが盤石に近い位置に在り、我々に残された時間は然程無い。
完成された暁にはその打倒が殊更困難になるに違い在るまい。故に、
我々に残された時間はもう然程無い。

「永久の平和」を『自分の手で取りに行く』一年にしたい物だ。
テレビを喰おう。テレビから引き剥がそう。 我々に其のための何が出来るのかを考えよう。

依存した層の取り込みが鍵だ。 橋渡しの方法の模索がその具体的な課題だ。
各人出来る範囲での取り組みに尽力頂きたい。 俺も頑張る


2. 2016年1月02日 02:33:54 : fpt8itpB5Q : zW@YYVl31Kw[100]
必要な戦争はしなきゃいけない
必要な喧嘩はしなきゃいけない
でも日本という国は、必要のない戦争を故意に起こして自国民・他国民を殺す
なぜそこを言わないのか

この黒柳の話には全く説得力が無い
戦争が嫌なのは誰でも同じだ
この日本という国は、支配層の金儲けのために自国民を使って戦争をする
先の大戦では、皇族は一丸となって中国での略奪行為に勤しんでいたではないか
だから日本は戦争をしてはいけないと言わなくちゃ


3. 歯磨き右近高山[174] jpWWgYKriUWL342CjlI 2016年1月02日 03:05:03 : JmI7qHBtC6 : 5NIvZdop8co[3]
ゴミ売、斬頸(フジテレビジョン)なら兎も角、何故、犬えっち軽・TBS・TV-朝日までもが、安倍痔眠盗の「不当な圧力」にビビるんですか?

確かに、汚奈良のバカイチ差萎え〜が「葬霧Die仁」に座っているのは怖いが、明白に「政権政党の権力濫用」に該当する以上、内容証明郵便を毅然たる態度で破り捨てて、堂々とTVで流すという、「ルビコンの決断」をすれば、「正義の味方」に瞬く間に復帰出来るでしょうに。

TV-TOKYO(日経新聞社系)は、「古い体質の大企業目線」報道を改めるべき。


4. 名阪神高速浪速[4] lryN45BfjYKRrJhRkaw 2016年1月02日 03:14:38 : JmI7qHBtC6 : 5NIvZdop8co[4]
>2は要するに「バカウヨ」。

今世紀初頭かなぁ、ある一般人高齢男性がTV-Interviewで、「人類がバカだから戦争は無くならないんだよね。」と、仄かに悲しそうな表情で語っていたよ。

己の「バカ」を糾す努力を放棄する発言を聞いて、最高に悲しいね。

[32初期非表示理由]:担当:言葉使い

5. 2016年1月02日 11:12:08 : 3MLCLmWTsY : goi0NvkVl@I[2]

黒柳徹子の年代なら、

戦時中「千人針」を善意からやって

結果的に「戦争に加担した」経験があるのだろう。


それは大きなトラウマになっている筈だ。

善意のつもりで、兵隊さんたちの武運長久を祈り行ったことが、
戦争という「人と人の殺し合い」に加担していたのだから。

戦争とは「生きている人間を殺すこと」だということの認識は絶対に必要なことだ。


https://pbs.twimg.com/media/BsINo1kCQAEoa2d.jpg

http://japanese.irib.ir/media/k2/items/cache/0ccf24d4722bafe0ad228506e749571d_XL.jpg

http://blog-imgs-65.fc2.com/n/y/a/nyaasokuvip/eI3zDWH.jpg

http://www.geocities.jp/torikai019/tokyo/tokyo3-10hahko0001.jpg

http://pds.exblog.jp/pds/1/200808/14/94/b0100094_23144456.jpg



6. 戦争とはこういう物[990] kO2RiILGgs2CsYKkgqKCpJWo 2016年1月02日 12:24:25 : 0lfblgLuXc : joWj7kZ@L@I[38]
 紅白はほとんど見ていなかったが「ヨイトマケの歌」のシーンはたまたま見た。
美和氏は普段と異なり「男装」での熱唱であった。
あれには何か特別な意味があるのだろうか??

7. 2016年1月02日 13:49:16 : k0X5EjJmuU : qGQXk3mHO9o[2]
日本の自衛隊も戦争経済も準備が整いつつあるので、

紛争を起こし、戦争に突き進むだけだろう。


8. 2016年1月02日 15:59:17 : Sjz1nvXnYM : MOZ7Tl6Mres[72]
2012「ヨイトマケの唄」美輪明宏

https://www.youtube.com/watch?v=qt70qMMSlhY


9. 2016年1月02日 17:33:16 : ES3Tjsc7GA : gRT@qluybdk[12]
本家ユニセフかて清廉潔白ちゅうわけでもなさげでんな。

小隊長日記〜日々是鍛練ナリ。
2009年12月17日

日本ユニセフからDMが来たw
http://a-odagiri.seesaa.net/article/135824581.html様から無断借用


〜略〜

●・・そんでもって、本家ユニセフですけれども。
世間では「日本ユニセフ=悪:本家ユニセフ=善」みたいな図式が出来上がっていて大笑い。いやはや、本家のユニセフもかなりヤバイ組織だと思いますがねえ…?w

●そもそも、あそこの連中ってのは、原理主義的でヤバイ宗教団体や、過激派を含む極左の組織員だってこと、有名な話なんですけど…。だいたい、支援している地域を見れば自ずとわかるかと。

●そんなわけで、本家ユニセフ関係者は公安の監視対象になっております。もちろん、本家ユニセフの親善大使である黒柳徹子も何度か監視対象になったそうですが、現在は重要度が低いと判断されているそうで。まあ、この人はエチオピア&ソマリアを破綻させた独裁者メンギスツとも親交があったわけですから、監視対象になっても仕方ないわな。


最後に。

●年末になって募金などする機会も増えると思いますが、慎重に。統一協会とかエホバとか、モルモン教などにも御注意を。


10. 2016年1月02日 17:38:08 : ES3Tjsc7GA : gRT@qluybdk[13]
メンギスツ・ハイレ・マリアム

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%AE%E3%82%B9%E3%83%84%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%AC%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%A0


11. 2016年1月02日 17:39:48 : ES3Tjsc7GA : gRT@qluybdk[14]

人物紹介をコピペをひどく妨害されたのはなぜ?

メンギスツ・ハイレ・マリアム(アムハラ語: መንግስቱ ኃይለ ማርያም, ラテン文字転写: Mengistu Haile Mariam, 1937年5月27日[2] - )は、エチオピアの政治家、軍人。エチオピア人民民主共和国の初代大統領、エチオピア労働者党書記長、アフリカ統一機構議長を歴任。1974年から1991年にかけて数十万の反対派を粛清し、戦争や飢餓の拡大などにより国内から100万人の難民を出した独裁者である。



12. 2016年1月02日 23:07:32 : fpt8itpB5Q : zW@YYVl31Kw[103]
>>4
例えば、パレスチナをどう思ってるんだ
イスラエルはパレスチナ人を殺して臓器は抜き取るわ
畑に薬物をまいて作物は枯らすわ、やりたい放題だぞ

パレスチナもシリアもイラクも全員殺されるだろう
戦わずに、みな死ねと?

そこに現れたのがロシアだ
ロシアの空爆に、シリア人は泣いて喜んだはずだ
ロシア戦闘機のパイロットを、手を振って見送るロシア人は
私は戦争に加担してしまったと悔いるべきなのか?

黒柳は本質を外れている
戦争の全てを否定したら生き残れない
しかし、日本は明治からイスエルと同じブラック国家になってしまったから
ロシアのような正常な国家に戻るまでは戦争をしてはいけない
というのが本質の部分だ


13. 2016年1月02日 23:09:07 : ZsLPTJZubY : Vlox_NpGhjI[9]
ばかばかしい。こんな事態になってもいまだにテレビの良さしか見ようとしないとは。テレビは所詮洗脳ツールにしか過ぎないことを理解すべきだ。諸刃の剣なんだから、よくも悪しくも、いい様に使われる権力者の道具なのです。しかし、われわれはこの時代にネットという武器を得たんですよ。これもよくも悪しくも使われるが、ただし、テレビと決定的に違うのは、情報の選択主体は常に個人にあるということです。この批評性をはらんだツールを駆使する方向に情報源を求めるべきだ。

14. 名阪神高速浪速[6] lryN45BfjYKRrJhRkaw 2016年1月03日 00:54:18 : JmI7qHBtC6 : 5NIvZdop8co[6]
>>9

確かに別のスレッドとして、「昔の日本はエロかった…」辺りを読むと解る事として、UNICEFは、
Crister(Reader's Plus Dictionary に拠ると、信心深く礼儀正しい人間ブリっ子を貶す言葉)の誹りを免れない部分もあるでしょうね。一定以上、教育水準UPが困難な(especially for the girls)regionに於いては、チュートハンパな医療、食糧の援助により、人口増加による貧困の温存を招いているという疑惑もあります。

でも、日本国内では、female Charles Chaprin or Other Yoko Ono; …Love & Peaceを訴えている人物として、彼女本人にケチを付ける余地は少ないと思いますよ。お昼のTVで、あんなに多彩な人物とtalkしているんだもん。


15. 2016年1月03日 01:02:05 : Sjz1nvXnYM : MOZ7Tl6Mres[73]
【小野田寛郎さんの遺言】戦国時代、あの時代の心掛けに成れ

https://www.youtube.com/watch?v=Ccos6wNsU8E


16. 2016年1月03日 03:21:28 : w3M1BHSquE : 5KToaZSVnLw[113]
>>2
必要な戦争 そんなものは絶対に無い 断じて無い 有り得ない事を言うならば ネトウヨと罵られても
仕方の無い事と言えますな

この世のすべての戦争が、不必要なのである そして 中でも最も 無駄な無益な無謀な戦争は
アメリカなんかという強大な国家と戦争をしてしまった、いわゆる太平洋戦争である
戦う必要などまったく無かった国と戦争をし、挙句の果てに日本の各都市は焼野原にされ
人々を壮絶な飢餓地獄に陥れた 何一つ良い事など無かった百害あって一利なしの戦争としか言えない

どうしても戦わなければいけない そんな事態は 大昔の 元寇まで遡れなければ見当たらない
少なくとも近代に於いては、「必要な戦争」 なんて、絶対に 存在しない

明治日本が、初めての対外戦争となった 日清戦争でさえ 坂本龍馬が師と仰いだ 勝海舟が 猛反対したという
ならば当然、坂本龍馬がもし生きていたならば 日清戦争には反対したであろう

完璧な勝利を得たこの 日清戦争こそが 莫大な戦勝金をせしめ 日本国民を戦争狂いに走らせた元凶とも言える
そもそもの間違いの始まりであった。


17. 2016年1月03日 11:08:08 : Sjz1nvXnYM : MOZ7Tl6Mres[74]
かつて旧ソ連はドイツに攻められた、武装していない占領された
そこに住む人々は狩集められ殺された。女子供達も同様に、それはフランスでも
行われた。何故旧ソ連は猛攻でドイツを追い戻しドイツを破壊したのか、
それは進行した所に有った村々の全ての住民が殺されたからである、
降伏敗戦は住民を含めた死が待っていた、旧ソ連の戦死者
一般市民と兵を合わせるとおおよそ2500万人、日本とは桁違いなのである。
アインザッツグルッペンそれはユダヤ人達だけの物では無い
平和を望まない者達この者達が居る限り世界に平和は訪れない、
第一次大戦第二次大戦とその背後に潜む者達と今世界が争っているのとは
同じ者達がいるのですよ、そしてその歴史は長いのです。
戦争を起こしそしてその勝者も敗者も同じ組織に組み入れられる、
これが今も起こっているのは、世界支配と言う目論見なんです。

18. 2016年1月03日 13:25:18 : Sjz1nvXnYM : MOZ7Tl6Mres[75]
反抗する事ができなかった者達


Einsatzgruppen Oddziały Śmierci cz 2

https://www.youtube.com/watch?v=UG9WcVugVaY


アインザッツグルッペン 何が行われたかわからない人へ 
単純に平和とほざいてる人へ

解説は言語の関係で理解できないであろうから40分以降のその映像を
ご覧ください。



19. 2016年1月03日 16:22:12 : wo1FNLaOyk : uVNViAAi@xU[108]
日本国民の大方が平和志向であることは否定しませんが、「存立危機」がどうのこうのと言い出し、「生存圏確立」と「国民の平和と安全を守るために戦争必要だ」の路線を目指す軍部タカ派指導者に、将来一切抵抗なく言うままになるだろうと思う。「週刊現代12月26日号」予測では次の総選挙で「戦争法案」支持で〈原発再稼働」支持で「憲法9条廃止などの改憲〉賛成派議員が400人以上当選確実で反戦平和派議員は全滅に近い。〈以前、全千島返還要求だつた日本共産党については今は中道左派のようなので、「領土問題発端」で起きる戦争について反対かどうかは不明」と見ています・

20. 歯磨き右近高山[189] jpWWgYKriUWL342CjlI 2016年1月04日 03:17:56 : JmI7qHBtC6 : 5NIvZdop8co[29]
>>17

時と共に戦争が起きるメカニズムは変わる、いや、前回の戦争から十数年しか経っていない、同じ地域の戦争でも異なっている場合すらも有り得ます。

ただ、一番分かりやすい分け方としては、古代地中海沿岸部や十字軍が一つ目、ポルトガル、スペイン、英国が其々世界最大の帝国の座に君臨した時代から日露戦争まで&満州事変や日中戦争が二つ目、第一次世界大戦と第二次世界大戦が3つ目、冷戦、最後にGulf & Iraq Warという駄目リカの「強弁でしかない」戦争………。

一つ目の頃は、大量殺傷兵器が少なかったため、当時は必要悪だと考える人が普通でした。が、二つ目は所謂、「植民地主義の衝突」であり、何方かが踏ん切りをつける決断をする努力義務があり、後世に於いて「諦めが悪過ぎた」という批判がそれなりに強まれば「賊軍」なのです。

第一次、第二次大戦は、複雑な同盟関係や、新型兵器で犠牲者が爆発的に増大した為、League of Nations , United Nationsが作られ、核missileの存在が、「大国同士が直接戦ったら、人類滅亡だよね」という認識により、駄目リカの戦争好きEnergyは朝鮮半島やVietnumに向けられ、言うまでもなく両国民はとんだ迷惑を受け、朝鮮の人々は二千万人も、「誘拐、監禁」の被害者であり続けています。

アドルフ・ヒトラーは、後にNeo-Naziという言葉が生まれる事を見ても、自分達は特に優れた国民だから、劣った国民を虫ケラのように殺したって罪にはならない、というHyper
Racismであり、その事を知らないようでは在特会の罪を軽視するという過ちを犯していると言えます。

ユーゴ解体は、巨大な「単一民族単一言語、公の場での宗教行為は禁止、という国の我々には難解であって当然ですし、私もよく存じません。

ヨシフ・スターリン、毛沢東、ポルポト(カンボジア)がやった事は、国全体が1970年代日本の「内ゲバ」状態になってしまった巨大悲劇ですが、逆に言えば他国民に及ぼした影響は、相対的に少なかったと言えます。

他のスレッドにも散々書いた通り、中国って内戦の国であります。現在の領土でも広過ぎて、「適切な支配」が出来ずに苦しんでいるのです。南沙両諸島侵略は、「日本のように、もっと領海があるといいな」という気持ちが抑え切れず、非難されるのを承知で、例えは悪いですが、女性の通行人に見られる可能性大アリの場所で立ちションしているようなものですね。よく見ると仮想敵国のPhilippine,Vietnum両国との厳しい緊張には違いないが、ホントに火を噴く事態は回避したいようだ、と気がつかない人はUS Murder MerchantのBitchと変わらない愚人です。

どんなMechanismで戦争が起きるのかを学んでいないクセに偉そうな事を反戦著名人に浴びせたりする馬鹿ウヨが増殖したのは、哲学がない人が多い日本のような国の「起こるべくして起きた」悲劇ですね。

「稔るほど 首を垂れる 稲穂かな」。安倍、及び彼を支持する輩の頭の高さには、言葉を失います。安倍支持 equal 、自分の頭がカラッポな人です。(100-安倍支持率)=現在の日本の馬鹿ウヨの比率です。


21. 2016年1月04日 17:23:35 : w3M1BHSquE : 5KToaZSVnLw[117]
「戦争必要悪論」 これこそが、戦争によって儲ける事の出来る ほんの一部の軍需産業関係者によって
まことしやかに作られた虚構であり 幻想である そして、この世から戦争が無くならない元凶でもある

● 戦争必要悪論なんて、ウヨ連中の 真っ赤な嘘なのです ●

戦争による景気の刺激など、ほんの一時期に過ぎず かえってその後に訪れる反動の方が遥かに大きく
戦争特需によって国家が 長期的に栄えた試しは 一度も無いのです

よく例えられるのは 朝鮮戦争の特需ですが、これはあくまで高度成長への“キッカケ”に過ぎない事で
戦争特需の反動が 高度経済成長と言う未曽有の好景気の始まりによってかき消されただけで
ベトナム戦争に至っては、日本経済に与えた影響は 微々たるものでしかありません

戦争の需要が国家に富をもたらすのならば、近代の世界を制する超大国は アメリカでもソ連でも無く
ポルトガル あるいはスペイン もしくは大英帝国でなければおかしい
世界の七つの海を制し 世界の富を独占するはずだった これら世界的植民地支配国家が
近代に於いては 次々と没落していった事実が物語っております 戦争で栄えた国は有りません。

我が日本を見れば それも同様です 今と比べ物にならぬほどの広大な領土を有し アメリカに負けるまで
唯の一度も戦争に負けた事のない 戦前の大日本帝国が なぜあれほど情けないまでの貧乏国家だったのか

そして、戦争で獲得した全ての領土を失い 文字通り四島以前に戻らされた 戦後の日本が
奇跡と呼ばれる程の経済復興を なぜ成し得たのか 戦争必要悪論が まったくのインチキである事の
紛れもない証明でもあります。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK198掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK198掲示板  
次へ