米大統領、南シナ海問題で中国に警告

南シナ海・南沙諸島(スプラトリー諸島)のジョンソン南礁で中国が進めている工事を写したとされる写真。フィリピン外務省提供(撮影日不明)。(c)AFP/DEPARTMENT OF FOREIGN AFFAIRS (DFA)〔AFPBB News

 中国がすでに736億元を投入して建設を推し進めている南沙諸島のファイアリークロス礁人工島で、3000メートル級滑走路の本格的な建設がいよいよ始まった。

 本コラムでもたびたび取り上げているように、この他にもクアテロン礁、ジョンソンサウス礁、ヒューズ礁、ガベン礁、スービ礁が“人工島”として生まれ変わりつつあり、ミスチーフ礁も中国がコントロールしている(参考:「中国のサラミ・スライス戦略、キャベツ戦術の脅威」「人工島建設で南シナ海は中国の庭に」「結局アジアは後回し?中国の人工島建設を放置するアメリカ」など)。

 このような動きを受けて、先週ドイツで開かれたG7外相会合で発せられた声明には、南シナ海や東シナ海での中国による軍事力を背景にした拡張主義的海洋戦略に対する“強い懸念”が盛り込まれた。当然のことながら、中国外務省はじめ中国共産党政府はこの声明に対して反発し、とりわけ日本とアメリカに対して強い不満を表明している。

南沙諸島で中国が建設を進める人工島
拡大画像表示

中国に自制を求めたG7外相会合

 G7外相会合声明では、以下のように南シナ海と東シナ海での領域紛争に関連する懸念が書き込まれている。

「G7(アメリカ、日本、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、イタリア + EU)は、領域あるいは海洋(における権益)に関する紛議を威嚇、強制、軍事力を用いて解決しようとする試みには断固として反対する。関係諸国には、国際法や国際調停システムを利用するなど平和的な紛争解決を図ることを呼びかける。G7は、永続的な地形の変化を海洋環境に加えてしまうような一方的行動に対する沿岸諸国の反対意思を尊重する」

 こうした原則的表明に加えて、次のように具体的な“名指し”に近い表現で中国に強く自制を求めた。

「G7は、東シナ海と南シナ海における、大規模な埋め立て作業のような、現状維持を崩して緊張を高める一方的行動を憂慮し観察を続ける」

アメリカに対する中国の反駁

 このG7外相声明が発せられる直前にも、アメリカのオバマ大統領やケリー国務長官らが、南シナ海での中国による軍事力を背景にした威圧的政策を批判した。それらの批判に対して、中国外務省や共産党系メディアは下記のように強く反駁していた。

「南シナ海での領域紛争では、中国こそが被害者なのだ。中国の領域である南シナ海のいくつかの島嶼をフィリピンやベトナムは占領しており、飛行場まで設置している島嶼もある。ところが、これら諸国はあたかも中国の圧迫を受けているかのように見せかけることにより国際社会にアピールしている。そして、その見せかけを百も承知でアメリカ政府は南シナ海の領域紛争に干渉しようとしている。アメリカ政府は、第三国間の領土紛争には関与しないとしているにもかかわらず、南シナ海だけでなく東シナ海でも日本と中国の領域紛争に口出ししている」

「このようにアメリカ政府が干渉する真意は、南シナ海や東シナ海での紛争をあおり立てて、アジア太平洋地域におけるアメリカの影響力を確保しようという魂胆からであることは誰の目にも明らかである。アメリカの政治的指導者たちによる無責任な主張は、南シナ海での領域紛争をさらに引っ掻き回して地域の平和と安定に打撃を加え緊張を高める以外のなにものでもない」

日本に対しても強烈に非難

 G7外相会合声明が発せられると、中国共産党系英文メディアは上記のようなアメリカへの反駁に加えて、日本に対する強烈な非難を展開している。

「G7外相会合声明に、わざわざ南シナ海における領域紛争が取り上げられたのは、日本がこの問題を書き込むように執拗に根回しをした結果である。日本はG7外相会合という多国籍枠組みを利用して、南シナ海で中国が周辺諸国を脅かしているかのごとき印象を国際社会に宣伝することによって、東シナ海でも日本が圧迫されているかのごとき演出をなそうとしているのだ」

「このような動機に加えて、日本は、安倍首相による第2次世界大戦降伏70年声明や、戦時の残虐行為に対して懺悔をしないという方針から国際社会の関心を薄れさせる、という意図もある。日本政府が自己中心的な利益と目的のためにG7という国際的舞台を利用したことは、まさに恥ずべき行為と言えよう」

「このような日本の動きは、中国が最近、ASEAN諸国、とりわけベトナムと平和的に領域紛争を解決しようとしている努力に水を指すものである。日本による南シナ海問題への介入は地域の安定と平和の維持を危殆(きたい)に瀕せさせようとするものである。・・・日本は、再び、誤ったタイミングで誤った地域に口出しするという愚かな過ちを犯しているのだ」

「人工島には民間施設を設置する」と説明

 上記のような日本やアメリカに対する反論・非難と同時に、中国共産党政府は「南シナ海に建設中の人工島には数多くの民間用施設が設置されることになり、中国のみならず南シナ海周辺諸国や南シナ海を利用する国際社会にとり大きな貢献をなす」という説明も公表した。

 中国当局による人工島建設に関する公式発表は極めて珍しい。中国外務省によると、南シナ海のいくつかの環礁での埋め立て作業によって誕生する人工島では、科学的研究活動、気象観測、環境保護活動、漁業活動などが許可されることになるという。

 そして、それら非軍事的諸活動のために、航海用設備や施設、緊急避難施設、捜索救難用施設なども建設されることになることが明らかにされた。

中国海警や公船を配して「中国の海」を拡大

 もちろん、南シナ海に続々と誕生する中国人工島が、中国海軍を中心とする軍事拠点として利用されることは当然である。ただし、それらの人工島に非軍事的な民間施設が多数建設されることにより、人工島は単なる軍事施設ではなくなることになる。したがって人工島には海軍施設が存在することになるものの、人工島周辺海域の警備は第一義的には人民解放軍ではなく「中国海警(China Coast Guard)」が任じることになる。

 中国海警は法執行機関であるとはいうものの“第2海軍”として位置づけられている。実際に中国海警の巡視船は質量ともに強化され続けており、第5軍と位置づけられている「アメリカ沿岸警備隊」を凌駕して“世界最強”の沿岸警備隊になりつつあるとアメリカ海軍では警戒を強めている。

 しかしながら、中国海警はあくまで法執行機関である以上、中国海警の公船に米海軍や自衛隊の軍艦が先制的にアクションを起こすことは絶対に避けねばならない(たとえ防御的攻撃をなしても、軍艦による“非軍艦”に対する先制攻撃となってしまう)。

 したがって、人工島の“運用”が開始され、中国海警による警戒活動が実施されると、たとえ人民解放軍艦艇や航空機が人工島を本拠地にしていても、南シナ海周辺諸国やアメリカなどの軍艦は、中国人工島周辺海域に接近することをためらわなければならない状況となってしまうのである。

 そして、尖閣周辺海域のように人工島周辺海域にも中国海警その他の中国公船や民間船が常時姿を見せつつある状況を続けることにより、名実ともに「中国の海」は拡大していくのである。

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/43589  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 戦争とはこういう物 2015年4月23日 19:36:01 : N0qgFY7SzZrIQ : WJiCmAappI
 中国側の言い分は一歩的に見えるが。
一方で沖の鳥「島」を、作業員溺死事件を起こしながら同様に人口島化けさせているこっちの国も、他人のことは言えない。
 こっちの国も民生費は減る一方。結局挑発外交で利を得るのは、両国強硬派のみ。

02. 2015年4月24日 00:40:23 : FDNPdHgIEh
>>1
沖ノ鳥島の領有権なんてどこの国も争ってないだろ。
いちゃもんもほどほどにしておけよ。

03. 2015年4月24日 01:01:10 : Qk0z0gVGLY
他国の土地に堂々と居座る米軍に比べたらぜんぜんかわいく見える。

04. 2015年4月24日 01:15:49 : 1BVlp3dpkE
中国中枢内部の闘争ってどうなってんの

===

それはともかく中国文明は内陸の人熱の衝突で生まれ

中国人幹部はほとんど大陸住まいの人種だから解らんだろな 


こんな砂州上の建築物は台風と津波ですぐ御陀仏御陀仏御愁傷様だがな

だから砂州なんだが


05. 2015年4月24日 19:03:10 : RtXkHgMB5Y
沖の鳥島は国際法上の島か岩か判断が難しい。干潮時はほとんど水没してしまう。
そこで日本はそこを残して周りをコンクリートで固める工事を膨大な費用をかけて行ってきた。

船着き場も追加で建設しているところで事故が起きた。


06. 2015年4月25日 01:16:43 : O1x3vXOkWE
国籍不明の衛星かスペースデブリの墜落でも起こさなければ中国人口島は破壊できないということか

>>05
>干潮時はほとんど水没してしまう

そんな貴重なミステリースポット島ならばぜひとも保存しなければ。


07. 戦争とはこういう物 2015年4月25日 08:41:28 : N0qgFY7SzZrIQ : WJiCmAappI
 利用実態も無い無人の「岩」なら、国際法上は領有権を主張できない。それ故、無駄に人工施設を作り「いちゃもんをつけるな」と主張。どの国もすることは同等。

■<沖ノ鳥島をご存知?><島といえない?><ワシントンの罠><中国も軍主導?><引き金は東京>など 日本の風景640
http://www.asyura2.com/10/senkyo103/msg/266.html
投稿者 五月晴郎 日時 2010 年 12 月 28 日 15:45:19: ulZUCBWYQe7Lk
■沖ノ鳥島、台湾も「岩」…日本との漁業交渉で主張(読売新聞)・・・定義を
http://www.asyura2.com/0510/asia3/msg/1161.html
投稿者 rand 日時 2006 年 4 月 19 日 15:45:17: vXAQEWfi3V9qE


08. 母系社会 2015年4月26日 07:44:55 : Xfgr7Fh//h.LU : gs5MEl7eQh
●ICBMの地上発射固定基地は攻撃に弱い。それで、自動車積載式や鉄道で
常に移動させるタイプのICBMを開発しているが、報復攻撃用として最も
生存性が高いのは潜水艦に積載したICBM。

そこで、中国も戦略ミサイル原子力潜水艦(SSBN)を開発しているのだが、
ロシア=ソ連の北方艦隊はバレンツ海が、太平洋艦隊はオホーツク海が、それ
ぞれのSSBNの聖域で、オホーツク海では、今もロシアのSSBNが、遊弋
しているはず。

中国の場合、東シナ海は浅過ぎてSSBNが遊弋する海としては使えないので
南シナ海を中国のSSBN用の聖域にしようとしている。

それで、南シナ海の海南島に中国最大の潜水艦基地がある。中国も核抑止論の
立場なので、中国は南シナ海の問題では、非常に強硬な態度を執っている。
南シナ海の資源確保は副次的目的で、一番の理由はこのSSBN用聖域の確保
であることは、日本の保守的シンクタンクさえも認めている。

というのは、核抑止論では、相互確証破壊状態にならないと、核抑止の機能は
十分には働かないと考えるから、今のように晋級SSBNが数隻しか無く、
しかもまともな聖域も無い状態は、米国に先制核攻撃の誘惑を引き起こして、
全面核戦争となる可能性がある非常に危ない状態と考えるから。

そして、核戦争が起きたら、核の冬とか、放射能の拡散で、全世界的な被害が
出るわけだから、中国の核抑止論者から見れば、聖域づくりをしている中国は、
中国だけでなく、世界の平和も守っている正義だと思っているのではないか。

また、バレンツ海やオホーツク海では、米ソの潜水艦同士の水中衝突とか、
聖域化を阻止しようとする米軍とソ連とが度々深刻なトラブルを起しているが、
南シナ海でも、米軍は海南島の潜水艦基地を監視して、様々な情報を採ったり、
中国のSSBNの動向を調べているはずなので、南シナ海でも深刻なトラブル
が起きるかもしれない。

●核抑止論者が核戦力の均衡を保とうとする意志は非常に強固で、尋常なレベル
の心理ではない。

米国が新型SSBNを開発した時、ソ連も同じレベルのSSBNを開発したこと
を一日も早く、米国に知らせて核戦力の均衡を保とうとした。それで実質的には
未完成だったK−19を1961年4月30日に就役させ、わざわざ米国の偵察
衛星の通過に合わせて、K−19に核ミサイルを発射させて、米国に通知した。

その後、そのまま米国沖に移動した7月4日に原子炉の冷却水漏れ事故を起こした
が無線機も故障し、本国の専門家の支援も受けられず、しかも放射線防護服が1着
も無いとか、碌な修理器具も無いまま、K−19の乗組員だけで修理するしかなく
なってしまった。

また、米国沖での事故だったので、修理に失敗して原子炉が爆発でも起こすと、
アメリカは核攻撃されたと勘違いして、核戦争を引き起こしかねない事態でも
あったので、原子炉担当者で決死隊を組み原子炉に入って修理。死を決意して
いたとは言え、9名の決死隊中、8名は約45シーベルトという致死量の10倍
の放射線被曝で、1週間以内に死亡するという悲劇的事故だった。

故障の原因は製造ミスであり、死亡した8名の原子炉担当者には責任が無かった
が、彼らが犠牲になってくれたので核戦争が起きずに済み、今の世界があるとも
言えるし、原子炉の製造ミスも、一日も早く米国に新型SSBNを開発したこと
を知らせるために、原子炉の製造を急いだからかもしれない。

K-19 (原子力潜水艦)
http://ja.wikipedia.org/wiki/K-19_(%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E6%BD%9C%E6%B0%B4%E8%89%A6)

094型原子力潜水艦(中国海軍の最新型弾道ミサイル原子力潜水艦。晋級)
http://ja.wikipedia.org/wiki/094%E5%9E%8B%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E6%BD%9C%E6%B0%B4%E8%89%A6


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b15掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。