★阿修羅♪ > アジア20 > 342.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
中国鉄路総公司の訪問団がマレーシアへ、高速鉄道事業で日本と受注競争―中国メディア
http://www.asyura2.com/16/asia20/msg/342.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 5 月 24 日 23:34:06: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

23日、中国鉄路総公司の盛光祖総経理を代表とする訪問団が、高速鉄道プロジェクトの受注を目指し、マレーシアに向けて出発した。写真は中国の高速鉄道。


中国鉄路総公司の訪問団がマレーシアへ、高速鉄道事業で日本と受注競争―中国メディア
http://www.recordchina.co.jp/a139432.html
2016年5月24日(火) 19時20分


2016年5月23日、財新網によると、中国鉄路総公司の盛光祖(ション・グアンズー)総経理を代表とする訪問団が、クアラルンプールとシンガポールを結ぶ高速鉄道プロジェクトの受注を目指し、マレーシアに向けて出発した。

中国がこのプロジェクトの受注に向けて動き始めて3年余り。インドネシア高速鉄道とロシアのモスクワ−カザン高速鉄道に続く、第3の「中国高速鉄道海外進出」の象徴にすべく働きかけている。目下、最大のライバルは日本の企業連合だ。中国側は価格面での優位性を前面に出しており、建設コストは日本の新幹線と比べおよそ半額。また、工期も短く、2年で完成させられるとしている。

日本側が売りにしているのは、新幹線の安全性や信頼性、そして運行密度など。2011年に起きた温州市鉄道衝突脱線事故を例に挙げ、中国の高速鉄道は安全性に疑問があるとしているという。

中国の業界関係者は、中国の高速鉄道の営業距離は15年末時点で1万9000キロを超え、世界の高速鉄道に占める割合は6割を超えており、安全性には何ら問題ないとしている。(翻訳・編集/岡田)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > アジア20掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
アジア20掲示板  
次へ