★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62 > 424.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
人口削減のあたらしいフェーズ60: 天体の衝突とノアの大洪水
http://www.asyura2.com/16/bd62/msg/424.html
投稿者 あのに 日時 2018 年 7 月 09 日 22:12:39: xZaQXyDl16EGo gqCCzILJ
 


人口削減のあたらしいフェーズ60: 天体の衝突とノアの大洪水


1、はじめに

ヒストリーチャンネルの動画、「古代の宇宙人 洪水と絶滅」でも、ノアの大洪水は、いまから1万2800年まえのヤンガードリアス彗星の衝突がひきおこしたものかもしれないと、いう。それは、エイリアンの関与があるかもしれないともいう。

前回、人口削減のあたらしいフェーズ 59では、つぎのように書いた。

われわれが、自然災害と思っていたことの多くは、エイリアンのしかけた攻撃であるかも

われわれが、自然災害と思っていたことの多くは、エイリアンのしかけた攻撃である人口削減操作だったということになるのかもしれない。ここで、「エイリアンのしかけた攻撃」と書いたが、ウィリアム・ブラムリーの「エデンの神々」の第18章にある黒死病パンデミック、あるいはローマのユスティアヌス帝の悪疫、ツキジデスが書くアテネの悪疫などが、おそらく相当するが、「エイリアンのしかけた攻撃」というより、むしろ増え過ぎたヒト家畜の数を調整管理するため、エイリアンがおこなった削減操作であったといえるかもしれない。

「エデンの神々」にあるように、チャールズ・フォートが書いた、「われわれ人類は家畜のように、飼われた存在かもしれない」というのは妥当にみえる。チャールズ・フォートの著作はPDFがあり、だれでもいつでも読める古典である。どうしようもない本を読む時間があるのなら、こういった貴重な古典をネットで読むのもいいだろう。

家畜を殺すのが、人間の悪意と関係ないように、どこまでがエイリアンのしわざかわからないが、エイリアンのしわざとしても、悪意があるとはかぎらない。自然災害と思っていたことのあるものは、エイリアンの人類削減操作である可能性がある。エイリアンは、人類削減操作が、人類に対する悪意、攻撃ととられぬように、細心の注意をかれらははらっていることまで、わたしには、うかがえる。

これが、神のひきおこした、ノアの大洪水と称されるものだったかもしれないのだ。


2、ヒストリーチャンネルの動画、古代の宇宙人 洪水と絶滅

ヒストリーチャンネルの、たぶん古代の宇宙人のあたらしいシリーズの動画では、このエイリアンの関与が、議論のまとになっている。

古代の宇宙人Ancient Aliens  洪水と絶滅 The Great Flood   
 
https://www.youtube.com/watch?v=gZZn4kddccY   1

https://www.youtube.com/watch?v=bQvSDd6fGk8   2

https://www.youtube.com/watch?v=GT3czefosCE   3

https://www.youtube.com/watch?v=Uf4m_b_8h5M   4


ここにでる大洪水は、いまから1万2800年まえのヤンガードリアス彗星の衝突がひきおこした大洪水であろうか。だが、アンドリュー・コリンズが、地表から1mくらいの黒い地層を、いまから1万年まえの地層だと言っているには、笑える。1万年がそんな少ない厚さではないはずだ(笑)

ヒストリーチャンネルの識者たちも、わたしと同じように、エイリアンの関与はあったのか、どうか、とみなしきりに言っている。

変なのは、そのとき千年の間隔をおいて、また再度こんどは彗星の海水への衝突がおき、その水蒸気で気温が上昇して温暖期に入っていることだ。寒冷期がそのまま続けば、人類は絶滅してしまっていただろう。人類が絶滅しないようにと、第2の彗星の衝突が起こされたと考えることもできる。エイリアンの関与かもしれない理由のひとつだ。このヤンガードリアス彗星の衝突には、北アメリカの厚さ3000mの巨大氷床への激突をおこして大洪水を引き起こすことや、すぐ第2の彗星の衝突がおきるなど、へんに思えることがあるのだ。

3、アングロサクソン・ミッションのいう地球物理学的大惨事は、小惑星2005 UR と 2015 TX24が、地球に衝突する危機だろうか?

・2つのモンスター・アステロイド
ここで、アングロサクソン・ミッションのいう地球物理学的大惨事、地球人口の半数が死ぬ事件を2つの小惑星2005 UR と 2015 TX24が、2022年に地球に衝突する危機であると書いた。詳細は、チェコの研究所が出した論文の要約PDFを見ればいい。これは、2022年に衝突しなくても、そのあと、2025年、2032年、2039年と4度も危機はあるらしいのだ。衝突確率は加算するとけっこうな率になるかもしれなく、おそろしいものだ。

消されてしまったRTの動画によれば、アナウンサーは、800mだといい、分析者は3.2kmだといっているように思えた。英語がよくわからないのでサイズははっきりしないが、RTの動画では、2つのモンスター小惑星といっている。300mでも巨大だが、3.2kmだとしたら、衝突は6500万年前の恐竜絶滅のときに近い大惨事である。


・Planet 7X
これは、小惑星の衝突であり、別の消されてしまった動画では、Planet 7Xもあるとされ、地球の7倍のサイズの巨大惑星の接近、衝突の危機でもある。こちらのほうが、地球人口の半数が死ぬ危機にふさわしい。

これがゆえに宇宙間の大放電、プラズマディスチャージがおこり、過去火星のマリネリス峡谷やサハラ砂漠の30kmのクレーターの成因となったのだ。1発で、地球全土の電子機器はすべてこわれるだろう。

これが、いわゆるヴェリコフスキーの書いている大惨事であろうか。だから、小惑星の衝突とPlanet 7Xの危機は別であろう。ハリントンによれば、そのPlanet 7Xの公転周期は1019年であり、ゼカリア・シッチンの主張する3600年ではない。

こうして、ヴェリコフスキーの書いている大惨事は、紀元前1200年の混乱のころにもあったことになる。あるいは、紀元前2000年のころの大惨事がヴェリコフスキーの書いているのに妥当するかもしれない。このPlanet 7Xの接近の危機が、過去、地軸の傾き、ポールシフトをひきおこし、マンモスの絶滅をひきおこし、シベリアを永久凍土にしたのであろう。


・金星の謎
また、これに、ヴェリコフスキーのいうように、金星が関係するとしたら、金星がどんな惑星であるか興味深い。だれも金星の謎を考えないが、金星は、NASAが公表している高温で高圧な惑星ではないかもしれない。着陸した機器がふつうに作動しているからだ。奇妙なことに撮影された金星の地表表面の映像はひとつもない。これは、おそらく金星も火星と似た砂漠の惑星であり、人間が呼吸できる大気もあるのかもしれないからか?植物も動物もすこしはいるかもしれないからか?

金星にかんしては、あらゆる情報が遮断されており、みな思考停止になっており、考えることすらしないのは、逆に火星、地球、金星の3つは、ともに人間が居住可能なふつうの惑星であるからかもしれないのだ。

このなかで、地球だけが水の豊富な惑星となっている。この地球の水も、月という水を持った惑星か衛星を、どこからか地球近傍へ持ってきて、水を地球へもたらしたジオエンジニアリング、テラフォームの可能性もある。木星や土星にはそんな水衛星がいっぱいある。あるいは、外宇宙から持ってきたとも考えられる。太陽系成立以前の古さをもつ月の石があるそうだからだ。

これほど、情報が遮断されているのは、金星がエイリアンの惑星かもしれないとわたしは考えるのだ。火星へ行く話はあっても、金星へ行く話はない。変ではないか。金星がエイリアンの惑星であるからではないのか?

エイリアンは、水の豊富な惑星、地球を欲しがり、人類のいない地球を手に入れるため、人口削減策をおこなっていのではないか、とも思うわけだ。もちろん、労働者人口は残すし、人類もエイリアン種族にちかい、テレパシー種族に変えねばならない。これが、ハイブリッドである。


3、地球は、いつの時代も天体の衝突にさらされていた

このいまから1万2800年まえのヤンガードリアス彗星の衝突については、グラハム・ハンコックの「神々の魔術」上下がくわしいし、まえにアップした動画にあるようにアメリカ、カロライナ湾近郊には、無数の衝突跡がみられる。日本の三陸のリアス式海岸も、円弧なのである。あるいは、アメリカのメキシコ湾も巨大な円弧である。これは、もっともっと過去のとてつもない巨大な衝突跡の円弧である可能性がある。

天体の衝突跡は、地球のあらゆる場所にあるのである。これらのうちのどれもが自然災害だとは断定できないであろう。ヤンガードリアス彗星の衝突のように、なにか、へんであると思えるのもあるからだ.

最近の気象異変は、こうした非常時への政府への対応をうながすものかもしれない。アへ総理は余裕がないらしく、非常事態対応には、ほとんど関心がなかったようだが、今回の豪雨は、どうやら世界的であるようだからだ。非常事態への対応を全世界的に訓練する演習であった可能性がある。スマホなどで、緊急事態を知らせ、避難をさせる訓練のようにみえるのだ。地球物理学的大惨事にむけてであろうか。

*NEW* - US Storm Outlook - "Days of Noah" scenario in Japan
https://www.youtube.com/watch?v=vKzpNL8B0y0
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2018年7月14日 17:10:18 : 66utgH8agI : W6tKtqvYFcE[447]
今週は、タイの洞窟で少年ら13人全員救出の嬉しいニュースがありました。
喜ばしい結果にも、迷惑行為に対する自己責任を指摘する意見が日本ではあるようです。
私はよく助かったものだと感心しつつ、ふと苫小牧の牧場の話を思い出しました。
夏休みを控え、冒険心のある少年たちがあらぬ吉を探り当てたりしないよう、釘を刺すかのような自己責任論にも聞こえます。

苫小牧の牧場を知って情報を探していた頃、地下の井戸という怪談を見つけ個人的には興味をかきたてられました。
http://sakebigoe.com/stories/20130109041212
グレイは出て来ませんが、管理された空間に得体の知れない生物が生きているというのは、結構この世の盲点かもしれません。スノーデン氏も地底人の存在を暴露しました。思うに、地下深くならケムトレイルやHAARP、洪水や津波の影響は受けずにすみます。人口削減のひとつの理由は、人間用地下居住空間に限りがあるからかもしれません。

さて、ヤンガードリアス彗星の衝突にはかなり確からしい証拠があるようですね。

A 氷河期にあった12,800年前ごろ気温が急降下している。
B この気温降下は、氷河期にも緩やかな気温変化があったとは言え急峻な変化で異様。
C 北米のこの年代の地層は、イリジウムや微小ダイヤモンドを含むガラス化炭素をもつ。
D また大西洋に面した海岸平野に、楕円形陥没(一部は湖になる)が無数に存在する。
E ここからヤンガードリアス彗星の衝突が仮定され、気温急降下の原因の一説となった。
F 1,300年後の、11,500年前に突如急激な温暖化が始まり現在に至る。
G これも彗星の衝突と考えられ、これらはエイリアンの攻撃と考えられる。

FとGの間にある因果関係が示されていないので、少し飛躍があるという印象です。あくまで私の印象ですが。

以下のリンクをたどり、中程のグラフ「現在から17,000年前までのグリーンランド中央部の気温」をご覧ください。
http://www.asyura2.com/09/nature4/msg/441.html
ヤンガードリアス彗星の衝突による寒冷期はヤンガードリアス期と呼ばれることもありますが、グラフ中で新ドライアス(寒冷期)の開始となっている部分がヤンガードリアス期です。
その約1,300年後の気温急上昇は新ドライアスの終了と示されていますが、この上昇でもまだ現在の気温には至っていません。

その他、このグラフに示される気温の急激な変化(ほぼ200年で5度以上の変化)は4つあり、

14,600年前:+12℃上昇
14,300年前:−8℃下降
13,300年前:−7℃下降
13,100年前:+4℃上昇
12,800年前:−7℃下降 (ヤンガードリアス)
11,500年前:+10℃上昇
11,000年前:緩やかに1,000年かけて+5℃上昇

上のリンク中程のグラフ「現在から17,000年前までのグリーンランド中央部の気温」を見ていると、常識に縛られ、かつ無知な私の感覚ではありますが、最も目を惹く重要な意味をもっていそうなのは、14,600年前の大きな(温度)上昇変化です。これはピークに達した後、すぐに−8℃の降下。その後上がって下がってはまた上がり、ヤンガードリアス期に−7℃程の気温降下となります。
ちょうど(高温側に)大きく振れた振り子がいったん(低温側に)戻ってくるような印象を受けます。

そこからしばらくして、11,500年前頃に再び高温側へ振り子は一気に振れ出し、その後は1,000年程かけてゆっくりと+5℃ほど温暖化しほぼ現在の気温になっています。
私の根拠なき勘では、14,600年前に突然地軸が変位したのではないかと想像します。

北極点付近にあったグリーンランドが、突然の地軸変位によって現在の位置より南に大きく振れ、温度が急に上がり出す。
ところが慣性力が働いたか、今度は地軸が元に戻ろうとしたので、その途中にヤンガードリアスの衝突などのイベントも付随しながら、以前の水準の気温へと下がっていきます。
地軸は元に戻った辺りで再び振り子のように動き出し、少しずつ速度を落としながら、今の北極が北極点となる位置で地軸の移動は止まる。そしてグリーンランドが今の位置になったため、それ以降、気温は±3℃で安定しているという想像です。

もっとも、私とは比較にならない程の文献やネット上の情報に接しておられ、その知識も広く深いあのにさんの理論に飛躍があると感じられたとしても、その感覚を否定するつもりはありません。まだまだ常識に縛られた考察しかできない私ですが、ここを見るようになって少しはましになったと思えます。

地球の長い歴史の中では幾度となく彗星や小惑星の衝突イベントがあったでしょう。これからもあるはずです。ということを知った知的生命体が地下に潜るのは必然かもしれません。私たち?人間であれ、先住人であれ、この星を寝ぐらにするエイリアンであれ。


2. あのに[128] gqCCzILJ 2018年7月16日 11:11:54 : O98pBl7UXw : Mql5xZni@0g[109]
さっそく、詳細なコメントありがとうございます。怪談は、みょうにおそろしい雰囲気ですね。現実感がありありです。

さて、まずは、F-Gのあいだの飛躍について、ヤンガードリアス彗星の衝突とエイリアンの関与の根拠はなにか、ということですね。

この根拠は見つかるはずはないでしょう・・・・・わたしだけの妄想かも(笑)

たとえば現代ですら、真珠湾のアメリカの陰謀の根拠はあるか、といえば、具体的な文書などの証拠は、たしかなかったんじゃなかったか。現代ですら、物的証拠を示すことが、むずかしいです。真珠湾の陰謀はイルミナティだから、とうぜんです。書かれたものすべては公式説明によって説明されます。トートロジーですね。オウムがえしをみながやっている(笑)

UFOの存在はどうか、ちょっとまえまで、何もないと言われていました。目撃はウソか誤認、写真は捏造。いま現在でも犬HKのCIA番組では、このスタンスです。とうぜんエイリアンの存在も、ちょっとまえまで、だれのあたまにものぼることすらありませんでした。いまでも、ほとんどのひとは、自分の生活にはまったく無関係なことだと考えているようですね。同様にイルミナティもそうです。ある高名な評論家は、そんなものはない、と言いきっていました。イルミナティどころか、アトランチスも聞いたことない、という人ばかりでしたね。ケムトレイル見たことない、と言うひとが最近いましたが、そんなものです。

だが、イルミナティの実在の証拠は、しらべればあるていど出てきます。イルミナティとエイリアンの関係も秘密結社とエイリアンを追っていくと出てきます。その前の時代は密儀宗教とエイリアンを追っていくと出てきます。たとえば、世界帝国化をはたしたアレキサンダー大王とカビーレン密儀です。この流れは、古代エジプトまでさかのぼります。動物のあたまをした古代エジプトの神は、エイリアンが、密に古代エジプトに関与していた証拠だと思います。ある種の幻覚を見せるわけです。

このころ紀元前3000年期以前の、世界の戦争と秘密結社と密儀宗教のことを考えると、それよりかなり、はるかなるまえに、なんらかのエイリアンと超古代文明、あるいは人類にかかわる別のエイリアン文明の激突が合ったと考えるほかありません。アーリア人、ヒッタイト人の侵略戦争は、中東を焦土と化しました。アーリア人は、家族を牛車にのせて、まるでISISのように、インドになだれこみました。いったいなにが、起こっていたのだろう?飢饉、パンデミック?コーカサスの洪水?あるいは、文字を現代世界にもたらしたフェニキア文明は、まるでわかっていません。サンフニアトンのフェニキア史が残っていたら、イルミナティ秘密結社の前身が見つかるかも。
古代のエイリアンと秘密結社の問題は深くて興味深いです。そして、それらの、ずっとまえにあったと思われる大事件がありそうなのです。

それが、いまから1万2800年まえのヤンガードリアス彗星の衝突による大洪水がそうである可能性が高いと思うのです。そういった証拠は、レバノンのバールベクの重さ1600トンの神殿の土台石トリリトンなどがあります。また、月面の古代文明の崩壊跡、何万mの高さのガラスドームなど無数の遺物があります。火え星の荒廃も1万年まえの事件の可能性があると考えています。

アメリカのペンタゴンは、火星の核戦争の情報を出していますが、これは、これから起こすエイリアンとの戦争のアドバルーンでしょうか。エイリアンと同盟するイルミナティは、エイリアンと戦争する?(笑)

ポールシフトについて述べておられましたが、そのころ、同時に、なにか事件が、火星、月、金星におこっていたのではないか、と考えています。とうぜんNASAなどはこれらすべてについて、フェイクニュースを出しています。しかし、わたしが、関連動画をアップするとすぐ消されるので、それが重要な情報だとわかります(笑)。


▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
Ψ空耳の丘Ψ62掲示板  
次へ