★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62 > 498.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ギリシャの詩 本編1
http://www.asyura2.com/16/bd62/msg/498.html
投稿者 あのに 日時 2018 年 11 月 02 日 09:05:13: xZaQXyDl16EGo gqCCzILJ
 


ギリシャの詩 5 本編1

たとえば、つぎの和歌を考えよう。
1、柿本人麻呂の歌


淡海の海 夕波千鳥汝が鳴けば 情もしのに 古思ほゆ

おうみのみ ゆうなみちどり ながなけば こころもしのに、いにしえ おもほゆ

万葉集 巻三 266  柿本人麻呂

さすが、世界史上でも1、2を争うほどの歌聖、柿本人麻呂の作だ。
最初のおうみのみ ゆうなみちどり で、なにもかも叙景している。
海と波、千鳥の鳴き声。波しぶきが飛び交い、塩のにおい、潮のにおいが、なぜかする。
もちろん、この 淡海(おうみ)は、悠久の歴史をもつ博多湾でしかない。
ながなけば で作者が泣いているのを暗示している。なぜか?白村江の戦いで
倭国が滅亡したからだ。いにしえ というのは、倭国の千年以上の歴史を見ているのだ。

だが、柿本人麻呂なる歌聖が、おうみと詠んだら、博多にきまっているのに、
古田武彦は、壬申の乱の近江を歌ったと、本に書いていて、わたしは仰天したものだ。
人麻呂が、近江を歌ったなら、近江に限定語をつけるはずである。
また、柿本人麻呂なる偉大な歌聖が、古(いにしえ)と、うたったら、
壬申の乱ごときものを指しているはずは、ぜったいにないのだと思う。
はてしない悠久の文明、九州倭国を指しているに、決まっている。

近江を歌う柿本人麻呂は、わたしには想像できないが、
滅亡した九州倭国を歌う人麻呂ならば、なんという歌いぶりだろうと感動する。
まさしく永遠の歌聖というべき人物が、日本に実在したのだ。

歴史をじゅうぶん理解しているはずの、古田武彦でさえも、この歌を誤解していた!


2、人類の 文芸史上最高位の評価を得ているレスボス島のサッポーの詩

さて、おなじような夕刻を歌っているギリシャの歌人サッポーの詩を見てみよう。
Sappho (サッポー、サッフォー)
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/tiakio/ancients/sappo4.html
104(a)


夕星(ゆうづつ)は
かがやく朝が、八方に散らしたものを
みな もとへ 連れかえす。

羊をかへし
山羊をかへし
幼な子を また母の手に
連れかへす。     呉茂一訳


他のでは
https://tsujimasa.at.webry.info/201104/article_1.html

The Poems of Sappho index - Sacred Texts
http://www.sacred-texts.com/cla/usappho/index.htm
ここの92番
http://www.sacred-texts.com/cla/usappho/sph93.htm

これは、呉茂一の訳が秀逸で、原詩にもまさるともおとらないできぐあいだ。
サッポー独特のはっきりした情景が目に浮かぶ。サッポーの宇宙は、単純で神秘だ。

アイオリス方言のため、柔らかいひびきであると書かれているが、わたしには不明。
リズムも不明。もちろん音楽がついていただろうが、不明。

だが、サッポー を理解するためには、クレタ文明を理解する必要があると思う。
さもなければ、中世のキリスト者のように、退廃的だとか、同性愛だとかトンデモに
満ちた評価になる。
人類史上最高峰の詩が、汚辱にまみれた理解になっていて、
サッポーは、なんども焚書にあい、消滅したのである。

サッポーは、女性だけの文芸や歌や踊りの学校を持っていたらしい。
神戸にある宝塚に似たものか?

これは、クレタ文明の伝統が、生き延びたレスボスやリュディアに残存していたと理解すべきだ。こういった中から生まれた詩であると、サッポーを理解する必要があるのだ。
ここには、クレタ文明の秘密に通ずるトンネルがあるのだと思う。
また、倭国にもあったらしいことが、倭人伝からも、博多の地名女山があったと記憶する。

サッポーの詩は、ギリシャ文化の下層、クレタ文明を理解して、はじめて評価が可能になるが、
あいにく、消滅している。クレタが消滅したから、サッポーも消滅したのだともいえる。
逆に、サッポーの詩の残った断片から、クレタの秘密に迫れるかもしれない、とわたしは希望を持つ。

詩は、歴史を理解して、初めて理解が可能になる面があるのだ。
そして、失われた歴史を復元できないかと、希望をいだくのだ。


3、夕ぐれの詩をもうひとつ。アルチュール・ランボー の詩


感覚   Sensation    

夏の青い夕ぐれに、ぼくは小径(こみち)を行こう、
麦に脚(あし)さされ、小草を踏みに。
夢見心地、ぼくは足にそのすがすがしさを味わおう。
そよぐ風に無帽の頭をなぶらせよう。

ぼくは語るまい、なにも考えまい。
だが限りない愛がぼくの魂にこみあげて来るだろう。
そうしたらぼくは遠くに行くんだ、ずっと遠くに、ジプシーのように、
自然のなかを、ーーー女と連れだっているように幸福に。
                  1870年3月

高橋彦明訳 世界の名詩集 7 ランボー詩集 1967年刊 三笠書房

このランボーの初期の詩は、15歳のときの作である。まだ、かれは青春時代へすらも入っていない。後年の作のような、宝石が凝縮したような作風ではないが、抒情の詩想がいずみのようにあふれている。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2018年11月03日 10:15:06 : 66utgH8agI : W6tKtqvYFcE[495] 報告
おはようございます あのにさん。
いい詩ですね。サッポーのは知っていました。心が美しくなるうたです。

人麻呂のおうみ… 近江ではないという説には直感的に同意します。
古代九州の都、その勢力が畿内へと進出して奈良、北進して平安の都ができたというのは私の直感です。おそらく軍都だったのだろうと。

淡海の海 夕波千鳥汝が鳴けば 情けもしのに 古思ほゆ

いい詩です。哀愁を掻き立てられました。次回も期待しています。

2. 2018年12月12日 22:28:42 : 66utgH8agI : W6tKtqvYFcE[513] 報告
おぉなんとしたことか。こんなにも美しい三編の詩が、グレイとハザールマフィアの悪行を語る板から聞こえるとは… 空耳とはこのことですね。

グレイにも、金と支配にしか興味のない生き物たちにも、この美しさは理解できないでしょう。人類はただ言葉をもってして、これほど美しい世界を創りあげる生命体だということを再認識させられます。
あのにさんありがとうございます。

サッポーはギリシャの詩人でしたか。
この詩は、聞いた瞬間に魂がゆさぶられるような美しさを感じさせます。訳者が秀逸であったことで作品本来の魂が宿っているのでしょう。
人間の営みと自然の美しさを描くだけではなく、悠久の時の流れのなかに、いつもそこにあった母子(おやこ)の愛を見るようで、読むと自然に笑みがこぼれ心があたたかくなる詩です。大好きな詩のひとつです。

実はランボーの詩集を若いころ持っていたのですが、引っ越しの際に多くの本を捨てるという悪癖の犠牲になってしまったようです。後に、この詩とある小説で再会しました。これもやっぱりいい詩だなと思うのですが、ランボーの詩の良さは私の理解を超えているという印象を受けた記憶があります。立体的な絵が平面にしか見えないもどかしさのような。
私はいたって単細胞生物のようです。

歌聖柿本人麻呂の作品と紹介されてもその真価は理解できませんが、今の日本が滅びた後ならば、この歌がずしりと心に響くのでしょうか。
私は古代史を勉強したことがありません。けれど九州北部に倭国があり、異民族(傀儡国家新羅を引き連れた唐)が侵略し、奈良までを支配するに至った −−−ここで文化が大きく変わっている−−− ふつうに考えればそうなるはずです。

当時の畿内はシルクロードの東端に位置し、騎馬民族がもたらす西端はギリシャの交易品から、海上ルートによって運ばれる南はペルシャまでの物品があふれかえる商業都市、おそらく多民族の雑居地だったのではないかと思います。この地の利権を唐が狙うのは歴史の必然で、その道程にある倭国は侵攻の足がかりとして滅亡の憂き目にあった。人麻呂はそれを見たのではないでしょうか。この歌に込められているのは郷愁の思いであり、彼の心境はジプシーなのです。と大胆に推理してみました。
私の推理などどうでもいいことで、一編の美しい詩があれば余計なものはない方がいい。

ぜひ今後も、ギリシャの詩を中心に世界の美しい詩と、そして日本を代表する万葉歌を紹介してください。とても期待しています。が、ゆっくりと進めてください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
Ψ空耳の丘Ψ62掲示板  
次へ