★阿修羅♪ > 中国9 > 700.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日本と中国の差は気配りの違いにある!=「中国は50年かけても日本には追い付けない」「中国には気配りなど存在しない」―中国
http://www.asyura2.com/16/china9/msg/700.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 9 月 26 日 02:15:45: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

24日、中国のポータルサイト・今日頭条が、日本と中国の差は気配りの違いにあるとする記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。


日本と中国の差は気配りの違いにある!=「中国は50年かけても日本には追い付けない」「中国には気配りなど存在しない」―中国ネット
http://www.recordchina.co.jp/a151223.html
2016年9月25日(日) 20時10分


2016年9月24日、中国のポータルサイト・今日頭条が、日本と中国の差は気配りの違いにあるとする記事を掲載した。

記事は、中国では頻繁に「人間本位」を口にするものの、日本と比べると大きな差があると指摘。具体例として、新宿駅と王子駅を結ぶ都営バス王78を紹介。お年寄りの利用者が多いため、路線もお年寄りのニーズを考慮して乗り継ぎが便利なところや郵便局、政府機関などを経由すると伝えた。

また、車いすの人が乗降できるようになっており、運転手が乗降を手伝い、バス内では車いすを固定できるようになっていることや、乗降時にバスの片側が傾くようになっていて転倒防止に役立っていること、バスの時刻表は分単位で書かれており、正確に運行していることなどを紹介し、「気配りの程度は中国よりずっと上だ」とした。

これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「事実を言えば、中国は50年かけても日本には追い付けないよ。国民の民度が根本から違う」
「民族としての憎しみを除けば、日本には敬服する。どの業界をとっても日本はアジアトップだ」

「中国とは理念が違うからな。中国の庶民は指導者のために奉仕する存在」
「歴史を忘れるべきではないが、日本との差はもっと直視すべきだ。日本は規則正しく、静かで、文明的な先進国だ」

「中国には気配りなど存在しない。お金で物事を語るのみだ」
「日本の設計は人が使いやすいように考えられている。中国の設計はお金のことしか考えられていない」(翻訳・編集/山中)
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年9月26日 18:20:16 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-8135]
Domestic | 2016年 09月 26日 11:25 JST
日中関係改善の重要性一致

http://s1.reutersmedia.net/resources/r/?m=02&d=20160926&t=2&i=1154936224&w=644&fh=&fw=&ll=&pl=&sq=&r=PN2016092601001041.-.-.CI0003
日中関係改善の重要性一致

 公明党の山口那津男代表は26日午前、中日友好協会会長の唐家セン元国務委員と東京都内で会談し、日中関係の改善に向けて双方が努力する重要性で一致した。唐氏は対日外交政策に影響力を持っており、日本で年内に開かれる日中韓3カ国首脳会談に合わせた李克強首相の初来日を前に、地ならしを図る狙いがある。

 会談で山口氏は「日中は力を合わせて東アジアと国際社会のために協力することが重要だ」と強調。偶発的な衝突回避に向けた日中防衛当局間の「海空連絡メカニズム」の年内運用開始や、東シナ海ガス田共同開発の交渉再開に期待を示した。

〖共同通信〗

http://jp.reuters.com/article/idJP2016092601000929


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 中国9掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
中国9掲示板  
次へ