★阿修羅♪ > 原発・フッ素45 > 796.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
<福島第一原発> 1-2号機の間にある地震で損傷した高さ120mの排気筒、上半分だけ解体へ 3年後めど(6/5 東京新聞
http://www.asyura2.com/16/genpatu45/msg/796.html
投稿者 怪傑 日時 2016 年 6 月 07 日 20:59:51: QV2XFHL13RGcs ifaMhg
 

<福島第一原発> 1-2号機の間にある地震で損傷した高さ120mの排気筒、上半分だけ解体へ 3年後めど
http://gansokaiketu.sakura.ne.jp/20160607-fukushima-dai1genpatu-1-2goukino-aidaniaru-jishinde-sonshoushita-takasa-120mno-haikitou-uehabundake-kaitaihe-3nengomedo.htm

東京電力福島第一原発にそびえる排気筒のうち、特に損傷が目立つ1、2号機の間にある一基(高さ約百二十メートル)が、三年後をめどに上半分だけ撤去されることになった。東電は「地震や津波が再来した時に備え、リスクを減らすため」と説明している。

 東電が超望遠カメラで撮影するなどして調べたところ、排気筒のほぼ真ん中の高さ約六十六メートル付近で、煙突を支える骨組み接合部など約十カ所で 破断や変形が見つかった。事故発生当初に1号機で原子炉内の汚染蒸気を逃がすベント(排気)が実施されたこともあり、煙突内やつながる配管内は高濃度に汚 染されている。

 廃炉作業の邪魔になることから、損傷の多い鉄塔中央を含む高さ五十五メートルから上部を、遠隔操作で解体する方針を決めた。下部は汚染がひどく、当面は解体しない。解体に必要な重機などはまだ開発が終わっておらず、解体が終わるまで三年ほどかかる見通しだ。

 排気筒が損傷した原因について、古びた鉄塔が東日本大震災の強い揺れで損傷したことも考えられるが、東電は「(事故発生二日目に起きた)1号機の水素爆発の爆風や、その後の余震の影響によるもの」と強調する。原因はよく分かっていない。 (荒井六貴)  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年6月08日 00:19:13 : ttwmZztrXY : NOrpG24mjKs[2]
こんなことで3年もかかるのなら今後原発の廃炉作業は何百年かかるかわからない。今も1日7000人の作業員が働いているという。

それなのにまだ原発のコストが安いとかのたまわっている。


2. 2016年6月08日 03:14:56 : lv7vbj53vM : R5TUbJyqZ1g[904]
7000人もいるのだから、排気塔一本解体するのに3年もかかるわけがない。
要するに、べらぼうに線量が高く近づけないということ。

7000人も働いているというが、実は線量が高いので現場に出ているのは
一握りの人たちだけ。大半は待機状態。

見学者が来るところだけは徹底的に除染して線量を下げている。

取材があるときだけ、作業員を繰り出して働かせる。

そしてカンニング竹山のようなド素人に、収束作業が相当進んでいると
勘違いさせるわけだ。


3. 2016年6月08日 13:01:33 : uKcIIX9RFM : edTAs4geMlY[2]
ヨーロッパでは、福島原発事故以前には、見られなかった現象が起きている。

各地で、頻繁に、Mn−54、Co−60、Nb−95、Te−132、Cs−134、Cs−137、Po−210が検出される。

臨界が続いていることは確実だと思う。


4. 2016年6月11日 10:06:08 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-9923]
2016年6月11日(土)
収束作業の実情聞く
党県議団・専門家 福島原発を視察

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-06-11/2016061115_01_1.jpg
(写真)担当者の説明を受け、多核種除去設備(ALPS)を視察する参加者=9日、福島第1原発構内

 日本共産党福島県議団は9日、原発事故から5年たったいまもなお収束作業が続く東京電力福島第1原発の構内を視察しました。安斎育郎立命館大学名誉教授や野口邦和日本大学准教授などの専門家や住民らも参加しました。

 免震重要棟では職員を前に神山悦子団長が「廃炉作業は始まったばかり。事故の収束や廃炉が福島県の復興に不可欠です。要望があれば県や国に伝えるので遠慮なく申し出てほしい」とあいさつしました。

 一行は白い防護服を着用し、バスで原発構内を回ったのち、多核種除去設備(ALPS)の建屋に入り、担当者の説明を受けました。

 安斎氏は「作業員の被ばくの正確なデータはどうすれば知れるのか」、野口氏は「原発はテロリストの標的になりうるが、情報公開はしっかりしてほしい」と質問しました。

 東電側からは福島復興本社の石崎芳行代表と福島第1原発の小野明所長があいさつしました。

 新日本婦人の会県本部事務局長の村上裕美さん(48)は「作業員の過酷な労働実態が実際に防護服を着てわかった。労働環境や処遇の改善にしっかり取り組んでほしい」と話しました。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-06-11/2016061115_01_1.html


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素45掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素45掲示板  
次へ