★阿修羅♪ > 原発・フッ素46 > 138.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
死の西海岸。いや太平洋、南米、インド洋、そして北欧。 update15
http://www.asyura2.com/16/genpatu46/msg/138.html
投稿者 お天道様はお見通し 日時 2016 年 7 月 03 日 12:29:23: I6W6mAZ85McLw gqiTVpO5l2yCzYKojKmSyoK1
 




北欧で死んだマッコウクジラが1週間に12頭、海岸に打ち上げられる。
西海岸だったのが、南米のチリまで拡散。さらにインド洋に広がり、最後は北欧ですな。




インドで100頭以上のナガスクジラ(Small Fin Whales)が浜に打ち上げられる。


毎日400トンの汚染水は世界を周回するの続報に戦慄が走る。


#ロシア】イワシ数万匹が岸に打ち上げられた[10/11]


ロシア イワシ数万匹が岸に打ち上げられた



8日、ロシア極東サハリンの間宮海峡沿岸に数万匹ものイワシが岸に...http://t.co/Ea8oDa42Sl pic.twitter.com/dFumdZCqTc 

― DatNews (@DatNews) 2015, 10月 11


ロシア イワシ数万匹が岸に打ち上げられた


ロシア イワシ数万匹が岸に打ち上げられた 2015年10月11日 10時18分
8日、ロシア極東サハリンの間宮海峡沿岸に数万匹ものイワシが岸に打ち上げられた。地元の住民がバケツなど手にイワシを拾った。


魚類専門家によると、数多くのイワシが岸に打ち上げられたのは水温の変化が原因だ。海水の温度が毎日に急激に変化し、午後は温かいが、夜になると温度が大幅に下がり、温度の急激な変化にイワシが適応できなくなり、大量のイワシが岸に打ち上げられた。(翻訳 劉英)


【魚類専門家によると、数多くのイワシが岸に打ち上げられたのは水温の変化が原因だ。海水の温度が毎日に急激に変化し、午後は温かいが、夜になると温度が大幅に下がり、温度の急激な変化にイワシが適応できなくなり、大量のイワシが岸に打ち上げられた。】


ぐは。トリチウム水による異常気象の過激化が原因なんだ。




2015年9月15日 11:38 pm ET
TV: Massacre along West Coast continues ― Alarming, bleak situation as disease re-emerges ― Hundreds of millions of sea stars estimated dead ― Changes in cellular matrix observed, “a lot of interesting genes being found” ― Other sea life disappearing as tidepool communities ‘shift’ (VIDEO)



西海岸の大虐殺が継続。数億のヒトデが死んだ。細胞構造の変質を確認。興味深い遺伝子変異。
(2015年9月15日)西ワシントン大学の海洋生物学者ベン・マイナー「メキシコからアラスカまでヒトデが大量に死んでいる。推定でこの数年で10億は死んだ。海を観察し始めてからの最悪の事態だ。数年前海底はヒトデで覆われていた。今日見つけたのは20個以下だ。気が滅入る。」





2014年9月17日6:35 pm ET


Yahoo News: Giant mutant fish caught off Japan causes concern about effects of Fukushima ― NY Daily News: Monster catch raises questions about ecological impact of nuclear disaster ― “We wonder if its the radiation that caused the fish to grow this big” (PHOTOS)




日本で巨大オオカミウオが釣れる。



@ENENewsの過去ツイ3222件


2014年12月10日12:41pm ET
Experts: 100% death rate for baby killer whales along West Coast ― ‘Alarm bells ring’ as no newborns have survived in past 3 years ― “This is absolutely the worst thing possible”, pregnant orca dies with decomposing stillborn full-term fetus inside ― “We’re going to lose them… they’ll be extinct for sure” (VIDEO)
ウエストコーストで産まれたシャチの3年以内の死亡率が100%




お産に母体が耐えられずに死んでしまうのか。死蔵麻痺か?
The SeattleTimes
"Dead Puget Sound orca was pregnant with full term fetus"
(2014年12月8日10:45AM)

December 8, 2014 at 10:45 AM


Dead Puget Sound orca was pregnant with full-term fetus
Posted by The Associated Press


COURTENAY, B.C. ― The necropsy on the endangered orca found dead off Vancouver Island showed it was pregnant with a full-term fetus, and that someone removed several teeth from the dead killer whale before it could be examined.


Experts had speculated the death may have arisen from birth complications. Biologists have yet to determine the cause of death.


The Canadian Department of Fisheries and Oceans also said someone removed several teeth.


“It looks like they broke off a couple, and there were a number that were sawed off, and those were cut off right to the gum,” said Paul Cottrell, the agency’s Pacific marine mammals coordinator.


It’s illegal to possess part of an endangered animal.


“It’s just a senseless, illegal act,” Cottrell said. “We take this kind of thing seriously. We don’t want endangered species parts being traded or sold.”


The orca known as J-32 was found floating in the water Thursday near Courtenay. It was moved to a boat launch Friday for the necropsy, which took place Saturday.


The death leaves 77 animals in the Puget Sound orca population, which was listed as endangered in 2005.


“The fetus was decomposing,” said Ken Balcomb, a scientist with the Center for Whale Research in Friday Harbor, assisted in the necropsy. “The tests will be able to tell whether the fetus was already dead before the mother died, and therefore may have been the cause of her death.”


「満期胎児は腐敗していた。」 検死の支援に来たくじら研究センターの科学者ケン・バルコウムが金曜日に港で語った。 「テストによって胎児が母体より先に既に死亡していたことがわかるだろう。そしてそれが彼女の死因になったのかも。」


Tissue samples from the orca and the fetus will be examined at a number of labs across North America, Cottrell said. Results are expected in four to six weeks.


“Hopefully there will be enough evidence in tissue and fetus to understand what’s going wrong,” Balcomb said.


He said he does not think it’s a natural birthing issue because “we know that the levels of toxins that are in these whales are harmful to reproductive status.”


There hasn’t been a successful birth in the population for 2 ½ years, Balcomb said.
ここ2年半、群れの出産が成功してない。バルコウムが言った。


The orca looked healthy but its blubber level was thinner than usual, indicating that it had poor nutrition for some time, Balcomb said.


オルカは健康に見えるが脂肪層が通常より薄い。これは栄養不足であること示唆してる。


“What we do know is that if we could provide a food supply that’s abundant and healthy, they wouldn’t have to rely on their blubber storage for energy,” he said.


死産の胎児が産道に詰まって腐敗。母体も死亡か。ショック。






2014年8月1日7:06pm ET
V: Millions of fish dead at Oregon coast ― “Craziest thing I’ve ever seen” ― “You can’t blame people for being alarmed” ― Aquarium: “It kind of looks like the apocalypse… especially big numbers… but this is a sign that anchovies are doing good” (VIDEO)



オレゴン州で数百万匹の魚(アンチョビ)の死骸が打ち上げられる。



2014年11月5日2:07am ET
TV: “This is really kind of scary… a grim reality” for West Coast ― Alarm as baby whales keep dying; Since 2011 none have survived over a year ― Biologist: We see them pregnant for weeks, then no longer pregnant ― NOAA: “Not what we’re used to… Incredibly poor condition… Skeleton with skin” (VIDEO)
西海岸2011年から赤ん坊のシャチが1年以上生存してない。



2015年3月4日4:21pm ET
Gov’t: It’s getting “even worse” on West Coast this year ― Experts say over 35,000 baby sea lions could be dead; “This phenomenon is unprecedented in scale” ― Hundreds of times more pups than usual at rescue center ― Doctor: “Definitely indicates ocean not normal… Really, we should be worried” (AUDIO)
米政府専門家「今年だけで3万5千頭のアシカが死ぬだろう。状況は悪くなる一方だ。」



2015年4月3日9:25am ET
13 baby gray whales and 55 dolphins found dead on West Coast ― “Rash of dead humpback whales in Oregon” ― “Corpses of sea lions, birds, sea turtles decomposing” ― Mysterious deaths probed by gov’t ― “Fear for whales encountering ‘radiation hot spots’…Volunteers trained about dangers of radiation” (VIDEO)




13頭のくじらの赤ん坊と55匹のイルカの死体が西海岸に打ち上げられる。



2015年5月3日9:04am ET
TV: Billions of mysterious creatures dead along West Coast ― “Literally covering all of Oregon coast” ― Washing up from California to Alaska ― Expert: Death totals are staggering, “it’s got to be billions” (VIDEO)




カリフォルニアからアラスカまで西海岸が何十億ものクラゲの死体で覆われる。




カリフォルニアからアラスカって3500kmくらいあるんだけど。この西海岸の生き物を壊滅させたってか。






Stranded sea lion pups fall victim to California's 'ocean deserts'
米海洋大気庁(NOAA) アシカの子供はカリフォリニアの「海の砂漠化」の犠牲者だ。



2015年5月14日3:13pm ET
Gov’t Experts: Hordes of jellyfish 10 blocks long off west coast of Seattle; So dense it’s like you can just walk on them… Disturbing when all you pull up are huge masses of jellyfish ― NPR: They seem to be replacing fish in food chain ― Herring disappear, mysterious spike in salmon deaths (PHOTOS)




西海岸、シアトルで10ブロックに渡ってクラゲが大量発生。食物連鎖が壊れる。



30 Whales Have Died Off the Coast of Alaska and No One Knows Why
アラスカ沖でくじらが30頭死亡。原因不明。


2015年6月2日11:59pm ET
TV: Scientists warning of mass die-off along California coast ― Official: Seafloor littered with dead fish, washing up “as far as I could see” ― Toxin has spread all up and down West Coast ― Experts: “Very, very unusual… Really extraordinary” (VIDEO)
西海岸で魚の大量死。海底に死骸が散らかってる。


2015年7月28日10:23am ET
AP: Unprecedented deaths along U.S. Pacific coast ― Scientists: Mass die-offs of mammals, birds, fish… “No one’s sure what happened” ― Gov’t wants Unusual Mortality Event declared ― Samples “being tested for radionuclides from Fukushima” (PHOTOS & AUDIO)
米太平洋岸で前例のない哺乳類、鳥、魚の大量死が起きている。米政府は異常死事態(Unusual Mortality Event)宣言へ。


2015年8月11日2:19pm ET
Officials: “Trillions of becquerels of radioactive material still flowing into sea” at Fukushima ― Map shows nuclear waste coming up from bottom of ocean far offshore ― Japan TV Journalist: “Contaminated seawater will circulate around globe… disaster like a huge cloth expanding everyday” (VIDEO)
数兆ベクレルの放射性物質がいまでも海に流れ込んでいる。地図は沿岸から遠くの海底で放射性廃棄物が湧き出ている。


TEPCO, updated Mar 10, 2015: Fukushima Daiichi Contaminated Water Issue FAQ ― Q1 Please explain the impact of the leaked radioactive materials on the sea. [Answer:] TEPCO announced that underground water including radioactive materials had leaked into the port… It has been implied that trillions of becquerels of radioactive materials are still flowing into the sea; however, the concentration of radioactive materials in the sea is at a level that meets the Guidelines for Drinking-water Quality, except for some areas…


東電は2015年3月10日に汚染水FAQのQ1を更新。 いまでも数兆ベクレルの放射性物質を含む地下水が湾に流れ込んでいる。 数兆ベクレルと推定されるが湾の汚染は飲水のガイドラインのレベルだと。


TEPCO, Apr 28, 2015: Comprehensive risk review was implemented, considering all the possible risks that might have an impact outside the Fukushima Daiichi NPS site… The paths through which water could leak outside the site: …


2015年4月28日東電はフクイチの敷地外への流出可能性経路を記載。




Destination of the contaminated material… The Sea: Unit 1-4 water intake channel… Inside the port… Outside the port


汚染物質の流出先…海:1−4号機の取水経路…湾内…湾外


おい。取水口から海に漏れてると東電が自白してるぞ。はやく塞げ。自衛隊も使え。




海底から湧きでた汚染水が海面まで上がってトリチウムの霧になる。
汚染水の流水経路はさがす迄もなく写真で一目瞭然。


2015年8月24日7:52am ET
Horrific environmental mystery… Everyone’s freaked out”: 1,500% normal death rate in whales off West Coast ― Gov’t declares unprecedented Unusual Mortality Event ― Scientists alarmed, ‘no idea’ what’s happening ― Expert: “It’s all going to cascade up to us” ― Other die-offs being reported (VIDEOS)
西海岸のクジラの死亡率が15倍に増加。政府が前例のない異常死事態(unprecedented Unusual Mortality Event/UME)を宣言。


2015年8月25日6:07pm ET
BREAKING: Fukushima nuclear waste detected along Southern California coast ― Highest levels seen anywhere in North America since testing program began ― 8.4 Bq/m3 of radioactive cesium measured near beach between Los Angeles and San Diego (VIDEO & MAP)




西海岸の放射能が最大になったとか。
うーむ。わずか6.9Bq/㎥の汚染でこんな壊滅的になってしまうのか。ぐげー。


放射性物質そのものより、トリチウム水の起こす寒暖の差の増幅と異常気象の過激化が海の砂漠化を招いてるよーな。


2015年8月26日3:53pm ET


Many baby seals dying of leukemia-linked disorder along California coast ― Blamed for over 1/3 of recent deaths at San Francisco Bay rescue center (CHART)


西海岸の象アザラシの子供の死因の3分の1は白血病に関連する障害。




Of the 46 recently weaned northern elephant seals deaths reported by the San Francisco Bay Area’s Marine Mammal Center between April 20 and August 1 of this year, Disseminated Intravascular Coagulation was listed as a cause of death in 16 ― over 1/3 of the total.


サンフランシスコ湾岸海洋哺乳類センターの報告によると、今年の4月20日から8月1日までの
離乳したばかりの北象アザラシの46頭の死因の3分の1を超える16頭は播種性血管内凝固(Disseminated Intravascular Coagulation)と記載されていた。


U.S. National Library of Medicine (emphasis added): Disseminated intravascular coagulation (DIC) is a serious disorder in which the proteins that control blood clotting become over active… Risk factors for DIC include: Blood transfusion reaction; Cancer, especially certain types of leukemia…


米国立薬学研究所(強調体)「播種性血管内凝固(Disseminated intravascular coagulation/DIC)とは


血液を凝固させるタンパク質が過度に活動する深刻な症状のことで…


DICの危険因子に血液の変質反応、がん、とくに特定のタイプの白血病がある…


原因はフクイチの毎日300トンの汚染水だな。
ヒトに起きてることが5000キロ離れた米西海岸の北象アザラシの赤ん坊にも起きてる。
いままで頭の隅っこで大丈夫かも?なんて思ってた部分があったけど、そんな淡い期待が完全に粉砕されてしまったわな。島国の土人が惑星の生物を全滅に追い込む。




カリフォルニアからアラスカまでの惨状の裏付けを取りに来てる。アラスカ沖で汚染の実態を見ながらでオバマ習近平会談?抗日パレードがあるからそれは無理だな。




オバマのアラスカ訪問中にもクジラの死体。
さぁどうする。あべちん。太平洋戦争2.0でも勃発させるか?




既に始めてるのか。


たぶん米も中国も露も韓国も台湾も敵にまわるぞ。北朝鮮も文科省の言う事を聞かないかも。




カリフォルニア州EPAがモンサントのラウンドアップに「発がん性がある」とラベルを貼ることを検討ちう。
( ^∀^)ゲラゲラやはりでてきたな。
ミツバチが大量死したときもモンサントでしたな。
そして大気中核実験をやめてベトナム戦争起こした時もモンサント。
なんともわかりやすい。


モンサント遺伝子組み換え食品反対スピンデモとブラックウォーター社のスピンスポンサー



モンサントのラウンドアップをカリフォルニアからアラスカまでの3500`を死の海岸にした理由にするのはちょっと苦しいかも。
そしてモンサントでスピンできなかった場合は地球温暖化を理由にするのだろうな。
でも地球温暖化で北象アザラシの赤ん坊の死因の3分の1が白血病関連であることを説明できないだろう。
で、どうしても放射能汚染が原因だと大衆が騒ぎはじめるとブラックウォーター社がスピンテロを起こすわけですな。


いやいやブラックウォーター社のスポンサーのマイクロソフトがウィンドウズの脆弱性を悪用した遠隔操作テロをやるかも。



最近気づいたのは世の中の悪党は意外と少なくて手法もワンパターン。同じことをずっと繰り返してるてこと。






チリの海岸に20頭のクジラの死体が打ち上げられる。
うーむ。太平洋全体を破壊したか。


死の西海岸。いや太平洋、南米、インド洋、そして北欧。 update15 弁財天


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年7月04日 00:21:08 : mYlSRbhZfI : mWiZrpC@4nc[413]
当方も含めてだが、在外邦人は「地球を殺した国の人間」として、襲撃されて殺される可能性があることを覚悟しておいた方がいい。これの前例として、捕鯨問題がある。確かに日本側の言い分はあるだろうが、世界は日本の言い分を聞く雰囲気ではない。ここ、阿修羅で反論を見るけど、世界は日本の言い訳を許さない。

放射能海洋汚染は、それどころじゃない超大問題。そのうち、「あいつらが悪いんだ。」と誰かが叫べば、集団心理で殺伐があるかも知れない。


2. 2016年7月04日 06:55:58 : fpt8itpB5Q : zW@YYVl31Kw[787]
岸信介を処刑しておけば安倍は産まれなかったろうに
島国の土人ではなく、半島の狂人が問題なのだ

[32初期非表示理由]:担当:言葉使い
3. 茶色のうさぎ[-3062] koOQRoLMgqSCs4Ks 2016年7月04日 09:13:51 : 2SIV7sexYI : M8CPlCEAMJg[4]

>はやく塞げ。自衛隊も使え。

 ↑ 正解と思います。 まだ、福島は、緊急事態、ですね!

まぁ、外国なら軍隊出動と思います。 まぁ、福島はバカだから、帰還して弾に当たるんだってさー♪

結論: 写真は現実の現象ですね、証拠があるんだから、原因があるはずですね!

事故後に、海の放射能濃度が上がってんだから、原因でしょ! うさぎ♂

説明は、『 象アザラシの子供の死因の3分の1は白血病 』で十分と思います。


4. 茶色のうさぎ[-3061] koOQRoLMgqSCs4Ks 2016年7月04日 10:36:30 : 2SIV7sexYI : M8CPlCEAMJg[5]

追記です♪

常識的ですが、、食物連鎖の循環も崩れて、クラゲの異状発生で正解と思います。

まぁ、反論もあると思いますが、CO2と温暖化は別と考えてます。 <今回は反論はカンベンねー♪

クラゲって、放射能には強そうですね? 単細胞? 人間も?<冗談♪ぷ うさぎ♂

クジラやイルカは、、テレパシー?が使えるくらい敏感なんでしょ?超音波? γ線の電磁波の影響と思います?


5. 2016年7月04日 11:13:23 : J90JtMhI0Y : wN8FSL1XyuQ[4]
なぜ福島原発を囲むように諫早湾に作ったと同じ潮止め堤防を作らないのか?

金が惜しいから?

それとも汚染水が滞留するので、わざと拡散させている?

どう考えても、おろかなことをしている。


6. 2016年7月04日 17:18:26 : Q1AShcAlNU : YisAsbtyiYk[259]
原発爆発で環境破壊した既得権益に群がる人間ども。
海の幸、陸の幸は汚染にまみれ死んでいく。
食べ物がなくなったら人間の大量死が来る。
お金は屑同然。
最後に生き残るのは過疎地の農民たちかも。

7. 2016年7月05日 00:54:26 : ZKwDoQdsCg : bBcZhpOgQ7I[33]
所でラアーグやウインズケール(セラフィールド)でも同じような異常が検出されてるの?
っていうか何で福島や太平洋だけを問題にしてるのかな?

http://corecumbria.co.uk/wp/wp-content/uploads/2016/02/CORE-Report-on-OSPAR.-February-2011.pdf

トリチウムを問題視してるみたいだけど
実際にアイリッシュ海やフランス沖で過去に起こって居ると言う報告は有るの??

ラアーグでは再処理廃液を数キロ沖合に大量に流してるけどね
1リットルあたり1億6千万ベクレルのトリチウムを毎日10万リットルの放射性廃液
長さ7Kmのパイプで外洋に放出してるけど。死に絶えたのかね?死の海なのかね
其処の魚食った奴は病気になったのかね?
福島が流してるレベルより高いぜよ

最近ではシンガポールで大量死が起こったみたいだけど、富栄養化が原因
http://www.bbc.com/news/world-asia-31724554


8. 茶色のうさぎ[-3058] koOQRoLMgqSCs4Ks 2016年7月05日 01:23:44 : hsINIWCmXU : qV_gwT2IK0Y[3]

>(セラフィールド)でも同じような異常が検出されてるの?

 ↑ 当然でしょ! 泳ぐ人なんかいないよー♪

 ↓ 白血病なんて、14倍だよー! <6:00〜7:00の一分くらい見てね。
https://www.youtube.com/watch?v=wfWtIAOv33A <核再処理工場・英セラフィールド

結論: 再処理工場は、どこも同じでしょ! ロシアもアメリカも! 六ヶ所村が稼動したら??ぷっ♪

ダウン症の子供も多いみたいですね。 まぁ、付近は永遠に住めないね! うさぎ♂


9. 2016年7月05日 02:27:22 : fpt8itpB5Q : zW@YYVl31Kw[787]
>>2
なんだ言葉遣いって
「島国の土人」って記事の本文中に書いてあるだろ

10. 2016年7月05日 21:18:18 : wYZ4E7zKhp : dt7feUwLo5o[53]
一万年かけて海を殺す。

11. 2016年7月06日 00:39:40 : ZZRN8DfbzY : YLOyQZg@BC4[59]
>8.

別に見たってしょうがない映像ですね・・・TV=真実かどうかは疑わしい
思想や大衆迎合に走る様なマスコミや環境団体の宣伝には何も期待できません。
フェアウィンズ・アソシエーツだの欧州放射線リスク委員会だっけだのは愚の骨頂だし。
そのもの達にはイデオロギーや思想が入って居るし。
俺の行ってるのは人口統計に基づいた過剰白血病を証明した論文なんだけど(笑)

この人は学者かどうか知らんけど君は14倍と言っているが
ある学者だと10倍と言って居る、調査をした学者で8倍と言っている人も居る
http://www.theecologist.org/blogs_and_comments/commentators/other_comments/889929/why_uk_nuclear_power_plants_may_cause_childhood_cancer_and_leukaemia.html
君は14倍だと声高に主張しているんだが、単に一番大きい数値をイデオロギー色の強い意味で取っているだけでしょう。
「Sellafield leukemia」で検索を掛ければ大量に出てきますよ。

http://www.independent.co.uk/news/science-and-history-solve-the-mystery-of-the-cancer-clusters-1112520.html
とか
http://www.telegraph.co.uk/technology/3346407/Did-Sellafield-workers-seed-leukaemia.html
によると核施設稼働による人口流入を考慮に入れてない理論だと言われて居ます。
人口が増えれば当然、羅漢者は増える訳だからね

いつも思うんだけど、原発反対は良いんだけどね、怪情報や何故、そういう
住めないだの、科学的根拠も何もない脅し文句を君らは使うんだろうね。
実際に住んでる人も研究してる人も福島でも原発事故収束に入って居る人も居る訳でしょうに
そういう人に敬意を払う気も無いのかね、何もせずにインターネットの中で騒いで
対岸の火事の様な顔して不安を煽って社会が変わる訳ない事に気が付いてください。



12. 2016年7月06日 00:42:18 : HtL2lJnc6k : 9faWU2j7Tbw[-84]
セシウムの被ばくなんてカリウム40以下の雑魚だし
トリチウムの危険性ってどれくらいなの?
冗談抜きで誰もが納得できるような説明をプリーズwww

トリチウム(水素-3、3H)
http://www.cnic.jp/knowledge/2116

生体に対する影響
放出されるベータ線は水中で0.01mmまでしか届かない。体内取り込みによる内部被曝が問題になる。10,000ベクレルを含む水を経口摂取した時の実効線量は0.00018ミリシーベルト、10,000ベクレルを含む水素ガスを吸入した時の実効線量は0.000000018ミリシーベルトになる。2つの間に10,000倍の差がある。
最近の雨水中のトリチウム濃度を2ベクレル/リットルとして、この水を1年間摂取すると、実効線量は約0.00004ミリシーベルトになる。ふつうの人がトリチウムによって受ける年間実効線量はこの程度であろう。



[32初期非表示理由]:担当:言葉使いで処理が大量にあるので全部処理

13. 茶色のうさぎ[-3057] koOQRoLMgqSCs4Ks 2016年7月06日 05:33:09 : 2Jz29X5xy6 : C1TItS3hCns[1]

>11

ばか

がんばれよ♪

コヒーが、、うまい、 うさぎ♂ 

♀、3匹。。。寝てます。。?? はら。。へったーーー?? 

寝よー 麦。。ばっか?10?以上???? またねーーー♪



[32初期非表示理由]:担当:言葉使い

14. 2016年7月06日 17:45:57 : wYZ4E7zKhp : dt7feUwLo5o[57]
>>12
>セシウムの被ばくなんてカリウム40以下の雑魚だし

君の楽天性が羨ましい


15. 2016年7月07日 01:16:53 : HtL2lJnc6k : 9faWU2j7Tbw[-83]
>>14
放射線と原子力発電所事故についてのできるだけ短くてわかりやすくて正確な解説
食品中のセシウムによる内部被ばくについて考えるために
http://www.gakushuin.ac.jp/~881791/housha/details/CsInBody.html
(コピペで貼り付けたので間違いなく読み辛いと思うのでリンク先で詳細を)

放射性セシウムを食品といっしょに摂取したことによる内部被ばくが「どれくらい大きいか」を自分で考えるための目安を二つ紹介する。 一つ目は「公式」の方法である実効線量。 シーベルトに換算した年間の被ばく量がすぐにわかる表を書いた。 二つ目は、「生命誕生以来お馴染みのカリウム 40 による内部被ばくと比較する」というやり方。 こちらは少しややこしいので、体内のセシウムの量の変化のことも含めて、ある程度詳しく説明しよう(いつも書いていることだが、この解説も多くの人のアイディアに依っており、ぼくの「オリジナリティ」はほとんどない。 あえてお名前はあげないがお世話になったみなさんに心から感謝します)。

このページの目次

背景

セシウムで何シーベルトくらい被ばくするのか?

セシウムは体に何ベクレルくらいたまるのか?

「化学物質としてのセシウム」の影響

付録:計算の詳細

付録:放射性カリウムと放射性セシウムの比較
背景
事故をおこした原子力発電所から大量の放射性物質がまき散らされ、日本の広い範囲の地面と、周辺の海が汚染された。 陸地の場合、主要な放射性物質は放射性のセシウム 134 とセシウム 137 だ(ミニ解説「セシウム 137 とセシウム 134」を参照 )。

放射性物質はぼくらが口にする飲み物や食べ物にも混ざっているので、内部被ばくを引き起こす。 もちろん、「直ちに健康に影響がある」ほどの量が混ざっていることはないが、長期的に健康に影響が出る可能性があるかどうかは気にしなくてはいけない。 これは、何週間といった短い期間ではなく、何年間という長い目でみて考えるべき問題だ。 特に、福島など、周囲の汚染の高い地域ではそもそも外部被ばくが無視できないので、それに加えて余分な内部被ばくをしない努力が必要だ。
報道などによれば、厚生労働省では 2012 年 4 月から、食品中の放射性物質についての新しい基準を適用することを検討している。

新しい基準の案は、

食品中の放射性物質に係わる規格基準の設定について(案)
平成 23 年 12 月 22 日、薬事・食品衛生審議会食品衛生分科会、放射性物質対策部会報告書
(書類をスキャンした pdf ファイル、231K、もとの web ページ)

で見ることができる。 最終的な基準値(案)は、食品 1 kg 中の放射性セシウム(セシウム 134 とセシウム 137)の量(もちろん、ベクレルで測る)で定められており、以下の表のとおり。

【食品中の放射性物質に係わる規格基準(案)】 食品区分 放射性セシウムの基準値(Bq/kg)
飲料水 10
乳児用食品 50
牛乳 50
一般食品 100

自分や家族がどのような食品を一日に何 kg 食べるのかを調べ、この表と照らしあわせれば、(新しい基準値が使われるようになったあと)最大限でどれだけの放射性セシウムを摂る可能性があるかがわかる。 たとえば、一日に水を 1 リットル(つまり 1 kg)飲み、一般食品を 1.9 kg 食べる人なら、最大限、一日あたり
  10 × 1 + 100 × 1.9 = 200 ベクレル
の放射性セシウムを摂る可能性があることになる
(単位をつけた計算に慣れている人なら、
  10 Bq/kg × 1 kg + 100 Bq/kg × 1.9 kg = 200 Bq
と計算したほうがわかりやすいだろう)。
上の基準案では放射性セシウムの量だけを定めている。 これは、セシウムが汚染の主役とみなしているからだけではなく、もっとも測定しやすい放射性セシウムによって他の放射性物質を代表させようという考えがあるからだ。 基準案を作る際には、セシウムの量と種々のデータにもとづいて、他の放射性物質の量も推定し、すべての放射性物質からの内部被ばくの寄与を考慮する工夫をしている。 いずれにせよ、セシウムからの寄与が圧倒的に大きいのだが。

この解説の以下の考察では、もっとも影響の大きい放射性セシウムについてだけ考え、他の放射性物質による内部被ばくの影響は扱わないことにする。

また、以下に示す二つの目安のうちのどちらを使うにせよ、「子供の被ばくは別格に考えなくてはいけない」という客観的な事実を念頭に置いていただきたい(詳しくは、解説「子供の被ばくに気をつけなくてはいけないのは何故か」をご覧ください)。
セシウムで何シーベルトくらい被ばくするのか?
セシウムの内部被ばくについて考える際には、実効線量を用いるのが標準的だ。 ICRP が推奨し日本の政府も従っている「公式の考え方」だ。

これは、放射性セシウムを摂取したことによって生じうる健康への影響を、(同じくらいの健康への影響を生むと推測される)全身への被ばく量に換算しようという考えである。 これによって、内部被ばくの影響もシーベルトで測ることができるので、何かと便利というわけだ(換算の基本となる考え方については、解説「内部被ばくのリスク評価について」を見よ)。

仮に、放射性セシウムを一日に平均 1 ベクレルずつ、ずっと摂り続けたとき、どれだけの内部被ばくがあるかを、ICRP(国際放射線防護委員会)の換算表に従って求めたのが次の表だ(2012 年を想定して、セシウム 134 と 137 のベクレル比を 4 対 6 とした)。 絶対に正確なものと思うべきではないが、それなりに信頼可能な目安を与えてくれる。 ここでは、1 日あたりの被ばく量と年間通算の被ばく量を求めておいた(成人の値のほうが 5 歳児よりも大きいことについては、解説「子供の被ばくに気をつけなくてはいけないのは何故か」の「『大人のほうがセシウムの内部被ばくに弱い』という誤解?」を参照)。

【毎日 1 Bq の放射性セシウムを摂取し続けた際の被ばく量(実効線量)】 年齢 3 ヶ月 1 歳 5 歳 10 歳 15 歳 成人
1 日あたりの実効線量(μSv) 0.023 0.014 0.011 0.012 0.015 0.015
1 年間の実効線量(μSv) 8.4 5.0 4.0 4.2 5.6 5.6

一日に摂取するセシウムの量と被ばく量は比例する。 だから、たとえば一日に平均で 10 ベクレルを摂取するときは、この表の値をそのまま 10 倍すればいい。

たとえば、成人が一日に平均で 200 ベクレルずつの放射性セシウムを摂取し続けたとする。 上の表を 200 倍すればいいので、年間の被ばく量は 5.6 × 200 = 1120 μSv ≒ 1.1 mSv とわかる(もし外部被ばくもあれば、年間の外部被ばくの量をこれに足す)。 よく言われる「年間 1 ミリシーベルト」というのがこのあたりというわけだ。

食品の汚染と食事の状況を具体的に想定して一日の平均の放射性セシウムの量を求めれば、同じようにして年間の被ばく量の見積もりができる。
セシウムは体に何ベクレルくらいたまるのか?
セシウムによる内部被ばくについては別の視点から考えることもできる。 自然界にずっと昔からあるカリウム 40 による内部被ばくと比較することだ。

カリウムとセシウムは、体内でほぼ同様に分布すると考えられている。また、放射性カリウムの出す放射線と放射性セシウムの出す放射線はかなりよく似ている。 そこで、体内にある放射性カリウムと放射性セシウムの量を比較することでセシウムによる余分な被ばくの量の目安にできる。 「セシウムがカリウムの×倍程度だから平気だろう」とか「セシウムをカリウムの○倍以内には押さえたいから食生活を工夫しよう」という風に考えようというわけだ(また、この視点に立てば実効線量を使う必要がないことも注意しておく。実効線量の信頼性に疑問を感じている人も、この考え方なら安心して使えるのではないだろうか?)。

ただし、どうやって比較すればいいかは当たり前ではないので、順を追って説明しよう。
放射性カリウムについて
カリウム(元素記号は K)は原子番号 19 の原子で、安定な原子核はカリウム 39 とカリウム 41 の二種類。 自然界にあるカリウムのほとんどはこの二つの安定な核種で、そこに 1 万分の 1 くらい、不安定なカリウム 40 が混ざっている。 カリウム 40 は不安定といっても、半減期はなんと 12 億 8 千万年。ほとんど崩壊しないということだ。

生物を学んだ人はよく知っていると思うが、カリウムはわれわれ生き物が生きていくために絶対に必要な元素だ。 神経の情報伝達とか、いろいろなところでカリウムイオンが活躍している。 われわれの体のなかには、体重のおおよそ 0.2 % 分のカリウムがあるとされる。 そして、このカリウムの量はつねにほぼ一定になるように調整されている。

自然界のカリウムのうちの約 1 万分の 1 が放射性のカリウム 40 だったことを思い出すと、われわれの体のなかのカリウム 40 の量もつねに一定に保たれているということがわかるだろう。 体重 1 kg あたり約 60 ベクレルのカリウム 40 がある。 そして、ぼくらは、カリウム 40 が体の中で出す放射線を受けてつねに内部被ばくしているのだ。 これは、生命がこの地球の誕生して以来ずっと続いていることなのである。
体に入ったセシウムはどうなるか
[amount of Cs] セシウム(Cs)は実はカリウム(K)とよく似た性質をもった元素だ。 周期表を縦に覚えている人は(←ぼくは中学の先生に縦に覚えろ言われたので、横向きには覚えていない(もちろん、縦の並びもほとんど忘れてしまったけど・・))水素 H の下に、H, Li, Na, K, Rb, Cs, Fr と続いていることを思い出そう。 周期表で縦に並んでいる元素は性質がけっこう似ているのだ。

ただし、カリウムと違ってセシウムは生命活動に使われないので、普通は体内にはほとんどない。 食べ物や飲み物といっしょにセシウムを摂ると、胃腸でほとんど吸収され、血液に溶けて全身にくまなく運ばれるとされている。 それから少し時間をかけて尿といっしょに体外に排出される。 これは、放射性のセシウムについても、安定なセシウムについても同じことだ。

カリウムは体内にたっぷりと存在し、濃度はほぼ一定だということを上で説明した。 セシウムの場合は、濃度もきわめて低いし、ふるまいはまったく異なっている。 体内にあるセシウムの量は、どれくらいセシウムを摂取するかに大きく左右されるのだ。

右のグラフは、5 歳児の体内の放射性セシウムの総量の時間変化を表している。 実測ではなく、ICRP の使っているモデルによって計算した理論的なグラフだ。 ここでは、この子供が 100 日目から 600 日目のあいだ(グラフではピンクで示した領域)、一日に 10 ベクレルずつの放射性セシウムをずっと摂り続け、その後、放射性セシウムの摂取をやめたということを想定している。

体内のセシウムの量は、最初はゼロだが、摂取を始めると急激に増えていき、ある一定値(この場合は約 300 ベクレル)に達したところで変化しなくなる(この子供は途中で摂取をやめているが、同じ割合で摂取を続ければ何年間も 300 ベクレルが維持される)。 この「一定値」は、日常的にどれくらいセシウムを摂取するかと、セシウムがどれくらい排出されるかのバランスで決まってくる。 「平衡量」と呼ぶことにしよう。 もちろん、摂取をやめれば、体内のセシウムの量は少し時間をかけてゼロに近づいていく。

[amount of Cs] 体内の放射性セシウムの量の変化の仕方にはもちろん個人差があり、体重や年・性別によって異なる。 左のグラフは、ICRPのモデルで計算した、成人、15 歳、10 歳、5 歳、1 歳、3ヶ月の人が、一日に 10 ベクレルずつの放射性セシウムを摂取し続けた場合の体内の放射性セシウムの時間変化である。 実際には年齢によって摂取量も大きく異なるだろうから、セシウムの量そのものを比較することに大した意味はない。 それより、子供の場合は 2、3 ヶ月ですばやく平衡量に達し、大人の場合は何年かかかってゆっくりと平衡量に達することに注意しよう。

注意: マスコミの報道(特に朝日新聞の「プロメテウスの罠」)などで「人が摂取した放射性セシウムは、心臓や甲状腺など特定の臓器に蓄積されることがわかった」というバンダジェフスキーの研究について読んで心配している人もいると思う。 バンダジェフスキーという人は、ベラルーシの政府に不当に弾圧されて逮捕されたりしたものの、がんばって論文を出版したことで知られている。 弾圧に負けす自説を貫く立派な人なのだろう。 ただし、立派な人だとしても、それで研究の内容が正しいということになるわけではないから注意が必要だ。

実際、セシウムが臓器に集中するというバンダジェフスキーの論文はデータの扱いなどがかなり杜撰(ずさん)で、研究としての信頼性は低いと思われる。 ぼく自身は医学の専門家ではないが、ぼくが調べてみた範囲でも、動物実験を含む多くの研究では、セシウムは特定の臓器には蓄積されないことを示しているようである(正確に言うと、血中の濃度よりも筋肉、腎臓、心臓での濃度が高いそうだ)。 ここでは、このような「多数派の見解」にもとづいて話を進める。

補足:付録「計算の詳細」で詳しく述べるが、放射性セシウムの平衡量は
rlog2(a1T1+a2T2)
と表わされる。 r が一日に摂取するセシウムの量で、 log2≃0.69 は 2 の自然対数である。 残る四つの量はセシウムの動態モデルのパラメター。 a1 と a2 は排出が速い成分と遅い成分それぞれの割合で、T1 と T2

はそれぞれの成分の生物学的半減期(単位は日)。 これらパラメターの具体的な値も付録にある。
セシウムの平衡量
一年以上にわたって日常的に放射性セシウムを摂取するようなとき、内部被ばくの大きさを決めているのはセシウムの平衡量だと考えていい。 そして、放射性カリウムと放射性セシウムを比較をするには、体内に存在する量(つまり、一定のカリウムの量と、セシウムの平衡量)を比べるのが見通しがよい。 たとえば摂取量を比較しても、二つの物質の動態(吸収から排出への流れ)が異なっているので、単純な対比ができないからだ。 さらに、放射線による影響を知りたいのだから、カリウムとセシウムの量はベクレルで測って比較する(もちろん、カリウムとセシウムの、ベクレルで測った量が等しくても、影響がまったく同じというわけではない。ただ、放射性カリウムからの放射線と放射性セシウムからの放射線はかなり似ているので、大ざっぱには同程度の影響を与えると考えていい。詳しくは、付録:「放射性カリウムと放射性セシウムの比較」で議論する)。

下の表は、放射性セシウムを一日に平均 1 ベクレルずつとり続けたときの、体内での放射性セシウムの平衡量を年齢別にまとめたものだ。 ここでも ICRP が用いているモデルを使って計算した。 このような計算はモデルの取り方にかなり依存するので、細かい数値を気にする必要はない。 あくまで、大ざっぱな目安と思ってほしい(別のモデルを使って同じ量を計算した結果を付録「計算の詳細」の最後に示す)。

【毎日 1 Bq の放射性セシウムを摂取し続けた際の体内の放射性セシウムの平衡量】 年齢 3 ヶ月 1 歳 5 歳 10 歳 15 歳 成人
体内の放射性セシウムの総量(Bq) 23 19 30 53 117 143

平衡量は、一日あたりに摂取する放射性セシウムの量に比例する。 だから、上のグラフの 5 歳児の場合は、一日に 10 Bq 摂取したので、平衡量は 30 × 10 = 300 Bq だったのだ。

ここでも、成人が一日平均 200 ベクレルの放射性セシウムを摂取すると仮定しよう(上で見た、年間約 1 mSv になる例だ)。 すると、セシウムの平衡量は、143 × 200 = 28600 ベクレルになる。 この人の体重が 70 kg だとすると(←ちょっと重すぎる気がするけど、ICRP の標準値に合わせた)、体重 1 kg あたりの放射性セシウムの量は、28600 ÷ 70 ≒ 410 ベクレルになる。

放射性カリウムの「一定量」は体重 1 kg あたり 60 ベクレルだったことを思い出そう。 つまり、年間 1 mSv の内部被ばくを目指した場合、体内での放射性セシウムの平衡量は、放射性カリウムの量よりも数倍多くなるということがわかる。

「体内にもともとある放射性カリウムの量と、放射性セシウムの平衡量が(ベクレルで測って)だいたい等しくなる」という状況は、セシウムによる内部被ばくについて考える際の一つの目安になるだろう。 ICRP が想定した年齢ごとの体重を使って、そのようなセシウムの摂取量を求めると以下の表のようになる。

【セシウムの平衡量がカリウムの一定量とほぼ等しくなるための、一日あたりの放射性セシウムの摂取量】 年齢 3 ヶ月 1 歳 5 歳 10 歳 15 歳 成人
想定体重(kg) 6 9.8 19 32 55 70
1 日に摂取する放射性セシウム(Bq) 16 31 38 36 28 29

細かい数値にはほとんど意味がないので、ごく大ざっぱに、「一日平均で 30 ベクレル程度の放射性セシウムを摂り続けると、体内の放射性セシウムの量と放射性カリウムの量が(ベクレルで測って)だいたい同じになる」と思っていれば十分だ。 最初にも書いたように、これを「セシウムによる内部被ばくがどれくらい大きいか」を考えるための一つの目安にできるだろう。
「化学物質としてのセシウム」の影響
ところで、福島第一原子力発電所から来た放射性セシウムを摂取したことで、放射線の被ばくとは別に、化学物質としてのセシウムを摂りすぎたことによる健康への影響が出るのではないかという疑問があるかもしれない。 結論からいうと、その心配はまったくない。 そもそも体内には微量とはいえ、(安定な)セシウムがあり、今回の事故で新たに摂取する(放射性)セシウムの量は、それに比べると圧倒的に少なく無視できるからだ。 上の説明で十二分だが、念のため、具体的な数値をみておこう。

体重 70 kg の人の体内には約 0.0015 g のセシウムが存在するとされる(たとえば、「生体微量元素の役割について(web ページ)」を参照)。もちろん、そのほとんど全ては安定なセシウム(セシウム 133)である。

仮に無茶苦茶な人がいて(成人だとする)、一日に 2000 Bq ずつの放射性セシウムをずっと摂取し続けたとしよう(今の日本では、どんなにがんばって汚染された非流通食品を食べても、これだけの摂取は不可能)。 上の計算をたどれば、この人の年間の内部被曝の実効線量は 10 mSv 程度とわかる。 また、この人の体内の放射性セシウムの量は、なんと 30 万ベクレル程度ということになる。これは(放射性セシウムとしては)きわめて多い。

しかし、この約 30 万ベクレルの放射性セシウムの質量を計算してみると、なんと、わずか 5×10−8 g

しかないのだ(「ベクレル・グレイ・シーベルト」に計算法がある)。 もともと体内にある約 0.0015 g と比べて 1 万分の 1 にも満たない。

つまり、年間の内部被ばくの実効線量が 10 mSv にも及ぶほど、大量に放射性セシウムを摂取したとしても、体内での化学物質としてのセシウムの量はまったく変わらないと言っていい。 心配すべきは、化学物質としてのセシウムではなく、放射性物質としてのセシウムなのである。
付録:計算の詳細
「セシウムで何シーベルトくらい被ばくするのか?」での実効線量の計算は簡単。 ICRP publ. 72 の表からの抜粋

【実効線量係数の例(経口摂取)単位は Sv/Bq 】 核種 半減期 3 ヶ月 1 歳 5 歳 10 歳 15 歳 成人
セシウム 134 2.06 年 2.6 × 10-8 1.6 × 10-8 1.3 × 10-8 1.4 × 10-8 1.9 × 10-8 1.9 × 10-8
セシウム 137 30.0 年 2.1 × 10-8 1.2 × 10-8 9.6 × 10-9 1.0 × 10-8 1.3 × 10-8 1.3 × 10-8

を、セシウム 134 とセシウム 137 について、0.4 対 0.6 で加重平均しただけである。
本題である、「セシウムは体に何ベクレルくらいたまるのか?」の計算にうつる。 以下では、大学学部一年レベルの数学の素養(ぼくの一年生の数学の講義の単位が取れるくらい)を仮定する。 まず、一定の流入がある場合の減衰の微分方程式の復習から。 ある量 x(t) の減衰率が γ で、一定の割合 r での流入があるなら、
dx(t)dt=−γx(t)+r(1)
という微分方程式で記述できる。 初期条件を x(0)=0 とした解は、
x(t)=rγ(1−e−γt)=rlog2T(1−2−t/T)(2)
である。 ここで、 e−γT=1/2 によって半減期 T を決めた。 減衰率 γ と半減期は γT=log2 で結ばれている(対数はすべて自然対数)。 さて、口から摂取した放射性セシウムは、ほとんどがすぐに胃腸から吸収され、血液の中に溶け込んでいく。 その内、一定の割合は血液から直接腎臓に移り比較的すばやく体外に排出される。 残りのセシウムは筋肉などにいったん蓄積され、それから尿として排出される。

この過程の簡単なモデル化として、上の (1) で記述される変数が二つあり、それぞれの半減期が T1
, T2 であるとする。 そして、流入 r は、二つの変数への流入 a1r, a2r に振り分けられるとする。 もちろん、a1+a2=1

である。 (注意:ここで言う「半減期」は放射性物質の減衰による半減期ではなく、生物学的なプロセスで体内の物質量が減ることによる半減期であることに注意。 そのことを強調するため「生物学的半減期」と呼ぶこともある。 なお、ここでの解析では、放射性セシウムの物理的な減衰の効果は無視している。それを考える必要があるほど精度のある計算ではないからである。)

よって、二つの変数を x1(t)
, x2(t) とすれば、微分方程式は、
dx1(t)dt=−γ1x1(t)+a1r,dx2(t)dt=−γ2x2(t)+a2r
であり(もちろん、 γ1T1=γ2T2=log2 )、(2) の解を二つ足し合わせれば、体全体の放射性セシウムの量は、
xtotal(t)=x1(t)+x2(t)=rlog2{a1T1(1−2−t/T1)+a2T2(1−2−t/T2)}

と求められる。上のグラフ(のセシウムの量が増えていく範囲)はこれをプロットしたもの。

平衡量は、ここで t↑∞
とした、
limt↑∞xtotal(t)=rlog2(a1T1+a2T2)
である(前述のように log2≃0.69

は自然対数)。

計算のための具体的なパラメターは、たとえば、IAEA TECDOC1009 "Dosimetric and Medical Aspects of the Radiological Accident in Goiania in 1997" (pdf file10.69 MB、もとの IAEA のページ)の 35 ページの Table 4.3 にあり、以下のとおり。

【ICRP が仮定したパラメター】 年齢 3 ヶ月 1 歳 5 歳 10 歳 15 歳 成人
想定体重(kg) 6 9.8 19 32 55 70
係数 a1
- - 0.45 0.30 0.13 0.10
短い生物学的半減期 T1
(単位は日) - - 9.1 5.8 2.2 2
係数 a2
1 1 0.55 0.70 0.87 0.90
長い生物学的半減期 T2

(単位は日) 16 13 30 50 93 110
なお、上で参照した IAEA の文献(29 ページ Table 4.1)には、新しいデータと動物実験にもとづいたセシウムの体内での動態モデルが紹介されている。 参考のため、そちらのモデルを使って体内のセシウムの平衡量を計算すると、以下のようになる。

【毎日 1 Bq の放射性セシウムを摂取し続けた際の体内の放射性セシウムの平衡量(0〜16 歳)】 体重の範囲(kg) 3〜6 7〜10 11〜15 16〜30 31〜40 41〜50 51〜60 61〜70
体内での総量(Bq) 15 22 28 41 54 63 71 79

【毎日 1 Bq の放射性セシウムを摂取し続けた際の体内の放射性セシウムの平衡量(成人)】 性別 成人男性 成人女性
体内での総量(Bq) 110 80

ICRP のモデルに基づいた本文での結果とは少々異なっている。 要するに、この程度(あるいは、もっと大きな)不定性は含んだ話だと理解すべきなのだと思う。
付録:放射性カリウムと放射性セシウムの比較
本文中で、体内に定常的に存在する放射性カリウムと放射性セシウムの量をベクレルで測って比較した。 もちろん、核種が異なる場合、体内の量が同じだからといって同じ健康被害を与えるとは言えない。

以下では、いくつかのデータを元にして、この点について考える。 本文にも書いたように、放射性カリウムと放射性セシウムが体内に定常的に存在する場合、ベクレルで測った量が等しければ、体に与える影響も大ざっぱには等しいとというのが結論である。
体内での分布:
カリウムとセシウムは化学的性質が似ているので、体内でほぼ同じように(一様に)分布すると考えられる。 これについては認めることにする。 実効線量係数:
カリウム 40 は自然界に普通に存在する放射性物質である。 仮に、人工的に作った(安定なカリウム原子核を含まない)純粋なカリウム 40 の混ざった食物を摂取したとすると、余分な内部被ばくが生じる。 その内部被ばくの影響を全身に浴びた線量に換算するのが実効線量係数である。

再び ICPR publ. 72 から、セシウムのデータとあわせて引用しよう。

【実効線量係数の例(経口摂取)単位は Sv/Bq 】 核種 半減期 3 ヶ月 1 歳 5 歳 10 歳 15 歳 成人
カリウム 40 1.28 × 109 年 6.2 × 10-8 4.2 × 10-8 2.1 × 10-8 1.3 × 10-8 7.6 × 10-9 6.2 × 10-9
セシウム 134 2.06 年 2.6 × 10-8 1.6 × 10-8 1.3 × 10-8 1.4 × 10-8 1.9 × 10-8 1.9 × 10-8
セシウム 137 30.0 年 2.1 × 10-8 1.2 × 10-8 9.6 × 10-9 1.0 × 10-8 1.3 × 10-8 1.3 × 10-8

成人の値をみると、カリウム 40 の実効線量係数はセシウム 134 の 3 分の 1 程度だ。 ただし、この数字をそのまま(われわれの考えている状況に)使ってはいけない。 実効線量係数は、一定量の放射性物質を一気に摂取したことを想定し、それが、摂取してから後の(排出される、あるいは、減衰するまでの)長い期間にどれだけの被ばくを引き起こすかを示す数字である。 同量の放射性物質が単位時間あたりに体に及ぼす影響を比べるには、実効線量係数を半減期(実効半減期だが、この場合は生物学的半減期とみなしてよい)で割った量を比較する必要がある。

カリウムの生物学的半減期は、年齢にあまり依存せず、約 30 日とされる。 一方セシウムの生物学的半減期は大人では約 110 日であり、カリウムの 3 倍以上ある。 実効線量を(109 倍したものを)それぞれの半減期で割れば、

  カリウム 40: 6.2 ÷ 30 ≒ 0.21、 セシウム 134: 19 ÷ 110 ≒ 0.17、 セシウム 137: 13 ÷ 110 ≒ 0.12

となる。 カリウム 40 の及ぼす害は、セシウム 134 とほぼ等しい(細かく見ればやや大きい)ということになる。

つまり、ICRP の実効線量の表からは、体内の定常的なカリウム 40 の及ぼす影響は、(ベクレルで測って同量の)定常的なセシウム 134 の及ぼす影響とほぼ等しいと考えてよいという結論が得られる。

(注意:実効線量係数の年齢依存性をみると、低年齢では大小が逆転してカリウムの方が大きくなっている。 これはカリウムの生物学的半減期がほぼ年齢によらないのに対して、セシウムの半減期が大きく年齢によることから理解できる(要するに、そうやって計算しているということ)。)
放射線の種類とエネルギー:
実効線量係数は、それぞれの核種から出る様々な放射線が及ぼしうる害を一つの数値にまとめたものだった(くり返しになるが、「一つの数値にまとめる」ことそのものに問題はない。体は一つなのだから。議論がありうるのは「如何にまとめるか」である)。 より踏み込んで、カリウム 40、セシウム 134、セシウム 137 から出るガンマ線とベータ線を詳しく比較しておこう(と言っても、以下は単にデータを羅列するだけなので、普通の人は読んでも得るところは少ないと思う)。

【ガンマ線のエネルギー分布】
「アイソトープ手帳」から、三つの核種の出すガンマ線のエネルギーとその頻度を書き出してみる。 カリウム 40 からは比較的エネルギーの高いガンマ線が出るが、その頻度は小さい。

40K からの主な光子 エネルギー [MeV] 1.461
頻度 10.7%

137Cs からの主な光子 エネルギー [MeV] 0.0365 0.0321 0.662
頻度 1.3% 5.8% 85.1%

134Cs からの主な光子 エネルギー [MeV] 0.563 0.569 0.605 0.796 0.802 1.365
頻度 8.4% 15.4% 97.6% 85.5% 8.7% 3.0%

【ガンマ線のエネルギーの平均】
一回の崩壊で放出されるガンマ線のエネルギーの平均値は、

  カリウム 40: 0.16 MeV、 セシウム 134: 1.6 MeV、 セシウム 137: 0.57 MeV

である(最後にあげる米国 ESD の資料の数値を使った)。カリウム 40 が特に小さい。

【ベータ線の種類と最大エネルギー】
「アイソトープ手帳」から、三つの核種の出すベータ線のエネルギーの最大値とその頻度を書き出してみる。 なお、ベータ線のエネルギーは確定しておらず、ゼロから最大値までの範囲に分布する。 表を眺めるだけで、カリウム 40 からのベータ線のエネルギーが高いことがわかる。

40K からの主なベータ線 エネルギー [MeV] 1.311
頻度 89.1%

137Cs からの主なベータ線 エネルギー [MeV] 0.514 1.176
頻度 94.4% 5.6%

134Cs からの主なベータ線 エネルギー [MeV] 0.086 0.415 0.658
頻度 27.3% 2.5% 70.2%

【ベータ線のエネルギーの平均】
セシウム 137 の平均エネルギーに誤りがあったので訂正しました.申し訳ありませんでした。(2011年12月29日)
一回の崩壊で放出されるベータ線のエネルギーの平均値は、

  カリウム 40: 0.52 MeV、 セシウム 134: 0.16 MeV、 セシウム 137: 0.19 MeV

である(セシウム 137 の最大値が 0.514 MeV, 1.176 MeV のベータ線の平均エネルギーは、それぞれ、0.174 MeV, 0.416 MeV なので、全体としての平均値は、0.174 MeV × 0.944 + 0.416 MeV × 0.056 ≒ 0.19 MeV となる)。 カリウム 40 からのベータ線のエネルギーの平均値が飛び抜けて高いことがわかる。

【総合すると・・】
エネルギーの平均値を考えると、ベータ線についてはカリウム 40 が高く、ガンマ線についてセシウム 134 が高い。 内部被ばくの場合、ベータ線はほぼ全てが寄与し、ガンマ線は(体の外に出て行くので)半分くらいが寄与する。 そういった効果を合わせると、上で実効線量係数から導いた「内部被ばくへの寄与はカリウム 40 がもっとも大きい」という結論と整合するはずだ。

平均値ではなく、具体的なエネルギー分布を見れば、もちろん、カリウム 40、セシウム 134、セシウム 137 の出す放射線は微妙に異なる。 ただ、その微妙な相違が生体への影響を大きく変えると考える理由はないように思う。
放射線のエネルギーの平均値については、 Radiological and Chemical Fact Sheets to Support Health Risk Analyses for Contaminated Areas(web ページ) (Environmental Science Division, U.S. Department of Energy) を参照した。 また、より詳しいデータは日本原子力研究開発機構の「核データの表」(web ページ)で見ることができる。

目次へ
このページを書いて管理しているのは田崎晴明(学習院大学理学部)です。 申し訳ありませんが、ご質問やご意見は(Twitter ではなく) hal.tasaki.h@gmail.com 宛てのメールでお願いします。
リンクはご自由にどうぞ。いろいろな人に紹介していただければ幸いです。 目次の URL は、http://www.gakushuin.ac.jp/~881791/housha/です(URL をマウスでおさえて「リンクをコピー」してください)。
このページの各項目に直接リンクするときには、上の目次の項目をマウスでおさえて「リンクをコピー」してください。

[32初期非表示理由]:担当:言葉使いで処理が大量にあるので全部処理


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素46掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素46掲示板  
次へ