★阿修羅♪ > 原発・フッ素46 > 386.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
安倍デタラメ原発政策を一刀両断 NHK番組の波紋広がる(日刊ゲンダイ) :政治板リンク
http://www.asyura2.com/16/genpatu46/msg/386.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 8 月 29 日 20:46:40: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

安倍デタラメ原発政策を一刀両断 NHK番組の波紋広がる(日刊ゲンダイ)

http://www.asyura2.com/16/senkyo211/msg/886.html

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年8月30日 07:08:27 : UHSKYt6uaY : Pu1YDLW6Uxg[2]


         籾井犬HK「謀反じゃ、謀反じゃ」

         精神病院隔離病棟で言ってください


2. 2016年8月30日 17:24:43 : eqwV3abSH6 : 3HffFKqkL60[4]
小出と同じで公開情報を喋ってるだけ。
反原発の人たちならみんな知ってることだろ。
まあ、NHKにしちゃよくやったというだけの話。


[32初期非表示理由]:担当:小出スレはこちらhttp://www.asyura2.com/15/genpatu42/msg/890.html
3. 2016年8月31日 11:06:04 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-8490]
2016年8月31日(水)
きょうの潮流

 行く8月、被爆・終戦の日を振り返り、反戦平和を訴え続けた故人のことを改めて思い起こします。放送作家・永六輔さんもその一人。NHKテレビが追悼番組を放送しました▽ゲストは服飾評論家のピーコさん。永さんを悼む話に温かさはにじむものの、まどろっこしい。世の中が戦争へ向かっているのではないか、戦争はいけないと永さんは考えていると語ったら、放送では「ばっさり抜かれていた」とピーコさん。新聞のインタビューで話していました▽南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に参加する自衛隊の訓練が始まったと報じるNHKのニュース。安倍政権が強行した安保法制の下で積極的な役割を果たすといわんばかりです。海外での武力行使を禁じた憲法に違反しないか。検証はありません▽政権寄りの報道が大手を振るう一方で、戦争はやめてほしいという個人の発言は削除してしまう。公共放送NHKがますます危うい。萎縮や忖度(そんたく)の先には言論の自由を奪う統制がある、といったら大げさでしょうか▽発端が2年前の籾井(もみい)勝人会長就任にあることは、衆目の一致するところです。就任会見で「政府が右ということを左とはいえない」と述べた籾井氏。トップの姿勢がNHKを侵食しています▽会長の任期は来年1月まで。経営委員会で会長選考作業が始まり、市民の活動も広がっています。各地の視聴者団体が籾井氏の再任に「絶対反対」を掲げ、公募制を求める署名運動を開始しました。NHKを取りもどしたいと。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-08-31/2016083101_06_0.html


4. 2016年9月17日 09:58:02 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-8271]
2016年9月17日(土)
泊原発 耐震・避難、住民不安
北海道 畠山・岩渕議員ら現地調査

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-09-17/2016091714_01_1.jpg
(写真)施設内の展望台から泊原発をみる(左から)岩渕、畠山の両議員ら=15日、北海道泊村(北海道電力提供)

 日本共産党の畠山和也衆院議員、岩渕友参院議員は15日、北海道電力が再稼働を急ぐ泊原発(北海道泊村)の「安全確保」について現地調査しました。調査には、菊地葉子、宮川潤、佐野弘美の各道議、大田勤、大石美雪の両岩内町議らが同行しました。

 現在、原子力規制委員会で、同原発3号機の再稼働のため新規制基準の適合性を審査中です。

 泊原発では、魚住元所長らが応対しました。職員から説明を受け、3号機用の変電設備、タービン建屋、格納容器内の冷却・減圧を行う格納容器スプレイが機能を失った時に原子炉に水を供給するための代替格納容器スプレイポンプ、高さ16・5メートルの防潮堤などを視察しました。

 畠山議員が「原子炉や燃料プールへ注水する、ろ過水タンクの耐震性は補強されたのか」と指摘すると、北電側は「耐震性は向上しているわけではない」と認めました。

 北電側は再稼働に向けた安全対策費が2000億〜2500億円になると述べたのに対し、岩渕議員は「福島の事故からも多くの人が不安に思っている。対策は不安に応えられるのか」と語りました。

 調査団は、原発30キロ圏内の仁木町の佐藤聖一郎町長と懇談。鹿内力三課長らが「避難経路を2本にして、防災訓練で不備のないものにしていきたい」と避難経路作成の苦労を説明しました。

 その後、町内で開かれた住民との懇談会で女性(61)は「混乱の中、住民は車が渋滞せずに避難できるのか。避難計画はおかしいし、再稼働はやめてほしい」と話しました。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-09-17/2016091714_01_1.html



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素46掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素46掲示板  
次へ