★阿修羅♪ > 原発・フッ素46 > 504.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
22年で250日間しか稼働せず、1兆2千億円。廃炉される「もんじゅ」驚きの数字(BuzzFeed Japan)
http://www.asyura2.com/16/genpatu46/msg/504.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 9 月 21 日 21:46:26: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

22年で250日間しか稼働せず、1兆2千億円。廃炉される「もんじゅ」驚きの数字
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160921-00010000-bfj-soci
BuzzFeed Japan 9月21日(水)12時16分配信



 「高速増殖炉もんじゅ」


政府が「高速増殖炉もんじゅ」を廃炉する方向で調整しており、年内にも結論が出るという。朝日新聞など複数のメディアが報じた。【BuzzFeed Japan / 籏智 広太】

使用済み核燃料を再処理し、抽出したプルトニウムをウランとともに使う「高速増殖炉」。

使った以上のプルトニウムを得る「夢の原子炉」は、資源に乏しい日本の核燃料サイクルを担う存在として、膨大な税金が投じられてきた。

BuzzFeed Newsは、運営主体の日本原子力研究開発機構や各メディアの報じたもんじゅにまつわる数字をまとめた。


1. これまでに投じた予算:約1兆2千億円

建設費は約5900億円。もんじゅの出力は28万キロワットだが、一般的な原子力発電所(出力100万キロワット)の建設費の約2倍だ。

日本原子力研究開発機構はこの理由について、もんじゅが「研究開発の中間段階の原子炉」であり、「経済性の見通しを得ることではなく、高速増殖炉で安定した発電ができることを実際に確認することに主眼があった」ため、としている。


2. これまでの稼働日数:22年間で250日

1985年に建設工事が始まり、1994年4月に初めて臨界に達したもんじゅ。

巨額の建設費がかかったのに、この22年間で稼働したのはわずか250日だ。

1994年の臨界後は205日間運転をし、送電も開始した。しかし翌年12月、冷却材のナトリウムが漏れ出す事故が発生し、運転は中断した。

改造工事などを経た2010年5月には試運転を再開し、臨界を達成。今度は45日間運転したが、8月に炉内中継装置の落下トラブルが起き、再び中断を余儀なくされた。

その後、2013年には原子力規制委から事実上の運転禁止命令も受けた。


 もんじゅを視察する馳浩文科相ら(2015年12月)


3. 1日の維持費:5千万円

動かない原子力発電所。にもかかわらず、巨額の維持費がかかり続けていた。

1年間(2016年度予算)で見ると、「維持管理及び安全対策に要する経費」が185億円。そのほか人件費に29億円、固定資産税に12億円かかっている。


4. 再稼働費用:5800億円

もんじゅを再稼働するためには、耐震化などの対策が必要だった。

文部科学省の試算では、福島第一原発事故後に強化された原子力規制委の新規制基準が適用された場合の経費は1千億円以上。

燃料をつくる茨城県東海村の工場の対策も欠かせず、期間は10年間は要するとみられる。維持費やその後の運転費も含むと、5800億円かかるという。


 臨界に達したもんじゅ(2010年5月)


5. 廃炉費用:3千億円

日本原子力研究開発機構が2012年に試算した廃炉費用は、3千億円。

ただ、もんじゅの冷却材であるナトリウムを取り出す技術はまだ確立していない。その研究開発費用は、この金額には含まれていない。


6. 日本のプルトニウム保有量:約47.9トン

日本国内には10.8トンの、国外(イギリス、フランス)には37.1トンのプルトニウムが保管されている。

核兵器を持っていない国のなかでは、最大だ。プルトニウムは数キロあれば核兵器をつくることができるため、あまり持ちすぎてしまえば、国際社会から懸念されてしまう。


 フィンランドの放射性廃棄物最終処分場「オンカロ」


7. 放射性廃棄物を地中に埋める期間:10万年

原発で出た核のごみ(放射性廃棄物)は、地下深くに埋める「地層処分」をする必要がある。

政府は先月末、原発を廃炉した場合に出た廃棄物のうち、制御棒などの処分方針を決めた。

地下70メートルより深いところに埋め、最初の3〜400年間は電力会社が管理をする。その後は国が10万年間、掘削を制限するという。

使用済み燃料を再処理した時に出る高レベルの廃棄物も、地下300メートルより深いところに、やはり10万年間埋めることになっている。候補先は、まだ決まっていない。


もんじゅが廃炉になると、「核燃料サイクル」が破綻するとの指摘もある。

プルトニウム消費先の一つである「もんじゅ」が廃炉になると、一体、どうなるのか。プルトニウムは普通の原発の「プルサーマル発電」で使うこともできるが、それだけでは47.9トンの消費は追いつかない。

政府はフランスとの高速増殖炉の共同開発構想も描いている。各紙朝刊が「もんじゅ廃炉へ」と1面トップで報道した9月21日、読売新聞の報道は一線を画していた。その見出しは「高速炉 仏と共同研究 もんじゅ代替 年内に工程表」。

「政府は、日本原子力研究開発機構の高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)に代わる新たな高速炉実用化に向けたロードマップ(工程表)を年内に策定する方針を固めた」

一方、産経新聞は9月18日に「もんじゅの廃炉は避けられない」と指摘しつつ、再び高速増殖炉をつくるべきだとの主張を掲げている。

記事のタイトルは、こうだ。

「高速増殖炉 「シンもんじゅ」を目指せ 核燃サイクルは国の生命線だ」



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年9月22日 00:12:10 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-8208]
もんじゅ政府方針 福井 敦賀市長「非常に遺憾」

9月21日 21時20分

福井県にある高速増殖炉「もんじゅ」について「原子力関係閣僚会議」で廃炉を含めた抜本的な見直しを行い、年内に最終的な結論を出す方針を確認したことを受けて、もんじゅが立地する福井県敦賀市の渕上隆信市長は「『廃炉含めた抜本的な見直し』とあることは非常に遺憾だ。20日、もんじゅの存続の要望に行った際、『何も決まっていない、幅広く検討する』と言われたが、一夜明けてばかにされている気分だ」と、政府の方針や姿勢に怒りをあらわにしました。

このあと松野文部科学大臣と面会することについては、「協議にあたっては地元を大事にしていきたいという発言があった。このあとの面会で、もんじゅの研究開発の成果が示されていない中で、国策がどのように変わっていくのか確認したい」と述べたうえで、もんじゅを実際に見に来てほしいという考えを示しました。
政府方針に地元市民は

政府が高速増殖炉「もんじゅ」について廃炉を含め抜本的な見直しを行う方針を確認したことについて、もんじゅの地元、福井県敦賀市で街の人たちの声を聞きました。
50代の男性は「動かないものに何百億円も何千億円もお金をかけているのであれば、なくしたほうがいい」と話していました。また、30代の男性は「安全管理をしっかりやっていれば運転できたと思うが、これだけトラブルが続いたら廃炉という流れはしかたがないのではないか」と話していました。
一方、60代の男性は「地域の経済を考えたら、もんじゅには反対できない。地元としては続けてほしい」と話していました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160921/k10010702421000.html

文部科学相がもんじゅ方針説明 福井県知事は強く批判

9月21日 23時22分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160921/K10010702481_1609212349_1609212355_01_03.jpg
松野文部科学大臣は、21日夜、高速増殖炉「もんじゅ」が立地する福井県を訪れ西川知事らと会談し、もんじゅの廃炉を含め抜本的な見直しを行う政府の方針を説明しました。これに対し西川知事は、「政府の無責任極まりない対応であり、国の一種の裏切りと思われてもしかたがない状況だ」と強く批判しました。

政府は、21日夕方、総理大臣官邸で原子力関係閣僚会議を開き、安全管理上の問題が相次いだ高速増殖炉「もんじゅ」について、廃炉を含め抜本的な見直しを行い、年内に結論を出す方針を確認しました。

これを受けて、21日夜、松野文部科学大臣は、もんじゅが立地する福井県を訪れ、県庁で西川知事や敦賀市の渕上市長らと会談しました。この中で、松野大臣は「今後もんじゅについて、廃炉を含め抜本的な見直しや検討を進めていくことになるが、これまでもんじゅを支えていただいた福井県民や敦賀市民にしっかりと説明をし調整していきたい」と述べました。

これに対して、福井県の西川知事は「政府の無責任極まりない対応であり、県民としては不信を抱いている。国の一種の裏切りと思われてもしかたがない状況だ」と政府の方針を強く批判しました。さらに、西川知事は「国は、もんじゅの将来や活用について十分に検討をしきって、一定の方針を出そうとしているのか。もんじゅなしで核燃料サイクルは可能なのかどうか」と疑問を呈しました。
このあと、松野大臣は、福井県議会の松井議長とも面会し廃炉を含め抜本的な見直しを行う政府の方針に理解を求めました。

松野文部科学大臣は会談の後、記者団に対し「率直な指摘や意見をいただいた。これらの意見を真摯(しんし)に受け止め年末にかけて結論をだすので、しっかりと反映していきたい」と述べました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160921/k10010702481000.html

2016.9.21 22:11更新
{《もんじゅ廃炉方針》}
宮崎慶次・大阪大名誉教授「核燃料サイクル政策を維持できるのか疑問」

http://www.sankei.com/west/photos/160921/wst1609210092-p1.html 
廃炉の方針が検討されている高速増殖炉「もんじゅ」=21日午後4時52分、福井県敦賀市(本社ヘリから、山田哲司撮影) 

 宮崎慶次・大阪大名誉教授(原子力工学)の話 「もんじゅ」をめぐる政府の方針は非常に残念といわざるをえない。海外の高速炉と比べても、もんじゅの安全性そのものに根本的な問題はなく、すぐにでも稼働させるべきだと考えていた。再稼働には約5800億円が必要とされるが、将来への投資と考えればよいのではないか。ここで、もんじゅを廃炉にしてしまえば、技術やノウハウを継承できず人材も流出し、核燃料サイクル政策を維持できるのか疑問だ。これまで国策に協力してくれた地元の敦賀市に対しても、はしごを外すことになる。今、電力会社は自分のことに精いっぱいで、日本の将来を考える余裕はない。国がエネルギー政策にしっかり責任を持つべきだ。

http://www.sankei.com/west/news/160921/wst1609210092-n1.html


2. 2016年9月22日 07:42:07 : APrWxuVKlY : Z9OVz9KmC1I[1]
飽くなき金銭欲と利権への執着心、
もんじゅがダメならもんじゅ2を作ろうって?

利権集団の欲求はとどまるところを知りません。
1兆2千万円の国民のお金を無駄にしても
いくらかかっても良いから
また無駄な箱ものを作るようですね。
しかも汚染物質を増幅製造する狂気の装置です。

このもんじゅ利権のおかげで地元政治家だけではなく
中央政界、経済界、高給役人、原発村、等々
相当数のシロアリ連中が恩恵に預かっています。

もちろんミンシン党の一部の幹部連中も同様です。


3. 2016年9月22日 13:02:14 : 7x9B5oXV0Q : 5OkPYqIP5nE[1]
>>1
(宮崎慶次・大阪大名誉教授(原子力工学)の話に対して)
>再稼働には約5800億円が必要とされるが、将来への投資と考えればよいのではないか。

それで国民の同意が得られるだろうか?

>ここで、もんじゅを廃炉にしてしまえば、技術やノウハウを継承できず人材も流出し、
>核燃料サイクル政策を維持できるのか疑問だ。

経産省は研究を続けていきたい考えのようだ。それに、廃炉ほぼ決定のもんじゅに関する
技術・ノウハウ・人材は、22年かけて成果が得られないダメものだったんでしょう?

>これまで国策に協力してくれた地元の敦賀市に対しても、はしごを外すことになる。

これまで国民は十分な対価を支払ってきたし、敦賀市も潤ったではないか?
今後のことは今後の世代を担う人々が決めていくべきですね。
 


4. 2016年9月22日 13:56:35 : Glfr8E7Gt2 : @uZjZWElUHI[-12]
宮崎慶次は現代の大橋弘忠

次々と沸いてくる蛆のような御用学者

[32初期非表示理由]:担当:反原発を装い、原発を推進して日本を今日の大破局に追いやった自民党=利権官僚政府と原子力ムラには批判も非難もせず、コメント者を誹謗中傷するコメント多数のため一括処理http://www.asyura2.com/16/genpatu46/msg/413.html#c82

5. 2016年9月22日 17:50:10 : 3E76uVCkj6 : nVgKMnZYopg[163]

 ただただ ため息ばかりなり   日本人の劣化(もとから ダメな国民)
 

6. 2016年9月22日 21:45:41 : WMJxreUfvU : Ccp1ax_dgPI[90]
福井県知事がプルトニウムを全部飲めば全て解決。
推進派によるとプルトニウムは呑んでも大丈夫らしいから。
トイレに出した分も核燃リサイクルで再度飲む。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素46掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素46掲示板  
次へ