★阿修羅♪ > 原発・フッ素46 > 548.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ズサン東電 原発の運転開始から38年点検ゼロ 
http://www.asyura2.com/16/genpatu46/msg/548.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 9 月 30 日 21:22:10: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

ズサン東電 原発の運転開始から38年点検ゼロ
http://79516147.at.webry.info/201609/article_228.html
2016/09/30 18:52 半歩前へU


 福島民報によると、フクイチ(東電福島第一原発)構内で5・6号機の送電線を支える引留鉄構が損傷していた問題で、原子力規制庁は、東電が5号機の運転を開始した1978年(昭和53年)8月以降、一度も点検しておらず、保安規定で義務付けられている保全計画も策定していなかったと発表した。

 フクイチとは別の場所にある福島第二原発構内にある全12カ所の引留鉄構も保全計画がなかった。東電はこれまでいっさい、公表していない。情報公開の在り方に改めて疑問の声が出ている。

 怠慢、ずさん極まりない。地域独占の東電はこんな無責任企業だから、世界最悪の大惨事を引き起こしたのだ。原発などエネルギー部門は、経産省(元の通産省)が管轄している。だが、癒着が激しく東電の怠慢を見過ごしてきた。その責任は重く、東電と同罪である。

福島の県紙「福島民報」の記事はここをクリック
http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2016/09/post_14240.html

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年9月30日 21:59:46 : 5ppWWFeXZQ : 8ON3uUofRgQ[-6]
太陽光ヤクザの知る大切さたちの太陽光発電施設だってどうせ点検なんてしてないだろ
有毒物質垂れ流しw

[32初期非表示理由]:担当:反原発を装い、原発を推進して日本を今日の大破局に追いやった自民党=利権官僚政府と原子力ムラには批判も非難もせず、コメント者を誹謗中傷するコメント多数のため一括処理http://www.asyura2.com/16/genpatu46/msg/413.html#c82
2. 2016年10月01日 01:13:02 : qiNM7jknEs : RLumgmenC5c[37]
「原発安全神話」を信じきった原子力ムラの愚かさが見える。あいつらは、本気で「メンテナンス・フリー」だと思っていたに違いない。

「原発安全神話」は、「日本陸軍不敗神話」にも通ずるものがある。ソ連軍にボロ負けした、ノモンハン戦争がそうだ。日本側は「ノモンハン事件」だと未だに主張するが、戦争を矮小化しておかなければ、「日本陸軍不敗神話」に傷がつくからな。


3. 2016年10月01日 08:58:50 : xmmi1cwP1U : 4IFmgy7DZ74[1]
*1
なんで原発推進派は

・太陽光発電施設だってどうせ点検なんてしてないだろ
・反原発派ほど外食して福島産を食べている
・反原発派ほど海外旅行時に飛行機で被爆している

など、全く根拠のないことを信じているのだろう?


4. 2016年10月01日 12:41:41 : omSmRB6XBI : YjaI6hVJ5MM[10]
原子力マフィアは点検で儲かるなら必死に点検するぜw
点検しないで運転したほうが儲かるというだけの話

[32初期非表示理由]:担当:反原発を装い、原発を推進して日本を今日の大破局に追いやった自民党=利権官僚政府と原子力ムラには批判も非難もせず、口を開けば「小出がー」、「松本ガー」とやって小出さんを誹謗中傷するコメント多数のため一括処理http://www.asyura2.com/16/genpatu46/msg/413.html#c82
5. 2016年10月01日 14:01:52 : 60zrsP9i5I : gDIlEHw40xw[360]
保守点検は実施されず、津波の危険も指摘されていたにも関わらず「そんなことが起きるわけがない」と無視していた。

つまり壊れてからはじめて対応すればいい、津波が来てからはじめて考えたらいい、という、信じがたい杜撰な運営体制であったし、今もあるのだ。理由は簡単でオカネがもったいないから。それはそうだ。事故が起きても後始末は国民がしてくれる。なのにどうして自分の手取りを減らしてまで、保守対策をする必要があるのか。


6. 2016年10月01日 21:44:58 : edNLgkmutI : jM3TyrPfAgg[94]
>>5ppWWFeXZQ: 8ON3uUofRgQ

その前に考えろ。なぜ日本では地熱発電をしないのかと。

フィンランドの特使は、日本ほど地熱発電が有望な国はないと太鼓判を押しているのに、何故やらなかったのかと。


7. 2016年10月02日 00:35:44 : ud5qnO1y4E : @MDUtSwfCEw[1]
自然エネルギーは全部詐欺ですよ

知る大切さのようなペテン師に騙されてはダメです

[32初期非表示理由]:担当:意味なし

8. 2016年10月02日 09:44:08 : ehmyEWcvKM : MNGHBtDGPBI[1]
*7
スレ違いですよ。
是非とも知る大切ささんが立てた板でご説明ください。

9. 2016年10月02日 11:23:42 : AtpD60vViM : w1eYJQB9eM0[9]
「太陽光ガー氏」は、
今度は「自然エネルギーガー」氏に、
名称変更ですか。

・・・かなりうっとおしいんですが、
どこぞへ消えていただけないでしょうかね。


10. ボケ老人[828] g3uDUJhWkGw 2016年10月02日 13:41:10 : DPIHWzSy2A : ryp5mYY74JA[223]
6.jM3TyrPfAgg さん

〔8ON3uUofRgQ〕には何を言ってもムダです。
別スレでコテンパンにやられても湧いて出てくる蛆虫ですから
ワンクリックいくらで報酬が出ているのではないかと推察されます。
新しく湧いた〔7〕も同類だろう。

日本は世界3位の地熱王国だそうですが、多くは国立公園などの風致地区にあります。
地熱発電が少ないのは、こういうものが出てきては困る勢力が、国立公園法などを楯にとって開発をやらせないのです。
その勢力が決して火力派やその他の自然エネ派でないことは自明です。

わたしは自然エネにも批判的ですが、それは電力買い取り制度などの保護があるためです。
すべて自由競争の中でやるべきなのです。
菅直人の大失敗でした。
三洋の消滅、シャープの身売りがその結果です。

エネルギーの原素材の変遷は決して枯渇のためではありません。
安い方へ、取り扱いが簡便な方へ、応用利用できるものの方へという自然の流れです。
薪炭から石炭へ
石炭から石油へさらに天然ガスへ
当初、天然ガスは石油採掘に不便な邪魔者で捨てられていました。
しかし、石油の高騰とガス取り扱い技術の進歩により石油より安価となると、ドンドン天然ガス利用が増えました。
チンケな政府の誘導でできるものではありません。
シェールガスがもてはやされましたが、原油価格が少し下がると倒産続出です。

地熱も水力も太陽光、風力も自由競争に任せればよいのです。

発送電分離完全自由化が解決のカギです。
政府は違法なこと不当なことが行われないかを監視するだけでよいのです。
原発コストを送電コストに上乗せしてすべての需要者から金をむしり取ろうなんてことはとんでもないことです。
この自然の流れに抗して歪なのが原発です。

湯川秀樹らが基礎研究からのスタートを模索しましたが
中曽根と正力が誤った方向へとミスリードしました。
熊取にあるような研究炉で地道に核エネルギーを研究していたらと残念です。

    


11. 2016年10月02日 18:06:18 : edNLgkmutI : jM3TyrPfAgg[101]
>>10 ボケ老人氏

貴殿の正論はいつも読んでおり、貴殿のお人柄が偲ばれます。
貴殿のご指摘の通り、1は消されてますね。

小生は、日本の地熱発電がなぜ頓挫したのかという理由として、
むかし何処かのブログに書いてあった、アメリカの横槍説を推します。

もし日本が地熱だけで、電気を十分に賄えるようになれば、オイルを
取り仕切る連中が、日本での商売が出来なくなるからです。

結局エネルギーは、原子力にしても、オイルにしても、アメリカの
裏側にいる連中が利権を持っているわけです。

その日本版が原子力村であったり、コストコの安売りガソリンを
とことん貶す団体だったりするのでしょう。

庶民からすれば、いろいろな選択肢があるほうがいいに決まってます。
その選択肢を狭いほうに狭いほうに誘導し、自分等だけが儲ける仕組みを
つくる連中が、みんなの暮らしを窮屈なものにしているのです。

「この道しかない」と言い放った安倍などは、独裁者の道を目指している
のでしょう。
 


12. 2016年10月02日 23:54:43 : 8878jPgVVM : KCPt4Ou3_wA[16]
自然エネルギーが普及する初期に補助金をつけるのは別に悪いことではないよ。将来性のある事業でも無尽蔵な資金がない限り開発初期から利益を上げられる企業などありません。

ヨーロッパ諸国はどこでもやっていることだ。電化製品であれコンピューターであれ技術が普及が進むに連れて性能は向上しコストは大幅に下がることは皆さん経験して知っているでしょう。化石燃料は一般に宣伝されているよりはるかに多い埋蔵量がありそうですが人類は全体としていつかは自然エネルギーに転換しなければならないことも明白です。

それとも市場原理主義一辺倒の考え方ですか。それなら金をもっているものが全てを支配するのがいいということになります。市場シェアを取ったものがカルテルを形成します。


13. ボケ老人[837] g3uDUJhWkGw 2016年10月03日 10:20:06 : DPIHWzSy2A : ryp5mYY74JA[232]
3.11の地震で鉄塔が倒れ、外部電源が途切れた。
この事実を東電や規制委員会はどう考えているのか。

ずさん極まりないで済ましていいのだろうか。
これは犯罪だと考えるのだが

>12. KCPt4Ou3_wA :自然エネルギーが普及する初期に補助金をつけるのは別に悪いことではないよ。

これに異論はありません。
しかし、金を出せばおしまい。では産業成長は望めません。
結局はサムスンにおいしいところを取られて三洋、シャープは凋落
責められるべき第一番は三洋、シャープの経営陣ですが
太陽光発電の接続拒否など、産業育成どころかブレーキをかけている。
接続拒否を多発している九電自身が大牟田に3000KWのメガソーラを設置、常時接続しているにもかかわらず。
結局は、一般消費者から金を巻き上げ、利権集団にばら撒いているだけだということを指摘したいのです。

>いつかは自然エネルギーに転換しなければならないことも明白です。

そうかな、つまり歪な形で自然エネを採算を無視して補助しなければならないほど切羽詰まった状態ですかと問いたい。
一般論としてはあなたのおっしゃる通りです。しかし
わたしは、太陽光に偏重した自然エネ政策に異議を唱えるのです。

地熱発電の開発規制を外す方が先です。
既存水力の15〜20cmのカサ上げ貯水にはなんのコストもかかりません。
既成さえなければすぐにでも始められます。
丸紅のやっている流れ込み水力発電はダムの負担もなく、地産地消です。
もっと注目されてしかるべきです。
ガスコンバインドサイクル高効率発電は輸出の目玉にもなり得る技術です。

ソーラ=優しい=無尽蔵=自然
という言葉に浮かれるのではなく

発電方法の多様性を取り入れ
発送電分離することが劇的な改革を生むと考えています。
先ずは電事連の解体です。
原発ホワイトアウト、東京ブラックアウトはフィクションですが
同じような現実に直面しています。

原油の暴落は世界的な需要減退です。
何よりもこれ以上大電力が必要だという呪縛を解くことです。

   

   



14. 2016年10月03日 21:53:05 : edNLgkmutI : jM3TyrPfAgg[104]
>>13 ボケ老人氏
>九電自身が大牟田に3000KWのメガソーラを設置

そうだったのですか。あれは三井が設置したものとばかり思っていました。

話は全く変わりますが、少し大牟田の現状を紹介させてください。
ご存知と思いますが、大牟田は三井が所有する三池炭鉱で発展した町です。
しかし石炭が斜陽になっても、三井は大牟田の利権を手放しませんでした。

三井の本社から大牟田に派遣される幹部(課長クラスと聞いてますが)は、
市長より権力を持ってます。
今だに大牟田の市長には、三井の臭い息がかかった人物しかなれません。

里があったので、ちょくちょく帰っていたのですが、帰るたびに三井が居座る
限り大牟田は発展しないと、母が愚痴をこぼしてました。
もし三井が潮溜堤を持っている三池港を一般に開放するなら、外国からの
大型船もガンガン入ってくると期待されていました。

そういった目論見もあり、大企業が大牟田に工場を設置したいと言う話も
出ていたそうですが、三井が大半の土地と水利権を持っているので、
「工場を建てたいのなら、俺のところに挨拶に来い」と三井の勘違い課長が
言うため、工場誘致がおじゃんになったと聞いております。(それも数件)

またここ大牟田は、自民党の古賀誠が踏み台として暗躍した場所です。
まだ自民党が真っ当だった時代、大牟田市民が古賀誠を国会議員に推したのに
いまは自分の生まれた何もなかったド田舎の、船小屋という場所に九州新幹線の
停車駅を作り、ソフトバンクの2軍の球場とそれに付随したスポーツ施設、
高速道路のインターなど、三井に寄生され落ちぶれる大牟田を横目に、
どんどん発展しております。誠大橋と呼ばれる大きな橋もあります。

改装される前の船小屋駅は、掘立て小屋みたいな駅(多分無人駅)でした。
これらの船小屋駅周辺の施設が建設された場所は、当初は九州新幹線の
基地の建設予定地のひとつで、古賀誠が他人の名義で集めていた土地だと
母が言ってました。

話を戻します。
結局はこういう利権に繋がる情報を一早く仕入れた人物が、今の世の中では
勝ち組と言われていますが、こういう連中が既得権益を自分等だけものに
したいがために、地熱発電の開発規制やニコラ・テスラが発見した電気の
空中送電法の秘匿を行っているのでしょう、

電気の空中送電法の原理を用いてHAARPを定めた位置に打ち込めるのなら、
受信機があるところに打ち込むのは、もっと簡単なはずです。

一部の既得権益者に握りつぶされた技術が開放されれば、世の中はもっと
楽しくなるに違いありません。
 


15. ボケ老人[845] g3uDUJhWkGw 2016年10月03日 22:36:42 : DPIHWzSy2A : ryp5mYY74JA[240]
14.jM3TyrPfAgg さん

私の書いたのは九電メガソーラ3MWです。
おっしゃっているのは三井不動産6MWのことではないかと思います。

九電は種子島で度々ソーラの接続拒否をしています。
しかし大牟田周辺にはメガソーラが数多く、規模も大きい。
しかし、接続拒否というニュースに接していません。

ここにも、電力会社の欺瞞性があります。

   


16. 2016年10月04日 19:37:45 : edNLgkmutI : jM3TyrPfAgg[105]
>>15 ボケ老人氏
>おっしゃっているのは三井不動産6MWのことではないかと思います。

ご回答ありがとうございます。
やはり、三井の太陽光発電施設もあったのですね。

ご指摘の通りみやま町、大牟田市、隣県の荒尾市と、有明海沿岸には多くの
太陽光発電施設があります。
みやま町は古賀誠の、大牟田市と荒尾市は三井の勢力圏です。

勿論両者ともズブズブの仲でしょうから、九電を丸め込んでその地域に
住む人たちから、ゴッソリと荒稼ぎしているに違いありません。
 


17. 2016年10月04日 21:32:38 : edNLgkmutI : jM3TyrPfAgg[106]
ああ。話が随分脱線しましたが、元を辿ればこれなのですよね。

>原発などエネルギー部門は、経産省(元の通産省)が管轄している。
 だが、癒着が激しく東電の怠慢を見過ごしてきた。

これが地方でも有力者と財、電の連中が、つるんでやっているということ
なのですよね。
地熱発電などのみんなに役立つ手法は握りつぶし、利権が生まれる
手法ばかり採用するという常態(状態ではなく常態)。

凍土壁などはその際たるものだったのではないでしょうか。
 



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素46掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素46掲示板  
次へ