★阿修羅♪ > 経世済民106 > 757.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
資産課税の大幅強化 貯蓄税や死亡消費税まで検討(週刊ポスト)
http://www.asyura2.com/16/hasan106/msg/757.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 3 月 23 日 16:42:56: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

                   民間税制調査会のHPより


資産課税の大幅強化 貯蓄税や死亡消費税まで検討
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160323-00000016-pseven-soci
週刊ポスト2016年3月25日・4月1日号


 税法学者、経済学者、税理士らが「税制を主権者である納税者の手に取り戻そう」と昨年2月に発足したのが「民間税制調査会(以下、民間税調)」だ。三木義一・青山学院大学法学部教授(専門は租税法、弁護士)と水野和夫・日本大学国際関係学部教授が共同代表を務める。

 民間税調は1年間の議論を経て、独自の「2016年度税制改革大綱」を発表。そこから浮かび上がったのは、日本の税制に隠された嘘だ。その一つが資産課税について預金からも死者からも税を取るというものだ。

 いま、じわじわと進んでいるのが資産課税の大幅強化だ。来年から「空き家対策」名目で非居住住宅の固定資産税が4倍にアップ、さらに「農地集約化」の名目で未耕作農地の固定資産税も1.8倍に引き上げられる。

 その先にはマイナンバー導入で個人の預金を把握して預金残高に応じて課税する「貯蓄税」や、死亡時に残った遺産に一定税率をかけて徴収する「死亡消費税」まで検討されている。

 所得税を納めたうえで地道に蓄えた貯金にさらに税を課すのは所得税の二重取りだ。国民が税の矛盾に本気で声をあげない限り、そうした“取れるところから取る”という滅茶苦茶な税制改革が罷り通ってしまう。三木氏が語る。

「日本は昭和40年代まで一億総中流社会といわれ、その時代は税制による再分配が機能していた。しかし、いまや富裕層の課税を増やし、再分配しようとすると個人も かっている企業も国境を越えて税金の安い国に逃げていく。そのために政府は法人税をどんどん引き下げ、所得税でも富裕層を優遇し、税制の機能は非常に弱まった。

 このままでは、本来、富裕層が負担すべき税金を、国境を越えられない貧しい人が負担する社会になっていく。こうした税制の制度疲労と格差拡大は世界的な問題です」

 税制の矛盾、制度疲労のしわ寄せを一方的に押しつけられないために、税制の決定権を再び国民の手に取り戻す必要がある。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年3月23日 17:11:15 : yBQkrRTumA : UvxNb8gKnf4[849]

 資産課税が正しいというのは 大前研一が 30年も前から 主張している

 愛も 30年前から 主張している 同時に 法人税 所得税は 下げるのが望ましい

 ===

 例えば 愛が 年間 1億円 所得があるとして 10年間で 10億円の預金があるとして

 1億円の所得税は 35%で 3500万になる 

 所得税を 20%に下げて 資産税 2%にすると 所得税 2千万 資産税 2千万 で 4千万の税金になる

 ===

 この意味するところは 愛は1億円の所得があるのに 貯金ばかりして消費していないので 預金がたまったのだ

 仮に 愛が 1億円の年収があって 預金が 0円なら 所得税の 2千万が税金になる

 ===

 預金ばかりする人の場合 税金分の 4千万が 消費されることになるが

 稼いだ金を全部使う人は 自分が 8千万使って 2千万政府が使うので

 1億円 全部が 消費に向かうわけで 日本経済のGDPは 上向くことになる

 ===

 上に述べたことは ケインズの乗数効果で 説明された純粋に数学的なことだ

 経済にたいして 貯金は 経済を減速させるが 消費は 経済を高速回転させる

 

 
 


2. 2016年3月23日 17:23:20 : yBQkrRTumA : UvxNb8gKnf4[850]

 ちょっとかんがえたら すぐにわかることだ

 1000万 預金がある人に 2%の 20万を 税金で納めてもらう

 たとえば 10000万が 9800万になったところで お金持ちの生活レベルが悪くはならない

 ===

 日本全体では 1500兆円の預金があるのだから 2%で 年間 30兆円が政府に入る計算になる

 これだけ 税金をとっても お金持ちから取るのだから 誰も不満は出ない
 
 ===

 愛は この 30兆円に 6兆円足して 36兆円にすれば 国民一人頭 30万円 配ることができる!!

 4人家族なら 120万円が 政府から 支給されることになる!!

 タクシードライバが 年収200万なら +120万で 320万の年収になり

 貧困家庭から 普通の活力ある消費する家族が出来上がる
  


3. 2016年3月23日 18:02:43 : yBQkrRTumA : UvxNb8gKnf4[851]

 資産課税は 不動産や 建物 自動車などの耐久消費財 工場の機械などにも かけることができて

 その場合 ま〜〜 多くても 1% くらいにすべきだろう

 ===

 資産課税については 書くことが 山とあるが 

 ===

 最近 話題になっている マイナス金利だが −2%にすれば 資産課税と同じになるので

 愛は マイナス金利を 高く評価しているのだ 逆に言うと 資産課税は マイナス金利なのだ

 ===

 この マイナス金利は 日本にとっては 最も都合のよい仕組みだ 1500兆円の預金があるからだ

 −2%にすることで 明日からでも 30兆円の税金を徴収できることになる

 実に 即効性のある 政策だ〜〜〜〜

 ===

 前のところで 説明した通り 政府は 30兆円 税金を取ったら それをすぐに

 国民に バラ撒く必要がある 国民から 吸い上げた税金を政府が 貯金したのでは 消費は増えないからだ

 税金を取るのは 税金を使う予定があるからだ〜〜

 ===

 日銀が 金利を −2%にしただけで 政府に 30兆円転がり込むけいさんになるのだから

 税制協議会で どうのこうのなんて 悠長な議論は まったく必要ない

 マイナス金利は バカチョンの道具なのだ 

 バカチョンの道具だから ものすごく 切れ味がよいのだ
 


4. 2016年3月23日 18:19:52 : nJF6kGWndY : n7GottskVWw[1152]

予想通りの展開だ

グローバル化は反転し、投資収益のマイナス化で格差縮小の時代ということだ


ただし、TPP中止などブロック化が進めば、先進国では生産性も失業率も低下し、世界経済の成長減速で、生活水準自体は、逆に下がることになるだろう

つまり、みんな仲良く貧乏暇なしというやつだ

ヒトの幸福度を決める要因から考えれば、そう悪いシナリオではないかもねw



5. 2016年3月23日 18:42:27 : yBQkrRTumA : UvxNb8gKnf4[852]

 政治家も 官僚も 頭が良すぎて 愛には理解できないくらい 

 大変な「ご苦労」をされているのだが その割には 成果が出てこないようで

 ===

 八方に 目をやって 調整に調整を重ねてできる法律や政策は 後手後手だな〜〜 って思うのさ〜〜

 経済なんて 単純なものだと理解して 経済上の 損得は多少はしょうがないとあきらめることだ!!

 経済の基本は 食べるものがあれば 良しとしよう!! 人々が 必要な知識を身に着ける教育があれば良いじゃないか

 ってなもんだ 

 今の人間は 9割は 遊んでいるようなものだ 寿命を延ばすための医療だって 遊びのようなものでもある
 


6. 2016年3月23日 19:26:02 : vMeRmQPY4A : zgmgwr0F1aA[2]
所得税を納めたうえで地道に蓄えた貯金にさらに税を課すのは所得税の二重取りだ。>>>

笑わすなやw
所得税を納めたうえで消費さらに税を課すのは所得税の二重取りだ。


7. 2016年3月23日 20:54:44 : NNHQF4oi2I : p@MqjzZMakU[310]
<<資産課税の大幅強化 貯蓄税や死亡消費税まで検討

 取る事は議論するが 官僚や政治家の横領には目をつぶる 詐欺官僚と 詐欺政治家たち の 悪巧み


8. 佐助[3459] jbKPlQ 2016年3月23日 22:51:24 : cLoPFxP7a2 : QkvC_PQ6Z0A[55]
ドロボー詐欺国家と税金横領システムによる大惨状が間違いなく来る

しかも毎年成長していた中国・インド・東南アジア・スペイン・東欧は,先進国の流通企業の低価格販売競争のおかげで成長したが2年半ズレて弾けています。そして増税,日本沈没船は,ケインズや平時と同じやり方そして増税するために税金横領システムによる大惨状がやってくる。

現在の日本は、人類史上類をみない「泥棒国家」(クレプトクラシー)である。民主主義国家ではありえないとされる一部の特権階級によるオリガーキー(寡頭政治)が行われている国であり、 本当の意味での国民の代表者が政治を行っていない。

彼ら、すなわち、政治屋、官僚、ゾンビ企業、ヤクザ,大マスコミらが、 あなたが毎日一生懸命働いてつくりだした富を、手を替え品を替えて奪っているのである。これは、まさに国家による収奪である。そればかりか、小泉“インチキ改革”政権とアベ政権のアベノミクス続投が決まった時から、このシステムはさらに強化されているのだ。あとは三途の川で沈没するのみ。

政・官・業の癒着は、この世のパラダイス、ヤクザと一緒に国民を食い尽くそう。どうせ、バカ国民は気がつかない。もしバレても、そのときは国家破産。全員沈没で誰も助からない。改革はまっ赤な嘘、国民からいかに金を奪うか、日本は今それしか頭にない、ゾンビたちに乗っ取られているのです。騙して、支配して、富を巻き上げる。これは日本がまさに闇の世界権力のミニチュア版になりさがったということです。

残念だが貯蓄税・死亡消費税・消費税増税・関税引き下げ(TPPなど)・貿易拡大・外資導入・緊縮財政・信用の拡張・補助金などで乗り切ろうとすると2006年に世界的な一括関税引き下げは挫折しているので内需の縮小を外需の拡大でカバーすることは不可能になる。さらに内外の市場の縮小は加速する。このことからユーロやドルの崩壊とデフオルトやモラトリアムの発生が避けられなくなる。

徳川幕府は、幕府と商人からの武士の借金を棒引きにして、何度も経済危機を乗り切った。現代の日本政府は、他国の借金棒引きに大盤振舞いしても、自国民の借金の棒引きはしない。

巨大化したドルは信用の崩壊・ユーロの崩壊はドル崩壊と消費税増税からくる財政破綻と世界信用収縮恐慌などもありますが債券のデフオルトや既得権益擁護が障害も影響してユーロの崩壊は止らなくなる。

アダムスミスが推奨した国際分業は,競争力のある輸出商品を伸ばした.輸入商品との競争力のない商品生産を縮小させてしまった。そして企業は自己防衛のために海外への生産加工移転を加速させた。当時日本の生産加工の50%は海外の低賃金国に移転してしまったのである。そのために恩恵を受けた中国・インド・東南アジアなどのバブルがこれから弾ける根因を作ってしまった。

しかも米ドルはどうせ暴落する。NYの株価も、米国債の値段も、粉飾の価格吊り上げが限界に来て暴落する。つまりドル、株価、債券(国債)の3つともが目出度く暴落する。

アメリカ破綻の損失総額は、かなり少なく見積もっても200兆ドル(2京円)以上に達するはず。なんとも天文学的数字。まもなくドル覇権の崩壊と米国はデフォルト宣言で日本は地獄です。アメリカは単にすべてチャラにしてリセットしてもなんら痛みはない信用だけ失う、ユーロや円は高くなりドルの独歩安でアメリカはアルゼンチンタンゴを踊ることになるだろう。

日本は内部留保など自己防衛心理に支配されていますので.政府や日本銀行がジャブジャブに、公的資金を投入しても、資金は円滑に流れません。国有化し、公的資金を再投入しても消費刺激のために、国民にカネをばらまいても、自己防衛のため消費に回りません。

そして政府は騙して、支配して、富を巻き上げ差し上げる。これが彼らドロボー詐欺国家の持論である。


9. 2016年3月24日 11:16:55 : jqrTHfaxH6 : u_anhjkxb@Y[117]
重税の残り糟ですら持ってたら課税するとか働く気が無くなりますな。ぶっちゃけ生活保護など社会負担になってる層はいなくなってほしい。これ以上の施しは不可能。何が悲しくて生産性のない連中を支えてやらなきゃならんのだ。

10. 2016年3月24日 20:08:13 : 4XDKrNSC1g : so0uSXnIt9s[41]
9さん
>活保護など社会負担になってる層
これってまだ良いほう、もっともっと悪いのはシロアリ公務員
彼らに相応の待遇を処すれば生活保護者はもっと増やしてもok

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民106掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民106掲示板  
次へ