★阿修羅♪ > 経世済民106 > 828.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
スティグリッツ教授の提言(在野のアナリスト)
http://www.asyura2.com/16/hasan106/msg/828.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 3 月 26 日 00:36:30: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

スティグリッツ教授の提言
http://blog.livedoor.jp/analyst_zaiya777/archives/52790324.html
2016年03月25日 在野のアナリスト


第1回国際金融経済分析会合において、ジョセフ・E・スティグリッツ教授が行った提言が、官邸HPに掲載されています。内容は示唆的ですが、どちらかというと日本に限定したものというより、世界全体の経済について語ります。ただその内容はかなり辛らつで、これまでの経済政策、規制緩和、などは格差を拡大させるだけで、明確に失敗と位置づけるなどかなり斬新です。内容は大分端折りますし、官邸の和訳も恣意的な操作がみられるとされますが、日本に関係する部分をかいつまんで検討してみます。

世界は「新たな凡庸(The New Mediocre)」「大低迷(the Great Malaise)」「長期停滞(Secular Stagnation)」に差し掛かっているものの、今はまだ危機でない、とします。そして緩慢な成長の果実は一部のトップ層に偏って分配とし、格差は拡大している。その項目で『「公式には」失業率が低いとされる国でさえ、雇用の質や覆い隠された失業には疑問符』としますが、この指摘は日米でしょう。完全雇用とされる日米でも賃金が上がらないのは、緩慢な成長の果実が労働階層まで行き渡らない、と指摘しています。しかも製造業よりサービス業中心の経済構造への転換を促しますが、高齢層ではその対応が遅れるとして『人的資本の陳腐化』とまで評します。

日本は安倍ノミクスで円安となり、輸出が増える、TPPでも同様ですが、いわゆる製造業向けの施策に舵を切ってきましたが、そもそも「先進国では製造業の雇用のシェアは低下」と、その効果をはっきり否定します。代替として教育・健康に改善の余地あり、としますが、安倍政権がやっと保育に重い腰を上げても、遅きに失していると言いたいのかもしれません。しかも法人税減税は投資拡大に寄与しない、間違いだとはっきり指摘し、減税はネットの資本コストを上昇させるので逆効果、とまでします。一方で、消費税増税に反対とは一行も書かれておらず、逆に炭素税、不動産などの相続税、金融規制強化などが有益ともされます。間違ったサプライサイドの改革としてはもう一つ、TPPは悪い貿易協定として米国で批准されない、としますが、そもそも貿易政策はサプライサイドの効果は期待されない、と断言するので、安倍ノミクスで打たれた大半の施策は誤り、という指摘をこの提言ではしていることになります。

さらに、黒田バズーカ第三弾のマイナス金利は「金利を少し下げること(たとえマイナスの領域に入ったとしても)は、機能しない」とします。悪い副作用をもたらす可能性も、とするので、やるだけリスクと指摘します。量的緩和政策は格差を拡大した、と断言した上でリスクのミスプライシング、金融市場の歪みをもたらした。一方で、量的緩和の便益の一つは競争的な通貨切り下げだけれど、ゼロ・サム・ゲームとし、勝者なき競争に陥りかねないとも指摘する。

そうして、安倍ノミクスで拡大した格差、これとは戦わなければいけない。経済ルールの大転換を促します。家賃の上昇は歪みの一端だとし、生産コストより資本コストの上昇が上回る異常事態、とする。つまり日本をはじめ、各国は異常事態であって、その歪みを生んだのが量的緩和なのです。大切なのは需要を拡大すること、そのために格差を縮小することは短期的、長期的にも有効とする。やっと同一労働、同一賃金を言い出した安倍政権ですが、これが自民党内と省庁に揉まれると、結果的に中抜きに利用される恐れも拭えず、そうなると格差はさらに拡大します。

この提言は、日本にサミットなど、世界を変える原動力になって欲しい、という意図の下に提案されたものですが、相手を間違えているのでしょう。安倍政権では米国追従、米国の不利益になるような提案をして、世界を導いていくことなどできるはずもありません。特にドル機軸通貨体制を改め、別の世界基軸通貨を創設するなど、どう考えてもできるはずもない。それでも、その制度の弊害が目立ってきた、これが経済学者の正しい認識なのかもしれません。45頁目『この失敗した実験の断片』として、『経済成長、雇用、経済安定化といったバランスのある視点よりも、インフレの安定化に焦点』とします。まさに安倍政権への痛撃でしょう。この一文だけで、安倍ノミクスはまさに『失敗』と表現するに相応しいものです。というより、日本では未だに「正念場」などと語られますが、これが海外からみた安倍ノミクスの、一般的な評価でもあるのです。3年間を全否定された上、めざす方向性まで全否定された安倍ノミクス、正念場どころか、もう断末魔というところまで来ています。第1回目に迎えられたスティグリッツ教授の痛烈なダメだし、これは提言というより、安倍ノミクスへの退場勧告に近いものでもあるのでしょうね。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民106掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民106掲示板  
次へ