★阿修羅♪ > 経世済民107 > 632.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
アマゾン送料「有料化」で変わるか 過酷すぎる配送業の実態〈AERA〉
http://www.asyura2.com/16/hasan107/msg/632.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 4 月 19 日 08:42:50: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

野村総合研究所は、ネット通販市場が14年度の12.6兆円から21年度には25兆円超になると試算している(撮影/高井正彦)


アマゾン送料「有料化」で変わるか 過酷すぎる配送業の実態〈AERA〉
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160419-00000000-sasahi-bus_all
AERA  2016年4月18日号より抜粋


 ネット通販最大手のアマゾンが広めた「送料無料」。一部を除き有料化するというが、宅配業者の現場を疲弊させてきた「常識」は変わるのか。

 アマゾンの荷物を運ぶ宅配業者は2度代わっている。当初は日本通運のペリカン便(現在は日本郵便に吸収)だったが、2005年ごろ佐川に代わり、13年からはヤマトが主に受け持っている。

 佐川は、「送料無料」を維持するため運賃の切り下げを迫るアマゾンとの取引を自ら打ち切ったのだ。12年に行われた運賃見直しの際、当時270円前後だった運賃を20円ほど上げようとの腹積もりで交渉に臨んだと、佐川の営業マンは語る。

「けれどアマゾンは、宅配便の運賃をさらに下げ、しかもメール便でも『判取り』(受領印をもらうこと)をするよう要求してきました。いくら物量が多くても、うちはボランティアじゃないとして、アマゾンとの取引をやめました」

 代わってアマゾンの配送を引き受けたヤマトの現場では、一日で一ルート当たり20〜30個の荷物が増えた。現場からは「正直言って、しんどい」という声が聞こえてくる。

 ネット通販に広がる「送料無料」の裏側で、一体何が起きているのか。まず宅配便の仕組みを、最大手のヤマトを例に説明しよう。

 クロネコヤマトの宅急便と聞いて一番に思い浮かべるのが、玄関先まで荷物を届けてくれるセールスドライバーであろう。彼らは宅急便センターをベースに、担当エリアを朝、昼、晩と一日3回、回る。「午前中」から「20〜21時」までの時間指定配送に対応するためだ。

 配送する荷物が一番多いのが午前中で、全体の半分以上を配り終える。午後からは、残りの荷物を配りながら、コンビニや個人宅を回り集荷業務を行う。

 宅急便センターに集められた荷物は、全国に約70カ所ある「ベース」と呼ばれる仕分け拠点に運び込まれる。各ベースでは数百人の作業員が荷物を方面別に仕分け、下請けの長距離トラックに積み込む。

 夜9時ごろまでにベースを出発した長距離トラックが、到着地のベースで下ろした荷物は、宅急便センターごとに仕分けられる。例えば、荷物の届け先が東京都目黒区の場合、20カ所あるセンター別に分けられ、再び大型トラックに積み込まれて、朝7時までに各センターに運び込まれる。そこで集配車に積み替えられた荷物は、午前8時前後にセンターを出発し、各家庭へと向かう──。

 取材から見えてきたのは、「送料無料」を掲げるネット通販と二人三脚で取扱個数を伸ばしながら、”砂上の楼閣”のもろさを抱えた宅配便ネットワークの惨状だった。「安さ」と「早さ」を両手にぶら下げたやじろべえのように、きわどいバランスの上に成り立っていた。

 中国地方で働くヤマトのセールスドライバー、高志さん(仮名)は過酷なサービス残業のため、うつ病にかかった。

 朝は6時過ぎに宅急便センターに出勤して荷物を積み込み、8時には出発する。出勤時刻は8時と決められているので、それまではサービス残業となる。昼食の休憩時間は1時間だが、実際には車を止めて食べる時間がないため、運転席で食べられるせんべい、バナナ、チョコレートなどで済ませる。夜は9時過ぎに営業所に戻って退勤のスタンプを押した後も、代引き料金の精算や伝票整理などで1時間ほどのサービス残業を余儀なくされる。

「法律違反のサービス残業がまかり通っていることに、僕は腹を立てていたんです。おかしい、許せないという気持ちが高じて不眠に陥り、それがうつ病につながったと思っています」

 そう語る高志さんの診断書には「抑うつ状態 上記の疾病の為、2〜3カ月の休養加療を要する」とあった。

 関西地方のヤマトで10年以上働き、宅急便センター長を務める男性も言う。

「多い月には90〜100時間のサービス残業をしています。サービス残業ありきの会社だと割り切っています」

(ジャーナリスト・横田増生)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年4月19日 13:05:10 : FeBmwTYCBk : DMQNGWqNHUc[1]
息子たち、佐川からサービス残業代取ったよ。証拠残っている分だけだったけど、二人で250万円、賦課金も付いたよ。

一人は、再度同業界(この会社)に入ったけど、サービス残業しないよううまく立ち回っているようだ。


2. 2016年4月19日 13:05:51 : FeBmwTYCBk : DMQNGWqNHUc[2]
賦課金=>付加金

3. 2016年4月19日 14:11:45 : v8hMVsB7dM : smqrW187kRg[7]
人をこきつかって儲けたやつが偉いと宣伝している。いわく生産性、成果だ、自己責任だと。


4. 2016年4月19日 15:09:47 : nJF6kGWndY : n7GottskVWw[1316]

>多い月には90〜100時間のサービス残業をしています。サービス残業ありきの会社

サービス残業(賃金不払い残業)は明確な犯罪であり刑事罰が科せられる行為

求人詐欺より悪質だから証拠を集めて訴えれば勝てる

http://dot.asahi.com/aera/2014110700020.html
今回はヤマト運輸の「ニッポンの課長」を紹介する。

【ニッポンの課長フォトギャラリーはこちら】

*  *  *
■ヤマト運輸 大阪主管支店 上町支店 支店長 冨田尊嗣(36)

 見上げれば、勝鬘院の多宝塔。古寺が立ち並ぶ一角に、冨田尊嗣が支店長を務めるヤマト運輸の上町支店(大阪市天王寺区)はある。六つの営業所を束ね、3万世帯、6千事業所をカバーしている。

 ネット通販の普及によって、宅配ビジネスは家庭への小口配送が増加の一途をたどる。上町支店の場合、1日に5千の荷物が出入りするが、そんなことでひるむ冨田ではない。むしろ、闘志をかき立てられるのだ。

「1時間でどれだけ多くの荷物を届けることができるか。仲間と山を乗り越えるのが、楽しくて仕方がない」

 岡山県出身。高校卒業後に就職したが、20代半ばでヤマトに転職。生野支店(大阪市生野区)でドライバーを始めた。実は子どもの頃から、配送業には憧れていた。

「父親も同業者。屈強な肉体で弱音を吐くことがない。かっこよかったんです」

 4年前に管理者試験を受け、生野支店で支店長になった。すぐに仕分け、配送の効率化策を発案し、社長賞をとった。

 それは小さなイノベーションだ。地域の集配所には、物流センターから届く荷物をいったん保管するキャスター付きのかごが、たくさんある。このかごを置く場所を、ドライバーや仕分けスタッフの動線がなるべく短くなるように調整。早く配送に出かけられるようにした。在宅率が高い朝8時台により多くの荷物を届けることができ、不在票がぐっと減った。

 ヤマトには「ラストワンマイル」という合言葉がある。お客さまがいる限り、どんな場所だろうと最後の1歩まで走り抜くという意味が込められている。次の配属先が離れ小島だったらどうか。

「どこだろうと行きますよ」

 課題は克服するためにある。冨田はクライマーのように配送業を楽しむ。(文中敬称略)

※本稿登場課長の所属や年齢は掲載時のものです

(ライター・岡本俊浩)

※AERA 2014年8月4日号

http://news.livedoor.com/article/detail/11430141/

就活生を狙う求人詐欺が横行、給料水増しの手口とは?


2016年4月19日 6時0分 週プレNEWS
知りたい情報がきちんと記された求人票。実働8時間を超えれば21万円(基本給)に残業代がつくことがわかり、勤務時間、福利厚生も明確に示されているが…
写真拡大
これまで転職希望者を中心に被害が報告されていた求人詐欺が、最近、新卒採用の現場で横行しているという。

労働問題に取り組むNPO法人POSSE代表で『求人詐欺』などの著書がある、今野晴貴氏が事情を説明する。

「新卒者を対象とした就活サイトなどで、初任給やボーナスを高く見せたり、労働時間を短めに設定したりと、実態とはかけ離れた“ウソの好待遇”を打ち出す企業がこの1、2年で急増し、被害報告が相次いでいるんです」

なぜそんな事態に? 就活支援コンサルタント会社の社長A氏がこう話す。

「慢性的な人手不足を抱える業界を中心に、悪徳な社労士や弁護士の入れ知恵もあり、求人情報を偽ってでも人材を採ろうとする企業が後を絶ちません。

また、昨年度の就活の選考スケジュールが2ヵ月後ろ倒しになった影響で、人材を取りこぼした企業が多かった。その分、今年は“ゆがんだ採用意欲”が旺盛で、これまでにない規模で求人詐欺が蔓延(まんえん)する恐れがあるんです」

では、その詐欺の実態とは? 今野氏が「最も被害事例が多い」というのが初任給の水増しだ。昨年4月、都内の中堅不動産会社に入社した男性社員Bさん(営業職)がこう話す。

「就活中、複数の内定をもらいましたが、その中でも今の会社は求人票に『初任給30万円、ボーナス有』と、待遇が一番良かったんです」

だが、入社して1ヵ月半後に手元に届いた給与明細を見て目を疑ったのだという。

「求人票では『初任給30万円』としか書かれてなかったのに、給与明細には、その内訳として『基本給15万円、固定割増手当15万円』と記されていたんです」

どういうことだろう?

「固定割増手当とは、いわゆる固定残業代のこと。求人票の月給の中にあらかじめ残業代が含まれており、どれだけ残業しても、それ以上の残業手当は出ません」(A氏)

Bさんの残業は入社3ヵ月を過ぎた頃から日に日に増え、月80時間を超える残業を命じられたこともあり、身も心も疲弊した。それでも仕事を続けられたのは冬のボーナスが念頭にあったからだ。

「月給(30万円)の2ヵ月分で60万円。当初はそれを頭金に車を買おうと思っていたんです。それなのに…」

と、なぜか声が小さくなっていくBさん。

「ボーナスの支給額が30万円しかなかったんです。不審に思って上司に聞くと、『ボーナスは基本給(15万円)の2ヵ月分。業績がよくないと出ない年もあるんだから、ワガママ言うな』って…」

Bさんは今、こう思う。

「給料の半分が固定残業代だと事前に知っていたら、こんな会社選ばなかったです」

2017年度の就職活動が解禁されて約1ヶ月半が経った今、こうした企業は増え続けている。まだこのくらいは序の口でいいほう?なんて声も上がりそうだが、その様々な手口の実態とは? そして、こうした「求人詐欺」をどのように見抜けばいいのか? 『週刊プレイボーイ』17号では、さらに詳細に紹介しているのでお読みいただきたい。

(取材・文/興山英雄)

週プレNEWS
外部サイト

役所のチェックは絶対不可能! ブラック企業が仕掛ける“求人詐欺”のワナとは
外食チェーンの裏側…行ってはいけない!? 激安焼肉の正体
いまだ内定なしの4年生をターゲットにする合同面接会の崖っぷちドラマ


5. 2016年4月19日 23:34:01 : 4OAG5Jdpn6 : lmN1oQvkOoY[258]
なに、この投稿文。

最初は送料の有料無料の話かと思わせて、締めはサービス残業の話になっている。
この文章を書いた人間は、全く文才がない人間だろう。

結局、有料無料の話はどこに行ったのか。
これが文章でなく映画なら、詐欺師カネ返せと言われかねない。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民107掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民107掲示板  
次へ