★阿修羅♪ > 経世済民108 > 104.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
25年前から不正横行 三菱自の“隠蔽体質”作った本当の戦犯(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/16/hasan108/msg/104.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 4 月 29 日 07:55:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 


25年前から不正横行 三菱自の“隠蔽体質”作った本当の戦犯
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/180425
2016年4月29日 日刊ゲンダイ



三菱自動車・相川社長(右)も“お飾り”だった(C)日刊ゲンダイ


 もはやこれまでか。


 1991年から25年にわたり、法令とは異なる方法で燃費データを計測していたと発表した三菱自動車。相川哲郎社長は26日の記者会見で「知らなかった」と言い訳していたが、「自ら“お飾り社長”と認めてしまったようなものです」(同社中堅社員)。


 相川社長はすでに辞意を固めているともいわれるが、四半世紀前からとなると、本当の“戦犯”の存在が気になる。いったい誰なのか。


「行く着くところは、当時社長だった中村裕一さん(故人)でしょうね」と同社OBが続ける。


「中村さんは89年に社長に就任。90年代前半にパジェロシリーズをヒットさせ、会社を急成長させた。ところが、パジェロ人気にあぐらをかき続けたせいで、業績は下降線に。95年に会長になりましたが、腹心の塚原董久さんを社長に据えて“院政”を敷いた。この前後からです、社内の隠蔽体質が一気に強まったのは。現場の声が経営陣には届かず、都合の悪い情報は徐々に部長クラスで握り潰されるようになっていきました」


 その後のドタバタが、転落のすべてを物語っている。塚原氏は翌96年、体調不良と米国セクハラ事件で辞任。後任の木村雄宗氏も翌97年、総会屋利益供与事件で引責辞任。会長の中村氏も、さすがに相談役に退いた。


 そのまた後任の河添克彦氏は、2000年に発覚したリコール隠しで同年に引責辞任。08年に業務上過失致死で有罪判決が確定した。


■グループ全体を覆う“闇”


 その後は、資本・業務提携を結んでいたダイムラー・クライスラー(現ダイムラー)から外国人社長が送り込まれるなど紆余曲折があり、05年に現会長兼CEOの益子修氏が社長に就任。


「“三菱ご三家”のひとつである三菱商事出身の益子さんに、格下のプロパー社員が物申せるわけがない。隠蔽体質はさらに強まっていった。益子さんは再建のメドを立てたといわれますが、14年に相川さんを社長に据えたのも、相川さんの父親で、『三菱グループの天皇』といわれた三菱重工元会長の賢太郎さんを気遣ったもの。結局、益子さんも上の顔色をうかがうというグループ全体の“呪縛”から抜けられず、結果、このザマです」(前出の同社OB)“プリンス社長”の父、賢太郎氏は発売中の週刊新潮で「(対象車種に)乗っとる人は、そんなに騒いでないと思うんだけどね」などと、他人事のようにのたまっていた。


「現場の情報がトップの耳に入らない。三菱自動車、そしてグループ全体が抱える“闇”を象徴するような発言だと思いますね」(経済ジャーナリスト・岩波拓哉氏)


 こびりついた闇をぬぐうのは簡単ではない。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年4月29日 09:22:36 : mYlSRbhZfI : mWiZrpC@4nc[158]
死人に鞭打つことになりかねないので、当方も中村氏に対する批判を、この阿修羅では控えてきた。しかし、この記事で堂々と出たので、書くことにします。当方、三菱自動車に関するコメントが多いですが、同社社員ではないし、グループ社員でもないです。かつては国鉄・JRにいました。三菱との関わりは、遠い親戚が三菱自動車で働いているのと、国鉄・JRと関わりの深い三菱電機の製品をよく買っていたからです。

中村氏は三菱自動車をダメにしてしまった戦犯ですが、晩年は悲惨だったようです。個人のプライバシーに関わる内容なので、当たり障りのないことしか書けませんが、持病が悪化して病院通いの日々であったらしい。かつての権勢はどこへやらの状態だったようです。

中村氏の失敗は、GDIですよ。あのエンジンが大失敗作で、黒煙は出るわ、エンジンは壊れるわ、顧客のクレームは本当に深刻でした。それなのに中村氏は、ディーラーの悲鳴をよそに「フルラインGDI」に踏み切ったのです。三菱の伝統になっていた、同一技術の全車種展開。フルライン・ターボや、フルライン4WDを断行した。他社は、そこまで思い切ったことをしませんでした。

一時期、車種を物凄く増やして、「フルライン・パジェロ」なんてやりましたね。パジェロ・ミニ。パジェロ・ジュニア。パジェロ・イオ。それから普通のパジェロ。これでもか、これでもかと車種を追加した。この結果が在庫の山ですよ。

世界の生産拠点拡大に目が眩み、欧州オランダのネッド・カーに出資したのも、大失敗でしたね。あそこは戦後、地元メーカーのDAFが乗用車に進出するにあたって工場を建てたのが発端で、第一次石油危機でDAFの経営危機が表面化したことから、競争の激しい乗用車部門から撤退することになった。それをスウェーデンのボルボが買った。そのボルボも、オランダ乗用車工場の採算割れに困った。そこでオランダ政府が出資し、強力なパートナー企業を募集した。それにまんまと乗ったのが、中村氏です。

西欧でもとりわけ労働コストの高いオランダで、利益の少ない小型乗用車をつくっても、採算が合わないのは目に見えています。ところが中村氏は、それを独断で決定した。学歴社会の巨大企業グループでは、低学歴の当方の親戚が正論を述べても通用しないのです。問題は、そこにあるんじゃないですか。

一流メーカーは一流の大学から採用したがりますが、そこに病巣があります。一流大学の出身者たちは、激しい受験競争を戦い抜いてきた。それで勝ち抜いた経験から、自分たちは絶対に間違いを犯さないと言う自身がある。彼らが政府の官僚となり、この国を財政破綻に追い込んだのです。三菱グループのような財閥の経営者は、官僚ならぬ「民僚」と呼ばれますが、中村氏は典型的な「民僚」だったと言えます。

もう、こうなったら、思い切った「下克上」人事しかないね。当方の親戚を社長にすることを提案します。当方も常務取締役に、外部から招聘と言う形で雇ってもらいたいものですな。(爆)


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民108掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民108掲示板  
次へ