★阿修羅♪ > 経世済民108 > 118.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
三菱自にお墨付き 天下り“ザル検査”法人の税金ムダ遣い(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/16/hasan108/msg/118.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 4 月 29 日 12:35:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 


三菱自にお墨付き 天下り“ザル検査”法人の税金ムダ遣い
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/180423
2016年4月29日 日刊ゲンダイ



車の燃費試験を独占してきた(交通安全環境研究所ウェブページ)


 四半世紀もダマす方も悪党だが、ダマされる方も相当にマヌケだ。三菱自動車が長年ゴマカしてきたのは、燃費の計算に使う「走行抵抗」というデータである。


「あらゆる新車は発売前に、国交省の外郭団体による燃費性能の試験を受けます。試験は回転するローラー台の上で車を走らせますが、実際の路上では空気の抵抗やタイヤと路面の摩擦による『走行抵抗』がかかる。そこでローラーにその分の抵抗を加えて燃費を算出。その数字がカタログなどに記載されます」(自動車メーカー関係者)


 マトモなメーカーなら走行試験を繰り返し、走行抵抗の値を何度も測定。その中央値を外郭団体に申告するが、三菱自は車を走らせもせずに机上でデータを算出するケースもあったという。


 こんなインチキデータを真に受け、「低燃費」のお墨付きを与えていた外郭団体も罪深い。この国で車の燃費試験を独占してきたのは「交通安全環境研究所」なる独立行政法人だ。やはり官僚の天下り先で、14年度には国交省OBが理事職に収まり、年間約1500万円の報酬を得ていた。


 30.8億円に上る年度予算のうち9割以上を国の交付金や補助金、要するに国民の税金に頼っているが、試験に必要なデータの測定はメーカーに丸投げ。任せっきりの態度が「どうせアイツらには見抜けっこない」とメーカー側にも見くびられて、不正の温床となって


いったのだろう。


■「完全に性善説に立っていた」


「ご指摘の通りです」と殊勝に答えるのは、交通安全環境研究所の広報担当だ。こう続けた。


「燃費性能試験の当日は必ずメーカーの担当者が立ち会いますが、『走行抵抗』の値は、事前の申請書類の様式のひとつとして、記入してもらうだけ。試験といっても合否を問うわけではなく、申告したデータをもとに燃費を算出するのが我々の役目です。チェック体制の不備というより、三菱自の不正発覚までチェックするという意識すらありませんでした。完全にメーカーを信頼し、『性善説』に立っていました」


 こんなマヌケな天下り法人が、いわゆる車検を扱ってきた「自動車検査独立行政法人」と合併、今年4月から「自動車技術総合機構」なる巨大組織に生まれ変わった。理事・監事に収まる国交省OBも5人に増えた。


 被害者ヅラは許されないし、三菱自と一緒にユーザーへの補償を負担しても罰は当たるまい。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年4月29日 12:59:08 : UHrkPIPHoE : 58pNPsiC0aE[3]
これだからぼくはドイツ車に乗ってる。

日本の車は信用できない。

燃費なんかどうでもいいが、安全性能がねえ〜

たとえ輸出されて欧米の検査がある車でも、日本で販売してるのは手を抜いてる可能性がある。鉄骨を輸出向けのは補強してたり(笑)

その点、ドイツ人は安全面では絶対手を抜かない。

結局、クレームをきちんとつけ、要求が高い国民性に差があるんだよね。


2. 2016年4月29日 22:51:30 : mYlSRbhZfI : mWiZrpC@4nc[161]
昔のことばかり書いて恐縮だが、日本の運輸行政ほどデタラメなものはないと、若い頃は思っていました。前にも書いたけど、世界中でドアミラーになっているのに、日本ではなかなか認められず、フェンダーミラーのままだったし、可動式ヘッドランプやプラスチック製燃料タンクなども認められていなかった。これらは日欧通商摩擦に発展し、日本側が折れることで妥協が成立したのでした。

その一方で安全に対する取り組みが遅れており、外国では安全合わせガラスが義務付けられているのに、日本では危険な強化ガラスの時代が続き、交通事故の後遺症が悲惨な状態になっていました。これに対し三菱自動車は、日本国内で安全合わせガラスが義務付けられていない時代から、自主的に安全ガラスを導入していました。このことは、もっと評価されるべきだと思っています。

当時、トヨタも日産も、クラウンやセドリッククラスしか安全合わせガラスを採用していなかった。マークUやローレルは強化ガラスのままでした。これについて当時のNHKの番組でトヨタ、日産の技術者に質問していましたが、何とも歯切れの悪い回答でした。ちなみに日産の技術者は、プリンス自動車以来の桜井真一郎氏でした。
(註 今だったら、絶対に放映しませんね。)

かつてアメリカで販売されていた、トヨタ・クレシーダ(日本名マークU)の動画をご覧ください。

MotorWeek | Retro Review: '85 Toyota Cressida
https://www.youtube.com/watch?v=VT3icqIngOk
●3:20のところに注目。自動シートベルト装着装置が作動しているところが見られます。アメリカ・カナダの北米市場では義務付けられていたのです。


3. 2016年4月30日 00:43:01 : JF9brStTrY : L46BjCi6QJA[26]
>完全にメーカーを信頼し、『性善説』に立っていました


これが言い訳?
国民も舐められたもんだ。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民108掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民108掲示板  
次へ