★阿修羅♪ > 経世済民108 > 619.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
三菱自動車だけでなく日産も国内販売シェア急落中
http://www.asyura2.com/16/hasan108/msg/619.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 5 月 15 日 17:33:00: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

三菱自動車だけでなく日産も国内販売シェア急落中
http://bylines.news.yahoo.co.jp/kunisawamitsuhiro/20160515-00057701/
2016年5月15日 15時51分配信 国沢光宏 | 自動車評論家


あまり話題になっていないけれど、国内の乗用車シェア(軽自動車を除く)を見ると三菱自動車だけでなく日産も低迷している。2012年と2015年の販売シェアを見ると、三菱は1,9%から1,4%に。日産の場合、三菱以上に厳しく14,7%から11,4%になってしまっている。この間、ホンダとマツダがシェアを伸ばしており、トヨタ47%前後で推移。なぜ日産と三菱は売れ行きを落としたのか?

話は少し脱線する。ゴルフをする人なら解るだろうし、もしゴルフをしないのなら、これから始めるためゴルフクラブを買うことを考えて欲しい。果たしてどんな銘柄を選ぶだろう? ゴルフ競技に興味なくても、ショップに行けば有名選手が使っている銘柄をすすめられるだろう。「以前は競技に出ていたけれど今や全く出なくなった銘柄」など選ばない。そもそも勢いの良さを感じる銘柄を選びたくなる。

三菱はどうか。普通の人からすればWRCやパリダカなど興味ない。けれど世界一になったという話を聞けば「良い性能なんだろう」という認識は持つ。ということを私を含め多くの皆さんが益子さんに言うのだけれど全く理解してもらえず。結果として2008年のリーマンショク以後、ずっと謹慎状態のようになってしまった。クルマを買うという気持ちは「楽しさ」から生まれる。謹慎中のメーカーに魅力などない。

日産もゴルフクラブに例えてみよう。リーマンショックで売れ行き落ちるや、新製品を全く出さなくなってしまった。国内販売担当が縮小均衡しか考えなかったからだ。確かに全体の売れ行き落ちても、投資せず、宣伝含めた販売コストを抑えていけば利益上がる。それを延々繰り返した結果、昨年は新型車なし。日産の規模で1車種も新型車を出さないなんて考えられないこと。三菱と同じく2008年以降、謹慎を続けていた。

ライバルはどうか? 12,4%から14,1%にシェア伸ばし日産を抜き2位になったホンダを見ると、この間、品質問題を抱えた上、売れ行き伸び悩む新型車も出したけれど、とにかく前向き。マツダは毎年新型車を発表。会社の規模を考えれば頑張っている。スバルも高い性能持つ自動ブレーキをキッチリとアピールしてシェア伸ばした。多くのメーカーはリーマンショックが終わり景気回復したら、謹慎を止め前向きになっている。

直近で元気なのがトヨタだ。社長自ら「もっといいクルマを作ろう!」とアピールし、様々なイベントに参加。2017年から世界的に見るとF1より人気のあるWRC(市販車に近い車両を使うため技術的なフィードバックも多数得られる)にカムバックする。出遅れていた自動ブレーキ技術も何とか追いついた。ゴルフクラブで言えば、有名選手が使い、新しい技術も投入し、それでいて価格は競合商品と同じ。

報道されている通り日産は三菱自動車の筆頭株主になった。これで上手く行くと思っているかもしれないが、今後も三菱自動車に謹慎状態を続けさせたら、さらに販売シェアは落ちるだろう。その前に日産だって厳しい。

参考までに書いておくと、日本を除く日産/ルノーは、モータースポーツに積極的に参加し(F1を始めル・マン24も日産エンジン多数)、宣伝予算を使い、魅力的な新型車もたくさん出しており好調である。


国沢光宏
自動車評論家
Yahooで検索すると最初に出てくる自動車評論家。新車レポートから上手な維持管理の方法まで、自動車関連を全てカバー。ベストカー、カートップ、エンジンなど自動車雑誌への寄稿や、ネットメディアを中心に活動をしている。2010年タイ国ラリー選手権シリーズチャンピオン。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年5月15日 19:54:37 : 91avpxHHG1 : 26HlK1e07MM[146]

 マツダのデミオは作るのに「金をかけてる」 ベンツのAクラスよりも ブレーキ性能などは高いだろう

 ===

 マツダの車は どれも同じコンセプトで作られていて 設計ルールが 全車種共通なのだ

 安い車は 安くあげるために 機能をケチるなどをしていない

 デミオから アクセラまで 同じ品質レベルにしているのだ そのため 新車を作っても

 検査項目が 少なくてよいのだね   外観だけが違うだけだ

 ===

 マツダが 小さいメーカーなので 工夫をして 生産コストではなく 設計コストを下げたのだ
 
 そのため 多くの車種を出すことができた
 


2. 2016年5月15日 20:57:11 : mYlSRbhZfI : mWiZrpC@4nc[256]
三菱自動車の日本国内シェアの減少は、同社が「選択と集中」の新車開発をしていて、世界的に売れ筋のコンパクトカー(ミラージュとアトラージュ)、SUV(ASX、アウトランダー、パジェロスポーツ、パジェロ)、UTE(L200、トライトン)に力を入れているからだと、当方は書いてきました。実は、日産も同じで、ゴーン会長が「選択と集中」の新車開発をしているからです。三菱の益子会長は、ゴーン会長の真似をしたと言えます。

オーストラリアの日産は、SUVがジューク、キャッシュカイ、Xトレイル、パスファインダー、パトロールと、充実したラインナップを誇っています。UTEも、パトロールの別バリエーションと、NP300ナバラがあります。

日産も、世界的に売れ筋のSUVやUTEに力を入れているのです。

乗用車としては、マイクラ、リーフ、パルサー、アルティマがありますが、それより上はインフィニティで展開しています。日本のスカイラインやフーガやシーマがそうですね。前輪駆動が日産で、後輪駆動がインフィニティになってます。

●日本でもマイクラ(マーチ)は売れていないでしょ。パルサーは全幅が広いし、最初から日本市場に投入していません。それ以上に致命的なのが、ミニバンのないこと。トヨタはタラーゴ(エスティマ)やハイエースがあるのですがね。

ゴーン会長も、益子会長も、日本国内はトヨタが強いから、最初から力を入れるつもりはないようです。トップの考え方が、日本国内の消極的なマーケティングに反映されているのです。日産も三菱も、社名は漢字ですが、経営者の心が外国向いているのだから、日本国内のシェアは下がるばかりです。


3. 2016年5月15日 23:57:04 : PL1HLpyjxQ : 61btX8vfvEY[63]
身近な人を愛することをやめた企業は
愛されることはないのです。簡単なことです。
世界も見抜いていて、このような企業は
嫌われるばかりです。
そのうち消滅ですよ。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民108掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民108掲示板  
次へ