★阿修羅♪ > 経世済民109 > 122.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日産、嫌いな車トップ10に4車種選出…肝入りEV販売が壊滅的、不正疑惑で刑事告発か(Business Journal)
http://www.asyura2.com/16/hasan109/msg/122.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 5 月 25 日 00:44:00: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

                日産自動車のカルロス・ゴーン社長兼CEO(UPI/アフロ)


日産、嫌いな車トップ10に4車種選出…肝入りEV販売が壊滅的、不正疑惑で刑事告発か
http://biz-journal.jp/2016/05/post_15227.html
2016.05.25 文=編集部 Business Journal


 国民の間で不満のマグマがうっ積した時、為政者がどうするかというと、不満を外に向けるために戦争を起こすことがよくある。

 企業の場合は、さしずめ大型のM&A(合併・買収)だろう。

 日産自動車のカルロス・ゴーン社長兼CEO(最高経営責任者)は心情を絶対表情には出さないが、「間違いなく焦っていた」という関係者の証言がある。

 先駆者と自負している電気自動車(EV)の売れ行きが思ったように伸びず、米国ではテスラ・モーターズなどに脅かされている。このほど発売したテスラのEV「モデル3」は予約が1週間で30万台を突破。日産のEV累計世界販売台数(20万台)を超えてしまった。これでゴーン氏の危機感はピークに達し、「三菱自動車をなんとしてでも取る」となったというのだ。

 新興国市場向けの戦略車として立ち上げた「ダットサン」ブランドの販売がインドやインドネシアで低迷している。

 ルノー・日産連合には、次々と難題が降りかかっている。ルノー・日産連合傘下のロシア自動車最大手、アフトワズのブー・アンデルソン最高経営責任者(CEO)が3月に退任した。同氏はゴーン氏が送り込んだのだが、アフトワズの業績は不振を極めた。ロシアの2015年の新車販売台数は前年比で35.7%減少し、アフトワズも31%減った。アフトワズの15年の損失は740億ルーブル(1200億円)に達した。

 日産はブラジルなど新興国で工場を相次ぎ開設したが、新興国経済が失速。固定費負担が重荷となっている。

 こんなことも起きている。日産は4月29日、北米を中心に世界で、乗用車「マキシマ」の新型車やEV「リーフ」など353万2610台をリコールすると発表した。助手席に人が座っているかどうかを探知する装置に欠陥があり、衝突時に助手席用のエアバッグが膨らまないおそれがあるという。「今回のリコールは、タカタ製のエアバッグ問題とは関係ない」(日産の広報担当者)としている。

■ゴーン氏の長期政権に綻び?

 フジサンケイグループの広告大賞を日産が受けた。テレビCMの「やっちゃえ、NISSANシリーズ」が対象となった。グランドプリンスホテル高輪の贈賞式には日産の星野朝子専務執行役員が出席した。同氏は、4月1日付で「ヘッド・オブ・オペレーション・コミッティ−ジャパン」となり、国内販売の責任者となった。日産ディーラーのある社長は、星野氏について、「ディーラーの評価は高くない。日産のクルマが国内で売れない原因のひとつになっている」と指摘する。ゴーン氏の長期政権は、人事面でも綻びを見せ始めていたのかもしれない。

 星野氏について、もう少しみてみよう。星野氏は、星野リゾート代表の星野佳路氏の妻。慶應義塾大学卒業後、日本債券信用銀行(現あおぞら銀行)に入行。3年で退職すると米ノースウエスタン大学ケロッグ経営学大学院でMBAを取得。2002年にゴーン社長にスカウトされて日産に入社。その後、トントン拍子に出世し、昨年専務執行役員に昇進と同時に日本マーケティング本部、日本営業本部の担当になった。いってみれば、星野氏はマーケティングの専門家。ディーラーから見れば、星野氏は単なる“ゴーンのお気に入り”にすぎない。信頼関係が構築できなければ、売ってもらいたいクルマをディーラーに押し付ける荒業などできっこない。

 ほかにも懸念点はある。米コンシューマーリポート誌の「嫌いな車トップ10」に日産のクルマが4車種も入った。日産のほかは米・クライスラーが4車種、韓国の現代自動車と起亜自動車がそれぞれ1車種。日本車は日産車以外入っていない。日産、クライスラー、現代、起亜に共通するのは、信用力の低い借り手向けの自動車サブプライムローンを使ってクルマを売っているメーカーである点だ。ちなみに、「嫌いな車トップ10」の2位は日産の小型セダン「セントラ」だった。

 ゴーン氏は、事あるごとに「日産とルノーは対等な関係」と言う。しかし、その実態は「共同開発と称して日産の技術とコストで開発したクルマのおいしい部分をルノーが持っていく」関係だ。インドでは、車台などのプラットホームを日産と共同開発した小型クロスオーバー車「クウィッド」をルノーが先行販売し、売れ行きは順調だ。一方、日産は10カ月遅れで「ダットサン」ブランドで投入。日産のシェアはダットサンと合わせてわずか1%。ルノーと日産の対等な関係など絵に描いた餅である。

 ゴーン氏は三菱自に対しても共同開発、部品の共同購入を提案するだろう。今度は、三菱自のおいしい部分をルノーがさらっていくことになる。

■危機感が欠如している三菱自動車

 韓国環境省が5月16日、日産のディーゼル車「キャシュカイ」が排ガス規制を不正に逃れたとして、販売中止と814台のリコールを命じ、3億3000万ウォン(約3000万円)の課徴金を課すと発表した。韓国日産社長を、燃費が良いように見せかける排出許容基準違反などの疑いで刑事告発する方針だとした。

 日産側は「不正はしていない。韓国当局の主張は誤りだ」と全面的に否定している。日産の幹部や技術者が訪韓して、主張の正当性を訴える。

 日産が英国で製造し、韓国日産が輸入販売している「キャシュカイ」は欧州の排ガス規制「ユーロ6」をパスしており、「他国(この場合は韓国)の規制当局が独自に行った厳格な試験を経て得られた判断と一貫性を欠く」としている。韓国環境省が日産の主張を退けると、日韓の経済摩擦という大ごとになる可能性もある。

 韓国国内では、韓国日産などを相手取り購入代金の返還を求める集団訴訟を起こす準備が進められているとの報道もある。

 こう見てくると、ゴーン氏は内憂外患なのである。その打開策が三菱自動車のM&A。大バーゲンセールとなってしまった三菱自だけが割を食ったという図式なのかもしれない。三菱グループの沈黙も気がかりだ。

 経済同友会の小林喜光代表幹事(三菱ケミカルホールディングス会長)は5月17日の記者会見で、三菱自の燃費データ不正問題について「三菱自動車には危機感がまったく欠如している」と痛烈に批判した。合わせて「企業の文化、ブランドをつくり上げるのには時間がかかるが、(こうした事件が起こると)1日で崩壊してしまう。トップは悪いことをしてはいけないことと、安全の確保を徹底すべきだ」と強調した。

(文=編集部)
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年5月25日 01:41:14 : mYlSRbhZfI : mWiZrpC@4nc[288]
当方が先ほど投稿したコメントが、こちらの記事に相応しいので、リンクさせていただきます。赤かぶさん、よろしくお願いします。

三菱自と日産の両トップ、不正公表直前に面談か…極秘裏に計画された「買い叩き」シナリオ(Business Journal)
http://www.asyura2.com/16/hasan108/msg/890.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 5 月 24 日 01:12:15:

●当方の投稿です。
http://www.asyura2.com/16/hasan108/msg/890.html#c2

当方、阿修羅でこれまでトヨタを徹底的に批判したコメントを投稿してきたのですが、その当方ですらトヨタを応援してしまうほど、日産ゴーンは酷い。

自動車メーカーは、よい自動車を開発し、生産し、販売するのがビジネスです。トヨタは、何だかんだ言っても、ハイブリッドで技術の潮流をつくったし、1970年代末期のオーバードライブ付4段自動変速機は、日産に完全に差をつけました。車体は錆びない。塗装はよい。内装も、質が良いし、長持ちする。トヨタは、製品でシェアを広げたのです。

これに対し日産はどうだ。他社とのアライアンスばかりで、肝心の自動車は、さっぱりじゃないか。上の記事で触れられている、不人気を極めた日産セントラ。かつて日本で生産された日産サニーが、この車名で売られていました。現在はタイで生産されたパルサーが、仕向け地によって車名を変えています。北米ではセントラですが、オーストラリア、ニュージーランドではパルサーです。

このセントラ・パルサーだけど、ライバルのトヨタ・カローラ(註 日本国内のものとは違い、ワイドボディ)やホンダ・シビック、マツダ3、スバル・インプレッサに対し、完全に劣勢です。日本人の嫌いな南朝鮮のヒュンダイ・キアと同じ目で見られている。とにかく価格を下げないと売れない。安いから、中古車になってから売る時に、安くしか売れない。リセール・バリューが全然ダメなのです。

2015, 2016 Nissan Pulsar Review -Australia
https://www.youtube.com/watch?v=fB7nQviLde0

●売れないものだから、フェイスリフトで大胆なデザインを採用しましたが、市場は全く反応しません。

2014 Toyota Corolla Hatchback Review -- ChasingCars.com.au
https://www.youtube.com/watch?v=kqphaN1UJJY

●これがライバルのトヨタ・カローラです。あなたも、こっち買うでしょ !

★ゴーンは、もうアライアンスごっこなんて、やめなさいよ。ロシア連邦のアフトワズの危険なレートで出し続けている大赤字の問題は、当方が阿修羅で何度も書いてきました。ビジネス・ジャーナルも、当方に感謝しなさいよ。このアフトワズの問題は、極めて危険な状況で、早い話、イギリスの民族系資本の末裔、BLMC改めローバー・カーズの晩年と同じです。ローバー・カーズは、日本のホンダとドイツのBMWが買収合戦して、BMWが勝利したものの、1年に1,000億円を超える赤字を出し続け、このままではBMW本体も倒産するため、僅か1ポンドで売却しましたが、それから間もなく倒産しました。

今のままだとロシア連邦のアフトワズは、確実に倒産します。だって、ロシア人も買わないんだもん。「あんなの買うんだったら、10年前のドイツの車を買うわ。」これ、ロシア人が本当に行っているんですよ !

プーチン大統領が、いくら「国産車」アフトワズ(ラーダ)を応援しようと、国民はそっぽ向いています。(註 この件に関してだけですが。)そのため、中古車の輸入が高水準で続いています。ロシア連邦政府はアフトワズを支えているものの、いずれ限界が来る。そのうちゴーンが呼び出されるはずです。

南朝鮮のルノー・サムソン自動車も、アライアンスの足を引っ張っている自動車メーカーです。そもそもサムソンが、ヒュンダイやキアにボロ負けして、自動車から撤退しようとしていたのを、うれしそうにゴーンが買った。この、ゴーンが次々と外国の自動車メーカーを買収していく手法は、1960年代のアメリカ・クライスラーの、西欧自動車メーカーの強引な買収劇に似ています。あの頃、クライスラーは、イギリスのルーツ・グループ、フランスのシムカ、スペインのバレイロスと、次々と強引に乗っ取り、支配下に収めた。

ところがアメリカ国内のクライスラーは、GMとフォードに負け続け、シェアは下がる一方でした。クライスラーの自動車は、コンパクトカーのプリマス・バリアントとダッジ・ダートが売れるだけで、その他の車種は悲惨を極めていました。海外進出ばかり力を入れて、肝心の製品である自動車をないがしろにして、どれもこれも時代遅れの自動車になって行き、遂には「クライスラーの自動車は、老人向け」のレッテルを貼られてしまったのです。

今の日産と、全く同じだと断言できるじゃありませんか。日産は、クライスラー病にかかっている。GM、フォードが製品の近代化を進めていたのに、クライスラーの製品は、いつまでたっても後輪サスペンションが「板ばね」のままだった。板ばねなんて、トラックですよ。今じゃトラックでも、エアサスペンションになりつつあります。

クライスラーは、他社がエンジンに電子制御式燃料噴射装置を採用する中、それすら遅れた。採用したのが、1980年代になってからです。日産も、ゴーンが他社とアライアンスごっこをしているうちに、製品が旧式化した。売れない電気自動車に、これでもか、これでもかと大金をぶち込む。しかし売れない。投資する方向が、完全にズレているのです。電気自動車なんて、遠出したら動けなくなる危険がある。オーストラリアのような広大な国土だと、そのまま餓死しますよ。こんな欠陥製品、誰が買いますか !

日本国内では日産マーチと呼ばれる、日産マイクラだって、旧式化とマンネリ化で、今や不振を極めているじゃないですか。あんなに放置していたら、そりゃ売れなくなりますよ。リーフやら、売れない電気自動車にうつつを抜かしているうちに、肝心の「ブレッド・アンド・バター・カー」がダメになってしまった。トヨタは、確実に売れる定番商品のカローラやカムリに力を入れていますよ。「面白みはないが、安心して乗れる。」と言うのは、他の国でもそうです。

日産はゴーンのままだと、確実に行き詰りますね。いや、もうなっているじゃないか。会長を兼務しているフランスのルノーも、他社に対して劣勢です。ルノーの大株主のフランス政府も、ゴーンの高額報酬に反対しているそうですが、はっきりと「解任動議」を出すべきです。そうしないと、ルノーもダメになってしまうぞ。そして、アライアンスごっこをやめさせろ ! それしか未来はない。


2. 2016年5月25日 06:50:52 : xcW1L6o8aA : JBFT2FpgnF8[1]
ゴーンが嫌いだ。
車もろくなのが無くなったが、
馬鹿ゴーンがいるかぎり
日産車は買わない。

3. 2016年5月25日 11:08:15 : RbJ5fBkX7F : 44NluZrYjEU[9]
セントラ試乗したけどヨタ車に比べても遜色はなかったです。ってか少なくとも快適さや内装の豪華さではヨタに勝っていると思います。ではなぜ買う気になれないのかと言うと、やはり製品のラインナップの悪さでしょうか。

ヨタの商売が上手なところは、どの顧客に対してもちょうど良い車を提供できる事ですよね。決して性能が良いとか装備が充実しているとか、そんな事ではない。でも日産に比べると心理作戦に強いのはマイクロソフトと通じるところがあります。

ゴーンさんはフランスの社会出身ですから、やはり心理作戦という面ではアングロサクソンやユダヤには敵わないのでしょうね。


4. 2016年5月25日 21:41:28 : iWkDkQhXxg : w2vcAwSeRjw[86]
品質じゃ ないよゴーンが 嫌だから

5. 2016年5月27日 06:14:32 : j9E1GKMSRQ : auGFQrqOVRA[68]
ルノーと日産は対等と言いながら、日産の持つルノー株は少なく議決権も少ない。

日産の利益をフランスに持って行って搾り取る。

日本人からしたらアホらしくて買えんはな。


6. 2016年5月27日 22:55:15 : c196SsCvbI : x8Bco@95vLA[3]
人●し兵器製造販売会社の製品は買わない!!

よろしくお願いします。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民109掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民109掲示板  
次へ