★阿修羅♪ > 経世済民110 > 389.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
英国EU離脱に森永卓郎氏「独裁者が生まれた1930年代のよう」〈週刊朝日〉
http://www.asyura2.com/16/hasan110/msg/389.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 6 月 29 日 07:52:30: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

           英国のEU離脱で大幅に下落した日経平均株価 (c)朝日新聞社


英国EU離脱に森永卓郎氏「独裁者が生まれた1930年代のよう」〈週刊朝日〉
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160628-00000232-sasahi-int
週刊朝日 2016年7月8日号


 国民投票で「EU離脱」を選んだ英国。経済アナリストの森永卓郎氏は、予想していなかったという。

*  *  *
 英国のEU離脱が決まった日の朝、名古屋のテレビで「離脱はないだろう」と言ってしまい、大恥をかいたんですよ(笑)。正直言ってまったく予想していませんでした。経済的打撃があるから、最終的には大人の判断をするだろうと思っていましたから。国民の不満は相当鬱積(うっせき)していたんだなと思いました。

 世界経済が低迷して、日本の景気全体が落ち込むのは間違いないです。今年度はマイナス成長になると思っています。今年の冬のボーナスはこけるでしょうね。ただ、急激な円高になったので、例えば海外旅行や外貨建ての金融商品の購入は今がチャンスです。心がけたいのは、基礎消費を抑えてとにかく節約することです。あとは資産の一部を海外に流して分散しておく。移すのは過剰反応で円高になっている今がいいと思いますよ。

 EU離脱の目的の一つが移民の排斥ですが、ゼノフォビック(外国人恐怖)的な考えはすでに日本でも高まっています。ヘイトスピーチは法律で禁止されましたけど、似たようなことはネットで散々行われているし。生活に追い詰められると不寛容になりがちで、そこで穏健派より極端なことを言う強いリーダーが求められるんです。米国でトランプ氏が支持を得たり、フィリピンでも強硬路線の大統領が誕生しました。1930年代に世界中で独裁者が生まれたのと少し似た状況かなとも思うんです。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年6月29日 14:36:27 : iJ2WMKVhaI : EH3mNtesNds[31]
経済的打撃と言っても、一般人にはほとんど関係無い。資本で遊んでいる連中には潮目が変わるため大打撃で、そこから垂れ落ちる小銭を舐めて生きている層には致命的だが。それを見ぬかれ、経済経済と脅迫のように連呼したことが逆に反感をかった。今の状態が変化しないことを望むのは現状が自分にとって有利で、満足している奴だけだ。だから1%vs99%は無理ゲーだと言うのだ。

移民?近所がリトルブラジル化したら、不寛容とはどういう意味なのかはじめてわかるのではないか。EUこそが独裁者だった。国民による選挙も選抜も受けていないEU司令部が全てを支配し、あらゆる指図をするんだぜ。これこそ独裁者の支配そのものだ。だから、インディペンデントと冠されている。

ただこれはこいつに言ってもわからんだろ。こいつらはアメリカの支配は大歓迎で、それを拒否する人間が狂人に見えることと同じだからだ。


2. 2016年6月29日 20:03:30 : 2FbCg9vijk : ylRMDBXhDG8[223]
森永は 暢気に媚びる ファシズムに

3. 2016年6月29日 23:54:38 : eio6mVjKz6 : zVz60fozUsY[46]
森永さんって本当に経済が分かっていない素人評論家なんだなと思う。
節約志向は言われなくとも消費税増税、社会保障削減の動きで
消費者である勤労者はすでにやっています。
もう、政治を変えるしか家計防衛の手段はありませんよ。

大体、移民受け入れなんて国民が裕福な国のやることです。
トランプが人気を集めるのは、米国民がもはや裕福ではないからです。
EUに入っている貧乏国は移民を独仏英が引き受けてくれるからか、
国家財政赤字を補填してくれるから市場を開放して入っているだけ。

誰かが赤字を引き受けてくれるから成り立っているのがグローバリズムであり、
債権債務の増大はとりも直さず先進国金融資本の儲けになり、
格差拡大、不労所得の拡大になるのです。
そういうしわ寄せはいずれ国民に回ってくるのが当たり前の体制です。
英国離脱は何にも予想不可能なことではありませんでした。

そういう従来の手法が効かなくなり、
危機に陥った時は独裁的な指導者が必要とされるのです。
そういう指導者が現れるのは、
そうならざるを得ないように国民を追い込んだ
それまでの政治支配者の失政のせいなのです。
今、安倍政権がリベラル派の非難にも関わらず、
国民がそれほど拒否しないのは、
リベラル派の失政のせいです。

政治家は他国民のことよりも
まずは自国民のことを考えてくれというのはエゴでも何でもありません。
国家主権尊重の戦後体制にあって、
それを要求するのに何の遠慮が要りますか?
国民に他国民の事を考えるよう要求するのは、
一定の国民の経済的平等を確保しなければできません。

リベラル派はその順序を間違えたから支持を失ったのです。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民110掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民110掲示板  
次へ